アン・ユジン

[MUSICAL]イ・ユリほか豪華キャスト競演『おお!キャロル』11月韓国初演

[MUSICAL]イ・ユリほか豪華キャスト競演『おお!キャロル』11月韓国初演

 

ohcarolposter1950~60年代にアメリカンポップスの黄金時代を築いたシンガー、ニール・セダカの名曲でつづるミュージカル『おお!キャロル』韓国初演のキャストが公開された。

ミュージカル『おお!キャロル』は、ニール・セダカの代表曲のひとつである「Breaking Up is Hard To do(邦題:悲しき慕情)」からタイトルを取り、2008年にアメリカで制作。韓国版のタイトルにもなった「Oh! Carol(おお!キャロル)」をはじめ、「You mean Everything to Me(きみこそすべて)」「Stupid Cupid(間抜けなキューピッド)」「One Way Ticket(恋の片道切符)」など、時代を超えて愛されている名曲21曲が劇中で堪能できる、ジュークボックスミュージカルだ。

物語の舞台は1960年代。初恋の人との結婚式を控えていたマージ。式当日に結婚相手に逃げられ、彼女の親友ロイスはマージが新婚旅行に行くはずだったリゾート地へともに失恋旅行に行くことになる。そこに現れた魅力的な男たちとの恋模様や人間模様を描く、ロマンチックコメディだ。

ohcarolcast1韓国初演には、ベテランから若手まで、キャラクターにピッタリな実力派のミュージカル俳優が揃った。マージとロイスが訪れるリゾートの女社長のエスターに長年片思いしているリゾートショーの看板MC、ハービー役は『ウィキッド』『ラ・カージュ』など、現在も一線で活躍する元祖ミュージカルスター、ナム・ギョンジュ。『スウィーニー・トッド』『ラ・マンチャの男』など、大劇場作品には欠かせない個性派ソ・ヨンジュ。そして『オケピ!』『二都物語』『西便制』など、多彩な作品で常に豊かな歌声を聴かせるソ・ボムソクと大御所が名を連ねた。

ohcarolcast2かつては脚光を浴びるスターだったが、現在はパラダイスリゾートの女社長であり、ハービーとの愛に悩むエスター役は『マンマ・ミーア』『シカゴ』などの大型ミュージカルから、映画ドラマでも活躍するチョン・スギョン。『ブロードウェイ42番街』『クーガー』などでセクシーな大人の女を好演していたキム・ソンギョン。そして『ヘドウィグ』のイツァーク役でパワフルな歌声を聴かせたイム・ジナが務める。エスターとの大人の純愛を繰り広げる、ベテラン女優たちの活躍にも期待だ。

ohcarolcast3スターになることを夢見ながら、リゾートショーの専属歌手として働くデル役は『スリル・ミー』『サリエリ』など出演作が常に話題を呼ぶチョン・サンユンと『ニュージーズ』『イン・ザ・ハイツ』など、大劇場作品の主演を次々とこなしている若き実力派ソ・ギョンス。女心をくすぐる魅力的な浮気者キャラというデルを二人がどのように表現するのか注目される。
ohcarolcast4一方、小心者で口下手だが、才能豊かな作曲家ゲイブ役は『ママ、ドント・クライ』『ゴレゴレ』などのミュージカルに出演しながら、ロックバンド「BRICK」でミュージシャンとしても活動するホ・ギュと『ベア・ザ・ミュージカル』『太陽が抱く月』などに主演し、柔らかな歌声と佇まいで観客を魅了してきたソン・ドゥソプ。ともに甘いルックスで人気の二人が、魅力的なキャラクターを演じてさらに女性ファンの心をつかみそうだ。
ohcarolcast5親友マージを慰めるため、旅したリゾートで自身の愛も探すことになるロイス役は『フランケンシュタイン』『死の賛美』などで圧倒的な存在感を披露していたアン・ユジン。『ノートルダム・ド・パリ』『風と共に去りぬ』など、安定した歌声には定評のあるオ・ジニョン。そして、数々の復讐系ドラマに主演し、2014年の「私はチャン・ボリ!」ではMBC演技大賞を受賞。“国民的悪女”の異名をもつイ・ユリが出演する。なかでもイ・ユリは現在『親不孝者は泣く』という演劇にも出演中で、今年は舞台への連続挑戦が大きな話題を呼んでいる。

