パンソリ

[PLAY]コメディアンの父をもつ娘の痛切なドキュメンタリー『仕方がない』開幕!

[PLAY]コメディアンの父をもつ娘の痛切なドキュメンタリー『仕方がない』開幕!

 

occhorusu5

幼いころパンソリを歌う自分の姿をバックに語るチョ・アラ

韓国の伝統芸能パンソリ(판소리)のソリクン(소리꾼/歌い手)でありながら、舞台女優、小説家としてもマルチに活動しているチョ・アラ作・演出・主演の独り芝居『仕方がない』のプレスリハーサルが開幕を控えた8月28日に行われた。

occhorusu16

父チョ・ジョンヒョンと語り合うチョ・アラ

1981年生まれのチョ・アラは、1980~90年代にバラエティー番組を中心に活躍したコメディアン、チョ・ジョンヒョン(조정현)を父にもつ。父は全盛期だった1999年に脳溢血で倒れ、その後、身体に麻痺が残りながらも回復したが、コメディアンとしての活動からは引退を余儀なくされている。娘チョ・アラにとって、幼いころにはテレビで大人気の有名な父が自慢だったが、引退後に背負った父親の影が、ソリクン、女優として活動する彼女にとっては大きな重荷となってしまうのだ。本作の創作にあたり、父親の記事を集めた16冊のスクラップブックや180本にわたる映像など、資料をすべて再見することから始めたという。タイトル『仕方がない(어쩔 수가 없어)』は当時流行語になるほどの人気となった、父の持ちネタのひとつで、ポスターの題字も父が書いたものだ。

occhorusu1

オープニングは巫女となって劇場の外からスタート

本作は「サイコ巫女 チョ・アラのマルチインタラクティブ劇遊び」というサブタイトルがついており、芝居はチョ・アラがムーダン(巫堂)の扮装をして劇場の外で語りだすところから始まる。パンソリには欠かせない鼓手(고수 コス=太鼓奏者)の音楽+現代的なノイズやエレクトリックサウンドにビデオアートも交えた、韓国式に言えばフュージョン(Fusion)パンソリパフォーマンス的な作品だ。この独特の作品世界が評価され、2015年ソウル文化財団 芸術創作支援事業 多元(ダウォン)部門に選定されている。

ストーリーは、盲目の父の視力を回復させるために親思いの娘チョン(清)が身を捧げ、海に沈むという代表的なパンソリの物語のひとつ『沈清歌(심청가 シムチョンガ)』がベースになっている。劇中では、父チョ・ジョンヒョンがコメディアンとして活躍した当時の映像がふんだんに使われ、そのなかで道化師のような扮装をしたチョ・アラが芝居や語り、ダンスなどを交えながら“サイコ巫女”に扮して自分史を演じる点がユニークだ。父との確執や葛藤もストレートにさらけ出し、自己のアイデンティティを追及する姿は、親に人気俳優や歌手などをもつ二世たちが共通して背負っている十字架を見ているようだった。

occhorusu14チョ・アラが持てる力を最大限に発揮し、舞台作品として昇華させた『仕方がない』は、8月29日から9月6日まで、ソウル駅そばにある国立劇場 小劇場パンで上演される。


shikataganaiposter【公演情報】
サイコ巫女 チョ・アラのインタラクティブ劇遊び『仕方がない』(어쩔 수가 없어)
2015年8月29日~9月6日 国立劇場 小劇場・幕

作・演出・共同構成・作唱・出演:チョ・アラ
共同構成・ドラマターグ:キム・ユジン
助演出・舞台監督:マ・ドヨン
サウンドデザイン:ユン・ジェホ
楽士:ミン・ヒョンギ

ポスター写真提供:Play for Life ©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。

[easingslider id=”6700″]
イ・ホンイの「ソウルde演劇めぐり」Vol.1

イ・ホンイの「ソウルde演劇めぐり」Vol.1

 

