ルイス・チョイ

[MUSICAL]「ソウル・ミュージカル・フェスティバル」イェグリン・アワード発表

[MUSICAL]「ソウル・ミュージカル・フェスティバル」イェグリン・アワード発表

 

smf18月17日から24日まで開催している、韓国創作(オリジナル)ミュージカルの祭典、第4回「ソウル・ミュージカル・フェスティバル」(以下「SMF」)で、この1年に上演された創作ミュージカルの出演者や制作者に贈られる「イェグリン・アワード」の受賞結果が発表された。

創作ミュージカルの成長と発展を応援しようと始まった「イェグリン・アワード」。“イェグリン(예그린)”という名前の由来は、韓国で1961年に制作され、創作ミュージカル的作品の第1号作品とされている『サルチャギオプソイェ(살짜기옵서예)』(※済州島の古い方言で「こっそりいらして」という意味)を上演した「イェグリン楽団」からきているという。

今年の「イェグリン・アワード」は韓国ミュージカル協会に所属している団体により、昨年8月から今年7月までにソウルで上演された候補作品のなかから選定された。今年は、5部門を新設し、計11部門の賞が設けられている。

yegurin1

今年の新人賞ルイス・チョイ(左)と今年の俳優賞ユ・ジュンサン

yegurin2

『小人たち』(写真上)/『あの日々』(写真中)/『ママ、ドント・クライ』(写真下)

受賞者/受賞作は以下の通り。

<総合部門>
■イェグリン賞: ソン・スンファン PMCプロダクション芸術総監督

<作品部門>
■革新賞: 『小人たち』(난쟁이들)
■興行賞: 『あの日々』(그날들)
■リメイク賞: 『ママ、ドント・クライ』(마마 돈 크라이)
■アシテジ(ASSITEJ)賞(青少年劇部門): 『さっとやってガオー!』(뚝딱하니 어흥!)

<俳優部門>
■今年の俳優賞: ユ・ジュンサン『あの日々』(그날들)
■今年の新人賞: ルイス・チョイ『ファリネッリ』(파리넬리)

<スタッフ部門>
■クリエイティブ賞: ファン・ミナ作曲家/イ・ジヒョン脚本家『小人たち』(난쟁이들)
■デザイナー賞: チョン・ジェジン映像デザイナー『神とともに』(신과 함께)

総合部門では世界的にも知られる『ナンタ』を生んだPMCプロダクションのソン・スンファン代表が選ばれた。『兄弟は勇敢だった』『恋の駆け引きの誕生』『小人たち』などの創作ミュージカルに加え、子供向けミュージカルなども長年制作してきた功労が称えられた。
興行賞、そしてユ・ジュンサンが今年の俳優賞を受賞した『あの日々』は、伝説のフォーク歌手、キム・グァンソクの楽曲をベースに、人気スターたちの競演が老若男女に愛され、多くの観客を引き付けた。『キム・ジョンウク探し』『兄弟は勇敢だった』などを生んだヒットメーカー、作・演出のチャン・ユジョンがまたしても興行記録を更新した作品となった。また、過日発表された「ザ・ミュージカルアワーズ」で男優新人賞を受賞したルイス・チョイが、またしても新人賞を受賞する快挙を成し遂げている。

そして革新賞、クリエイティブ賞を受賞した『小人たち』は、昨年「SMF」の創作ミュージカルショーケースで上演され、今年の本公演に至った「SMF」が創り上げた作品だけに、制作者たちの頑張りが評価されたことになる。
「SMF」の最終日、24日に行われる表彰式では、「俳優が選んだスタッフ賞」「スタッフが選んだ俳優賞」の2部門が、当日サプライズとして発表されるとのこと。

昨年まで「SMF」は忠武アートホールをメイン会場にしたフェスティバルだったが、今年からはソウル市のイベントとして規模を拡大。東大門一番の新名所、東大門デザインプラザ(DDP)で開幕ガラショーを行うなど、市民参加型の催しも多数実施して創作ミュージカルへの門戸を開こうとしている。今年の受賞者/作品が広く注目を集めることで、さらなる飛躍が期待される。

[MUSICAL]第9回「ザ・ミュージカルアワーズ」受賞結果発表

[MUSICAL]第9回「ザ・ミュージカルアワーズ」受賞結果発表

 

kinkey1

今年のミュージカル賞『キンキーブーツ』の一場面より

韓国の2大ミュージカル賞のひとつである「ザ・ミュージカルアワーズ」の第9回受賞結果が発表された。
今年は、2014年5月から、今年4月まで上演された作品のうち、ライセンス、創作(韓国オリジナル)を含めた出品作26本のなかから選定された。昨年は、韓国フェリー沈没事故(通称:セウォル号事件)の影響で、例年行われていた華やかな受賞式は自粛されていたが、今年も韓国ミュージカル協会から、受賞結果のみが発表されることになった。