ohcarolcast6恋に不器用で、傷心のままリゾートに旅立つマージ役は透明感あふれる歌声で『モーツァルト!』『マリー・アントワネット』などの大作から『ロ・ギス』などの小劇場作品までこなすイム・ガンヒと、『風と共に去りぬ』『シンデレラ』などで愛らしいキャラクターを好演してきたチョン・ダニョンが演じる。マージの心を癒す相手は誰なのか? 新しい恋の行方に注目だ。

この冬、観客にキュートで心温まる大人のラブストーリーを届けてくれそうな『おお!キャロル』は、11月19日から狎鴎亭(アックジョン)のクァンリムアートセンター BBCHホールで開幕。1次チケットは、9月21日(水)午後2時から発売開始される。


ohcarolposter【公演情報】
ミュージカル『おお!キャロル』(오! 캐롤)
2016年11月19日~2017年2月5日 クァンリムアートセンター BBCHホール

<出演>
●ハービー役:ナム・ギョンジュ、ソ・ヨンジュ、ソ・ボムソク
●エスター役:チョン・スギョン、キム・ソンギョン、イム・ジナ
●デル役:チョン・サンユン、ソ・ギョンス
●ゲイブ役:ホ・ギュ、ソン・ドゥソプ
●ロイス役:アン・ユジン、オ・ジニョン、イ・ユリ
●マージ役:イム・ガンヒ、チョン・ダニョン

音楽:ニール・セダカ/歌詞:ニール・セダカ&ハワード・グリーンフィールド/脚本:エリック・ジャクソン、ベン・H・ウインタース/プロデューサー:パク・ヨンソク/演出:ハン・ジンソプ/音楽監督:キム・ソンス/振付:ソ・ビョング/舞台:ソン・スクジン/照明:ミンギョンス/音響:キム・ピルス/小道具:チョ・ユンヒョン/衣装:チョ・ムンス/ヘアメイク:キム・ユソン

写真提供:SHOW MEDIA ©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。

[MUSICAL]ペ・ドゥフン、コ・サンホ主演『明洞ロマンス』本公演に!

[MUSICAL]ペ・ドゥフン、コ・サンホ主演『明洞ロマンス』本公演に!

 

myondon2

ペ・ドゥフンバージョンポスター

キム・ドンウク、チェ・ジェウンらが所属する芸能事務所チャンインエンターテインメントが、2012年に初演し大ヒットさせたロックミュージカル『TRACE U』に続き、忠武アートホールとの共同制作で、新たなミュージカルの上演に乗り出す。
新作ミュージカル『明洞ロマンス』はソウル市中区にある忠武(チュンム)アートホールが推進する、創作ミュージカル支援プロジェクト「MUSICAL HOUSE BLACK AND BLUE」の選定作となり、2014年に2度のショーケースを経て、晴れて本公演に上がった作品だ。

現代を生きる青年ソンホが不思議な力に導かれて突然1956年の明洞にタイムスリップ。画家イ・ジュンソプ、詩人パク・イヌァン、作家チョン・へリンなど当時を生きた実在の文人や芸術家たちと人生や芸術を論じながら友情を築いていくという物語だ。

今回の本公演では、ショーケースから創作に携わったスタッフたちが再集結。脚本・歌詞のチョ・ミニョン、作曲のチェ・スルギはともにこの作品でクリエイターとしてデビューした新鋭だ。演出は『ファリネッリ』『ヘドウィグ』『スプリング・アウェイクニング』などをヒットさせたキム・ミンジョン、音楽監督には『ウェルテル』『風月主』のグ・ソヨンと、新人作家が生み出した作品を経験豊富なベテランががっちりと制作を引き受ける。

