キム・ジュンウォン

[PLAY]映画『殺人の追憶』原作、『私に会いに来て』豪華キャストで20周年特別公演!

[PLAY]映画『殺人の追憶』原作、『私に会いに来て』豪華キャストで20周年特別公演!

 

2016naruboro1

ドラマ、映画でおなじみの名優が勢ぞろい!(上段左から)ソン・ジョンハク、ファン・ソクジョン、クォン・ヘヒョ (下段左から)イ・デヨン、キム・レハ、リュ・テホ

映画『殺人の追憶』の原作として知られ、名優たちとともに再演を繰り返してきた演劇『私に会いに来て』が、初演から20周年を迎える2016年に特別公演を実施する。

『私に会いに来て』は、京畿道・華城(ファソン)市で、1986年からの5年間に10人もの女性が殺害された未解決事件「華城連続殺人事件」をモチーフに、劇作家・演出家のキム・グァンリムがシナリオを執筆。1996年に劇団ヨヌ舞台により文芸会館小劇場(現、アルコ芸術劇場小劇場)で初演された。以降10年間、キム・グァンリムが演出も務め、その後は劇団パークの代表でもあった、俳優の故パク・クァンジョンの演出で2度上演されたこともある。この間、数公演で助演出を務めたビョン・チョンジュが2006年から昨年まで演出を引き継ぎ、着実に再演を行ってきた。

ちなみに『私に会いに来て』とは、劇中にも登場する、事件当時流行していた歌謡曲の題名だ。
物語は次々と起こる猟奇的殺人事件の捜査を担当するため、ソウルからエリートの若手キム刑事が華城警察署に派遣される。怪しい人物を次々と取り調べていくが、決定的な証拠がつかめず焦りはつのるばかり。そんななか、キム刑事に惚れる茶房の従業員ミス・キムとの恋愛や、チョ刑事とパク記者の秘めた関係など、捜査本部の人間模様も絶妙に盛り込まれたヒューマン・ミステリーになっている。
事件の資料をもとに創作された、犯行の残酷性や猟奇性を鋭く描き出したセンセーショナルな内容と、捜査に当たる刑事たちのビハインドストーリー、それを演じる俳優たちのウイットに富んだ演技は観客や評論家からも高い評価を得た。同年の百想芸術大賞で戯曲賞(キム・グァンリム)と、新人賞(イ・デヨン)を受賞。さらに、ソウル演劇祭では作品賞と演技賞・人気賞(リュ・テホ)を受賞している。以降も、チェ・ジョンウ、ソン・セビョク、チェ・ジェウンなど、舞台からドラマや映画へも活動の幅を広げる多くのスターたちが出演してきた。
ポン・ジュノ監督は、本作をもとに2003年に映画『殺人の追憶』を制作。観客500万人を突破して、当時としては記録的な大ヒットとなった。主演のソン・ガンホ、キム・サンギョン、パク・ヘイルらはこの作品で一躍映画界のトップスターの座を得た記念すべき作品でもある。

このようなヒストリーを経て、2016年に20周年を迎える『私に会いに来て』の記念公演にはOBとYBの2チームに分けた、新旧の豪華キャストが揃っている。

2016naruboro2

初演メンバー中心のOBチーム(上段左から)リュ・テホ、イ・ハンナ、イ・デヨン、クォン・ヘヒョ、ユ・ヨンス (下段左から)キム・レハ、ファン・ソクジョン、チャ・スンべ、コン・サンア

OBチームは2006年の10周年記念公演を最後に、この作品を後にした初演メンバー、クォン・ヘヒョ、キム・レハ、ユ・ヨンス、リュ・テホ、ファン・ソクジョン、コン・サンアが復帰する。加えて百想芸術大賞で新人賞を受賞したイ・デヨンが、捜査チームの責任者キム班長を演じる。また映画『思悼(サド)』やドラマ『ヨンパリ』など映像界でも活躍するチャ・スンべが容疑者の友人役など一人多役のマルチマン役となる。

2016naruboro3

近年の再演を率いてきたYBチーム (上段左から)イ・ヒョンチョル、ウ・ミファ、ソン・ジョンハク、キム・ジュンウォン、キム・デジョン (下段左から)イ・ウォンジェ、イ・ボンリョン、ヤン・テクホ、イム・ソラ

