EXO

[MUSICAL]オンユ、シウミンら人気スター出演 陸軍ミュージカル『帰還』10月開幕

[MUSICAL]オンユ、シウミンら人気スター出演 陸軍ミュージカル『帰還』10月開幕

 

韓国陸軍が昨年の『新興武官学校』に続き、兵役中の人気スターを多数起用した新作ミュージカル『帰還~あの日の約束』を10月から上演する。

『帰還』は韓国で6.25戦争と呼ばれる朝鮮戦争を題材に『あの日々』『砂時計』など韓国近代史を盛り込んだオリジナルミュージカルを上演してきたインサイトエンタテイメントが制作を担当する。

1953年の休戦から66年を経ても“未収束戦死者”と呼ばれる遺体を確認できていない戦死者は13万人を超えるという。休戦50年目の2000年から遺骨発掘作業が開始され、今年初めて非武装地帯(DMZ)での遺骨発掘作業が実施されるなど、現在も地道な作業が続けられている。だがそれでも1万人ほどしか見つかっていないそうだ。

現代を生きるスンホ役はイ・ジョンヨル(左)とキム・スンテク

『帰還』は、この国家事業をモチーフに「朝鮮戦争の戦闘の英雄たちの尊い犠牲に今日の誇らしい大韓民国と私たちが存在する」というメッセージとともに、遺骨発掘作業への共感を形成すべく舞台化された。スタッフは『新興武官学校』の制作陣だった、脚本イ・ヒジュン、作曲・音楽監督パク・ジョンア、演出キム・ドンヨンに加え、『あの日々』の振付家シン・ソンホが参加している。

へイル役のイ・ジェギュン(左)とチャ・ハギョン(VIXXエン)

物語は、朝鮮戦争の退役軍人スンホが戦友たちの遺体を捜し、激戦地のひとつであった多富洞(タブドン)の山中をさまようシーンから始まり、生涯を通して戦友たちとの約束を守ろうとするスンホの姿を過去と現在を交錯させて描かれる。

出演者には現在兵役中の人気スターたちが名を連ね、豪華な面々が大きな注目を集めそうだ。
戦時中の若きスンホ役は、イ・ジンギ(SHINeeオンユ)、キム・ミンソク(EXOシウミン)がWキャストで主演する。一方、現代のスンホは『あの日々』に初演から出演しているイ・ジョンヨルと、現在『ブラック・スーツ』出演中のキム・スンテクが演じる。

へイルの親友ジング役はキム・ミンソク(左)とイ・ソンヨル(INFINITE)

過去に友人たちの尊敬を一手に集めていたへイル役は、『新興武官学校』に続き出演するイ・ジェギュンと、『イン・ザ・ハイツ』などミュージカルも経験済みのチャ・ハギョン(VIXXエン)が演じる。

スンホの親友ジング役はドラマ『太陽の末裔』などで知られるキム・ミンソクとミュージカル本格初挑戦となるイ・ソンヨル(INFINITEソンヨル)が演じる。

へイルの双子の妹ヘソン役はイ・ジスク(左)とチェ・スジン

そのほか、へイルの双子の妹ヘソン役には『女神様が見ている』のイ・ジスクと『キングアーサー』『死の賛美』などに出演したチェ・スジン。スンホの孫ヒョンミン役はチョ・グォン(2AM)と『ノートルダム・ド・パリ』などに出演していたコ・ウンソン。遺骨発掘団にヒョンミンを導くウジュ役は『新興武官学校』に続き出演するキム・ソンギュ(INFINITE)と『あの日々』でミュージカルデビューしたユン・ジソン(Wanna One)が努める。
また『新興武官学校』と同様に、オーディションを通して選抜された軍哨兵を演じる20名ほどのアンサンブルも出演し、舞台により厚みを持たせる予定だ。

スンホの孫ヒョンミン役はチョ・グォン(左)とコ・ウンソン

陸軍ミュージカル『帰還』は10月22日~12月1日まで、オリンピック公園ウリ金融アートホールで上演。1次チケットは9月9日(月)午後2時からメロンチケットとインターパークチケットで発売される。

