キム・ソジン

[PLAY]オ・ジホ演劇初挑戦『アパルトマン』10月上演

[PLAY]オ・ジホ演劇初挑戦『アパルトマン』10月上演

 

演劇初主演のオ・ジホ

LGアートセンターが10月に上演する新作演劇『アパルトマン』の出演者が発表された。
海外の劇団、団体の招聘公演を中心に、独自企画の公演シリーズ「CoMPAS17」を実施しているLGアートセンターは年に1作、韓国の演出家、俳優を起用した演劇を上演している。今年は2015年に東亜演劇賞大賞を受賞した『趙氏孤児:復讐の種』やミュージカル『アリラン』などを演出し、韓国でいま最も注目を浴びる演出家コ・ソンウンを迎え、彼が率いる劇団「プレイファクトリー魔方陣(マバンジン)」と共同制作で『アパルトマン』(韓国語ではラパルトマンと表記)を上演する。

『アパルトマン』は、ヴァンサン・カッセル、モニカ・ベルッチ主演のフランス映画『アパートメント』(1996年 原題L’appartment)が原作。婚約者がありながら、過去に突然姿を消した元恋人の存在を忘れられずにいる男マックスと、彼をめぐる三人の女性との関係を描くラブサスペンスで、2004年にはジョシュ・ハートネット主演で『ホワイト・ライズ(原題:Wicker Park)』と題してアメリカでリメイク映画も制作された作品だ。この映画のファンだというコ・ソンウン演出家が、監督のジル・ミモ―二に直接会って上演権を獲得し、舞台化することになったという。

主人公のマックス役には『ファンタスティック・カップル』『オフィスの女王』などの人気ドラマに主演したオ・ジホ。マックスの“ファム・ファタール(運命の女)”とも言える、昔の恋人リザをミュージカル『ファントム』にも出演した、韓国を代表するバレリーナの一人、キム・ジュウォンが演じる。ともに演劇には初挑戦となる二人が、コ・ソンウン演出家のもと、舞台俳優としてどう変身するのか期待される。

エリス役のキム・ソジン(左)とリザ役のキム・ジュヨン

マックスの親友ルシアンの恋人エリス役にはミュージカル『あの日々』や演劇『プライド』『クローサー』など数々の話題作に出演してきたキム・ソジン。マックスの婚約者ミュリエル役には映画『哭声/コクソン』『ベテラン』やドラマ『アチアラの秘密』『密会』などに出演したチャン・ソヨンと実力派女優がこの作品のカギを握る女性キャラクターとして登場する。

(写真左から)チャン・ソヨン、チョ・ヨンギュ、イ・ジョンフン

また、マックスの親友ルシアン役のチョ・ヨンギュ、リザの現在の恋人ダニエル役のイ・ジョンフンと、「プレイファクトリー魔方陣(マバンジン)」の俳優も出演するなど、助演陣は舞台経験豊富な俳優たちが揃っている。

(写真左から)チョ・ヨンソン、ぺ・ボラム、キム・ヨンレ

コ・ウンソン演出家が初めて映画原作の舞台化に挑む野心作『アパルトマン』は10月18日~11月5日まで上演。10月18日~20日のプレビューチケットは7月20日(木)よりインターパークとLGアートセンター公式サイトで発売開始される。


【公演情報】
演劇『アパルトマン』(라빠르트망 L’appartment)
2017年10月18日~11月5日 LGアートセンター

<出演>
●マックス役:オ・ジホ
●リザ役:キム・ジュウォン
●エリス役:キム・ソジン
●ミュリエル役:チャン・ソヨン
●ルシアン役:チョ・ヨンギュ
●ダニエル役:イ・ジョンフン
ほか、チョ・ヨンソン、ぺ・ボラム、キム・ヨンレ

原作:ジル・ミモ―二/演出:コ・ソンウン

写真提供:LGアートセンター

©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。

イ・ホンイの「ソウルde演劇めぐり」Vol.15

イ・ホンイの「ソウルde演劇めぐり」Vol.15

 

