チュ・ジンモ

[PLAY]注目の新人パク・ソダム、映画『モールス』舞台版『レット・ミー・イン』に初主演

[PLAY]注目の新人パク・ソダム、映画『モールス』舞台版『レット・ミー・イン』に初主演

 

letmeinposter2『ベテラン』『思悼(サド)』『黒い司祭たち』など、大ヒット映画に次々と起用され、韓国映画界の超大型新人女優として注目を浴びているパク・ソダムが演劇に初挑戦する『レット・ミー・イン』のキャストが公開された。

『レット・ミー・イン』は、2010年に公開されたクロエ・モレッツ主演映画『モールス』の原作となったスウェーデンの作家ヨン・アイヴィデ・リンドクヴィスト(John Ajvide Lindqvist)の小説「Let the Right One In」をベースにした舞台作品。原作小説は『モールス』に先駆けて、2008年にスウェーデンで映画化されている(邦題は『ぼくのエリ 200歳の少女』)。
現在この作品は、ジャニーズWESTメンバーの小瀧望主演で『MORSE-モールス-』というタイトルで東京・大阪にて日本版が上演中だ。

物語の舞台はスウェーデンの首都ストックホルム郊外。学校ではいじめられ、母子家庭の孤独な10代の少年オスカーの周囲で、残忍な殺人事件が次々と起きる。やがて隣に引っ越してきた少女イーライと知り合うが、彼女は学校にも行かず、日中は外出さえしない。そんな彼女に惹かれ始めるオスカーだが、イーライには彼がまだ知らない秘密があったのだ。

letmein1

ヴァンパイア少女イーライ役のパク・ソダム(左)と父ホーカン役のチュ・ジンモ

今回の韓国初演は、スコットランド国立劇団が制作した作品を“レプリカ・プロダクション”(オリジナルプロダクションをすべて踏襲する公演形態)で上演される。ミュージカル『ONCE』の韓国版・オリジナル来韓公演も手掛けた演出家ジョン・ティファニーをはじめ、のオリジナル版のスタッフたちが直接創り上げるという。

主人公には、オーディションに応募した約600人のなかから、まだ20代前半の新人が選ばれた。ヒロイン、イーライ役には忠武路(チュンムロ=映画界)の怪物新人パク・ソダムと、小劇場演劇で演技を磨いていた新人イ・ウンジ。オスカー役には少年のような童顔をもち、演劇『飛行少年KW4839』などに出演したアン・スンギュンと、ナムアクターズに所属する新人オ・スンフンの4人だ。そしてイーライの父ホーカン役は、映画、舞台で活躍するチュ・ジンモをはじめ、11人のキャストが出演する。
特にパク・ソダムはもともとミュージカル俳優を夢見て演技を志したという。韓国芸術総合学校で演技科を専攻している彼女だけに、オーディションでもヴァンパイア少女の姿を見事に披露して、演出家は惜しみない賛辞を贈ったという。

letmein2

イーライ役のイ・ウンジ(左)とオスカー役のオ・スンフン

ヴァンパイアと人間の恋というと、世界中で大ヒットした『トワイライト』シリーズが有名だが、本作の原作小説や映画ではかなり残忍な場面も登場する。ジョン・ティファニー演出家は「ホラー的なシーンを舞台に移すという発想が面白かった。この作品では愛も扱います。純粋な恋は現実的な愛となるか? という質問も投げかけていて、ヴァンパイアを素材にこのような話をできることが興味深かった」と語っており、この作品世界を、才能あふれる若き俳優たちとともにどう創り上げるのかに注目だ。
『レット・ミー・イン』は1月21日から、芸術の殿堂CJトウォル劇場で開幕する。

letmein3

イーライ役パク・ソダム(左)とオスカー役アン・スンギュン


letmeinposter1【公演情報】
演劇『レット・ミー・イン』(렛미인)
2016年1月21日~2月28日 芸術の殿堂CJトウォル劇場
(1月21、22日はプレビュー公演)

