韓ドラ温故知新 第2回 「2023-24配信韓ドラチェック」①Netflix編

2023年、韓国ドラマ界を盛り上げた立役者、Netflix配信の『ザ・グローリー~輝かしき復讐~』

韓流ブーム到来から20周年となった昨年、第1回を公開した韓国ドラマコラム「韓ドラ温故知新」。長らく間が空いてしまいましたが、第2回を公開します。
もはや日韓同時配信は当たり前。多くの作品が現地とのタイムラグなく楽しめるようになった昨今。数々の韓国ドラマ媒体で活躍中の杉本真理さんと一緒に、2023年に日本配信された韓国ドラマをプラットフォーム別に振り返りつつ、2024年注目の新作もチェックしました。ドラマをより深く楽しめる関連動画も多数紹介してみました。


<ライタープロフィール>

杉本
杉本

杉本真理
出版社勤務を経て、充電期間中に韓国ドラマに出合い、この道へ。現在は「韓国TVドラマガイド」「韓国TVドラマガイドONLINE」(双葉社)の編集・執筆を中心に「韓国テレビドラマコレクション」「韓国ドラマで学ぶ韓国の歴史」(キネマ旬報社)などで執筆。好きなジャンルは時代劇・長編・サスペンス、ときどきロマンス。2023年、最後にはまったのは『サウンドトラック #2』。刺激的な作品が多い1年だったので、なんともさわやかなオアシスでした。

さいき
さいき

さいきいずみ
テレビ誌編集者・ライターとして2004年から韓流取材に携わる。その後大学路で観劇にハマり、2011年から韓国舞台情報を紹介する韓劇.comを主宰。好きなジャンルは『ミセン-未生-』『刑務所のルールブック』などの演技派舞台俳優が出ているヒューマンドラマとシットコムなどのベタなコメディ。2023年最も面白かったドラマは韓ドラではなく…Netflix『ONE PIECE』実写版。麦わらの一味にハマりました!


①Netflix編

『ザ・グローリー 〜輝かしき復讐〜』
高校時代、同級生グループに壮絶ないじめを受け、夢も諦めざるを得なかったムン・ドンウン。十数年もの辛く孤独な日々を経て、自身を地獄に追い込んだ者たちへ周到な復讐を開始する。ソン・ヘギョ、イ・ドヒョン、イム・ジヨン他出演。
さいき
さいき

新年明けて、もうあっという間に2月も終わりそうですね。韓劇.comをSNSともども見てくださっているみなさん、2024年もどうぞよろしくお願いいたします。
まずは、昨年配信された作品を振り返りたいと思いますが、最も話題さらった作品といえばこれでしたね『ザ・グローリー 〜輝かしき復讐〜』。杉本さんはこのドラマ、最後まで見ました?

杉本
杉本

実は、キム・ウンスク作品とは昔から相性が悪いのと、テーマも得意ではなくて……制覇はできてません。学生のいじめとかカーストがどうも苦手で、『相続者たち』ですら、序盤は倍速で逃げた口なんです。すみません。

さいき
さいき

うん。そういう風に見るのがしんどいと思った人もいたかもしれない……というくらいヘヴィーな作品でした。『ミスター・サンシャイン』『トッケビ』『太陽の末裔』などなど、手がけた作品は必ずヒットさせるキム・ウンスク脚本家が初めて配信作品に挑んだと話題になりました。

杉本
杉本

ソン・ヘギョとは『太陽の末裔』以来、約6年ぶりのタッグになりましたよね。

ソン・ヘギョ、イ・ドヒョン、イム・ジヨン、ヨム・ヘランとキム・ウンスク脚本家、アン・ギルホ監督による『ザ・グローリー』ビハインドコメンタリー
さいき
さいき

ソン・ヘギョ演じるドンウンが、高校時代に自分をいじめていた同級生グループのリーダー格だったヨンジンに語りかけるような独白形式でドラマが展開されるんですけど、キム・ウンスク脚本家独特の印象的な台詞がちりばめられているので、必ず流行語みたいになるんですよね。バラエティなどでもよくパロディ化されてた(笑)

