韓ドラ温故知新 第2回 「2023‐24配信韓ドラチェック」⑥ディズニープラス編

■ ディズニープラス編 ■

『ムービング』
それぞれに異なる特殊能力をもって生まれた3人の高校生たち。徐々にそのルーツが明かされていくなか、彼らの命を狙う者たちとの闘いが始まる。リュ・スンリョン、ハン・ヒョジュ、チョ・インソン、イ・ジョンハ、コ・ユンジョン、キム・ドフン出演。
さいき
さいき

公開されるやいなや、昨年下半期の話題を一気にさらった感じがあったのが『ムービング』でした。各所で絶賛の嵐、韓国の配信コンテンツランキングサイト「Kinolights」でも8週連続1位、年間総合ランキング1位を獲得していました。

Kinolightsの2023年総合ランキング(ドラマ、映画含む)
1位『ムービング』/2位『ザ・グローリー~輝かしき復讐~』/3位『浪漫ドクター キム・サブ3』/4位『恋人』/5位『イルタ・スキャンダル~恋は特訓コースで』/6位『復讐代行人~模範タクシー2』/7位『キング・ザ・ランド』/8位『医師チャ・ジョンスク』/9位『ソウルの春』(映画)/10位『犯罪都市3』(映画)
杉本
杉本

2023年全体を見ても、ディズニープラスの配信作品はクオリティ高かったんじゃないですかね? 『ムービング』以降のラインナップも良かったのでディズニープラスに新規入会して見たっていう韓ドラファンが多かったと思います。

さいき
さいき

昨年は韓国テレビドラマガイドOnlineで、ディズニープラスの配信作3本の出演者インタビューを担当させてもらったので、がっつり集中してドラマを見ましたが、やはり『ムービング』が圧倒的に面白かった。私は、リュ・スンボムが1話から登場して得意なキレのいいアクションを久々に見せてる、というだけでもうブチ上がりました(笑)

リュ・スンボム、チョ・インソン、リュ・スンリョン、ヤン・ドングンなどが登場する『ムービング』アクションシーン撮影ビハインド
杉本
杉本

リュ・スンボムが演じたCIA要員のフランクは原作漫画にはないキャラだそうで。下の動画で原作者のカン・プル先生が兄のリュ・スンワン監督を通じて直接連絡してキャスティングしたと言っていますね。チョ・インソンにも直接話したらしくて、ひとりずつ丁寧にキャストを集めていったおかげか、役柄と俳優のシンクロ率が高いですよ。

人気MCジェジェのトークショー「文明特急」にゲスト出演した『ムービング』原作者・脚本家のカン・プル。プルボジ(プル父)と呼ばれているそう。
さいき
さいき

ポンゲマンを演ってたチャ・テヒョンの役もドラマ用に作ったキャラなんですよね。そうやって集めた各キャラクターのビハインドを一話ずつ明かしていって、全20話構成にしたっていう韓ドラのセオリーを覆した漫画的なエピソードの割り方が斬新だった。

杉本
杉本

当初は12話くらいで作ろうとしてたのを、カン・プル先生がそれでは出来ないって突っぱねたらしいですけど、ゴネて正解でしたね(笑)。自分で脚本も書いたくらいですから、映像化するにあたり、かなり慎重に作業していったみたいですよ。

『ムービング』原作、脚本カン・プル、パク・インジェ監督、イ・ソンギュVFXスーパーバイザーによるクリエイティブトーク
さいき
さいき

最初に7話まで一度に公開したのも視聴者の興味を惹けて良かったと思います。毎回微妙に余韻を残すような終わり方をしてたので、1話ずつ公開だったらストレス溜まって仕方がなかっただろうな、と(笑)

杉本
杉本

チョ・インソンはいつ出てくるの!? って思いましたもん!(笑)。そして8話以降からググッと話が動き出すんですよね。それまで描かれていた各キャラクターの伏線が一気に回収されていくので、毎週楽しみに見ていました。

