カン・ソンジン

[PLAY]チャン・ジン戯曲をキム・スロが上演『タクシー・ドライバー』10月開幕

[PLAY]チャン・ジン戯曲をキム・スロが上演『タクシー・ドライバー』10月開幕

 

2016taxi1

(写真上段左から)キム・スロ、キム・ミンギョ、カン・ソンジン (下段左から)チョ・ヘイン、キム・ドンヒョン、チョ・ガビ

昨年、キム・スロプロジェクトにより伝説の舞台を11年ぶりに上演した『タクシー・ドライバー』が1年ぶりの帰還を果たす。

演劇『タクシー・ドライバー』は、映画監督、劇作家として知られるチャン・ジンの作・演出で1997年に初演。当時“チャン・ジン師団”と呼ばれる常連俳優のひとりであったチョン・ジェヨンを主演に上演された。
タクシー運転手だったというチャン・ジンの父親の逸話を基に創作された本作は、チャン・ジン式ユーモアがたっぷりの言葉遊びも盛り込まれ、韓国での原題『タクシー・ドリボル(택시 드리벌)』は、劇中で運転手の“言い間違い”が発端となっている。

2016taxi2

2015年公演の様子

約1年ぶりの再演となる今回は、昨年のメインキャストを中心に、新旧メンバーを織り交ぜたキャストとなっている。
主人公のタクシー運転手、チャン・トッペ役には、コメディショー番組「SNL Korea」などで活躍中のコメディアン、キム・ミンギョ。チャン・ジンのオリジナル版時代にも本作に主演したカン・ソンジン。そして、昨年は本作で乗客となるチンピラ役で出演していたキム・ドンヒョンが、トッペ役に挑む。
そしてトッペの初恋の相手として登場するユ・ファイ役には新人女優のチョ・ヘインとチョ・ガビ。そして、タクシーの乗客となりひと騒動起こす3人のチンピラの“オッケ(=肩の意味)”1.2.3役を、キム・スロに加え、トッペ役のカン・ソンジン、キム・ドンヒョンが一人二役で出演する。
そのほか、劇中にはさまざまなタクシーの乗客が多数登場するが、パク・ジュンソ、アン・ドゥホら昨年に引き続き出演して芝居を盛り上げる。

笑いと涙の人情ドタバタ喜劇『タクシー・ドライバー』は、10月1日からドゥサンアートセンター ヨンガンホールで開幕する。


【公演情報】
演劇『タクシードライバー』(택시 드리벌)
2016年10月1日(土)~12月4日(日) ドゥサンアートセンター ヨンガンホール

<出演>
●チャン・トッペ役:カン・ソンジン、キム・ミンギョ、、キム・ドンヒョン
●ユ・ファイ役:チョ・ヘイン、チョ・ガビ
●オッケ(チンピラ)1・2・3役:キム・スロ、カン・ソンジン、キム・ドンヒョン

ハン・ウヨル、パク・ジュンソ、チェ・ソウル、パク・ジン、チョン・サンフン、チェ・ヨンドン、キム・ロサ、ソ・ジエ、リュ・ギョンファン、チョ・フン、パク・ソウン、ソ・へウォン、イム・ジュンワン、パク・ヒョヌ、キム・ソンジュン、キム・アヨン、キム・ウンジュ、アン・ドゥホ、チョン・ジェヒョク、ノ・スアほか

プロデューサー:キム・スロ、チェ・ジン/原作:チャン・ジン/演出:ソン・ヒョウォン

写真提供:ASIA BRIDGE CONTENTS ©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します

[PLAY]ワケアリメンズたちの欧州珍道中!音楽劇『ヨーロッパ・ブログ』7月開幕

[PLAY]ワケアリメンズたちの欧州珍道中!音楽劇『ヨーロッパ・ブログ』7月開幕

 

