[MUSICAL]韓国ミュージカルの歴史を作った『ウェルテル』デジタルギャラリーを公開

 

今年で初演から15周年を迎え、オム・ギジュン、チョ・スンウ、キュヒョンと究極のキャストで記念公演を好評上演中の『ウェルテル』が、15年間のヒストリーを振り返る「デジタルギャラリー」を公式サイト http://www.musicalwerther.com/ にオープンした。

2000年に初演した本作は、ゲーテの代表作「若きウェルテルの悩み」を原作に、劇団カッカジが制作。初演キャストは、ウェルテル役にソ・ヨンジュ、アルベルト役にキム・ボムレ、ロッテ役にイ・ヘギョンと、現在も韓国ミュージカル界には欠かせないベテラン俳優として活躍している3人が主演した。究極の片思いを美しく描いた哀しいストーリーのオリジナル脚本は2015年の1年間に演劇『青い日に』『趙氏孤児 復讐の種』やミュージカル『アリラン』などを演出。韓国演劇演出家協会により「今年の演出家賞」を受賞して、今や演出家として確固たる地位を築いているコ・ソンウンが手掛けた。
再演からは『若きウェルテルの悲しみ(젊은 베르테르의 슬픔)』というタイトルで2012年まで再演され、前回の2013年公演から原点回帰の意味も込めて『ウェルテル』と初演タイトルに戻され、今年で初演から10回目の再演となる15周年記念公演を迎えている。
韓国の歴史ある創作ミュージカルを代表する作品だけに、さまざまな記録も持っている本作。なかでも「べ・サ・モ(베사모)」(ウェルテルを愛する集まり/베르테르를 사랑하는 모임)と呼ばれる作品のファンクラブが初めて誕生した創作ミュージカルとして有名だ。
また、『ウェルテル』を経てきた俳優はトップクラスの証、とも言われている。この15年間でウェルテルを演じてきた俳優は、現在15周年記念公演にも出演中のオム・ギジュン、チョ・スンウに加え、キム・ダヒョン、ミン・ヨンギ、パク・コニョン、ソン・チャンウィ、キム・ジェボム、ソン・ドゥソプ、チョン・ドンソクといまも精力的に活躍中の人気ミュージカル俳優たちばかりだ。

2015werterdgallery

デジタルギャラリー トップページ画像より

今回公式サイトにオープンした「デジタルギャラリー」では、歴代公演の貴重な舞台写真が年代別に閲覧できるほか、2012年以降のインタビューやアーカイブ映像も視聴できる。『ウェルテル』の記憶(베르테르의 추억)のページには、ファンが思い出の写真を投稿できるキャンペーンも実施中だ。
そして、12月2日からは音声で『ウェルテル』に出会えるポッドキャスト(ネットラジオ)も実施される。2日から毎週水曜日、全4回にわたり「キムプロのウェルテルポッドキャスト」と題して、ジャズミュージシャンのキムプロ(김프로)をMCに、アルベルト役のイ・サンヒョン、カインズ役のカン・ソンウクとキム・ソンチョル、キャシー役のソン・ナヨンが出演してオンライン上で観客との対話(アフタートーク)を行う予定だ。このプログラムでは、キムプロによるジャズバージョンの『ウェルテル』楽曲オンエアや、出演者たちによる舞台の裏話などがたっぷり聞ける内容になるという。

今年は15周年にふさわしく、写真、映像、ポッドキャストとデジタル的アプローチで特別な時間を設けて、劇場の外でもファンを楽しませている『ウェルテル』は2016年1月10日まで、芸術の殿堂CJトウォル劇場で上演される。


2015werterposter【公演情報】
ミュージカル『ウェルテル』(베르테르)
2015年11月10日~2016年1月10日 芸術の殿堂CJトウォル劇場

<出演>
●ウェルテル役:オム・ギジュン、チョ・スンウ、キュヒョン
●ロッテ役:チョン・ミド、イ・ジヘ
●アルベルト役:イ・サンヒョン、ムン・ジョンウォン
●オルカ役:チェ・ナレ
●カインズ役:カン・ソンウク、キム・ソンチョル

脚本:コ・ソンウン/作曲:チョン・ミンソン/演出:チョ・グァンファ/音楽監督・協力演出:グ・ソヨン/振付:ノ・ジヒョン/舞台:チョン・スンホ/衣装:ハン・ジョンイム/照明:チョン・テジン/音響:ヤン・ソクホ/ヘアメイク:キム・ユソン/小道具:ノ・ジュヨン/チャン・ギョンジン

写真提供:CJ E&M ©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。