二人の女優の戦い―『短編小説集』

tanpen1

演劇『短編小説集』主演のチョン・グッキャン(左)とキム・ソジン

いつからなのか分かりませんが、ソウルの劇場には圧倒的に女性の観客が多くなりました。だいたい20代~40代の彼女たちのために、即ち、彼女たちをターゲットにして作品を制作するのは、今では普通のことになっています。例えば、魅力的な男性が主人公で、ドラマが強い作品が多くなったのです。女優たちは危機感を感じ始めました。それは、自分が演じる役が、定型化した誰かの恋人、姉、妹、母・・・しかないかもしれないという、一種の不安から来たものだと言えるでしょう。去年、本谷有希子作(「劇団、本谷有希子」主宰)の『来来来来来』(この作品も女優6人だけが出演します)の韓国版『데리러 와 줘!(迎えに来て!)』制作に参加した時、出演者の一人から「今回みたいに悩んだり考えたり分析する役をもらったことがないから、とっても嬉しい」と言われ、ショックだったことを覚えています。

tanpen2このような環境のなかで、8月12日からアメリカの作家ドナルド・マーグリーズが1996年に書いた演劇『短編小説集(단편소설집)』が、韓国で初演されます。この作品は私も所属している創作ユニット「DIRECTURG 42」のメンバー、マ・ジョンファがドラマターグを務めている作品です。20年も前に書かれたこの戯曲を今、韓国で上演する理由は何でしょうか? 彼女に訊いてみたところ、やはり「最初に挙げられるのは、女優だけが出演する二人芝居ということです」と答えました。そして「今も女優二人だけが出る作品があまりないです。だから今、この作品を見ると新鮮だと思える。しかも、劇中この二人の関係は先生と弟子です。普通、女性二人の関係がメインに扱われる作品は、母と娘という設定が多かったですよね」と続けました。

確かに、今まで韓国で女性が主人公だった作品を考えてみると、『実家の母(친정엄마)』『お母さんをお願い 엄마를 부탁해)』など、母と娘の関係を描いていました。それでなくとも、女性のキャラクターは、主に誰かとの関係によって葛藤を抱き、決定的な選択をし、癒されたり、壊されたりする作品が多いです。しかし、この『短編小説集』は、登場する人物のプライベートな悩みは一切触れず、二人のキャリアの争いのみにフォーカスを当てています。自身の仕事に対する野望が、大きな事件・葛藤の原因になっているのです。

tanpen3

稽古場の様子より。人気作家のルース(左)と、学生リサ。師弟関係は当初和気藹々としていたが……

物語の舞台はニューヨークのグリニッジヴィレッジです。成功した女流作家で大学教授でもあるルース・スタイナーのところに、彼女のゼミの学生で作家志望のリサ・モリスンが訪れます。リサは、憧れの作家ルースのアシスタントとして仕事をしながら、彼女のアパートで個人レッスンを受けることになったのです。それから6年が経ち、リサは小説を発表して、新聞に批評も掲載されるようになります。そして、リサが初めて長編小説を書いた後、二人は喧嘩をすることになります。その小説の内容が、ルースがリサだけに話した自分の過去の傷を基にしていたからです。「泥棒だ!」と叫ぶルース、「先生に教えてもらった通りにしただけだ」と言い張るリサ……二人の関係は、壊れてしまうのです。

マ・ジョンファは、「去年、韓国には著名な作家たちの盗作が次々と発覚されて、多くの人々が衝撃を受けました。この作品にも、“盗む”というキーワードが出てきます。ある意味、芸術作品を作ること――つまり“インスピレーションを受けること”は、何か自分のものではないものを持ってくることですね。それはどこまで許されるのか? それを考えさせる作品だと思います。それから、先生と弟子との葛藤というのは、今の韓国社会での世代の葛藤も連想させます。全ての先生は弟子によって必ず何かを奪われます。それは否定できないことです。だからこの作品は“教えるというのは何か?”を問い直す作品でもあります」と話していました。