そして個性豊かなキャストにも注目だ。タイムスリップする主人公チャン・ソンホ役には、『ベア・ザ・ミュージカル』『マイ・バケット・リスト』などで好演が評判となったペ・ドゥフンと、『ディス・ライフ』『ランウェイ・ビート』などで歌唱力の高さと存在感が光るコ・サンホがWキャストで演じる。
また、韓国のゴッホと称される画家イ・ジュンソプ役はパク・ホサン、キム・ジュンウォン、チ・ヒョンジュンのトリプルキャスト。なかでも『ピローマン』など演劇を中心に出演してきたキム・ジュンウォンは、今回ミュージカルに初挑戦となる。そして『ジーザス・クライスト・スーパースター』のピラート役を熱演したチ・ヒョンジュンは、2014年に明洞芸術劇場で上演されたイ・ジュンソプの半生を描いた演劇『旅立つ家族』に主演しており、再び悲運の天才画家を演じるとあって、注目を浴びるのは必至だ。

myondon1

コ・サンホバージョンポスター

「詩人と木馬」などの美しい詩で知られる詩人パク・イヌァン役には『ファリネッリ』のレリパンチを好演したウォン・ジョンファンと『風月主』『ラブレター』のユン・ソグォン。そして30歳の若さで早世したという女流作家チョン・へリン役には『詩の賛美』『ファリネッリ』などに主演したアン・ユジンと『ヘイ、ザナ!』『チング』などに出演したチョ・ユニョン。登場人物たちが集まる明洞のカフェ、ロマンス茶房のウエイトレス、ソン女人には『ファントム』のマダム・カルロッタ役や『マーダーバラッド』のナレーター役を演じたホン・リュンヒと、『サルチャギオプソイェ』などに出演したパク・ボムジョンが演じる。またソン女人の正体を暴こうとする警察官チェ・ホンイク役は『ファリネッリ』でヘンデル役だったキム・ヒョソプと、『死の賛美』で情夫役だったジョンミンが扮する。

斬新なストーリーと、数々の話題作に出演してきた実力派キャストがそろい、期待が高まる『明洞ロマンス』は10月20日から忠武アートホール小劇場 ブルーで開幕する。


【公演情報】
ミュージカル『明洞ロマンス』(명동 로망스)
2015年10月20日~2016年1月3日 忠武アートホール小劇場 ブルー

<出演>
●チャン・ソンホ役:ペ・ドゥフン、コ・サンホ
●イ・ジュンソプ役:パク・ホサン、キム・ジュンウォン、チ・ヒョンジュン
●チョン・へリン役:アン・ユジン、チョ・ユニョン
●パク・イヌァン役:ウォン・ジョンファン、ユン・ソグォン
●ソ女人役:ホン・リュンヒ、パク・ボムジョン
●チェ・ホンイク役:キム・ホソプ、ジョンミン

写真提供:Pro’s LAB ©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。

[PHOTO]ミュージカル『ファリネッリ』プレスコール

[PHOTO]ミュージカル『ファリネッリ』プレスコール

 

ミュージカル『ファリネッリ』プレスコール
2015年4月21日 ユニバーサルアートセンター

出演:コ・ユジン、ルイス・チョイ(チェ)、アン・ユジン、
イ・ジュニョク、キム・ホソプ、ウォン・ジョンファンほか

fari1 fari2 fari3 fari4 fari5 fari6 fari7 fari8 fari9 fari10 fari11 fari12 fari13 fari14 fari15 fari16 fari17 fari18 fari19 fari20 fari21 fari22 fari23 fari24 fari25 fari26 fari27 fari28 fari29 fari30 fari31 fari32 fari33

©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。

[MUSICAL]カストラート役は運命…『ファリネッリ』プレスコール開催

[MUSICAL]カストラート役は運命…『ファリネッリ』プレスコール開催

 

fari19

ファリネッリ役でミュージカル初挑戦のルイス・チョイ

今年1月に行ったプレビュー公演が好評だったミュージカル『ファリネッリ』の本公演が開幕し、4月21日にプレスコールが行われた。

『ファリネッリ』は、1994年の映画『カストラート』でも知られる、ソプラノ歌手のようなハイトーンボイスをもつ18世紀に実在したカストラート歌手、カルロ・ブロスキ=通称ファリネッリの劇的な半生をオペレッタ形式でドラマチックに描いた作品。今年1月に大学路アルコ芸術劇場で行ったプレビュー公演で、ファリネッリ役2人の驚異の声と熱演が話題となっていた。
本作の見どころは、何と言っても“天上の声”と呼ばれるカストラートの特長である高音の声を聴かせるカルロ役を演じる2人。一人は韓国でカウンターテナーの声楽家として活躍するルイス・チョイ(チェ)、そしてミュージカル『モーツァルト・オペラ・ロック』『マリア・マリア』などに出演経験があるグループ「フラワー」のシンガー、コ・ユジンだ。

