ホン・グァンホ

[MUSICAL]第2回「韓国ミュージカルアワーズ」授賞式、華麗に開催

[MUSICAL]第2回「韓国ミュージカルアワーズ」授賞式、華麗に開催

 

昨年に続き、司会進行を務めたイ・ゴンミョン(写真はNAVER TV生中継映像より)

韓国ミュージカル協会が、2016年に新設した授賞式「韓国ミュージカルアワーズ」の第2回授賞式が、1月22日に慶煕(キョンヒ)大学平和の殿堂で開催された。

第2回のノミネートは、2016年12月1日~2017年11月30日までに開幕し、14回以上の公演を行った作品が対象となった。受賞作/者は業界関係者で構成されるプロフェッショナル審査団100名と、一般から募ったマニア審査団100名の投票結果によって選定された。

助演賞のプレゼンターにはパク・ウンテとシン・ヨンスクが登場した(写真はNAVER TV生中継映像より)

栄えある大賞は、最多11部門のノミネートを誇った『ベン・ハー』が獲得した。

受賞を喜ぶ『ベン・ハー』アンサンブルチーム(写真はNAVER TV生中継映像より)

『ベン・ハー』は、同名映画が広く知られているが、1880年に発表された同名小説をベースにワン・ヨンボム演出家をはじめ大ヒット作『フランケンシュタイン』の制作チームが再結集して話題を呼んだ作品だ。『ベン・ハー』はアンサンブル賞と舞台芸術賞も受賞して3冠を獲得した。

『もしかしてハッピーエンディング』の作曲家ウィル・アーロンソン(左)と、脚本家のパク・チョンヒュ(写真はNAVER TV生中継映像より)

そして2017年度の最高傑作との呼び声高い『もしかしてハッピーエンディング』は、今回新設された小劇場ミュージカル賞を筆頭に、演出、脚本・作詞、作曲賞など全6部門で受賞し、前評判通りの最多受賞作となった。

ホン・グァンホ(左)とチョン・ミド(写真はNAVER TV生中継映像より)

俳優部門では主演賞に『シラノ』をはじめ『ミスター・マウス』『ハムレット:アライブ』と圧倒的な動員力を誇ったホン・グァンホと『もしかしてハッピーエンディング』で2年連続受賞となったチョン・ミドが栄誉に輝いた。

イ・ジョンヨル(左)とシン・ヨンスク(写真はNAVER TV生中継映像より)

助演賞は『西便制(ソピョンジェ)』のイ・ジョンヨルと『ファントム』のシン・ヨンスクとベテラン勢が受賞。

ソン・ユドン(左)とイ・ソヨン(写真はNAVER TV生中継映像より)

新人賞は『ヘタレの歴史』『女神さまが見ている』『僕らのイケメン青果店』『ファンレター』など、大学路で次々と人気作に出演したソン・ユドンと、『西便制』『アリラン』と大劇場作品で、見事なパンソリを披露していたソリクンのイ・ソヨンが新人ミュージカル女優として受賞を果たした。

今年のスタッフ賞を受賞したキム・ムンジョン音楽監督(写真はNAVER TV生中継映像より)

特別賞となる今年のスタッフ賞には、多くの作品で音楽監督を務めるだけではなくJTBCの音楽サバイバル番組『ファントム・シンガー』の名コメンテーターとして、注目を浴びたキム・ムンジョン音楽監督が受賞し、共に苦労したオーケストラや裏方のスタッフをねぎらうコメントも忘れなかった。

『キンキーブーツ』3度目の再演にもローラ役で出演するチョン・ソンファ(写真はNAVER TV生中継映像より)

『ヘドウィグ』の「Midnight Radio」を歌ったチャ・ジヨン(写真はNAVER TV生中継映像より)

授賞をはさんで公開された、「祝賀舞台」と呼ばれるスペシャルステージも観客を楽しませた。
『ファントム』にも出演したバレリーナのキム・ジュウォンとユン・ジョンイルがオープニングを飾り、『タイタニック』チームは主要キャスト全員が登場して代表曲「Opening Finale-Godspeed Titanic」を歌い圧倒した。また、『ビリー・エリオット』からは4人のビリーが「Electricity」を。まもなく3度目の再演を開幕する『キンキーブーツ』チームからはチョン・ソンファが登場し、新エンジェルたちとともに「The Land of Lola」を歌い煌びやかなステージを披露した。加えて『ヘドウィグ』の「Midnight Radio」をカリスマ性溢れる姿と声で聴かせたチャ・ジヨンのスペシャルパフォーマンスも目を引いた。