tanpen4主人公の二人を演じるのは、演劇だけではなく、映画やテレビドラマでも活躍しているという共通点を持っている女優たちです。ベストセラー作家ルース役は、コラム第10回で紹介した、従軍慰安婦を取り上げた演劇『はなこ(하나코)』でレンお婆さんを演じていたチョン・グッキャン。そして、作家志望のリサ役は、ミュージカル『あの日々』2015年公演では司書役を、2014年に韓国版を上演した『背水の孤島』(劇団TRASHMASTERS中津留章仁原作 イ・ホンイ翻訳)では主人公の女性ユウを演じたキム・ソジンです。演技の強弱をうまく調節しなければならない難しい二人芝居で、死に向かっている年老いた人気作家と、成功に向かって疾走を始める新人作家をどのように表現してくれるでしょうか?
さらにこの作品は知的な演出家と評判のイ・ゴン(劇団「的(チョク 적)」主宰、劇団「小さな神話」演出部出身)とのコラボレーションも期待されています。特に彼は、劇中に映像を使う演出家としても知られていて、物語のなかで経過する6年の時間と二人の変化を表現するのに、どのような映像が登場するのか? それもきっと重要な見どころとなるでしょう。彼はコロンビア大学に留学後、主にアメリカの若手作家の作品を翻訳して演劇を制作したり、逆に韓国の優れた戯曲を翻訳して欧米に紹介する活動も行っているのですが、そんな彼が選んだ作品らしく、この戯曲はドラマもキャラクターもとても緻密に描かれています。気鋭の若手演出家が創り上げる本作が、どのように韓国の観客に伝わるかを想像しながら、二人の女優の戦いを応援したいと思います。


tanpenposter【公演情報】
演劇『短編小説集』(단편소설집)
2016年8月12日~8月21日 大学路芸術劇場 小劇場

<出演>
●ルース・スタイナー役:チョン・グッキャン
●リサ・モリスン役:キム・ソジン

原作:ドナルド・マーグリーズ(Donald Margulies “Colledted Stories”)/演出:イ・ゴン/翻訳・ドラマターグ:マ・ジョンファ/助演出:パク・セリョン/舞台:イム・ゴンス/照明:シン・ジェヒ/衣装:チョン・ミンソン/ヘアメイク:キム・グンヨン/音楽:ピ・ジョンフン/音響:イ・ハンギュ、ソ・ヒスク

写真提供:劇団「的(チョク)」 ©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。


←コラム第14回 | コラム第16回→

[PLAY]CJ文化財団が大学路に新劇場「CJ Azit大学路」をオープン

[PLAY]CJ文化財団が大学路に新劇場「CJ Azit大学路」をオープン

 

CJazit

CJ Azit大学路 外観

2006年に設立され、2010年からミュージカル、演劇の若手制作者の発掘・支援事業を本格的に行ってきた「CJ文化財団」が、設立10周年を迎えて大学路(テハンノ)の旧SMアートホールを改装し、この4月から専門劇場「CJ Azit大学路」をオープンした。

ミュージカルや演劇の作品公募から、制作支援、ショーケース公演などを行う「CJ CREATIVE MINDS」や、音楽ライブなど、これまでは麻浦(マポ)区にある多目的ホール「CJ Azit広興倉(クァンフンチャン)」で、主に公演を行ってきたが、公演のメッカ大学路に舞台専門劇場と制作スペースを設けて、さらに事業の拡大と充実をはかる。

入口からモダンに改装された劇場は、同ビルの地下1、2階にある。席数は200席程度と小規模ながら、2階には客席としても、ステージとしても使えるベランダのようなスペースが設けられ、1階の舞台と客席は可変式となっており、制作者が作品に合わせ、自由に創作できるよう設計されているという。

4月24日に若手舞台俳優によるミュージカルコンサート「UNSUNG(언성)」でこけら落とし公演を行った後、「CJ CREATIVE MINDS」2016年の演劇部門の作品が2作品連続で上演されている。

cjcmpinky1

ピンキーとクランジョ姉弟を演じた、イ・ヒョンジュ(左)とキム・ヨンテク

CJcmposter1

『ピンキーとクランジョ』ポスター

まず、5月3日~15日まで上演されたのは『ピンキーとクランジョ』(핑키와 그랑죠)。この作品は、新鋭シン・チェギョン脚本家がアウトサイダー・アートの代表的作家とされる、ヘンリー・ダーガーが遺した『非現実の王国で』にインスパイアされて創作戯曲として執筆。『蜘蛛女のキス』など多数の演劇を手がけたベテラン、ムン・サムファが演出した。