ウジュ役はキム・ソンギュ(INFINITE・写真左)とユン・ジソン(Wanna One)


【公演情報】

陸軍創作ミュージカル『帰還:あの日の約束』(귀환  그날의 약속)
2019年10月22日~12月1日オリンピック公園ウリ金融アートホール

<出演>
●スンホ(過去)役:イ・ジンギ(SHINeeオンユ)、キム・ミンソク(EXOシウミン)
●へイル役:イ・ジェギュン、チャ・ハギョン(VIXXエン)
●ジング役:キム・ミンソク、イ・ソンヨル(INFINITE)
●ヘソン(へイルの双子の妹)役:イ・ジスク、チェ・スジン
●スンホ(現在):イ・ジョンヨル、キム・スンテク
●ヒョンミン(スンホの孫)役:チョ・グォン(2AM)、コ・ウンソン
●ウジュ役:キム・ソンギュ(INFINITE)、ユン・ジソン(Wanna One)

©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。

[MUSICAL]『マタ・ハリ』を上回るスケール!『笑う男』全貌を公開

[MUSICAL]『マタ・ハリ』を上回るスケール!『笑う男』全貌を公開

 

(写真左から)美術オ・ピリョン、衣装グレゴリー・A・ポプリク、演出ロバート・ヨハンソン、オム・ホンヒョンEMK代表、キム・ジヒョンEMKプロデューサー、ヘアメイク キム・ユソン ©EMKミュージカルカンパニー

オム・ホンヒョンEMK代表/総括プロデューサー ©EMKミュージカルカンパニー

EMKミュージカルカンパニー(以下EMK)が『マタ・ハリ』に続き2番目のオリジナル作品に挑む、『笑う男』の制作陣が作品の概要を紹介する制作発表記者会見が、3月12日開催された。

準備に5年をかけ、ついに今年本公演となる『笑う男』だが、実はEMKが2016年に初の創作ミュージカルとして上演した『マタ・ハリ』よりも先に企画を進めていた作品だったという。最初に登壇したオム・ホンヒョン代表は「まだ稽古を始めてはいないが、衣装からセットまで現時点で90%以上完成させている。ワールドプレミアにふさわしく完成度の高い公演にしなくてはいけないと準備している」と挨拶し、『マタ・ハリ』以上に世界を狙う作品に仕上がりつつある自信をのぞかせた。

脚本・演出のロバート・ヨハンソン ©EMKミュージカルカンパニー

 

 

 

 

本作は『レ・ミゼラブル』『ノートルダム・ド・パリ』の原作者として知られるヴィクトル・ユゴーが1869年に発表した同名小説を原作にしている。脚本・演出のロバート・ヨハンソンが偶然飛行機の機内で見た『笑う男』のフランス版映画にいたく感動したことが制作のきっかけとなった。「機内にいるのに涙が止まらず、この作品をミュージカルにしてはどうかと思いついた。飛行機を降りてすぐに(作曲家の)フランク(・ワイルドホーン)に電話し、“この映画を見て”と伝えた。するとフランクも映画の魅力にはまって作曲に取り掛かり、数曲を仕上げてきた。それからオム代表らEMKのプロデューサーに舞台化を提案して本格的に制作が始まった」という。ロバートは振付のジェイミー・マクダニエルと共にヴィクトル・ユゴーが最後に暮らした家を訪ねるなどして準備を重ねたほか、彼が幼いころに親しんだ古典文学をコミック化した児童書シリーズの写真をスクリーンに映して「そのなかでも『笑う男』が一番好きだったことを後で思い出した」と、原作との運命的な縁も語っていた。

制作発表会の進行は、日本で女優・MCとして活躍するキム・テイが務めた。会場前方左側には、美術オ・ピリョンデザインのセットの模型も展示されていた。©EMKミュージカルカンパニー

