女神様が見ている

[MUSICAL]6回目の再演『女神様が見ている』2019ニューキャストを公開

[MUSICAL]6回目の再演『女神様が見ている』2019ニューキャストを公開

 

2013年に初演後、韓国ミュージカルファンに愛され続けている『女神様が見ている』が6回目の再演を11月からスタートする。

2011年に現在のCJ E&Mが創作支援プログラムとして実施していた「CJクリエイティブマインズ」の第1回選定作となり、その後2013年から本公演をスタート。2014年には、東京・世田谷パブリックシアターで来日公演も行い、日本の観客にも親しまれている作品だ。

⇒2014年来日公演時の韓劇.com特集記事

物語は1952年、朝鮮戦争のさなかにある釜山近海の無人島が舞台。北朝鮮の捕虜を移送中だった韓国軍の船が遭難し、無人島に流れ着いた場面から始まる。南(韓国)の兵士ヨンボムとソックは、北の兵士に拘束され立場が逆転。何とか生き延びて援軍を求めたい2人は、北の兵士のなかで最も若くナイーブなスンホを懐柔して、北の兵士たちとの奇妙な共同生活を開始し、やがて真の友情を深めていく感動のストーリーだ。

(左から)ヨンボム役のソン・ドゥソプ、チョ・ソンユン、ソ・ギョンス

約2年ぶり6度目となる今回の再演では『女神様~』経験者と新キャストが混合した多彩な顔触れとなった。

(上段左から)スンホ役のチョン・ウクジン、チョン・フィ(下段左から)ジノ、パク・ジュンフィ

ストーリーをけん引する役割も果たす韓国軍の大尉ヨンボム役は、2年前にも同役を演じたソン・ドゥソプと、今回『女神様』初参加となるチョ・サンユン、ソ・ギョンスが演じる。

過去のトラウマを抱えながらも、純粋で、かつ卓越したエンジニアとしての才能をもつ北朝鮮兵士スンホ役はチョン・ウクジン、チョン・フィ、ジノ(PENTAGON)、パク・ジュンのクワトロキャスト。チョン・フィを除いては今回初参加となる。

(左から)チャンソプ役のホン・ウジン、ユン・ソグォン、チャ・ヨンハク

北朝鮮兵士を率いる隊長チャンソプ役はホン・ウジン、ユン・ソグォン、チャ・ヨンハク。このうち初出演のチャ・ヨンハクは、かつてチャンソプを演じたチン・ソンギュも所属する劇団「公演配達サービスカンダ」の俳優だ。

ソック役のカン・ギドゥン(左)とアン・ジファン

年上女性との初恋を胸に秘めた素朴なキャラクターが魅力の韓国軍兵士ソック役は前回に続き出演するカン・ギドゥンと、『ザ・フィクション』『伝説のリトルバスケットボール団』などで頭角を現してきたアン・ジファンが初出演となる。

ドンヒョン役のチョ・プンレ(左)とキム・デウン

隊長チャンソプの右腕的存在だが、ある言えない秘密を抱えたドンヒョン役は、チョ・プンレと演劇『散歩する侵略者』、音楽劇『島:1933~2019』などの話題作に出演し、頭角を現している新人キム・デウンが初出演する。

ジュファ役のチン・テファ(左)とソン・ユドン

卓越したダンスの実力をもちムードメーカー的役割を果たす北朝鮮兵士ジュファ役は、前回も同役で出演していたソン・ユドンと『洗濯(パルレ)』など、近年小劇場作品にも精力的に出演しているチン・テファが初参加となる。

(左から)女神様役のイ・ジスク、ハン・ボラ、チェ・ヨヌ

最後に、兵士たちそれぞれが大切に思う、女神様役は、初演から出演し元祖女神様と呼ばれるイ・ジスクと、本作には3回目の出演となるチェ・ヨヌ、そして『飛べ!パクさん』『トゥモロー・モーニング』などに主演したハン・ボラが今回初めて女神様役に挑む。

11月の開幕に先立ち、10月25日(金)、26日(土)の2日間、水原(スウォン)市にあるSKアートリアム大公演場で上演後、11月16日からソウル・大学路ユニプレクス1館で上演される。水原公演のチケットは9月24日(火)午前11時からインターパークで発売。
ソウル公演の1次チケットは10月18日(金)午後2時から発売される。