一方のYBチームは、2006年以降の再演に出演したメンバーで構成されている。キム班長役がはまり役のソン・ジョンハクを筆頭に、『ピローマン』でもソン・ジョンハクと共演したキム・ジュンウォンとイ・ヒョンチョル、2014年公演に出演したイ・ボンリョン、イ・ウォンジェ、ヤン・テクホに、今回唯一の新人であるミス・キム役のイム・ソラが参加している。

この豪華メンバーに加え、作・演出家のキム・グァンリムが10年ぶりに演出に復帰して、さらに期待を高める『私に会いに来て』20周年特別公演は、1月22日から国立劇団 明洞芸術劇場で上演される。


2016naruboroposter【公演情報】
演劇『私に会いに来て』(날 보러와요)
2016年1月22日(金)~2月21日(日) 明洞芸術劇場

<出演>
●キム班長役:イ・デヨン(OB)、ソン・ジョンハク(YB)
●キム刑事役:クォン・ヘヒョ(OB)、キム・ジュンウォン(YB)
●チョ刑事役:キム・レハ(OB)、イ・ウォンジェ(YB)
●パク刑事役:ユ・ヨンス(OB)、キム・デジョン(YB)
●容疑者役:リュ・テオ(OB)、イ・ヒョンチョル(YB)
●パク記者役:イ・ハンナ(OB)、ウ・ミファ(YB)
●ミス・キム役:コン・サンア(OB)、イム・ソラ(YB)
●ウチョル役ほか:チャ・スンべ(OB)、ヤン・テクホ(YB)
●ナム氏夫人役:ファン・ソクジョン(OB)、イ・ボンリョン(YB)

作・演出:キム・グァンリム/音楽:イ・ナリメ/舞台:パク・ドンウ/照明:グ・クンヒ/衣装:パク・ジヘ/ヘアメイク:キム・グニョン/プロデューサー:ホン・ユンギョン

写真提供:Pro’s LAB ©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。

[MUSICAL]ペ・ドゥフン、コ・サンホ主演『明洞ロマンス』本公演に!

[MUSICAL]ペ・ドゥフン、コ・サンホ主演『明洞ロマンス』本公演に!

 

myondon2

ペ・ドゥフンバージョンポスター

キム・ドンウク、チェ・ジェウンらが所属する芸能事務所チャンインエンターテインメントが、2012年に初演し大ヒットさせたロックミュージカル『TRACE U』に続き、忠武アートホールとの共同制作で、新たなミュージカルの上演に乗り出す。
新作ミュージカル『明洞ロマンス』はソウル市中区にある忠武(チュンム)アートホールが推進する、創作ミュージカル支援プロジェクト「MUSICAL HOUSE BLACK AND BLUE」の選定作となり、2014年に2度のショーケースを経て、晴れて本公演に上がった作品だ。

現代を生きる青年ソンホが不思議な力に導かれて突然1956年の明洞にタイムスリップ。画家イ・ジュンソプ、詩人パク・イヌァン、作家チョン・へリンなど当時を生きた実在の文人や芸術家たちと人生や芸術を論じながら友情を築いていくという物語だ。

今回の本公演では、ショーケースから創作に携わったスタッフたちが再集結。脚本・歌詞のチョ・ミニョン、作曲のチェ・スルギはともにこの作品でクリエイターとしてデビューした新鋭だ。演出は『ファリネッリ』『ヘドウィグ』『スプリング・アウェイクニング』などをヒットさせたキム・ミンジョン、音楽監督には『ウェルテル』『風月主』のグ・ソヨンと、新人作家が生み出した作品を経験豊富なベテランががっちりと制作を引き受ける。

そして個性豊かなキャストにも注目だ。タイムスリップする主人公チャン・ソンホ役には、『ベア・ザ・ミュージカル』『マイ・バケット・リスト』などで好演が評判となったペ・ドゥフンと、『ディス・ライフ』『ランウェイ・ビート』などで歌唱力の高さと存在感が光るコ・サンホがWキャストで演じる。
また、韓国のゴッホと称される画家イ・ジュンソプ役はパク・ホサン、キム・ジュンウォン、チ・ヒョンジュンのトリプルキャスト。なかでも『ピローマン』など演劇を中心に出演してきたキム・ジュンウォンは、今回ミュージカルに初挑戦となる。そして『ジーザス・クライスト・スーパースター』のピラート役を熱演したチ・ヒョンジュンは、2014年に明洞芸術劇場で上演されたイ・ジュンソプの半生を描いた演劇『旅立つ家族』に主演しており、再び悲運の天才画家を演じるとあって、注目を浴びるのは必至だ。

