NEWS

[MUSICAL]JTBC「ファントムシンガー3」にイ・チャンヨンらミュージカル俳優多数出演

[MUSICAL]JTBC「ファントムシンガー3」にイ・チャンヨンらミュージカル俳優多数出演

 
 
韓国のケーブルテレビ局JTBCが4月から放送開始する「ファントムシンガー3」の1次オーディション参加者が公開された。
 
JTBC公式インスタグラムより
 

JTBCの「ファントムシンガー」は、2016年11月にシーズン1を放送。現役の声楽家やミュージカル俳優、かつて声楽を専攻しながら現在は異業種に就いた人など、出場者が番組を通じてさまざまなミッションをクリアしていくサバイバル形式のオーディション番組。好評につき翌年にはシーズン2も放送された。
メンターと呼ばれる審査員には、歌手/プロデューサーのユン・ジョンシンとユン・サン、歌手/ミュージカル俳優のパダ、ミュージカル俳優のマイケル・リー、ミュージカル音楽監督のキム・ムンジョン、声楽家ソン・ヘスと、ポップス、ミュージカル、オペラなど各界の一線で活躍する面々が、シーズン1、2と審査を担当してきた。
 
シーズン1の優勝グループ「Forte di Quattro(フォルテ・ディ・クワトロ)」、シーズン2の優勝グループ「Forestella(フォレステラ)」、同準優勝の「MIRACLASS(ミラクラス)」など、番組から誕生したクロスオーヴァ―グループは、現在もアルバムのリリースやコンサートを行うなど活動を継続している。
なかでもミュージカル俳優のコ・フンジョンは「Forte di Quattro」のリーダーとして現在も精力的にグループを率い、「MIRACLASS」の一員であるミュージカル俳優のパク・ガンヒョンは、番組を通じて認知度を上げ、『笑う男』などの大型ミュージカルで主演を務めるようになるなど、ミュージカル俳優にとっては幅広い人気を獲得するきっかけとなっている。
 
約3年ぶりに放送されるシーズン3の“メンター”は、シーズン1、2に続き出演するキム・ムンジョン、ユン・サン、ソン・ヘスに加え、アイドル歌手からミュージカル俳優に転身し、屈指のトップ女優となったオク・ジュヒョン、大ヒット曲の歌詞を多数手がけた作詞家のキム・イナ、幼少時から天才ピアニストと呼ばれ、現在はミュージシャン、プロデューサーとして活躍するジヨンが初めて審査に挑む。
 
「ファントムシンガー3」公式サイトで公開された1次オーディションの参加者は、74名と前2回よりも倍増。今回も歌手、声楽家、ミュージカル俳優以外にも現役高校生から、会社経営者など、多様な経歴の持ち主が参加している。
注目のミュージカル俳優の出演は以下の通り。
●イ・チャンヨン『ストーリー・オブ・マイライフ』『ビッグフィッシュ』『スワッグエイジ:叫べ、朝鮮!』他
●ノ・ユン『スリル・ミー』『最終陳述』他
●シン・ジェボム『スウィーニー・トッド』『ザ・デビル』他
●ぺ・ナラ『キンキーブーツ』『グリース』他
●イ・ソクジュン『グリース』
●チェ・ミヌ『ママ、ドント・クライ』『影を売る男』他
●イ・ウジョン『グリース』『星の王子さま』他
●チョ・ファンジ『隠密に偉大に:THE LAST』『ルードヴィヒ(ルドウィグ)』他
●カン・ドンウ『タイタニック』他
 
小劇場ミュージカルで活躍中の若手俳優から、アンサンブルキャストまで、韓国ミュージカルファンにはすでに知られた俳優たちが多いが、そのなかでもこれまで数々のミュージカルに主演し、ベテランの域に入りつつあるイ・チャンヨンの参加は大きなサプライズになるだろう。
番組を通じて新たなミュージカルスター、クロスオーヴァ―グループの誕生が期待される「ファントムシンガー3」は、韓国JTBCで4月10日(金)夜9時から放送開始される。

 

©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。

[COLUMN]韓国ドラマの舞台人 第1回『賢い医師生活』前編

[COLUMN]韓国ドラマの舞台人 第1回『賢い医師生活』前編

 

長年韓国ドラマ専門ライターとしても活動している筆者が、不定期ながら新連載を始めます。題して「韓国ドラマの舞台人」。タイトルそのままに、近年韓国ドラマでの活躍が目覚ましい舞台出身俳優の魅力を紹介します。

第1回はついに3月12日から韓国tvNで放送スタートする『賢い医師生活(슬기로운 의사생활)』(⇒ドラマ公式サイト)。『応答せよ』シリーズ3作を手掛けたシン・ウォンホ監督が、前作『賢い監房生活(슬기로운 감빵생활 邦題:刑務所のルールブック)から2年ぶりに発表する新作ドラマです。

主な配役は以下の通り

●肝胆膵外科医イクジュン:チョ・ジョンソク ※肝臓・胆嚢・膵臓の専門医
●小児外科医ジョンウォン:ユ・ヨンソク
●胸部外科医ジュンワン:チョン・ギョンホ
●産婦人科医ソクヒョン:キム・デミョン
●神経外科医ソンファ:チョン・ミド

5人は、99学番(1999年度入学)医大同期で20年来の親友同士。全員が40代突入を目前にした医師たちです。通常は、放送開始前に番組公式サイトには必ず公開されるキャラクター紹介や人物関係図が、今のところは全く出ていません。(制作の遅れなのか、あえて秘密にしているのか…)
新型肺炎の影響で、映像生中継を通して公開された制作発表会でもみな“スポ”(スポイラー=ネタバレ)にならないよう、緘口令がひかれているのか、具体的な内容についての話はあまりされなかったため、どんなドラマになるのかは見てのお楽しみ、という状況です。
現時点で分かるのは、過去のシン・ウォンホ監督作品と同様に、群像劇、人間ドラマという2大キーワードは維持。以前の作品では主人公を取り巻く家族の物語がかなり盛り込まれていましたが、それが今回は彼らが担当する患者の物語中心に代わるようです。

このドラマの主人公5人のうち、チョン・ギョンホを除く4人が舞台経験者。チョ・ジョンソクとユ・ヨンソクは、出演時期は異なるものの過去にミュージカル『ヘドウィグ』と『壁抜け男』に主演したことがあるという共通点を持っています。キム・デミョンは2014年のドラマ『ミセン』でブレイク前は、ミュージカル『地下鉄1号線』『アサシンズ』など舞台を中心に活動していた人です。

●チョ・ジョンソク 舞台出演作一覧(PlayDB)

●ユ・ヨンソク 舞台出演作一覧(PlayDB)

●キム・デミョン 舞台出演作一覧(PlayDB)

そして、今回紅一点のヒロインに抜擢されたのがチョン・ミドです。
韓国舞台シーンを代表するミッ・ポ・ペ(믿우=信じて観る俳優)でありながら、これまで映像ではほとんど活動しなかったことから、韓国でも本作のヒロインとして発表された際には「チョン・ミドとは誰?」という記事が出たほど、一般的には知られていない俳優でした。日本の韓国ドラマファンも、おそらく同じ印象を持ったことでしょう。
しかし彼女の凄さを知る人たちは「キターーーー!」と歓喜の嵐。韓国インターパークが運営する舞台情報サイトPlayDBでも、わざわざ記事が公開されるなど、キャスト発表と同時に舞台マニアの間では大きな話題となっていたのです。

(写真左)2016年『もしかしてハッピーエンディング』/(写真右)2014年『バンジージャンプする』

放送開始数日前に映像の生中継で公開された制作発表で明かされていたのは、シン・ウォンホ監督に彼女の起用を勧めたのはチョ・ジョンソクだったそうです。ユ・ヨンソクも彼女が出演する舞台を見て「以前からファンだった」と公言しています。彼らの推薦に加え、監督自身もヒロインは無名の新しい人を起用したかったと言っていたのですが、例えば『応答せよ1994』のチョンウや、『刑務所のルールブック』のパク・ヘスなど、実力はあるのに大衆への知名度が低かった俳優たちを大抜擢してブレイクさせてきた監督が、今回はチョン・ミドに白羽の矢を立てたのです。