【公演情報】
ミュージカル『女神様がみている』(여신님이 보고 계셔)
2019年11月16日~2020年3月1日 大学路ユニプレクス1館

<出演>
●ハン・ヨンボム役:ソン・ドゥソプ、チョ・サンユン、ソ・ギョンス
●リュ・スンホ役:チョン・ウクジン、チョン・フィ、ジノ(PENTAGON)、パク・ジュンフィ
●イ・チャンソプ役:ホン・ウジン、ユン・ソグォン、チャ・ヨンハク
●シン・ソック役:カン・ギドゥン、アン・ジファン
●チョ・ドンヒョン役:チョ・プンレ、キム・デウン
●ピョン・ジュファ役:チン・テファ、ソン・ユドン
●女神様役:イ・ジスク、ハン・ボラ、チェ・ヨヌ

プロデューサー:ユ・インス/作:ハン・ジョンソク/作曲:イ・ソニョン/演出:パク・ソヨン

写真提供:劇団「演友(ヨヌ)舞台」

©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。

[MUSICAL]『女神様が見ている』熱気あふれる稽古場を公開!

[MUSICAL]『女神様が見ている』熱気あふれる稽古場を公開!

 

yo20150

北朝鮮兵士チャンソプ役のチェ・デフンとドンヒョン役のユン・ソッキョン

今年で4回目の再演を迎える名作ミュージカル『女神様が見ている』。6月20日の開幕を控えて、熱気のこもった稽古場の雰囲気が伝わってくる写真が公開された。
韓国ではタイトルを略して「ヨボショ」と呼ばれ愛されている本作、2015年版は新キャストを多数起用してリフレッシュを図っている。その一方で、物語をけん引する韓国軍兵士ハン・ヨンボム役には、すでに出演経験のあるキム・ジョング、チェ・ホジュン、イ・ジュニョク、チョ・ヒョンギュンが起用されるなど、要所要所では実力派をきっちりと配している印象だ。

yo20152

スンホ役のシン・ジェボム(左)とコ・ウンソン

観客にもっとも愛される純粋なキャラクター、スンホ役には昨年同役に初挑戦し、好評を得たSUPER JUNIORのリョウクと2013年公演に出演していたパク・ジョンウォン。そして新キャストにシン・ジェボムとコ・ウンソンが出演する。
シン・ジェボムは2012年に『ビリー・エリオット』などに出演した子役を集めて上演したミュージカル『13(Thirteen)』に主演経験のあるニューカマー。そしてコ・ウンソンは長年『グリース』で主人公デニー役を演じてきた二枚目俳優だ。

そのほか、今回初参加となったのは『キンキーブーツ』の靴工場工員ドン役や、『ブラッド・ブラザーズ』『壁抜け男』などの大型ミュージカルで存在感を見せていたシム・ジェヒョンが北朝鮮の兵長チャンソプ役に。ヨンボムの部下ソック役には『死の賛美(グルーミーデイ)』『ビースティ・ボーイズ』のイ・ギュヒョンと、『飛べ!パクさん』などに出演した新鋭ソン・ユテク。そして、女神様とのダンスシーンが印象的なジュハ役には『TRACE U』『マイ・バケット・リスト』のイ・ジホと『スペシャル・レター』『洗濯(パルレ)』などに出演してきたユ・ジェユン。寡黙で上官チャンソプの命令に忠実なドンヒョン役に『マン・オブ・ラ・マンチャ』でラバ追いの男や国軍ミュージカル『プロミス』に出演したユン・ドンヒョンが初起用された。これまで多数の人気俳優を輩出してきた本作だけに、無限の可能性を秘めた新キャストの活躍に注目したい。
さらに、『キム・ジョンウク探し』『若きウェルテルの悩み』など多数の人気ミュージカルでヒロインを務めてきたチェ・ジュリが女神様として加わったことで、韓国の観劇ファンも実力を認める新たな女神様の誕生に期待が寄せられている。

今年は劇場を大学路のユニプレクスに移し、セットのリニューアルや、演出にも変化を加えるとのことで、より一層新鮮な印象になることが予想される。これまで韓国で観劇済みの人や、昨年の日本公演を見た人も新たに楽しむことができる『ヨボショ』になりそうだ。
韓劇.comでは、日本の観客限定の割引価格で購入できる、スペシャルコラボチケットも発売中(⇒詳細)。屈指の名作創作ミュージカルを、今年も韓国の劇場で堪能してほしい。

