明洞芸術劇場

イ・ホンイの「ソウルde演劇めぐり」Vol.12

イ・ホンイの「ソウルde演劇めぐり」Vol.12

 

演劇とドキュメンタリーの間で ― 『光の帝国』

2016hikari5

夫キヨン役のチ・ヒョンジュン(左)と妻マリ役のムン・ソリ

今年は韓国とフランスの修交130周年を迎えた年で、舞台芸術分野でもさまざまな企画が行われています。このような雰囲気のなか、今月は韓国の国立劇団とフランスのオルレアン国立演劇センターのコラボレーションにより制作された演劇『光の帝国(빛의제국)』をご紹介したいと思います。この作品は同名小説を原作にしていますが、この小説を執筆したキム・ヨンハ(김영하)は、1995年にデビューして以来、韓国で数々の文学賞を受賞しながら、アメリカ・フランス・ドイツ・日本・イタリアなど10カ国に著作が紹介されている小説家です。彼の代表作のなかで北朝鮮のスパイを主人公にした本作が、今回の上演作品として選ばれ、フランスの制作陣と韓国の実力派舞台俳優を集結して制作されたのです。フランスのスタッフは、小説家で演出家でもあるヴァレリー・ムレジャン(Valérie Mréjen)が脚色を、多くの海外共作に参加している演出家でオルレアン国立演劇センターの芸術監督のアルチュール・ノジシエル(Arthur Nauzyciel)が演出を務めています。ノジシエルは、本作を準備しながら去年、ジャン・ジュネの映画をベースにした『スプレンディーズ(Sprendid’s)』を同じ明洞芸術劇場で上演し、韓国の観客には馴染みのある演出家です。それから、演劇は6年ぶりの出演となった韓国を代表する映画俳優ムン・ソリ(문소리)と、同劇場で上演した『試練‐The Crucible(시련)』『旅立つ家族(길떠나는 가족)』などで主演を務めた俳優チ・ヒョンジュン(지현준)が出演することで開幕前から期待を集めていました。

2016hikari3

セットも衣装もすべてがグレートーンで統一

2016hikari1舞台セットは、二つの巨大なスクリーンが壁のように立てられていて、テーブルと椅子、ソファが置いてあるシンプルな構造です。舞台上にあるものは、俳優の衣裳を含めて全てがグレーのトーンに統一されていました。それは照明によって暖かいグレーにも見えたり、蛍光灯が使われるときには冷たいグレーに見えたりして、シーンによって異なる質感を見せました。それとは対照的に、バックにあるスクリーンにはとても美しくて多彩な色の映像が流れました。最近、韓国の演劇でも映像を取り入れるケースが多いですが、ここまで積極的に舞台の芝居とシンクロさせたのは珍しいと思います。加えて、ところどころ、俳優が肉声ではなく、舞台上に設置されているマイクを使って話すシーンもありました。例えば開演の際には、舞台上に既に上がっていた俳優のなかの一人が「公演中には携帯電話の電源を切ってください」などの案内コメントをしたのです。劇中では、俳優本人の北朝鮮に関する記憶がマイクを通して語られたりもしました。そのシーンは芝居と言うよりも、まるでプレゼンテーションでもするような印象がありました。