本作の主人公は貴族の子息として生まれたが、対抗勢力に父を殺され、口角を切り割かれて顔に笑ったような傷を刻まれた青年グウィンプレン。盲目の少女デアとともに興行師に拾われ、サイドショー(見世物小屋)の芸人となり、決して幸せな境遇ではなかったが相思相愛のデアと過ごす日々を糧に生きていた。しかしある日、幼いころの彼を知る貴族が彼の存在に気づき、女王に報告。やがて貴族へ身分を回復したグウィンプレンだが、彼にはさらなる試練が待っているのだ。

作曲家フランク・ワイルドホーン インタビュー映像(EMK公式YouTubeより)

原作にもある「裕福な者たちの楽園は、貧しい人々の地獄の上に建てたものだ(부유한 자들의 낙원은 가난한 자들의 지옥으로 지은 것이다)」という一文は本作のテーマとして、台本の1ページ目にも記されているという。17世紀英国を舞台にしているが、現代の格差社会にも通じる“クラス(階級)”への鋭い批評と風刺が根底にあるこの物語で、どん底から這い上がろうとするグウィンプレンの姿は共感を呼ぶだろう。
ロバートは、昨年末に主要キャストを揃えて進行したワークショップでは「参加した皆が泣いた」と語り、物語を彩るフランク・ワイルドホーンの楽曲は「『ジキル&ハイド』以降で最高のスコア」と絶賛するなど、すでにスタッフ間でもクオリティの高さは検証済みのようだ。

作詞家ジャック・マーフィー インタビュー映像(EMK公式YouTubeより)

EMK作品を長年支えてきた音楽の要であるキム・ムンジョン音楽監督は「メインテーマ曲をはじめ、バイオリンの旋律が特徴的な楽曲となる。実際にバイオリニストが舞台に登場して、主人公の感情を代弁するような役割となるだろう」と予告。また、「フランクの楽曲の最大の魅力は大衆性。甘く抒情的なメロディーが特徴だが、今回はジプシー音楽をギターやマンドリンも入ったフルオーケストラで表現する楽曲もある」と語り、フランクのポップス作曲家としての利点も生かしたスコアが聴けそうだ。

キム・ムンジョン音楽監督(左)とオ・ピリョン舞台美術デザイナー ©EMKミュージカルカンパニー

舞台美術担当のオ・ピリョンは、台本にある一文にインスピレーションを受け“傷”をキーワードに視覚化した。「一部の金持ちの享楽のために子供の口を裂き、傷を与えて喜びを得る。貧しい者たちの世界は傷だらけだ。一方金持ちは傷があってもそれを覆い隠そうし、誇張されてより分厚くなっている」と独自の作品感を語っていた。どのシーンも世界を表す円形が特徴的なセットとなっており、会場に小型の模型も持ち込んでコンセプトを紹介していた。

主人公グウィンプレンの口を象徴するようなメイン舞台(左)と、グウィンプレンが貴族階級に復権後のシーン(右)©オ・ピリョン

『ファントム』に続き、EMK作品の衣装を担当することになったグレゴリー・A・ポプリクは、「時代を特定させたくないというロバートのリクエストに応え、バレンシアガからヴィヴィアン・ウエストウッドまでたどりつつ、様々な時代の要素を取り入れて185体の衣装を制作した」という。女王の衣装には白、金、銀などの色使いで貴族の高貴さを表現する一方、見世物小屋の芸人などにはブードゥー的イメージを持たせたモノトーンの衣装スケッチを披露していた。

衣装コンセプトを説明するグレゴリー・A・ポプリクデザイナー ©EMKミュージカルカンパニー

そしてヘアメイク担当のキム・ユソンは「最近は人の口元ばかり見ている」と話しはじめて笑いを誘った。グウィンプレンの特徴的な“割けた口”の特殊メイクのテスト版イメージ写真を公開しつつ、「俳優のカッコよさは生かしつつ、歌を歌う際の妨げにならないようにどう作るかに苦心している」と語っていた。

