カン・ホンソク

[MUSICAL]大ヒット作が華麗なる帰還!『キンキーブーツ』2016キャスト発表!

[MUSICAL]大ヒット作が華麗なる帰還!『キンキーブーツ』2016キャスト発表!

 

2016kinky1

(写真左から)チャーリー役のイ・ジフン、キム・ホヨン  ローラ役のチョン・ソンファ、カン・ホンソク

2013年のブロードウェイ初演が成功をおさめ、トニー賞やオリビエ賞など多数のアワードをを受賞。ブロードウェイ初演からCJ E&Mが共同プロデュースとして参加し、新たなミュージカル制作のスタイルを開拓した『キンキーブーツ』。2014年に制作陣をそのままに、人気俳優を揃えて上演した韓国版も驚異的な動員を記録して、ミュージカル界に新風を巻き起こした作品だ。
約1年半ぶりの再演にあたり、ニューフェイスを多数揃えた2016年キャストが発表された。

親から譲り受けた倒産寸前の靴工場を経営するチャーリー役には、イ・ジフンとキム・ホヨン。ともに、ミュージカル『ラ・カージュ(オ・フォール)』や『プリシラ』で、美しい女装を披露していた二人だが、今作ではドラァグクイーンのローラとともに、きらびやかなブーツ制作に挑む青年経営者として、凛々しい姿を舞台で見せてくれそうだ。

ブーツ制作のアイデアを提供し、靴工場を経営難から救うことになるドラァグクイーンのローラ役には、チョン・ソンファとカン・ホンソク。韓国版『レ・ミゼラブル』ではジャン・バルジャンを初演から演じ、勇壮な歌声を聴かせていたチョン・ソンファだが、『ラ・カージュ』で演じたゲイカップルの主人公エルヴィン役は絶品で、フェミニンな演技も得意とするだけに、ハマり役となるのは間違いない。そして、韓国初演でソウルフルな歌声とともにローラ役を完璧にこなして話題を呼び、同年度の「ザ・ミュージカル・アワード」主演男優賞も受賞。一気に役者としての株を上げたカン・ホンソクのカムバックは初演からのファンには朗報だ。

2016kinky2

靴工場の現場を仕切り、ローラと敵対するドン役には初演で同役を演じたコ・チャンソクとシム・ジェヒョンのWキャスト。唯一無二のキャラクターと味のある演技が光るコ・チャンソクに対し、若手ながらどっしりとした重厚感を見せるシム・ジェヒョンと、対照的な個性を今年も堪能できそうだ。

靴工場の再生のため、チャーリーを支えるスマートな女子社員ローレン役には、結婚・出産後、昨年から活動を再開し『風と共に去りぬ』『エドガー・アラン・ポー』などの大作で存在感あるヒロイン像を披露していたキム・ジウ。チャーリーの長年の恋人であるローレン役にはシン・ウィジョンと、今年は女性キャストがそれぞれシングルキャストで登場する。

2016kinky3

(写真上段左から)エンジェル役のキム・ジュンレ、ウ・ジウォン、クォン・ヨングク (写真下段左から)ソン・ユテク、ハン・ソンチョン、パク・ジンサン

また、韓国初演時に大きな人気を博したのがローラのドラァグクイーン仲間として登場する「エンジェル」たち。今回は初演メンバーである、キム・ジュンレ、ウ・ジウォン、クォン・ヨングク、ソン・ユテク、ハン・ソンチョンに加えて、ミュージカル『ニュージーズ』への出演を通じて実力を認められたB-BOYグループ、フュージョンMC出身のダンサー、パク・ジンサンが起用された。美麗な容姿とキレのあるダンスで、物語を盛り上げてくれる彼らの活躍に期待したい。

7月に行われる日本版では三浦春馬と小池徹平が主演し、さらに作品への注目度が上がるのは必至だ。実話を基にした感動的なストーリーと、シンディー・ローパーが手掛けたポップな楽曲。ブロードウェイの一流制作陣による舞台や衣装が堪能できる『キンキーブーツ』は9月2日から11月13日まで、ブルースクエア サムソン電子ホールで上演。1次チケットは6月27日より発売開始される。


