チョン・ソンファ

[MUSICAL]音楽監督キム・ムンジョン 豪華ゲストを迎えコンサート開催

[MUSICAL]音楽監督キム・ムンジョン 豪華ゲストを迎えコンサート開催

 

 

『エリザベート』『笑う男』『ファントム』『レベッカ』『モーツァルト!』『ラ・マンチャの男』など、数々の大作ミュージカルで音楽監督を務めてきたキム・ムンジョンが、自身の名を冠した初のコンサートを開催。豪華ゲストが発表された。

6月7日、8日の2日間(3公演)、LGアートセンターで開催されるコンサートには、彼女が過去に音楽監督を務めたミュージカルの主要キャストのみならず、ジャンルの垣根を超えた多彩なゲストが出演する。

70年代から活躍するシンガーソングライターのチェ・ベクホ、『ファントム』に出演したバレリーナのキム・ジュウォン、大作ミュージカルで多数のヒロイン役を務めてきたチョ・ジョンウン、チョン・ミドは全公演に出演する。なかでもチェ・ベクホは、キム・ムンジョンが大学卒業後、彼のピアノセッションでプロとして活動を始めたという特別な縁ある人物。今回はその恩人とともに50人のオーケストラを率いて演奏するとあって、彼女にとっては意義ある舞台になるといえるだろう。

7日(金)公演には、パンソリの天才ソリクンとして知られ、ミュージカル『西便制(ソピョンジェ)』では女優としても出演したイ・チャラム。『笑う男』『英雄』などに出演したヤン・ジュンモ。そしてキム・ムンジョンがメンターを務めて注目を浴びたJTBCの音楽番組「ファントム・シンガー」から誕生したクロスオーヴァ―グループForte di Quattro(フォルテ・ディ・クワトロ)が出演する。

8日(土)には、『ラ・マンチャの男』『オケピ!』に主演したファン・ジョンミンが久々にミュージカルナンバーを披露する。また『ファントム』『ルドルフ』『モーツァルト!』など彼女が音楽監督を務めた作品に多数主演したイム・テギョンとは、甘美なミュージカルナンバーで共演を準備しているという。そしてミュージカル俳優デビューを果たした『モーツァルト!』をはじめ『エリザベート』『デスノート』『ドリアン・グレイ』で主演したキム・ジュンスと、彼ら3人は、昼夜2公演に出演する。3時公演には『マタ・ハリ』『エリザベート』に主演したチョン・テグン(VIXX LEO)が。7時半公演には『レ・ミゼラブル』『ファントム』『英雄』に主演したチョン・ソンファも登場する。

ポスターには『ドリアン・グレイ』『レ・ミゼラブル』『ミス・サイゴン』『レベッカ』『英雄』『西便制』『エリザベート』『ONCE』『ファントム』『ラ・マンチャの男』『マンマ・ミーア!』などのラインナップが公開されている。コンサートでは、これらのミュージカルの名曲はもちろん、出演者たちと“やってみたかった”意外なナンバーも披露されるという。アンサンブルキャストが主人公を務めるスペシャルステージや、今回のコンサートで初めて実現するコラボレーション、さらに事前公表されないスペシャルゲストも登場するとあって、このコンサートでしか見られない、豪華競演が楽しめそうだ。

音楽監督、アーティストとして多くの縁を結んだ俳優や歌手たちと共に、贅沢なひとときをプレゼントしてくれる『2019 キム・ムンジョン<ONLY>』は、6月7日、8日にLGアートセンターで開催。チケットはインターパーク(韓国)LGアートセンターホームページで発売中だ。


【公演情報】

『2019 キム・ムンジョン<ONLY>』コンサート

2019年6月7日(金)~8日(土) LGアートセンター

<出演>

キム・ムンジョン、The M.Cオーケストラほか

●6月7日(金)8時公演 ゲスト:チェ・ベッコ、キム・ジュウォン、イ・チャラム、チョ・ジョンウン、ヤン・ジュンモ、チョン・ミド、Forte di Quattro (コ・フンジョン、キム・ヒョンス、ソン・テジン、イ・ビョリ)&スペシャルゲスト

