キム・ヨンミン

[PLAY]井上ひさし原案『木の上の軍隊』韓国版、稽古場写真を公開

[PLAY]井上ひさし原案『木の上の軍隊』韓国版、稽古場写真を公開

 

kinouekeiko1

新兵役のソン・ドゥソプ

kinouekeiko2

新兵役のシン・ソンミン

世界各国で上演された話題作や韓国オリジナルの秀作戯曲を上演している「演劇列伝」。その第6シーズンとなる「演劇列伝6」の開幕作となる『木の上の軍隊』が、初日を控え、稽古場写真を公開した。

第二次世界大戦当時、沖縄で敵の攻撃を避けて巨大なガジュマルの木に登って身を隠し、以降2年間もの間、樹上で過ごした二人の兵士の実話をもとにした物語。2010年に逝去した、日本を代表する劇作家井上ひさしが、死の直前まで執筆を準備していたという幻の作品だ。残された資料をもとに蓬莱竜太が執筆し、栗山民也が演出、井上版に出演予定だった藤原竜也主演で死後3年を経て、2013年に上演された作品が、今回韓国で初めて上演される。

日本オリジナル版でも特徴的だった、ステージを埋め尽くす樹上のセットを韓国版でも再現。この舞台美術は、「演劇列伝」で現在再演中の古沢良太原作『趣味の部屋』でも美術を手がけた、舞台美術家の伊藤雅子が担当している。兵士役の俳優たちは、極限の状況で生きた兵士たちをリアルに演じられるよう、稽古場でも立体的な仮設セットを組み、稽古を重ねたという。

kinouekeiko5

kinouekeiko3

分隊長役のユン・サンファ(写真上)とキム・ヨンミン

新兵役のシン・ソンミンは「仮設セットでの稽古が最初は大変でしたが、慣れるにしたがって楽になりましたた。木の上で演技するのは心配ですが、期待感のほうが大きいです」と語っている。また、分隊長役のキム・ヨンミンは「実際に木を昇ったり降りたりするようなセットになっているので、日常生活では使わない筋肉を使い、筋肉痛になりました。今回僕たちのチームはお互いの筋肉痛をいたわりながら親しくなったようです(笑)」と、ユニークな表現で和やかな稽古場の様子を伝えている。

生きるために誰かを殺さねばならないという戦争の矛盾。そして樹上という極限の状況で起こる二人の兵士の対立や理解を通して、我々の生活そのものが終わらない戦争であり、人間が本当に守らねばならないものは何かを問う『木の上の軍隊』は12月19日、20日のプレビュー公演から開幕。来年2月28日まで、芸術の殿堂 自由小劇場で上演される。

kinouekeiko4

ガジュマルの木の精役のカン・エシム(左)とユン・ウンスク


kinoueposter【公演情報】
演劇『木の上の軍隊』(너무 위의 군대)
2015年12月19日~2016年2月28日 芸術の殿堂 自由小劇場

<出演>
●分隊長役:ユン・サンファ、キム・ヨンミン
●新兵役:ソン・ドゥソプ、シン・ソンミン
●木の精役:カン・エシム、ユン・ウンスク

原案:井上ひさし/作:蓬莱竜太/演出:カン・リャンウォン/音楽監督:チャン・ヨンギュ/振付:クム・べソプ/舞台:伊藤雅子/照明:チェ・ボユン/衣装:カン・ギジョン


 

<メイキング映像・インタビュー>

写真提供:演劇列伝 ©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。

[PLAY]韓国の名優を集め、土田英生原作『少しはみ出て殴られた』開幕!

[PLAY]韓国の名優を集め、土田英生原作『少しはみ出て殴られた』開幕!

