[PLAY]演出・キャストを一新!2年ぶりの再演『M.Butterfly』9月開幕

 

日本ではジェレミー・アイアンズ、ジョン・ローン主演で1993年に公開された同名映画で知られる『M.Butterfly』が2年ぶりの韓国再演を決定し、キャストが発表された。

原作は中国系アメリカン人の脚本家デヴィッド・ヘンリー・ファン(David Henry Hwang)が1988年に発表し、アメリカで初演した同名戯曲。同年のトニー賞作品賞ほか3部門受賞をはじめ、多数の演劇賞を受賞した作品だ。韓国では演劇シリーズ「演劇列伝4」で2012年に初演後、3度の再演を経て、今年2年ぶりに4回目の再演となる。今回は『プライド』『小人たち』『もしかしてハッピーエンディング』などの小劇場演劇、ミュージカルで、丁寧な演出が評価されているキム・ドンヨンを新演出に迎え、キャストも総入れ替えして上演される。

国家機密漏洩の疑いで法廷に立ったフランス領事の衝撃的実話をモチーフに舞台化された本作は、プッチーニのオペラ「蝶々夫人」を劇中劇に引用。西洋人が東洋の女性に持っている偏見やファンタジーを批判するとともに、人間の欲望と悲哀を描き出したストーリーは、特に女性の観客たちに支持されている。

妻がありながらリリンに魅了され、破滅へと向かう主人公のルネ役には、国立劇団などの演劇に多数出演してきたキム・ジュホンとソウル芸術団の団員で、8月開幕の『地球を守れ!』への出演も控えているキム・ドビンが務める。
一方、スパイの密命を負ってルネを誘惑するも、彼を愛してしまうリリン役には演劇『プライド』でゲイのオリバー役を演じて注目された新鋭チャン・ユルと、2016年に人気女優パク・ソダムと共演した演劇『レット・ミー・イン』で主役に抜擢され注目を浴びた新人オ・スンフンが演じる。

新演出家と俳優たちが「演劇列伝」の人気レパートリーに新風を吹き込む『M.Butterfly』は、1次スケジュールのチケットが7月27日(木)から発売される。

(写真上段左から)ルネ役:キム・ジュホン、キム・ドビン/リリン役:チャン・ユル、オ・スンフン (写真中段左から)トゥーロン/判事役:ソ・ミンソン、クォン・ジェウォン/チン/スズキ役:ソン・ヨンスク/マーク役:ファン・マニク (写真下段左から)マーク役:キム・ドンヒョン/ヘルガ役:キム・ユジン、キム・ダヨン


【公演情報】
演劇『M.Butterfly』(엠. 버터플라이)
2017年9月9日~12月3日 大学路アートワンシアター1館

<出演>
●ルネ・ガリマール役:キム・ジュホン、キム・ドビン
●ソン・リリン役:チャン・ユル、オ・スンフン
●トゥーロン/判事役:ソ・ミンソン、クォン・ジェウォン
●チン/スズキ役:ソン・ヨンスク
●マーク役:ファン・マニク、キム・ドンヒョン
●ヘルガ役:キム・ユジン、キム・ダヨン

原作:デヴィッド・ヘンリー・ファン/翻訳:パク・チョンヒュ/演出:キム・ドンヨン

写真提供:演劇列伝