●6月8日(土)3時公演 ゲスト:チェ・ベッコ、ファン・ジョンミン、イム・テギョン、キム・ジュウォン、チョ・ジョンウン、チョン・ミド、キム・ジュンス、チョン・テグン&スペシャルゲスト

●6月8日(土)7時半時公演 ゲスト:チェ・ベッコ、ファン・ジョンミン、イム・テギョン、キム・ジュウォン、チョン・ソンファ、チョン・ミド、キム・ジュンス&スペシャルゲスト

写真提供:THE P.I.T

©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。

[MUSICAL]開幕を控えた『ファントム』稽古場公開

[MUSICAL]開幕を控えた『ファントム』稽古場公開

 

ファントム役KAIとクリスティーン役キム・スンヨン

12月からの開幕を前に、ミュージカル『ファントム』のシッツプローブ(sitzprobe=着座してのリハーサル)が公開された。

シッツプローブ開始前に挨拶をするキム・ムンジョン音楽監督(左)とロバート・ヨハンソン演出家

マスコミを稽古場に入れて公開されたシッツプローブでは、ファントム役のイム・テギョン、チョン・ソンファ、KAIをはじめ、アンサンブルまで全キャストが揃い、自身が担当するパートになるとマイクの前に出て、着実に歌と演技をこなしていった。今年の再演では、ミュージカル俳優としてキャリア豊富なキャストを揃えているだけに、とてもスムースに進行していたのが印象的だった。

ファントム役チョン・ソンファとアンサンブルたち

ファントム役イム・テギョン(左)とクリスティーン役キム・スンヨン

この日はチョン・ソンファが「私の悲劇的な物語(Hear My Tragic Tale)」を歌ったのを皮切りに、「ファントムのフーガ(Phantom Fugue)」をKAI、キム・スンヨンが。「クリスティーン(Chiristine)」をイム・テギョンとイ・ジヘが歌うなど、全16曲が披露された。

これまでパート別に稽古を進めていたキャストが、初めてオーケストラと歌合せをする場だけに、和やかな雰囲気のなかにも緊張感も漂う独特の空気を感じられる貴重な機会となった。

耳に残る美しい旋律のナンバーの数々と哀しくも深い見守り愛のストーリーが多くの観客の心をとらえる『ファントム』は、12月1日から、忠武アートセンター大劇場で開幕する。

稽古前に談笑するロバート・ヨハンソン演出家とファントム役の3人

クリスティーン役キム・ユジンとフィリップ・ド・シャンドン伯爵役ペク・ヒョンフン

(写真左から)ジェラルド・カリエール役ユン・ヨンソク、ショーレ役イ・サンジュン、マダム・カルロッタ役チョン・ヨンジュ

マダム・カルロッタ役チョン・ヨンジュの熱演にはキャストから大きな歓声が沸いた

(写真左から)マダム・カルロッタ役チョン・ヨンジュ、クリスティーン役イ・ジヘ、フィリップ・ド・シャンドン伯爵役パク・ソングォン

フィリップ・ド・シャンドン役パク・ソングォン(右)が歌詞を間違い、笑いがこぼれるクリスティーン役イ・ジヘ

ショーレ役イ・サンジュン(左)とジェラルド・カリエール役パク・チョルホ

実力派ぞろいのアンサンブルキャストも自身のパートをしっかりとこなしていた

同じ声楽出身で、稽古中も親しげに会話していたファントム役のイム・テギョン(左)とKAI


【公演情報】

ミュージカル『ファントム』

2018年12月1日~2019年2月17日 忠武アートセンター 大劇場

●ファントム役:イム・テギョン、チョン・ソンファ、KAI

●クリスティーン役:キム・スンヨン、キム・ユジン、イ・ジヘ

●ジェラルド・カリエル役:パク・チョルホ、ユン・ヨンソク

●マダム・カルロッタ役:チョン・ヨンジュ、キム・ヨンジュ

●フィリップ・ド・シャンドン伯爵役:パク・ソングォン、ペク・ヒョンフン

●ムッシュ・ショレ役:イ・サンジュン、チェ・ソクジュン

●バレリーナ役:キム・ジュウォン、チェ・イェウォン

●若いカリエル役:イ・ヒョンジュン、ユン・ジョンイル、アレックス


©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。

[MUSICAL]大ヒット作が華麗なる帰還!『キンキーブーツ』2016キャスト発表!