myondon1

コ・サンホバージョンポスター

「詩人と木馬」などの美しい詩で知られる詩人パク・イヌァン役には『ファリネッリ』のレリパンチを好演したウォン・ジョンファンと『風月主』『ラブレター』のユン・ソグォン。そして30歳の若さで早世したという女流作家チョン・へリン役には『詩の賛美』『ファリネッリ』などに主演したアン・ユジンと『ヘイ、ザナ!』『チング』などに出演したチョ・ユニョン。登場人物たちが集まる明洞のカフェ、ロマンス茶房のウエイトレス、ソン女人には『ファントム』のマダム・カルロッタ役や『マーダーバラッド』のナレーター役を演じたホン・リュンヒと、『サルチャギオプソイェ』などに出演したパク・ボムジョンが演じる。またソン女人の正体を暴こうとする警察官チェ・ホンイク役は『ファリネッリ』でヘンデル役だったキム・ヒョソプと、『死の賛美』で情夫役だったジョンミンが扮する。

斬新なストーリーと、数々の話題作に出演してきた実力派キャストがそろい、期待が高まる『明洞ロマンス』は10月20日から忠武アートホール小劇場 ブルーで開幕する。


【公演情報】
ミュージカル『明洞ロマンス』(명동 로망스)
2015年10月20日~2016年1月3日 忠武アートホール小劇場 ブルー

<出演>
●チャン・ソンホ役:ペ・ドゥフン、コ・サンホ
●イ・ジュンソプ役:パク・ホサン、キム・ジュンウォン、チ・ヒョンジュン
●チョン・へリン役:アン・ユジン、チョ・ユニョン
●パク・イヌァン役:ウォン・ジョンファン、ユン・ソグォン
●ソ女人役:ホン・リュンヒ、パク・ボムジョン
●チェ・ホンイク役:キム・ホソプ、ジョンミン

写真提供:Pro’s LAB ©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。

[PLAY]水を媒介に本能的な人間の根源をさぐる―『変身物語:Metamorphoses』開幕

[PLAY]水を媒介に本能的な人間の根源をさぐる―『変身物語:Metamorphoses』開幕

 

meta6

meta18『ヒストリーボーイズ』『ピローマン』など、優れた海外戯曲を韓国に紹介してきたNO NAME THEATER COMPANYの6番目の作品となる『変身物語:Metamorphoses』のプレスコールが、4月27日に行われた。

古代ローマの詩人オウィディウスが、ギリシャ・ローマ神話に登場する神々がさまざまな生き物などに変身していくエピソードを集めた名作古典を原作に、米・演劇界の重要人物、メアリー・ジンマーマンが現代的な戯曲に仕上げた作品だ。

15のエピソードから成る『変身物語』の原作から、「1:天地創造」「2:マイダス」「3:アルキオーネとケイクス」「4:エリュシクトン」…など、10のショートストーリーを抜粋し、9人の俳優がさまざまなキャラクターに“変身”して物語が進んでいく。
原作戯曲には“水”が本作の重要なファクターだと記されているそうで、本作でもひざ上まで漬かるほどの木枠でできたプールが舞台の中心を占めている。俳優たちが身につけている白い衣装は、撥水性の高い素材を使っているが、水に動きを取られながらも、各エピソードごとに登場するキャラクターに次々と変身していく様は、観客が想像する以上に過酷であろう。今回、制作費を捻出するにあたり、クラウドファンディングが実施されたが、広いプールに張った水は、観客の投資のおかげで毎公演新しい水を入れ替えることができたそうだ。
また俳優たちの芝居のみならず、エピソードによっては現代舞踏的な振付や、ステージ後方に侍う韓国の伝統音楽、国学をベースにしたフュージョンバンド「ゴレヤ」が奏でる無国籍的サウンドが彩りを添える。水を使った舞台、というだけでも十分に破格だが、ギリシャ神話と韓国的要素のコラボレーションも楽しめる斬新な作品だ。欲望と愛憎、エロスなど、人間が本来もつ本能を具現化したような俗物的なキャラクターたちの姿から、古代ローマ時代に創作された原作が、時間と空間を超越して現代でも有効だということを思い知らされる。
meta26 5月17日まで芸術の殿堂 自由小劇場で公演後、6月19日、20日には京畿道安山(アンサン)市にある、安山芸術の殿堂でも上演される。


metamorphoses
【公演情報】
演劇『変身物語:Metamorphoses』(변신 이야기:Metamorphoses)
2015年4月28日~5月17日 芸術の殿堂 自由小劇場
2015年6月19日、20日 安山(アンサン)安山芸術の殿堂 月見劇場(京畿道安山市)