受賞結果は以下のとおり。

■今年のミュージカル賞 『キンキーブーツ』(킹키부츠)
■今年の創作ミュージカル賞 『ファリネッリ』(파리넬리)
■主演男優賞 『キンキーブーツ』カン・ホンソク
■主演女優賞 『ONCE』(원스)チョン・ミド
■助演男優賞 『プリシラ』(프리실라)コ・ヨンビン
■助演女優賞 『ブラッド・ブラザーズ』(블러드 브라더스)チェ・ユハ
■男優新人賞 『ファリネッリ』ルイス・チョイ
■女優新人賞 『Zorro(ゾロ)』(조로)キム・ヨジン
■作曲・作詞賞 『ザ・デビル』(더 데빌)Woody Park、イ・ジヘ、イ・ジナ
■脚本賞 『アガサ』(아가사)ハン・ジアン
■演出賞 『ラブレター』(러브레터)ビョン・チョンジュ
■振付賞 『Zorro』ホン・ユソン
■音楽監督賞 『ファリネッリ』キム・ウンギョン
■衣装賞 『マリー・アントワネット』(마리 앙투아네트)生澤美子(いけざわよしこ)
■照明賞 『根の深い木』(뿌리 깊은 나무)シン・ホ
■音響賞 『ザ・デビル』キム・ピルス

kinkey2

『キンキーブーツ』で主演男優賞を受賞したカン・ホンソク(写真中)

今年の“顔”ともいえる作品賞は、昨年12月から今年2月まで上演した『キンキーブーツ』が獲得した。CJ E&Mががブロードウェイ作品に初めて本格投資して制作し、韓国版も見事大ヒットに導いた本作は、同名映画を原作に、倒産寸前の靴工場をドラァグクイーン御用達のきらびやかなブーツ工場に生まれ変わらせて危機を救うというヒューマンコメディだ。劇中で靴工場に革命をもたらすドラァグクイーンのローラを熱演して作品を大いに盛り上げたカン・ホンソクが主演男優賞を受賞という観客も納得の結果となった。

once1

主演女優賞を受賞した『ONCE』のチョン・ミド(写真右)

一方、主演女優賞は、アイルランド映画『ONCE ダブリンの街角で』が原作の『ONCE』でヒロインを演じたチョン・ミドが初受賞した。秀作と名高い映画版同様、丁寧な作品づくりと俳優たちが生演奏で繰り広げたライブ感溢れるサウンドで、『キンキーブーツ』のような派手さはないものの上質な心温まる作品に仕上がっていた。チョン・ミドは元来評価の高い演技力に加え、劇中で最も印象深い曲「Falling Slowly」を歌うシーンでピアノを弾くために、演奏をいちから学んで役に挑んだ努力も評価されたようだ。

fari18

『ファリネッリ』で男優新人賞を受賞したルイス・チョイ

最多受賞となる3部門で受賞したのは、今年1月から行われた「創作産室」という創作ミュージカルの新作上演プロジェクトから誕生した『ファリネッリ』。去勢された男性歌手=カストラートのファリネッリの劇的な生涯を舞台化した本作は、4月末には早くも再演されるなど、プロジェクトの上演作のなかでは群を抜いた完成度を見せていた。“カストラートの再来”と呼ばれるほど、驚異の歌声を聴かせて大ヒットの立役者となったカウンターテナーの声楽家、ルイス・チョイが男優新人賞を受賞している。

thedevil

『ザ・デビル』のシーン写真より

作曲・作詞賞、音響賞受賞と、サウンド面では昨年8月から11月に上演された『ザ・デビル』が大きく評価された。『ヘドウィグ』『ジーザス・クライスト・スーパースター』など、ロックミュージカルの演出に定評のあるイ・ジナが、ゲーテの「ファウスト」を題材にオリジナル作品として制作。悪魔に魂を売って成功をものにした男と、彼を愛する女、そして二人を破滅に導くデビルの危険な関係を描き、韓国のミュージカルマニアに固い支持を得ていた作品だ。この作品に出演していたマイケル・リーが推薦したという音楽家Woody Parkの作曲によるダイナミックなロックサウンドとともに、ステージにバンドとコーラスを入れたショーミュージカル形式で上演された本作は、韓国では過去に類を見ない世界観を見せていた作品だった。

