ウ・ヒョンジュ

[PLAY]劇団メンシアター新作『デビル・インサイド』7月上演!

[PLAY]劇団メンシアター新作『デビル・インサイド』7月上演!

 

davilinside2

(写真上段左から)キム・テフン、ウ・ヒョンジュ、パク・ホサン (同中段左から)チョン・スヨン、イ・チャンフン、グ・ドギュン (同下段)イ・ウン

『ディナー』『SOME GIRL(S)』『隠密な喜び』など、優れた海外戯曲を韓国に初めて紹介し、『ターミナル』『フフフ、ヒヒヒ』などオリジナル作品でも洗練された舞台を披露して、常に観劇ファンに厚い支持を得ている劇団メンシアターが、新作『デビル・インサイド』を7月に上演する。

『デビル・インサイド』の原作者、アメリカの劇作家デヴィッド・リンゼイ=アベアーは、ブロードウェイでいま注目を浴びる劇作家の一人。2006年発表の『ラビット・ホール』でピューリッツァー賞を受賞しており、同戯曲は『ヘドウィグ』で知られるジョン・キャメロン・ミッチェルが監督し、ニコール・キッドマン主演で2010年に映画化されている。

アベアーが1997年に発表した処女作である『デビル・インサイド』は、母子家庭で育ったジンが主人公。誕生日を迎え、成人となった朝に、母親から突然14年前に登山中に心臓麻痺で死んだと聞かされていた父が、実は他殺だったと明かされる。さらに犯人を捜して復讐しろと命じられ、困ってしまうジン。彼は復讐よりも大学でロシア文学の講義を一緒に受けているケイトリンに夢中。しかし、ケイトリンは講義をするカール教授が好きで……と、ジンから派生した奇妙な人間関係のなかで、ある日予期せぬ事故が起こり、復讐の連鎖となっていく。サブタイトルに“誰もが心の奥底に悪魔のひとつくらいは持っている”とついているように、人間の心の闇をユニークな方式で暴き出すブラックコメディだ。

青年ジン役には、独特の間合いととぼけたキャラクターで『ターミナル』『フフフ、ヒヒヒ』など、近年のメンシアター作品には欠かせない存在となりつつあるイ・チャンフン。そしてジンに復讐をけしかける母スレイター夫人役には劇団代表のウ・ヒョンジュ。ジンが片思いするケイトリン役には、『ターミナル』などで、イ・チャンフンとの絶妙な相性を見せてきたイ・ウン。ケイトリンが執着するカール教授役は、『桜の園』『14人(in)チェーホフ』『ターミナル』などのメンシアター作品に客演してきたキム・テフンと、ミュージカル『イン・ザ・ハイツ』『ラブレター』『氷』『デストラップ』と舞台シーンで精力的に活動し、メンシアター作品にも多数出演しているパク・ホサンがWキャストで演じる。
そのほか、彼らの複雑な人間関係に絡んでくるキャラクターとして、ミステリアスなアーティスト、リリー役に『M.Butterfly』に出演していたチョン・スヨン、常に「違う何か」を求めている平凡な男、ブラック役は『望ましい青少年』や鄭義信演出『歌うシャイロック』などで、抜群のコメディセンスを見せていたグ・ドギュンが演じる。

演出は、韓国演劇界で由緒ある「イ・へラン演劇賞』を今年受賞したキム・グァンポ。彼は2015年にメンシアターが上演した『フローズン』の演出も手掛け、全公演が完売する大ヒット作に導いている。

韓国の舞台シーンでは一目置かれている演出家と俳優たちが揃い、期待がふくらむ『デビル・インサイド』は7月8日から、大学路アートワンシアター2館で開幕する。


davilinsideposter【公演情報】
演劇『デビル・インサイド』(데블 인사이드/A Devil Inside)
2016年7月8日(金)~7月31日(日) 大学路アートワンシアター2館

