イ・ホンイの「ソウルde演劇めぐり」Vol.25

 

ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品が韓国初上陸!
『消失(The Disappearance)』

兄チャズ役のイ・ガプソン(左)と弟スタンリー役のキム・ドゥボン(以下写真はすべて稽古場にて撮影)

今年、6周年を迎える韓国大田(テジョン)市のフェスティバル「大田アーティエンス2017」にケラリーノ・サンドロヴィッチ作の演劇『消失』が9月27日から3日間上演されます。この公演は、ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品が初めて韓国に紹介されるという点で、とても意味深い公演となりそうです。

原作では大倉孝二が演じた兄チャズは弟思いだが、その優しさの裏には狂気を秘めている

原作ではみのすけが扮したピュアな弟スタンリー。演じるキム・ドゥボンは2013年の演劇『兄弟の夜』で大きく注目された

ケラリーノ・サンドロヴィッチ(KERA)が主宰する劇団「ナイロン100℃」で2004年に初演された『消失』は、数ある彼の作品のなかでも評価の高い作品です。
二つの月が空に浮かんでいる、廃墟になった町。時は未来、もしくは架空の時代を舞台にしています。主人公は28年前、親に捨てられ、互いを頼りに生きてきたチャズとスタンリー兄弟。クリスマス・パーティを準備していたある日、弟スタンリーは、片思い中のスワンレイクに告白を決意します。兄チャズも積極的に手伝おうとするのですが、作戦は失敗してしまいます。その次の日から、スタンリーの主治医ドーネンをはじめ、空き部屋を借りに来た女性ネハムキン、ガスの点検にきたというリント…と、兄弟の家には怪しい客が次々とやってきます。悪人は一人も登場しないこの物語は、登場人物6人それぞれの秘密が明かされながら、とんでもない結末へと向かいます。

スタンリーの担当医師ドーネン役のチョン・ミョングン(左)と、空き部屋を借りにやってきたネハムキン役のイ・ジョンヒョン

この作品を上演する大田は、ソウルから高速鉄道のKTXまたはSRTを利用すれば約1時間で行けるほど近い、韓国中部の都市です。大田には韓国科学技術院(KAIST)をはじめ、韓国最高の科学大学や研究所が集まっていて、昔から「科学都市」として名高いところです。その特徴を生かし、大田文化財団が芸術(アート)+科学(サイエンス)を融合した「アーティエンス」というフェスティバルを作ったのです。当初は主に美術作品の展示が中心でしたが、一般市民が参加したキャンプ、科学者と芸術家をつなぐレジデンス・プログラム、科学に関する映画の上映、演劇の上演まで、徐々に幅を広げています。特に、演劇の上演はまだ2年目で、初年度だった去年は日本の劇団「青年団」によるロボット演劇『働く私』と『さようなら』が上演されました。

原作では八嶋智人が演じた謎の男リントは、キム・グァンボ演出作や、劇団メンシアター作品などに出演してきたパク・ギドク。彼の持ち味であるとぼけた味のあるキャラで笑わせる

原作では三宅弘城が演じたヤブ医者のドーネンを独特の怪しさで好演していたチョン・ミョングン。新進劇団「炎の戦車」の看板役者

前回のコラムでも紹介したようにSFものの上演が少ない韓国では、まだ「科学演劇」を発掘し開発することは簡単なことではありません。将来的には演劇人と科学者とのマッチングを課題にしながらも、今の段階では優秀なSF演劇を探して、その作品を大田から発信している状態です。このような大田側の努力と、長い間『消失』の上演を準備してきたaSocietyが出会い、韓国で初演が決まったのです。