ドラマ『餌<ミッキ>』のチャン・グンソク、ホ・ソンテがゲスト出演した、コメディ番組SNL KOREA『ザ・グローリー』のパロディ『ザ・カロリー』編
杉本
杉本

キム・ウンスク作品は、とても巧妙で台詞で聞かせて魅せる。特に序盤の作りは秀逸ですよね、目が離せなくなる。今作では、悪役たちのなんとも居心地を悪くさせる絶妙な演技のあとで、ドンウンが、彼らの表情や動きを言葉で繰り返すじゃないですか。あれがまたゾッとして……。アン・ギルホ監督による白と黒で描く演出も効いてました。

さいき
さいき

キム・ウンスク脚本家のインタビューを読んだら、ドンウンのように学校でいじめを受けている被害者を自分の娘だと仮定して脚本を書いたそうです。ドンウンが加害者に次々と反撃していくのを見せることで、被害者にとって慰めになってほしかったと言っています。それと、地上波だといろいろと表現に制限があるけど配信作品にはそれがないので、これが初めての配信作品でもあるし、かなりの覚悟をして執筆に臨んだようですよ。

杉本
杉本

『ザ・グローリー』に限らず、最近の配信系韓ドラの暴力描写、かなりキツいですよね。『無人島のディーバ』の冒頭シーンも堪え難かったです。刺激的な描写が入った作品が人気なのはわかるけど、ここまで描かないとダメですか? ナイフにぼかし入れる前に、こういう描写への配慮が先では? もっと、目の保養になるもの、気持ちがやすらぐものが見たいと本気で思いました。

さいき
さいき

『ペントハウス』シリーズとか、とにかく過激な表現を入れ込んで当たった作品が続出した後だったのでねぇ……。韓国内では、いじめを啓発するという意味ではかなり効果があったと評価されてたんですけど、精神的にキツい描写だけでなく、実際に殴りあったりする暴力表現もどんどん過激になってきているので、もっとしっかりとした放送ガイドラインを作ったほうがいいのでは? と個人的には思っています。もし被害者側だった人が見たら、過去の傷を掘り起こされかねないですよ。本当に。

杉本
杉本

はたしてその設定は必要か? と思うこともありますよね。まあでも、最近は、自分で問題を解決していく強いヒロインが増えてきましたから、ストーリーの基本設定が激しくならざるをえないのかもしれませんね。

さいき
さいき

近年の強い女性像が多いなかでも『ザ・グローリー』のソン・ヘギョは最強でしたよ。もうターミネーター級だった(笑)。なので、相手役を演じたイ・ドヒョンにはちょっと荷が重いかなぁ? と思いながら見てました。癒しキャラとしては良かったかもしれないけど。

杉本
杉本

劇中の設定は2歳ぐらいの差だと思いましたが、実際は14歳差ですからね。それに比べると、ドヨン役のチョン・ソンイルと一緒のシーンはしっくりきました。ここ数年、ソン・ヘギョの相手役は旬の年下俳優が務めていますが、誰がやっても大変だと思いますよ。存在感が違いますもん。

さいき
さいき

確かに。とにかく話題に事欠かない作品で、いじめた側の俳優までも大人気になる社会現象級のヒットになりましたが……宿敵ヨンジン役のイム・ジヨンが、左の口角をククッと上げる悪い顔とか、もう凄すぎて、逆に笑いながら見てましたよ(笑)

“復讐された者たち”とキム・ウンスク脚本家による『ザ・グローリー』ビハインド コメンタリー映像
杉本
杉本

悪役ブレイクは韓ドラのヒットの法則ですよね。Netflixが、2023年上半期に世界配信された作品の視聴数を初めて公式発表したんですが、『ザ・グローリー』のパート1は6億2280万時間視聴された、なんと世界で3番目に多く見られた作品だそうです! 韓国内でも2023年最高のヒット作だったと言えるでしょう。