ドクター・コンクエスト(左)と、興行師ウルシュスの衣装スケッチ ©グレゴリー・A・ポプリク

制作費は『マタ・ハリ』の125億ウォンを上回る175億ウォンが投じられる。テレビ局SBSとインターパークが主な出資企業だそうだが、初演のみならず、今後の再演や海外へのライセンス販売などを通して収益を回収していく長期的展望があるそうだ。7月からの芸術の殿堂オペラ劇場での公演は、芸術の殿堂の開館30周年記念作のひとつとして上演。その後、9月からブルースクエア インターパークホールに会場を移して10月末まで上演される。初演作ながら、2会場で計4カ月にわたる長期公演が実施されるのは異例だが、今後大型創作ミュージカルを制作するうえで、試金石となる重要な作品となりそうだ。

キャストは4月に公開予定。会見当日も助演俳優のオーディションを終えてきたという制作陣は、主演のみならず端役までも役柄や楽曲に合う人材を探すオーディションを行い、さらに完成度を高めるために努力しているそうだ。


【公演情報】
ミュージカル『笑う男』(웃는 남자)
2018年7月10日~8月26日 芸術の殿堂オペラ劇場
2018年9月4日~10月28日 ブルースクエア インターパークホール

総括プロデューサー:オム・ホンヒョン/プロデューサー:キム・ジウォン/脚本・演出:ロバート・ヨハンソン/作曲:フランク・ワイルドホーン/作詞:ジャック・マーフィー/編曲・オーケストレーション:ジェイソン・ハウランド/韓国語歌詞・協力演出:クォン・ウナ/音楽監督・指揮:キム・ムンジョン/振付:ジェイミー・マクダニエル/協力振付:ホン・セジョン/舞台:オ・ピリョン/衣装:グレゴリー・A・ポプリク/衣装スーパーバイザー:アン・ヒョンジュ/ヘアメイク:キム・ユソン/照明:グ・ユニョン/映像:ソン・スンギュ/小道具:チョ・ユニョン/舞台監督:チョン・ウニョン

写真提供:EMKミュージカルカンパニー
©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。

 


『笑う男』メインテーマ曲 ティーザー映像(EMK公式YouTubeより)

[MUSICAL]INFINITEソンギュ、EXOチェンらが出演『イン・ザ・ハイツ』稽古場を公開

[MUSICAL]INFINITEソンギュ、EXOチェンらが出演『イン・ザ・ハイツ』稽古場を公開

 

ithA

(写真左から)ソニー役 ユク・ヒョンウク、ウスナビ役 ヤン・ドングン、ベニー役 キム・ソンギュ

SHINee、INFINITE、EXO、f(x)と、SMエンターテインメントに所属する人気グループの歌手たちが大挙出演する新作ミュージカル『イン・ザ・ハイツ』の稽古場が8月19日、報道陣に公開された。

ithB

ベニー役 チェン(左)とニーナ役 キム・ボギョン

『イン・ザ・ハイツ』は、2007年にオフブロードウェイで上演後、翌年にはブロードウェイ公演を行い、第62回トニー賞では最優秀ミュージカル賞をはじめ4冠を獲得。サウンドトラックは第51回グラミー賞の最優秀ミュージカルアルバム賞を受賞するなど、華々しい受賞歴を誇る作品だ。日本では昨年4月に上演されているが、韓国では今回が初演となる。
物語の舞台はニューヨーク、マンハッタンにある“ラテンハーレム”と呼ばれている街、ワシントンハイツ。ラテン系の移民が多いこの街に住むドミニカ系移民のウスナビ、ベニーらを中心に、貧しくとも前向きに生きようとする住民たちの日常をラテンミュージックをベースにしたサウンドで彩るヒューマンストーリーだ。