『英雄』の代表ナンバーを披露したヤン・ジュンモ(写真はNAVER TV生中継映像より)

ほかにもJTBC「ファントム・シンガー」でも注目されたイ・チュンジュ、コ・フンジョン、チョ・ヒョンギュンは『ザ・デビル』の曲「ポゼッション」を。日本での『レ・ミゼラブル』出演を終えて韓国で本格的に活動再開しているヤン・ジュンモは『英雄』の同名代表曲を高らかに歌い上げた。最後には、『ロッキー・ホラー・ショー』からフランク役のソン・ヨンジンを中心に、主要キャストが再結集し「Trans Vestite」を披露して賞式のクロージングを盛り上げた。

『ロッキー・ホラー・ショー』チーム(左から、キム・チャンホ、ソン・ヨンジン、ソムン・タク 写真はNAVER TV生中継映像より)


【第2回「韓国ミュージカルアワーズ」受賞結果】
●大賞:『ベン・ハー』
●作品賞:『西便制(ソピョンジェ)』
●小劇場ミュージカル賞:『もしかしてハッピーエンディング』

●男優主演賞:ホン・グァンホ『シラノ』
●女優主演賞:チョン・ミド『もしかしてハッピーエンディング』
●男優助演賞:イ・ジョンヨル『西便制』
●女優助演賞:シン・ヨンスク『ファントム』
●男優新人賞:ソン・ユドン『ヘタレの歴史』『女神さまが見ている』『僕らのイケメン青果店』ほか
●女優新人賞:イ・ソヨン『西便制』『アリラン』
●アンサンブル賞:『ベン・ハー』

●演出賞:キム・ドンヨン『もしかしてハッピーエンディング』
●作曲賞:ウィル・アーロンソン『もしかしてハッピーエンディング』
●脚本・作詞賞:パク・チョンヒュ&ウィル・アーロンソン『もしかしてハッピーエンディング』
●振付賞:チャ・ジンヨプ『神と共に 冥途編』
●舞台芸術賞:ソ・スクジン『ベン・ハー』
●プロデュース賞:ハン・ギョンスク『もしかしてハッピーエンディング』
●特別賞(今年のスタッフ賞):キム・ムンジョン音楽監督
●功労賞:カン・デジン

<NAVER TV 生中継アーカイブ>

©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。

[MUSICAL]ホン・グァンホ出演日は即完売!2016『洗濯(パルレ)』がいよいよ開幕!

[MUSICAL]ホン・グァンホ出演日は即完売!2016『洗濯(パルレ)』がいよいよ開幕!

 

2016parure

7年ぶりにソロンゴを演じるホン・グァンホ 写真提供:CHスバク

2005年に初演し、それから10年を超えて、いまだロングラン公演を続けている劇場街大学路を代表するミュージカル『洗濯(パルレ)』。ソウルのある“タルトンネ(달동네=月の街 ※高台にある、古い町並みを残した貧民街)を舞台に、地方から上京し、書店で契約社員として働くヒロインのナヨンの日常を描くヒューマンストーリーだ。隣家に暮らすモンゴル人青年のソロンゴとの素朴で微笑ましいロマンスもありながら、作品の根底にある若年層の就職難、外国人不法労働者問題など、韓国社会が抱える暗部をつぶさに見せながら、見れば必ず温かな涙が流れる人情劇となっている。