さいき
さいき

コ・ユンジョンとイ・ジョンハの初恋エピソード。ハン・ヒョジュとチョ・インソンのロマンス……とメロ要素の加減もちょうど良くて、さらに親子愛、夫婦愛などのヒューマニズム要素も入ってくる。内容てんこ盛りで韓国風に言うなら“総合贈答品セット(종합선물세트)”って感じですよ。

杉本
杉本

制作発表会の映像を見ましたが、ハン・ヒョジュが劇中同様にイ・ジョンハを息子みたいにフォローしていたのが微笑ましかったです。撮影中も実際にオンマ(ママ)、アドゥル(息子)と呼んでいたとか。正直、作品見るまではハン・ヒョジュがお母さん役? と思っていたんですけど、そんな心配必要なかったですよね。まさにお母さんでした。

主要キャスト、監督、脚本家が揃った『ムービング』制作発表会フル映像
さいき
さいき

インタビューはヤングチーム3人大人チーム3人を分けて取材したんですけど、みんなとても仲良さそうでした。イ・ジョンハとキム・ドフンは、年上のコ・ユンジョンをヌナ(お姉さん)と呼んでいて、ユンジョン姉さんは一見どっしり構えてそうに見えるんだけど、実は結構天然キャラかな? という感じも可愛かった。
一方、リュ・スンリョン、ハン・ヒョジュ、チョ・インソンは、劇中、安全企画部で3人がやり取りするコミカルなシーンそのままに和気藹々とした雰囲気でしたよ。

チャ・テヒョン&チョ・インソンがお店を運営するリアルバラエティ「見習い社長の営業日誌(어쩌다 사장)」シーズン2ではハン・ヒョジュがゲスト出演。チョ・インソンとの『ムービング』夫婦ケミが見られます。
杉本
杉本

世界的にもディズニープラスで最も視聴された韓国ドラマになったので、シーズン2を期待する声も多いです。韓国型ヒーローものをもっと作ろう! 的な盛り上がりも見せていますよね。

さいき
さいき

カン・プルのウェブトゥーンは、ほかにも超能力者シリーズとか、ヒーローものがいくつかあって、アクションシリーズと銘打っている『ムービング』には、続編的な『ブリッジ』っていう作品があるんですよ。なので、シーズン2というよりもこの『ブリッジ』が映像化されるのでは? と勝手に予想してます。

『ブリッジ』(브릿지)
(韓国カカオウェブトゥーンで3話まで無料で読める)
杉本
杉本

1月に情報解禁していましたけど、カン・プル原作・脚本の『ライトショップ(原題)』がチュ・ジフンとパク・ボヨン主演で2024年中の配信確定しましたね。韓国TVドラマガイドOnlineでも詳報してたんですけど、ぺ・ソンウ、オム・テグ、イ・ジョンウン、キム・デミョンなど名優揃い。ミステリー作品だそうですが、どんな仕上がりになるのか楽しみです。

『ヴィジランテ』
警察大学でも屈指の優等生キム・ジヨンは、幼い頃に母を惨殺された辛い過去があった。事件から12年後、母殺しの犯人に報復を加え殺害したことを機に、重罪を免れた凶悪犯を次々と私的制裁しはじめる。ナム・ジュヒョク、ユ・ジテ、キム・ソジン、イ・ジュニョク出演。
さいき
さいき

ナム・ジュヒョクが兵役入隊前最後に出演した『ヴィジランテ』もウェブトゥーン原作なんですが、原作を見ると、なぜ彼が主人公にキャスティングされたのか分かると思います。イケメンキャラでめっちゃ似てるんですよ。

『ヴィジランテ』(비질란테)
(NAVERウェブトゥーンで10話まで無料で読める)
さいき
さいき

ナム・ジュヒョクって、これまで長身と甘いルックスを生かした役が多かったと思うんですけど、今作ではそういった要素をすべて封印しています。いつもは淡々とした佇まいの彼が、感情を爆発させて内面を吐露するようなシーンもあり、あ、こういう演技も出来るんだな、って彼の新境地を見た感じでした。

