イ・ジュニョク

[PLAY]男たちのリアルな友情と葛藤のストーリー『サンドバッグ』開幕

[PLAY]男たちのリアルな友情と葛藤のストーリー『サンドバッグ』開幕

 

ケ・マンド役のキム・ジフン(左)とチェ・ホジュン

ボクシングジムを舞台に、男たちの友情と葛藤、兄弟愛を描いた新生制作会社「内柔外剛カンパニー」の第1作となる演劇『サンドバッグ』が開幕し、7月11日にプレスコールが行われた。

マンド(左)とホチョルは、ともにプロボクサーを目指していた親友同士だった

片思い中のジュンスに兄のごとく恋愛指南をするマンドとホチョル

本作は男性キャラクターのみが登場する、いわば“男臭い”作品だ。将来有望なボクサーだったが、けがでその道を諦め高利貸しとなったケ・マンド。肝臓の手術後、食べていくためにストリートボクサーとなったパク・ホチョル。そしてホチョルに憧れ、兄を支えようと尽くす気弱な弟パク・ジュンスと、3人の関係性が物語の軸となる。マンドとホチョルはかつてともにプロを目指す親友同士だったが、マンドの脱落により友情に溝ができた状態。しかしジュンスにとっては二人とも兄のような存在だ。彼らはそれぞれに、明かしていない秘密を抱えているのだ。

ソ・ジンウォン脚本家は「もともと短編映画用に準備していたものを演出家の提案で舞台化することになった。3人の友情と裏切り、そして陰謀を“天使の血で悪魔を生かす”という言葉のごとくストーリーを構成した」という。表面的にはホチョルが悪魔、ジュンスが天使で、マンドは犠牲者のように見えるが、「誰が天使で誰が悪魔かの判断は観客に委ねたい」と語った。

ホチョル役のイ・ジュニョク(左)とマンド役のチェ・ホジュンは人気作『女神様が見ている』にも出演した

マンド役にミュージカル『パルレ(洗濯)』で名を上げたチェ・ホジュンとキム・ジフン。ホチョル役には『ファリネッリ』のイ・ジュニクと、『済州日記』『シア・マッドネス』に出演したキム・ジュイル。ジュンス役は『花郎(ファラン)』に出演していたキム・テミンとユン・ヒョンソクと、いずれも劇場街大学路では、若くして経験豊富な実力派たちが揃っている。

ジュンス役のユ・ヒョンソク(左)とキム・テミンは、大学路の定番作『花郎(ファラン)』で経験を積んだ

劇中では本格的にサンドバッグやミットを打つシーンもあり、俳優たちは全員稽古中から毎日ボクシングのトレーニングを重ねてきたという。その結果、マンド役のチェ・ホジュンは役柄同様手にケガをし、他のキャストも日々小さなケガは絶えないそうだ。

ホチョル役のイ・ジュニョク(左)とキム・ジュイル

映画のシナリオがベースになっているため、劇中には演劇らしくないナチュラルでリアリティ溢れるシーンも多い。観客はボクシングジムの傍らで主人公たちのやり取りを見ているような錯覚に陥りつつ、役者たちの芝居を楽しめることだろう。
斬新な題材で大学路に新風を吹き込む『サンドバッグ』は、9月3日まで、大学路の新しい劇場ビル、ドリームアートセンターの3館で上演される。


【公演情報】
演劇『サンドバッグ』(샌드백)
2017年7月5日~9月3日 大学路ドリームアートセンター3館

<出演>
●ケ・マンド役:チェ・ホジュン、キム・ジフン
●パク・ホチョル役:イ・ジュニョク、キム・ジュイル
●パク・ジュンス役:キム・テミン、ユ・ヒョンソク

脚本:ソ・ジンウォン/演出:キム・ジェハン

取材協力:内柔外剛カンパニー


[MUSICAL]チェ・ジェリム、パク・ウンソク出演『SEE WHAT I WANNA SEE』7年ぶりに公演

[MUSICAL]チェ・ジェリム、パク・ウンソク出演『SEE WHAT I WANNA SEE』7年ぶりに公演

 