昨年、SMエンターテインメントは舞台制作部門SM C&Cを立ち上げ、『シンギン・イン・ザ・レイン』を上演して注目を浴びたが、2作目となる『イン・ザ・ハイツ』はキャスト、制作陣ともにより一層豪華な面々が揃い、各方面から期待が寄せられている。

ithD

(写真左から)ウスナビ役のヤン・ドングン、チョン・ウォニョン、Key

ワシントンハイツで小さな食料店を営みつつ、いつかは母国へ帰ることを夢見るドミニカ系移民のウスナビ役はヤン・ドングン、チョン・ウォニョン、Key(SHINee)と、この日は不参加だったが、チャン・ドンウ(INFINITE)がクワトロキャストで出演する。
なかでもラッパーとして精力的に活動しているヤン・ドングンは「普段の舞台とミュージカルでラップするのは違うので、どう馴染ませるか、まだ創り上げる過程にある」という。兵役中に出演した国軍ミュージカル『MINE』以来、約7年ぶりにミュージカルに出演することについては「新人俳優のように初心に返って演じようとしています。『MINE』という作品はまるで軍の訓練のようでしたが、その時の経験がなかったらしんどくて途中でやめていたかもしれません。ラップも舞台に立つことも大変ですが、それだけの価値があると思い、頑張っています」と彼らしい語り口で印象を語っていた。
過去に日本公演も行った『RUN TO YOU(ストリート・ライフ)』という作品でラップに挑戦したことがあるチョン・ウォニョンは「以前は(劇中歌である)DJ DOCの曲に合わせて歌を歌えばよかったですが、今回は作品のなかにラップがある感じで、ラップが(ウスナビの)性格や口調を表しているようです」と違いを表現。また「舞台の上でラップすることに難しさはそれほど感じていないけど…」と話し始めたKeyは、「英語のラップを韓国語にしてフローやライムを組み立てることに、むしろ創作力を必要とする。先輩たちと相談しながらラップで観客に伝えられるよう努力している」と日ごろからラップもこなすポップスターらしいコメントを披露していた。

ithE

(写真左から)ヴァネッサ役のオ・ソヨンとJ-Min、ニーナ役のキム・ボギョンとルナ

男性主人公たちとロマンスを繰り広げる4人のヒロインたちも魅力あふれるキャストが揃っている。
ウスナビと恋に落ちる、美しい美容師ヴァネッサ役にはオ・ソヨンとJ-Min。J-Minは「普段、気が強いタイプではないので役をうまくこなせるか不安だった」と明かす一方、オ・ソヨンは「華やかに見えるけど、実は一人で泣いていたりする心に痛みを抱えているキャラクターです。これまで女性らしい役が多かったですが、本当はハキハキして外交的なタイプなので楽だし、説得力も出せると思います。J-Minちゃんと一緒に、セクシーに演じられるよう努力しています」と、自身に近いキャラクターを披露してくれそうだ。
ベニーが思いを寄せる優等生ニーナ役はキム・ボギョンとf(x)のルナが演じる。これまで『ミス・サイゴン』『ウィキッド』など大型ライセンス作品に多数出演してきたキム・ボギョンは「これまで経験したことがない役柄に焦がれていました」と出演理由を語り、ミュージカルへの出演は2年ぶりとなるルナは、最近MBCの人気歌番組「覆面歌王」に出演し、その歌唱力が再び脚光を浴びている。「番組で私の歌を知った方も多いのでプレッシャーですが、ニーナのパートはいい曲が多いけど歌がとても難しいです。頑張って練習しているので、期待していてほしいです」と、ともに新たな姿を舞台で見せてくれることを約束していた。