2016hikari2

室内や街中であらかじめ撮影された映像が舞台の演技とシンクロしていく

2016hikari6このような一風変わった演出方法を用いながら、本作は原作小説の世界を魅力的に描いていました。物語は、夫婦であるキヨンとマリのある一日を扱っています。映画輸入業者のキヨンはその日、妙なメールを受信します。そのメールが意味するのは「全てを捨てて、直ちに北朝鮮へ戻れ」というものでした。実は、彼は北朝鮮から来たスパイで、10年以上、何の指令ももらえないまま韓国で一般人のように過ごしてきたのです。彼は複雑な気持ちになり、同じく北朝鮮から潜入している仲間に会ったりタロット占いに行ったりします。一方、彼の妻であるマリはその日、不倫相手の大学生と会います。そして彼から自分の友だちと一緒に寝てほしいと言われ、三人でラブホテルに向かいます。しかし、もう一人、彼の友人(先輩)も外で待っていることを知り、彼女はその場を離れます。二人とも悲惨な一日を過ごしたその日の夜、キヨンは妻に真実を告白します。突然日常が壊れてしまったマリは戸惑い、彼に向かって「北朝鮮へ帰れ」と冷たく叫びます。でも、結局マリを離れないキヨンの姿を最後に、この物語は終わります。
2016hikari4舞台と映像を、そして肉声とマイクの声を横断させながら、この演劇はフィクションとドキュメンタリーの境界を曖昧にしていった作品だったと思います。それが可能だったのは、全てのエピソードがコラージュのように構成されていたからでしょう。「最も近いと信じていた人の秘密を知ったら?」という普遍的な話をベースにしながら、こんな嘘のようなことが本当に起こっても不思議ではない韓国を外からの視線で見ることができた、面白い体験でした。ストーリーに感情移入させるより、提示するイメージを通して観客に考えさせる意図が強かったと言えるでしょう。それに、小説だけではなく、ルネ・マグリットの同名絵画『光の帝国』―青く光っている空の下、街は夜のなかに沈んでいる絵―も連想させ、韓国の舞台ではあまり見られない視覚的な刺激があったのも楽しかったです。3年という長い準備期間を経て誕生した作品だからこそ味わえるチームワークも印象深に残ります。フランス人の演出家と韓国俳優が一つの目標に向かっているように感じられたからです。本作は3月27日までのソウル公演終了後、5月17日から21日までフランスのオルレアン国立演劇センターで上演される予定です。フランス人にとってはこの作品世界がどのように映るのか、とても気になります。


2016hikariposter【公演情報】
演劇『光の帝国』(빛의 제국)
2016年3月20日~3月27日 明洞芸術劇場

出演:ムン・ソリ、チ・ヒョンジュン、チョン・スンギル、ヤン・ドンタク、キム・ハン、ヤン・ヨンミ、キム・ジョンフン、イ・ホンジェ
原作:キム・ヨンハ/演出・脚色:アルチュール・ノジシエル/脚色:ヴァレリー・ムレジャン

●国立劇団(明洞芸術劇場)公式サイト 作品紹介ページ

写真提供:韓国国立劇団 ©NATIONAL THEATER COMPANY OF KOREA
©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。

<『光の帝国』ハイライト映像>


←コラム第11回 | コラム第13回→

[PLAY]映画『殺人の追憶』原作、『私に会いに来て』豪華キャストで20周年特別公演!

[PLAY]映画『殺人の追憶』原作、『私に会いに来て』豪華キャストで20周年特別公演!

 

2016naruboro1

ドラマ、映画でおなじみの名優が勢ぞろい!(上段左から)ソン・ジョンハク、ファン・ソクジョン、クォン・ヘヒョ (下段左から)イ・デヨン、キム・レハ、リュ・テホ

映画『殺人の追憶』の原作として知られ、名優たちとともに再演を繰り返してきた演劇『私に会いに来て』が、初演から20周年を迎える2016年に特別公演を実施する。

『私に会いに来て』は、京畿道・華城(ファソン)市で、1986年からの5年間に10人もの女性が殺害された未解決事件「華城連続殺人事件」をモチーフに、劇作家・演出家のキム・グァンリムがシナリオを執筆。1996年に劇団ヨヌ舞台により文芸会館小劇場(現、アルコ芸術劇場小劇場)で初演された。以降10年間、キム・グァンリムが演出も務め、その後は劇団パークの代表でもあった、俳優の故パク・クァンジョンの演出で2度上演されたこともある。この間、数公演で助演出を務めたビョン・チョンジュが2006年から昨年まで演出を引き継ぎ、着実に再演を行ってきた。