[MUSICAL]大ヒット作が華麗なる帰還!『キンキーブーツ』2016キャスト発表!

 

2016kinky1

(写真左から)チャーリー役のイ・ジフン、キム・ホヨン  ローラ役のチョン・ソンファ、カン・ホンソク

2013年のブロードウェイ初演が成功をおさめ、トニー賞やオリビエ賞など多数のアワードをを受賞。ブロードウェイ初演からCJ E&Mが共同プロデュースとして参加し、新たなミュージカル制作のスタイルを開拓した『キンキーブーツ』。2014年に制作陣をそのままに、人気俳優を揃えて上演した韓国版も驚異的な動員を記録して、ミュージカル界に新風を巻き起こした作品だ。
約1年半ぶりの再演にあたり、ニューフェイスを多数揃えた2016年キャストが発表された。

親から譲り受けた倒産寸前の靴工場を経営するチャーリー役には、イ・ジフンとキム・ホヨン。ともに、ミュージカル『ラ・カージュ(オ・フォール)』や『プリシラ』で、美しい女装を披露していた二人だが、今作ではドラァグクイーンのローラとともに、きらびやかなブーツ制作に挑む青年経営者として、凛々しい姿を舞台で見せてくれそうだ。

ブーツ制作のアイデアを提供し、靴工場を経営難から救うことになるドラァグクイーンのローラ役には、チョン・ソンファとカン・ホンソク。韓国版『レ・ミゼラブル』ではジャン・バルジャンを初演から演じ、勇壮な歌声を聴かせていたチョン・ソンファだが、『ラ・カージュ』で演じたゲイカップルの主人公エルヴィン役は絶品で、フェミニンな演技も得意とするだけに、ハマり役となるのは間違いない。そして、韓国初演でソウルフルな歌声とともにローラ役を完璧にこなして話題を呼び、同年度の「ザ・ミュージカル・アワード」主演男優賞も受賞。一気に役者としての株を上げたカン・ホンソクのカムバックは初演からのファンには朗報だ。

2016kinky2

靴工場の現場を仕切り、ローラと敵対するドン役には初演で同役を演じたコ・チャンソクとシム・ジェヒョンのWキャスト。唯一無二のキャラクターと味のある演技が光るコ・チャンソクに対し、若手ながらどっしりとした重厚感を見せるシム・ジェヒョンと、対照的な個性を今年も堪能できそうだ。

靴工場の再生のため、チャーリーを支えるスマートな女子社員ローレン役には、結婚・出産後、昨年から活動を再開し『風と共に去りぬ』『エドガー・アラン・ポー』などの大作で存在感あるヒロイン像を披露していたキム・ジウ。チャーリーの長年の恋人であるローレン役にはシン・ウィジョンと、今年は女性キャストがそれぞれシングルキャストで登場する。

2016kinky3

(写真上段左から)エンジェル役のキム・ジュンレ、ウ・ジウォン、クォン・ヨングク (写真下段左から)ソン・ユテク、ハン・ソンチョン、パク・ジンサン

また、韓国初演時に大きな人気を博したのがローラのドラァグクイーン仲間として登場する「エンジェル」たち。今回は初演メンバーである、キム・ジュンレ、ウ・ジウォン、クォン・ヨングク、ソン・ユテク、ハン・ソンチョンに加えて、ミュージカル『ニュージーズ』への出演を通じて実力を認められたB-BOYグループ、フュージョンMC出身のダンサー、パク・ジンサンが起用された。美麗な容姿とキレのあるダンスで、物語を盛り上げてくれる彼らの活躍に期待したい。