2016kinkyposter【公演情報】
ミュージカル『キンキーブーツ』(킹키부츠)
2016年9月2日~11月13日 ブルースクエア サムソン電子ホール

<出演>
●チャーリー役:イ・ジフン、キム・ホヨン
●ローラ役:チョン・ソンファ、カン・ホンソク
●ローレン役:キム・ジウ
●ドン役:コ・チャンソク、シム・ジェヒョン
●二コラ役:シン・ウィジョン
●エンジェル役:キム・ジュンレ、ウ・ジウォン、クォン・ヨングク、ソン・ユテク、ハン・ソンチョン、パク・ジンサン

脚本:ハーヴェイ・フィアスタイン/作詞・作曲:シンディー・ローパー/演出・振付:ジェリー・ミッチェル/原作:ジェフ・ディーン&ティム・ファース/音楽スーパーバイザー:ステファン・オレムス/協力演出:ディヴィ・ボンズ/協力振付:ラスティ・モワリー/協力音楽スーパーバイザー:ウィル・ヴァン・ダイク/

写真提供:CJ E&M ©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。


<スポット映像>

<メインキャストインタビュー>

<エンジェル役インタビュー>

[MUSICAL]キム・ジュンス主演『ドラキュラ』新コンセプト写真を公開

[MUSICAL]キム・ジュンス主演『ドラキュラ』新コンセプト写真を公開

 

2016dracurac1
キム・ジュンスがドラキュラ伯爵役に2週間限定でカムバックするミュージカル『ドラキュラ』の新しいコンセプト写真が公開された。
各キャストが、本作ならではの冷たく、ゴシックな雰囲気を生かしつつ、それぞれの魅力を発揮して作品への期待感を増幅させている。

2年ぶりに戻ってきたドラキュラ役のキム・ジュンスは、雪が降りしきる深い闇のなかで何かを見つめている憂いに満ちた切ない視線が印象的だ。何よりもダークななかにひときわ際立つ深紅の髪が見る者の目を奪い、心を揺さぶる。
一方、Wキャストのパク・ウンソクは、こちらに何かを訴えかけているように、まっすぐ一点を見据えた力強い瞳がキム・ジュンスとは対照的だ。

イム・ヘヨン扮するミナは、まるで前述した2人のドラキュラに見つめられ、彼の魅惑的な姿に翻弄されつつも自らに迫っている言いようのない恐怖に身を凍らせているような硬い表情だ。逆に、イ・イェウンが演じるルーシーは、ドラキュラによって吸血鬼に豹変する前を彷彿とさせる明るい表情を見せている。
カン・ホンソクが演じるヴァン・ヘルシングはドラキュラと直接対決前夜に、固い決意を固めたような静謐な表情。そしてチン・テファは、気づかぬうちに追い詰められていた恐怖に不安を隠せないジョナサンの内心がよく表れている。

2016dracurac2

ドラキュラ役 キム・ジュンス

2016dracurac3

ドラキュラ役 パク・ウンソク

2016dracurac6

ミナ役 イム・ヘヨン

2016dracurac4

ルーシー役 イ・イェウン

2016dracurac5

ヴァン・ヘルシング役 カン・ホンソク

2016dracurac7

ジョナサン役 チン・テファ

6人のキャストがみな、ドラマチックな背景を持つキャラクターたちの姿をビジュアルで披露して観客の期待をさらに煽った『ドラキュラ』は、明日12月9日(水)午後2時より1次スケジュールのチケットが発売される。


2016dracuraposter【公演情報】
ミュージカル『ドラキュラ』(드라큘라)
2016年1月23日~2月9日 世宗文化会館大劇場

<出演>
●ドラキュラ役:キム・ジュンス、パク・ウンソク
●ミナ役:イム・ヘヨン
●ヴァン・ヘルシング役:カン・ホンソク
●ジョナサン役:チン・テファ
●ルーシー役:イ・イェウン