2016europe4

フランス、スイス、イタリアを回ったヨーロッパ旅行写真も公開

大学路を中心に精力的にプロデュース作を上演しているキム・スロプロジェクトの第17弾作品となる『ヨーロッパ・ブログ』が7月、約1年半ぶりに3度目の再演を行う。

『女神さまが見ている』の劇団ヨヌ舞台から誕生した『インディア・ブログ』『トーキー・ブルース』などの“旅行ブログシリーズ”から派生した本作は、俳優たちが実際にヨーロッパ旅行に向かい、体験したさまざまなエピソードを盛り込みながら、観客もまるで旅行に行ったような気分が味わえるヒーリング音楽劇だ。
2013年の初演から演出を担当するイ・ジェジュンは、「今回初参加するキャストによりイメージも大きく変わり、旅行中のエピソードも積極的に活用する」と、2016年版ならではの新鮮味溢れる公演になることを予告している。

2016europe3

(写真左から)ベテランバックパッカー、ジョンイル役のキム・スロ、カン・ソンジン、キム・ドンヒョン

韓国語ではバックパックを担いだ貧乏旅行を(배낭여행 ペナンヨヘン)と呼ぶが、劇中には3人の男性バックパッカーが登場する。
旅行7年目のベテラン、ジョンイル役にはプロデュースのみならず、ドラマなどで俳優としても精力的な活動を続けるキム・スロとカン・ソンジン、そして近年はキム・スロプロジェクト作品の顔となりつつある演劇俳優のキム・ドンヒョンが演じる。

2016europe1

(写真左から)エリートの道を捨てて旅するドンウク役のカン・テウル、チョ・ブンレ、チュ・ジョンヒョク

名門大学卒、一流企業の入社と、誰もが憧れるエリートコースを歩みながら、それをすべてリセットして旅を続けるドンウク役は、『三銃士』『マーダー・バラッド』『あの日々』などのミュージカルで安定した演技と歌唱力を披露しているカン・テウルと、『尹東柱、月を射る』『風月主』などで繊細な演技を見せたソウル芸術団団員のチョ・ブンレ、そして近年は『アガサ』『デストラップ』など、さまざまなキャラクターに挑み、俳優として充実した活動を続けるチュ・ジョンヒョクが起用された。

2016europe2

(写真左から)彼女を探しにヨーロッパにやってきたソクホ役のキム・ギバン、キム・ナムホ、キム・ボガン

身を粉にして働き、パリに住む恋人に送金していたものの、彼女は浮気。愛を取り戻すためにヨーロッパに飛んできたソクホ役には、ドラマや映画の名脇役として知られるキム・ギバンと、日本でのタレント活動を終えて韓国で本格再始動したキム・ナムホ、そして『ゴレゴレ』『ヴィンセント・ヴァン・ゴッホ』などで好演したキム・ボガンが三者三様のコミカルなキャラクターを見せてくれる予定だ。

5月上旬には、カン・テウル、チョ・ブンレ、チュ・ジョンヒョク、キム・ギバン、キム・ナムホ、キム・ボガンの6人がフランス、スイス、イタリアの3カ国をバックパッカーとして旅し、有名な観光スポットを訪ねた“認証ショット”も公開している。

見れば旅立つ衝動にかられることは必至の楽しい旅行劇、『ヨーロッパ・ブログ』は7月8日から大学路TOM1館で開幕。1次チケットは6月9日(木)にオープン予定だ。


2016europeposter【公演情報】
演劇『ヨーロッパ・ブログ』(유럽블로그)
2016年7月8日(金)~10月2日(日) 大学路TOM1館

<出演>
●ジョンイル役:キム・スロ、カン・ソンジン、キム・ドンヒョン
●ドンウク役:カン・テウル、チョ・ブンレ、チュ・ジョンヒョク
●ソクホ役:キム・ギバン、キム・ナムホ、キム・ボガン

プロデューサー:キム・スロ、ユ・インス、チェ・ジン/演出・脚色:イ・ジェジュン/原作:チョン・ミナ/作曲・音楽監督:イ・ジヌク

写真提供:ASIA BRIDGE CONTENTS ©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。

