MUSICAL

[MUSICAL]「ドラキュラ」7月いよいよ韓国上陸

[MUSICAL]「ドラキュラ」7月いよいよ韓国上陸

 

드라큘라 포스터「ジキル&ハイド」「ラ・マンチャの男」などでおなじみのODミュージカルカンパニー制作によるミュージカル「ドラキュラ」が7月、韓国で初演される。

ブラム・ストーカー原作の同名小説をミュージカル化した「ドラキュラ」は、2001年に米・サンディエゴで初演され、2004年からブロードウェイで上演。以降もスウェーデン、オーストラリア、イギリス、カナダ、日本で翻訳上演された。本作の作曲は「ジキル&ハイド」など多数の傑作ミュージカルを生み出してきたフランク・ワイルドホーン。日本では現在、元宝塚トップスター和央ようかとの婚約が話題だが、和央の退団公演と2011年に主演したこの「ドラキュラ」が縁結びとなったという点でも注目だ。

その他のスタッフもODミュージカルカンパニーの代表作、「ジキル&ハイド」の制作陣を中心に構成。韓国上演作を多数手がけてきた演出のデイヴィッド・スワンは、「ジキル&ハイド」などでワイルドホーンと最強タッグを組んできただけに、そのクオリティに期待が高まる。韓国スタッフは、音楽監督に「ジキル&ハイド」「太陽王」「太陽を抱く月」のウォン・ミスル、舞台デザインは「太陽を抱く月」「ラスト・ロイヤルファミリー」「風月主」のオ・ピリョン、衣装デザインは「ジキル&ハイド」のチョ・ムンスが担当する。

キャスト公開が待ち遠しい「ドラキュラ」は7月~9月まで 芸術の殿堂オペラ劇場にて上演。

 

[SPECIAL INTERVIEW]パク・ウンテ<前編>

[SPECIAL INTERVIEW]パク・ウンテ<前編>

 

pettop2

韓劇.comのオープニングを飾る、インタビュー第1回は韓国ミュージカル界屈指の人気と実力を兼ね備えた若手俳優パク・ウンテさんが登場。前・後編の2回に分けてお送りします。

今年最高の話題作、ミュージカル「フランケンシュタイン」でビクター・フランケンシュタイン博士を支える友人アンリと博士が創造する生命体“怪物”の二役を演じているウンテさん。役柄へのハマり具合が尋常ではない素晴らしさで、この作品は“パク・ウンテを見に行く作品”と言っても過言ではありません。まずは開幕直前に伺った、作品への思いをじっくり語ってもらった前編をどうぞ。

*      *      *

●「フランケンシュタイン」ではアンリ/怪物と二役を演じられると知ったときは驚きました。実際演じてみていかがですか?
「怪物の役はすーっごく大変です。『フランケンシュタイン』の原作ではビクター・フランケンシュタイン博士が怪物を創り出すところから始まりますよね? でもこのミュージカルでは怪物を創造するのは2幕のストーリーで、1幕は博士とアンリの話なんです。なぜ博士が生命を創造するに至ったか? その理由をフィクションで作って、2幕では怪物がなぜ、博士や人間に対して復讐心を抱くしかなかったのか? というストーリーなんです」

●2幕では決闘場のシーンがあるそうですね。
「僕が制作発表会で『私は怪物だ』という曲を歌いましたよね? あの時は演技もしていなかったし、どんな状態で歌わなきゃいけないのか知らずに歌ってたんですよ。だけど、実際に演技しながら歌うと、絶対にあんな風には歌えない曲だった。歌にならないんです(笑)。実は、日本のコンサート(4/26-28開催『MUSIC MUSEUM』⇒リンク参照)でも歌いたいと思ってたけど、芝居のなかで演技しながら歌ってこそ、本当の醍醐味が味わえる曲なんです。歌だけ歌っても十分に表現できないというか……。もし作品を日本で上演することがあれば、そのシーン自体をお見せしたいです。なので、いま歌おうかどうしようか迷ってるんです」

8L6B3348a ●そんなに制作発表のときと違うんですか?
「ぜんぜん、ぜんっっっぜん!違います! 自分でコントロールできないくらいです。『ウワーーーッ!!!』と叫びながら歌う曲なので。だから稽古では自分がどこまでいけるのかやってみて、本公演が(歌や演技を)思うままコントロールできるようになるための時間になると思います。だけどそれがうまくいかないんです。怪物がものすごく可哀想で、役にハマりきってしまう。もっと客観的になって歌わなきゃいけないのに、舞台に出ると役から抜けられないんです」