原作:ブラム・ストーカー/プロデューサー:シン・チュンス、ペク・チャンジュ/作曲:フランク・ワイルドホーン/作詞:ドン・ブラック/脚本:クリストファー・ハンプトン/演出・振付:デイヴィッド・スワン/音楽監督:ウォン・ミソル

写真提供:OD MUSICAL COMPANY ©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。

[MUSICAL]キム・ジュンス2週間限定の帰還!『ドラキュラ』キャスト発表

[MUSICAL]キム・ジュンス2週間限定の帰還!『ドラキュラ』キャスト発表

 

2016dracura42014年最高の話題作と呼ばれたミュージカル『ドラキュラ』が約1年半ぶりに2週間限定の再演が決まり、注目のキャストが公開された。

本作はブラム・ストーカーの同名小説を原作に2004年にブロードウェイで初演後、英国、カナダ、日本などでの上演を経て、2014年に韓国で初演された。作曲フランク・ワイルドホーン、演出デイヴィッド・スワン、音楽監督ウォン・ミソルと、大ヒット作『ジキル&ハイド』の制作陣の再集結というだけでも大きな注目を浴びた。物語は亡くした恋人を想いながら1000年以上も生きながらえてきたドラキュラ伯爵が、恋人にうり二つの女性ミナと出会い、再燃した愛情に葛藤するドラマチックなラブストーリー。ミナの婚約者ジョナサンや、ヴァンパイアハンターのヴァン・ヘルシングなど、ドラキュラの前に立ちはだかる障害にドラキュラがどう対峙するのかも見どころのひとつだ。

2016dracura1

ドラキュラ役のキム・ジュンス(左)とパク・ウンソク

再演の情報が解禁されて以降、初演キャストの再登場なるかにファンの注目が集まるなか、今回も人気俳優を集めた豪華キャストが揃った。
ドラキュラ役には初演を大ヒットさせた立役者、キム・ジュンスとパク・ウンソクがWキャストで出演する。作品ごとに安定感を増しているキム・ジュンスが、再び髪を赤く染め、“シアキュラ”となる華麗なるカムバックは、ファンならば見逃せないものになるだろう。Wキャストのパク・ウンソクは初演時にドラキュラ役に大抜擢され、抜群の歌唱力と存在感を見せて大きく飛躍した作品だけに、彼の再登板にも期待大だ。

2016dracura2

ヴァン・ヘルシング役のカン・ホンソク(左)とミナ役のイム・ヘヨン

ドラキュラが一目で恋に落ちる美しきヒロイン、ミナ役は『レベッカ』『ファントム』などの大作で可憐なヒロインを演じてきたイム・ヘヨンがシングルキャストで演じる。また、ドラキュラ最大の敵となるヴァン・ヘルシング役は『キンキーブーツ』で大ブレイクしたカン・ホンソクが務める。前作『デスノート』では死神リュークを見事に演じて話題を呼んだカン・ホンソクは、キム・ジュンスと同じ所属事務所ということもあり、二人の再共演に期待しているファンも多いはずだ。

2016dracura3

ルーシー役のイ・イェウン(左)とジョナサン役のチン・テファ

そしてフランケンシュタインによって吸血鬼と化してしまうルーシー役は、若手注目株のイ・イェウンが演じる。『レ・ミゼラブル』のアンサンブルからキャリアをスタートし、『ウィキッド』『キンキーブーツ』と大ヒットに出演して頭角を現している彼女だけに、見せ場となるルーシーの独唱シーンに要注目だ。また、ドラキュラに翻弄されてしまうミナの婚約者ジョナサン役には、キム・ジュンス、カン・ホンソクと同じC-JeSエンターテインメント所属の歌手チン・テファ。彼はSHINHWAの弟グループを選抜するオーディション番組「バトル神話」で2005年にデビュー。今回が舞台初挑戦となるだけに、今後歌手のみならずミュージカル俳優としての活動への試金石となるだろう。

公演は2週間限定だけに、今回も興行旋風が吹き荒れることは間違いなしの『ドラキュラ』は、2016年1月23日から、ソウル市光化門の世宗文化会館大劇場で開幕。チケットは12月9日から発売開始される。