『マスクガール』
外見にコンプレックスをもつ平凡なOLキム・モミ。仮面姿で歌い踊る“マスクガール”としてライブ配信の世界では人気者になっていたが、不運なトラブルが重なり、波乱に満ちた半生を送ることになる。コ・ヒョンジョン、アン・ジェホン、ナナ、ヨム・ヘラン出演。
さいき
さいき

個人的にNetflixで一番面白かったのは『マスクガール』でした。
韓国ではYouTubeよりも先にアフリカTVっていうところでライブ配信するのが流行ったんですけど、そこで配信する人のことをBJと呼んでいて。モクパンとかゲーム実況とかいろんな系統のBJがいるんですが、このドラマの主人公モミはいわばセクシー系で男性に人気のBJなんですね。だけどマスクを被った彼女の正体は、ネット空間とは真逆の冴えないOLだった、という始まりで。もうイントロ部分から「おもろいな!」と。外貌至上主義(외모지상주의=ルッキズム)という言葉が蔓延するくらい見た目重視な風潮と、ネットに依存している韓国社会を風刺した内容になっています。

『マスクガール(마스크걸)』
(原作漫画はNAVERウェブトゥーンで23話まで無料 ※要NAVER ID)
杉本
杉本

最初に出てくるBJ“マスクガール”をやっていたイ・ハンビョルはオーディションで約1000人のなかから選ばれたという記事を見ました。ファッションデザインを専攻していたときに一人芝居を見て、演技の道に夢を抱くようになったと。短編映画の制作や演出の経験もあるそうですね。これからどんな存在になるか、注目の1人になりました。

さいき
さいき

彼女の、幸薄い感じというか、後ろ暗い背景を全部背負っているような姿は衝撃でしたね。監督はどうやって彼女を見出したのか? オーディションもどういうふうに募集したのか? すごく気になりました。

杉本
杉本

モミを助けようとするチュ・オナム役、アン・ジェホンのオタクキャラも超ハマってましたよね。『恋のスケッチ~応答せよ1988~』のジョンボンを軽く超えてきた(笑)。見た目はもちろん、リアルドールに話しかける日本語セリフも含めて、かなり作り込んでいたし。『恋愛体質〜30歳になれば大丈夫』以降は、どちらかというとイケメン方向だったと思うんですが、今回は完璧な隠キャ。役者だなーって思いました。

マスクガールに入れ込むチュ・オナムをリアルに演じたアン・ジェホン。頭頂部を脱毛した!? と話題になっていた髪はウイッグだそう。
さいき
さいき

オナムもモミと同じく現実世界では孤独で、彼みたいにネット空間に生き甲斐を見出している人は共感度高かったはず。マスクガールにガンガン課金するオナムのハンドルネームが“前世はウォンビン”っていうのには笑いましたけど(笑)

杉本
杉本

モミのフェイスオフ後をナナが、それから刑務所に入った後をコ・ヒョンジョンが、と年代別に3人で演じていたのも面白かったですね。それとオナムの母親役だったヨム・ヘラン! 『ザ・グローリー』でドンウンの依頼を受けて宿敵たちを内偵する役も凄かったですが、この作品でもサブキャラなのに登場シーンは全部持っていっちゃうくらいの迫力でした。

Netflix JAPAN公式YouTubeで公開された「100のおばさんの顔をもつ?俳優ヨム・ヘラン」
さいき
さいき

下に貼ったコメンタリー映像で、”ヨム・ヘランショー”って言われてたけど、モミを追跡するためにパソコンとかいろんなスキルを身に着けて進化していく母親の執念演技が凄かった! それで私、10年以上前に小劇場演劇に出演していた時のことを思い出したんですよ。その作品のプロデューサーだった俳優(は活動休止中)のチョ・ジェヒョンが、制作発表会でヨム・ヘランのことを「天才だ」って激賞してて。その時は今ほど有名ではなかったのでピンとこなかったんですけど、最近改めて天才ぶりを実感しています。いろんな作品で引っ張りだこなのも納得ですよ。