 

sukosi13 韓国演劇界の演技派俳優を集めて上演される『少しはみ出て殴られた』のプレスコールが開幕を控えた11月5日、LGアートセンターで行われた。
『少しはみ出て殴られた』は、京都を活動拠点にしている劇団MONOの代表を務める、劇作家・演出家、俳優の土田英生(つちだひでお)が2012年に発表した戯曲が原作。物語の舞台は、軽犯罪の常習犯を収監している刑務所「第45更生施設」。6人の囚人と2人の看守が、ある日お遊びで刑務所内に一本の線を引いて国境をつくったところ、それまで平和的に刑務所生活を送っていた彼らが、この線のために不自由を強いられ始めるというシニカルなブラック・コメディだ。
sukosi24

sukosi8

演出家キム・グァンポ(左)と原作者の土田英生

演出のキム・グァンポは昨年、同劇場でノルウェーの劇作家イプセン原作の『社会の柱』を上演し、今回でLGアートセンターとコラボレーションした新作上演は2回目となる。本作については「決して重くない作品です。原作と大きく変えたところはなくて、観客が分かりやすいように人名や地名などを変えただけ。線を引いたことで派閥ができる、人間の隠された本性を逆説的に面白く表現しようと思いました」と紹介した。

試演後の記者会見には、日本から駆け付けた原作者土田英生も参加した。「この作品は数年前に書いたものですが、日本は韓国ともいろんな問題がありましたけども、当時中国との領土問題があった時でした。その頃に仕事で中国に行って、現地の演劇人と人間的な素晴らしい交流をしたのですが、日本に帰ってきたら、国内がとても保守化している感じがしました。僕たちは(作品を通じて)表現をしている人間ですので、それを政治的ではなく、人間対人間の言葉を使って、それをどうにか表現できないかなと思いました」と、作品を生み出したきっかけを語った。また、「役者ひとりひとりがとても魅力的で、そうすると自分が目立とう、誰が目立とう、みたいなことになりがちなんですが、チームワークがとても良いと思いました」と、小劇場から大劇場作品へと大きく飛躍した韓国版に好印象を持っているようだった。

sukosi27

(写真左から)キム・ヨンミン、イ・ソクジュン、ユ・ビョンフン、ユ・ソンジュ

本作に登場するのは、それぞれが一人でも十分に芝居を牽引できる実力派の人気俳優ばかり。劇中で血の気の多い肉体派キャラのジャンチャンを演じているイ・ソクジュンは、「“キム・グァンポ社団”と呼ばれる俳優が集まっただけに、アンサンブルがどうなるか僕も心配でした。しかし先輩方から後輩まですべての俳優が(自身のエゴを)置いて作業したようです。キム演出家からは稽古の最初から“配慮”という言葉をずっと聞きました」と言えば、キム演出家も「主役級の俳優が揃っているだけに、アンサンブルをどううまく合わせるかが一番の課題でした」と裏話を披露した。

sukosi26

(写真左から)イム・チョルス、イ・スンジュ、ハ・ドンギュ、ユ・ヨンス

キム演出家は、各キャストを俳優陣の性格も考慮して起用したという。途中から入所してくる新人スチョルを演じたキム・ヨンミンは「人間の稚拙さが僕たちのなかにも潜んでいることを演出家に見抜かれたようです」と言えば、イ・ソクジュンは「演出家は俳優を起用するときに、本来見せていない姿を引き出されますが、僕はこんな愚かなキャラクターではないです。ミスキャストだと思います(笑)」と語り、どっちつかずの気弱なキャラクター、イグを演じているイ・スンジュも「自分の中にもあるかもしれないバカバカしい部分を引き出されたようで、それをうまく表現しようと努力しています」と言って笑わせた。

「イケメン俳優がバカっぽい演技を見せたらより面白いでしょう?」と最後に語ったキム演出家の言葉のように、俳優たちがこれまで見せていなかった姿を披露している新鮮さも見どころのひとつだ。本作は11月18日まで、LGアートセンターで上演される。


sukoshiposter【公演情報】
演劇『少しはみ出て殴られた』(살짝 넘어갔다가 얻어맞았다)
2015年 11月5日~18日 LGアートセンター

<出演>
●ギョンボ役:ユ・ヨンス
●スチョル役:キム・ヨンミン
●ヤンガプ役:ユ・ビョンフン
●ジャンチャン役:イ・ソクジュン
●グンジョン役:ユ・ソンジュ
●テギ役:ハン・ドンギュ
●イグ役:イ・スンジュ
●ジャス役:イム・チョルス
原作:土田英生/演出:キム・グァンポ/翻訳:イ・ホンイ/脚色:キム・ウンソン/舞台:ファン・スヨン/照明:キム・チャンギ/衣装:ホン・ムンギ/小道具:チャン・ユンジョン/ヘアメイク:イ・ドンミン/音楽:チャン・ハンソル

ポスター写真提供:LGアートセンター ©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。


[easingslider id=”7293″]
[PLAY]土田英生 原作『少しはみ出て殴られた』韓国版 11月上演!