2016年3月10日から、新キャストを迎えて第18次公演が始まるが、何といっても注目は、7年ぶりに男性主人公ソロンゴとして同作に復帰したホン・グァンホだ。
一昨年には韓国俳優初となった英・ウエストエンド『ミス・サイゴン』へ出演し、昨年は日本の同名コミックを舞台化した『デスノート』に出演。大劇場俳優として確固たる地位を築いてきた彼が、250席にも満たない小劇場作品への出演は、多くの舞台ファンを驚かせた。
「舞台の上で、客席で、この十数年間大きな慰めを得た作品です。作品の規模は小さいけれど、大きな力があるこの作品を通じて観客の皆さんの暮らしの中の小さな力になりたいという願いがあります。異邦人として海外に長期滞在しながらソロンゴの困難さや寂しさを直接理解することができたことで、もっと率直かつ真摯なソロンゴを演じてみたいです」
出演発表時にこのようなコメントを公開し、表紙を飾った雑誌「ザ・ミュージカル」3月号のインタビューでも、ずっとまた出演したかった作品と述べている。劇中でソロンゴが歌う「참 예뻐요(きれいだね)」「안녕(アンニョン)」は、現在もホン・グァンホバージョンが本作のOSTに収録されており、作品を象徴する曲となっているほどだ。

2月に発売された、ホン・グァンホの3月出演分のチケットは、わずか数分で完売して話題を呼んだが、去る3月7日に発売された4月分も2分で完売! チケット発売開始と同時にチケット販売サイトで前売りランキング1位となり、圧倒的なチケットパワーをまたもや見せつけた。全体の90%近くを女性が、うち80%近くを20~30代がチケットを購入し、若い世代から支持されているのは、ホン・グァンホのみならず、実力派の新キャストが投入されているのも要因のひとつだろう。

さらに、今回の18次キャスト公演は音楽をアコースティックギターやパーカッション、チェロなどによる生演奏で、5月1日公演まで堪能することができる。劇中では、ソロンゴがハーモニカを演奏するシーンも追加されて観客を楽しませる予定だという。

ホン・グァンホが、世界的なミュージカル俳優となってもなお、作品への深い愛着を見せて観客に感動を与えているミュージカル『洗濯(パルレ)』の第18次公演は、3月10日~2017年2月26日まで、大学路の東洋芸術劇場1館で上演される。


parureposter【公演情報】
ミュージカル『洗濯(パルレ)』(빨래)
3月10日(木)~2017年2月26日(日) 東洋芸術劇場1館

<出演>
●ナヨン役:カン・ヨンジョン、ホン・ジニ
●ソロンゴ役:ホン・グァンホ、イ・ジュニョク、ペ・ドゥフン、ノ・ヒチャン
●大家のおばあさん役:イ・ジョンウン、チョ・ミンジョン、キム・グッキ
●ヒジョンママ役:ユン・サボン、ヤン・ミギョン
●クさん役:チョン・ジホ、チョン・ジェウォン
●パンさん役:イ・ソファン、キム・ジフン、チェ・ヨンドン
●マイケル役:ハン・サンウク、シム・ギュヒョン
●女性店員役:イ・イェジ、キム・ユジョン
※キャストは公演期間中に変更の可能性あり。

写真提供:CHスバク ©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。

[MUSICAL]キム・ソニョン、チェ・ミンチョル、ホン・グァンホ所属 PL Entertainment 公式サイトオープン!

[MUSICAL]キム・ソニョン、チェ・ミンチョル、ホン・グァンホ所属 PL Entertainment 公式サイトオープン!

 

pletop1

PL Entertainment 公式サイト トップページより

韓国ミュージカル界のトップスターが名を連ねる所属事務所「PL Entertainment」が、公式サイト http://plent.co.kr/をついにオープンした。

