キム・ドビン

[PLAY]演出・キャストを一新!2年ぶりの再演『M.Butterfly』9月開幕

[PLAY]演出・キャストを一新!2年ぶりの再演『M.Butterfly』9月開幕

 

日本ではジェレミー・アイアンズ、ジョン・ローン主演で1993年に公開された同名映画で知られる『M.Butterfly』が2年ぶりの韓国再演を決定し、キャストが発表された。

原作は中国系アメリカン人の脚本家デヴィッド・ヘンリー・ファン(David Henry Hwang)が1988年に発表し、アメリカで初演した同名戯曲。同年のトニー賞作品賞ほか3部門受賞をはじめ、多数の演劇賞を受賞した作品だ。韓国では演劇シリーズ「演劇列伝4」で2012年に初演後、3度の再演を経て、今年2年ぶりに4回目の再演となる。今回は『プライド』『小人たち』『もしかしてハッピーエンディング』などの小劇場演劇、ミュージカルで、丁寧な演出が評価されているキム・ドンヨンを新演出に迎え、キャストも総入れ替えして上演される。

国家機密漏洩の疑いで法廷に立ったフランス領事の衝撃的実話をモチーフに舞台化された本作は、プッチーニのオペラ「蝶々夫人」を劇中劇に引用。西洋人が東洋の女性に持っている偏見やファンタジーを批判するとともに、人間の欲望と悲哀を描き出したストーリーは、特に女性の観客たちに支持されている。

妻がありながらリリンに魅了され、破滅へと向かう主人公のルネ役には、国立劇団などの演劇に多数出演してきたキム・ジュホンとソウル芸術団の団員で、8月開幕の『地球を守れ!』への出演も控えているキム・ドビンが務める。
一方、スパイの密命を負ってルネを誘惑するも、彼を愛してしまうリリン役には演劇『プライド』でゲイのオリバー役を演じて注目された新鋭チャン・ユルと、2016年に人気女優パク・ソダムと共演した演劇『レット・ミー・イン』で主役に抜擢され注目を浴びた新人オ・スンフンが演じる。

新演出家と俳優たちが「演劇列伝」の人気レパートリーに新風を吹き込む『M.Butterfly』は、1次スケジュールのチケットが7月27日(木)から発売される。

(写真上段左から)ルネ役:キム・ジュホン、キム・ドビン/リリン役:チャン・ユル、オ・スンフン (写真中段左から)トゥーロン/判事役:ソ・ミンソン、クォン・ジェウォン/チン/スズキ役:ソン・ヨンスク/マーク役:ファン・マニク (写真下段左から)マーク役:キム・ドンヒョン/ヘルガ役:キム・ユジン、キム・ダヨン


【公演情報】
演劇『M.Butterfly』(엠. 버터플라이)
2017年9月9日~12月3日 大学路アートワンシアター1館

<出演>
●ルネ・ガリマール役:キム・ジュホン、キム・ドビン
●ソン・リリン役:チャン・ユル、オ・スンフン
●トゥーロン/判事役:ソ・ミンソン、クォン・ジェウォン
●チン/スズキ役:ソン・ヨンスク
●マーク役:ファン・マニク、キム・ドンヒョン
●ヘルガ役:キム・ユジン、キム・ダヨン

原作:デヴィッド・ヘンリー・ファン/翻訳:パク・チョンヒュ/演出:キム・ドンヨン

写真提供:演劇列伝

 

[MUSICAL]チョン・ソンウ、カン・ヨンソク主演『ブラック メリー・ポピンズ』2年ぶりに再演

[MUSICAL]チョン・ソンウ、カン・ヨンソク主演『ブラック メリー・ポピンズ』2年ぶりに再演

 

(上段左から)イ・ギョンス、エノク、キム・ドビン、チョン・ソンウ (中段左から)カン・ヨンソク、チョン・ギョンス、ソン・サンウン、アン・ウンジン (下段左から)イ・スンウォン、パク・ジョンウォン、チョン・ヘソン、キム・ギョンファ

(上段左から)イ・ギョンス、エノク、キム・ドビン、チョン・ソンウ (中段左から)カン・ヨンソク、チョン・ギョンス、ソン・サンウン、アン・ウンジン (下段左から)イ・スンウォン、パク・ジョンウォン、チョン・ヘソン、キム・ギョンファ