[PLAY]チャン・ジン原作、伝説の舞台『タクシードライバー』11年ぶりに再演

[PLAY]チャン・ジン原作、伝説の舞台『タクシードライバー』11年ぶりに再演

 

taxi1

(写真左から)ポスター撮影中のパク・コニョン、キム・ドヒョン、キム・ミンギョ

映画監督として名高いチャン・ジンによる伝説のコメディ、『タクシードライバー』が俳優キム・スロプロデュースで11年ぶりに再演が決定。注目のキャストたちによるポスター撮影風景が公開された。

taxi3『タクシードライバー』は、『トンマッコルへようこそ』(原作・制作)『拍手するときに去れ』(原作・監督)など、自身が生み出した戯曲が多数映画化されているヒットメーカー、チャン・ジン監督が、1997年に初演した代表作のひとつ。初演ではチェ・ミンシク、00年クォン・ヘヒョ、04年チョン・ジェヨンと、今や韓国映画界の重鎮となっている名優たちを主演にチャン・ジン独特のユーモアとシニカルさを盛り込んだシナリオが高く評価されていた作品だ。実際にタクシーの運転手だったというチャン・ジンの父親が体験したエピソードを基に、ひとりの運転手の目を通じて、現代を生きる小市民たちの姿を切り取った喜劇となっている。

韓国語タイトルでは『タクシードリボル(택시 드리벌)』と表記しているのには理由があり、劇中で主人公のタクシー運転手チャン・トッペが自身の職業を間違って発音してしまうエピソードが登場するためだという。ちなみに、チャン・トッペという主人公の名前は、『無駄骨(허탕)』『不器用な人々(서툰 사람들)』など、過去にチャン・ジンが作・演出を手掛けた演劇にも登場した定番のキャラクター名だ。

演劇、ミュージカルと精力的に作品を発表しているキム・スロプロジェクトの第12弾として、舞台に上がる『タクシードライバー』には、映画、ドラマ、バラエティーなどで活躍する多彩なキャストが起用された。

taxitoppe

タクシー運転手チャン・トッペ役のパク・コニョン、キム・ミンギョ、キム・ドヒョン

江原道(カンウォンド)の田舎町からソウルに上京し、持っているものはタクシーだけという39歳独身のタクシー運転手のチャン・トッペ役には、コメディバラエティー「SNL Korea」で人気を博したコメディアンのキム・ミンギョ、『ヘドウィグ』『ディセンバー』などミュージカルに多数主演してきたパク・コニョン。そして、『シャーロック・ホームズ』『ドリーム・ガールズ』などのミュージカルから『デストラップ』などの演劇まで縦横無尽に活躍中のキム・ドヒョンが出演する。

taxifai

トッペの初恋の人ファイ役、キム・イェスル、ナム・ボラ、キム・ジュヨン

トッペにとって“悲運の”初恋の人であるファイ役には、映画『サニー』やドラマ『サメ』などに出演したナム・ボラが舞台初挑戦するほか、大学路の小劇場作品に出演してきた新人女優のキム・イェスルとキム・ジュヨンがヒロインを演じる。

taxiokke

3人組のオッケ(チンピラ)役のカン・ソンジン、キム・スロ、イム・チョリョン

そして、97年の初演ではシン・ハギュンとチュ・ジンモが演じたというタクシーの乗客となる3人のオッケ(チンピラ)役にはコメディの達人ともいうべき、演技派のベテラン俳優たちが揃った。
チンピラ1役には00年公演で同役を演じたキム・スロと、『ヨーロッパ・ブログ』などキム・スロプロジェクト作品に出演してきたパク・ジュヌ。チンピラ2役は04年公演で主人公のトッペを演じたカン・ソンジンと、チャン・ジン作・演出の演劇『不器用な人々』などに出演してきたパク・ジュンソ。そして演劇『デストラップ』への主演やミュージカル『壁抜け男』や『美女はつらいの』の演出家でもあるイム・チョリョンと演劇『イ・ギドン体育館』『ヘビーメタル・ガールズ』など大学路で精力的に活躍中のキム・ドンヒョンが、チンピラ3役を演じる。