イ・ハンビョル、アン・ジェホン、ナナ、ヨム・ヘラン、コ・ヒョンジョンとキム・ヨンフン監督による『マスクガール』ビハインドコメンタリー
『その恋、断固お断りします』
男性に負けないほど腕っぷしも強い弁護士ミランと、トップスターなのに女性不信なガンホ。当初は反目しあっていた2人が想定外の恋に落ちてゆく。キム・オクビン、ユ・テオ、キム・ジフン、コ・ウォニ出演。
杉本
杉本

私がNetflixでハマったのは意外にもロマンス作で、『その恋、断固お断りします』でした。最悪の出会いを果たした2人が契約恋愛と、流れだけ書くと定番なんですが、キャスティングが実に見事でして。といっても、キム・オクビンもユ・テオもラブコメディと結びつかない俳優だと思うんですが(笑)。

さいき
さいき

この2人の組み合わせ自体が貴重っていうか、実年齢アラフォー俳優主演のラブコメっていうのが最近はあまりない気がしますね。昨年は『イルタ・スキャンダル ~恋は特訓コースで~』のチョン・ドヨン51歳、『医師チャ・ジョンスク』のオム・ジョンファ54歳と、アラフィフ女優主演のラブコメが当たった年でもありましたが。

杉本
杉本

仕事はもちろん、腕っぷしも圧倒的な”最強”ぶりがキム・オクビンにぴったりでした。そんな彼女にガンホは「リスペクト。本気で尊敬してる」と告白するんですが、これを発するユ・テオが素晴らしくって。このセリフのためにキャスティングにしたんじゃないかと思ったほどです。また、世の中の”男性観、女性観”への風刺もうまく描いてます。

『その恋、断固お断りします』キスシーンのテクニックをガンホに伝授する所属事務所代表ウォンジュン
さいき
さいき

なんでも、上に貼った映像がBLファン界隈で話題になったそうですが(笑)、最近キム・ジフンが絶好調ですよね。『ペーパー・ハウス・コリア:統一通貨を奪え』も良かったし、昨年末にAmazonプライム・ビデオで配信開始したオールスターキャストが話題の『もうすぐ死にます』も評判良かった。

杉本
杉本

ユ・テオとキム・ジフンは実年齢も同い年で、息もぴったり。いいブロマンスでした。最近のキム・ジフンものとしてはめずらしく(笑)、穏やかな役柄ですし、コ・ウォニと演じるサブカップルのロマンスもときめけます。

『D.P.-脱走兵追跡官ーシーズン2』
自身も兵役中でありながら脱営した兵士を追跡する”脱営兵専従逮捕隊=D.P.”に抜擢されたアン・ジュノ。先輩兵士ハン・ホヨルとペアになり、逃げた兵士たちを追うなか彼らの複雑な背景が明らかになっていく。チョン・へイン、ク・ギョファン、キム・ソンギュン、ソン・ソック出演。
さいき
さいき

『D.P.』はシーズン1がとにかく多方面から評価が高かった作品でしたね。兵役中のリアルな軍生活や脱営した兵士たちそれぞれの背景も細部まで描いてあって、かなり見ごたえがあった。そして、このドラマも重要なテーマとして軍内部の“いじめ”が盛り込まれていた作品でした。

杉本
杉本

私は「お前も傍観者だ」と言われた気がして、それがずっとトゲのように刺さってる作品です。一方で、ジュノとホヨルが絶妙な相棒関係になって事件を追っていくエンタテインメントな部分、バディドラマの良さもあったと思っています。だから、シーズン2にバディシーンが少ないのが残念で。もちろん、シーズン1の最後の事件の衝撃たるや! なので、彼らがトラウマを抱えるストーリーはリアルだし、理解してるんですが、何かさびしい。チョン・ヘインとク・ギョファンとの絡みより、むしろソン・ソックとのほうが多い? あれ? と。私が欲張りなのかもしれませんが。