7月に行われる日本版では三浦春馬と小池徹平が主演し、さらに作品への注目度が上がるのは必至だ。実話を基にした感動的なストーリーと、シンディー・ローパーが手掛けたポップな楽曲。ブロードウェイの一流制作陣による舞台や衣装が堪能できる『キンキーブーツ』は9月2日から11月13日まで、ブルースクエア サムソン電子ホールで上演。1次チケットは6月27日より発売開始される。


2016kinkyposter【公演情報】
ミュージカル『キンキーブーツ』(킹키부츠)
2016年9月2日~11月13日 ブルースクエア サムソン電子ホール

<出演>
●チャーリー役:イ・ジフン、キム・ホヨン
●ローラ役:チョン・ソンファ、カン・ホンソク
●ローレン役:キム・ジウ
●ドン役:コ・チャンソク、シム・ジェヒョン
●二コラ役:シン・ウィジョン
●エンジェル役:キム・ジュンレ、ウ・ジウォン、クォン・ヨングク、ソン・ユテク、ハン・ソンチョン、パク・ジンサン

脚本:ハーヴェイ・フィアスタイン/作詞・作曲:シンディー・ローパー/演出・振付:ジェリー・ミッチェル/原作:ジェフ・ディーン&ティム・ファース/音楽スーパーバイザー:ステファン・オレムス/協力演出:ディヴィ・ボンズ/協力振付:ラスティ・モワリー/協力音楽スーパーバイザー:ウィル・ヴァン・ダイク/

写真提供:CJ E&M ©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。


<スポット映像>

<メインキャストインタビュー>

<エンジェル役インタビュー>

[PHOTO]ミュージカル『英雄』公開リハーサル チョン・ソンファ編

[PHOTO]ミュージカル『英雄』公開リハーサル チョン・ソンファ編

 

ミュージカル『英雄』公開リハーサル チョン・ソンファ編
2015年4月13日 ブルースクエア サムソン電子ホール

出演:チョン・ソンファ、リサ、キム・ドヒョン、チョン・ウィウク、
パク・ソングォン、パク・ジョンウォン、ソン・サンウンほか

eiyu001 eiyu002 eiyu004 eiyu005 eiyu006 eiyu007 eiyu008 eiyu011 eiyu015 eiyu017 eiyu019 eiyu021 eiyu027 eiyu028 eiyu032

写真提供:ACOM INTERNATIONAL ©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。

[MUSICAL]チョン・ソンファ、ミン・ヨンギ、カン・テウル主演『英雄』開幕!

[MUSICAL]チョン・ソンファ、ミン・ヨンギ、カン・テウル主演『英雄』開幕!

 

eiyu002

元祖安重根役のチョン・ソンファ

初代韓国統監となった伊藤博文を1909年に暗殺し、韓国では朝鮮独立運動のシンボルとされている安重根(アン・ジュングン)の半生を描いたミュージカル『英雄』が4月14日に開幕した。これを前にドレスリハーサルが行われ、13日にはチョン・ソンファ、14日にはミン・ヨンギ主演で進行された。

『英雄』は2009年に初演され、2011年にはNYブロードウェイのリンカーンセンターで上演を果たすなど、その題材もあいまって韓国を代表する創作ミュージカルの一つに数えられている。また光復(日本における終戦により植民地支配から解放された)70年目の節目となった今年初旬には、 伊藤博文を暗殺した中国のハルビンでも公演を行った。