yo20153

スンホ役のパク・ジョンウォン

yo20154B

ジュハ役のユ・ジェユン

yo20155

チェ・デフン、シン・ジェボムがパク・ソヨン演出家(右)と相談中

yo20156

ソック役のイ・ギュヒョン

yo20159

スンホ役のコ・ウンソン

yo201511

ソック役のソン・ユテク

yo201512

女神様役のチェ・ジュリ(中)とスンホ役のパク・ジョンウォン

yo201513

ドンヒョン役のユン・ソッキョン

yo20150A yo20151 yo20154 yo20154A yo20157 yo20158 yo201510


yobosho2【公演情報】
ミュージカル『女神様が見ている』(여신님이 보고 계셔)
2015年6月20日~10月11日 大学路ユニプレクス1館

出演:ハン・ヨンボム役:キム・ジョング、チェ・ホジュン、イ・ジュニョク、チョ・ヒョンギュン
リュ・スンホ役:リョウク、パク・ジョンウォン、コ・ウンソン、シン・ジェボム
イ・チャンソプ役:チェ・デフン、シム・ジェヒョン
シン・ソック役:イ・ギュヒョン、ソン・ユテク
チョ・ドンヒョン役:ユン・ソッキョン、ユン・ドンヒョン
ピョン・ジュハ役:イ・ジホ、ユ・ジェユン
女神様役:ソン・ミヨン、チェ・ジュリ

プロデューサー:ユ・インス/演出:パク・ソヨン/脚本・作詞:ハン・ジョンソク/作曲:イ・ソンヨン/音楽監督:ヤン・ジュイン/アクション監督:クァク・ゴウン

写真提供:ヨヌ舞台 ©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。

[MUSICAL]CJ CREATIVE MINDSリーディング公演 2015年は『阿娘歌』からスタート!

[MUSICAL]CJ CREATIVE MINDSリーディング公演 2015年は『阿娘歌』からスタート!

 

아랑가 포스터CJグループが文化芸術の発展を支援するため、2006年に設立したCJ文化財団では、公募形式で運営している舞台新人クリエイター育成プログラム「CJ CREATIVE MINDS」を2010年から実施している。現在までに新作創作ミュージカル32作品の制作者を発掘し、『風月主』『女神様が見ている』『ラスト・ロイヤル・ファミリー』『ギュン』『ビースティ・ボーイズ』など、本公演されて大ヒットした作品も多い。こうした公演界への高い貢献度を讃え、「第2回ソウルミュージカルフェスティバル」では イェグリンアワード最高賞であるイェグリン賞を受賞している。

昨年度は「CJ CREATIVE MINDS」で4作品が選定され、今年、麻浦区にある多目的ホール「CJ azit」でいよいよリーディング(朗読)公演が行われる。
まずは3月23、24日に上演される『阿娘歌(아랑가 アランガ)』は、中央大学演劇学科の同期である、キム・ガラム脚本家とイ・ハンミル作曲家が創作した。アメリカ、日本、中国、韓国など23カ国、37の大学と演劇教育機関が参加した第3回「Asian Theatre Schools Festival(ATSF)」で最優秀作品賞を受賞し、国際的にも作品性の高さが認められていた作品だ。同時に昨年「CJ CREATIVE MINDS」の公募にも当選したことで、韓国の舞台関係者が熱い視線を送るなかでのリーディング公演となる。

『阿娘歌』は高麗時代に編纂された、三国史記に収録されている「都彌説話(도미설화)」をもとに、高句麗の密偵トリムに騙されて百済を衰退させた「蓋鹵(ケル)王」の物語を再構成したファクション(faction)だ。南下する高句麗の圧迫と民の間で苦悩する蓋鹵王と、百済の将軍トミ、その妻アラン、高句麗のトリムなど、時代に翻弄された人物たちの葛藤と愛がドラマチックに描かれる。
『阿娘歌』は古典劇の雰囲気を生かすため、パンソリとミュージカル音楽のミックスに挑戦。伝統芸能、唱劇(チャングク)で語り部の役割を果たす「導唱(도창 ドチャン)」も登場して、百済と高句麗の闘いや登場人物の心理を解いていくそうだ。

キャストは『レベッカ』『アガサ』や『スカーレット・レター』などで見せた、凛とした男性的な佇まいが魅力のパク・インベをはじめ、『共同警備区域JSA』『風月主』『二都物語』の実力派イム・ヒョンス、『ヒストリーボーイズ』『女神様が見ている』など人気上昇中のアン・ジェヨン、『ウィキッド』『キンキーブーツ』の新鋭イ・イェウンのほか、導唱としてパク・インへが登場する。「CJ CREATIVE MINDS」のリーディング公演は、毎回こうした豪華キャストが揃うのも見どころのひとつである。

2015年は『阿娘歌』以降も、『陽気京城(명랑경성)』『小惑星B612(소행성B612)』『ソンタクホテル(손탁호텔)』の3作品がリーディング公演を控えている。ここから、何作が評価を得て本公演に躍進することができるのか? 今年も各方面から期待と注目が集まっている。