『エリザベート』『ウィキッド』の主演をはじめ、韓国ミュージカル界の女王と呼ばれているキム・ソニョンを筆頭に、現在、同社には8名の俳優が所属。確かな演技力と高い歌唱力に裏打ちされた俳優たちは、韓国の大型ミュージカルには欠かせない名優ばかりだ。
チェ・ミンチョルは現在上演中の『エリザベート』ではルキーニ役を熱演、tvNドラマ「ああ、私の幽霊さま」にも出演中。ユン・ゴンジュは大型創作ミュージカル『アリラン』で時代に翻弄されるヒロインを好演中だ。そして、昨年は英国ウエストエンドで『ミス・サイゴン』のトゥイ役を務め、凱旋帰国後には先日千秋楽を迎えた『デスノート』で夜神月(やがみらいと)を演じたホン・グァンホ。今年は『エリザベート』でタイトルロールを演じ、今秋からは再び『レ・ミゼラブル』でファンテーヌ役に挑むチョ・ジョンウン。同じく『レ・ミゼラブル』で2年前にはアンジョルラスを演じていたキム・ウヒョンは、今年ジャベール役にスイッチして新たな姿を披露する。そして、昨年『皇太子ルドルフ』でマリー役を演じていたチェ・ヒョンジュは、ルドルフ役のアン・ジェウクとロマンスのすえ、6月に結婚して大きな話題を呼んだ。最後に、漢陽大学舞踊科出身のチョン・ソンギは、数々の大型ミュージカルにアンサンブルとして出演。今年はキム・ソニョンのソロコンサートでバックダンサーを務めたほか、日本で上演された『ON AIR 夜間飛行』にも出演経験をもつ新人俳優だ。

公式サイトでは、各俳優のプロフィールが一覧できるほか、写真や動画などのアーカイブも充実しており、昔からのファンも、彼らの新しいファンもさまざまなコンテンツを楽しめるようになっている。

©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。

イ・ホンイの「ソウルde演劇めぐり」Vol.4

イ・ホンイの「ソウルde演劇めぐり」Vol.4

 

韓国版『デスノート』、ついに幕が上がる!

death1

制作発表での2ショット ホン・グァンホ(左)とキム・ジュンス ©CJeS Culture

いよいよ明日のプレビューからミュージカル『デスノート』が開幕します! 本公演は、6月20日から8月9日まで、約1800席の座席数を誇る、京義道・城南(ソンナム)市にある、城南アートセンターのオペラハウスにて上演されますが、チケット発売日にあっという間に全席完売を記録し、すでに韓国では上半期最高の話題作になっています。栗山民也演出、フランク・ワイルドホーン作曲、ジャック・マーフィー歌詞、アイヴァン・メンチェル脚本といった豪華なクリエイターたちとともに、夜神月(ヤガミライト、以下ライト)役にホン・グァンホ、L(エル)役にはキム・ジュンスがキャスティングされ、いま城南アートセンターには、まさにアメリカ、日本、韓国のミュージカル界のスターたちが集結しているのです。

deathhgh

夜神月(ヤガミライト)役のホン・グァンホ ©CJeS Culture

作品のクオリティは4月に東京・日生劇場で上演された日本版ですでに証明されましたが、韓国版を制作するにあたり、少々変更された部分もあります。音楽の面ではキーが変わったり、弦楽器がさらに追加されたりしましたし、振付も俳優の役作りに合わせて修正したところがあります。この細かな変化を加えるために、日本版に参加していたスタッフたちがブロードウェイや東京から、ソウルに来ていたのです。そのため、今回私は久しぶりに通訳スタッフに変身して制作に参加しました。これまでコラムでは私が翻訳した作品を紹介してきましたが、それに負けないくらいの愛情を込めて本作品をお勧めします!

何より本作品はミュージカル化されることで、ストーリーはシンプルに、その代わりキャラクターはより鮮明になったと思います。まるでキャラクターの力でドラマが展開されるかのような気までしています。韓国版では登場人物を演じる俳優それぞれの個性によって作品の印象も大きく変わるでしょう。

deathkjs

L(エル)役のキム・ジュンス ©CJeS Culture

例えば、少年のような明るさと集中する時の鋭さを両方持っているホン・グァンホさんは、「そこまで自分の信念に確信を持てるか」と思わせるライトの性格を、観客が納得できる方向に作り上げています。加えて、ライトの衣装は韓国にいるごくふつうの男子学生とそれほど変わらないため、普遍的な“目の前にいるひとりの人間”としても、リアリティのある人物像を感じさせます。一方、日本語がとても上手で日本の演出部とも自由に意見を交わしていたキム・ジュンスさんは、実存しないようなキャラクターをとても繊細に描いています。Lに感情が入っていくことで、彼の純粋さと狂気は客席の隅から隅まで届くことでしょう。この二人が自分の中の確かな何かを信じながら「我こそ正義(ネガジョンイダ/내가 정의다)」と歌い出すとき、それぞれの違う音色はパワフルな争いを連想させ、劇的な効果を生みだすはずです。

deathkhs

爆発的なエネルギーに期待! 死神リューク役のカン・ホンソク ©CJeS Culture

ほかにも、死神リュークを演じるカン・ホンソクさんは、彼特有のはつらつとした愉快な人柄を生かし、ライトのパートナーになります。それからアイドル・スター、弥 美砂(アマネミサ)役のチョン・ソナさんと彼女を守るもう一人の死神レム役のパク・へナさんのケミストリー(化学反応)も絶対逃してはいけない見どころです!

