About 真樹 土田

投稿者 真樹 土田:

土田真樹の「エーガな日々」Vol.3

土田真樹の「エーガな日々」Vol.3

 

「今、韓国インディーズが面白い」

manshin

映画『萬神』試写会より(写真左)から、パク・チャンギョン監督、ムン・ソリ、キム・グムファ、リュ・ヒョンギョン、キム・セロン

タイトルのごとく、ここ最近劇場公開されている韓国インディーズが熱い。イタリアのネオレアリズモ、フランスのヌーベルヴァーグ、ニューヨークを中心としたアメリカン・ニューシネマなどなど、いつも新たな波はインディーズ映画からやってきた。
ここでなぜ、韓国インディーズが熱いかというと、商業映画とのボーダレス化が進んできたことと、商業映画では扱いそうなテーマや視点から実験とも違う、ある種の冒険的作品が登場してきたことによる。

韓国におけるインディーズ映画といえば、民主化運動の啓蒙手段であり、大学の教室や労働組合の集会所などでひっそりと上映されてきた。いわゆる386世代(注)の監督には民主化啓蒙映画出身の監督も少なくない。

彼らは韓国映画界の寵児となり、韓国映画界に新たなうねりを起こしたが、いかんせん韓国の映画人のライフサイクルは短い。韓国の撮影現場に行ってみると、若いスタッフが多いことに驚く。ほとんどが20代で、30代だとちらほらだ。で、彼らが年を重ねてからの行き場といえば、監督や撮影監督など撮影現場の管理職的なポストにある者は、大学の講師となって後輩育成に邁進する。
一部の売れっ子監督を除いては大手の映画会社から声をかけられることもなく、現役にこだわるのであればインディーズに身を置くしかないのである。

『南部軍』や『ホワイトバッジ』などの戦争大作映画で一世を風靡したチョン・ジヨン監督らが第一線から退いて久しい。冤罪事件をテーマにチョン・ジヨン監督がアン・ソンギ主演で撮った『折れた矢』は、インディーズ映画ながらも数々の映画賞を受賞し、チョン・ジヨンの復活とまで言われた。その後も社会問題に切り込んだ作品を監督、および制作し続けており、すっかり社会派映画人のイメージが定着した感がある。また、イ・ジャンホ監督はオ・グァンノクを主演に迎え、19年ぶりの新作長編映画『視線』を監督し、健在ぶりをアピールしていた。
人間国宝となったムーダン(巫堂)キム・クムファの人生を描いた『萬神』は、ドキュメンタリーと再現フィルムが混在したユニークな作品。子供時代、少女時代、中年時代をそれぞれ、キム・セロン、リュ・ヒョンギョン、ムン・ソリが演じている。観客動員数1万人を超えればヒット作と言われる韓国インディーズにあって、公開3週目で3万人を超えるヒットとなった。

昏睡状態に陥って数十年間眠っていた売れない小説家が、彼が目覚めたときには有名作家になってたというエピソードを描いた『ロシアン小説』、花札の出目の数字が韓国の成人ならば誰でも持っている住民登録番号と一致した者が死ぬ『ゴーストップ殺人』など、インディーズならではともいえるユニークな作品が続々と発表されている。女子高生レイプ事件を描き、海外の映画祭で高評価を得て数々の賞を受賞した『ハン・ゴンジュ』も最近劇場公開され、話題を集めている。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

映画『ハン・ゴンジュ』試写会より (写真左から)キム・ソヨン、チョン・ウヒ、チョン・インソン、イ・スジン監督

既存世代の返り咲きと新しい才能の台頭が韓国インディーズを活気づかせ、韓国映画界全体に少なくないシナジー効果を与えている。インディーズという小さな波が、やがて上記したようなうねりに変わっていく時を僕たちは生きている。

gostop

映画『ゴーストップ殺人』記者会見より (写真左から)イ・スンジュン、クォン・ナムヒ、ソン・ヨンジェ、キム・ジュングォン監督

注:1990年後半に監督デビューした、当時30代で1980年代に大学に入学した1960年代生まれの映画監督のことを指す。インテル製のCPUである386プロセッサーにちなんだ呼び名でもあり、現在はほとんどの監督が40代となった今、486世代とも呼ばれるようになった、中には50代となった者もおり、ペンティアム世代(586世代)とも呼ばれるとか。いずれにしろ、韓国映画界は中堅監督が主流を成している。

←コラム第2回 | コラム第4回→

土田真樹の「エーガな日々」Vol.2

土田真樹の「エーガな日々」Vol.2

 