taxi2演出はキム・スロプロジェクト作品のひとつである『イ・ギドン体育館』の演出家ソン・ヒョウォン。チャン・ジン作品特有のテイストをどう消化して舞台で見せてくれるのか期待される。11年ぶりの再演で、この秋話題となるのは必至の演劇『タクシードライバー』は、9月1日からドゥサンアートセンター ヨンガンホールで開幕する。


taxyposter【公演情報】
演劇『タクシードライバー』(택시 드리벌)
2015年9月1日~11月22日 ドゥサンアートセンター ヨンガンホール

<出演>
●チャン・トッペ役:キム・ミンギョ、パク・コニョン、キム・ドヒョン
●ファイ役:ナム・ボラ、キム・イェスル、キム・ジュヨン
●オッケ(チンピラ)1役:キム・スロ、パク・ジュヌ
●オッケ(チンピラ)2役:カン・ソンジン、パク・ジュンソ
●オッケ(チンピラ)3役:イム・チョリョン、キム・ドンヒョン

プロデューサー:キム・スロ、チェ・ジン/脚本:チャン・ジン/演出:ソン・ヒョウォン

写真提供:ASIA BRIDGE CONTENTS ©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。

[PLAY]イム・ビョングン、イ・チュンジュ、ユン・ソホ出演『デストラップ』ポスタービジュアル公開

[PLAY]イム・ビョングン、イ・チュンジュ、ユン・ソホ出演『デストラップ』ポスタービジュアル公開

 

deathtrap1

(写真左から)クリフォード役のユン・ソホ、イ・チュンジュ、イム・ビョングン

2014年に初演し、客席占有率85%という小劇場作品としては大ヒット作となった演劇『デストラップ』が開幕を1週間後にひかえ、キャラクターポスターを公開した。

deathtrap2

シドニー役のイム・チョリョン(左)とカン・ソンジン

原作は、映画『死の接吻』や『ローズマリーの赤ちゃん』などの原作者としても知られるアメリカの作家、アイラ・レヴィンが1978年に発表した同名戯曲。ベストセラー作家だったが、現在は大学で教鞭をとるシドニーが、受講生クリフォードが執筆した「デストラップ」という小説を草稿からすべて盗もうと企てる神経戦をスリリングに描く。シドニーとクリフォードのほぼ2人劇ということもあり、役者の技量が如実に作品に反映される作品だが、初演ではアドリブもふんだんに盛り込み、コミカルでありながら、息をのむような反転シーンもある上質なサスペンス劇に仕上がっていた。

deathtrapA今回の再演は、初演キャストのクリフォード役のなかでも一番人気だったユン・ソホに加え、イム・ビョングン、イ・チュンジュとミュージカルでは安定した評価を得てきた2人が、歌なしの芝居に本格挑戦するのが見どころ。対するカン・ソンジンとイム・チョリョンは、物語を牽引する役割も果たすシドニー役をどう消化するのか楽しみだ。

本作で一躍若手演出家のホープとなったキム・ジホが、ミュージカル『アガサ』の演出を経て本作の再演にどう臨むのか注目されている『デストラップ』は4月25日からDCFデミョン文化工場2館で開幕する。


 【公演情報】
演劇『デストラップ』deathtraposter
4月25日~6月28日 DCFデミョン文化工場2館

出演:カン・ソンジン、イム・チョリョン、イム・ビョングン、イ・チュンジュ、ユン・ソホ、ソ・ジユ、イム・セッピョル、ファン・ミヨン、キム・グッキ、キム・ミヨン、チョン・ジェウォン、チョン・ジェヒョク
プロデューサー:キム・スロ、チェ・ジン、演出・翻訳:キム・ジホ

写真提供:ASIA BRIDGE CONTENTS ©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。

[PLAY]演劇『デストラップ』新キャストを迎えて再演!

[PLAY]演劇『デストラップ』新キャストを迎えて再演!