「唱劇『コーカサスの白墨の輪』の稽古場スケッチ」

cocasas1

写真の真ん中でつかみ合いをしている生みの母の領主夫人ナテラと、育ての親の主人公グルシェが子供の親権をめぐって争う  写真提供:国立唱劇団

3月21日、国立劇場のヘオルム劇場で初日を迎える『コーカサスの白墨の輪』。鄭義信(チョン・ウィシン)演出家をはじめ、国立唱劇団(국립창극단 クン二プチャングクダン)のメンバーたちは今年の1月末から、国立劇場の片隅にある国立唱劇団稽古場でハードな稽古を重ねています。しかし、ハードとはいえ、皆さんは落ちていく体力を補充するためにそれぞれ持ってきた美味しい食べ物を分け合いながら、笑顔で汗をかいています。

稽古場に入ると、20代の若手から、先生と呼ばなくてはならない先輩まで、俳優の広い年齢層がまず目に入ります。さすが1962年に旗揚げした国立の劇団です。先輩たちは後輩に演技のアドバイスをしたり、面白い掛け声をかけたりします。「オルシグ(얼씨구  あらら)!」「チョッタ(좋다  よし)!」などパンソリでは欠かせない掛け声の「チュイムセ(추임새)」もあれば、若手の演技に対するツッコミに近いかけ声もあって、これは本番の時にも堪能できると思います。このようにみんなが暖かい心を持っている俳優たちは韓国語がお上手な鄭義信さんにも頻繁に声をかけ、作品に対して素直に意見交換をしています。

cocasas2

日本から武術指導として参加している栗原直樹氏が稽古をつけている様子  写真提供:国立唱劇団

パンソリと唱劇は韓国人にとっても少し距離を感じさせる伝統芸能のイメージがあるのですが、休憩時間におしゃべりをしているかわいい女優さんや良い体を作るために炭水化物を一切食べないハンサムな男優さんなど、若い劇団員の生き生きした雰囲気が好奇心を刺激します。でも、彼らが歌いだすと、数十年も磨いてきた芸が感じられ、圧倒されてしまいます。本作の音楽はまるでミュージカルのように、大衆的な感受性を備えたメロディが心を揺らしますが、パンソリ特有の、語りなのに音楽のように聞こえる情味ゆたかな箇所も勿論あります。やはり「唱劇」ですので、音楽が果たす役割は大きいでしょうが、細かく計算された振り付けとアクションも、思わず声を出して笑うくらい面白いです。

さて、この作品の舞台は裁判所です。裁判長のアツダクがこう語り始めます。

― 一人の子どもを巡って、自分こそが母親だと主張する二人の女。
― そのどちらが本物の母親であるか?

そしてこの興味深い事件が劇中劇として描かれます。二人の女にこれまでの事情を聞いた後、アツダクは「地面に白墨の輪を描け」と命令します。その中に子どもを立たせ、二人に子どもを輪の中から自分のほうに引き寄せるようにしたのです。いったいアツダクは最後にどのような判決を下すのでしょう? どこかで一度は聞いたような話ですね。ただ、物語はこれで終わらないのです。ブレヒトなのに、唱劇なのに、鄭義信作品として成立している『コーカサスの白墨の輪』にご期待ください。

kokasasu5

『コーカサスの白墨の輪』ポスター 写真提供:国立唱劇団

『コーカサスの白墨の輪』
3月21日~28日 国立劇場ヘオルム劇場

21日のみ19:00開演、平日20:00/週末15:00開演 (月曜は休演)
⇒国立劇場 作品紹介ホームページ(韓国語)
出演:ユ・スジョン、ソ・ジョングム、チョ・ユア、チェ・ヨンソク、ホ・ジョンヨル、キム・ミジン、ナム・へウン、イ・グァンウォン、イ・グァンボク