ちなみに『私に会いに来て』とは、劇中にも登場する、事件当時流行していた歌謡曲の題名だ。
物語は次々と起こる猟奇的殺人事件の捜査を担当するため、ソウルからエリートの若手キム刑事が華城警察署に派遣される。怪しい人物を次々と取り調べていくが、決定的な証拠がつかめず焦りはつのるばかり。そんななか、キム刑事に惚れる茶房の従業員ミス・キムとの恋愛や、チョ刑事とパク記者の秘めた関係など、捜査本部の人間模様も絶妙に盛り込まれたヒューマン・ミステリーになっている。
事件の資料をもとに創作された、犯行の残酷性や猟奇性を鋭く描き出したセンセーショナルな内容と、捜査に当たる刑事たちのビハインドストーリー、それを演じる俳優たちのウイットに富んだ演技は観客や評論家からも高い評価を得た。同年の百想芸術大賞で戯曲賞(キム・グァンリム)と、新人賞(イ・デヨン)を受賞。さらに、ソウル演劇祭では作品賞と演技賞・人気賞(リュ・テホ)を受賞している。以降も、チェ・ジョンウ、ソン・セビョク、チェ・ジェウンなど、舞台からドラマや映画へも活動の幅を広げる多くのスターたちが出演してきた。
ポン・ジュノ監督は、本作をもとに2003年に映画『殺人の追憶』を制作。観客500万人を突破して、当時としては記録的な大ヒットとなった。主演のソン・ガンホ、キム・サンギョン、パク・ヘイルらはこの作品で一躍映画界のトップスターの座を得た記念すべき作品でもある。

このようなヒストリーを経て、2016年に20周年を迎える『私に会いに来て』の記念公演にはOBとYBの2チームに分けた、新旧の豪華キャストが揃っている。

2016naruboro2

初演メンバー中心のOBチーム(上段左から)リュ・テホ、イ・ハンナ、イ・デヨン、クォン・ヘヒョ、ユ・ヨンス (下段左から)キム・レハ、ファン・ソクジョン、チャ・スンべ、コン・サンア

OBチームは2006年の10周年記念公演を最後に、この作品を後にした初演メンバー、クォン・ヘヒョ、キム・レハ、ユ・ヨンス、リュ・テホ、ファン・ソクジョン、コン・サンアが復帰する。加えて百想芸術大賞で新人賞を受賞したイ・デヨンが、捜査チームの責任者キム班長を演じる。また映画『思悼(サド)』やドラマ『ヨンパリ』など映像界でも活躍するチャ・スンべが容疑者の友人役など一人多役のマルチマン役となる。

2016naruboro3

近年の再演を率いてきたYBチーム (上段左から)イ・ヒョンチョル、ウ・ミファ、ソン・ジョンハク、キム・ジュンウォン、キム・デジョン (下段左から)イ・ウォンジェ、イ・ボンリョン、ヤン・テクホ、イム・ソラ

一方のYBチームは、2006年以降の再演に出演したメンバーで構成されている。キム班長役がはまり役のソン・ジョンハクを筆頭に、『ピローマン』でもソン・ジョンハクと共演したキム・ジュンウォンとイ・ヒョンチョル、2014年公演に出演したイ・ボンリョン、イ・ウォンジェ、ヤン・テクホに、今回唯一の新人であるミス・キム役のイム・ソラが参加している。

この豪華メンバーに加え、作・演出家のキム・グァンリムが10年ぶりに演出に復帰して、さらに期待を高める『私に会いに来て』20周年特別公演は、1月22日から国立劇団 明洞芸術劇場で上演される。