●「ジーザス・クライスト=スーパースター」のジーザスみたいに?
「ジーザスよりもっとしんどいです。ジーザスも凄く大変でしたが……。両方ともフォーマットは同じですよ。ジーザスは神に『毒杯を受けてください』(注:劇中曲「ゲッセマネ」の歌詞の一節)と言うし、怪物は創造者に『なぜ、自分を創ったのか?』と訴えます。でも対象は似ていても内容が違うんです。ジーザスの場合は“(毒杯を)お受けしましょう”だけど、怪物の場合は“私はお前を殺すだろう”と、質問を投げかけたあとの行動(答え)が全く違う。ジーザスはもちろん号泣するし悲しいけど、受け入れられた後は心を整えてから逝くので。一方、怪物は復讐まで行きつくのでさらに変えないといけないんです。身体もすごく辛いし、もう死にそうなくらいです。2幕では怪物が復讐に至る物語が展開されます」

●何だか、壮大なストーリーになりそうですね。感動して泣いてしまうかも。
「(芝居のなかで)“僕が”いっぱい泣きますね。観客の皆さんも僕に共感してくださったら、泣けるでしょう。でもビクターもビクターで責任を免れられない哀しさがある。だから僕は、お客さんが見ていて辛くなるんじゃないかな? と半ば心配しています。よく芸術的な映画などで、あまりにもリアルすぎて観るのが辛い作品ってありますよね? そんな感じで『もう2度と見たくない』と思われたらどうしよう(笑)。演じてる僕らもかなりしんどいんですよ。特にビクターとアンリはとても大変な役だと思います」

●相手役、ビクターを演じる先輩3人のキャラクターはどんな感じですか?
「お三方ともすべてが違いますね。日々進行形で共演する瞬間、瞬間で印象が変わっています。もともとお三方とも違うイメージをお持ちですが、キャラクターとともに生きて、新しい表現を探っていらっしゃるので、公演が開幕したらもう少しはっきりと先輩方のキャラクターを掴めるようになると思います。これは僕のキャラクターについても同じですね」

●アンリ/怪物を演じるハン・チサンさんとウンテさんもまったく違う?
「うん、全然違うでしょうね。チサンさんのほうが母性本能を刺激する感じもあるし、よりパワフルなところもあるし。チサンさんの怪物もとても魅力的ですよ」

8L6B3359a●日本のファンの方々に、この作品のどういう部分を見てほしいですか?
「日本語字幕があったらよかったんですけど、セリフのなかにとても切ない部分が多くて、怪物はどの役柄よりも哲学的なようです。例えば『俺は誰なのか?、なぜ生まれてきたのか?』というように、人間に対してずっと問いかけるんです。キーポイントは何かと言えば、1幕は“ビクターがなぜこうせざるを得なかったか?”、2幕はなぜ怪物が復讐せざるを得なかったのか?”ということです。さらに見どころは、2幕の闘技場のシーンでみんな一人二役になるじゃないですか、そのシーンでは怪物が人間らしく見えて、闘技場にいる人間たちが怪物のように見える。そこから初めて誕生した生命が怪物に変わっていく過程が描かれるんです」

●公式資料には「人間のなかに元来秘めている暗部が表現される」というような説明がありました。
「そうそう、その通りです。一人二役で、2幕ではビクターが(闘技場主)ジャックになるし、エレンはジャックの妻エヴァになる……というふうに、表向きには貴族的で清いイメージがある人たちが、闘技場では怪物を苦しめる悪人になる。そういう部分が魅力だと思います。怪物が本当は優しくて……みたいな概念じゃなくて、ひとつの命なのに、人間(アンリ)という部分を怪物という部分がぶち壊す過程が徹底して描かれるので、キャラクターに完全にハマって演じてみると酷いですよ。ワン演出家が苦しめる過程をかなり非情に作られたようです。原作にある博士に復讐する物語も古典的で素晴らしいけど、ミュージカルではもっと直接的なきっかけを作り出されたので、より分かりやすくなっていると思います。そこを理解されれば面白味が増すし、作品の重みも感じていただけるんじゃないかと思います」

*      *      *

怪物の話を始めると、スッと役が降りてきたかのように思わず話に力が入っていたウンテさん。直々に教えてくれた作品のポイントを読んで観劇すれば「フランケンシュタイン」をより深く堪能できるのではないでしょうか?
後編では、ウンテさんのセルフバイオグラフィーについて、そしてスペシャルゲストとして出演するミュージカルコンサート「MUSIC MUSEUM」(4月26日~28日 東京・AiiA Theater Toyko)についてお伺いしています。スペシャルプレゼントもありますので、後編もお楽しみに!