「ゆうばりファンタに愛されたミューズ、キム・コッピ」

OLYMPUS DIGITAL CAMERAここ数年、ゆうばり国際ファンタスティック映画祭(以下、ゆうばりファンタ)に毎年参加しているキム・コッピ。
彼女の知名度を高めたのは、ヤン・イクチュン監督作品『息もできない』であるが、ゆうばりファンタが彼女の映画人生を変えたといって過言ではない。演技力の高さとピュアな癒し系ともいえる美貌に魅了された日本の映画関係者は少なくない。KレコードのYプロデューサーもそんなひとり。筆者のところに、彼女の連絡先を知りたいと連絡が来たのが3年前。その縁は『クソすばらしいこの世界』(2013年 監督・脚本/朝倉加葉子 ⇒公式サイト)で結実した。
そして、今年は『グレイトフルデッド』(2013年 監督・脚本/内田英治 ⇒作品情報)を引っさげてゆうばりに帰ってきた。『グレイトフルデッド』は、超高齢化社会というズシリと重いテーマを背景に、孤独な老人たちを観察するという趣味を持つ“孤独ウォッチャー”の女。人生に失望し、今まさに孤独死をを迎えようとする老人。そんなふたりが繰り広げる破壊力満点の愛憎劇であるが、キム・コッピ演じるスヨンは、老人たちの家を訪ねて話を聞くテラピーのボランティア。しかしながら、ふたりの愛憎劇に巻き込まれてしまう不運な韓国人女性である。
彼女に出演を決めた理由を聞くと「内田監督から会いたいと連絡があり、韓国で会ったのですが、そのときは具体的な話は出なかったのですが、『君を僕の映画に出演して欲しい』と口説かれたのは覚えています」と、内田英治監督からの積極的なアプローチがあったという。
出演が決まり、スヨンの役作りで苦労した点を問うと、特になかったという「スヨンは他人に愛を分かつ慈愛に満ちた女性です。ボランティア活動に共感する気持ちもありますし、最大限自分の中にあるものを引き出そうとしました」と等身大で演じられたと語った。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAところで、近年立て続けに日本映画に出演しているキム・コッピだが、日韓の映画作りの違いをどのように感じているのだろうか。「映画作りは、日本も韓国も特に違いを感じることはありません。やはり違いは作品によってですね。内田監督は役者に一任して、自分から演技指導をしません。塩見役の笹野高史さんとのやり取りは自分たちで考えながら演じました」と、ベテラン役者同士がわかる阿吽の呼吸があった。「笹野さん、撮影の合間は、いつも最新スマートフォンをいじっているんです。あのお年でIT機器を使いこなしているのはすごいなと思いました(笑)」と感心しきりだった。

今や日本映画界のホラークィーンの座を着々と固めつつあるが、ホラー映画にこだわる理由について「ゆうばりで会った映画関係者からオファーをもらうので、そんな作品ばかりなんです。もちろん、違ったジャンルの映画もやってみたいですよ」と笑っていたのが印象的だった。
キム・コッピの今度の活動が気になるところだが、日本映画だけでなく韓国映画もラインナップされている。まずは、今年の秋にはキム・ドンヨン監督の『嘘(거짓말)』が公開を控えており、香港で撮影するドイツ映画への出演も決まっている。座右の銘は「あるがままに」。向上心よりも、今の自分が好きだ。これからも自然体の演技で世界の映画監督を魅了し続けるのだろう。

土田真樹の「エーガな日々」Vol.1

土田真樹の「エーガな日々」Vol.1

 

「映画女優はアラサー全盛時代」

tsuchida1

映画「朝鮮美女三銃士」(韓国で2014年1月29日公開)に主演した、(写真左から)ガイン(Brown Eyed Girls)、ハ・ジウォン、カン・イェウォン ©Maki Tsuchida

長い不況に喘いできた韓国映画界だが、2013年はソン・ガンホ主演の『スノーピアサー』『観相師』『弁護人』が大ヒット。他にも多くのスマッシュヒット作品が登場したが、そのほとんどが男優主演の作品であり、主演とは名乗っているものの、女優は男優の当て馬、ヒロイン的な扱いがほとんどであり、女優が単独主演と呼べるのは、『かくれんぼ』のムン・ジョンヒくらいのものだ。

男優の影にあって、注目度がイマイチ劣る女優陣だが、いやいやそんなことはありません。彼女たちもがんばっているのです。しかもアラサーの範疇に入る女優たちが。

韓国映画界にも若手アイドルスターがいないわけではない。シン・セギョンやコ・アソンといった知名度のある女優はいるが、映画女優と呼べるほどのバリューには残念ながら至っていない。10年前に活躍した若手アイドル女優というと、キム・ハヌル、ソン・イェジン、チョン・ジヒョンらがいるが、彼女たちがアラサーとなった今、韓国映画界(女優部門に限る)を牽引しているといっても過言ではない。

それだけではない。遅咲きで注目される女優も少なくないのだ。キム・ギドク監督の映画『メビウス』に主演し、青龍映画賞新人女優賞にノミネートされたイ・ウンウは1980年生まれ、『アーティスト ポン・マンデ』主演のクァク・ヒョンファは1981年生まれと、いずれも遅咲きの新人女優といえるが、20代の女性にも劣らない美しい肢体をスクリーンに惜しみなく披露している。

ではなぜ、アラサーがもてはやされているのか。

自分が年をとったせいとは思いたくないが、アラサーの女性は男目線から見ても可愛いのだ。二十歳以上は法的には大人ではあるが、昨今の若者を見ると精神的な成長が追いついていないように思える。そう思うことそのものが年寄りのヒガミであると言われればそれまではあるが、ともあれアラサー女優は元気なのである。

そして、今をときめく(?)アラサー女優がスクリーンをところ狭しと闊歩しているのが、1月29日に韓国で公開された『朝鮮美女三銃士』。三銃士といっても銃を扱うわけではなく、アメリカの人気ドラマ『チャーリーズ・エンジェル』の韓国題が「美女三銃士」であったため、朝鮮時代が背景ということでタイトルをもじっただけである。

主演は、ハ・ジウォン、カン・イェウォン、ソン・ガインと今をときめくアラサー女優が出演。ベリーダンスやサングラスなど時代錯誤的なアイテムも登場するが、そこはおちゃらけ娯楽映画。アクションにお色気少々と3人の女優の魅力を最大限に引き出している。

話は飛ぶが、『エヴァンゲリオン』の主人公の年齢が子供とと少女の境界ともいる14歳であったとするならば、アラサーというのは少女から大人、そして熟女の域に入るやもしれない危うげなお年頃であるといえる。アラサー女優は過ぎ行き時間に刻まれる年齢に抗うことはできない。若手女優の台頭に期待したいところだが、暫くはアラサー女優全盛の勢いは衰えることはないと思われる。

←コラム第1回 | コラム第3回→