2016dracuraposter【公演情報】
ミュージカル『ドラキュラ』(드라큘라)
2016年1月23日~2月9日 世宗文化会館大劇場

<出演>
●ドラキュラ役:キム・ジュンス、パク・ウンソク
●ミナ役:イム・ヘヨン
●ヴァン・ヘルシング役:カン・ホンソク
●ジョナサン役:チン・テファ
●ルーシー役:イ・イェウン

原作:ブラム・ストーカー/プロデューサー:シン・チュンス、ペク・チャンジュ/作曲:フランク・ワイルドホーン/作詞:ドン・ブラック/脚本:クリストファー・ハンプトン/演出・振付:デイヴィッド・スワン/音楽監督:ウォン・ミソル

写真提供:OD MUSICAL COMPANY ©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。

[MUSICAL]第9回「ザ・ミュージカルアワーズ」受賞結果発表

[MUSICAL]第9回「ザ・ミュージカルアワーズ」受賞結果発表

 

kinkey1

今年のミュージカル賞『キンキーブーツ』の一場面より

韓国の2大ミュージカル賞のひとつである「ザ・ミュージカルアワーズ」の第9回受賞結果が発表された。
今年は、2014年5月から、今年4月まで上演された作品のうち、ライセンス、創作(韓国オリジナル)を含めた出品作26本のなかから選定された。昨年は、韓国フェリー沈没事故(通称:セウォル号事件)の影響で、例年行われていた華やかな受賞式は自粛されていたが、今年も韓国ミュージカル協会から、受賞結果のみが発表されることになった。

受賞結果は以下のとおり。

■今年のミュージカル賞 『キンキーブーツ』(킹키부츠)
■今年の創作ミュージカル賞 『ファリネッリ』(파리넬리)
■主演男優賞 『キンキーブーツ』カン・ホンソク
■主演女優賞 『ONCE』(원스)チョン・ミド
■助演男優賞 『プリシラ』(프리실라)コ・ヨンビン
■助演女優賞 『ブラッド・ブラザーズ』(블러드 브라더스)チェ・ユハ
■男優新人賞 『ファリネッリ』ルイス・チョイ
■女優新人賞 『Zorro(ゾロ)』(조로)キム・ヨジン
■作曲・作詞賞 『ザ・デビル』(더 데빌)Woody Park、イ・ジヘ、イ・ジナ
■脚本賞 『アガサ』(아가사)ハン・ジアン
■演出賞 『ラブレター』(러브레터)ビョン・チョンジュ
■振付賞 『Zorro』ホン・ユソン
■音楽監督賞 『ファリネッリ』キム・ウンギョン
■衣装賞 『マリー・アントワネット』(마리 앙투아네트)生澤美子(いけざわよしこ)
■照明賞 『根の深い木』(뿌리 깊은 나무)シン・ホ
■音響賞 『ザ・デビル』キム・ピルス

kinkey2

『キンキーブーツ』で主演男優賞を受賞したカン・ホンソク(写真中)

今年の“顔”ともいえる作品賞は、昨年12月から今年2月まで上演した『キンキーブーツ』が獲得した。CJ E&Mががブロードウェイ作品に初めて本格投資して制作し、韓国版も見事大ヒットに導いた本作は、同名映画を原作に、倒産寸前の靴工場をドラァグクイーン御用達のきらびやかなブーツ工場に生まれ変わらせて危機を救うというヒューマンコメディだ。劇中で靴工場に革命をもたらすドラァグクイーンのローラを熱演して作品を大いに盛り上げたカン・ホンソクが主演男優賞を受賞という観客も納得の結果となった。

once1

主演女優賞を受賞した『ONCE』のチョン・ミド(写真右)