aSocietyは、旗揚げしたばかりのカンパニーですが、主宰者兼演出家のイ・ウニョンは、キム・グァンボ演出家が率いる劇団チョンウの演出部に所属し、大小様々な作品で演出及び演出助手をした経験を持っています。演出家としての代表作は、平田オリザ作の『隣にいても一人』、アイルランドの詩人・劇作家イェイツの詩を基にして脚色/演出を務めた音楽劇『妖精の歌』などがあります。とても美人な彼女ですが、実は元アイドル歌手で、元女優でもあり、世界的な演出家である鈴木忠志の『リア王』にも出演、日本や中国ツアーにも参加するなど演技経験も豊富な人です。いま何よりも演劇に情熱を傾けている彼女は、丁寧なテキストの分析と着実な作品作りで俳優やスタッフからの信頼も厚く、同世代の若手演出家の中でも目立つ存在になっています。それもあってか、今回の上演チームには、豪華なメンバーが集まりました。

日本で女優として舞台経験もある美貌の若き演出家イ・ウニョン。真剣なまなざしで稽古を見守る

原作舞台では大倉孝二が演じた兄のチャズ役は、演劇『容疑者Xの献身』韓国版で主人公の湯川に扮したイ・ガプソン。みのすけが演じた弟のスタンリー役キム・ドゥボンは『隣にいても一人』(平田オリザ作)『偉大なる生活の冒険』(前田司郎作)に出演と、日本戯曲の翻訳作品に縁の深い二人が主演します。ほかのキャストも日本の原作舞台で演じた各俳優のイメージにピッタリな面々が勢ぞろい。さらに制作陣もミュージカル『インタビュー』『スモーク』『ロミオとジュリエット』の舞台デザイナー、イ・ウンソクをはじめ、数々の話題作を創り上げた最高のスタッフが集結しています。

スタンリーと恋仲になったものの問題続出! 原作では犬山イヌコが演じたスワンレイク役のハ・ヒョンジ(左)は『小人たち』初演に出演するなどミュージカルでも活躍中

演劇を観る習慣があまりないという大田の観客のために、日本語の言葉遊びのような台詞を中心に少しカットし、約2時間の上演時間になりましたが、それでも内容は忠実に再現できたと確信しています。前半はコミカルな展開ですが、見終わったときには、“善人だけでも悲劇は起きる”という憂うつなテーマに気付かされるはずです。劇中で多様な感情を表現しなければならないこの作品は、俳優にとっては楽しい挑戦であり、観客にとっては最もドキドキするポイントとなることでしょう。『消失』は、地球上には世界をより良くしようとする人たちがたくさんいるのに、人も地球も、もしくは宇宙もいつかは無くなってしまうのでは? という、切ない未来図を見せているのです。これは時代や国境を越えて共感できるテーマではないかと思います。韓国版『消失』がSF演劇という新たな概念を提示しながら、新作の発信地を目指す大田から、次はソウルなどの他の都市や、日本をはじめ他の国でも上演できたらいいなと思っています。

ドーネンの往診を受けるスタンリー。物語は中盤から徐々に彼らの秘密が明かされていく


【公演情報】
演劇『消失(The Disappearance)』(소실-언젠가는 없어져버릴 우주 이야기)
2017年9月27日~9月29日 大田芸術家の家(대전예술가의 집)

<出演>
●チャズ・フォルティー役:イ・ガプソン
●スタンリー・フォルティー役:キム・ドゥボン
●ホワイト・スワンレイク役:ハ・ヒョンジ
●ドーネン役:チョン・ミョングン
●エミリア・ネハムキン役:イ・ジョンヒョン
●ジャック・リント役:パク・ギドク

原作:ケラリーノ・サンドロヴィッチ/翻訳:イ・ホンイ/演出:イ・ウニョン/美術:イ・ウンソク、照明:イ・ドンジン/衣装:ホン・ムンギ/音楽:チャン・ハンソル/小道具:チョン・ソユン/舞台監督:コ・ソビン/企画:チョ・ヒョンジ、シン・ジュフン

●稽古場フォトギャラリー ⇒韓劇.com公式Facebook

●「大田アーティエンス」⇒公式ブログ作品情報 ⇒公式Facebook予告映像

©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。


←コラム第24回 | コラム第26回