<出演>
●イーライ(エリ)役:パク・ソダム、イ・ウンジ
●オスカー役:オ・スンフン、アン・スンギュン
●ホーカン役:チュ・ジンモ
●オスカーの母役:パク・ジウォン
●ジミー役:イム・ジョンワン
●ジョニー役:パク・ミンギュ
●ミッキー役:イム・ヒチョル
●俳優1役:パク・シボム
●俳優2役:アン・チョンファン

脚本:ジャック・ソーン(Jack Thorne)/演出:ジョン・ティファニー(John Tiffany)/協力演出:イ・ジヨン/振付:スティーヴン・ホゲット(Steven Hoggett)/音楽:オラフ・アルナルド(Olafur Arnalds)/舞台:クリスティン・ジョーンズ(Christine Jones)/照明:シャイン・ヤブロヤン(Chahine Yavroyan)/音響:ガレス・フライ(Gareth Fry)

<公式トレイラー>

写真提供:シンシカンパニー ©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。

[PHOTO]ミュージカル『風と共に去りぬ』プレスコール

[PHOTO]ミュージカル『風と共に去りぬ』プレスコール

 

ミュージカル『風と共に去りぬ』(바람과 함께 사라지다)プレスコール
2015年1月13日 芸術の殿堂 オペラ劇場
出演:キム・ボムレ、チュ・ジンモ、イム・テギョン、パダ、ソヒョン、ハム・ヨンジ、
マイケル・リー、チョン・サンユン、キム・ボギョン、ユ・リア、
チョン・ヨンジュ、パク・ジュンミョン、パク・ソングォン、ハン・ドングンほか

DSC_0112 DSC_0030 DSC_0054 DSC_0103 DSC_0150 DSC_0201 DSC_0215 DSC_0220 DSC_0237 DSC_0248 DSC_0273 DSC_0286 DSC_0322 DSC_0362 DSC_0400 DSC_0423 DSC_0466 DSC_0488 DSC_0520 DSC_0550 DSC_0588 DSC_0619 DSC_0666 DSC_0694 DSC_0700 DSC_0753 DSC_0764 DSC_0778 DSC_0801 DSC_0825 DSC_0829 DSCN0031

[MUSICAL]壮大な大河ドラマを舞台化―『風と共に去りぬ』プレスコール

[MUSICAL]壮大な大河ドラマを舞台化―『風と共に去りぬ』プレスコール

 

DSC_0488

レット・バトラー役のチュ・ジンモ(写真右)とスカーレット・オハラ役のパダ

2015年の幕開けにふさわしい、豪華キャストを揃えたミュージカル『風と共に去りぬ』のプレスコールが1月13日、芸術の殿堂 オペラ劇場で開催された。マーガレット・ミッチェルの小説を原作に、ヴィヴィアン・リー、クラーク・ゲーブルが主演した同名映画があまりにも有名だが、フランスで『ロミオとジュリエット』『モーツァルト・オペラ・ロック』などを手掛けた制作陣が2003年に初演したミュージカルをアジアでは初の上演となる点でも注目を浴びている。

DSC_0286

キャラクター研究はカンペキ! ソヒョン

物語の舞台は、南北戦争が勃発した1860年代のジョージア州・タラ。類まれなる美貌をもつ、勝気で情熱的な農場主の娘、スカーレット・オハラを主人公に、劇的な彼女の半生を通して南北戦争により白人貴族社会が崩壊していき、奴隷解放へ向かう壮大なドラマが舞台で再現される。

DSC_0619

スカーレットの求愛に揺れるアシュリー役のチョン・サンユン(写真左)とパダ

プレスコールでは、6場面、12曲のダイジェストシーンが公開された。まずスカーレット役で登場したのは少女時代のソヒョン。「動きから行動まで、普段からスカーレットになりきろうとしました。映画や鏡を見ながら“私はスカーレット”と自分に言い聞かせました」と言っていただけに、プライドの高そうな表情やしぐさなど、随所でヴィヴィアン・リーを彷彿とさせる見事なシンクロぶりを見せていた。
一方、「スカーレット役を演じるのは運命のよう」というパダは「S.E.S時代に、アンケートでスカーレットに似合うメンバー1位に選ばれてとても嬉しかったのを覚えています。そして私はカトリックなんですが、洗礼名が“ヴィヴィアン”ということもあり、幼い頃から憧れていたヴィヴィアン・リーが演じた役を、今回、こうして演じることになってとても光栄です」と、思い入れたっぷりに彼女ならではのエピソードを披露していた。