一方、主演女優賞は、アイルランド映画『ONCE ダブリンの街角で』が原作の『ONCE』でヒロインを演じたチョン・ミドが初受賞した。秀作と名高い映画版同様、丁寧な作品づくりと俳優たちが生演奏で繰り広げたライブ感溢れるサウンドで、『キンキーブーツ』のような派手さはないものの上質な心温まる作品に仕上がっていた。チョン・ミドは元来評価の高い演技力に加え、劇中で最も印象深い曲「Falling Slowly」を歌うシーンでピアノを弾くために、演奏をいちから学んで役に挑んだ努力も評価されたようだ。

fari18

『ファリネッリ』で男優新人賞を受賞したルイス・チョイ

最多受賞となる3部門で受賞したのは、今年1月から行われた「創作産室」という創作ミュージカルの新作上演プロジェクトから誕生した『ファリネッリ』。去勢された男性歌手=カストラートのファリネッリの劇的な生涯を舞台化した本作は、4月末には早くも再演されるなど、プロジェクトの上演作のなかでは群を抜いた完成度を見せていた。“カストラートの再来”と呼ばれるほど、驚異の歌声を聴かせて大ヒットの立役者となったカウンターテナーの声楽家、ルイス・チョイが男優新人賞を受賞している。

thedevil

『ザ・デビル』のシーン写真より

作曲・作詞賞、音響賞受賞と、サウンド面では昨年8月から11月に上演された『ザ・デビル』が大きく評価された。『ヘドウィグ』『ジーザス・クライスト・スーパースター』など、ロックミュージカルの演出に定評のあるイ・ジナが、ゲーテの「ファウスト」を題材にオリジナル作品として制作。悪魔に魂を売って成功をものにした男と、彼を愛する女、そして二人を破滅に導くデビルの危険な関係を描き、韓国のミュージカルマニアに固い支持を得ていた作品だ。この作品に出演していたマイケル・リーが推薦したという音楽家Woody Parkの作曲によるダイナミックなロックサウンドとともに、ステージにバンドとコーラスを入れたショーミュージカル形式で上演された本作は、韓国では過去に類を見ない世界観を見せていた作品だった。

DSC_0083

『マリー・アントワネット』より

そして日本人にとってうれしいのは『マリー・アントワネット』の衣装デザイナー、生澤美子の衣装賞受賞だ。昨年11月から韓国初演した本作は、一時は栄華を極めながらもフランス革命のさなか、断頭台の露と消えたマリー・アントワネットの波乱の生涯を舞台化したもの。幼少期からフランス王室へ嫁ぐまでの華やかでゴージャスなドレス、革命運動が始まって囚われの身となり凋落した姿……と、マリーの栄枯盛衰を池澤は衣装で見事に表現していた。日本ではミュージカル『レディ・ベス』ですでに披露されていたが、改めて韓国でもその実力を認められる結果となった。

昨年は、セウォル号事件や制作会社の相次ぐ倒産など韓国ミュージカル界はさまざまな危機を迎えた1年と言われていたが、そんな厳しい環境のなかでも着実に成果を残した作品、および俳優が受賞を果たした内容となった。
受賞者・作品のラインナップは、公式サイト(http://www.themusicalawards.co.kr/)で確認できる。

©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。

イ・ホンイの「ソウルde演劇めぐり」Vol.4

イ・ホンイの「ソウルde演劇めぐり」Vol.4

 

韓国版『デスノート』、ついに幕が上がる!

death1

制作発表での2ショット ホン・グァンホ(左)とキム・ジュンス ©CJeS Culture

いよいよ明日のプレビューからミュージカル『デスノート』が開幕します! 本公演は、6月20日から8月9日まで、約1800席の座席数を誇る、京義道・城南(ソンナム)市にある、城南アートセンターのオペラハウスにて上演されますが、チケット発売日にあっという間に全席完売を記録し、すでに韓国では上半期最高の話題作になっています。栗山民也演出、フランク・ワイルドホーン作曲、ジャック・マーフィー歌詞、アイヴァン・メンチェル脚本といった豪華なクリエイターたちとともに、夜神月(ヤガミライト、以下ライト)役にホン・グァンホ、L(エル)役にはキム・ジュンスがキャスティングされ、いま城南アートセンターには、まさにアメリカ、日本、韓国のミュージカル界のスターたちが集結しているのです。