さいきいずみの「韓劇日誌」Vol.5 

さいきいずみの「韓劇日誌」Vol.5 

 

「“極私的” 2014年韓国公演界総括」

moz1

演出、セット、衣装とすべてリニューアルした『モーツァルト!』

久々にコラム更新です。気が付けば前回から半年以上空いておりました(汗)。韓劇.com正式オープン後は、皆さんに大きな関心をいただきありがとうございました。まだまだ至らない部分も多いですが、2015年もよろしくお願い致します。
韓国の各メディアで年末に公演界の1年を総括する記事が上がっていたので真似してやってみようと思いました…が、普通にやっては面白くないので独断と偏見による、超私的な2014年の感想をUPしてみたいと思います。
さて、昨年1年間でいったい自分は何本舞台を見たのか? 先日チケットの半券を数えてみたところ、舞台関係のトークショーやショーケースなども入れて200本超。おお、こんなに見てたんだなぁと我ながらビックリしました。チケット代にいくらつぎ込んだのか、考えるのも恐ろしいです(笑)。
ピックアップした作品は、2014年の上演作をミュージカルについては3つのカテゴリに分け、一方、演劇は印象に残ったBEST10を紹介したいと思います。作品タイトルにはすべて公演データベースPlayDBのリンクを張りました。気になった作品があったら、調べてみてください。

【ミュージカル部門】

<大劇場 ライセンス作品編>BEST3
『モーツァルト!』
『マリー・アントワネット』
『ウィキッド』
大劇場のライセンスミュージカルは「ミュージカルは曲ありき」を再認識させられた、必殺キラーチューンを持っている作品が並びました。特に“All New”と謳った『モーツァルト!』の再演は、原作のもつ強さを改めて実感しました。新演出は、例えばコロレド大司教のトイレシーンなどベタな部分は必要最小限にし、ヴォルフガングの苦悩に焦点を当てて再構築していたので賛否両論あったと思いますが、私は良かったと思います。そして、安定のイム・テギョン、大躍進のパク・ウンテ、瑞々しさのパク・ヒョシンと、ヴォルフガング役は誰を見てもクオリティを保てていたのが凄かった。ピックアップした他2作に比べて段違いの規模である世宗文化会館での上演、という部分でも意味ある再演だったと思います。『マリー・アントワネット』と『ウィキッド』は初演でありながら、俳優たちの歌や演技、ストーリー構成とトータルで完成度が高く、観劇後の満足度が高かったです。

fs1

2014年最高のヒット作『フランケンシュタイン』

2014年最大の話題作『フランケンシュタイン』が入ってない! と思われる方、多いと思いますが、個人的には結構シビアに見ました。韓国映画やドラマによくある幼少時のトラウマから成る話。ストーリーライン(特に2幕)はかなり大雑把な構成でしたし、音楽が耳に残らなかったです。俳優個々の歌や演技はハイレベルですし、豪華なステージなので劇場で見ているときは、とても楽しいのですが、観劇後に何か心に残るか? といったら疑問が残りました。11月から再演が決まっているので、この作品が韓国を代表する創作ミュージカルとして名を残せるかどうかは、今年が正念場だと思います。
同じく、多くの方がご覧になったであろう『ドラキュラ』は回転するセットを中心に置き、スピーディーに展開していて見ごたえはあったのですが、もっとドラマチックに盛り上がるか……というところでアッサリ終わってしまう物足りなさが残りました。また、レンフィールド役のイ・スンウォン、ルーシー役のイ・ジへなど、若き助演陣の熱演が賞賛されていましたが、裏を返せば彼らがシーンスティーラーとなってしまうほど主要キャストの描写が弱かった、ということではないでしょうか?

<中・小劇場 創作ミュージカル編>BEST3

sopyonje

魂のこもった歌が、深い感動を呼ぶ『西便制』

『西便制(ソピョンジェ)』
『ザ・デビル』
『サリエリ』
声(ソリ)に人生をかける父娘の壮絶な生き様を、魂の歌パンソリに乗せて描く『西便制』は3度目の再演も変わらぬクオリティでした。特に娘ソンファを演じる本物のソリクン(=パンソリの歌い手)であるイ・チャラムの神がかったパンソリを聴いて、心を動かされない人はいないでしょう。洋もののような華やかさはないものの、一歩間違うと垢抜けないローカル感が出てしまう作品世界を韓紙を使ったシンプルなセットでスタイリッシュに見せていました。決して気楽に見られるストーリーではありませんが、こういう作品こそ、韓国を代表する創作ミュージカルとして大切に育て、公演を続けてほしいと思っています。