※この作品を引っ張っていくアツダク役はダブルキャストで、唱劇団のベテラン女優、ユ・スジョンさんとソ・ジョングムさんが演じます。お二人の魅力は全く異なりますので、見比べる楽しさもあると思われます。


pyonganse

『ピョンガンセ、オンニョ』ポスター 写真提供:国立唱劇団

もう一つ、良い情報があります!
演劇『青い日に(푸르른날에)』の演出やミュージカル『ウェルテルの恋(젊은 베르테르의 슬픔)』の脚本などでよく知られているコ・ソンウンのリライティング・バージョン唱劇『ピョンガンセ、オンニョ(변강쇠 점찍고 옹녀)』が5月1日から23日まで国立劇場タルオルム劇場で再演されます。
⇒国立劇場 作品紹介ホームページ(韓国語)
韓国の古典『ピョンガンセ伝』を原作しているこの作品は、顔も可愛く、心優しい完璧な女性なのに、彼女と結婚すると夫が死んでしまうという運命を持って生まれた「オンニョ」が主人公です。15歳で最初に結婚して、20歳になるまでに6人の夫が亡くなり、結局彼女は村から追い出されることになります。この彼女の運命に挑戦するのがピョンガンセという男です。2人のロマンスはハッピーエンドになるのでしょうか? 昨年、18禁唱劇として初演され、話題を呼んだセクシーな古典ですが、客席から爆笑が止まらないコメディーでもあります。去年大好評だった初演を見逃した方に、おすすめいたします。


| コラム第2回→

[PLAY]鄭義信がブレヒト×パンソリに挑戦! 唱劇『コーカサスの白墨の輪』制作発表会

[PLAY]鄭義信がブレヒト×パンソリに挑戦! 唱劇『コーカサスの白墨の輪』制作発表会

 

kokasasu1

取材陣を前に挨拶する鄭義信

演劇『焼肉ドラゴン』『ぼくに炎の戦車を』など、日韓演劇界でその動向が常に注目を浴びている劇作家・演出家の鄭義信(チョン・ウィシン)が、ブレヒトの原作を韓国伝統の歌劇、唱劇(창극 チャングク)方式で演出に挑む新作『コーカサスの白墨の輪』の制作発表会が、3月2日国立劇場へオルム劇場で行われた。

唱劇とは、歌い手(소리꾼 ソリクン)が節をつけながら物語を語る伝統芸能パンソリ(판소리)をベースに、芝居の要素が加わった韓国式の歌劇。鄭義信は、昨年国立劇場タルオルム劇場(中劇場)で『ヴェニスの商人』をミュージカル仕立てにした『歌うシャイロック』を上演して話題を呼んだが、今年は大劇場であるへオルム劇場で、しかも唱劇を演出するとあって、多数のメディアが取材に参加した。

ドイツの劇作家ベルナルド・ブレヒトが1944年に創作した戯曲『コーカサスの白墨の輪』は、ある領主の邸宅で女中として働くグルシェが主人公。衛兵のシモンと婚約したものの、クーデターにより領主は殺され、その妻は逃亡。さらにシモンは戦地に送られてしまい、グルシェはシモンの帰りを待ちながら、屋敷に残された領主の子を育てることになる。戦争によって翻弄されるいち庶民の姿をドラマチックに描く物語だ。
「西洋の作品と、パンソリがどう融合していくのかを自分の目で見てみたかった」という鄭義信は、「パンソリにどうチャレンジしていいのか悩んだが、パンソリには人間の奥底を震わせる何かがある。今回この作品にチャレンジすることで、自分の中の韓国人的なものを拾い上げられたらと思った」と唱劇に挑む意気込みを語った。
鄭義信とパンソリの出会いはイム・グォンテク監督の映画『西便制(ソピョンジェ)』(1993年)。鄭義信が脚本を手掛けた映画『月はどっちに出ている』と同時期に公開され、『西便制』の主演女優オ・ジョンへとも交流があったことで、一段とパンソリに興味を持ったという。唱劇の演出については「オペラの演出はやったことがあるが、パンソリは声の出し方が独特なので動きと声をどう合わせるか、という問題が立ちはだかっている」そうだが、本作を通して「喜劇と悲劇は一対。戦争によって引き裂かれた人たちの物語を通して、戦争と平和について問いたいと思います」と語った。