(写真左)2018年『ドクトル・ジバゴ』/(写真右)2013年『ウェルテル』

とても小柄で華奢な彼女ですが、安定した演技力、歌唱力はもちろん舞台上での存在感も抜群。なのに演じるキャラクターに忠実で、自分自身を前面に出すタイプの人ではありません。そんな彼女ですから、共演者はもちろん、演出家や制作者も彼女との仕事を拒む人はまずいないと思います。
その代表が名優チョ・スンウ。2012年にミュージカル『ドクトル・ジバゴ』で共演後、『ラ・マンチャの男』『ウェルテル』『スウィーニー・トッド』と、彼女を連続して相手役に指名し共演しています。

●2015年の『ウェルテル』15周年記念公演時の雑誌「Scene PLAYBILL」のチョ・スンウ&チョン・ミドインタビュー

記事中では、かのチョ・スンウに「舞台を離れても常に側にいてほしい俳優です。学ぶべきところが多く、この人が与える刺激は計り知れない」とまで言わしめるほど。チョ・スンウがこれほど共演者を絶賛していたのはあまり見たことがありません。

また、演技派女優を中心に構成されている劇団メンシアターの団員でもある彼女は、数々の大劇場ミュージカルでヒロイン役を務めながら定期的に小劇場演劇にも出演。ほかにも国立劇団など、公的劇団が制作した作品でも主演を務めています。とにかく、舞台ではあちこちで引く手あまたの名女優なのです。

筆者も韓国で一人舞台女優を挙げるならば、迷うことなく彼女を選びます。個人的に、チョン・ミドの凄さを体感したのが、2014年に芸術の殿堂で上演された演劇『メフィスト』でした。ゲーテの『ファウスト』を大胆に解釈したこの作品で、『冬のソナタ』の父親役として日本では知られている演劇界の大御所、チョン・ドンファンを相手役に一歩も引けを取らず、エネルギッシュに悪魔メフィストを演じていました。
当時の映像が残っています。

こんな強烈な役もできれば、一方で可憐なヒロインもこなすことができるチョン・ミド。『賢い医師生活』で、ついに彼女の凄さがブラウン管を通してお披露目されます。チョ・ジョンソクを筆頭に、個性豊かな面々が揃うなか、監督が紅一点のヒロインを彼女に任せたのは、きっと大きな理由があるはずです。そして放送後の大ブレイクは必至。しかし一旦ブレイクしてしまうとなかなか舞台では見られなくなってしまうことが多い昨今ですが、それでも多くの方に舞台でのチョン・ミドの演技も堪能してもらいたいと切に願います。

第2回では、引き続き『賢い医師生活』に出演している多数の舞台出身助演俳優にスポットを当てて紹介予定です。

●チョン・ミド 舞台出演作一覧(Play DB)

※文中のリンクは、ドラマ関連サイトや、ミュージカル、演劇の映像などを紹介しています(すべて韓国語サイト)

文:さいきいずみ(韓劇.com)

●2013年のミュージカル『ウェルテル』(共演はオム・ギジュン)

●2014年のミュージカル『ONCE (ONCE ダブリンの街角で)』(共演はユン・ドヒョン)

●2016年の演劇『BEA』(共演は、劇団メンシアターの団員でもあり、『ブラックドッグ』などドラマでも活躍するイ・チャンフン)

●2018年のミュージカル『ドクトル・ジバゴ』(共演はパク・ウンテ)

©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。

[MUSICAL]『モーツァルト!』韓国版10周年記念公演特別価格チケット発売&主演候補を発表

[MUSICAL]『モーツァルト!』韓国版10周年記念公演特別価格チケット発売&主演候補を発表

 

『モーツァルト!』韓国10周年記念公演ポスター ©EMKミュージカルカンパニー

EMKミュージカルカンパニーが、現在に至る大劇場ライセンスミュージカル制作の礎を築いた『モーツァルト!』。今年で初演から10周年を迎え、記念ポスターと映像を公開した。
併せて10年前と同じ特別価格で発売するチケット情報も発表された。

『モーツァルト!』は『エリザベート』『レベッカ』『マリー・アントワネット』などを手掛けた劇作家ミヒャエル・クンツェと作曲家クリストファー・リーヴァイのコンビが、1999年にオーストリア ウィーンで初演。日本では2002年に初演されている。
韓国版は2010年1月20日から世宗文化会館大劇場で初演されたが、制作にあたり、すでに作品の人気を確立していた日本版をロールモデルにしたと言われている。
韓国初演時の主人公ヴォルフガング役はイム・テギョン、パク・コニョン、パク・ウンテ、キム・ジュンスの4名が努めた。なかでもキム・ジュンスは本作でミュージカル俳優デビューを果たし、チケットは連日完売。以降アイドル歌手のミュージカル出演が急増する契機を作った。また、パク・ウンテは本作への大抜擢を機に大劇場作品に多数主演するようになるなど、彼ら以降もチョン・ドンソク、パク・ヒョシン、キュヒョンなどヴォルフガングを演じた多くが『モーツァルト!』を通してミュージカル俳優としてキャリアアップを果たしている。

『モーツァルト!』韓国10周年記念公演オフィシャルティザー映像

初演から10年を経て、約4年ぶりに上演される『モーツァルト!』韓国版に寄せられる期待は大きく、公式インスタグラムで「#위시모차르트(♯ウィッシュモーツァルト)」のハッシュタグをつけた希望キャストの投稿募集にも熱い反応が寄せられ、出演候補を当てるイベントも実施された。

ヴォルフガング役“候補”として名前が挙がっている俳優は以下の10名。出演者は、4月1日に正式発表される。

キュヒョン、キム・ジュンス、ドギョム、パク・ガンヒョン、パク・ウンテ、パク・ヒョシン、イム・テギョン、チョン・ドンソク、KAI、ホン・グァンホ(カナダラ順)

初演と同じく、世宗文化会館大劇場で上演される『モーツァルト!』は、同劇場で上演されるライセンス公演としては最多の219回を記録。10周年の節目を迎え、最高のキャストとEMKが積み上げたノウハウを生かして、次なる10年へ向けて制作に邁進してるという。

10周年記念公演の演出は2014年版の『モーツァルト!』や『バンジージャンプする』初演(2012年)、『ハムレット:アライブ』(2017年)などを手掛けたエイドリアン・オズモンド。2014年版では、演出から衣装、セットまで斬新な改革を遂げて話題を呼んだ彼だが、今回はどのような手法で記念公演を演出するのか期待がふくらむ。

10周年公演を記念して「リメンバー2010」と題し、10年前と同じ価格設定の特別価格チケットを6月11日~18日の10公演限定で先行発売される。特別価格は、各定価からVIP・R席-2万ウォン引、S・A席-1万ウォン引となる。

チケットは、インターパーク、メロンチケット、世宗文化会館ホームページの3か所で発売。韓国初演が行われた同じ日時である1月20日(月)午後8時から発売開始と、チケット発売も記念日にこだわりをもつ韓国らしい演出が施されている。


【公演情報】
ミュージカル『モーツァルト!』韓国10周年記念公演(<모차르트!> 10주년 기념 공연)
2020年6月11日~8月9日 世宗文化会館大劇場

総括プロデューサー:オム・ホンヒョン/プロデューサー:キム・ジウォン/脚本・作詞:ミヒャエル・クンツェ/作曲・オーケストレーション:シルベスター・リーヴァイ/芸術監督:ユ・ヒソン/演出:エイドリアン・オズモンド/韓国語歌詞:パク・ヨンミン、イ・ソンジュン、パク・インソン、キム・ムンジョン、クォン・ウナ、パク・チョンフィ/協力演出:クォン・ウナ/音楽監督・指揮:キム・ムンジョン/振付:ジェイミー・マクダニエル/舞台:ソ・スクジン/衣装:ハン・ジョンイム/照明:グ・ユニョン/映像:ソン・スンギュ/小道具:チョ・ユンヒョン/音響:キム・ジヒョン/舞台監督:チョン・ウニョン

 

©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。

[MUSICAL]第4回韓国ミュージカルアワーズ ノミネート発表

[MUSICAL]第4回韓国ミュージカルアワーズ ノミネート発表

 