DSC_0083

『マリー・アントワネット』より

そして日本人にとってうれしいのは『マリー・アントワネット』の衣装デザイナー、生澤美子の衣装賞受賞だ。昨年11月から韓国初演した本作は、一時は栄華を極めながらもフランス革命のさなか、断頭台の露と消えたマリー・アントワネットの波乱の生涯を舞台化したもの。幼少期からフランス王室へ嫁ぐまでの華やかでゴージャスなドレス、革命運動が始まって囚われの身となり凋落した姿……と、マリーの栄枯盛衰を池澤は衣装で見事に表現していた。日本ではミュージカル『レディ・ベス』ですでに披露されていたが、改めて韓国でもその実力を認められる結果となった。

昨年は、セウォル号事件や制作会社の相次ぐ倒産など韓国ミュージカル界はさまざまな危機を迎えた1年と言われていたが、そんな厳しい環境のなかでも着実に成果を残した作品、および俳優が受賞を果たした内容となった。
受賞者・作品のラインナップは、公式サイト(http://www.themusicalawards.co.kr/)で確認できる。

©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。

[MUSICAL]初演キャスト再会!『サリエリ』リメンバーコンサート10月開催

[MUSICAL]初演キャスト再会!『サリエリ』リメンバーコンサート10月開催

 

salieri1 2014年に初演され、韓国のミュージカルマニアに熱狂的な支持を受けたミュージカル『サリエリ』の初演メンバーが再結集し、リメンバーコンサートが10月3日、4日の2日間、光化門の世宗文化会館Mシアターで開催される。

モーツァルトの最大のライバルとして知られるサリエリの半生を描いた本作は、モーツァルトの才能と活躍に嫉妬するサリエリの内面を具現化した“ジェラス”というキャラクターも登場させた、独自のストーリーとドラマチックなサウンドで人気を集めた。

『ヴィンセント・ヴァン・ゴッホ』『ファリネッリ』など、歴史に名を遺す芸術家を主人公にした作品を得意とする制作会社HJカルチャーは、最近は舞台映像の上映会を日本で行うなど、ミュージカル作品のクロスメディア化を積極的に進めており、今回のコンサートもその一環となるようだ。

今回のコンサートでは、「神よ」「白鳥の歌」などの劇中歌をはじめ、新曲も追加してオーケストラとコーラスをバックに披露されるとのこと。初演で主人公サリエリを演じたチョン・サンユンが10月3日(土)に、チェ・スヒョンが10月4日(日)に、とそれぞれ1日ずつ出演。そして、『エリザベート』におけるトートのようにミステリアスなキャラクターで人気を集めたジェラス役のキム・チャンホ、チョ・ヒョンギュン、さらにサリエリの嫉妬の対象となるモーツァルト役のパク・ユドクら助演陣は2日間通して出演する。

salieri2

2014年『サリエリ』公演の模様 サリエリ役 チョン・サンユン(左)とジェラス役 チョ・ヒョンギュン ©韓劇.com All rights reserved.

そして、このコンサートの進行を務めるのはミュージカル『ファリネッリ』に主演し、一躍ミュージカル界でも知られることになったカウンターテナーの声楽家ルイス・チョイ。現在HJカルチャーの所属俳優として、今秋には自身のソロコンサートも準備している彼が、スペシャルMCとして登場し、盛り上げてくれそうだ。

salieri3

2014年公演の模様 モーツァルト役 パク・ユドク ©韓劇.com All rights reserved.

7月から公式サイトで募集していた観客からのリクエストをもとに、その内容を反映したプログラム構成になるという。年内、本公演の予定は発表されていないだけに、『サリエリ』ファンのためのスペシャルプレゼントになりそうなコンサートのチケットは8月18日よりインターパーク、YES24で発売開始予定。


【公演情報】
ミュージカル『サリエリ』リメンバーコンサート
2015年10月3日、4日 世宗文化会館Mシアター

出演:チェ・スヒョン、チョン・サンユン、キム・チャンホ、チョ・ヒョンギュン、パク・ユドクほか
MC:ルイス・チョイ

©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。

[MUSICAL]『ファリネッリ』主演ルイス・チョイ HJカルチャーと専属契約

[MUSICAL]『ファリネッリ』主演ルイス・チョイ HJカルチャーと専属契約

 

LouisChoi12015年、ミュージカル『ファリネッリ』主演に抜擢され、驚異的な声とともにミュージカル界に鮮烈デビューしたルイス・チョイが、同作を制作したHJカルチャーと専属契約を交わした。