seewhatposter2012年の開館以来、オリジナル作品やショーケース公演、トークイベントなど、若手制作者や俳優を起用して独創的な作品を上演し続けている劇場、プロジェクトBOX Seeyaで、ミュージカル『SEE WHAT I WANNA SEE』が7年ぶりに上演される。
『SEE WHAT I WANNA SEE』は、“巨匠スティーブン・ソンドハイムの正統派継承者”と評されている米国の作曲家・作詞家、マイケル・ジョン・ラキウサ(Michael John LaChiusa)が、芥川龍之介の短編小説「藪の中」「袈裟と盛遠(けさともりとう)」「竜」をベースに、2004年に創作。幕間劇「袈裟と盛遠」、1幕「羅生門」、幕間劇「袈裟と盛遠」そして最後に2幕「栄光の日」という副題がついた4章で構成される。観客に「私が見たことは果たして真実なのか」という質問を投げかける、ユニークな構成と哲学的なテーマが話題となり、翌年にはオフブロードウェイで初演。「ミュージカル史上最もインテリジェントな作品」「ミュージカルの限界を超えた作品」と高い評価を受けている。
韓国では、キム・ソニョン、チャ・ジヨン、ヤン・ジュンモ、カン・ピルソク、ホン・グァンホ、チョン・サンユンなどトップクラスの豪華キャストを集結させ、2008年に初演している。当時「シワッマニア(See What Mania)」と呼ばれる熱狂的なファンを生んだことでも知られる伝説的作品だ。

観客から再演の要望が絶えず、満を持して7年ぶりに再演する今回は、『ファリネッリ』『スプリング・アウェイクニング(春のめざめ)』などを演出し、初演当時は協力演出を務めたキム・ミンジョンが演出。音楽監督は『SEE WHAT I WANNA SEE』で第14回韓国ミュージカル大賞を受賞したイ・ナヨンが再び参加する。

seewhat1そして旬の若手注目株を集めたキャストも大きな話題を呼びそうだ。『ジーザス・クライスト・スーパースター』のマリア役や『マーダーバラッド』『ザ・デビル』など近年の話題作でヒロインを演じてきたチャン・ウナが1幕では妻役を、幕間劇では袈裟役と2幕には女優役を務める。また1幕では夫役、幕間劇では盛遠役、2幕では会計士を演じるのは『ドラキュラ』『ドリームガールズ』『皇太子失踪事件』など大劇場から小劇場まで多彩な作品で存在感を見せているパク・ウンソクが演じる。
seewhat2そして1幕では警備員を、2幕では司祭を演じるのは『ファリネッリ』の兄リカルド役や『女神様が見ている』のヨンボム役で注目を集めたイ・ジュニョクが、1幕では霊媒師を、2幕では司祭モニカの叔母を演じるのは『ヘドウィグ』のイツァーク役や『壁抜け男』などに出演したチョ・ジナが演じる。
seewhat3また、1幕の強盗役と2幕でニュース記者役は『ジーザス・クライスト・スーパースター』でジーザスとユダの2役を演じたチェ・ジェリムと、『エリザベート』のルドルフ皇太子役や『スリル・ミー』の私役などを演じたペク・ヒョンフンというブライテストホープがWキャストで務める。

豪華キャストとともに7年ぶりに上演する『SEE WHAT I WANNA SEE』は、10月30日から約2週間上演。チケットは9月18日より発売開始される。


seewhatposter【公演情報】
ミュージカル『SEE WHAT I WANNA SEE』(씨왓아이워너씨)
2015年10月30日~11月15日 プロジェクトBOX Seeya

<出演>
●袈裟/妻/女優役:チャン・ウナ
●盛遠/夫/会計士役:パク・ウンソク
●霊媒師/司祭モニカの叔母役:チョ・ジナ
●警備員/司祭役:イ・ジュニョク
●強盗/ニュース記者役:チェ・ジェリム、ペク・ヒョンフン

原作:芥川龍之介/脚本・作曲:マイケル・ジョン・ラキウサ/演出:キム・ミンジョン/音楽監督:イ・ナヨン/舞台・小道具:チェ・ヨンウン/照明:シン・サンフン/音響:カン・グクヒョン/映像:イ・スギョン/衣装:ドヨン/ヘアメイク:キム・ナムソン/制作:カン・ヒョジン/制作助手:ソル・ガミン/技術:ウ・ジュンサン/舞台監督:キム・テクソン/プロデューサー:パク・ヨンホ、ソ・ミジョン

写真提供:友蘭(ウラン)文化財団 ©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。

[MUSICAL]『女神様が見ている』熱気あふれる稽古場を公開!