韓国芸術文化委員会と、韓国ミュージカル協会の共同主催で2016年から開催されている「韓国ミュージカルアワーズ」が今年4回目を迎え、1月6日、候補作品/俳優の発表会が行われた。

記者発表会は進行役をイ・ジフンとチャン・ウナが努め、主催者側からイ・ユリ共同組織委員長、キム・ジョンホン候補推薦委員長、そして執行委員長を務める俳優チョン・ヨンジュが出席した。

司会進行を務めたイ・ジフン(左)とチャン・ウナ

「第4回韓国ミュージカルアワーズ」は2018年12月1日~2019年11月30日まで韓国で開幕した作品のなかから7日間以上、または14回以上有料公演を実施した作品がエントリー対象となっている。
候補作品/候補者は、俳優、制作者、評論家などで構成される専門家100名と、事前に一般観客から募集したマニア投票団100名による投票により選定された。

(写真左から)イ・ユリ共同組織委員長、チョン・ヨンジュ執行委員長、キム・ジョンホン候補推薦委員長

今回は「作品賞」を上演した劇場の座席数400席を基準に大劇場と小劇場に区分して候補作を選定。また「音楽賞」を作曲と編曲・音楽監督とに分けて表彰し、「舞台芸術賞」は美術、衣装など多くのパートがあるため上位2名を表彰するなど、賞の設定が再編成されていることが、昨年とは異なる点だ。

イ・ユリ委員長は「(映画やドラマなどと異なり)報道機関が主催しておらず、収益や興行を目的としていない公共的な授賞式」と説明し、授賞式の前に、海外進出、活動へ向けたトークイベントやカンファレンスも行い、ミュージカル俳優や制作者を夢見る次世代に向けた韓国ミュージカルの祭典にしようと努力している面もアピールしていた。

今年のノミネート作品/俳優は以下の通り。
『HOPE:読まれていない本と、読まれていない人生』が最多12ノミネート。次点に『スワッグエイジ:叫べ、朝鮮!』が11ノミネートと、中劇場サイズの創作ミュージカルが威力を見せている。

2019年の韓国ミュージカル界最高の栄誉となるアワードの授賞式は1月20日(月)夜7時よりブルースクエアインターパークホールで俳優イ・ゴンミョンの司会進行により開催。授賞式の模様は、KAKAO TVの「メロンチケット公演実況」チャンネルで生中継予定だ。

(写真左から)大賞候補作『スワッグエイジ:叫べ、朝鮮!』(©PLエンターテインメント)、『エクスカリバー』(©EMKミュージカルカンパニー)、『黎明の瞳』(©SUKI COMPANY)、『HOPE:読まれていない本と、読まれていない人生』(©R&D Works)

【作品部門】

●大賞(400席以上/初演作品)
『スワッグエイジ:叫べ、朝鮮!』
『エクスカリバー』
『黎明の瞳』
『HOPE:読まれていない本と、読まれていない人生』

●作品賞(400席以上/創作、ライセンス/初演・再演不問)
『ダーウィン・ヤングの悪の起源』
『スワッグエイジ:叫べ、朝鮮!』
『スウィーニー・トッド』
『シラノ』
『HOPE:読まれていない本と、読まれていない人生』

(写真上段左から)作品賞(400席以上)候補作『ダーウィン・ヤングの悪の起源』(©ソウル芸術団)、(『スワッグエイジ:叫べ、朝鮮!』(©PLエンターテインメント)、『スウィーニー・トッド』(©ODカンパニー)、(下段左から)『シラノ』(©CJ ENM) 『HOPE:読まれていない本と、読まれていない人生』

●作品賞(400席以下/創作、ライセンス/初演・再演不問)
『君のための文字』
『ランボー』
『シデレウス』
『阿娘歌(アランガ)』
『伝説のリトルバスケットボール団』

(写真上段左から)作品賞(400席以下)候補『君のための文字』(©Double K Film and Theater)、『ランボー』(©LIVE)、『シデレウス』(©RANG)、(下段左から)『阿娘歌(アランガ)』(©インサイトエンターテインメント)、『伝説のリトルバスケットボール団』(©IM CULTURE)

【俳優部門】

●主演賞(女優)
キム・ソニョン『HOPE:読まれていない本と、読まれていない人生』
シン・ヨンスク『エクスカリバー』
オク・ジュヒョン『スウィーニー・トッド』
ユン・ゴンジュ『アイーダ』
チョン・ソナ『アイーダ』
チャ・ジヨン『HOPE:読まれていない本と、読まれていない人生』

●主演賞(男優)
オ・ジョンヒョク『あの日々』
イ・フィジョン『スワッグエイジ:叫べ、朝鮮!』
チョ・スンウ『スウィーニー・トッド』
チョ・ヒョンギュン『シラノ』
KAI『エクスカリバー』
ホン・グァンホ『スウィーニー・トッド』

●助演賞(女優)
キム・グッキ『口腔内科病院』
キム・ソヒャン『エクスカリバー』
キム・ヒオラ『ファンレター』
イ・イェウン『HOPE:読まれていない本と、読まれていない人生』
チャン・ウナ『マリー・アントワネット』

●助演賞(男優)
パク・ガンヒョン『エクスカリバー』
ソ・ヨンジュ『スウィーニー・トッド』
ユク・ヒョンウク『シラノ』
イ・チャンヨン『スワッグエイジ:叫べ、朝鮮!』
チョ・プンレ『尹東柱:月を射る』

●新人賞(女優)
キム・スハ『スワッグエイジ:叫べ、朝鮮!』
キム・ヨンジ『マリー・アントワネット』
イ・ユハ『HOPE:読まれていない本と、読まれていない人生』
ハン・ジェア『グリース』

●新人賞(男優)
ドギョム『エクスカリバー』
ヤン・ヒジュン『スワッグエイジ:叫べ、朝鮮!』
イム・ギュヒョン『阿娘歌(アランガ)』
ファン・ミンヒョン『マリー・アントワネット』
ファン・スンジョン『伝説のリトルバスケットボール団』

●アンサンブル賞
『ベン・ハー』
『ボディーガード』
『スワッグエイジ:叫べ、朝鮮!』
『アイーダ』
『エクスカリバー』

(写真上段左から)アンサンブル賞候補作品『ベン・ハー』(©NEW CONTENTS COMPANY)、『ボディーガード』(©CJ ENM)、『スワッグエイジ:叫べ、朝鮮!』(©PLエンターテインメント)、(下段左から)『アイーダ』(©シンシカンパニー)、『エクスカリバー』(©EMKミュージカルカンパニー)

【創作部門】

●プロデューサー賞
CJ ENM
カン・ビョンウォン(LIVE)
シン・チュンス(ODカンパニー)
オ・フンシク(R&D Works)
ハン・スンウォン(HJ Culture)

●演出賞
キム・ドンヨン『シラノ』
エリック・シェーファー『スウィーニー・トッド』
オ・ギョンテク『ダーウィン・ヤングの悪の起源』
オ・ルピナ『HOPE:読まれていない本と、読まれていない人生』
ウ・ジンハ『スワッグエイジ:叫べ、朝鮮!』

●脚本賞
カン・ナム『HOPE:読まれていない本と、読まれていない人生』
パク・チャンミン『スワッグエイジ:叫べ、朝鮮!』
パク・へリム『伝説のリトルバスケットボール団』
イ・ヒジュン『ダーウィン・ヤングの悪の起源』
チョン・ヨン『影を売る男』

●音楽賞(作曲)
キム・ヒョウン『HOPE:読まれていない本と、読まれていない人生』
ミン・チャンホン『ランボー』
パク・チョンフィ『ダーウィン・ヤングの悪の起源』
イ・ジョンヨン『スワッグエイジ:叫べ、朝鮮!』
イ・ハンミル『阿娘歌(アランガ)』
フランク・ワイルドホーン『エクスカリバー』

●音楽賞(編曲/音楽監督)
キム・ギリョ『ダーウィン・ヤングの悪の起源』
キム・ソンス『光化門恋歌』
シン・ウンギョン『HOPE:読まれていない本と、読まれていない人生』
ヤン・ジュイン『伝説のリトルバスケットボール団』
ウォン・ミソル『スウィーニー・トッド』