ithF

(写真左から)ベニー役のソ・ギョンス、キム・ソンギュ、チェン

ニーナの父が運営するタクシー会社で運転手として働くベニー役は、ミュージカル界のライジングスター、ソ・ギョンスとINFINITEのソンギュ、EXOのチェンが演じる。なかでも今回ミュージカル初挑戦となるEXOのチェンは「僕にとっては大きな挑戦になります。自分で何か選んだり、計算するのではなく、ただ一生懸命やりたいと思います。EXOのメンバーのなかにミュージカル経験者(ベクヒョン)がいるので、アドバイスしてくれたし、ほかのメンバーもいろいろと助けてくれています」と控えめにコメント。キム・ソンギュは日本で上演した『光化門恋歌』『ヴァンパイア』に続き、ミュージカルは3作目。「この作品を通してより成熟し、発展した姿を見せたいです」と抱負を述べた。そして「ベニーが歌うナンバーにいい曲が多い」というソ・ギョンスは、「後半でニーナと歌うデュエット曲『Wen the Sun Goes Down』は、希望に満ちた温かい曲です」とミュージカル俳優らしくおすすめのナンバーを解説していた。

ithG

(写真左から)イ・ジナ演出家、ウォン・ミソル音楽監督と、振付家のチェ・ヒョンウォン、キム・ジェドク

イ・ジナ演出家は「この作品はラテン系移民の多様な人種や、文化、情緒的な部分でのギャップが大きく、韓国で数年前から上演しようとしていたが、上演には至らなかった。内容的には言葉や人種的なエピソードはほとんど除いて、厳しい現実のなかでも希望を失わずに生きる人たちを描く温かい物語になる」と明かした。また「アイドルがたくさんミュージカルに進出しているが、これまでそのような作品は(演出を)断ってきた。しかし『イン・ザ・ハイツ』はアイドルたちの長所を生かすのに最適な作品なので喜んで作品に参加しました。ラップは普通の歌ともミュージカルの歌とも違うジャンルだが、アイドルたちがよく消化してくれているので大きな問題はないです」と率直に語っていた。またウォン・ミソル音楽監督は「メインジャンルはラテンヒップホップです。キャラクターの自由さや情熱、悲しみ、恨みをダイレクトに表現するのに適しています。そのエネルギーをいかに出せるか、毎日俳優たちと相談しながら考えているところです」と楽曲について解説。これまでのミュージカルにはない新鮮なサウンドを聴くことができそうだ。そしてダンスはヒップホップと現代舞踊という異なるジャンルの振付家が担当している。チェ・ヒョンウォン振付家は「イ・ジナ演出家には大衆性に加え、優雅さを求められました。ヒップホップなどの大衆性があるストリートダンスに、ミュージカル的な感情を表現するには現代舞踊を少し加えると深みが出せます」と二人の共同作業が有機的に進んでいることを伝えた。

ithH

人気歌手と実力派ミュージカル俳優、そして強力な制作陣を揃え、万全の態勢で初演に挑む『イン・ザ・ハイツ』は、9月4日から漢江鎮(ハンガンジン)のブルースクエア サムソンカードホールで開幕する。


Location_Day_3_FFF 0081

【公演情報】
ミュージカル『イン・ザ・ハイツ』(인 더 하이츠 In the Heights)
2015年9月4日~11月22日 ブルースクエア サムソンカードホール

<出演>
●ウスナビ役:ヤン・ドングン、チョン・ウォニョン、チャン・ドンウ(INFINITE)、Key(SHINee)
●ベニー役:ソ・ギョンス、キム・ソンギュ(INFINITE)、チェン(EXO)
●ヴァネッサ役:オ・ソヨン、J-Min
●ニーナ役:キム・ボギョン、ルナ(f(x))
●ソニー役:ユク・ヒョンウク、チョン・ヨクサン
●クラウディア役:リュ・スファ、チェ・ヒョクジュ
●ケヴィン役:パク・ホサン、シム・ジョンワン
●カミラ役:チャン・ウニョン、パク・ソリ
●カーラ役:ヨム・ミンジ
●ピラグエロ役:ユ・スンヨプ

演出:イ・ジナ/音楽監督:ウォン・ミソル/振付:チェ・ヒョンウォン、キム・ジェドク/ラップ指導:ナム/舞台:パク・ドンウ/照明:グ・ユニョン/音響:クォン・ドギョン/衣装:ドヨン/ヘアメイク:キム・ユソン/小道具:チョ・ユニョン/技術:キム・ミギョン/舞台監督:ユン・ジュソン/制作監督:イ・スンジン
制作:SM C&C