メインキャスト4人による『ヴィジランテ』ビハインドコメンタリー映像
杉本
杉本

作品ごとにステップアップしている人だと思いますが、除隊後の作品が楽しみになりましたよね。ユ・ジテと顔つき合わせて演技するときも全く引けを取らない迫力でした。ユ・ジテは自分と身長がほぼ同じで体格もいいナム・ジュヒョクがキャスティングされたことで、本気でトレーニングして身体を大きくしたと言っていました。

ユ・ジテの公式YouTubeチャンネルに公開された「ユ・ジテ×チョ・ホン キャラクターボディづくり」
さいき
さいき

個人的には、イ・ジュニョクを再発見したドラマでした。インタビューのときに「チョ・ガンオクはめっちゃハイテンションなキャラですよね」って訊いたら「ちょうどこういうヘンな役をやりたかった」とノリノリで返してくれて。あ、おもろい人だなぁと(笑)。
改めて彼のフィルモグラフィーを調べたら多作で役柄も多様。実はカメレオン俳優なんだなと今さらながら気づきました。

杉本
杉本

あれ? ここにも出てる!って思いますよね。主演ものだと『リセット~運命をさかのぼる1年~』が好きです。『ダークホール-愛を奪う闇-』『裸の消防士』など、刑事や消防士が似合う人なんですよ。『秘密の森』のような悪役でも光りますが、敏腕秘書役なんかもしっくりくる。もともとは長編で活躍していましたし、なんだかんだで何をやらせても出来る人だと思います。色白なせいか、薄幸キャラクターも似合います。

イ・ジュニョク『ヴィジランテ』撮影ビハインド映像
さいき
さいき

「イ・ジュニョクさん、これまで見逃しててすみません」って心の中で謝りましたよ(笑)。今年は『秘密の森』のスピンオフドラマ『良いか悪いドンジェ』、ハン・ジミンと共演する『挨拶する仲』と主演ドラマが2作も控えているので、大ブレイクの年になるのでは? と予想しています。

『愛だと言って』
父の不倫により両親が離婚し、幼くして心に深い傷を負ったシム・ウジュ。13年後、突然の父の訃報と共に家を追われたウジュは自分の人生を狂わせた父の再婚相手に復讐を誓う。キム・ヨングァン、イ・ソンギョン、ソンジュン、キム・イェウォン出演。
さいき
さいき

『愛だと言って』はキム・ヨングァンとイ・ソンギョンというモデル出身の2人が、華やかなイメージを封印して影のある役柄を演じていたのが新鮮でした。演出は『ミョヌラギ わが嫁たちの物語』が好評だったイ・グァンヨンという女性監督。ちょっと引き気味に撮ったり、上から撮ったりする独特のカメラワークも興味深かったし、フィルターをかけて乾いた感じにした映像全体のトーンも良かった。たぶん『私の解放日誌』を好きな人は、この作品も好きだと思います。

杉本
杉本

『初対面だけど愛してます』の監督さんなので、キム・ヨングァンとは2度目の作品。すでに彼のよさを熟知していたんでしょうね。演じたドンジン役のようにこんなしっとりと静かな役にもハマるんだ! という新鮮さもあって、魅せられました。彼は相手役を引き立てることができる男優のひとりだと思うんですが、この作品もそんな気がしました。

キム・ヨングァン、イ・ソンギョン、ソンジュン、キム・イェウォンによる『愛だと言って』キャラクター別TMIクイズ
さいき
さいき

イ・ソンギョンが演じたウジュのように一見ツンツンして冷酷に見えるようなキャラクターを韓国ではよく「까칠하다(カチラダ/気難しい、不愛想)」と形容しますが、実は内面にものすごい優しさをもっている。突き放したいのに、ドンジンに近づいていくほど動揺が隠せなくなっていくウジュが何とも言えず切ないんですよ。

杉本
杉本

復讐から始まりますが、完全に愛の物語ですよね。傷、重荷を背負った男女が互いの存在のおかげで癒されていく、2人のことはもちろん、周囲の人々のことも、都合よく展開しない。これこれこういうことがあったから感情に変化が表れる、相手を思う言葉が生まれる、心の揺れや様子が端折らずに繊細に描いてある。そこが本当に好きでした。セリフも響きました。あ、音楽もよかったですね。ロイ・キムのやさしい歌声がしみました。