●振付賞
キム・ウンチョン『スワッグエイジ:叫べ、朝鮮!』
ムン・ソンウ『ベン・ハー』
シン・ソンホ『あの日々』
イ・ヒョンジョン『神と共に:現世編』
チョン・ドヨン『シラノ』

●舞台芸術賞
クォン・ドギョン『スウィーニー・トッド』音響
キム・スッキ『HOPE:読まれていない本と、読まれていない人生』ヘアメイク
パク・ジュン『シティ・オブ・エンジェル』映像
オ・ピリョン『HOPE:読まれていない本と、読まれていない人生』美術
チョン・スンホ『エクスカリバー』美術

●特別賞
功労賞(ミュージカルへの功績を讃え、候補選定委員会により選定)


【公演情報】
「第4回韓国ミュージカルアワーズ」
2020年1月20日(月)ブルースクエア一帯
●グローバルミュージカル人材育成のためのトークコンサート;13時~14時半 カオスホール
●Kミュージカル グローバル ネットワーク カンファレンス:15時~17時 カオスホール●授賞式レッドカーペット:17時~18時半 ブルースクエア屋外
●授賞式:19時~22時 インターパークホール
●ネットワーキング パーティー:22時~23時 カオスホール

※公式サイト⇒https://awards.kmusical.kr/

©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。

観客が選ぶ韓国舞台シーンのアワード「2019 SACA」結果発表② 俳優編

観客が選ぶ韓国舞台シーンのアワード「2019 SACA」結果発表② 俳優編

 

韓国の舞台情報サイト、ステージトーク(STAGE TALK)http://www.stagetalk.co.kr/ で、観客投票のみで優秀作品/俳優を選定するアワード「2019 STAGE TALK AUDIENCE CHOICE AWARDS」(以下「2019 SACA」)の投票結果が去る12月末に公開された。

「2019 SACA」は2019年11月15日~21日まで事前候補調査を通して作品/俳優を選定後、12月4日~11日までステージトーク会員を対象に本投票を受け付けた。
各賞は演劇とミュージカルに部門を分けて選定されているが、投票は演劇部門で3452人、ミュージカル部門で33110人の投票をもとに集計されている。

以下の投票結果は、ステージトークで発表されたデータを参照。寸評は、投票結果をもとに韓劇.comで独自の解説を執筆した。当ページでは俳優部門を紹介する。

各部門投票結果1位まとめページ(STAGE TALK サイト ※韓国語)

●投票結果の詳細データページ(STAGE TALKサイト ※韓国語)

【2019最高の俳優部門】

演劇女優主演1位チェ・ユハ(左)と、男優主演1位キム・ギョンス(右)(『オーファンズ』©RED & BLUE/『プライド』©演劇列伝 各ポスターより)

●演劇女優主演     ●演劇男優主演
1位 チェ・ユハ     1位 キム・ギョンス
2位 キム・ジヒョン  2位 パク・ウンソク
3位 チョン・ウンソン 3位 パク・ジョンボク
4位 ペク・ウネ    4位 カン・ヨンソク
5位 イ・ギョンミ   5位 イ・ヒョヌク

演劇女優助演1位ソン・ジユン(左)と、男優助演1位カン・ギドゥン(右)(『プライド』©演劇列伝/『R&J』©SHOWNOTE  各ポスターより)

●演劇女優助演     ●演劇男優助演
1位 ソン・ジユン   1位 カン・ギドゥン
2位 チョン・スヨン  2位 カン・スンホ
3位 ムン・ジナ    3位 ソン・ユドン
4位 カン・ミョンジュ 4位 オ・ジョンテク
5位 イム・ガンヒ   5位 イ・ガンウ

演劇女優新人1位チェ・スジン(左)と、男優新人1位ムン・ユガン(『オーファンズ』©RED & BLUE/『アナザー・カントリー』©Page1 各ポスターより)

●演劇女優新人    ●演劇男優新人
1位 チェ・スジン  1位 ムン・ユガン
2位 チョ・イン   2位 チェ・ジョンウ
3位 チェ・ハユン  3位 ヨン・ジュンソク
4位 チョン・ウヨン 4位 ぺ・フン

演劇俳優部門は、作品の評価と比例した結果となっている。
女優は『オーファンズ』で“ジェンダー・フリー・キャスティング”の象徴となったチェ・ユハが主演賞を、本作で演劇に初挑戦したチェ・スジンが新人賞を受賞。また『プライド』で好演していたソン・ジユンが助演賞を受賞している。3人とも小劇場ではベテランの域に入りつつある実力派だが、それぞれにこれまでとは異なる作品やキャラクターに挑んだことが評価に結び付いている。
男優は主演賞に『ヒストリー・ボーイズ』『プライド』と2019年は人気作の再演に初出演して好演していたキム・ギョンス。助演賞は『僕を溶かしてくれ』など近年はドラマでも名脇役として活躍しつつ『R&J』『ヒストリー・ボーイズ』『報道指針』と舞台へも精力的に出演していたカン・ギドゥン。新人賞は1位のムン・ユガンをはじめ、上位4人すべてが『アナザー・カントリー』で鮮烈デビューを飾った新人俳優で占められているのは、観客がいかに“新しい顔”を求めているかが良く分かる結果となっている。


ミュージカル女優主演1位キム・ソヒャン(左)と男優1位キム・ジュンス(右)(『エクスカリバー』ポスターより©EMKミュージカルカンパニー)

●ミュージカル女優主演 ●ミュージカル男優主演
1位 キム・ソヒャン    1位 キム・ジュンス
2位 キム・ソヒョン   2位 チョ・スンウ
3位 オク・ジュヒョン  3位 パク・ウンテ
4位 シン・ヨンスク   4位 ホン・グァンホ
5位 キム・ソニョン   5位 チョ・ヒョンギュン

ミュージカル女優助演1位チャン・ウナ(左)と男優助演1位パク・ガンヒョン(『マリー・アントワネット』ポスターより ©EMKミュージカルカンパニー)

●ミュージカル女優助演 ●ミュージカル男優助演
1位 チャン・ウナ    1位 パク・ガンヒョン
2位 ミン・ギョンア   2位 ソン・ジュノ
3位 シン・ヨンスク   3位 イ・ジフン
4位 イ・イェウン    4位 パク・ミンソン

ミュージカル女優新人1位キム・ヨンジ(左)と男優新人1位ファン・ミンヒョン(『マリー・アントワネット』ポスターより ©EMKミュージカルカンパニー)

●ミュージカル女優新人  ●ミュージカル男優新人
1位 キム・ヨンジ    1位 ファン・ミンヒョン
2位 ナ・ハナ      2位 シウミン
3位 キム・へイン    3位 ドギョム
4位 キム・スヨン    4位 ヤン・ヒジュン
5位 キム・スハ     5位 ユン・ジソン

●ミュージカルアンサンブル:『マリー・アントワネット』

ミュージカル俳優部門は大劇場作品の出演者に集中した結果となった。
女優主演のキム・ソヒャン、女優助演のチャン・ウナ、男優助演のパク・ガンヒョン、女優新人のキム・ヨンジ、男優新人のファン・ミンヒョン、そしてアンサンブルまで『マリー・アントワネット』の出演者が上位を占めたのは、投票期間中に上演していたことも大きいが、2018年度の新作『笑う男』から『エクスカリバー』まで続くEMKミュージカルカンパニー制作作品の常連俳優たちが、観客に広く支持されていることがよく分かる結果だ。
また、男優新人はアイドル歌手が名を連ねるなか『スワッグエイジ:叫べ、朝鮮!』のヤン・ヒジュンが4位に入り健闘している。演技力、歌唱力ともに新人とは思えぬスキルを持ち、その評判が口コミで広がり、後半は出演日が連日完売するなど驚異的なデビューを飾った。彼を発掘したのは、名優チョ・スンウを育てたPLエンターテインメントの代表だ。今後ミュージカル界を担う次世代俳優となれるのか? スーパールーキーの動向に注目しよう。