2016naruboroposter【公演情報】
演劇『私に会いに来て』(날 보러와요)
2016年1月22日(金)~2月21日(日) 明洞芸術劇場

<出演>
●キム班長役:イ・デヨン(OB)、ソン・ジョンハク(YB)
●キム刑事役:クォン・ヘヒョ(OB)、キム・ジュンウォン(YB)
●チョ刑事役:キム・レハ(OB)、イ・ウォンジェ(YB)
●パク刑事役:ユ・ヨンス(OB)、キム・デジョン(YB)
●容疑者役:リュ・テオ(OB)、イ・ヒョンチョル(YB)
●パク記者役:イ・ハンナ(OB)、ウ・ミファ(YB)
●ミス・キム役:コン・サンア(OB)、イム・ソラ(YB)
●ウチョル役ほか:チャ・スンべ(OB)、ヤン・テクホ(YB)
●ナム氏夫人役:ファン・ソクジョン(OB)、イ・ボンリョン(YB)

作・演出:キム・グァンリム/音楽:イ・ナリメ/舞台:パク・ドンウ/照明:グ・クンヒ/衣装:パク・ジヘ/ヘアメイク:キム・グニョン/プロデューサー:ホン・ユンギョン

写真提供:Pro’s LAB ©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。

[PLAY]2014年度 韓国2大演劇賞 受賞結果発表

[PLAY]2014年度 韓国2大演劇賞 受賞結果発表

 

sektarun

大賞・作品賞受賞『風変りな物語を読む趣味をもつ人たちへ』ポスター

韓国演劇界の1年を締めくくる、2大演劇賞の受賞結果が発表された。

まずは12月22日午後、大学路のアルコ芸術劇場・大劇場で「第7回 大韓民国演劇大賞」の授賞式が行われた。
大賞、作品賞を受賞したのは9月に東国大学のイ・へラン芸術劇場で上演された、劇団大学路劇場の『風変りな物語を読む趣味をもつ人たちへ』。再開発を控えたソウルの貧民街にあるビルの屋上部屋に一人で暮らす脳性麻痺(に見える)青年チュンボクと、腎不全で余命いくばくもない息子を抱えた女エジャが出会って起こる物語を描いた作品だ。また、作品賞6作品中、唯一商業性の高い作品である『ヒストリーボーイズ』が再演にもかかわらず作品賞を受賞し、作品性と観客の支持の高さを反映した結果となった。

hb

大韓民国演劇大賞 作品賞を受賞した『ヒストリーボーイズ』

【第7回大韓民国演劇大賞受賞結果】

●大賞
『風変りな物語を読む趣味をもつ人たちへ(색다른 이야기 읽기 취미를 가진 사람들에게)』(劇団大学路劇場 극단 대학로극장)

●作品賞
『風変りな物語を読む趣味をもつ人たちへ(색다른 이야기 읽기 취미를 가진 사람들에게)」(劇団大学路劇場 극단 대학로극장)
『楽しいボクヒ(즐거운 복희)』(劇団白手鉱夫 극단 백수광부)
『ヒストリーボーイズ(히스토리 보이즈)』(Noname Theatre Company )
『ウンミ(은미)』(劇団青い棘 푸른가시)
『赤い詩(빨간시)』(劇団クジラ 극단 고래)
『必死(죽기살기)』(劇団チアク舞台 극단 치악무대)

●戯曲賞 『赤い詩』イ・ヘソン(이해성)
●舞台芸術賞 『楽しいボクヒ』ソン・ホソン(손호성)
●女性演技賞 『赤い詩』カン・エシム(강애심)
●新人演技賞 『大人の童話 鶴の恩返し(성인동화 은혜갚은 학)』イム・ヨンジュ(임연주)、「ウンミ」ユン・ミスン(윤미순)
●新人演出賞 『必死』クォン・オヒョン(권오현)
●雑誌「韓国演劇」選定、2014年ベスト7
『満州戦線(만주전선)』(劇団コルモッキル 극단 골목길)
『恵慶宮洪氏(혜경궁 홍씨)』(国立劇団 국립극단)
『環都列車(환도열차)』(芸術の殿堂 예술의전당)
『ホンド(홍도)』(九里アートホール&劇工作所魔方陣 구리아트홀&극공작소 마방진)
『変態(변태)』(劇団人魚 극단 인어)
『筆風(붓바람)』(劇団破綻税 극단 하땅세)
『MUSASHI』(LGアートセンター/ホリプロ  LG아트센터 & 일본 호리프로)