今年、中川翔子、小西遼生らの出演で2度目の日本版が上演されたことも記憶に新しい、ミュージカル『ブラック メリー・ポピンズ』が約2年ぶりに再演される。

物語の舞台は1920年代のドイツ。著名な心理学者グラチェン・シュワルツ博士の邸宅で火災が起き、博士の養子たち4人は乳母のメリー・シュミットによって救出されるが、メリーはその後失踪してしまう。博士の死去により、4人の養子たちははそれぞれに新たな家庭に引き取られ、平穏に暮らしていた。しかし12年後、4人に博士から謎の手紙が届き、再会したことで、秘められていた真実が明らかになっていく。

12年前の謎を執拗に暴こうとする長男で、アルコール中毒の弁護士ハンス役は、オペラ『リタ』の主演が好評だったイ・ギョンスと、『ブロードウェイ42番街』では華麗なタップダンスを披露して注目を浴びたエノク、『国境の南側』『遊び』などに出演したソウル芸術団団員のキム・ドビンが演じる。

一見、自由奔放に見えるが、孤独を抱えている芸術家の次男ヘルマン役には『エレファント・ソング』『M.Butterfly』などヒット作に次々と主演、2012年の初演でも同役を演じたチョン・ソンウと、『スリル・ミー』『ママ、ドント・クライ』などで大学路のニュースターとして頭角を現しているカン・ヨンソクが演じる。特に、今回の再演では、長男ハンスが物語をけん引していたこれまでのバージョンと違い、次男ヘルマン中心のストーリーとなるということで、人気のイケメン俳優二人が、どのようにストーリーを展開していくのか注目が集まっている。

4兄妹唯一の女性であり、兄弟たち皆に愛されているアンナ役には演劇『フランケンシュタイン』『メロドラマ』『サイレニア』などの話題作で存在感を見せてきたチョン・ギョンス、『レベッカ』『あの日々』などの大劇場作品でも透明感あふれる歌声を聞かせてきたソン・サンウンと、ミュージカル『無限動力』や演劇『尻尾島の話』などで新人ながら確かな演技力を見せていたアン・ウンジンが演じる。

そして、パニック障害と言語障害がある末っ子のヨーナス役には『ドラキュラ』『スウィーニー・トッド』などの大劇場ミュージカルで“シーンスティーラー”と呼ばれたイ・スンウォンと、『女神さまが見ている』『思春期』『望ましい青少年』などで、青春の危うさを体現していたパク・ジョンウォンが演じる。

最後に、4兄妹の秘密を握る、ベビーシッターのメリー役は『ヘドウィグ』『風月主』などで爆発的な歌唱力を聞かせてきたチョン・ヘソンと、かつて『グリース』『オオカミの誘惑』などで活躍したキム・ギョンファが5年ぶりに復帰する。

4回目の再演にあたり、ヘルマンを中心に進行するという新機軸で新旧ファンの関心を集める『ブラック メリー・ポピンズ』は、10月13日から大学路TOMの1館で開幕。1次チケットは9月23日から発売開始される。


【公演情報】
ミュージカル『ブラック・メリー・ポピンズ』(블랙메리포핀스)
2016年10月13日~ 大学路TOM1館

<出演>
●ハンス役:イ・ギョンス、エノク、キム・ドビン
●ヘルマン役:チョン・ソンウ、カン・ヨンソク
●アンナ役:チョン・ギョンス、ソン・サンウン、アン・ウンジン
●ヨーナス役:イ・スンウォン、パク・ジョンウォン
●メリー役:チョン・ヘソン、キム・ギョンファ

写真提供:ASIA BRIDGE CONTENTS ©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。

[MUSICAL]音楽とダンスの世界旅行!ソウル芸術団『遊び』8月上演

[MUSICAL]音楽とダンスの世界旅行!ソウル芸術団『遊び』8月上演

 

nori1今年で創立30周年を迎えたソウル芸術団が、新作歌舞劇『遊び』を8月に上演する。
歌舞劇とは、ソウル芸術団特有の音楽劇の呼称。韓国独自の素材を舞台化することが多く、また団員には現代舞踊やバレエ、伝統舞踊などを習得した優秀なダンサーを擁していることから、通常のミュージカルよりもアーティスティックな作品性と、クオリティの高いダンスが堪能できるのが特徴だ。