2019年の韓国舞台シーンで特徴的だったのが、各カンパニーごとに出演者が固定化する“劇団化”がより進んだことだった。そんななか、以前から自社作品に所属俳優中心のキャスティングをしていたR&D Worksが19年末にコンテンツ制作劇団「R&D Works STUDIO」の設立を発表するなど、2020年以降もこの動きはますます加速していくと予想される。これは、カンパニー側としては実力とチケットパワーを併せ持つ俳優をキープでき、俳優側も仕事が途切れないメリットがある反面、出演俳優の固定ファン以外の観客を呼び込みづらいデメリットも併せ持っている。いち観客としては、ベテランから新人まで所属を問わず柔軟にチャンスを与え、キャスティングの妙を楽しむ機会をもっと増やしてほしいところだ。

文:さいきいずみ(韓劇.com)


⇒「2019 SACA」結果発表① 作品編へ

©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。

観客が選ぶ韓国舞台アワード「2019 SACA」結果発表① 作品編

観客が選ぶ韓国舞台アワード「2019 SACA」結果発表① 作品編

 

韓国の舞台情報サイト、ステージトーク(STAGE TALK)http://www.stagetalk.co.kr/ で、観客投票のみで優秀作品/俳優を選定するアワード「2019 STAGE TALK AUDIENCE CHOICE AWARDS」(以下「2019 SACA」)の投票結果が去る12月末に公開された。

「2019 SACA」は2019年11月15日~21日まで事前候補調査を通して作品/俳優を選定後、12月4日~11日までステージトーク会員を対象に本投票を受け付けた。
各賞は演劇とミュージカルに部門を分けて選定されているが、投票は演劇部門で3452人、ミュージカル部門で33110人の投票をもとに集計されている。

以下の投票結果は、ステージトークで発表されたデータを参照。寸評は、投票結果をもとに韓劇.comで独自の解説を執筆した。当ページでは作品部門を紹介する。

各部門投票結果1位まとめページ(STAGE TALK サイト ※韓国語)

●投票結果の詳細データページ(STAGE TALKサイト ※韓国語)

【2019最高の作品】

演劇初演1位『高慢と偏見』(©DAL COMPANY)

●演劇初演部門
1位『高慢と偏見』(오만과 편견)
2位『アナザー・カントリー』(아너더 컨트리)
3位『ドリアン・グレイの肖像』(도리안 그레이의 초상)
4位『島:1933-2019』(섬:1944-2019)

●演劇再演部門
1位『オーファンズ』
2位『R&J』(알앤제이)
3位『プライド』(프라아드)
4位『ヒストリー・ボーイズ』(히스토리 보이즈)
5位『ヴィーナス・イン・ファー』(비너스 인퍼)

演劇初演作品は、ジェーン・オースティンの小説を原作にした英国発作品『高慢と偏見』が1位となった。男優1と女優1の2人で21人ものキャラクターを性別問わず演じ分けるという斬新な手法と、ミッポペウ(믿배우=“信じて観る俳優”の略語)と呼ばれる舞台マニアに人気の高いキャストが揃っていたことも評価を得た要因だろう。

演劇再演1位『オーファンズ』(©RED & BLUE)

また2位『アナザー・カントリー』、3位『ドリアン・グレイの肖像』と、演出家イ・ジナが仕掛けた英国耽美ものの連続上演は、イケメンの新鋭が出演したこともあり、マニア観客の琴線を刺激したようだ。
海外ライセンス作品が大勢を占めるなか、初演で4位となった音楽劇『島:1933-2019』は作品を通じて社会問題に声を上げる創作集団「声(モクソリ)プロジェクト」が『テイル』に続き発表した唯一の韓国創作作品だ。日本占領下の時代にハンセン病患者を隔離収容した小鹿島の哀しい史実と、現代における発達障害児を取り巻く現状という“差別”を時代を超えて描き出した秀作だった。

再演作品は、初演から人気の高い『オーファンズ』が1位となった。今回の再演では初演からのメンバー等に加え、新たに女性キャストも起用。2019年の韓国小劇場作品でブームとなった“ジェンダー・フリー・キャスティング”の先駆者的演出家、キム・テヒョンが男優の役を女優に演じさせるという大胆な手法が関心を呼び、見事成功をおさめた。


創作ミュージカル初演1位『帰還』(©インサイトエンターテインメント)

●創作ミュージカル初演部門
1位『帰還』(귀환)
2位『エクスカリバー』(엑스칼라버)
3位『スワッグエイジ:叫べ、朝鮮!』(스웨그에이지: 외쳐, 조선!)
4位『HOPE:読まれていない本と、読まれていない人生』(호프:읽히지 않은 책과 읽히지 않은 인셍
5位『海賊』(해적)

●創作ミュージカル再演部門
1位『あの日々』(그날들)
2位『ベン・ハー』(벤허)
3位『死の賛美』(사의 찬미)
4位『もしかしてハッピーエンディング』(어쩌면 해피엔딩)

 

創作ミュージカル再演1位『あの日々』(©インサイトエンターテインメント)

創作ミュージカルは、2019年の新作としては最も制作規模が大きかった『エクスカリバー』が1位となるかと思われたが、兵役中の人気アイドルや俳優が大挙出演した陸軍ミュージカル『帰還』が1位となった。『帰還』は朝鮮戦争で犠牲となった兵士たちの遺骨発掘事業をテーマにした作品だったが、『あの日々』の制作会社が上演スタイルを踏襲し、戦争当時と現代の若者像を交差させ、歴史の重みを訴えるだけではない青春物語に仕上げてあったことが功を奏したようだ。また、投票期間に上演中で、出演者のファンたちが熱心に投票に参加したであろうことも得票を伸ばした要因ではないかと思われる。

再演で1位となったのは『あの日々』。老若男女問わず愛されているキム・グァンソクの楽曲の国民的な認知度に加え、こちらも『帰還』と同様に、キャスティングが得票のカギとなったようだ。


海外ライセンス初演1位『キングアーサー』(©R&D Works)

●海外ライセンスミュージカル初演部門
1位『キングアーサー』(킹아더)
2位『メフィスト』(메피스토)
3位『ジェントルマンズ・ガイド』(젠틀맨스 가이드 : 사랑과 살인편)
4位『シティ・オブ・エンジェル』(시티 오브 엔젤)

●海外ライセンスミュージカル再演
1位『マリー・アントワネット』(말리 앙튜아네트)
2位『エリザベート』(엘리자뱃)
3位『ジキル&ハイド』(지킬 앤 하이드)
4位『スウィーニー・トッド』(스위니 토드)
5位『ヘドウィグ』(해드윅)

 

 

ライセンスミュージカル再演1位『マリー・アントワネット』(©EMKミュージカルカンパニー)

2019年は、アーサー王伝説の物語を取り上げた大劇場ミュージカルの新作がほぼ同時期に2本上演されるという偶然が話題となっていたが、『エクスカリバー』に先んじて上演したフランス発の作品『キングアーサー』が海外ライセンスミュージカル初演1位となった。2019年は精力的に新作を舞台に上げた制作会社R&D Worksの野心作とも言える作品で、ストーリー、楽曲ともに韓国向けに大幅な脚色を加えたことが高評価に繋がったようだ。

一方、再演は韓国ミュージカル界におけるオールタイムベストな大劇場作品が並んだ。2019年はビギナーからマニアまで楽しめる強力な定番作品の再演が集中し、舞台シーンを盛り上げる牽引役となっていた。

 

文:さいきいずみ


⇒「2019 SACA」結果発表② 俳優編へ

©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。

[MUSICAL]『笑う男』『エクスカリバー』パク・ガンヒョン、初のソロコンサートを11月開催

[MUSICAL]『笑う男』『エクスカリバー』パク・ガンヒョン、初のソロコンサートを11月開催

 

『笑う男』のグウィンプレン、『エリザベート』のルキーニ、『エクスカリバー』のランスロットと、近年大ヒットミュージカルのメインキャストとして名を連ねているパク・ガンヒョンが、初のソロコンサートを11月に開催する。