<出演>
キム・テフン、パク・ホサン、ウ・ヒョンジュ、チョン・スヨン、グ・ドギュン、イ・チャンフン、イ・ウン

原作:デヴィッド・リンゼイ=アベアー(David Lindsay-abaire) 演出:キム・グァンポ

写真提供:劇団メンシアター ©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。

[PLAY]パク・ホサン、イ・ソクジュン出演 演劇『フローズン』全公演完売で追加公演実施

[PLAY]パク・ホサン、イ・ソクジュン出演 演劇『フローズン』全公演完売で追加公演実施

 

frozen1

女優ウ・ヒョンジュを代表に、チョン・ミドら女性メンバーが多数所属する劇団「メンシアター」の新作演劇『フローズン-Frozen』が全公演完売の快挙を成し遂げ、観客の声に応えて追加公演を実施する。

frozen4戯曲の選定眼と、俳優たちの安定した演技、クオリティーの高い美術や衣装で、韓国演劇ファンの間でも評価の高い「メンシアター」作品だが、当初6月9日~28日までの約20日間の上演を予定していたものの、発売直後に全公演のチケットが完売。改めて動員力を実証した。

演劇『フローズン-Frozen』は、英国の女性劇作家ブライオニー・ラヴェリー(Briony Lavery)が1988年に発表。2004年にはトニー賞作品賞にもノミネートもされるなど、彼女の代表作となっている。
物語の舞台はイギリス。幼い少女が誘拐され、のちに死体で発見されるという無残な殺人事件が起きる。犯人は小児性愛者の連続殺人犯ラルフ。そして娘を失い、深い哀しみに陥る母親ナンシーが登場する。そこにニューヨークからラルフを研究するためにやってきた精神分析医のアグネーシャが加わり、3人の内面の葛藤と変化が描かれる。それぞれのモノローグから他の2人を浮き彫りにしていきながら、観客は3人の交錯するストーリーを見ることになる。

frozen2

小児性愛者のラルフを演じるパク・ホサン(左)とイ・ソクジュン

frozen3

精神分析医アグネーシャ役のチョン・スヨン(左)と母親ナンシー役のウ・ヒョンジュ

frozen5

韓国初演となる『フローズン』は、劇団「メンシアター」の看板女優であるウ・ヒョンジュとチョン・スヨン、さらに劇団外の作品にも多数出演して安定した演技力を誇るパク・ホサン、イ・ソクジュンというベテラン男優2人も出演するとあって、観客の期待を膨らませる豪華キャストが揃っている。

さらに、錚々たる顔ぶれの制作陣にも注目だ。演出は演劇『M.Butterfly』を大ヒットさせ、7月にはソウル芸術団の新作ミュージカル『神と共に-チョ・スンピョン』の演出も話題のキム・グァンポ。潤色のコ・ヨンオクは、キム・グァンポが主宰する劇団「晴雨(청우 チョンウ)』の作品、『私の名前は川』『主人がいらっしゃった』などで長年タッグを組んできた女性劇作家だ。そして舞台美術は『レベッカ』『モーツァルト!』『フランケンシュタイン』などの大作ミュージカルで見せた独特のデザインに評価が高いチョン・スンホ、照明を『家族という名の部族』『雄鶏たちの闘い』などNONAME THEATER COMPANYの作品を手掛けたチャン・ハンソルが担当する。

今回も争奪戦が必至の追加公演は6月30日~7月5日までの6日間、7公演分のみ。チケットは、5月26日(火)午後3時よりインターパークで発売開始される。


frozen7【公演情報】
演劇『フローズン Frozen』
2015年6月9日~7月5日 アルコ芸術劇場 小劇場

出演:ウ・ヒョンジュ、パク・ホサン、イ・ソクジュン、チョン・スヨン

演出:キム・グァンポ/翻訳:チャ・ヨンファ/潤色:コ・ヨンオク/舞台:チョン・スンホ/照明:イ・ドンジン/音楽:チャン・ハンソル/衣装:パク・ソヨン/扮装:ペク・ジヨン

写真提供:劇団メンシアター ©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。

<俳優インタビュー映像>

[PLAY]イ・ソクジュン&パク・ホサン 劇団メンシアターの新作『フローズン』に出演!

[PLAY]イ・ソクジュン&パク・ホサン 劇団メンシアターの新作『フローズン』に出演!