thedevil1

独創的な作品世界で評価が分かれた『ザ・デビル』

新作では『ザ・デビル』が個人的には最も印象に残った作品でした。当初制作会社はドゥサンアートセンターで『ママ、ドント・クライ』の上演を企画していたものの、作品に対し劇場が大きすぎると判断。そこで演出イ・ジナがブロードウェイで見た『ファウスト』にインスパイアされて、新たに“ショーミュージカル”を創作しよう、ということになったのだそうです。ゴシックロックをベースにしたスコアはクオリティ高く、ライティングを駆使した立体的なセット、舞台上で生演奏を見せる演出など見どころ満載でした。しかし「ファウスト」の世界観を知らないと筋が難解なことや、演奏やコーラスが目立ちすぎ、サウンドのボリュームが大きいなどの観客の声を反映して、公演中盤からはライブ感がスポイルされてしまったのは残念。メディアでは賛否両論でしたが、こういう実験的な作品を創作・上演したこと自体を称賛したいです。グレードアップして再演する日を楽しみに待ちたいと思います。

salier

10月プレミアムコンサート開催!『サリエリ』

『サリエリ』は演出、衣装など色々と危なっかしい部分はありましたが、なぜか中毒性の高い作品でした。モーツァルトの才能に嫉妬するサリエリの心を具象化したジェラスが『エリザベート』におけるトートのように魅惑的に描かれていたのも面白かったです。
2013年に小劇場で大ヒットし、中劇場にランクアップして注目を浴びたのが『共同警備区域JSA』『女神様が見ている』でした。しかし、いずれも小劇場版を凌ぐことはできず。2作品ともベースはしっかりしている作品ですから大きく崩れることはなかったものの、より大衆向けにしたかったのか、説明的描写が追加されたことで作品全体の緊張感が失われてしまいました。劇場をサイズアップする際にいかに構成し直すか……小劇場創作ミュージカルが抱える課題を見た気がしました。

<惜しかったで賞編>
『ヴォイツェック』 『太陽王』 『プリシラ』
『シンギン・イン・ザ・レイン』
派手な宣伝に比べ、作品力が伴わなかった4作です。LGアートセンターで上演した『ヴォイツェック』『プリシラ』は作品に対して舞台が大きすぎると感じました。『太陽王』『シンギン・イン・ザ・レイン』は大舞台で構成可能な作品でありながら演出は小劇場方式。俳優の頑張りが作品に反映できていないのも残念でした。

haisui

韓国版に見事に昇華した社会派ドラマ『背水の孤島』

【演劇部門】BEST10

『背水の孤島』
『少年Bが住む家』
『道を去る家族』
『マクベス』
『フランケンシュタイン』
『メフィスト』
『飛行少年KW4839』
『愉快な下女マリサ』
『私に会いに来て』
『デス・トラップ』

 

演劇では、劇団TRUSHMASTERS中津留章仁原作『背水の孤島』が個人的ベストでした。セウォル号沈没事故で韓国社会が激震中のなかで上演。演劇界で注目を集める気鋭の演出家キム・ジェヨプが、アイロニカルな作品世界を十分に読み取り、実力派俳優たちとともに韓国版に再生させた秀作でした。本作と、少年犯罪を犯した家族の苦悩を描いたCJクリエイティブマインズ発の作品『少年Bが住む家』は観劇中に涙が止まらないほど心を揺さぶられました。『背水の孤島』は公演中のアフタートークをリポートしていますので、ご興味ある方はお目通しください。
韓国のゴッホと呼ばれるイ・ジュンソプを取り上げた『道を去る家族』は演戯団コリペのイ・ユンテク作・演出作品。日本で美術を学び、才能を開花させた画家が、愛する日本人の妻や家族と別れて暮らさねばならなかった半生を知るきっかけとなりました。ジュンソプ役、チ・ヒョンジュンが劇中で描き上げる牛の絵や、絵画から飛び出してきたような舞台美術がとにかく素晴らしかったです。