[MUSICAL]『女神様が見ている』熱気あふれる稽古場を公開!

 

yo20150

北朝鮮兵士チャンソプ役のチェ・デフンとドンヒョン役のユン・ソッキョン

今年で4回目の再演を迎える名作ミュージカル『女神様が見ている』。6月20日の開幕を控えて、熱気のこもった稽古場の雰囲気が伝わってくる写真が公開された。
韓国ではタイトルを略して「ヨボショ」と呼ばれ愛されている本作、2015年版は新キャストを多数起用してリフレッシュを図っている。その一方で、物語をけん引する韓国軍兵士ハン・ヨンボム役には、すでに出演経験のあるキム・ジョング、チェ・ホジュン、イ・ジュニョク、チョ・ヒョンギュンが起用されるなど、要所要所では実力派をきっちりと配している印象だ。

yo20152

スンホ役のシン・ジェボム(左)とコ・ウンソン

観客にもっとも愛される純粋なキャラクター、スンホ役には昨年同役に初挑戦し、好評を得たSUPER JUNIORのリョウクと2013年公演に出演していたパク・ジョンウォン。そして新キャストにシン・ジェボムとコ・ウンソンが出演する。
シン・ジェボムは2012年に『ビリー・エリオット』などに出演した子役を集めて上演したミュージカル『13(Thirteen)』に主演経験のあるニューカマー。そしてコ・ウンソンは長年『グリース』で主人公デニー役を演じてきた二枚目俳優だ。

そのほか、今回初参加となったのは『キンキーブーツ』の靴工場工員ドン役や、『ブラッド・ブラザーズ』『壁抜け男』などの大型ミュージカルで存在感を見せていたシム・ジェヒョンが北朝鮮の兵長チャンソプ役に。ヨンボムの部下ソック役には『死の賛美(グルーミーデイ)』『ビースティ・ボーイズ』のイ・ギュヒョンと、『飛べ!パクさん』などに出演した新鋭ソン・ユテク。そして、女神様とのダンスシーンが印象的なジュハ役には『TRACE U』『マイ・バケット・リスト』のイ・ジホと『スペシャル・レター』『洗濯(パルレ)』などに出演してきたユ・ジェユン。寡黙で上官チャンソプの命令に忠実なドンヒョン役に『マン・オブ・ラ・マンチャ』でラバ追いの男や国軍ミュージカル『プロミス』に出演したユン・ドンヒョンが初起用された。これまで多数の人気俳優を輩出してきた本作だけに、無限の可能性を秘めた新キャストの活躍に注目したい。
さらに、『キム・ジョンウク探し』『若きウェルテルの悩み』など多数の人気ミュージカルでヒロインを務めてきたチェ・ジュリが女神様として加わったことで、韓国の観劇ファンも実力を認める新たな女神様の誕生に期待が寄せられている。

今年は劇場を大学路のユニプレクスに移し、セットのリニューアルや、演出にも変化を加えるとのことで、より一層新鮮な印象になることが予想される。これまで韓国で観劇済みの人や、昨年の日本公演を見た人も新たに楽しむことができる『ヨボショ』になりそうだ。
韓劇.comでは、日本の観客限定の割引価格で購入できる、スペシャルコラボチケットも発売中(⇒詳細)。屈指の名作創作ミュージカルを、今年も韓国の劇場で堪能してほしい。