fari7

ファリネッリ役で新たな魅力を披露するコ・ユジン

制作会社HJ CULTURE代表のハン・スンウォン氏は、構想段階でまずルイス・チョイに電話をして出演を依頼し、もう一人のキャストを探している過程でコ・ユジンに出会ったという。「2人のキャスティングは運命だった」という代表に対し、コ・ユジンも「もしカストラートの物語がミュージカルとして制作されるならば、ずっと演ってみたいと思っていたが、韓国で創作ミュージカルとして制作されるとは思っていなかった」と語り、現代のカストラート的なハイトーンボイスを駆使するルイス・チョイも「代表的なカストラートであるファリネッリの物語をオペラで制作されたらいいと思い続けていたが、ミュージカルとして制作された。仲間たちにはこの作品で夢が叶ったようだと話した」と、ともに念願叶っての運命的な出会いだったという出演秘話を明かした。

fari20

『ファリネッリ』出演は“運命だった”と語るコ・ユジンとルイス・チョイ

また、ミュージカルは初挑戦となるルイス・チョイは「この作品の紹介を受けたときは高音だけ出せばいいのかと思っていました(笑)。演技のことは考えず、高音さえ出せばファリネッリというキャラクターを消化できると思って出演をOKしたが、歌うシーンは2、30%くらいであとは演技という大きな課題があった」と笑いながら語り、「オペラとミュージカルは似ているが、オペラは歌のみならず台詞も音楽が入るため、音楽に始まり、音楽に終わる。ミュージカルは演劇的要素が多く、ドラマに真正性が必要なので、共演者たちの力を借りて血のにじむような努力をした」と演技面では苦労した裏話を語った。

fari14

ファリネッリに愛にも似た執着を見せる兄リカルド役イ・ジュニョク

また本作の重要なキャラクターであるファリネッリの兄、リカルドを演じるイ・ジュニョクは「リカルドは天才に選ばれた中才(才能がカルロには及ばない人物)」であると説明。「映画でこの役を見たときはとても稚拙なキャラクターだと思ったので、プレビュー公演のときはそういうイメージで演じていたが、今回はもっと野望が前面に出てきて執着心が強くなる。本当にファリネッリを愛しているんじゃないか、演じながら同性愛的感情があるんじゃないかと錯覚する時がある」と新たな解釈を披露していた。

fari16

イケメンぶりは宝塚の男役顔負け! アンジェロ役のアン・ユジン

そしてファリネッリの恋人であり、男装のカストラート、アンジェロという難役に挑んでいるのは『フランケンシュタイン』『グルーミーデイ(死の賛美)』のアン・ユジン。まるで宝塚の男役のような颯爽とした姿が印象的だ。「稽古初日にキャストを見て、イケメンがいないと思ったので自分がイケメンにならなければと思い、ヘアメイクの先生と親しくなるなどして努力した(笑)」と笑わせ、「ルイス兄さんがオペラのレッスンをしてくれて、私が演技のレッスンをするなど、この数カ月間は家族のように過ごしてきた。長らくミュージカルをやってきたが、この作品のチームワークは格別」と語り、隣席にいたルイス・チョイらと笑顔を交わすなど、この作品への愛着を見せていた。