franken

パク・ヘスが圧巻の演技!『フランケンシュタイン』

『マクベス』『フランケンシュタイン』はともにパク・ヘス主演作。ダイナミックで入魂の熱い演技を見せてくれた彼あってこその作品でした。『フランケンシュタイン』は日本でもNTLiveで公開された英国版が原作ですが、ワン・ヨンボム版の創作ミュージカルと比較すると、こちらのほうがストーリーラインがしっかり構築されていたと思います。
『メフィスト』『飛行少年KW4839』『愉快な下女マリサ』(プラス、『背水の孤島』も)は舞台美術をヨ・シンドンが担当した作品。それぞれに作品自体も面白かったのですが、独創的かつアーティスティック、反面、キッチュなポップさも持ち合わせた彼が生み出すセットは、韓国でいま一番面白く、作品のクオリティを上げるのにも一役買っていると思います。『メフィスト』については主演女優チョン・ミドの怪演も光っていました。
5年ぶりに再演した、映画『殺人の追憶』の原作でもある『私に会いに来て』、同名映画が有名な作品をキム・スロプロジェクトが初演した『デス・トラップ』は推理サスペンスでしたが、どちらも笑えるコミカルなシーンを盛り込みながら、しっかりとした推理劇に仕上げてありました。
ほかにも、イ・ジェギュンが東亜演劇賞・新人演技賞を受賞した『家族という名の部族―TRIBES』や、『アリバイ年代記』『背水の孤島』のキム・ジェヨプによる新作『なぜ私は小さなことにのみ憤慨するのか』などなど10本に収めるのが困難なほど、素晴らしい作品にたくさん出会うことが出来ました。

韓国の公演界全体を見ると、2013~14年前半までに業界を支配していた妙な高揚感は見事に消え去りました。多くの来日公演が成果を上げられず、日本で多くのメディアが展開している嫌韓的な報道がボディーブローのように効いてきているため、観光もエンタメも中国向けにシフトしています。いくつかのミュージカルが中国公演を標ぼうしているので、そのうちアイドルを起用したミュージカルなどは日本ではなく中国で公演を始めるのではないでしょうか? さらに最近危機感を覚えているのが、大型ミュージカルのチケット価格設定です。VIP席14万ウォン基準になり、今年は15万ウォンの作品も出てくるかもしれません。昨年から急激に円安が加速したこともあり、現時点のレートで1万5千円越。日本国内作品の平均価格をついに超えました。もちろん、韓国ではさまざまな割引を駆使して定価で購入する人はほとんどいませんが、韓国の平均所得を考えると割引をしても高すぎます。前売りは定価で購入するしかない私たち日本の観客にはますます厳しい状況です。ここ数年で韓国ミュージカルに魅了され、韓国まで観劇にいらっしゃっている方は多いと思います。今年は話題性のみならず、作品性もしっかりと見極めて、大劇場から小劇場まで、より幅広い作品を観てみてほしいなと思います。

2015年の公演ラインナップは近日公開予定です。一人でも多くの方が素晴らしい作品に出会えますように!

←コラム第4回 | コラム第6回→

「女神様が見ている」リュ・スンホ役 リョウク 来日公演&韓国プレスコールフォトSP

「女神様が見ている」リュ・スンホ役 リョウク 来日公演&韓国プレスコールフォトSP

 

9月30日、来日公演初日を迎えたリョウク。熱演の様子が伝わる舞台写真が届きました!
特別に4月に行われた韓国公演プレスコール秘蔵写真と併せて公開します!

<2014年9月30日 「女神様が見ている」来日公演より>

IMG_3219 IMG_3365 IMG_3568 IMG_3167

<2014年4月29日「女神様が見ている」韓国プレスコールより>

DSC_0244 DSC_0150 DSC_0253DSC_0305 DSC_0374 DSC_0378 DSC_0495 DSC_0512 DSC_0550 DSC_0573 DSC_0594 DSC_0614 DSC_0645DSC_0181 DSC_0192 DSC_0368 DSC_0388 DSC_0433 DSC_0449 DSC_0461
※記事・写真の無断使用、ブログやウェブサイトなどへの転載は禁止します。
Do not use any images and photos on your site without permission.
©han-geki.com 2014. All Rights Reserved.

「女神様が見ている」初日公式ステージ写真

「女神様が見ている」初日公式ステージ写真

 

9月20日に開幕した「女神様が見ている」の初日ステージの模様と記者会見時の公式写真です。
韓国公演よりもかなり広いステージ。キャストはかなり緊張していた様子で、
みな汗だくになりながら頑張って初日のステージをこなしていました。
その熱演ぶりが伝わる写真をお楽しみください。

IMG_1130 IMG_1240 IMG_1459 IMG_1634 IMG_1710 IMG_1775 IMG_1914 IMG_2233 IMG_2242 IMG_2297 IMG_2661

※記事・写真の無断使用、ブログやウェブサイトなどへの転載は禁止します。
Do not use any images and photos on your site without permission.
©han-geki.com 2014. All Rights Reserved.

