[PLAY]水を媒介に本能的な人間の根源をさぐる―『変身物語:Metamorphoses』開幕

[PLAY]水を媒介に本能的な人間の根源をさぐる―『変身物語:Metamorphoses』開幕

 

meta6

meta18『ヒストリーボーイズ』『ピローマン』など、優れた海外戯曲を韓国に紹介してきたNO NAME THEATER COMPANYの6番目の作品となる『変身物語:Metamorphoses』のプレスコールが、4月27日に行われた。

古代ローマの詩人オウィディウスが、ギリシャ・ローマ神話に登場する神々がさまざまな生き物などに変身していくエピソードを集めた名作古典を原作に、米・演劇界の重要人物、メアリー・ジンマーマンが現代的な戯曲に仕上げた作品だ。

15のエピソードから成る『変身物語』の原作から、「1:天地創造」「2:マイダス」「3:アルキオーネとケイクス」「4:エリュシクトン」…など、10のショートストーリーを抜粋し、9人の俳優がさまざまなキャラクターに“変身”して物語が進んでいく。
原作戯曲には“水”が本作の重要なファクターだと記されているそうで、本作でもひざ上まで漬かるほどの木枠でできたプールが舞台の中心を占めている。俳優たちが身につけている白い衣装は、撥水性の高い素材を使っているが、水に動きを取られながらも、各エピソードごとに登場するキャラクターに次々と変身していく様は、観客が想像する以上に過酷であろう。今回、制作費を捻出するにあたり、クラウドファンディングが実施されたが、広いプールに張った水は、観客の投資のおかげで毎公演新しい水を入れ替えることができたそうだ。
また俳優たちの芝居のみならず、エピソードによっては現代舞踏的な振付や、ステージ後方に侍う韓国の伝統音楽、国学をベースにしたフュージョンバンド「ゴレヤ」が奏でる無国籍的サウンドが彩りを添える。水を使った舞台、というだけでも十分に破格だが、ギリシャ神話と韓国的要素のコラボレーションも楽しめる斬新な作品だ。欲望と愛憎、エロスなど、人間が本来もつ本能を具現化したような俗物的なキャラクターたちの姿から、古代ローマ時代に創作された原作が、時間と空間を超越して現代でも有効だということを思い知らされる。
meta26 5月17日まで芸術の殿堂 自由小劇場で公演後、6月19日、20日には京畿道安山(アンサン)市にある、安山芸術の殿堂でも上演される。


metamorphoses
【公演情報】
演劇『変身物語:Metamorphoses』(변신 이야기:Metamorphoses)
2015年4月28日~5月17日 芸術の殿堂 自由小劇場
2015年6月19日、20日 安山(アンサン)安山芸術の殿堂 月見劇場(京畿道安山市)

出演:キム・ジュンウォン、チョン・テミン、ソン・ジユン、オ・ジョンテク、イ・ヒョンフン、チョン・ソンミン、イ・ヒョリム、ユ・ジュへ、キョン・ジウンほか

原作:メアリー・ジンマーマン(Mary Zimmerman)/演出:ピョン・チョンジュ/音楽:コ・レヤ/振付:クォン・リョンウン/舞台デザイン:ヨ・シンドン/照明デザイン:イ・ドンジン/衣装デザイン:ホン・ムンギ/扮装&小道具デザイン:チャン・ギョンスク

<フォトギャラリー>

meta1 meta2 meta3 meta4 meta5 meta6 meta7 meta8 meta9 meta10 meta11 meta12 meta13 meta14 meta15 meta16 meta17 meta18 meta19 meta20 meta21 meta22 meta23 meta24 meta25 meta26 meta27 meta28 meta29 meta30 meta31 meta32 meta33 meta34 meta35 meta36 meta37 meta38 meta39 meta40 meta41 meta42 meta43 meta44

©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。