制作陣によれば、ファリネッリのハイライトとなるアリアを歌う部分は、コ・ユジンとルイス・チョイの声質に合わせて編曲を変え、それぞれの個性を生かしているという。ヘンデルの「サラバンド(사라방드/Sarabande)」「私を泣かせてください(울게하소서/Lascia Ch’io Pianga)」などクラシックファンにはおなじみの名曲を16名のオーケストラ+20名のコーラスという大編成でオペレッタのように重厚感溢れる音楽をミュージカルの舞台で堪能できるほか、アンサンブル16名によるダイナミックな群舞も魅力の一つとなっている。

fari11『ファリネッリ』は5月10日までユニバーサルアートセンターで公演後、5月16、17日には議政府(ウィジョンブ)、5月30日には安養(アニャン)での地方公演も行われる。


farriposter【公演情報】
ミュージカル『ファリネッリ』
2015年4月18日~5月10日 ユニバーサルアートセンター

出演:コ・ユジン、ルイス・チョイ(チェ)、アン・ユジン、イ・ジュニョク、キム・ホソプ、ウォン・ジョンファンほか

プロデューサー:ハン・スンウォン、キム・ジョンソク/演出:キム・ミンジョン/脚本:キム・ソンミ/作曲:キム・ウニョン、オ・ソリン/振付:チョン・ドヨン/編曲・音楽監督:キム・ウニョン/舞台:シム・ジェウク/音響:キム・ジュハン/照明:キム・ジュンボム/衣装:ドヨン/扮装:ペク・ジヨン

●『ファリネッリ』プレスコール フォトギャラリー

©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。

[MUSICAL]「フランケンシュタイン」全キャストの裏の顔とは!?

[MUSICAL]「フランケンシュタイン」全キャストの裏の顔とは!?

 

写真左から、パク・ウンテ(アンリ/怪物役)、リュ・ジョンハン、ユ・ジュンサン、イ・ゴンミョン(ビクター/ジャック役)、ハン・チサン(アンリ/怪物役)

写真左から、パク・ウンテ(アンリ/怪物役)、リュ・ジョンハン、ユ・ジュンサン、イ・ゴンミョン(ビクター/ジャック役)、ハン・チサン(アンリ/怪物役) ©Robin_Kim

3月18日から忠武アートホール大劇場で開幕される、ミュージカル「フランケンシュタイン」の新しいイメージカットが17日、公開された。

主要全キャストが当初の役柄に加え、“もう一つの顔を持つ”という設定は、1月の制作発表では明かされていなかったため、大きなサプライズとなった。彼らの変身した姿は、2幕の「闘技場のシーン」で登場。暴力や人間の欲があらわになるという場所で、それぞれがまったく逆のキャラクターを演じるというのだから、面白さも倍増しそうだ。

ユ・ジュンサン、リュ・ジョンハン、イ・ゴンミョンは、哲学、科学、医学の天才でありながら強力なトラウマを抱えている主人公のビクター・フランケンシュタイン役。そんな彼が、金と血の匂いにまみれた闘技場を主催する冷酷で貪欲なジャック役を演じるという。

パク・ウンテとハン・チサンが演じるのは、ビクターの研究助手アンリ・デュ・プレ。ビクターを支える頼もしいアンリが、人間に憧れるモンスターに一変するという。これまでスマートな役柄が多かった2人だけに、破格の変身が見られるのは間違いなさそうだ。

そのほかにも、リサ、アン・シハは純真なビクターの婚約者ジュリアから闘技場のメイド、カトリーヌ役に。ソ・ジヨンとアン・ユジンはビクターの行動を理解する唯一の家族エレンから、闘技場主ジャックの妻、エヴァ役に。ジュリアの父ステファン役のイ・ヒジョンは、闘技場の上客であるフェミニンな雰囲気を醸し出すフェルナンド役で。執事ルンゲ役のキム・デジョンは闘技場主ジャックの分身である、せむし男のイーゴリとして登場する。

主要キャラ全員が、まるごと「ジキル&ハイド」状態になってしまう「フランケンシュタイン」、韓国内外のミュージカルファンの背負って3月いよいよ開幕する。

【Facebook フォトギャラリー】

公演情報:ミュージカル「フランケンシュタイン」

3月18日~5月11日(11日~13日はプレビュー公演)忠武アートホール大劇場

チケットはインターパーク忠武アートホール公式サイトで発売中。

写真左から、リサ、アン・シハ(ジュリア/カトリーヌ役)、ソ・ジヨン、アン・ユジン(エレン/エヴァ役)、イ・ヒジョン(ステファン/フェルナンド役)、キム・デジョン(ルンゲ/イーゴリ役) ©Robin_Kim