「女神様が見ている」リュ・スンホ役 チョン・ソンウ

「女神様が見ている」リュ・スンホ役 チョン・ソンウ

 

jsw1「女神様が見ている」でソンウさんが演じるのは、北朝鮮の兵士リュ・スンホ役。兄が自分をかばって戦死してしまい、大きな精神的ショックを受けた彼は、以降まるで幼い子供のようになってしまいます。常に何かに怯えていて、言うことをきかないスンホに隊長チャンソプらは手を焼いていたのですが、韓国軍の兵士ヨンボムから女神様の話を聞き、俄然生き生きと行動しはじめます。本来、船舶修理の優秀な技術者だったスンホは、女神様がお願いを訊いてくれる人を好きだと知り、瞬く間に壊れた機械を修理していきます。当初は船の修理を進めるためにスンホに同調していた南北の兵士たちが、いつの間にかスンホと、スンホが信じる女神様の存在を通して親しくなっていたことに気づくのです。

jsw2役柄同様、来日公演メンバーのなかでは末っ子ですが、本公演に上がる前の2012年リーディング公演から出演している「女神様」キャリアはキャストのなかで一番長い俳優です。純粋で繊細なスンホのキャラクターは彼が創り上げたと言っても過言ではありません。成均館大学在学中に初舞台を踏み、「花郎(ファラン)」「スプリング・アウェイクニング(春のめざめ)」など、有望な新人が多数出演した人気作を経て、2011年には「スリル・ミー」の私(ネイサン)役に抜擢。以降3期連続で出演し、毎年着実にステップアップを重ねてきました。今年は「M.Butterfly」でストレートプレイに初挑戦。女装の麗人ソン・リリン役の美しさが評判となり、さらにファンが倍増。「女神様」に続いて出演した「デス・トラップ」は、ストーリー自体の面白さもあって、彼の新たな魅力を引き出した作品となりました。来日キャストのなかで唯一直接取材する機会がありましたが、少年性を残したルックスと穏やかな佇まいとは対照的に、内面は男らしく自分の考えをしっかり持っている人という印象。経験したことがないキャラクターに惹かれると話していただけに、これからどんな役柄に挑んでいくのか、とても楽しみです。

チョン・ソンウ1 チョン・ソンウ2

<韓国公式挨拶インタビューより>

「女神様が見ている」ピョン・ジュファ役 チュ・ミンジン

「女神様が見ている」ピョン・ジュファ役 チュ・ミンジン

 

jmj1「女神様が見ている」でミンジンさんが演じるのは、北朝鮮の兵士ピョン・ジュファ役。無人島に流されたあと、ヨンボムら韓国軍兵士たちに強硬な態度をとるチャンソプやドンヒョンに対し、当初から両国の兵士の間を取り持とうとするフレンドリーなキャラクターが印象的です。ジュファが女神様=可愛い妹と、未来を夢見るエピソードは、辛い背景をもつ兵士たちが多いなかで唯一ほっこりする場面。また、このシーンで披露される彼のふんわりと軽やかなダンスとステップは見どころのひとつです。昨年の初演から一番長くジュファを演じてきているだけあって、とてもナチュラルな演技も好感度大です。

jmj2 「女神様が見ている」の出演者のなかでも、“ビジュアル担当”と呼ばれ、究極の小顔とスリムなスタイルが人気の彼は、その最強ビジュアルを生かして幼い頃からテレビなどで芸能活動をしていたそうです。舞台でも活動を始めてからは「グリース」のロジャー役、「RUN TO YOU」の前哨作である「ストリート・ライフ」のテウク役、「オー!あなたが寝ている間に」のドクター・リー役などの二枚目役を演じてきました。その後、ジュファ役を射止めた彼はすぐに注目の的となり、演劇「劇的な一夜」の主人公ジョンフン役を務めました。2013年に再演した「太陽を抱く月」では、ヒロイン・ヨヌの兄、ヨム役に抜擢され、初めて時代劇にも挑戦。同作は日本公演も行われたので、ご覧になった方も多いと思います。今年はホストクラブを舞台にした同名映画が原作のミュージカル「ビースティ・ボーイズ」に出演。シングル・ファーザーのイケメンホスト、アレックス役はなかなかのハマり役でした。
演技以外にもピアノ、ギターなど楽器の演奏も得意で、時折ツイッターで詩的な文章をつぶやいていたりと、かなり芸術家肌のよう。それがまた自然で似合ってしまうから、女性の観客たちを魅了してしまうんですね。