deathhgh

夜神月(ヤガミライト)役のホン・グァンホ ©CJeS Culture

作品のクオリティは4月に東京・日生劇場で上演された日本版ですでに証明されましたが、韓国版を制作するにあたり、少々変更された部分もあります。音楽の面ではキーが変わったり、弦楽器がさらに追加されたりしましたし、振付も俳優の役作りに合わせて修正したところがあります。この細かな変化を加えるために、日本版に参加していたスタッフたちがブロードウェイや東京から、ソウルに来ていたのです。そのため、今回私は久しぶりに通訳スタッフに変身して制作に参加しました。これまでコラムでは私が翻訳した作品を紹介してきましたが、それに負けないくらいの愛情を込めて本作品をお勧めします!

何より本作品はミュージカル化されることで、ストーリーはシンプルに、その代わりキャラクターはより鮮明になったと思います。まるでキャラクターの力でドラマが展開されるかのような気までしています。韓国版では登場人物を演じる俳優それぞれの個性によって作品の印象も大きく変わるでしょう。

deathkjs

L(エル)役のキム・ジュンス ©CJeS Culture

例えば、少年のような明るさと集中する時の鋭さを両方持っているホン・グァンホさんは、「そこまで自分の信念に確信を持てるか」と思わせるライトの性格を、観客が納得できる方向に作り上げています。加えて、ライトの衣装は韓国にいるごくふつうの男子学生とそれほど変わらないため、普遍的な“目の前にいるひとりの人間”としても、リアリティのある人物像を感じさせます。一方、日本語がとても上手で日本の演出部とも自由に意見を交わしていたキム・ジュンスさんは、実存しないようなキャラクターをとても繊細に描いています。Lに感情が入っていくことで、彼の純粋さと狂気は客席の隅から隅まで届くことでしょう。この二人が自分の中の確かな何かを信じながら「我こそ正義(ネガジョンイダ/내가 정의다)」と歌い出すとき、それぞれの違う音色はパワフルな争いを連想させ、劇的な効果を生みだすはずです。

deathkhs

爆発的なエネルギーに期待! 死神リューク役のカン・ホンソク ©CJeS Culture

ほかにも、死神リュークを演じるカン・ホンソクさんは、彼特有のはつらつとした愉快な人柄を生かし、ライトのパートナーになります。それからアイドル・スター、弥 美砂(アマネミサ)役のチョン・ソナさんと彼女を守るもう一人の死神レム役のパク・へナさんのケミストリー(化学反応)も絶対逃してはいけない見どころです!

deathcsa

韓国版ミサミサはかなり大人っぽいキャラに? 弥美砂役のチョン・ソナ ©CJeS Culture

最高のエンターテインメントを見せてくれるはずの韓国版『デスノート』。しかしこの作品は「このような腐った世界を作った神」と「世の中の腐っている人たちを審判するキラ」のうち、どちらが正しいのか? という質問を投げかけ、今まで護られていた「正義」と「信念」という言葉に疑いを持たせます。現キャストの組み合わせでは今後見たくても見られない幻の舞台になるかもしれない韓国版『デスノート』ですが、超満席になっている客席を想像しながら、「ハラハラ、ドキドキ!」幕が上がることを楽しみにしております。

deathphn

韓国のイディナ・メンゼルの異名を持つ歌唱力に期待 死神レム役のパク・ヘナ ©CJeS Culture


【公演情報】
ミュージカル『デスノート』(데스노트)韓国版
2015年6月19日(プレビュー公演)、6月20日~8月9日(本公演)
城南アートセンター(⇒会場までのアクセス、劇場紹介)

出演:ホン・グァンホ、キム・ジュンス、チョン・ソナ、カン・ホンソク、パク・ヘナ、イ・ジョンムン、イ・スビンほか
演出:栗山民也/作曲:フランク・ワイルドホーン/作詞:ジャック・マーフィー/脚本:アイヴァン・メンチェル/音楽監督:キム・ムンジョン

写真提供:CJeS Culture ©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。


←コラム第3回 | コラム第5回→