 

deathtrapposter昨年夏に初演し、客席占有率85%という大学路の小劇場演劇としては、記録的な大ヒットとなった、キム・スロプロジェクト第9弾となる演劇『デストラップ』が、多数の新キャストを迎えて早くも再演を果たす。

原作は映画『死の接吻』や『ローズマリーの赤ちゃん』などの原作者としても知られるアメリカの作家、アイラ・レヴィンが1978年に発表した同名戯曲。ブロードウェイで1800回超の公演を行い、トニー賞最優秀作品賞にノミネートされるほどの評価を得た作品だ。その後、名匠シドニー・ルメット監督によりマイケル・ケイン、クリストファー・リーヴ主演で1982年に『デストラップ・死の罠』として映画化もされている。

大学で教鞭をとる作家シドニーが、受講生クリフォードが執筆した「デストラップ」という小説を草稿からすべて盗もうと企てる神経戦をスリリングに描く物語。昨年の初演では“コミック・スリラー”と題して、コミカルな部分を強調し、俳優たちの絶妙なアドリブ合戦も見どころのひとつとなっていた。

deathtrap1

シドニー役のカン・ソンジン(左)とイム・チョリョン

かつては人気作家だったが、現在は故郷に戻り、妻と2人静かな余生を送る主人公シドニー・ブリュール役には、「朝鮮ガンマン」「神の贈り物:49日」などのドラマにも出演しながら、『イ・ギドン体育館』『ヨーロッパブログ』に続きキム・スロプロジェクト作品に出演するカン・ソンジンと、ミュージカル『壁抜け男』『美女はつらいの』では演出のみならず俳優としても出演していたイム・チョリョンが久々に舞台にお目見えする。

deathtrap2

(写真左から)クリフォード役のイム・ビョングン、イ・チュンジュ、ユン・ソホ

対して、才能のみならず魅力的な外貌も兼ね備えた作家志望性クリフォード・アンダーソン役には、初演で圧倒的な人気を誇った『キンキーブーツ』のユン・ソホに加え、『スリル・ミー』『ブラック メリー・ポピンズ』のイム・ビョングンと、『ザ・デビル』『ママ、ドント・クライ』のイ・チュンジュが新キャストに加わった。

deathtrap3

マリア役のソ・ジユン(左)とイム・セッピョル

心臓病を患いながらも夫を支えようとするシドニーの妻マリア役にはキム・スロプロジェクト作品『不埒なロマンス』に出演経験のあるソ・ジユとイム・セッピョルが、本作に初挑戦する。

ほか、劇中に笑いをもたらす怪しい隣人ヘルガ役には映画『サッカー王』や演劇『恋愛時代』に出演したファン・ミヨンと、『パルレ(洗濯)』『おお!あなたが寝ている間に』のキム・グッキに加え、キム・スロが新人育成のために行っている「キム・スロワークショップ」で発掘された新鋭キム・ミヨンが抜擢されたほか、シドニーの友人である弁護士ポーター役のチョン・ジェウォン、チョン・ジェヒョクもやはりキム・スロに才能を見出された新人だ。

演出は昨年、新人ながら高い完成度に仕上げて一躍若手演出家のホープとなり、現在上演中のミュージカル『アガサ』の演出にも大抜擢されたキム・ジホが務める。新キャストを迎え、一段とアップグレードした作品を見せられるか、ここが正念場の再演となりそうだ。

4月26日から開幕する演劇『デストラップ』のチケットはインターパークで発売予定。


 【公演情報】
演劇『デストラップ』
4月25日~6月28日 DCFデミョン文化工場2館

出演:カン・ソンジン、イム・チョリョン、イム・ビョングン、イ・チュンジュ、ユン・ソホ、ソ・ジユ、イム・セッピョル、ファン・ミヨン、キム・グッキ、キム・ミヨン、チョン・ジェウォン、チョン・ジェヒョク
プロデューサー:キム・スロ、チェ・ジン、演出・翻訳:キム・ジホ

写真提供:ASIA BRIDGE CONTENTS ©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。