⇒後編記事はこちら

[MUSICAL]「シャーロック・ホームズ2」一路真輝と日本制作陣が観劇

[MUSICAL]「シャーロック・ホームズ2」一路真輝と日本制作陣が観劇

 

셜록홈즈2 배우와 만남

写真左から、イ・ジョンハン、イ・ジュグァン、イ・ヨンミ、一路真輝、ソン・ヨンジン、ユン・ヒョンリョル、チョン・ミョンウン、栗間左千乃(東宝)、市村朝一(東宝) 写真提供:R&Dワークス

 前作よりさらに綿密に練られたストーリーで絶賛上映中のミュージカル「シャーロック・ホームズ2~ブラッディゲーム」。2011年から制作・上演されたシーズン1を原作に「シャーロック・ホームズ~アンダーソン家の秘密~」が、1月から2月に日本全国7カ所で上演され、好評のうちに終了した。この日本版で名探偵ホームズの相棒となるワトソン役を演じた一路真輝と、制作会社東宝のスタッフが「ホームズ2」の観劇と応援に駆け付け、韓国でも話題になっている。

셜록홈즈 시즌1-일본공연사진

「シャーロック・ホームズ~アンダーソン家の秘密~」日本版スチール 写真提供:東宝芸能/キューブ

制作会社からのリリースによれば、東宝のスタッフは「シーズン1に劣らず面白く、ますます発展していく作品力が凄い。韓国ミュージカルのパワーを感じる」と絶賛したそうで、東宝は「ホームズ2」も版権契約を検討中とのこと。日本版のシリーズ化にもますます期待が高まる。

셜록홈즈p公演情報:「シャーロック・ホームズ2:ブラッディゲーム」

3月1日~30日 BBCアートセンター BBCホール

出演:ソン・ヨンジン、キム・ドヒョン、ユン・ヒョンリョル、イ・ヨンミ、イ・ジュグァン、チョン・ミョンウン、イ・ジョンハンほか

チケットはインターパークYes24オークションチケットクリップサービスで発売中。

[MUSICAL]「ウィキッド」新エルファバ役にキム・ソニョン!

[MUSICAL]「ウィキッド」新エルファバ役にキム・ソニョン!

 

새로운엘파바_김선영

新エルファバ役キム・ソニョン 写真提供:ソル&カンパニー

昨年11月に開幕し、すでに10万観客動員を突破して大ヒット上演中のミュージカル「ウィキッド(위키드)」。

ヒロインのエルファバ役は「エリザベート」「皇太子ルドルフ」のオク・チュヒョンと映画『冬の王国(邦題は『アナと雪の女王』)韓国版でも注目を浴びるパク・ヘナのWキャストでこれまで公演を牽引してきた。

5月上旬に降板するオク・チュヒョンに代わる、新エルファバ役としてキム・ソニョンが投入されることが10日発表された。キム・ソニョンは、オーディションの段階で当初からエルファバ役にキャスティングされていたそうだが、公演開始から約半年で電撃発表。韓国版「ウィキッド」に新たな息吹を吹き込む、ビッグサプライズが用意されていたわけだ。

「ラ・マンチャの男」「スカーレット・ピンパーネル」「エリザベート」など名だたる大作で主演を張ってきたキム・ソニョンだけに、吸引力のある魅力的な“緑の魔女”を見せてくれるに違いない。

 