DSC_0700

目に涙をためて熱唱!アシュリー役のマイケル・リー

対するレット・バトラー役でまず登場したのは大型ミュージカル初挑戦となるチュ・ジンモ。「すべての俳優が稽古場に集まって練習するのがとても新鮮で楽しい経験でした。公演初日には楽屋で準備しながら、これまで感じたことがない緊張感を味わったし、カメラの前ではまったく緊張したことないのに、客席を前にしたら震えていたことしか記憶にないです(笑)」と語っていたが、舞台の上ではダンディなレット役を、落ち着いてしっかりとこなしていた。
また、劇中で愛する妻を亡くした哀しみを歌う「死んだ」を圧倒的な歌唱力で披露したのは、アシュリー役のマイケル・リー。「今回が韓国で3作目のフランスミュージカル出演です。ロマンチックで情熱的なラブストーリーが盛り込まれている部分が、パッション溢れる韓国の観客の感性に合うのではないでしょうか?」と韓国でフランスミュージカルが愛されている理由を分析していた。

DSC_0201

内心はドキドキ!? ダンディなレット・バトラー役のチュ・ジンモ

なお、スカーレット役の2人は、相手役となるレット・バトラーを演じる3人の俳優を評して……
キム・ボムレ=「先輩はバトラー役のリーダーで、舞台でもカリスマ性に溢れています」(パダ)/「まるで本物のバトラーがいるようで安心感を与えてくれる」(ソヒョン)
チュ・ジンモ=「初めてのミュージカルだけにとても誠実に取り組まれていて、1シーン1シーンに最善を尽くされているのを感じます」(パダ)/「目つきを見ただけでもバトラーみたいで(彼に翻弄されるスカーレットのように)腹が立ってきます(笑)」(ソヒョン)
イム・テギョン=「皆さんもご存知なように、声を聴いただけでも癒されます」(パダ)/「とても柔らかく見えて、微笑みがまるですべてを見透かされているような感じがします」(ソヒョン)
などと語り、3人それぞれに魅力が違うので、舞台で体感してほしいとアピールしていた。

DSC_0273

奴隷役のアンサンブルとともにチョン・ヨンジュ、ハン・ドングンが熱唱する「黒いということ」は圧巻!

個性豊かなメインキャストの競演だけでなく、女奴隷ママや奴隷長を中心としたゴスペルのようなパワフルな歌や、フランスミュージカルならではのアンサンブルによるアクロバティックな群舞も魅力の『風と共に去りぬ』は、ソウルでわずか1カ月の公演を経て、3月17日~23日には釜山公演も予定されている。


 

뮤지컬 바람과 함께 사라지다 한국포스터【公演情報】
ミュージカル『風と共に去りぬ』(바람과 함께 사라지다)
2015年1月8日~2月15日 芸術の殿堂 オペラ劇場
出演:キム・ボムレ、チュ・ジンモ、イム・テギョン、パダ、ソヒョン、ハム・ヨンジ(オルタネート)、マイケル・リー、チョン・サンユン、キム・ボギョン、ユ・リア、チョン・ヨンジュ、パク・ジュンミョン、パク・ソングォン、ハン・ドングンほか

チケットはインターパークほかで発売中。

⇒『風と共に去りぬ』フォトギャラリー

[PHOTO]ミュージカル『風と共に去りぬ』制作発表会

 

ミュージカル『風とともに去りぬ』制作発表会

2014年11月10日(月) JWマリオット東大門スクエア グランドボールルーム

出席:チュ・ジンモ、キム・ボムレ、パダ、ソヒョン、マイケル・リー、チョン・サンユン、
キム・ボギョン、ユ・リア、チョン・ヨンジュ、パク・ジュンミョン

bw1 bw2 bw3 bw4 bw5 bw6 bw7 bw8 bw9 bw10 bw11 bw12 bw13 bw14 bw15 bw16 bw17 bw18 bw19 bw20 bw21 bw22 bw23 bw24 bw25 bw26 bw27 bw28 bw29 bw30 bw31