©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。

[easingslider id=”6626″]

 

土田真樹の「エーガな日々」Vol.7

土田真樹の「エーガな日々」Vol.7

 

「韓国のアイドル映画今昔」

idleboys1

韓国映画界で”演技ドル”の先頭を走る3人―『同窓生』のT.O.P、『海にかかる霧』のユチョン、『映画は映画だ』のイジュン ©Maki Tsuchida

日本では1970年代から80年代にかけて多くのアイドル映画が作られていました。最たるものは、田原俊彦、近藤真彦、野村義男の3人が出演する、いわゆる「たのきんトリオ」が主演した映画が、夏休みや冬休みに公開されて一世を風靡し、僕もよく映画館に出かけたものです。
一方の韓国ではいかがだったでしょうか。今回は韓国のアイドル映画の系譜をご紹介しましょう。

idle1

元祖”演技ドル”はチョー・ヨンピルだった!?『その愛が恨となり』ポスターとシーン写真 ©泰昌興行(株)

idle3

『ダムダディ』シーン写真 左がイ・サンウン

韓国映画界にはアイドル女優や男優は昔からいましたが、歌手が映画に出演するケースはそれほど多くありませんでした。そんな中で異彩を放っているのが、1980年代の大スターであるチョー・ヨンピル。日本では「釜山港へ帰れ」のヒットで演歌歌手として知られていますが、韓国では人気ロックスターでもありました。そんな彼が主演した映画が『その愛が恨となり(그 사랑이 한이 되어)』(1981)。田舎から出てきたチョー・ヨンピル演じる歌手志望の青年の成功と病魔に犯された女性音楽プロデューサーとの愛を描いた物語です。今や韓国歌謡界の大御所となったチョー・ヨンピルですが、当時は若手歌手。映画主演はこれ一本だけで、役者としては大成しませんでした。
能天気ともいえるアイドル映画の登場には、更に10年の時間を要します。韓国の新人歌手の登竜門といわれるMBC江辺(カンビョン)歌謡祭で1988年度のグランプリを受賞したイ・サンウン。日本ではLee-tzche名義で活動していた彼女は、デビュー曲「ダムダディ(담다디)」(1989)と同名映画で女優デビューします。演じた役が音楽の妖精と彼女自身であるイ・サンウンの一人二役。音楽の妖精が失恋した高校生に音楽の才能を与え、彼が作った歌をイ・サンウンが歌うという物語なのですが、映画そのものの評価も芳しくないようでした。


近年では最後の究極アイドル映画『花美男(イケメン)連続ボム事件』予告編(Daum Movieより)

idle2

H.O.T.総出演のSF(!)映画『平和の時代』ポスター ©S.M. Entertainment Co., Ltd

その後もアイドル歌手を主演に迎えた映画は続々と登場します。H.O.T.を主演に迎え、銀河系を舞台に異星人とサッカーの試合を行う『平和の時代(평화의 시대)』(2000)。SUPER JUNIORのメンバーが総出演し、美少年ばかりを狙って人糞を投げつけるという『花美男(イケメン)連続ボム事件(꽃미남 연쇄 테러사건)』(2007)など、国民的アイドル歌手ありきで企画された映画も製作されましたが、映画そのものの評価がいずれも低く、多くのファンを抱えているにも関わらず、興行成績には直結しませんでした。
チ・ヒョヌや元2PMパク・ジェボムが出演し、アイドル歌手としてデビューを夢見る男性ユニットのサクセスストーリーを描いた映画『Mr.アイドル(Mr.아이돌)』(2011)も作られました。彼らが歌うのは、TUBEの「サマードリーム」をカバーしたもの。韓国のアイドルが日本の歌を歌うというユニークさもあったのですが、それほど話題にはなりませんでした。

