[PLAY]井上ひさし原案『木の上の軍隊』韓国版、稽古場写真を公開

 

kinouekeiko1

新兵役のソン・ドゥソプ

kinouekeiko2

新兵役のシン・ソンミン

世界各国で上演された話題作や韓国オリジナルの秀作戯曲を上演している「演劇列伝」。その第6シーズンとなる「演劇列伝6」の開幕作となる『木の上の軍隊』が、初日を控え、稽古場写真を公開した。

第二次世界大戦当時、沖縄で敵の攻撃を避けて巨大なガジュマルの木に登って身を隠し、以降2年間もの間、樹上で過ごした二人の兵士の実話をもとにした物語。2010年に逝去した、日本を代表する劇作家井上ひさしが、死の直前まで執筆を準備していたという幻の作品だ。残された資料をもとに蓬莱竜太が執筆し、栗山民也が演出、井上版に出演予定だった藤原竜也主演で死後3年を経て、2013年に上演された作品が、今回韓国で初めて上演される。

日本オリジナル版でも特徴的だった、ステージを埋め尽くす樹上のセットを韓国版でも再現。この舞台美術は、「演劇列伝」で現在再演中の古沢良太原作『趣味の部屋』でも美術を手がけた、舞台美術家の伊藤雅子が担当している。兵士役の俳優たちは、極限の状況で生きた兵士たちをリアルに演じられるよう、稽古場でも立体的な仮設セットを組み、稽古を重ねたという。

kinouekeiko5

kinouekeiko3

分隊長役のユン・サンファ(写真上)とキム・ヨンミン

新兵役のシン・ソンミンは「仮設セットでの稽古が最初は大変でしたが、慣れるにしたがって楽になりましたた。木の上で演技するのは心配ですが、期待感のほうが大きいです」と語っている。また、分隊長役のキム・ヨンミンは「実際に木を昇ったり降りたりするようなセットになっているので、日常生活では使わない筋肉を使い、筋肉痛になりました。今回僕たちのチームはお互いの筋肉痛をいたわりながら親しくなったようです(笑)」と、ユニークな表現で和やかな稽古場の様子を伝えている。

生きるために誰かを殺さねばならないという戦争の矛盾。そして樹上という極限の状況で起こる二人の兵士の対立や理解を通して、我々の生活そのものが終わらない戦争であり、人間が本当に守らねばならないものは何かを問う『木の上の軍隊』は12月19日、20日のプレビュー公演から開幕。来年2月28日まで、芸術の殿堂 自由小劇場で上演される。

kinouekeiko4

ガジュマルの木の精役のカン・エシム(左)とユン・ウンスク


kinoueposter【公演情報】
演劇『木の上の軍隊』(너무 위의 군대)
2015年12月19日~2016年2月28日 芸術の殿堂 自由小劇場

<出演>
●分隊長役:ユン・サンファ、キム・ヨンミン
●新兵役:ソン・ドゥソプ、シン・ソンミン
●木の精役:カン・エシム、ユン・ウンスク

原案:井上ひさし/作:蓬莱竜太/演出:カン・リャンウォン/音楽監督:チャン・ヨンギュ/振付:クム・べソプ/舞台:伊藤雅子/照明:チェ・ボユン/衣装:カン・ギジョン


 

<メイキング映像・インタビュー>

写真提供:演劇列伝 ©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。