ドイツ・デュッセルドルフ シューマン国立音楽大学で声楽を専攻し、韓国内外でカウンターテナーの声楽家として活動していたルイス・チョイが、一躍ミュージカルファンにも注目を浴びるきっかけとなった『ファリネッリ』は、2015年1月から実施された新作創作ミュージカルのショーケース公演「創作産室」のなかの1作として上演された。過去に映画化もされた、去勢された男性歌手=カストラートであるファリネッリの劇的な生涯を舞台化した本作は4月末には早くも再演されるなど、今年の新作のなかでは群を抜いた完成度で観客を魅了していた。

LouisChoi2

『ファリネッリ』で聴かせた奇跡の声で観客を魅了

この作品をヒットに導いた立役者が、制作会社HJカルチャーと契約したことでさらに活動の幅を広げていきそうだ。HJカルチャーは「彼が持っている多才な力量を発揮できるようにするのはもちろん、今後制作する多様な文化コンテンツと最高の相乗効果を生むことができるよう積極的な支援を惜しまない予定だ」と言葉を寄せ、クラシックとポピュラー音楽の垣根を取り払うような活動を計画しているという。まず、その第1弾としてソロコンサートを準備中のルイス・チョイは6月下旬から『ファリネッリ』の足跡をたどるヨーロッパ旅行に旅立った。

LouisChoi4LouisChoi3映画『カストラート』の舞台となったドイツをはじめ、ミュージカル『ファリネッリ』で歌われる名曲「私を泣かせてください」の作者、ヘンデルが精力的に活動した英国に向かい、ロイヤルオペラ団を訪れたほか、ファリネッリがカストラートとしてデビューしたオーストリアのウィーンへも向かった。また、リカルドとファリネッリ兄弟の故郷であるナポリや、スペイン宮廷で引退した後、余生を送ったフィレンツェなどイタリアにも足を延ばしている。ヨーロッパ各地をめぐってファリネッリの息遣いをじかに感じたルイス・チョイは、今回の旅の収穫をもとに、今年下半期に行う単独コンサートで披露する予定だ。
ルイス・チョイの近況は、公式ツイッター個人ツイッターを通じて確認できる。精力的にヨーロッパ旅行記も更新中だ。

写真提供:HJカルチャー ©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。

[PHOTO]ミュージカル『ファリネッリ』プレスコール

[PHOTO]ミュージカル『ファリネッリ』プレスコール

 

ミュージカル『ファリネッリ』プレスコール
2015年4月21日 ユニバーサルアートセンター

出演:コ・ユジン、ルイス・チョイ(チェ)、アン・ユジン、
イ・ジュニョク、キム・ホソプ、ウォン・ジョンファンほか

fari1 fari2 fari3 fari4 fari5 fari6 fari7 fari8 fari9 fari10 fari11 fari12 fari13 fari14 fari15 fari16 fari17 fari18 fari19 fari20 fari21 fari22 fari23 fari24 fari25 fari26 fari27 fari28 fari29 fari30 fari31 fari32 fari33

©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。

[MUSICAL]カストラート役は運命…『ファリネッリ』プレスコール開催

[MUSICAL]カストラート役は運命…『ファリネッリ』プレスコール開催

 

fari19

ファリネッリ役でミュージカル初挑戦のルイス・チョイ

今年1月に行ったプレビュー公演が好評だったミュージカル『ファリネッリ』の本公演が開幕し、4月21日にプレスコールが行われた。

『ファリネッリ』は、1994年の映画『カストラート』でも知られる、ソプラノ歌手のようなハイトーンボイスをもつ18世紀に実在したカストラート歌手、カルロ・ブロスキ=通称ファリネッリの劇的な半生をオペレッタ形式でドラマチックに描いた作品。今年1月に大学路アルコ芸術劇場で行ったプレビュー公演で、ファリネッリ役2人の驚異の声と熱演が話題となっていた。
本作の見どころは、何と言っても“天上の声”と呼ばれるカストラートの特長である高音の声を聴かせるカルロ役を演じる2人。一人は韓国でカウンターテナーの声楽家として活躍するルイス・チョイ(チェ)、そしてミュージカル『モーツァルト・オペラ・ロック』『マリア・マリア』などに出演経験があるグループ「フラワー」のシンガー、コ・ユジンだ。