モチーフとなった『非現実の王国で』は、幼いころに孤児となり、晩年まで貧しい掃除夫として孤独な生涯を送ったヘンリー・ダーガーが少女戦士たちの戦闘記を60年にわたって人知れず挿絵とともに執筆し続けた長編小説。本作では、ダーガー自身の実話と、小説のストーリーを織り交ぜ、掃除夫ヘンリーが孤児院から引き取った姉弟を自身が執筆する小説の主人公に仕立てて物語が展開する。14年もの間、いわば幽閉され、子供のまま成長が止まったような姉ピンキー。8年前に家を飛び出し戻ってきた弟クランジョとの葛藤。そして二人の人生を結果的に狂わせたヘンリーの狂気など、原作の世界観を随所に生かした作品となっていた。

cjcmpinky3

脚本のシン・チェギョン(左)と、演出のムン・サムファ

cjcmpinky2

掃除夫ヘンリー役は、演劇界の重鎮キム・ジェゴンが演じた

そして6月4日まで上演中の『クレシェンド宮殿』は弟を亡くし、両親に対する負担を一人背負うことになった「女」が主人公。新たに家庭をもつ勇気もなかった彼女が、SNSを通じて知り合った、ある「男」と関係を持ち始めたことで、母が築いた一見平和に見える宮殿のような家庭の呪縛から逃れようとする姿を描く。

cjcmcreschend2

母親役には過去に「CJ CREATIVE MINDS」に選定され、国立劇団でも上演された『少年Bが住む家』での演技が高く評価され2014年度の「大韓民国演技大賞・演技賞」も受賞したカン・イェシム。娘役には、ミュージカル『あの日々』『月光妖精と少女』や、演劇『プライド』『晩秋』など話題作にひっぱりだこの実力派キム・ソジン。演出は、近年韓国演劇界で注目を浴びた『木蘭姉さん』『黄色い封筒』のチョン・インチョルが担当し、二人の名女優とともに、一段と深みのある作品に仕上げている。

cjcmcreschend1

SNSを通じてモーテルで出会った「男」役のクォン・イル(左)と、「女」役のキム・ソジン

CJ Azit大学路では、今後も「CJ CREATIVE MINDS」のミュージカル制作支援選定作のショーケースや、外部劇団、制作者の作品も含め、韓国オリジナルのミュージカル、演劇作品も上演していくとのこと。劇場ひしめく大学路の新たなランドマークとなることに期待したい。


CJcmposter2【公演情報】
演劇『クレシェンド宮殿』(크레센도 궁전)
2016年5月24日~6月4日 CJ Azit 大学路(旧SMアートホール)

<出演>
母役:カン・イェシム
娘役:キム・ソジン
男役:クォン・イル
息子役:キム・ミンハ

脚本:キム・スルギ/演出:チョン・インチョル

写真提供:CJ文化財団 ©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。

[PLAY]ヒョンビン&タン・ウェイ主演の名作映画を舞台化『晩秋』10月上演

[PLAY]ヒョンビン&タン・ウェイ主演の名作映画を舞台化『晩秋』10月上演

 

lateautumnposterミュージカル『ヴィンセント・ヴァン・ゴッホ』『サリエリ』『ファリネッリ』など、新作創作ミュージカルを次々と発表して韓国公演界を席巻しているHJカルチャーが初めて演劇の制作に挑む『晩秋』が10月に上演決定し、キャストが公開された。

1960~70年代に活躍したイ・マニ監督の同名原作映画は、当時の人気俳優シン・ソンイルとムン・ジョンスク主演で1966年に公開された。その後、韓国や日本で過去6回もリメイクされている名作だ。なかでも2011年にヒョンビンと、中国人女優タン・ウェイが共演したキム・テヨン監督作品が映画では最も新しい作品となるが、演劇として上演されるのは今回が初めてとなる。