[PLAY]土田英生 原作『少しはみ出て殴られた』韓国版 11月上演!

 

sukoshi

(写真上段左から)ユ・ヨンス、キム・ヨンミン、ユ・ビョンフン、イ・ソクジュン (写真下段左から)ユ・ソンジュ、ハン・ドンギュ、イ・スンジュ、イム・チョルス

韓国で、いま一番忙しい演出家とも言われているキム・グァンポが、昨年LGアートセンターと初コラボした『社会の柱』に続き、第2弾となる演劇『少しはみ出て殴られた』を11月に上演決定。バラエティに富んだ出演者が発表された。

『少しはみ出て殴られた』は、京都を活動拠点にしている劇団MONOの代表を務める、劇作家・演出家、俳優の土田英生(つちだひでお)が2012年に発表した戯曲が原作。土田は数々の演劇のみならず、「東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~」「斉藤さん」など、多数のドラマ脚本も手掛けている人気作家だ。今回の公演で、土田作品が初めて韓国に上陸することになる。

物語の舞台は、軽犯罪の常習犯を収監しているある刑務所。6人の囚人と2人の看守が、ある日お遊びで刑務所内に一本の線を引いて国境をつくったところ、それまで平和的に刑務所生活を送っていた彼らが、この線のために不自由を強いられ始めるというシニカルなブラック・コメディだ。「政治的、社会的システムについて語るまえに、人間自体に興味を持ちたい」という土田の言葉どおり、たった一本の線により変わっていく人間関係をコミカルかつ辛辣に描いている作品だ。

このシュールな作品を韓国で舞台化するにあたり、キム・グァンポ作品ではおなじみの男優を中心に、8人が集結した。
ユ・ヨンス、ユ・ソンジュ、ハン・ドンギュ、イ・ソクジュン、キム・ヨンミン、イ・スンジュは昨年、LGアートセンターが制作・上演した『社会の柱』や、ドゥサンアートセンターで上演していた演劇列伝作品『M.Butterfly』にも出演していた、“キム・グァンポ組”とも呼べる常連俳優たちだ。加えて、今回キム・グァンポ作品に初参加するユ・ビョンフンは、『青い日に』『ホンド』や、ミュージカル『アリラン』など話題作を次々と世に送り出している劇作家・演出家のコ・ソンウンが代表を務める劇工作所「魔方陣(マバンジン)」の作品や、劇団ドリームプレイを率いるキム・ジェヨプが東亜演劇賞を受賞した『アリバイ年代記』など、近年の話題作に出演してきた俳優だ。そして、イム・チョルスはミュージカル『女神さまが見ている』『共同警備区域JSA』と、北朝鮮兵役を好演して一躍人気を集めた、いま注目の若手俳優だ。

国やジャンルを問わず、バラエティに富んだ戯曲を観客に分かりやすく分析、演出し、手掛けた作品は軒並みヒットさせているキム・グァンポ。勝手知ったる実力派俳優たちとともに、土田作品の世界を韓国の観客にどう見せていくのか、その手腕が期待される。

韓国版『少しはみ出て怒られた』は、11月5日~18日にLGアートセンターで上演される。


【公演情報】
演劇『少しはみ出て怒られた』(살짝 넘어갔다가 얻어맞았다)
2015年 11月5日~18日 LGアートセンター

出演:ユ・ヨンス、キム・ヨンミン、ユ・ビョンフン、イ・ソクジュン、ユ・ソンジュ、ハン・ドンギュ、イ・スンジュ、イム・チョルス
原作:土田英生/演出:キム・グァンポ/翻訳:イ・ホンイ/脚色:キム・ウンソン

チケットは、インターパーク、YES24、LGアートセンターホームページなどで発売中。

写真提供:LGアートセンター ©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。