さいき
さいき

シーズン1では兵役と軍のあり方に対してセンセーショナルに問題提起をしていた感じだったけど、シーズン2は作り手がちょっと自問自答している感じがしました。これ以上深く掘ったらヤバいんだろうな、というか、兵役が現在進行形であることを見せつけられたなぁという。

チョン・へイン、ク・ギョファン、キム・ソンギュン、ソン・ソックとハン・ジュニ監督による『D.P.』シーズン2ビハインドコメンタリー
杉本
杉本

これは韓国のシーズン制ドラマ全体的に感じていることなんですが、日本や欧米のシーズンものって、そんなに根本を変えずにいますよね。だけど、韓国の作品は「もっと新しいものを見せたい、視聴者を驚かせたい」っていう欲が感じられるんですよ。新しい内容を盛り込んで変えていかないと飽きられるって思っているのかもしれない。そういう意味で、長寿シリーズが誕生するのは難しい気がしていて。『D.P.』のシーズン3も作ってほしいけど、どうなるかな……?

『今日もあなたに太陽を~精神科ナースのダイアリー~』
内科から精神科に転属となった看護師3年目のチョン・ダウン。新たな環境で勤務を始めるが、患者を想うあまり接し方に悩み、幾度も壁にぶつかりながら経験を積んでいく。パク・ボヨン、ヨン・ウジン、チャン・ドンユン、イ・ジョンウン出演。
さいき
さいき

2023年下半期で評判良かったのは『今日もあなたに太陽を~精神科ナースのダイアリー~』でしたね。ドラマの原題でもあるんですが『精神病棟にも朝が来る(정신병동에도 아침이 와요)』というウェブトゥーン原作。原作漫画はかわいらしいタッチの絵で、主人公以外の登場人物はみんな動物キャラなんですよ。これをうまいこと人間のキャラに当てはめてましたね。

『精神病棟にも朝が来る(정신병동에도 아침이 와요)』
(原作漫画はNAVERウェブトゥーンで7話まで無料で読める)
杉本
杉本

患者の病状を視覚化する演出が見事だなと思いました。例えば、チャン・ドンユンが演じていたダウンの親友ユチャンが、パニック障害になって、溢れ出してきた水の中であっぷあっぷして息が出来なくなるシーンとか、あの息苦しい症状をこんなふうに描くのかと。

さいき
さいき

『ウ・ヨンウ弁護士は天才肌』では、自閉スペクトラム障害のウ・ヨンウが、空想しているシーンなどはクジラのCGを盛り込んでファンタジックにふんわりとうまく表現していたけど、この作品でもゲームの世界に生きている患者さんのシーンで、そういう描写がありましたよね。

杉本
杉本

患者本人にしか分からない世界を可視化してくれた。精神的な病は、身近なことだとも分かるストーリーだったかと思います。彼らと同じように息苦しくなったら、病院や薬に頼ってもいいんじゃない? と作り手が背中をさすってくれているような気もしました。

パク・ボヨン、ヨン・ウジン、チャン・ドンユン、イ・ジョンウンとイ・ジェギュ監督によるビハインドコメンタリー
さいき
さいき

医療ドラマなので『賢い医師生活』が好きな人にはおすすめ! って書いてあるのをどこかで見たんですけど、全然違うと思う。『賢い医師生活』は、やっぱり99ズ5人の恋愛模様を軸にした病院という職場のオフィスドラマで、途中インサートされる患者のエピソードはあまり深く掘り下げてなかったんですよね。こちらのほうが病院で働く人たちにも、患者や病にもしっかりと向き合っているなと思いました。精神科のお話なので、安易なことをやると批判されかねないでしょうから、難しいテーマからも逃げずに丁寧に描いていたのが良かったですね。