kokasasu4

(写真左から)国立劇団劇場長アン・ホサン、鄭義信、音楽監督キム・ソングク、芸術監督キム・ソンニョ

一方、唱劇の基盤となる作唱・作曲を担当するのは中央大学伝統芸術学部教授で、中央国楽管弦楽団団長でもあるキム・ソングク。「原作がもつ普遍的な物語の魅力を、唱劇としてどう伝えるか悩んだが、オペラやミュージカルのように誰もが口ずさめるような曲を1つ作ってみようと計画している」そうだ。伝統的な国楽の楽器のみならず、西洋の弦楽器やロック、デジタルサウンドも駆使して、韓国の音楽家が得意とするフュージョン的な楽曲を構成するようだ。
国立劇場では昨年、米国で活躍するルーマニア人演出家アンドレイ・サーバンが、パンソリの代表曲の一つ『春香歌(춘향가 チュニャンガ)』を演出した『DIFFERENT CHUNHYANG(다른 춘향)』を上演するなど、国外の演出家による唱劇の新機軸に力を注いでいる。国立劇場の芸術監督である女優キム・ソンニョは「原作の素材にひとさじ加えて親しみやすい作品にしてくれるのが鄭義信さんです。唱劇はずっと変化しています。21世紀に向けて間口を広げ、いまは新しいジャンルを開発する時です。唱劇は無限挑戦。チャレンジ精神を忘れず、面白い音楽劇を創っていきたい」と現役で舞台に立つ女優らしく、未来へむけて唱劇を発信していく姿勢を見せていた。

kokasasu2

(写真左から)裁判官アツダク役ソ・ジョングムとユ・スジョン、グルシェ役チョ・ユア、シモン役チェ・ヨンソク

物語の主人公となるグルシェ役チョ・ユア、シモン役チェ・ヨンソクは、国立唱劇団のインターン生のなかから、オーディションを経て大抜擢された。チョ・ユアは「まさか私がグルシェ役に選ばれるとは思っていなかった。演出家さんが純粋なイメージを買ってくれたと聞いたが、生まれて初めて純粋だと言われた(笑)」と話し、チェ・ヨンソクは「シモン役に決まった後、日本の演出家だと聞いてアニメや宝塚など日本の作品をたくさん見て予習したが、そのままの姿でいいんだ、と言われた」と、新人らしい初々しさを披露していた。そして、クライマックスに登場する裁判官アツダクをはじめ、一人多役で登場するのは国立唱劇団団員のユ・スジョンとソ・ジョングム。数々の舞台に立ってきたベテランの2人が新人を脇からガッチリと支えることになる。

kokasasu3鄭義信は、「グルシェやシモンなど主人公はいるが、俳優たちが全体で動く集団劇というところに注目してほしい」と語ったほか「最後のパーティーシーンは、原作とはまったく違う展開になる」と予告した。加えて、通常の座席と違い、「“白墨の輪”というタイトルを象徴するように舞台を円型に囲む構成にする」とのこと。「鄭義信は空間が使える演出家だと思ってもらえると思います」と締めくくった。なお、このところ年に1作は韓国で新作を発表していた鄭義信だが、来年、再来年はスケジュールの都合で難しいそう。鄭義信の作品世界と唱劇の魅力を一度に楽しめる、国立劇場の意欲作だけに、ファンならずとも見逃せない公演となりそうだ。

kokasasu5【公演情報】
2015 国立唱劇団 新作『コーカサスの白墨の輪(코카서스의 백묵원)』
2015年3月21日~28日 国立劇場 へオルム劇場
出演:ユ・スジョン、ソ・ジョングム、チョ・ユア、チェ・ヨンソク、ホ・ジョンヨル、キム・ミジン、ナム・へウン、イ・グァンウォン、イ・グァンボク

脚本・演出 鄭義信/作詞・作曲 キム・ソングク/振付 イ・ギョンウン/武術指導 栗原直樹/舞台デザイン イ・テソプ/照明 キム・チャンギ/衣装デザイン キム・ジヨン/小道具デザイン カン・ミンスク/扮装デザイン キム・ジョンハン

(写真左から)領主夫人ナテラ役キム・ミジン、裁判官アツダク役ユ・スジョン、グルシェ役チョ・ユア  写真提供:国立劇団

kokasasu6

(写真左から)領主役ホ・ジョンヨル、領主夫人ナテラ役キム・ミジン、グルシェ役チョ・ユア、シモン役チェ・ヨンソク  写真提供:国立劇団

 ©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。