yo20153

スンホ役のパク・ジョンウォン

yo20154B

ジュハ役のユ・ジェユン

yo20155

チェ・デフン、シン・ジェボムがパク・ソヨン演出家(右)と相談中

yo20156

ソック役のイ・ギュヒョン

yo20159

スンホ役のコ・ウンソン

yo201511

ソック役のソン・ユテク

yo201512

女神様役のチェ・ジュリ(中)とスンホ役のパク・ジョンウォン

yo201513

ドンヒョン役のユン・ソッキョン

yo20150A yo20151 yo20154 yo20154A yo20157 yo20158 yo201510


yobosho2【公演情報】
ミュージカル『女神様が見ている』(여신님이 보고 계셔)
2015年6月20日~10月11日 大学路ユニプレクス1館

出演:ハン・ヨンボム役:キム・ジョング、チェ・ホジュン、イ・ジュニョク、チョ・ヒョンギュン
リュ・スンホ役:リョウク、パク・ジョンウォン、コ・ウンソン、シン・ジェボム
イ・チャンソプ役:チェ・デフン、シム・ジェヒョン
シン・ソック役:イ・ギュヒョン、ソン・ユテク
チョ・ドンヒョン役:ユン・ソッキョン、ユン・ドンヒョン
ピョン・ジュハ役:イ・ジホ、ユ・ジェユン
女神様役:ソン・ミヨン、チェ・ジュリ

プロデューサー:ユ・インス/演出:パク・ソヨン/脚本・作詞:ハン・ジョンソク/作曲:イ・ソンヨン/音楽監督:ヤン・ジュイン/アクション監督:クァク・ゴウン

写真提供:ヨヌ舞台 ©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。

[PHOTO]ミュージカル『ファリネッリ』プレスコール

[PHOTO]ミュージカル『ファリネッリ』プレスコール

 

ミュージカル『ファリネッリ』プレスコール
2015年4月21日 ユニバーサルアートセンター

出演:コ・ユジン、ルイス・チョイ(チェ)、アン・ユジン、
イ・ジュニョク、キム・ホソプ、ウォン・ジョンファンほか

fari1 fari2 fari3 fari4 fari5 fari6 fari7 fari8 fari9 fari10 fari11 fari12 fari13 fari14 fari15 fari16 fari17 fari18 fari19 fari20 fari21 fari22 fari23 fari24 fari25 fari26 fari27 fari28 fari29 fari30 fari31 fari32 fari33

©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。

[MUSICAL]カストラート役は運命…『ファリネッリ』プレスコール開催

[MUSICAL]カストラート役は運命…『ファリネッリ』プレスコール開催

 

fari19

ファリネッリ役でミュージカル初挑戦のルイス・チョイ

今年1月に行ったプレビュー公演が好評だったミュージカル『ファリネッリ』の本公演が開幕し、4月21日にプレスコールが行われた。

『ファリネッリ』は、1994年の映画『カストラート』でも知られる、ソプラノ歌手のようなハイトーンボイスをもつ18世紀に実在したカストラート歌手、カルロ・ブロスキ=通称ファリネッリの劇的な半生をオペレッタ形式でドラマチックに描いた作品。今年1月に大学路アルコ芸術劇場で行ったプレビュー公演で、ファリネッリ役2人の驚異の声と熱演が話題となっていた。
本作の見どころは、何と言っても“天上の声”と呼ばれるカストラートの特長である高音の声を聴かせるカルロ役を演じる2人。一人は韓国でカウンターテナーの声楽家として活躍するルイス・チョイ(チェ)、そしてミュージカル『モーツァルト・オペラ・ロック』『マリア・マリア』などに出演経験があるグループ「フラワー」のシンガー、コ・ユジンだ。

fari7

ファリネッリ役で新たな魅力を披露するコ・ユジン

制作会社HJ CULTURE代表のハン・スンウォン氏は、構想段階でまずルイス・チョイに電話をして出演を依頼し、もう一人のキャストを探している過程でコ・ユジンに出会ったという。「2人のキャスティングは運命だった」という代表に対し、コ・ユジンも「もしカストラートの物語がミュージカルとして制作されるならば、ずっと演ってみたいと思っていたが、韓国で創作ミュージカルとして制作されるとは思っていなかった」と語り、現代のカストラート的なハイトーンボイスを駆使するルイス・チョイも「代表的なカストラートであるファリネッリの物語をオペラで制作されたらいいと思い続けていたが、ミュージカルとして制作された。仲間たちにはこの作品で夢が叶ったようだと話した」と、ともに念願叶っての運命的な出会いだったという出演秘話を明かした。