『愛していると言ってくれ』
済州島で映画撮影に参加していた無名の俳優チョン・モウン。偶然知り合った聴覚障害をもつチャ・ジヌのことが忘れられずにいたが、ソウルで奇跡的に再会。モウンは少しずつ手話を覚えながらジヌと心を通わせ始める。チョン・ウソン、シン・ヒョンビン、キム・ジヒョン、イ・ジェギュン出演。
さいき
さいき

繊細な心にしみるラブストーリーと言えば『愛していると言ってくれ』もそうでしたね。チョン・ウソンが版権を買って自分で主演までして……と、相当な思い入れが伝わってくる。
下で貼ったように、版権を獲得して15年以上も誰にも渡さないでくれと頼んでいたという脚本家の北川悦吏子さんのツイートを見て驚きました。

杉本
杉本

聴覚障がいをもつ役だから当然セリフはないけど、心の声のナレーションが入るのでチョン・ウソンのイケボがものすごく映えるんですよね。『パラサイト 半地下の家族』が記録を塗り替えるまで長いこと、日本での韓国映画興収1位って『私の頭の中の消しゴム』(2005年日本公開)だったんですよ。あれも日本のドラマ原作でしたけど、チョン・ウソンは日本原作ものと相性がいいんでしょうね。あの頃に知ったチョン・ウソンの魅力、穏やかなオーラや、醸す色気をこのドラマで再び浴びてる気がします。

イ・ジョンジェと共同代表を務める所属事務所「Artist Company」が公開した『愛していると言ってくれ』チョン・ウソン撮影ビハインド
さいき
さいき

昔一度インタビューしたことあるんですけど、あの大きな目で、あまり瞬きもせずジッと相手を見て話されるんですよ。その時一緒に取材した人は完全KOされてました(笑)。彼が演じているジヌは言葉を発することができないので、ジッと見つめて目で訴える。見た者を虜にするあの眼差しをこのドラマで疑似体験できると思います(笑)

チョン・ウソン&シン・ヒョンビンの息の合った様子が垣間見られるELLE KOREAの「ケミ工作所」インタビュー
杉本
杉本

『愛だと言って』や『愛していると言ってくれ』は、現在主流のロマンス×サスペンス+αといったハイブリッド作、あれこれつめこんだ作品とは一線を画すものでした。時間もゆっくりと流れていく、刺激的な要素がない作品は貴重です。こういう風に作られた作品が生まれたことにも、すごく感謝しています。

さいき
さいき

いま4月10日まで、豊川悦司、常盤貴子主演のオリジナル版『愛していると言ってくれ』をTVerで6話まで無料配信してるので、原作と見比べてみるのも面白いと思いますよ。

『サウンドトラック #2』
6年間の交際を経て、心のすれ違いが重なり別れてしまったスホとヒョンソ。4年後、青年実業家として成功したが体調が不安定なスホは、医師の勧めで音楽療法としてピアノを習うことになる。教師として現れたのは音楽家の道を諦めたヒョンソだった。クム・セロク、ノ・サンヒョン、ソン・ジョンヒョク出演。
杉本
杉本

ちょっと地味なんですけれど、これ好きだな〜って思ったのが『サウンドトラック #2』でした。『ヴィンチェンツォ』の演出家キム・ヒウォンが手がけるミュージックラブストーリーの2作目です。今回は”別れた男女の再会”がテーマ。なぜ彼らが別れたか、そしてまた惹かれるか。好きだからこそ言えないことって誰にでもありますよね。勝手に誤解して傷付いたり、成功への嫉妬や焦り、気持ちの揺れだったりが丁寧に描かれていて、好感しかなかったです。

さいき
さいき

1作目の『#1』は”長年の親友同士のロマンス”というテーマでパク・ヒョンシクとハン・ソヒが演じたんですよね。今回は『愛と、利と』のクム・セロクと『パチンコ』のノ・サンヒョンと、注目の有望株の共演になりました。