ここまで読むとアイドルが主演する映画はダメなのかと思われるかもしれませんが、必ずしもそんなことはありません。BIGBANGのメンバーであるT.O.Pは映画に出演するとき、本名であるチェ・スンヒョンを使い『戦火の中へ(포화속으로)』(2010)、『同窓生(동창생)』(2013)、『タチャ-神の手-(타짜-신의 손)』(2014)に主演し、興行面でも成功しました。映画の成功はT.O.Pの知名度はもちろんですが、彼に合った役であり、適材適所のキャスティングだったといえます。
T.O.P以外にも演技に定評のあるアイドルが今、韓国映画に続々と出演しています。多くのテレビドラマで主演を務めたJYJのユチョンが、満を持して映画に進出した『海にかかる霧(해무)』(2014)では、密航船の船員をストイックに演じ、韓国映画評論家協会新人賞など、多くの新人賞を受賞しました。MBLAQの元メンバーのイジュンは、初主演作『俳優は俳優だ(배우는 배우다)』(2013)の中で、俳優として絶頂に昇りつめるオ・ヨンを演じ、大胆な濡れ場など、アイドルとしてのイメージを壊す役に挑戦して話題となりました。

idlegirls

映画界で頑張る”演技ドル”女優編―『建築学概論』のスジ、『朝鮮美女三銃士』のガイン、『パイレーツ』のソルリ ©Maki Tsuchida

がんばっているアイドル歌手は男性だけではありません。miss Aのスジは『建築学概論(건축학 개론)』(2012)で、主人公の初恋の女性を演じ、そのピュアな魅力が話題となり映画も大ヒットしました。また、Brown Eyed Girlsのガインは『朝鮮美女三銃士(조선미녀삼총사)』(2013)でスクリーンデビューし、新たなラブコメクィーンの誕生を予感させました。f(x)のソルリにいたっては、『パイレーツ(해적 바다로 간 산적)』(2014)、『ファッション王(패션왕)』(2014)と出演作が立て続けに公開され、韓国映画界を率いる女優の一角を占めるようになりました。

idleboys2

映画界でのさらなる活躍に期待!『家門の帰還:家門の栄光5』のドゥジュン、『20歳』のジュノ、『カート』のディオ ©Maki Tsuchida

アイドルが出演しているのは、上記のような娯楽映画ばかりではありません。ZE:Aのイム・シワンは映画『弁護人(변호인)』(2013)の中で学生運動によって警察に逮捕される大学生の演技が高く評価されただけでなく、アイドルが出演した映画としては韓国内で初めて観客動員数1000万人超えを達成しました。大型ショッピングマートを舞台に非正規雇用者の労働争議を描いた『カート(카트)』(2014)には、EXOのディオが、本名ト・ギョンス名義で出演しています。
これらの映画は韓国で社会告発映画と呼ばれ、ろうあ者福祉施設に入所している児童への性的虐待を描いた『トガニ 幼き瞳の告発(도가니)』(2011)の場合、モデルとなった施設に検察の再調査が入り、2012年に閉所されるなど現実社会を動かしました。アイドル歌手にとって、このような作品に出演することは、自身のキャリアにとってプラスになります。製作サイドも出演アイドルのファンである若年層へ作品をアピールすることになり、互いにとってWIN-WIN関係であるといえます。

イム・シワンの体当たりの熱演が注目された『弁護人』予告編(NEW公式より)

もちろん、このような社会派作品だけでなく、娯楽作品や家族映画的な作品にもアイドル歌手は出演しています。
結論として、韓国映画界におけるアイドルの存在は無視できない状況になっています。前述しましたが、アイドル歌手ありきの企画映画でなく、あくまで役者のひとりとしてキャスティングするようになったのはよいことでしょう。しかしながら、アイドル映画全盛時代の日本で育った筆者としては、韓国の今のアイドルによる能天気ともいえる企画映画を見てみたい気もします。韓国映画が今後も更なる多様性を持つには、そのような映画を当てるノウハウを積み重ねる努力も必要ではないでしょうか。

©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。

←コラム第6回 | コラム第8回→