杉本
杉本

ダウンの先輩看護師パク・スヨン役のイ・サンヒは、以前本当に看護師さんだったそうですね。娘が具合悪くなってもお迎えにも行ってあげられない、仕事と家とのはざまで悩む病院で働く人たちの本音の部分など、リアリティあるなーって思って見ていました。彼女の経験も役立っているんじゃないでしょうか。

さいき
さいき

ドラマを見ながら、日常の些細な事の積み重ねが心の病に発展していくんだな、ということに改めて気づかされました。さっきのシーズン制ドラマの話じゃないですけど、このドラマは基本設定を変えたり、斬新なテコ入れをしなくてもシーズン2、3と作れそうなので、このトーンを維持した続編が見たいですよね。

『愛と、利と』
名門大卒の銀行員ハ・サンスは入行当初から思いを寄せていたアン・スヨンについに勇気を出して告白。2人は交際を始めるが、サンスのふとした行動に傷ついたスヨンは、銀行の警備員チョン・ジョンヒョンと付き合い始める。ユ・ヨンソク、ムン・ガヨン、クム・セロク、チョン・ガラム出演。
さいき
さいき

そのほか、Netflixで個人的に良かった作品は『愛と、利と』『いつかの君に』の2本。
『愛と、利と』はユ・ヨンソク、ムン・ガヨンほか男女4人が銀行を舞台にオフィスラブを展開するんですが、とにかく4人の関係がこじれまくってなかなか上手く進まない。韓国ではコグマ(さつまいも)ドラマと呼ばれていて、イモを食べたとき喉に詰まるような(笑)、もどかしい関係をイライラしつつも楽しめます。

『いつかの君に』
亡き恋人を忘れられずにいたハン・ジュニ。36歳の誕生日直前、見覚えのない写真と古いカセットテープとプレーヤーが届く。そのカセットを聴きながら眠りに落ち、目が覚めるとそこは1998年。ジュニはミンジュという高校生になっていた。アン・ヒョソプ、チョン・ヨビン、カン・フン、ロウン出演。
さいき
さいき

『いつかの君に』は台湾ドラマ『時をかける愛』の韓国リメイク作。亡くなった初恋の相手を忘れられないヒロイン、という『冬のソナタ』的設定ですが、ヒロインが1998年にタイムスリップして瓜二つの男性に出会い、過去から現在までに至る純愛秘話が明かされていきます。殺伐としたドラマが多い昨今、正統派ラブストーリーを堪能できる貴重な作品だと思いますよ。

『離婚弁護士シン・ソンハン』
前歴はピアニストという異色の弁護士が、様々な事情を抱える依頼人のため独自の方法で離婚訴訟に挑んでいく。チョ・スンウ、ハン・ヘジン、キム・ソンギュ、チョン・ムンソン出演。
杉本
杉本

私は『離婚弁護士シン・ソンハン』のようなありふれた日常を描くドラマももけっこう好きでした。女友だち3人の姿を描いた『39歳』の脚本家の作品だったので、今度は男友だちで来たか〜、と。トロットを熱唱するチョ・スンウの姿も見られましたしね(笑)。ただ、今の時代のドラマの作りからすると、少しスローだったかもしれません。一方で、『セレブリティ』のように時代を切り取ったサスペンス 作品も興味深かったです。私が若かったらもっと刺さったかも?

チョ・スンウ、チョン・へジン、キム・ソンギュ、チョン・ムンソンによる『離婚弁護士シン・ソンハン』1,2話コメンタリー映像
『セレブリティ』
SNSには興味がなかったソ・アリ。人気インフルエンサーの同級生に誘われ富裕層が集うパーティーに出席後、自らもインフルエンサーとなり熾烈な競争の渦に巻き込まれていく。パク・ギュヨン、カン・ミンヒョク、イ・チョンア出演

⇒2023年のLemino、WATCHAの作品は?


©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。