fari7

ファリネッリ役で新たな魅力を披露するコ・ユジン

制作会社HJ CULTURE代表のハン・スンウォン氏は、構想段階でまずルイス・チョイに電話をして出演を依頼し、もう一人のキャストを探している過程でコ・ユジンに出会ったという。「2人のキャスティングは運命だった」という代表に対し、コ・ユジンも「もしカストラートの物語がミュージカルとして制作されるならば、ずっと演ってみたいと思っていたが、韓国で創作ミュージカルとして制作されるとは思っていなかった」と語り、現代のカストラート的なハイトーンボイスを駆使するルイス・チョイも「代表的なカストラートであるファリネッリの物語をオペラで制作されたらいいと思い続けていたが、ミュージカルとして制作された。仲間たちにはこの作品で夢が叶ったようだと話した」と、ともに念願叶っての運命的な出会いだったという出演秘話を明かした。

fari20

『ファリネッリ』出演は“運命だった”と語るコ・ユジンとルイス・チョイ

また、ミュージカルは初挑戦となるルイス・チョイは「この作品の紹介を受けたときは高音だけ出せばいいのかと思っていました(笑)。演技のことは考えず、高音さえ出せばファリネッリというキャラクターを消化できると思って出演をOKしたが、歌うシーンは2、30%くらいであとは演技という大きな課題があった」と笑いながら語り、「オペラとミュージカルは似ているが、オペラは歌のみならず台詞も音楽が入るため、音楽に始まり、音楽に終わる。ミュージカルは演劇的要素が多く、ドラマに真正性が必要なので、共演者たちの力を借りて血のにじむような努力をした」と演技面では苦労した裏話を語った。

fari14

ファリネッリに愛にも似た執着を見せる兄リカルド役イ・ジュニョク

また本作の重要なキャラクターであるファリネッリの兄、リカルドを演じるイ・ジュニョクは「リカルドは天才に選ばれた中才(才能がカルロには及ばない人物)」であると説明。「映画でこの役を見たときはとても稚拙なキャラクターだと思ったので、プレビュー公演のときはそういうイメージで演じていたが、今回はもっと野望が前面に出てきて執着心が強くなる。本当にファリネッリを愛しているんじゃないか、演じながら同性愛的感情があるんじゃないかと錯覚する時がある」と新たな解釈を披露していた。

fari16

イケメンぶりは宝塚の男役顔負け! アンジェロ役のアン・ユジン

そしてファリネッリの恋人であり、男装のカストラート、アンジェロという難役に挑んでいるのは『フランケンシュタイン』『グルーミーデイ(死の賛美)』のアン・ユジン。まるで宝塚の男役のような颯爽とした姿が印象的だ。「稽古初日にキャストを見て、イケメンがいないと思ったので自分がイケメンにならなければと思い、ヘアメイクの先生と親しくなるなどして努力した(笑)」と笑わせ、「ルイス兄さんがオペラのレッスンをしてくれて、私が演技のレッスンをするなど、この数カ月間は家族のように過ごしてきた。長らくミュージカルをやってきたが、この作品のチームワークは格別」と語り、隣席にいたルイス・チョイらと笑顔を交わすなど、この作品への愛着を見せていた。

制作陣によれば、ファリネッリのハイライトとなるアリアを歌う部分は、コ・ユジンとルイス・チョイの声質に合わせて編曲を変え、それぞれの個性を生かしているという。ヘンデルの「サラバンド(사라방드/Sarabande)」「私を泣かせてください(울게하소서/Lascia Ch’io Pianga)」などクラシックファンにはおなじみの名曲を16名のオーケストラ+20名のコーラスという大編成でオペレッタのように重厚感溢れる音楽をミュージカルの舞台で堪能できるほか、アンサンブル16名によるダイナミックな群舞も魅力の一つとなっている。

fari11『ファリネッリ』は5月10日までユニバーサルアートセンターで公演後、5月16、17日には議政府(ウィジョンブ)、5月30日には安養(アニャン)での地方公演も行われる。


farriposter【公演情報】
ミュージカル『ファリネッリ』
2015年4月18日~5月10日 ユニバーサルアートセンター

出演:コ・ユジン、ルイス・チョイ(チェ)、アン・ユジン、イ・ジュニョク、キム・ホソプ、ウォン・ジョンファンほか

プロデューサー:ハン・スンウォン、キム・ジョンソク/演出:キム・ミンジョン/脚本:キム・ソンミ/作曲:キム・ウニョン、オ・ソリン/振付:チョン・ドヨン/編曲・音楽監督:キム・ウニョン/舞台:シム・ジェウク/音響:キム・ジュハン/照明:キム・ジュンボム/衣装:ドヨン/扮装:ペク・ジヨン

●『ファリネッリ』プレスコール フォトギャラリー

©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。