韓国の伝統音楽を現代風に再構築し、世界に知らしめた「サムルノリ(사물놀이)」の創立メンバーであるチェ・ジョンシル芸術監督が、30周年イヤーに満を持して発表する新作『遊び』は、“叩いて、踊って、歌え!”というキャッチフレーズで、「楽(악)」をフィーチャーし、得意のダンスに加え、打楽器を中心とした楽器演奏も披露する、文字通りの楽しい作品となりそうだ。

芸術団の団員であるイング、サンヒョン、ヨンシン、ヨンドゥの4人が、海外研修に出るという設定の本作は、彼らが世界をめぐりながら体験した各地の伝統音楽や楽器、舞踊をもとに、帰国後オリジナルのパフォーマンス『遊び』を創作するという物語。主人公4人を演じるのは、ソウル芸術団の看板俳優であるパク・ヨンス、キム・ドビン、チョ・ブンレに加え、歴代の芸術団作品で存在感を見せていたクム・スンフンが起用された。

nori2

(写真左から)ヨンドゥ役:キム・ドビン/ヨンシン役:チョ・ブンレ/サンヒョン役:パク・ヨンス/イング役:クム・スンフン

4人が巡るのは、インドネシア、ブルキナファソ、スペイン、トリニダード・トバゴ、そしてアメリカ(ニューヨーク/ブロードウェイ)の5カ国。インドネシアのガムランやスペインのフラメンコなど、劇中で俳優たちが体験するように、団員全員が“アクターミュージシャン”となって、各国特有の楽器演奏やダンスなどを消化し、披露するという。韓国の伝統音楽と、海外のさまざまなジャンルの音楽の“フュージョン(融合)”に精力的なお国柄だけに、海外公演も視野に入れて制作されるそうだ。

また、団員4人が世界のさまざまな音楽を体験しながらバックパッカーのように旅するロードムービースタイルとなっており、若い世代を中心に共感度の高いストーリーになっている。カーテンコールでは、サムルノリのように出演者も観客も一緒になって歌い踊ることができる、観客参加型のエンディングになるというから、韓国のノリの良い観客たちと共に、盛り上がるのも一興だ。

世界の音楽と韓国の伝統音楽、舞踊を融合させた舞台が堪能できる『遊び』は、8月9日~21日まで、大学路のアルコ芸術劇場で上演される。


noriposter【公演情報】
ソウル芸術団 創作歌舞劇『遊び』(놀이)
2016年8月9日~8月21日 アルコ芸術劇場 大劇場

<出演>イング役:クム・スンフン/サンヒョン役:パク・ヨンス/ヨンドゥ役:キム・ドビン/ヨンシン役:チョ・ブンレ/ほかソウル芸術団団員

芸術監督・作・演出:チェ・ジョンシル/作曲・編曲:キム・へソン、シム・ヨンジュ/協力演出:ユ・ヒソン/振付:イム・ハクソン、チョン・ミレ/音楽監督:シム・ヨンジュ/打楽器監督:イム・ジェジョン/ドラマトゥルク:キム・ソンヨン/美術:パク・ドンウ/映像:チョン・ジェジン/照明:シン・ホ/衣装:チン・ヨンジン/ヘアメイク:キム・ジョンハン/小道具:ソン・ミヨン/音響:チョン・ヨンボク

写真提供:ソウル芸術団 ©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。


<『遊び』プロモーション映像>

[PHOTO]ソウル芸術団 歌舞劇『早い春 遅い冬』プレスコール

[PHOTO]ソウル芸術団 歌舞劇『早い春 遅い冬』プレスコール

 