2015年に大学路の小劇場作品『ライアータイム』からミュージカル俳優としての活動をスタート。『ベア:ザ・ミュージカル』『イーヴル・デッド』に主演して注目を集め、当時“リトル チョ・スンウ”との異名がつくほど、新人ながら安定した演技力と歌唱力を誇っていたパク・ガンヒョン。以降は『光化門恋歌』『キンキーブーツ』と徐々に大劇場作品で主演を務めるようになり、2018年初演の『笑う男』では、主人公グウィンプレンとして、難易度の高いフランク・ワイルドホーン作曲のナンバーを完璧に歌いこなして一気に評価を上げた。それからはEMKミュージカルカンパニー制作作品の常連俳優となり、現在も『マリー・アントワネット』でフェルゼン役を好演中だ。着実にキャリアップを重ねてきた彼が、今回のコンサートでは、学生時代からデビュー後まで、彼に影響を与えてきた楽曲を選曲し、彼ならではの音楽世界を垣間見ることができる内容になるという。

「メロディ・イン・ブルー」(ME-lody in blue)と題されたコンサートは、『ジキル&ハイド』『フランケンシュタイン』などで舞台監督を務めるイ・ユウォンが総括演出を担当。『ランボー』『ニジンスキー』『HOPE』などを手掛けたシン・ウンギョンが音楽監督を務める。約2時間の公演を14人編成のオーケストラとともに作り上げ、観客の耳と心をガッチリと掴む予定だ。

先日『笑う男』のフィルムコンサートで初来日公演を行い、日本のミュージカルファンにもさらに知名度を上げたパク・ガンヒョンのソロコンサートは、11月26日、27日の2日間、ブルースクエア アイマーケットホールで開催。チケットは10月22日(火)午後2時からインターパーク単独で販売される。


【公演情報】
パク・ガンヒョン コンサート「メロディ・イン・ブルー」
2019年11月26日(火)、27日(水) ブルースクエア アイマーケットホール

<出演>

パク・ガンヒョン

演出:イ・ユウォン/音楽監督:シン・ウンギョン

写真提供:THE PRO ACTORS

©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。

[MUSICAL]2年ぶりにニュープロダクションで再演『スリル・ミー』12月開幕

[MUSICAL]2年ぶりにニュープロダクションで再演『スリル・ミー』12月開幕

 

2017年に歴代キャストが参加して10周年記念公演を行った『スリル・ミー』が、キャスト、制作陣を一新して、2年ぶりに大学路に戻ってくる。

『スリル・ミー』は、米・オフブロードウェイで2003年に初演。脚本、作詞、作曲を手掛けたステファン・ドルギノフが、1920年代に起きた大学生による誘拐殺人事件「レオポルト&ローブ事件」をモチーフに作り上げた2人芝居のミュージカルだ。韓国では2007年にリュ・ジョンハン、チェ・ジェウン、キム・ムヨル、イ・ユルの主演で初演。衝撃的なストーリーと、ピアノ1台による伴奏のみで展開する斬新な上演スタイルは、現在に至る韓国の小劇場ミュージカルに革命をもたらした作品のひとつとして知られている。韓国プロダクションをもとに日本でも2011年から上演され、いまや日本でも人気作として定着している。

2年間の空白を経て発表されたニュープロダクションのキャストは、いま大学路で注目度上昇中の若手俳優を揃えている。

(左から)“私”ネイサン役のヤン・ジウォン、キム・ヒョンジン、キム・ウソク

裕福な家庭に育ち、真面目で成績も優秀だったが、“彼”の魅力にはまり狂った愛から抜け出せなくなってしまう“私”ネイサン役はヤン・ジウォン、キム・ヒョンジン、キム・ウソクが演じる。
ポップスやCCM歌手として芸能活動を始めたというヤン・ジウォン。近年は『ロッキー・ホラー・ショー』『HOPE』など所属するR&D Works制作作品に出演し、小劇場を中心にミュージカル俳優として人気を博している注目株だ。
キム・ヒョンジンは『マディソン郡の橋』『英雄』『伝説のリトルバスケットボール団』などに出演。少年性を残したピュアなイメージの役柄を多く演じてきた彼が“私”役を通してどう変貌を遂げるか期待したい。
人気デュオMeloManceのキム・ミンソクを兄にもつキム・ウソクは、イ・ジヌク、イ・ハナ主演のクライムドラマ『ボイス』シーズン2、3への出演や、昨年多数のミュージカル賞を受賞した『レッド・ブック』に出演するなど、舞台とドラマを股にかけ活動を始めた新人俳優だ。

(左から)“彼”リチャード役の、イ・へジュン、ク・ジュンモ、ノユン

恵まれた環境と秀麗な容姿、生まれ持った弁才で周囲の人々を魅了。ニーチェの超人思想を信奉し、破滅的な行為に快感を覚えて完全犯罪へと突き進む“彼”リチャード役は、イ・へジュン、ク・ジュンモ、ノユンが演じる。

2013年にミュージカル『ウエディング・シンガー』のアンサンブルとして俳優活動を始めたイ・へジュンは『ドッグ・ファイト』『私の愛、私の新婦』『アルターボーイズ』などに主演。2016年のホームドラマ『いつも春の日』や、映画『仁川上陸作戦』などにも出演し、今後さらに多角的な活動が期待されている俳優だ。

ク・ジュンモといえば2017~18年にかけて上演された『ビリー・エリオット』の兄トニー役だ。半年にわたりトニーを一人で演じ切り、その熱血キャラクターとあいまって彼の名前を広く知らしめることになった。以降は『再生不良少年』『伝説のリトルバスケットボール団』と主演級での出演が続くなかで“彼”役に抜擢された。

演劇の名門、中央大学演劇学科に在学中のノユンは、2017年に『ベア:ザ・ミュージカル』でデビュー。『TRACE U』『海賊』と小劇場ミュージカルマニアに愛された作品に主演し、ファンを増やしている新進俳優だ。

今回のニュープロダクションを制作するのは、2016年に「イェグリンミュージカルアワード」で革新賞、主演男優賞などを受賞した『阿娘歌(アランガ)』の演出&音楽監督コンビだ。

演出のイ・デウンは、ミュージカル『星の王子さま』や演劇『醜男、美女』のほか、ヤン・ジョンウン主宰の劇団「旅行者」制作の舞台も多数演出している。
音楽監督のイ・ハンミルは、作曲家、音楽監督としての活動と並行して俳優としても活躍する稀有な人物だ。現在『マリー・アントワネット』にルイ16世役で出演中のほか、『アマデウス』『ヴァン・ゴッホとひまわり少年』『30歳のころに』などにも出演した。
そのほか舞台美術は『蘭雪(ナンソル)』『R&J』や、来日公演も行われた星新一のSF小説を原作にした演劇『ボッコちゃん』などのデザインを手掛けたパク・サンボン。衣装は『TRACE U』『ジャングルライフ』のイ・スワンと、スタッフもすべて『スリル・ミー』に関わるのは初めての面々だ。

舞台セットや演出方法など、10周年公演までは2013年に栗山民也が演出したスタイルを踏襲し、あまり大きな変化をもたらしていなかったが、今回は制作陣も俳優も『スリル・ミー』未経験。2年間のブレイクを経て、大胆なリニューアルが行われるのか、多くのマニアが注目しているだろう。

『スリル・ミー』は、12月10日~2020年3月1日まで、大学路のYES24 STAGE2で上演。1次チケットは10月11日(金)午後4時からYES24単独で販売される。


【公演情報】
ミュージカル『スリル・ミー』(쓰릴 미)
2019年12月10日~2020年3月1日 YES24 STAGE2

<出演>
●私役:ヤン・ジウォン、キム・ヒョンジン、キム・ウソク
●彼役:イ・へジュン、ク・ジュンモ、ノユン

原作・作曲:ステファン・ドルギノフ/演出:イ・デウン/音楽監督:イ・ハンミル/美術:パク・サンボン/照明:キム・ソング/音響:キム・ソンイク/衣装:イ・スワン/ヘアメイク:キム・ナムソン

写真提供:ダルカンパニー
©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。

[MUSICAL]世界初ミュージカル化『英雄本色』キャストイメージ写真を公開

[MUSICAL]世界初ミュージカル化『英雄本色』キャストイメージ写真を公開

 

