木村典子の「お隣の演劇」Vol.3

 

 「第35回ソウル演劇祭 開幕」

演劇祭01ソウル演劇協会が主催する「第35回ソウル演劇祭:演劇は時代の精神的希望だ」が開幕しました。4月14日(月)にアルコ芸術劇場大劇場で行われた開幕式には、演劇界の元老たちをはじめ若手までソウルで活動する多くの演劇人たちが集まり、ソウル演劇界の祝祭であることを感じさせます。

ソウル演劇祭は演劇フェスティバルの中でももっとも歴史が古く、1977年に韓国文化芸術振興院主催で開催され始めた大韓民国演劇祭が母体です。その後、87年に民間団体である韓国演劇協会へと開催主体が移管され「ソウル演劇祭」となりました。現在はソウル演劇協会がこのソウルの演劇人の祝祭を運営しています。
演劇祭02開幕式をのぞいてみましょう。ソウル演劇協会パク・チャンヨル会長の挨拶は、中国人旅行者をターゲットとしたアダルト演劇の増加など、演劇の街・大学路と演劇の危機に対する話が印象的でした。このような演劇環境の変化の中で、今年は「演劇は時代の精神的希望だ」というテーマとなったのでしょう。開幕宣言とともに「第4回ソウル演劇人の日」の受賞者(功労賞・美しき演劇人賞・若手演劇人賞)と、「第1回ソウル演劇人大賞」(大賞・演技賞・演出賞・劇作家賞・スタッフ賞・翻訳賞・制作賞・演劇分ち合い功労賞・演劇希望公務員賞)の受賞者が発表され、受賞者たちの晴れやかな笑顔が会場を満たしました。また、広報大使としてドラマ・映画でも活躍する演劇出身俳優ユン・ジュサン、チェ・イルファ、チョン・ボギョン、ナム・ミョンニョル、オ・ダルスの5名が紹介されましたが、韓国演劇界の層の厚さが感じられます。
第35回ソウル演劇祭期間(4週間)で公演される作品は、老舗劇団「漢陽レパートリー」「アリラン」から若手のフリンジ参加作まで55作品。この中でも若手演劇人を対象とした「未来よ、わきあがれ」部門に参加する8作品は、これからの大学路を担う注目作です。
旅客船事故で韓国全体が悲しみにくれる中、‘演劇が時代の精神的希望’となる、そんな演劇祭になることを願うばかりです。

ソウル演劇祭03■第35回「ソウル演劇祭」

4月14日~5月11日

演劇祭公式サイト: http://www.stf.or.kr/

ソウル演劇協会 公式サイト http://www.stheater.or.kr/

 

←コラム第2回 | コラム第4回→