『サウンドトラック #2』1~4話ビハインドコメンタリー
杉本
杉本

私は残念ながら『パチンコ』未見なんですが、『カーテンコール』『エージェントなお仕事』でノ・サンヒョン気になってたんですよ。尖ってる系なのかと思いきや、コメディ演技がナチュラルでいいんです。元カノに未練、いや、恋心ありありでもがく姿はかなり愛おしかったですよ。人に頼ることを極端に嫌うヒロインって韓ドラにわりと多いと思うんですけど、クム・セロクが演じたヒョンソもそうで。もっと人を信じて甘えてみたらいいのに。なんてことを思ったりしながら見守ってしまいました。幸せな気持ちになれますよ。

さいき
さいき

スホが才能を見出すミュージシャン、K役のソン・ジョンヒョクいいなぁと思ってたら、彼自身ネットでの活動から発掘されてデビューした歌手だと知って納得。ヌナを惑わす年下男ポジションがハマっていました。『サウンドトラック』というタイトルだけに、劇中のBGMにも注力してあって、ドラマ映像を使ったMVが韓国ディズニープラスのYouTubeで公開されているので要チェックです!

ハン・スンウ「A Song For You」ミュージックビデオ(ほか3曲のMVも公開中)
『殺し屋たちの店』
幼い頃に両親を亡くしたチョン・ジアン。親代わりとなって育ててくれた叔父チョン・ジンマンが急死を遂げ、やがてジンマンが運営していたあるネットショップの存在を知る。店の倉庫を狙う者たちが次々とジアンの命を狙い始めるが……。イ・ドンウク、キム・ヘジュン、パク・チビン出演。
さいき
さいき

今年に入ってから見た新作の中で、他を圧倒する面白さだったのが『殺し屋たちの店』でした。『調査官ク・ギョンイ』で完全にイ・ヨンエを食っていたキム・ヘジュンがまたしてもやってくれたというか、こういう役をやらせたら右に出る者はいない素晴らしさでした。イ・ドンウクが裏稼業の叔父さんをミステリアスに演じているのも良かったです。

杉本
杉本

このドラマは小説原作なんですけど、韓国のディズニープラス公式チャンネルに、珍しく原作の小説家と監督が制作ビハインドを語る動画が公開されていて興味深かったです。このハードボイルドな物語を女性作家が書いているというのに驚いたし、監督は作家の前作を原作にしたドラマ『殺人者の買い物リスト』を2022年に制作していて、コラボ2作目なんですね。

原作小説『キラーたちのショッピングモール』著者カン・ジヨンと、イ・グォン監督のスペシャルコメンタリー
さいき
さいき

特に男優は兵役を経てるから違うのかな? と勝手に思っていますが(笑)、昔から韓国の俳優はガンアクションが上手いんですよね。ボブヘアの殺し屋ミンへ役のクム・ヘナの動きも凄かったし、ゴツいスナイパーたちが大小あらゆる銃器を打ちまくる! ドローン兵器に四足歩行の犬型ロボットまで登場するアクションシーンの見せ方が面白くて監督の美学を感じたし、こういうバイオレンスシーンなら痛快なので大歓迎です。

キレのいいアクションでバトルシーンを盛り上げる殺し屋ミンへのアクション集
杉本
杉本

ラスボス的に登場するチョ・ハンソンが久々にハマり役!って感じでした。名子役の代表格だったパク・チビンが、大人の俳優として一皮むけた演技を見せているのにも注目してほしいです。2024年のディズニープラス韓国コンテンツ発表会で、シーズン2を前向きに検討していると言っていたので、制作に期待したいですね。

さいき
さいき

ドラマを見ながら、打ち込み系を多用したOSTが格好良いなぁと思っていたら、プロデューサーはなんと『D.P.』シリーズや『弱いヒーロー Class1』のOSTを手がけたプライマリーでした(納得)。YouTubeにプライマリーのインタビューも公開されていたので音楽好きな人はチェックしてみてください。

音楽プロデューサー、プライマリーが語る『殺し屋たちの店』アクションシーンの音楽裏話
ELLE KOREA ファッショングラビア撮影と『殺し屋たちの店』叔父&姪のビハインドトーク

⇒2024年、今後の注目作は?

1件のコメント

ただいまコメントは受け付けていません。