(上から)兄ジャホ役のユ・ジュンサン、イム・テギョン、ミン・ウヒョク

香港ノワール映画を代表する名作が、韓国で初めてミュージカル化される『英雄本色(男たちの挽歌)』のキャストが公開された。

原作映画は3部作となっていたが、舞台化するにあたり、ジョン・ウーが監督した前2作を混合してストーリーが構成されるという。兄ジャホ(子豪/ホー)、弟ジャゴル(子杰/キット)、そしてマーク(馬克)の3人を中心に、真の友情、そして家族愛が描かれる。

『フランケンシュタイン』『ベン・ハー』を共に作り上げた演出家ワン・ヨンボムと、作曲・音楽監督イ・ソンジュンが中心となり舞台化するだけあって、“ワン・ヨンボムファミリー”とでも呼べる俳優を中心にキャスティングされている。

偽札偽造組織に人生のすべてを捧げたが裏切られ、服役後新たな人生を標榜する映画ではティ・ロンが演じたホーに当たる兄ソン・ジャホ役は、ユ・ジュンサン、イム・テギョン、ミン・ウヒョクが演じる。
ワン演出家とは『三銃士』から縁を結ぶユ・ジュンサンは、ホン・サンス監督映画の常連俳優でもあり、『どうしたのプンサンさん』などのドラマでも主演を張るなど八面六臂の活躍を続けている。彼ら40代以上の世代には圧倒的な支持を得る『英雄本色』の舞台化を制作陣とともに牽引する存在となるだろう。

『モーツァルト!』『ザ・ラスト・キス』など、これまでプリンス的イメージの役柄を多く演じていたイム・テギョンは、現在出演中の『ドラキュラ』や、昨年ドラマに初出演した『ミスティ~愛の真実~』では悪役を演じるなど、最近はダークな役柄にも果敢に挑んでいる。本作の写真も、ひげをたくわえ陰のある雰囲気を醸し出しており、さらにイメージチェンジした姿が見られそうだ。
そして3人のなかでは最年少のミン・ウヒョクは、昨年から『ジキル&ハイド』『ベン・ハー』とタイトルロールに次々と抜擢。ますます主演俳優として貫禄をつけているなかで悲哀の主人公ジャホをどう演じるのか注目だ。

(左上から)弟ジャゴル役のイ・ジャンウ、パク・ヨンスと出演が追加発表されたハン・チサン

警察学校を優秀な成績で卒業し、刑事となるも、組織の一員である兄と葛藤することになる、映画ではレスリー・チャンが演じたキットに当たる弟ソン・ジャゴル役はイ・ジャンウとパク・ヨンス、そして遅れてハン・チサンの追加出演がサプライズ発表された。
『笑ってトンへ』『オ・ジャリョンが行く!』などの大ヒットホームドラマで人気を博したイ・ジャンウは、兵役を経て昨年から活動再開しているなか、ミュージカルに初挑戦する。かつてノ・ミヌ、ヒョヌとプロジェクトグループ「24/7」として歌手活動したこともある彼だけに、どんな歌声を披露するのか楽しみだ。

確かな歌唱力と演技力に定評のあるパク・ヨンスは『神と共に』『尹東柱~月を射る~』などに主演し、2年前までソウル芸術団の看板俳優であった。芸術団在籍時代から外部作品にも精力的に出演していたが、退団後はさらに作品性や劇場の大小を問わず多彩な作品に出演している。ジャゴル役は彼のキャリアにまた新たな1ページが加わることになるだろう。

『フランケンシュタイン』『ベン・ハー』『キング・アーサー』といまや大劇場ミュージカルの看板を担う俳優の一人となったハン・チサン。力強く艶のある歌声を生かし、カリスマ性溢れる役柄を得意としてきたが、今作では久々にトーンの違ったキャラクターを見せることになりそうだ。

マーク役のチェ・デチョル(左)とパク・ミンソン

組織に裏切られ、父を失った親友ジャホに代わり復讐を遂げるものの、足を負傷したことで不本意なリタイアに追い込まれる、映画ではチョウ・ユンファが演じたマーク役を、チェ・デチョルとパク・ミンソンが演じる。
『私はチャン・ボリ!』『ワン家の家族たち』など多数のドラマで活躍するチェ・デチョルだが、彼はもともと舞台から活動を始めた俳優で『偉大なるキャッツビー』『君となら』など出演は20作を超える。演劇『趣味の部屋』以来、約5年ぶりに出演する舞台で、ヒーロー的存在のマークをどう演じるのか期待が膨らむ。
一方、助演だった『ジャック・ザ・リッパ―』から主役級の『ベン・ハー』まで、まさにワン演出家の秘蔵っ子として着実に出演を重ね、日本で『ミス・サイゴン』のジョン役も経験したパク・ミンソンもマークという重責を担う。イメージ写真からしてチョウ・ユンファの典型的なイメージを踏襲して彼が演じるキャラクターへの興味を掻き立てている。

アソン役のキム・デジョン(左)とパク・インベ

ジャホとマークが組織の中心から外れたのを機にのし上がろうとする、映画ではレイ・チーホンが演じたシンに当たるアソン役はキム・デジョンとパク・インベが演じる。
『フランケンシュタイン』のルンゲ役として知られるキム・デジョンは、今年2人芝居の演劇『ヴィーナス・イン・ファー』で新境地を見せるなど、劇場のサイズを問わず、どんな役もこなせるマルチプレイヤーだ。一方、近年は『SEE WHAT I WANNA SEE』『MURDER FOR TWO』『スカーレット・レター』など、通好みの作品に出演していたパク・インベは2年ぶりの舞台復帰となる。どちらも演技巧者なだけに、強烈なヒールとなって活躍してくれそうだ。

(左から)ペギー役のJ-Min、チョン・ユジ、ソン・ジュヒ

麻薬王であるコー会長の娘であることを隠し、接近したジャゴルに心揺れる、映画では『英雄本色Ⅱ』に登場するペギー役はJ-Min、チョン・ユジ(元BESTie)、ソン・ジュヒ(元HELLO VENUS)が演じる。現在『ヘドウィグ』でイツァークを熱演しているJ-Min、『アンナ・カレーニナ』のキティ、『ノートルダム・ド・パリ』のエスメラルダなどを演じたユジ、『オール・シュック・アップ』『ナンセンス』などに出演したジュヒと、歌手出身で現在はミュージカルを中心に活躍する3人が、運命に翻弄されるヒロインを熱演してくれるだろう。

(左から)コー会長役イ・ヒジョン、ホ班長役イ・ジョンス、ギョンスク役ムン・ソンヒョク

そのほか、『英雄本色Ⅱ』ではシャン・クァンが演じた造船会社社長でかつては麻薬王だったコー会長を『ジキル&ハイド』アタ―ソン、『フランケンシュタイン』シュテファン役などでおなじみのベテラン、イ・ヒジョンが演じる。弟ジャゴルが勤務する警察署の上司ホ班長を『ベン・ハー』ではピラート役だったイ・ジョンス。修理工場の社長で、前科者の更生を助けるギョンスク役を『マリー・アントワネット』『マチルダ』に出演したムン・ソンヒョクが演じる。

ヨ先生役キム・ウヌ(左)とドソン役ソン・ハングク

アソンの圧力に押され、実権を失う黒社会のボス、ヨ先生を、ワン演出家による小劇場ミュージカル『どん底』や、パク・グニョン演出家が主宰する劇団コルモッキルの演劇などにも出演しているキム・ウノが。弟ジャゴルの警察同期で友人でもあるドソン役を『ベン・ハー』『オール・シュック・アップ』などに出演したソン・ハングクが演じる。

ミュージカルファンのみならず、香港映画ファンも注目している『英雄本色』は、12月17日~2020年3月22日まで、瑞草(ソチョ)区にある韓電(ハンジョン)アートセンターで上演。1次チケットは10月14日(月)午後2時から、インターパーク、YES24、チケットリンクで発売開始される。


