パク・ユニ

[PLAY]演劇『デストラップ』新キャストを迎えて8月まで延長公演!

[PLAY]演劇『デストラップ』新キャストを迎えて8月まで延長公演!

 

deathtrap1

小説家シドニー・ブリュール役のパク・ユニ(左)とキム・ドヒョン

4月から好評再演中の演劇『デストラップ』が、6月末から新キャストを迎えて2次チームによる延長公演を行う。

2014年に初演し、客席占有率85%という小劇場作品としては大ヒット作となった演劇『デストラップ』は映画『死の接吻』や『ローズマリーの赤ちゃん』などの原作者としても知られるアメリカの作家、アイラ・レヴィンが1978年に発表した同名戯曲。
かつてベストセラー作家だったが、現在は大学で教鞭をとるシドニーが、受講生の青年、クリフォードが執筆した「デストラップ」という小説を草稿からすべて自分のものにしようと企てる神経戦をスリリングに描くサスペンスストーリーだ。

2次公演ではシドニー役に今回初参加となるパク・ユニと、初演メンバーのキム・ドヒョンが出演する。
公立劇場の演劇に多数出演し、その実力はお墨付きのパク・ユニは、かつて演劇学校の講師も務めていたベテラン俳優。昨年は野田秀樹作・演出の『半神』でシャム双生児シュラとマリアの父役で出演し、日本公演にも出演していた。6月5日から明洞芸術劇場で開幕する国立劇団の『THE POWER』に主演後、本作に合流する。
一方、5月末までミュージカル『ドリームガールズ』で興行師カーティス・テイラー役を好演していたキム・ドヒョンは、大役を終えて本作に復帰。抜群のアドリブを随所で効かせ、クリフォードを演じる相手役をコントロールして公演を盛り上げていた彼が、再びその手腕を披露してくれそうだ。

deathtrap2

クリフォード・アンダーソン役のユン・ソホ、キム・ジェボム、チュ・ジョンヒョク

シドニーと丁々発止の舌戦を繰り広げる作家志望の青年、クリフォード役には初演から出演していたキム・ジェボムと1次公演に引き続き出演するユン・ソホ、そして初参加となるチュ・ジョンヒョク(ライアン)が出演する。なかでも、前作ミュージカル『アガサ』ではミステリアスなロイ役とアガサを信望する少年レイモンド役という対照的なキャラクターを演じていたキム・ジェボムとチュ・ジョンヒョクが、今回は同じ役を演じるとあって、2人の華麗なる変身ぶりにも注目が集まっている。

新旧の実力派キャストで再構成された『デストラップ』2次チーム公演のチケットは、6月8日(月)午後3時よりインターパークほかチケットサイトで発売開始される。


deathtraposter 【公演情報】
演劇『デストラップ』
6月30日~8月30日 DCFデミョン文化工場2館

出演:パク・ユニ、キム・ドヒョン、キム・ジェボム、チュ・ジョンヒョク(ライアン)、ユン・ソホ、ソ・ジユ、イム・セッピョル、ファン・ミヨン、キム・グッキ、キム・ミヨン、チョン・ジェウォン、チョン・ジェヒョク
プロデューサー:キム・スロ、チェ・ジン、演出・翻訳:キム・ジホ

写真提供:ASIA BRIDGE CONTENTS ©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。

[PLAY]名優の演技に浸る 演劇「天の川を知っていますか」プレスコール

[PLAY]名優の演技に浸る 演劇「天の川を知っていますか」プレスコール

 

DSC_0025俳優業のみならず、映画製作者、元芸能学校代表、そして故盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領支持者(ノサモ)の最先鋒としても知られ“永遠の不良中年”的イメージをもつベテラン俳優ミョン・ゲナム。昨年8年ぶりの舞台復帰を宣言後、「コントラバス」「天安艦ラプソディ」と精力的に舞台に立っている彼が、演劇「天の川を知っていますか(은하수를 아시나요)」で早くも3作目に挑んでいる。

DSC_00402月14日にプレスコールが行われた「天の川を知っていますか」は20代のときに出会ったミョン・ゲナムとキム・テス代表が、1984年に創立した劇団「卍模様(완자무늬))」の30周年記念作品。ドイツの劇作家カール・ヴィトリンガーの同名戯曲を劇団創立当初に読み、長年舞台化を温めてきた作品だという。物語は、ある精神病院に入院中の患者サムが、医師ノイロスに自分が書いた戯曲の上演を提案。2人は病院の患者たちの前で劇中劇を展開する。ノイロス役をミョン・ゲナム、サム役を劇団ハクチョン出身の中堅俳優パク・ユ二が演じるのだが、劇中劇の登場人物を2人で13役も演じ分けるのだ。苗字をもじって、名優(ミョンペウ)というニックネームを持つミョン・ゲナムと、かつては演技学校で講師もしていたというパク・ユニという、2人の”名優”が繰り出す演技の妙を楽しめる作品になっている。

DSC_0134「劇団創立30周年記念に、初心に帰って若い頃に抱いていた純粋な気持ちを表現したらどんな反応があるかと思った。そして常にさまざまな問題を引き受け、解決し、我々と共にした人には門を開く、というのが演劇の役目ではないかと思い、悩みながらもそれを現場にぶつけてきた。今後の力になり、演劇とは何かを改めて提示したかった」というキム・テス代表が語るように、芝居が政治や社会へのアンチテーゼとなっていた70年代に芝居を始めた彼らが、節目の年に原点回帰を目指したのがうかがえた。劇場街大学路(テハンノ)ではどうしても若い俳優の出演作に目が向きがちだが、こうしたベテランの名演が光る作品も一度観劇をおすすめしたい。

 

DSC_0177公演情報: 演劇「天の川を知っていますか」

2月14日~3月9日 設置劇場 精米所(ジョンミソ)

出演:ミョン・ゲナム、パク・ユニ、キム・シニョン

チケットはインターパークほかで発売。