「女神様が見ている」女神様役 ソン・ミヨン

「女神様が見ている」女神様役 ソン・ミヨン

 

smy1「女神様が見ている」で、タイトルロールを演じているミヨンさんは、2014年公演から参加した“新”女神様です。リーディング公演からほぼ一人でずっと女神様を演じていたイ・ジスクさんのイメージがあまりにも強かったため、プレッシャーは大きかったと思いますが、スンホ役のチョン・ソンウさん曰く「全く新しい色を持った女神様」。確かに、ふんわりと柔らかな母性と包容力があるミヨンさんの女神様はジスクさんとは対照的に“癒し系”というイメージです。兵士たちが厳しい環境のなかでも常に忘れず、大切な存在の象徴である女神様を見ているうちに、自分の「大切な人」への愛情や感謝の気持ちを思い起こさせてくれるはずです。

smy2

 

 

 

ミヨンさんは「グリース」でデビュー後、「キム・ジョンウク探し」「オー!あなたが寝ている間に」と、これまであまたのミュージカル俳優が出演し、ブレイクしていった若手俳優の登竜門的作品でヒロインを演じてきました。なかでも「キム・ジョンウク探し」は2010年7月~と、2012年11月~と2回も“初恋を探す女”として出演。2012年公演当時の相手役キム・ジョンウクは現在「スリル・ミー」に出演しているソン・ウォングンとシン・ソンミンが演じていて、いまでは同作で見るのはもう難しいほどのなかなか豪華なメンバーでした。ハツラツとしたヒロインを多数演じてきた彼女が、スランプの時期を脱して得たのが女神様役。若き未亡人、妹、老いた母とシチュエーションも年齢も違う女性像を演じ分け、演技の幅を印象付けました。新たな評価を得た彼女が、これからどういう役を演じてくれるのか期待ですね。

ソン・ミヨン1

ソン・ミヨン2a

<韓国公式挨拶インタビューより>