 

frozen

(写真上左から)ウ・ヒョンジュ、パク・ホサン(写真下左から)イ・ソクジュン、チョン・スヨン

海外の名作戯曲を独自のセレクトと世界観で上演し、演劇ファンに根強い人気をもつ劇団メンシアターが、新作『フローズン Frozen』を6月に上演する。

劇団メンシアターは 、Menという言葉の意味を踏まえ、“ただの人”という意味をもつという2006年に旗揚げした劇団だ。今年『ハロルド&モード』で主人公ハロルドの母親を演じていた女優、ウ・ヒョンジュを代表に『M.Butterfly』に出演中のチョン・スヨン、『青い日に』『彼と彼女の木曜日』に出演したチョン・ジェウン、『サム・ガールズ』などに出演したパク・ホヨンと、メンシアターという名前ながら、創立メンバーはいずれも韓国演劇界で屈指の美貌を誇る女優4人だ。
創団以降、『サム・ガールズ』『ディナー』『カモメ』『14人(in)チェーホフ』『秘密の喜び』『桜の園』『愉快な下女マリサ』などを上演してきたが、毎回セットや衣装デザインにもこだわりを見せていて、女性中心の劇団ならではのセンスを感じさせる作品を上演し続けている。

韓国初演となる新作『フローズン』は、NTLiveで9月に日本上映予定の『宝島』の脚本も手がけている英国の女性劇作家ブライオニー・ラヴェリー(Briony Lavery)が1988年に発表し、バーミンガム・レパートリー・シアターで初演された。その後、2004年にはトニー賞作品賞にもノミネートもされるなど、彼女の代表作となっている。日本では、2012年に上演歴がある作品だ。

物語の舞台はイギリス。幼い少女が誘拐され、のちに死体で発見されるという無残な殺人事件が起きる。犯人は小児性愛者の連続殺人犯ラルフ。そして娘を失い、深い哀しみに陥る母親ナンシーが登場する。そこにニューヨークからラルフを研究するためにやってきた精神分析医のアグネーシャが加わり、3人の内面の葛藤と変化が描かれる。それぞれのモノローグから他の2人を浮き彫りにしていきながら、観客は3人の交錯するストーリーを見ることになる。

ナンシー役には劇団代表のウ・ヒョンジュ、そして幼少期に性的虐待を受けたトラウマを抱えている殺人犯ラルフを、「メンシアター」作品の常連男優であるパク・ホサンとイ・ソクジュンがWキャストで挑むほか、良心の呵責なしに罪を犯す連続殺人犯を研究しているアグネーシャをチョン・スヨンが演じる。4人は劇団内外の作品でも多数共演している気心の知れた同世代の俳優だけに、今回も抜群の呼吸を見せてくれそうだ。

そして演出は『M.Butterfly』が上演中のキム・グァンポ。昨年LGアートセンターで上演された演劇『社会の柱』にもメンシアターの女優陣やイ・ソクジュンも出演しており、キャストとの相性はバッチリ。またパク・ホサンも出演していた『ジュリアス・シーザー』で、2014年度の「東亜演劇賞」の演出賞も受賞するなど、いま最も忙しい演出家が合流したことで、観客にさらなる期待を抱かせている。

まさに“信じて見る”俳優と演出家が見事に揃った『フローズン』は、6月9日~28日まで大学路のアルコ芸術劇場で上演される。


【公演情報】
演劇『フローズン Frozen』
2015年6月9日~28日 アルコ芸術劇場 小劇場

出演:ウ・ヒョンジュ、パク・ホサン、イ・ソクジュン、チョン・スヨン

演出:キム・グァンポ/翻訳:チャ・ヨンファ/潤色:コ・ヨンオク/舞台:チョン・スンホ/照明:イ・ドンジン/音楽:チャン・ハンソル/衣装:パク・ソヨン/扮装:ペク・ジヨン

©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。

[PHOTO]演劇『ハロルド&モード』プレスコール

[PHOTO]演劇『ハロルド&モード』プレスコール

 

演劇『ハロルド&モード』(해롤드&모드)プレスコール
2015年1月15日 国立劇場 タルオルム劇場
出演:パク・チョンジャ、カン・ハヌル、
ウ・ヒョンジュ、ホン・ウォンギ、キム・デジン、イ・ファジョン

DSC_0008 DSC_0011 DSC_0021 DSC_0031 DSC_0038 DSC_0068 DSC_0082 DSC_0124 DSC_0135 DSC_0144 DSCN0057DSC_0173 DSC_0213 DSC_0224 DSC_0247 DSC_0256 DSCN0063DSC_0301 DSC_0314 DSC_0369 DSC_0380 DSC_0397 DSC_0405 DSC_0414 DSC_0426

[PLAY]60歳年の差カップルの心温まるラブストーリー『ハロルド&モード』プレスコール

[PLAY]60歳年の差カップルの心温まるラブストーリー『ハロルド&モード』プレスコール

 