公演情報:「ウィキッド」 ⇒公式サイト

11月22日~オープンラン シャルロッテシアター

出演:オク・チュヒョン、パク・ヘナ、キム・ソニョン(5月より)、チョン・ソナ、キム・ボギョン、イ・ジフン、チョ・サンウン、ナム・ギョンジュ、キム・ヨンジュほか

チケットはインターパークYes24CJ E&Mチケット などで発売中。

”オクファバ”ことオク・チュヒョンのエルファバを見られるのは4月まで! 写真提供:ソル&カンパニー

”オクファバ”ことオク・チュヒョンのエルファバを見られるのは4月まで!
写真提供:ソル&カンパニー
[MUSICAL]オリジナル「キャッツ」6年ぶりに来韓公演

[MUSICAL]オリジナル「キャッツ」6年ぶりに来韓公演

 

写真提供:ソル&カンパニー

写真提供:ソル&カンパニー

CATS15月、いよいよミュージカルファン待望の「キャッツ」オリジナルプロダクションが、6年ぶりに来韓公演を行う。

世界30カ国、300以上の都市で上演され、観客動員は7300万人以上。韓国でも1994年に初来韓公演を行い、これまで5回の来韓公演と2回の韓国語版公演を120万人以上が観劇した屈指の大ヒット作だ。日本では劇団四季の看板作品として1980年代から上演され、いまだ衰えぬ人気を誇る定番作品。「キャッツ」で観劇デビューしたミュージカルファンも多いだろう。

今回の公演は、演出家ジョエル・ロビンソン率いるオリジナルクリエイティブチームと英国、オーストラリア、南アフリカ共和国で開催されたオーディションにより選抜された実力派俳優が来韓。なかでも、名曲「メモリー」を歌うグリザベラ役は、オーストラリアやアジア各国でこの役を演じてきたデリア・ハンナが出演し、深い感動を与えてくれるに違いない。

5月30日に安山(アンサン)文化芸術の殿堂でプレビュー公演を行い、6月13日からブルースクエア・サムソン電子ホールにてソウル公演が開幕。以降も大邱(テグ)、釜山などの地方公演まで実施される。2014年下半期唯一の来韓公演でもあり、耳目を集めるのは必至。この機会に日本の「キャッツ」ファンもぜひ韓国へ!

 

캣츠 2014 포스터公演情報:ミュージカル「キャッツ」  ⇒公式サイト

5月30日~6月1日 安山文化芸術の殿堂 日の出劇場(全5公演)

6月13日~8月24日 ブルースクエア サムソン電子ホール

※ソウル公演のチケットはインターパーク、Yes24、オークション、クリップサービスで4月10日(木)より発売

 

 

 

[PRESENT]イム・テギョン ニューアルバム『All This Time』韓国盤プレゼント!

[PRESENT]イム・テギョン ニューアルバム『All This Time』韓国盤プレゼント!

 

itk11

『モーツァルト!』『皇太子ルドルフ』『モンテクリスト』、そして1月まで上演していた『ウェルテル』など、多数の大ヒット作に主演。韓国ミュージカル界の貴公子、イム・テギョンさんが、1年半ぶりにニューアルバム『All This Time~時を経て~』を3月5日、リリースしました。

収録曲は、テギョンさんの出演作を中心に構成。アルバムタイトルにもなった『All This Time(韓国語題は『세월이 흘러(時を経て)』は、2013年に主演した『モンテクリスト』の印象的なナンバー。ほかにも『冬のソナタ』『ウェルテル』『エクスカリバー』などのミュージカルナンバーに加え、映画『ニュー・シネマ・パラダイス』「Love Theme」など、全6曲を収録。ディレクター/スコアアレンジは、KBSの音楽番組「不朽の名曲」や、4月にはソウル公演も行われるテギョンさんのコンサートツアー「TK CONCERT」でも音楽監督を務めるチャン・ジウォンが担当して、テギョンさんの魅力を存分に引き出しています。

DISK.2のスペシャルDVDには、「All This Time」のミュージックビデオやメイキング映像に、主演最新作ミュージカル『ウェルテル』のハイライト映像、コンサートツアースケッチ映像などを収録。テギョンさんのONとOFFの姿を見ることができる、まさにスペシャルな内容です。

jacket<TRACK LIST>

DISK.1(CD)

  1. 「最初から今まで」(ドラマ/ミュージカル「冬のソナタ」より)
  2. 「Never To Love」(ミュージカル「エクスカリバー」より)
  3. 「All This Time」(ミュージカル「モンテクリスト」より)
  4. 「Love Theme」(映画『ニュー・シネマ・パラダイス』より)
  5. 「足を踏み出すことができなければ」(ミュージカル『ウェルテル』より)
  6. 「All Along」

DISK.2(DVD)

  1. 「All This Time」ミュージックビデオ
  2. 「All This Time」メイキング映像
  3. ミュージカル「ウェルテル」ハイライト
  4. コンサートスケッチ映像

このアルバムは、日韓同時発売(日本盤アルバム詳細は⇒こちら)されましたが、日韓で曲順や収録曲が違います。今回、韓劇.comのオープンに際して所属事務所テアトロとCJ E&Mのご協力により、韓国盤アルバムを10名様にプレゼントできることになりました!