チュ・ミンジン1a

チュ・ミンジン2

<韓国公式挨拶インタビューより>

「女神様が見ている」チョ・ドンヒョン役 ユン・ソッキョン

「女神様が見ている」チョ・ドンヒョン役 ユン・ソッキョン

 

ysh1「女神様が見ている」でソッキョンさんが演じるのは、北朝鮮の兵士チョ・ドンヒョン役。上官であるチャンソプの命令にはいつも忠実で模範的な兵士ですが、実は家族が韓国に亡命してしまい“脱北者の息子”として数々の苦労を重ねていた人物だったのです。寡黙で自身の素顔をなかなか見せなかったドンヒョンが、最後の最後に心の奥底に秘めていた本心を吐露するシーンは、涙なくしては見られません。今回のアンケート取材で、共演者たちがドンヒョンを演じてみたいという答えが多く返ってきたのには「なるほど~」と思わせる深みのあるキャラクターです。

ysh2ミュージカル「夕立(ソナギ)」でデビューした彼は、韓国オリジナルの小劇場ミュージカルに多数出演してきました。「キム・ジョンウク探し」のキム・ジョンウク役、「オー!あなたが寝ている間に」のドクター・リー役、「プロポーズ」のミンホ役など、大学路(テハンノ)定番のラブストーリーものの男性主人公として多数出演。「女神様」におけるドンヒョンとは真逆のスウィートな男性キャラクターもこなせる人です。
彼が家族とともに大切な存在と挙げているジュンヒョク(ジュニョク)とは、昨年「女神様が見ている」の初演からハン・ヨンボム役を演じていたイ・ジュンヒョクとのこと。俳優数名でひとつ屋根の下に暮らしているという彼は、ジュンヒョクから作品にまつわる話をいろいろと聞いていたそう。今年の再演でオーディションを受け、満を持してドンヒョン役を得た彼は、北朝鮮の兵士を演じたなかでは、もっとも“北朝鮮なまり”が上手いと言われていました。 アンケートの回答を見ると、実にシンプルな答えですが、ドンヒョンのように真面目で無骨だけど心根は優しい人柄が伝わってくるようです。

ユン・ソッキョン1 ユン・ソッキョン2

<韓国公式挨拶インタビューより>

「女神様が見ている」イ・チャンソプ役 チン・ソンギュ

「女神様が見ている」イ・チャンソプ役 チン・ソンギュ

 

jsk1「女神様が見ている」でソンギュさんが演じるのは、北朝鮮人民軍の隊長イ・チャンソプ。韓国軍の捕虜となり、移送されていた船で反逆を主導。無人島に流れ着いたあとは兵士たちを統括するリーダー的存在となる人物です。韓国軍のヨンボムとソックを敵と見なし、暴力的に対峙していたチャンソプが、無人島を脱出する唯一の手段=船の修理をスンホにさせるため、ヨンボムらと手を握ることになるのです。常に表情は硬く、冷酷な人間だと思われていたチャンソプのこれまでの行動は、すべて彼が率いる部下たちを守るためでもあったというのがわかってくるのです。

jsk2彼はオ・マンソクを筆頭に、数々の人気俳優を輩出した韓国総合芸術学校出身。同校の卒業生を中心に結成され、今年で10周年を迎えたた劇団「公演配達サービス・カンダ(공연배달서비스 간다 通称:カンダ)」の看板俳優です。劇団の創団作でもあるデビュー作「鏡姫ピョンガン物語(거울공주 평강이야기)」では、野生少年という動物のように四足で歩く野性的なキャラクターを演じ、それがあまりにもリアルだと評判になりました。これまで「老いた泥棒の話」「私とおじいちゃん」「君となら」などの人気演劇作品では、父親やおじいちゃんなど、なぜか実年齢よりもかなり年上の役を多数演じているのは、興味深いところ。今年は創作ミュージカル「アガサ」で、アガサ・クリスティを翻弄するロイ役を素敵に演じた一方、鄭義信原作「秋の蛍」では主人公の亡くなった父の幽霊、文平役で出演してまた新たな一面を見せてくれました。
また、近年は映画、ドラマへも活動の幅を広げていて、映画「犬たちの戦争」(2011年)ではミュージカル俳優のキム・ムヨルとW主演。ほか、長編時代劇「武神」(2012年)では主人公の家臣ガビ役で、今年パク・ユチョン主演で大ヒットしたドラマ「スリー・デイズ」では、ミステリアスな殺し屋を演じて話題となりました。
「女神様が見ている」では笑顔ひとつ見せない役柄ですが、素顔はとても穏やかで温厚。確かな演技力と優しい人柄で多くの後輩に慕われている俳優です。

チン・ソンギュ1 チン・ソンギュ2

<韓国公式挨拶インタビューより>