DSC_0247

社会現象的大ヒットとなったドラマ『未生(ミセン)』で好演し、大勢男(대세남 テセナム=注目の男性)と呼ばれているカン・ハヌルが初のストレートプレイに挑む『ハロルド&モード』のプレスコールが1月15日、国立劇場 タルオルム劇場で行われた。『未生(ミセン)』人気が冷めやらぬなか1月9日に開幕した本作は、チケット発売開始直後から圧倒的な売れ行きを誇り、カン・ハヌルの人気を証明している。

DSC_0380

多忙ななかでも、ひとつひとつの仕事を丁寧にこなしているとパク・チョンジャに褒められていたカン・ハヌル

本作は1971年の米映画『ハロルドとモード~少年は虹を渡る』が原作。裕福な家庭で育ちながら、母親の前で狂言自殺ショーをすることが唯一の趣味、という死に囚われた孤独な少年ハロルドが、ある日参列した赤の他人の葬儀で、天真爛漫な老女モードに出会い、始めて恋心を抱く……という物語。演出家ヤン・ジョンウンによれば「2人のロマンスの部分だけではなく友情、人間愛など存在するすべてを含んだ、大きな意味での愛を描いた」作品とのこと。

今回で6回目のモードを演じるパク・チョンジャは現在74歳。制作発表会では「モードと同じ80歳になるまで演じたい」とこの作品への愛着を見せていた。「80歳まで舞台に立てていたら、この作品を演りたいです。これまでモードを演じながら、モードが私のロールモデルになりました。老若男女問わず、この作品を見て“あ、こういう風に生きたい”と思えるような物語になっています。私にはこの人物や人生を伝える義務があると思っています」と、今後もライフワークにしていきたい意気込みを感じさせた。

DSC_0314

「空(ハヌル)に舞い上がるように人気者なってしまった」と身振りも交えて語るパク・チョンジャ

 

ミュージカル『アサシンズ』以来、約2年ぶりの舞台に立ったカン・ハヌルはドラマ『未生(ミセン)』の撮影前から、この作品に出演することが決まっていたそうだ。
「『未生(ミセン)』に出てから、空(=ハヌル)に舞い上がるように人気者になってしまった。公演が終わってから劇場の外で待っているのはハヌルのファンばかり。私のファンは一人もいないのよ」と褒めるパク・チョンジャに、「僕がこういう風に言うと偉そうに聞こえるかもしれないけど、先生はとっても可愛くて愛らしいんです(笑)。稽古のとき、僕はあれこれ演技を試行錯誤するほうなんですが、それを水が流れるように受けてくださる。“あぁ、だから先生なんだな~”と思いました」と、お互いをリスペクトしている様子がうかがえた。

연극 해롤드 & 모드 강하늘 공략_

夜食提供の公約を掲げるカン・ハヌル

観客が1万人を超えたときの公約を求められたカン・ハヌルは、「1万人を超えたらその日に“夜食車”(おでんやトッポッキなどの間食が食べられる屋台カ―)を自腹で提供します」と約束。一方パク・チョンジャは「普段、公演を見に来ることができない人たちを無料招待して特別公演を開きたい」とさすがのコメント。それを聞いてカン・ハヌルは「僕はコーヒーとか夜食車とかしか思いつかなかったのに(笑)」と照れていた。DSC_0397

微笑ましい2人の心の交流が、そのまま舞台にも表れている『ハロルド&モード』は2月28日まで国立劇場タルオルム劇場で上演される。

【公演情報】
演劇『ハロルド&モード』(해롤드&모드)
2015年1月9日~2月28日 国立劇場タルオルム劇場
出演:パク・チョンジャ、カン・ハヌル、ウ・ヒョンジュ、ホン・ウォンギ、キム・デジン、イ・ファジョン
チケットはインターパークほかで発売中

⇒『ハロルド&モード』フォトギャラリー

[PHOTO]演劇『ハロルド&モード』制作発表会

[PHOTO]演劇『ハロルド&モード』制作発表会

 

演劇『ハロルド&モード』制作発表会
12月10日 忠武アートホール コンベンションホール
出演:パク・チョンジャ、カン・ハヌル、ウ・ヒョンジュ、ホン・ウォンギ、キム・デジン、イ・ファジョン

DSC_0453 DSC_0494 DSC_0502 DSC_0554 DSC_0597 DSC_0609 DSC_0617 DSC_0627 DSC_0629 DSC_0652 DSC_0656 DSC_0689 DSC_0696 DSC_0710 DSC_0740 DSC_0763