出演:キム・ジュンウォン、チョン・テミン、ソン・ジユン、オ・ジョンテク、イ・ヒョンフン、チョン・ソンミン、イ・ヒョリム、ユ・ジュへ、キョン・ジウンほか

原作:メアリー・ジンマーマン(Mary Zimmerman)/演出:ピョン・チョンジュ/音楽:コ・レヤ/振付:クォン・リョンウン/舞台デザイン:ヨ・シンドン/照明デザイン:イ・ドンジン/衣装デザイン:ホン・ムンギ/扮装&小道具デザイン:チャン・ギョンスク

<フォトギャラリー>

meta1 meta2 meta3 meta4 meta5 meta6 meta7 meta8 meta9 meta10 meta11 meta12 meta13 meta14 meta15 meta16 meta17 meta18 meta19 meta20 meta21 meta22 meta23 meta24 meta25 meta26 meta27 meta28 meta29 meta30 meta31 meta32 meta33 meta34 meta35 meta36 meta37 meta38 meta39 meta40 meta41 meta42 meta43 meta44

©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。

[PLAY]NO NAME THEATER COMPANYの新作は『変身物語』をアジア初演!

[PLAY]NO NAME THEATER COMPANYの新作は『変身物語』をアジア初演!

 

metamorphoses『ヒストリーボーイズ』『ピローマン』『ステディ・レイン』『雄鶏たちの闘い-COCK』『家族という名の部族―TRIBES』と、韓国未発表の優れた海外戯曲を卓越した演技力をもつ俳優たちとともに紹介してきたNO NAME THEATER COMPANY。6番目の作品となる『変身物語:Metamorphoses』のポスターとキャストが公開された。

原作の『変身物語』は、古代ローマの詩人オウィディウスが、ギリシャ・ローマ神話に登場する神々がさまざまな生き物などに変身していくエピソードを集めた古典文学。この作品をメトロポリタンオペラの演出なども手掛けた米・演劇界の重要人物、メアリー・ジンマーマン(Mary Zimmerman)が再構成して現代的な戯曲に仕上げた。最初はメアリーが席を置いていた学校でのトライアル公演として上演。舞台の真ん中に大きなプールを設置して、水を変身の媒介にするという驚きの演出が話題を集め、2001年にはオフブロードウェイに、翌年にはブロードウェイに進出し、トニー賞演出賞をはじめ、多数の演劇賞を受賞している。

原作では15あったエピソードのなかから10個を抜粋して、人間が元来持っている、愛と欲望によって登場人物たちが変身していく様がつづられる。今回初となる韓国公演でもステージには大きなプールがあり、俳優たちはその中に膝の深さまで浸かって演技するという。女性が水に沈められるようなポスターのイメージは、この作品世界を予告しているようだ。

劇中には、なんと75ものキャラクターが登場し、一人あたり7~8つの役をこなさねばならないそうだが、多様なキャラクターも着実に消化できそうな、本カンパニー作品にはおなじみの出演陣が揃った。

pyon1

(写真左から)キム・ジュンウォン、ソン・ジユン、チョン・テミン

キム・ジュンウォンは、NO NAME THEATER COMPANYの評価を高め、彼の代表作にもなった『ピローマン』を筆頭に3作に主演し、もはや看板俳優と呼んでも過言ではない実力派俳優だ。チョン・テミンは2012年にキム・ジュンウォンと共に『ピローマン』に出演経験あり。これまで、多くの作品で主演を張ってきたソン・ジユンは昨年『雄鶏たちの戦い-COCK』で、キム・ジュンウォンと共演済みだ。

pyon2

(写真左から)イ・ヒョンフン、チョン・ソンミン、オ・ジョンテク

イ・ヒョンフンとオ・ジョンテクは『ヒストリーボーイズ』で昨年共演済み。また、イ・ヒョンフンとチョン・ソンミンは昨年、野田秀樹の『半神』日韓公演に出演していたため、日本で2人の演技を見たという人も多いだろう。そして 『バンジージャンプする』のイ・ヒョリム、『ラブレター』のユ・ジュへら3人は、当カンパニーおよび演出家が手掛けた作品で頭角を現してきた新人たちだ。

pyon3

(写真左から)イ・ヒョリム、ユ・ジュへ、キョン・ジウン

演出は『ピローマン』『私に会いに来て』『盗まれた本』やミュージカル『ラブレター』のビョン・チョンジュ。加えて、舞台デザインのヨ・シンドン、照明デザインのイ・ドンジンとともに当カンパニー作品を多数手がけてきたスタッフだ。また、今回は音楽が重要な位置を占めるそうで、韓国の伝統楽器と現代の楽器をモダンなスタイルでミックスしているグループ「Coreyah」が、劇中ライブで演奏するそうだ。