物語は、夫殺しの罪で服役中の模範囚エナが、母の葬儀のため3日間のみの仮釈放を許されるところから始まる。エナは故郷へ向かうバスのなかで、乗車賃を貸してほしいと頼む男、フンと出会う。フンは何者かに追われているようだったが、長年の刑務所生活で他者との交流がうまくできなくなっていたエナは、満足に会話もせずフンと別れるが、のちに運命的な再会を果たし、二人は互いに惹かれはじめる。
この古典の名作『晩秋』の世界を舞台に再現するにあたり、いま韓国公演界で旬の魅力的なキャストが揃った。

lateautumn1

(写真左から)フン役のイ・ミョンヘン、パク・ソングォンとエナ役のキム・ソジン、キム・ジヒョン

過去を背負った孤独なヒロイン、エナ役にはキム・ソジンとキム・ジヒョンのWキャスト。ともに若くして柔軟な演技力をもち、ミュージカル、演劇と幅広く活躍中。二人は、昨年ミュージカル『あの日々』や演劇『プライド』に出演して注目を浴びていた実力派女優だ。
そしてエナと運命的な出会いをする謎多き男フン役は、イ・ミョンヘンとパク・ソングォン。イ・ミョンヘンは、『ヒストリーボーイズ』の教師アーウィン役や、『青い日に』『プライド』『ステディ・レイン』『熱い夜(熱海殺人事件)』など、近年演劇界ではひっぱりだこの名優だ。一方のパク・ソングォンは『風と共に去りぬ』の奴隷長、『明成皇后』のホン・ゲフン役や『英雄』『ヴォイツェック』などの大型ミュージカルに多数出演してきた彼が、演劇に本格初挑戦となる。
また、エナが服役するきっかけを作る夫ワンジン役は、ミュージカル『思春期』やソウル芸術団の『失った顔1895』などに出演し、近年頭角を現しはじめているコ・フンジョンがシングルキャストで演じる。
そのほか、HJカルチャー作品『サリエリ』に出演していたイ・ミナとキム・ジョンギョムが、一人多役のマルチキャストとして出演する。

韓国舞台シーンで観客に固く支持されている俳優を見事に揃えたHJカルチャーの代表ハン・スンウォン氏は「今年はイ・マニ監督の没後40年で、原作者キム・ジホンさんが他界された節目の年。通常よりも特別な初演舞台を準備して、“信じて観る”俳優たちと、若い創作陣が情熱を尽くして準備している」と意気込んでいるそうだ。

名優たちとともに秋にふさわしい正統派メロドラマを見せてくれそうな『晩秋』は10月10日より大学路のアートワンシアター1館で開幕。チケットは9月1日(火)午後2時よりインターパーク、YES24で発売開始される。


lateautumnposter【公演情報】
演劇『晩秋』
2015年10月10日~11月8日 大学路アートワンシアター1館

<出演>
●フン役:イ・ミョンヘン、パク・ソングォン
●エナ役:キム・ソジン、キム・ジヒョン
●ワンジン役:コ・フンジョン
ほか、イ・ミナ、キム・ジョンギョム

写真提供:HJカルチャー ©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。

[PHOTO]ミュージカル『月光妖精と少女』プレスコール

[PHOTO]ミュージカル『月光妖精と少女』プレスコール

 

ミュージカル『月光妖精と少女(달빛요정과 소녀)』プレスコール
2015年1月21日 忠武アートホール 小劇場ブルー
出演:パク・へジュン、パク・フン、キム・ソジン、キム・ソジョン
演出・脚本:ミン・ボッキ 音楽監督・編曲:パク・ソヨン

 gekko1 gekko2 gekko3 gekko4 gekko5 gekko6 gekko7 gekko8 gekko9 gekko10 gekko11 gekko12 gekko13 gekko14 gekko15 gekko16 gekko17 gekko18 gekko19 gekko20 gekko21 gekko22 gekko23 gekko24 gekko25a
©韓劇.com All rights reserved. 掲載写真の無断使用・転載を禁止します。