deathcsa

韓国版ミサミサはかなり大人っぽいキャラに? 弥美砂役のチョン・ソナ ©CJeS Culture

最高のエンターテインメントを見せてくれるはずの韓国版『デスノート』。しかしこの作品は「このような腐った世界を作った神」と「世の中の腐っている人たちを審判するキラ」のうち、どちらが正しいのか? という質問を投げかけ、今まで護られていた「正義」と「信念」という言葉に疑いを持たせます。現キャストの組み合わせでは今後見たくても見られない幻の舞台になるかもしれない韓国版『デスノート』ですが、超満席になっている客席を想像しながら、「ハラハラ、ドキドキ!」幕が上がることを楽しみにしております。

deathphn

韓国のイディナ・メンゼルの異名を持つ歌唱力に期待 死神レム役のパク・ヘナ ©CJeS Culture


【公演情報】
ミュージカル『デスノート』(데스노트)韓国版
2015年6月19日(プレビュー公演)、6月20日~8月9日(本公演)
城南アートセンター(⇒会場までのアクセス、劇場紹介)

出演:ホン・グァンホ、キム・ジュンス、チョン・ソナ、カン・ホンソク、パク・ヘナ、イ・ジョンムン、イ・スビンほか
演出:栗山民也/作曲:フランク・ワイルドホーン/作詞:ジャック・マーフィー/脚本:アイヴァン・メンチェル/音楽監督:キム・ムンジョン

写真提供:CJeS Culture ©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。


←コラム第3回 | コラム第5回→

[MUSICAL]『ミス・サイゴン』ホン・グァンホ 英国ミュージカルアワードで2冠目を達成!

[MUSICAL]『ミス・サイゴン』ホン・グァンホ 英国ミュージカルアワードで2冠目を達成!

 

whatsonstageawards__홍광호0216

助演男優賞受賞トロフィーを掲げて笑顔のホン・グァンホ(写真提供:PL Entertainment)

2014年5月から英国ウエストエンドで上演中の『ミス・サイゴン』25周年ニュープロダクションにトゥイ役で出演。韓国人俳優としてはウエストエンド出演第1号となったホン・グァンホが、現地時間の2月15日、英国の公演情報サイトが主催する「What’s On Stage Awards」で、ミュージカル部門・助演男優賞(Best Supporting Actor in a Musical)を受賞した。(⇒What’s On Stage 受賞結果記事
昨年11月末には「2014 BWW UK AWARDS」でも助演男優賞を受賞しており、これでホン・グァンホは英国の主要なミュージカル賞を2つ制覇したことになる。

whatsonstageaward_남우조연상이미지캡쳐_0216

What’s On Stage 受賞結果記事キャプチャー(http://www.whatsonstage.com/より)

2月6日~8日には、約1年ぶりに韓国に戻り、2度目のソロコンサート「HONGCERT~ロンドンからの手紙」を大成功におさめた彼は、しばし韓国で休暇を取ったあと、ロンドン現地時間で2月15日にプリンス・オブ・ウェールズ・シアター(Prince of Wales Theater)で行われた授賞式に参加した。
ミュージカル部門・助演男優賞には「HONGCERT」にもゲスト出演した親友でもある『ミス・サイゴン』のヒュー・メイナードのほか、地元で活躍する3名のノミニーを抑えての受賞とあって、本場ウエストエンドでも実力を認められたことになる。
受賞所感では「いつかはウエストエンドの舞台で、韓国で出演した『オペラ座の怪人』のファントム役と、『レ・ミゼラブル』にもぜひ出演してみたい」と今後の抱負を語った。そして、彼を応援しつづけている韓国のファンたちには、「韓国でも受賞できなかった賞を運良く、ここ(英国)で受賞することになり、本当に光栄で、クラクラしそうだけど、韓国にいらっしゃる観客の皆さんにはいつも感謝を申し上げます。韓国ミュージカルに誇りを持って、常に韓国ミュージカルを愛してほしいです」とメッセージを贈った。