韓国には「信じて見る」という表現があるが、本作には俳優も制作陣もまさに観客が「信じて見る」面々が揃い、期待が膨らむ『変身物語』は、4月28日から芸術の殿堂 自由小劇場で開幕する。


 

【公演情報】
演劇『変身物語:Metamorphoses』(변신 이야기:Metamorphoses)
2015年4月28日~5月17日 芸術の殿堂 自由小劇場

出演:キム・ジュンウォン、チョン・テミン、ソン・ジユン、オ・ジョンテク、イ・ヒョンフン、チョン・ソンミン、イ・ヒョリム、ユ・ジュへ、キョン・ジウンほか

原作:メアリー・ジンマーマン(Mary Zimmerman)、演出:ピョン・チョンジュ、音楽:コ・レヤ、振付:クォン・リョンウン、舞台デザイン:ヨ・シンドン、照明デザイン:イ・ドンジン、衣装デザイン:ホン・ムンギ、扮装&小道具デザイン:チャン・ギョンスク

写真提供:NO NAME THEATER COMPANY ©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。

[PLAY]パク・ウンソク、キム・ジュンウォンら出演で『COCK』7月上演

[PLAY]パク・ウンソク、キム・ジュンウォンら出演で『COCK』7月上演

 

ondori『ピローマン』『ステディ・レイン』『ヒストリー・ボーイズ』と海外の名作戯曲を翻訳上演して演劇ファンに評価されているNONAME THEATER COMPANYの4番目の作品となる『雄鶏たちの戦い_COCK』が7月、上演される。

この作品は2013年にイ・ソンギュン、チョン・へジン夫妻の共演で話題を呼んだ演劇『Love, Love, Love』の作者でもある英国の劇作家マイク・バートレットが2009年に発表した『COCK(雄鶏)』が原作。明確な性のアイデンティティを持てなかった青年ジョンがM(男)、W(女)、F(家族)という周囲の人間と葛藤する姿を通して“生と性”を問う、という物語だ。英国での上演時には、『007 スカイフォール』のQ役などで知られるベン・ウィショーや人気ドラマ「SHERLOC シャーロック」のモリアーティ役、アンドリュー・スコットなどの人気俳優が主演して注目を浴びた。

韓国初演では、演劇『ヒストリー・ボーイズ』で主人公ポスノや教師アーウィンを翻弄する生徒デイキンを演じたパク・ウンソクが主人公ジョン役に。そしてジョンに関わるM(男)役には、演劇『ピローマン』や『私に会いに来て』で圧倒的な演技を見せたキム・ジュンウォン。W(女)役には『私とおじいちゃん』『海霧』『君となら』など小劇場演劇には欠かせない演技派女優ソン・ジユン。そしてF(Mの父親)を『デモクラシー』など数々の演劇に出演してきたベテラン、ソン・ジュンナムが演じる。

parkwoonsok

(写真左から)パク・ウンソク、キム・ジュンウォン、ソン・ジユン、ソン・ジュンナム

今年は英国発の戯曲上演がさかんな韓国演劇シーン。実力派俳優を揃えた本作も観劇ファンの耳目を集める作品になりそうだ。

■公演情報■

「雄鶏たちの戦い_COCK」

  • 7月11日~8月3日 ドゥサンアートセンター Space111
  • 演出:ソン・ジョンアン(演劇「ヒストリー・ボーイズ」やミュージカル「バンジージャンプする」で助演出)
  • 翻訳:イ・インス(演劇「ピローマン」「私は私の妻だ」ほか翻訳)
  • 舞台デザイン:シン・スンリョン(「メディアの子供たち」「アンニョン、マイ・バタフライ」ほか)
  • 照明デザイン:イ・ドンジン(「愉快な下女マリサ」「ステディ・レイン」「モビーディック」ほか)
  • 出演:パク・ウンソク、キム・ジュンウォン、ソン・ジユン、ソン・ジュンナム