ソウル芸術団 創作歌舞劇『早い春 遅い冬』プレスコール
2015年3月20日 アルコ芸術劇場 大劇場

出演:コ・ミギョン、キム・ドビン、キム・ベッキョン、キム・ソンヨン、
パク・ヨンス、パク・へジョン、パク・ジェボム、オ・ソナ、
オ・ヒョンジョン、ユ・ギョンア、チョン・ユヒ、チョ・ブンレ、
チェ・ジョンス、ハ・ソンジン、ヒョン・ナミほか全15名haru1 haru2 haru3 haru4 haru5 haru6 haru7 haru8 haru9 haru10 haru11 haru12 haru13 haru14 haru15 haru16 haru17 haru18 haru19 haru20 haru21 haru22 haru23 haru24

©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。

[MUSICAL]早春にふさわしく、優美に― ソウル芸術団 歌舞劇『早い春 遅い冬』

[MUSICAL]早春にふさわしく、優美に― ソウル芸術団 歌舞劇『早い春 遅い冬』

 

early1

『風の国』『尹東柱、月を射る』『失った顔、1895』『根の深い木』などを上演し、歌、演技、ダンスと確かな実力をもつエリートが集う公営劇団「ソウル芸術団」の2015年度第1弾となる創作歌舞劇『早い春 遅い冬』が3月21日からアルコ芸術劇場で上演される。

歌舞劇とは、俳優チームとは別に舞踏専門チームがいる劇団最大の特長でもある、ハイレベルなダンス/舞踏を生かし、ミュージカルよりもアーティスティックなスタイルで魅せる同劇団独自の呼称だ。

新作歌舞劇として今回上演される『早い春 遅い冬』の物語は、とあるギャラリーに展示されている絵から始まるという。そこから、老婦人の話、中国の説話「裸婦春夢」、高麗時代の説話「梅と鶯」など、過去と現在を行き来しながら、梅の花にまつわるエピソードをオムニバス形式でつづる、早春の公演にふさわしい優雅で美しい作品になりそうだ。early2

『3月の雪』や『遠いところから来た女』など多数の名作戯曲を生んだペ・サムシクを脚本家に迎え、劇団「はしごの動き研究所(サダリ・ムーブメント・ラボラトリー)」の代表であるイム・ドワンが演出を務めるということで、詩的かつ深みのある作品になることが期待される。また、『西便制』『光化門恋歌』のナム・スジョンが振付を、『ファリネッリ』『グルーミーデイ』の作曲家キム・チョルファン&音楽監督キム・ウニョンのコンビが参加するなど、制作陣には注目の若手クリエイターが揃っている点も話題だ。early4

early3

キャストは、劇団の要であるコ・ミギョンやチェ・ジョンスを筆頭に、劇団外活動も活発な看板俳優パク・ヨンス、キム・ドビンらを中心に、全15名が出演する。

今年ソウル芸術団は、7月には『神と共に―チョ・スンピョン』、8月には『失った顔、1895』の再演、10月には『根の深い木』の再演が予定されている。ソウル芸術団の公演は、公演期間が短いのが惜しいところだが、韓国の伝統劇や音楽をベースにしたモダンかつ芸術性が高い作品が堪能できるため、韓国ミュージカルや演劇に興味がある人は一度観劇されることをおすすめしたい。


early5poster【公演情報】
ソウル芸術団 創作歌舞劇『早い春 遅い冬』(이른 봄 늦은 겨울)
2015年3月21日~29日 アルコ芸術劇場 大劇場

出演:コ・ミギョン、キム・ドビン、キム・ベッキョン、キム・ソンヨン、パク・ヨンス、パク・へジョン、パク・ジェボム、オ・ソナ、オ・ヒョンジョン、ユ・ギョンア、チョン・ユヒ、チョ・ブンレ、チェ・ジョンス、ハ・ソンジン、ヒョン・ナミほかソウル芸術団団員全15名

芸術監督:チョン・へジン、作・作詞:ペ・サムシク、演出:イム・ドワン、作・編曲:キム・チョルファン、振付:チョン・へジン/ナム・スジョン、音楽監督:キム・ウニョン、舞台、映像デザイン:チョン・ジェジン、照明デザイン:シン・ホ、音響デザイン:オ・ヨンフン、衣装デザイン:イ・ジュヒ、扮装デザイン:チェ・ソンファ、小道具デザイン:ソン・ミヨン

●ソウル芸術団ホームページ⇒http://www.spac.or.kr/
写真提供:ソウル芸術団 ©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。