なお、『ミス·サイゴン』はホン・グァンホの助演男優賞受賞以外にも、ジョン・ジョン・ブリオンズ「主演男優賞(Best Acter in a Musical)」、エヴァ・ノブレザダ「主演女優賞(Best Actress in a Musical)」、レイチェル・アン・ゴ「助演女優賞(Best Supporting Actress in a Musical)を受賞。今回はアジア系俳優が主要俳優部門を総なめしたことも大きな話題となった。加えて、「最優秀 ウエストエンド ショー(Best Westend Show)」「最優秀リバイバル ミュージカル(Best Musical Revival)」のほか、演出、舞台、振付など全9部門で受賞。ミュージカル部門では圧倒的な強さを見せ、2014年はまさに『ミス・サイゴン』イヤーとなったことを証明した。

現在は長期休暇中というホン・グァンホは3月中旬から再び『ミス・サイゴン』の舞台に戻り、5月まで出演予定。「HONGCERT」では、英国滞在中も韓国が恋しかったと語り、韓国での活動再開を待つファンも多いはず。しかし、今や世界でも十分に通用する力をもつ俳優となっただけに、韓国内外で今後の動向にますます注目が集まっている。


 

<受賞コメント(助演女優賞レイチェル・アン・ゴ/助演男優賞ホン・グァンホ)>(What’s On Stage 公式映像)

<What’s On Stage Awardsダイジェスト映像>(公式映像より)

<『ミス・サイゴン』チーム バックステージ映像>(公式Facebookより)

[MUSICAL]『ミス・サイゴン』ホン・グァンホ「BWW:UK Awards 2014」で助演男優賞を受賞!

[MUSICAL]『ミス・サイゴン』ホン・グァンホ「BWW:UK Awards 2014」で助演男優賞を受賞!

hgh

米ブロードウェイを中心に世界の舞台シーンの情報を網羅した情報サイト「BROADWAYWORLD.com」で実施されていた人気投票で、現在ウエストエンド版『ミス・サイゴン』にトゥイ役で出演中のホン・グァンホが1位となる栄誉に輝いた。

同サイトの英国ウエストエンド版で実施されていたユーザー参加型の人気投票「BWW:UK Awards 2014」で、ホン・グァンホは「ニュープロダクションミュージカル部門:最優秀助演男優賞(Best Featured Actor in a New Production of a Musical)」を受賞した。(投票結果発表記事は⇒こちら ※英語サイト)
助演男優賞部門では、同じく『ミス・サイゴン』に出演し、人気投票で接戦を展開していたヒュー・メイナードのほか、『シカゴ』マシュー・バロウ、『ユーリンタウン』のアダム・ピアースなどがノミネートされていた。ホン・グァンホが地元で活躍する俳優陣を凌いで受賞したことは、大きな意味のある結果となった。

1416482164821今年25周年を記念して誕生の地、ウエストエンドで再演され世界のミュージカルファンから注目されている『ミス・サイゴン』は、助演男優賞を受賞したホン・グァンホ以外にも、主演男優賞ジョン・ジョン・ブリオンズ、主演女優賞エヴァ・ノーブルザダ、助演女優賞レイチェル・アン・ゴーと、主要俳優賞を独占。同アワード全25部門中、13部門で受賞というダントツの人気ぶりを見せつけた。

『ミス・サイゴン』は2015年5月まで上演されるが、ホン・グァンホは1月から休暇を取り韓国に帰国予定。2月6日~8日には、オリンピック公園オリンピックホールで2度目の単独コンサート『HONCERT ロンドンからの手紙』の開催が決定している。圧倒的な“声”をもつ彼が世界でもその実力を認められ、待望の“凱旋帰国”となるコンサートだけに、韓国内外のミュージカルファンから大きな期待が集まるのは間違いない。同コンサートのチケットは12月中に発売開始予定だ。