下記応募フォームに必要事項を記入し、韓劇.comへのご意見ご要望を記入して3月31日(月)必着にてご応募ください。

当選者には、締切後Eメールにてご連絡を差し上げます。たくさんのご応募をお待ちしています!

itk8

■プレゼントの応募受付は終了いたしました■

[MUSICAL]「フランケンシュタイン」稽古場写真が公開!

[MUSICAL]「フランケンシュタイン」稽古場写真が公開!

 

프랑켄슈타인 연습실공개_03023月11日にプレビュー公演の幕を開ける、ミュージカル「フランケンシュタイン」の稽古場の様子を捉えた写真が、3日公開された。

マッドプロフェッサー、ビクター・フランケンシュタインを演じるユ・ジュンサン、リュ・ジョンハン、イ・ゴンミョンの役柄に対する没頭ぶりがすさまじいそうで、ユ・ジュンサンは「練習のたびにあまりにも泣くので本番でどうなるか心配だ」と言い、イ・ゴンミョンも「公演が始まる前に涙腺が渇いてしまいそうだ。あとどれだけ涙を流せば涸れるのか」とSNSにつぶやくほど。

ビクターの忠実な助手、アンリ役を一見キリリとクールに演じているパク・ウンテも「私の中のすべての感情を引き上げて、さらに最後まで持っていかねばならない」と苦労を吐露する一方、ハン・チサンは対照的に、涙ながらに感情を訴える濃厚なキャラクターを創り上げているそうだ。

英国の女性作家メアリー・シェリーの原作小説をもとに、韓国で新たな息吹を得て舞台化される「フランケンシュタイン」。その全貌が姿を現すのは、もう間もなくだ。

【Facebook フォトギャラリー】

[MUSICAL]残酷なシリアルキラーを名探偵が追う!「シャーロック・ホームズ2:ブラッディゲーム」プレスコール

[MUSICAL]残酷なシリアルキラーを名探偵が追う!「シャーロック・ホームズ2:ブラッディゲーム」プレスコール

 

sh4韓国オリジナル(創作)ミュージカルに新たな流行を生み出した「シャーロック・ホームズ」の第2弾となる、「シャーロック・ホームズ2:ブラッディゲーム」のプレスコールが、2月27日に会場のBBCアートホールで開催された。

sh5第1作となる「シャーロック・ホームズ」は、2011年に小劇場ミュージカルとして初演。スリリングで緻密なストーリーとドラマチックなスコアがマッチして、ミュージカルながら完成度の高い推理劇となっているのが評判となり、地方公演や再演を重ねて2013年まで上演。「韓国ミュージカル大賞」「ザ・ミュージカルアワーズ」と韓国ミュージカルの2大アワードで多数受賞し、創作ミュージカルとしては破格の評価を得ていた作品だ。また、今年1月~2月に「シャーロック・ホームズ~アンダーソン家の秘密~」と題して、橋本さとし、一路真輝、浦井健治らが出演した日本版も好評で、注目度はますますアップ。昨年からシーズン2の制作はアナウンスされていたが、期待が高まるなか、絶好のタイミングで開幕となった。

初演からホームズを演じているソン・ヨンジンは、記者会見で開口一番「俳優人生15年で、最高の作品になると確信する」と意欲満々。「シーズン1がキャラクター紹介に重点を置いたとすれば、今回はホームズのさらに深い内面を表現して、進化する姿をお見せできる。今後も歳を取りながらキャラクターとともに老いていく姿も見せたい」と、初のシーズン制ミュージカルに主演できる嬉しさも語った。Wキャストのキム・ドヒョンも「俳優としてキャラクターが生きていると感じるのが新鮮だった」と、再びホームズを演じる醍醐味を味わっているようだった。

sh2シーズン2では、イ・ジュガン扮するエドガーとユン・ヒョンリョル扮する刑事クライブが新キャラクターとして登場。また、本作では女性キャラクターになっているホームズの相棒ワトソンを「ラ・マンチャの男」「ヘドウィグ」などでおなじみのイ・ヨンミが演じて、新たなワトソン像を創り出している。