【公演情報】
ミュージカル『英雄本色』(영웅본색)
2019年12月17日~2020年3月22日 韓電(ハンジョン)アートセンター

<出演>
●ソン・ジャホ役:ユ・ジュンサン、イム・テギョン、ミン・ウヒョク
●ソン・ジャゴル役:イ・ジャンウ、パク・ヨンス
●マーク役:チェ・デチョル、パク・ミンソン
●アソン役:キム・デジョン、パク・インベ
●ペギー役:J-Min、ソン・ジュヒ、チョン・ユジ
●ホ班長役:イ・ジョンス
●ギョンスク/父親役:ムン・ソンヒョク
●コー会長役:イ・ヒジョン
●ヨ先生役:キム・ウヌ

●ドソン役:ソン・ハングク

 

脚本・作詞・演出:ワン・ヨンボム/音楽監督:イ・ソンジュン/振付:ムン・ソンウ/武術監督:ムン・ジョンヨル/美術:イ・オムジ/照明:ハン・ジョンギ/音響:カン・グッキョン/衣装:ハン・ジョンイム/小道具:キム・ジヒョン/ヘアメイク:チェ・リラ/技術:パン・ハンソク/舞台監督:ぺ・ソシク/制作プロデューサー:キム・ハンソル

©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。


[MUSICAL]2019『レベッカ』キャスト写真公開、新ダンヴァース夫人役も

[MUSICAL]2019『レベッカ』キャスト写真公開、新ダンヴァース夫人役も

 

(上段左から)マキシム役のリュ・ジョンハン、オム・ギジュン、(下段左から)KAI、シン・ソンロク

2019年冬のミュージカルシーンを彩る期待作のひとつ『レベッカ』のキャストイメージ写真が公開された。

2013年に初演され、今年4回目の再演となる『レベッカ』は、英国の作家ダフネ・デュ・モーリアが1938年に発表した小説が原作。その後サスペンスの名匠アルフレッド・ヒッチコックによって1940年に映画化され広く知られることとなった。
このミュージカル版はウィーン発の大ヒット作『モーツァルト!』『エリザベート』を生んだクンツェ&リーヴァイこと、作ミヒャエル・クンツェ、作曲シルヴェスター・リーヴァイによって2006年にウィーン初演。日本では2008年から上演してきた作品だ。

アメリカ人の富豪ヴァン・ホッパー夫人の付き人としてモナコ、モンテカルロの高級ホテルにやってきたヒロインの“わたし”が、英国紳士マキシムに出会うところから物語が始まる。マキシムは愛妻レベッカを事故で亡くし、失意の中にあったが“わたし”の純粋さに惹かれ、2人は正式に結婚。“わたし”はマキシムの邸宅に後妻として入るが、屋敷を取り仕切るダンヴァース夫人の存在に苛まれることになる。

2019年の『レベッカ』は近年では最強のメンバーが揃った。

英国マンダレイの大邸宅の主人であるマキシム・ド・ウインター役は初演から同役を演じるリュ・ジョンハンを筆頭に、オム・ギジュン、KAI、シン・ソンロクと、舞台経験は申し分のない実力派が揃った。

(上段左から)シン・ヨンスク、オク・ジュヒョン(下段左から)チャン・ウナ、ALI

マキシムの邸宅で前妻レベッカに仕えていたダンヴァース夫人役は、オク・ジュヒョン、シン・ヨンスク、チャン・ウナと、同役を経験済みの3人に加え、遅れて歌手ALI(アリ)の出演も発表された。ALIは、2005年デビュー後、近年は『不朽の名曲』や『覆面歌王』などの音楽バラエティ番組で見せた圧倒的な歌唱力をもつシンガーとして知られている。2015年に大邱ミュージカルフェスティバルから誕生したミュージカル『トゥーランドット』でミュージカルデビューもしていた彼女だが、結婚・出産を経てダンヴァース夫人役として本格的に活動を再開するという。

(左から)わたし役のパク・ジヨン、イ・ジヘ、ミン・ギョンア

マキシムに見初められ恋に落ちる“わたし”役はパク・ジヨン、イ・ジヘ、ミン・ギョンアが演じる。なかでも『レ・ミゼラブル』のエボニーヌをはじめ、安定した歌唱力と演技力に定評のあるパク・ジヨンと、『エクスカリバー』『笑う男』などの話題作でヒロインを務めたミン・ギョンアは今回初出演。前回同役が好評だったイ・ジヘとともに、徐々に自我が目覚めていく可憐なヒロイン像を見せてくれそうだ。

ジャック・ファベル役のチェ・ミンチョル(左)とイ・チャンミン

亡きレベッカのいとこであり、マキシムらを脅迫するジャック・ファべル役は初演から出演するチェ・ミンチョルと、今回初出演となる2AMのメインボーカルだったイ・チャンミンが努める。ミュージカルは約3年ぶりの出演で、今作で初めて本格的にヒールを演じることとなったイ・チャンミンに注目だ。

ヴァン・ホッパー夫人役のムン・ヒギョン(左)とチェ・ヒョクジュ

強烈なキャラクターで物語の冒頭、観客を惹きつける米国の富豪ヴァン・ホッパー夫人役は、数々のドラマでお茶の間ではおなじみのムン・ヒギョンと、『マディソン郡の橋』『イン・ザ・ハイツ』など、舞台経験豊富なチェ・ヒョクジュが演じる。ともに同役は初挑戦となるベテランの活躍に期待したい。

ベアトリーチェ役のイ・ソユ(左)とユ・スハ

そのほか大邸宅での生活に戸惑う“わたし”を助けるマキシムの姉ベアトリーチェ役は、初演から演じているイ・ソユと、今春ミュージカル『1976ハーラン・カウンティ』で好演していたリュ・スハが前回に続き出演。ベアトリーチェの夫ガイルズ役は低音が魅力のチェ・ビョンガン。マキシムの友人で、邸宅の管理人でもあるフランク・クロウリー役はホン・ギョンスとパク・ジヌ。レベッカの死の秘密を知る青年ベン役はキム・ジウク。レベッカの死亡事件を担当するジュリアン大佐役を『エクスカリバー』で父エクターを演じていたイ・ジョンムンが演じる。

(左から)ガイルズ役のチェ・ビョンガン、フランク・クロウリー役のホン・ギョンスとパク・ジヌ

ヒロインのシンデレラストーリーと、秘められていたビハインドストーリーを紐解く醍醐味に加え、「レベッカ」に代表されるシルヴェスター・リーヴァイならではの耳に残るドラマチックなナンバーの数々が堪能できる『レベッカ』は、11月16日から2020年3月15日まで忠武アートセンター大劇場で上演。
1次チケットは、9月24日(火)に忠武アートセンター公式サイトで先行発売後、9月25日(水)午後2時からメロンチケットとインターパークで発売される。

ベン役のキム・ジウク(左)とジュリアン大佐役のイ・ジョンムン


【公演情報】
ミュージカル『レベッカ』(레베카)
11月16日~2020年3月15日 忠武アートホール大劇場

<出演>

●マキシム・ド・ウインター役:リュ・ジョンハン、オム・ギジュン、KAI、シン・ソンロク
●ダンヴァース夫人役:オク・ジュヒョン、シン・ヨンスク、チャン・ウナ、ALI
●わたし役:パク・ジヨン、イ・ジヘ、ミン・ギョンア
●ジャック・ファベル役:チェ・ミンチョル、イ・チャンミン
●ヴァン・ホッパー夫人役:ムン・ヒギョン、チェ・ヒョクジュ
●ベアトリーチェ役:イ・ソユ、リュ・スハ
●カイルズ役:チェ・ビョングァン
●フランク・クローリー役:ホン・ギョンス、パク・ジヌ
●ベン役:キム・ジウク
●ジュリアン大佐役:イ・ジョンムン

総括プロデューサー:オム・ホンヒョン/プロデューサー:キム・ジウォン/演出:ロバート・ヨハンソン/共同演出・振付:ジェイミー・マクダニエル/韓国語歌詞:パク・チョンフィ/韓国語歌詞・協力演出:クォン・ウナ/音楽監督:キム・ミンジョン/美術:チョン・スンホ/衣装:ハン・ジョンイム/ヘアメイク:キム・ユソン/照明:ジャック・メラー/映像:ソン・スンギュ/音響:キム・ジヒョン/小道具:チェ・へジン/制作監督:チョン・ウニョン

写真提供:EMKミュージカルカンパニー
©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。