[MUSICAL]『ビリー・エリオット』韓国版 5人目のビリーを公開

 

(写真左から)ソン・ジファン、シム・ヒョンソ、チョン・ウジン、エリック・テイラー、キム・ヒョンジュン

5人目のビリーになったエリック・テイラー

12月から韓国で7年ぶりの再演を控える『ビリー・エリオット』が、5人目のビリー役を電撃発表して話題を呼んでいる。

新たにビリー役に加入したのは10歳のエリック・テイラー君。1次オーディション通過後、10カ月にわたるトレーニングを受け、最終選考まで残った7名のうちの一人だったという。これまで一度もダンスをしたことがなかったという彼だが、バレエ、タップ、モダンダンスなどのレッスンを受け、優れた体力と柔軟性に加え大胆さも持ち合わせ、めきめきと上達。しかしながら最終オーディションでは持てる力を存分に発揮できず惜しくも脱落していた。だが、オーディション終了後もダンスに魅了された彼は、たゆまずダンスやアクロバットのレッスンを続け、4月に行われた日本版オーディションに参加。そこで再びオリジナルクリエイティブチームの目に留まって合格し、同月から先に発表されていた4人のビリー役とともに「ビリースクール」に再加入してレッスンを受けているという。

現在5人のビリーたちは、体力強化のためのピラティスやバレエ、タップ、現代舞踊、アクロバット、ストリートダンスにボーカルトレーニングとレッスンを続けており、8月から本格的な稽古に入る予定だ。

2010年の初演時には多くのミュージカルファンが屈指の名作と語り、再演が待ち望まれていた『ビリー・エリオット』。7年ぶりの再演はD-CUBEアートセンターで12月から約5カ月にわたりロングラン上演される予定だ。


【公演情報】
ミュージカル『ビリー・エリオット』韓国版(빌리 엘리어트)
2017年11月28日~2018年4月29日(予定)D-CUBEアートセンター

<出演>
●ビリー役:キム・ヒョンジュン、ソン・ジファン、シム・ヒョンソ、チョン・ウジン、エリック・テイラー
●マイケル役:カン・ヒジュン、クァク・イアン、ユ・ホヨル、ハン・ウジョン
●トニー役:グ・ジュンモ
●お父さん役:キム・ガプス、チェ・ミョンギョン
●ミセスウィルキンソン役:チェ・ジョンウォン、キム・ヨンジュ
●おばあちゃん役:パク・チョンジャ、ホン・ユニ
●ビリーの母役:キム・ミョンフェ
●ジョージ役:イ・サンジュン
●ミスター ブレイス・ウェイト役:チャン・ウォンリョン
●デビー役:キム・ヨナ、パク・シヨン、ソク・ジュヒョン
●バレーガールズ役:キム・ナリン、キム・ミンジョ、キム・ジュウォン、シム・ヘビン、アン・ヒョンファ、イ・ソヨン、イ・ファジン、チョン・イェジン、チョン・スンミン、チェ・ユジン、キム・スミン、キム・ウニ、ビョン・ヘリム
●トールボーイ役:イ・ジュニョン、チェ・ジュヌ
●スモールボーイ役:ソン・ジュファン、アン・ユジュン、オ・ハンギョル
●大人ビリー役:キム・テギュ、ぺク・ドゥサン
●アンサンブル:カン・ジュソン、コ・チョルスン、クォン・サンソク、キム・ギジョン、キム・ムンジュ、キム・ソングァン、キム・ソンス、キム・ヨンフン、キム・イェジ、ソ・ヨハン、ソ・ジェミン、オム・ジュンソク、イ・ギヨン、イ・ジョンヒョク、チョン・ジュンソン、チャ・ジョンヒョン、チェ・ウンジュ

脚本・作詞:リー・ホール/作曲:エルトン・ジョン/演出:スティーブン・ダルトリー/振付:ピーター・ダーリング/協力演出:サイモン・ポラード/協力振付:二コラ・ベルシャー、ダミアン・ジャクソン/協力音楽スーパーバイザー:ティム・スミス/韓国協力演出:キム・テフン/韓国協力振付兼バレエトレーナー:ノ・ジヒョン/韓国協力振付助手兼タップダンストレーナー:イ・ジョングォン/韓国協力音楽監督:オ・ミニョン/韓国協力助演出:イ・ジェウン

写真提供:シンシカンパニー ©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。