fari20

『ファリネッリ』出演は“運命だった”と語るコ・ユジンとルイス・チョイ

また、ミュージカルは初挑戦となるルイス・チョイは「この作品の紹介を受けたときは高音だけ出せばいいのかと思っていました(笑)。演技のことは考えず、高音さえ出せばファリネッリというキャラクターを消化できると思って出演をOKしたが、歌うシーンは2、30%くらいであとは演技という大きな課題があった」と笑いながら語り、「オペラとミュージカルは似ているが、オペラは歌のみならず台詞も音楽が入るため、音楽に始まり、音楽に終わる。ミュージカルは演劇的要素が多く、ドラマに真正性が必要なので、共演者たちの力を借りて血のにじむような努力をした」と演技面では苦労した裏話を語った。

fari14

ファリネッリに愛にも似た執着を見せる兄リカルド役イ・ジュニョク

また本作の重要なキャラクターであるファリネッリの兄、リカルドを演じるイ・ジュニョクは「リカルドは天才に選ばれた中才(才能がカルロには及ばない人物)」であると説明。「映画でこの役を見たときはとても稚拙なキャラクターだと思ったので、プレビュー公演のときはそういうイメージで演じていたが、今回はもっと野望が前面に出てきて執着心が強くなる。本当にファリネッリを愛しているんじゃないか、演じながら同性愛的感情があるんじゃないかと錯覚する時がある」と新たな解釈を披露していた。

fari16

イケメンぶりは宝塚の男役顔負け! アンジェロ役のアン・ユジン

そしてファリネッリの恋人であり、男装のカストラート、アンジェロという難役に挑んでいるのは『フランケンシュタイン』『グルーミーデイ(死の賛美)』のアン・ユジン。まるで宝塚の男役のような颯爽とした姿が印象的だ。「稽古初日にキャストを見て、イケメンがいないと思ったので自分がイケメンにならなければと思い、ヘアメイクの先生と親しくなるなどして努力した(笑)」と笑わせ、「ルイス兄さんがオペラのレッスンをしてくれて、私が演技のレッスンをするなど、この数カ月間は家族のように過ごしてきた。長らくミュージカルをやってきたが、この作品のチームワークは格別」と語り、隣席にいたルイス・チョイらと笑顔を交わすなど、この作品への愛着を見せていた。

制作陣によれば、ファリネッリのハイライトとなるアリアを歌う部分は、コ・ユジンとルイス・チョイの声質に合わせて編曲を変え、それぞれの個性を生かしているという。ヘンデルの「サラバンド(사라방드/Sarabande)」「私を泣かせてください(울게하소서/Lascia Ch’io Pianga)」などクラシックファンにはおなじみの名曲を16名のオーケストラ+20名のコーラスという大編成でオペレッタのように重厚感溢れる音楽をミュージカルの舞台で堪能できるほか、アンサンブル16名によるダイナミックな群舞も魅力の一つとなっている。

fari11『ファリネッリ』は5月10日までユニバーサルアートセンターで公演後、5月16、17日には議政府(ウィジョンブ)、5月30日には安養(アニャン)での地方公演も行われる。


farriposter【公演情報】
ミュージカル『ファリネッリ』
2015年4月18日~5月10日 ユニバーサルアートセンター

出演:コ・ユジン、ルイス・チョイ(チェ)、アン・ユジン、イ・ジュニョク、キム・ホソプ、ウォン・ジョンファンほか

プロデューサー:ハン・スンウォン、キム・ジョンソク/演出:キム・ミンジョン/脚本:キム・ソンミ/作曲:キム・ウニョン、オ・ソリン/振付:チョン・ドヨン/編曲・音楽監督:キム・ウニョン/舞台:シム・ジェウク/音響:キム・ジュハン/照明:キム・ジュンボム/衣装:ドヨン/扮装:ペク・ジヨン

●『ファリネッリ』プレスコール フォトギャラリー

©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。