 

caesar

東亜演劇賞 作品賞など3冠に輝いた『ジュリアス・シーザー』 ©明洞芸術劇場

一方、昨年50周年の節目を迎えた、韓国で最も権威のある演劇賞「第51回東亜演劇賞」は12月24日に受賞結果が発表された。今年も大賞は該当作がなかったが、明洞芸術劇場で5~6月に上演された『ジュリアス・シーザー』が作品賞と演出賞、視覚デザイン賞の3冠を獲得した。同作は『ピローマン』『私に会いに来て』などでいぶし銀の名演を見せ、本年度下半期に社会現象的大ヒットとなったドラマ『未生(ミセン)』のマ部長役で憎々しいヒールぶりが話題となっていたソン・ジュンハクがシーザーを演じていた。加えて、チョン・テファ、ユン・サンファ、パク・ホサンなど演劇界の重鎮から実力派までズラリと揃い、骨太でダイナミック展開が見ごたえある作品だった。視覚デザイン賞を受賞した、メタリックでモダンなセットも作品の世界観に彩りを添えていた。
そのほか、『家族という名の部族―TRIBES』で、聾唖の青年ビリーを渾身の演技で魅せたイ・ジェギュンの新人演技賞や、パンソリの天才ソリクン(歌い手)でありながら、現代的なバンドサウンドとパンソリのコラボレーション作品などを精力的に発表しているイ・チャラムが新概念の演劇賞を受賞している点は東亜演劇賞に新風を吹き込んだと言えるだろう。

toa

『家族という名の部族―TRIBES』で東亜演劇賞 新人演技賞を受賞したイ・ジェギュン(写真左)と、新概念の演劇賞、新人演技賞を受賞した 『醜物/殺人』公演の模様(写真中、右) ©ドゥサンアートセンター

 【第51回東亜演劇賞受賞結果】

●大賞 該当作なし
●作品賞
『ジュリアス・シーザー(줄리어스 시저)』(明洞芸術劇場 명동예술극장)
『自転車―Bye Cycle(자전거-Bye Cycle)』(劇団城北洞の鳩 극단 성북동비둘기)
●戯曲賞 チャン・ウジェ(장우재)『環都列車(환도열차)』(芸術の殿堂 예술의전당)
●演出賞 キム・グァンポ(김광보)『ジュリアス・シーザー』
●視覚デザイン賞 『ジュリアス・シーザー』
●演技賞
イ・ヨンギュ(이연규)『遠いところから来る女(먼 데서 오는 여자)』(劇団ゾウの漫歩 극단 코끼리만보)
ヤン・ヨンミ(양영미)『ホンド(홍도)』(九里アートホール&劇工作所魔方陣 구리아트홀&극공작소 마방진)
●ユ・インチョン新人演技賞
イ・ジェギュン(이재균)『家族という名の部族―TRIBES(가족이란 이름의 부족)』(Noname Theatre Company)
キム・ソジン(김소진)『醜物(추물)』(ドゥサンアートセンター)
●新人演出賞 パク・ジヘ(박지혜)『死と乙女(죽음과 소녀)』『醜物/殺人(추물 / 살인)』(ドゥサンアートセンター 두산아트센터)
●新概念の演劇賞 イ・チャラム(이자람)『醜物/殺人(추물 / 살인)』(ドゥサンアートセンター 두산아트센터)
●特別賞 ソン・スジョン(성수정 翻訳家)『星群(별무리)』

韓国の演劇賞は伝統と芸術性を重んじるあまり、劇場街大学路で大勢を占めている、人気俳優を起用し、公費の支援よりも興収に依っている所謂「商業演劇」はノミネートにさえ上がらない場合が多い。そんななか、これまで商業演劇寄りに見られていたNoname Theatre Companyの作品(『ヒストリーボーイズ』『家族という名の部族―TRIBES』)が両賞で入賞できたのは大きな成果だと言えるだろう。