作・演出のノ・ウソンは前作のヒットを受けての新シーズンの制作に大きなプレッシャーを感じていたそうだが、約2年をかけて入念に準備。原作小説にはない「切り裂きジャック」をホームズの敵に登場させ、難事件の壁に当たるホームズの苦悩も描いて、より緊迫した推理劇に仕上げている。新たなホームズとワトソンの活躍は見逃せない!

 

셜록홈즈p公演情報:「シャーロック・ホームズ2:ブラッディゲーム」

3月1日~30日 BBCアートセンター BBCホール

出演:ソン・ヨンジン、キム・ドヒョン、ユン・ヒョンリョル、イ・ヨンミ、イ・ジュグァン、チョン・ミョンウン、イ・ジョンハンほか

チケットはインターパークYes24オークションチケットクリップサービスで発売中。

[MUSICAL]「フランケンシュタイン」全キャストの裏の顔とは!?

[MUSICAL]「フランケンシュタイン」全キャストの裏の顔とは!?

 

写真左から、パク・ウンテ(アンリ/怪物役)、リュ・ジョンハン、ユ・ジュンサン、イ・ゴンミョン(ビクター/ジャック役)、ハン・チサン(アンリ/怪物役)

写真左から、パク・ウンテ(アンリ/怪物役)、リュ・ジョンハン、ユ・ジュンサン、イ・ゴンミョン(ビクター/ジャック役)、ハン・チサン(アンリ/怪物役) ©Robin_Kim

3月18日から忠武アートホール大劇場で開幕される、ミュージカル「フランケンシュタイン」の新しいイメージカットが17日、公開された。

主要全キャストが当初の役柄に加え、“もう一つの顔を持つ”という設定は、1月の制作発表では明かされていなかったため、大きなサプライズとなった。彼らの変身した姿は、2幕の「闘技場のシーン」で登場。暴力や人間の欲があらわになるという場所で、それぞれがまったく逆のキャラクターを演じるというのだから、面白さも倍増しそうだ。

ユ・ジュンサン、リュ・ジョンハン、イ・ゴンミョンは、哲学、科学、医学の天才でありながら強力なトラウマを抱えている主人公のビクター・フランケンシュタイン役。そんな彼が、金と血の匂いにまみれた闘技場を主催する冷酷で貪欲なジャック役を演じるという。

パク・ウンテとハン・チサンが演じるのは、ビクターの研究助手アンリ・デュ・プレ。ビクターを支える頼もしいアンリが、人間に憧れるモンスターに一変するという。これまでスマートな役柄が多かった2人だけに、破格の変身が見られるのは間違いなさそうだ。

そのほかにも、リサ、アン・シハは純真なビクターの婚約者ジュリアから闘技場のメイド、カトリーヌ役に。ソ・ジヨンとアン・ユジンはビクターの行動を理解する唯一の家族エレンから、闘技場主ジャックの妻、エヴァ役に。ジュリアの父ステファン役のイ・ヒジョンは、闘技場の上客であるフェミニンな雰囲気を醸し出すフェルナンド役で。執事ルンゲ役のキム・デジョンは闘技場主ジャックの分身である、せむし男のイーゴリとして登場する。

主要キャラ全員が、まるごと「ジキル&ハイド」状態になってしまう「フランケンシュタイン」、韓国内外のミュージカルファンの背負って3月いよいよ開幕する。

【Facebook フォトギャラリー】

公演情報:ミュージカル「フランケンシュタイン」

3月18日~5月11日(11日~13日はプレビュー公演)忠武アートホール大劇場

チケットはインターパーク忠武アートホール公式サイトで発売中。

写真左から、リサ、アン・シハ(ジュリア/カトリーヌ役)、ソ・ジヨン、アン・ユジン(エレン/エヴァ役)、イ・ヒジョン(ステファン/フェルナンド役)、キム・デジョン(ルンゲ/イーゴリ役) ©Robin_Kim