これまで、リュ・ジョンハン、ヤン・ジュンモ、シン・ソンロクなど多くの実力派俳優が主演し、今回9回目となる再演では、安重根役に初演から同役を務め、約3年ぶりの出演となるチョン・ソンファ、ハルビン公演に主演した『あの日々』のカン・テウルに加え、今回初出演となる『三銃士』『ジャック・ザ・リッパー』などでおなじみのミン・ヨンギが加わった。

eiyu4099

安重根役に初挑戦するミン・ヨンギ

身柄を隠して密偵となり、“ナミダ”という源氏名の芸者に扮して伊藤博文に接近するソルヒ役には、2012年公演以来の出演となるリサ、2014年公演にも出演したオ・ジニョンに、『モーツァルト!』『マーダー・バラッド』などの話題作に出演した歌手のイム・ジョンヒが初出演している。

eiyu011

伊藤博文に接近するソルヒ役のリサ

また『風と共に去りぬ』で奴隷長を熱演したパク・ソングォン、『ヴォイツェック』出演のチョン・ウィウク、『女神様が見ている』『思春期』の新人パク・ジョンウォンが安重根の側近となる同志たちをシングルキャストで演じるほか、安重根に淡い恋心を抱く中国人の少女リンリン役をミュージカル『デスノート』への出演が決まっているイ・スビンと、『あの日々』のソン・サンウンが演じている。

eiyu4126安重根が同志たち12名とともに指を切り、大極旗に「大韓獨立」という血文字を書いて暗殺を決起するシーンから始まる本作は、伊藤博文が芸者ナミダを見初めるお座敷のシーンや、伊藤が演説するシーンでのステレオタイプにデフォルメされた日本の描写は日本人の立場から見ると違和感を覚えるシーンも多い。だが、単に伊藤博文を悪人として描くのではなく、人間としての葛藤もしっかりと盛り込まれているのは興味深い点だ。また、暗殺を実行後、収監されていた刑務所で日本人看守と交流するシーンなど、史実にあるエピソードも盛り込まれ、本作では安重根を単なる暗殺者ではないひとりの人間として描いている。

eiyu1524

(写真左から)チョン・ウィウク、チャン・ギヨン、イ・スビン、ミン・ヨンギ、パク・ジョンウォン、パク・ソングォン

安重根を演じる3人を筆頭に、本作ではしっかりした下地をもったミュージカル俳優が出演しているのは評価すべき点だ。例えば、チョン・ソンファが同志たちと圧倒的な声量で歌い上げるコーラスシーンは彼がかつて出演していた『レ・ミゼラブル』の名場面を彷彿とさせる。また、1幕の中盤で、安重根ら独立運動の同志たちが日本軍に追われるシーンではハイレベルなアンサンブルたちの歌唱力と身体能力の高さが発揮される見どころの一つだ。
劇中に、初恋のエピソードや安重根の心の支えとなる母親の存在、仲間の死など、韓国のエンターテイメント作品には必須の韓国人の琴線に触れる重要なキーワードが散りばめられており、一度見れば、この作品が韓国で支持され続けている理由が体感できるはずだ。

個性がまったく違う3人の安重根のキャラクターを堪能できる2015年版の『英雄』は、5月31日までブルースクエア サムソン電子ホールで上演される。


eiyuposter【公演情報】
ミュージカル『英雄』(영웅)
2015年4月14日~5月31日 ブルースクエア サムソン電子ホール

出演:チョン・ソンファ、ミン・ヨンギ、カン・テウル、キム・ドヒョン、チョ・スンリョン、リサ、イム・ジョンヒ、オ・ジニョン、ソン・サンウン、イ・スビン、チョン・ウィウク、パク・ソングォン、パク・ジョンウォン、イム・ソンエ、チャン・ギヨン、キム・ドックァン、キム・テヒョン、チャン・デウン、チョ・ヨンテ、イ・ヨンジン、チュ・ホンギュン、ホン・インア

演出・代表:ユン・ホジン/プロデューサー:ファン・ボソン/作詞:ハン・アルム/作曲:オ・サンジュン/舞台:パク・ドンウ/音楽監督:キム・ムンジョン/ドラマトゥルク:ソン・ギウン/振付:イ・ラニョン

●公開リハーサルフォト: チョン・ソンファ編 / ミン・ヨンギ編

写真提供:ACOM INTERNATIONAL ©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。