2019SACA

観客が選ぶ韓国舞台シーンのアワード「2019 SACA」結果発表② 俳優編

観客が選ぶ韓国舞台シーンのアワード「2019 SACA」結果発表② 俳優編

 

韓国の舞台情報サイト、ステージトーク(STAGE TALK)http://www.stagetalk.co.kr/ で、観客投票のみで優秀作品/俳優を選定するアワード「2019 STAGE TALK AUDIENCE CHOICE AWARDS」(以下「2019 SACA」)の投票結果が去る12月末に公開された。

「2019 SACA」は2019年11月15日~21日まで事前候補調査を通して作品/俳優を選定後、12月4日~11日までステージトーク会員を対象に本投票を受け付けた。
各賞は演劇とミュージカルに部門を分けて選定されているが、投票は演劇部門で3452人、ミュージカル部門で33110人の投票をもとに集計されている。

以下の投票結果は、ステージトークで発表されたデータを参照。寸評は、投票結果をもとに韓劇.comで独自の解説を執筆した。当ページでは俳優部門を紹介する。

各部門投票結果1位まとめページ(STAGE TALK サイト ※韓国語)

●投票結果の詳細データページ(STAGE TALKサイト ※韓国語)

【2019最高の俳優部門】

演劇女優主演1位チェ・ユハ(左)と、男優主演1位キム・ギョンス(右)(『オーファンズ』©RED & BLUE/『プライド』©演劇列伝 各ポスターより)

●演劇女優主演     ●演劇男優主演
1位 チェ・ユハ     1位 キム・ギョンス
2位 キム・ジヒョン  2位 パク・ウンソク
3位 チョン・ウンソン 3位 パク・ジョンボク
4位 ペク・ウネ    4位 カン・ヨンソク
5位 イ・ギョンミ   5位 イ・ヒョヌク

演劇女優助演1位ソン・ジユン(左)と、男優助演1位カン・ギドゥン(右)(『プライド』©演劇列伝/『R&J』©SHOWNOTE  各ポスターより)

●演劇女優助演     ●演劇男優助演
1位 ソン・ジユン   1位 カン・ギドゥン
2位 チョン・スヨン  2位 カン・スンホ
3位 ムン・ジナ    3位 ソン・ユドン
4位 カン・ミョンジュ 4位 オ・ジョンテク
5位 イム・ガンヒ   5位 イ・ガンウ

演劇女優新人1位チェ・スジン(左)と、男優新人1位ムン・ユガン(『オーファンズ』©RED & BLUE/『アナザー・カントリー』©Page1 各ポスターより)

●演劇女優新人    ●演劇男優新人
1位 チェ・スジン  1位 ムン・ユガン
2位 チョ・イン   2位 チェ・ジョンウ
3位 チェ・ハユン  3位 ヨン・ジュンソク
4位 チョン・ウヨン 4位 ぺ・フン

演劇俳優部門は、作品の評価と比例した結果となっている。
女優は『オーファンズ』で“ジェンダー・フリー・キャスティング”の象徴となったチェ・ユハが主演賞を、本作で演劇に初挑戦したチェ・スジンが新人賞を受賞。また『プライド』で好演していたソン・ジユンが助演賞を受賞している。3人とも小劇場ではベテランの域に入りつつある実力派だが、それぞれにこれまでとは異なる作品やキャラクターに挑んだことが評価に結び付いている。
男優は主演賞に『ヒストリー・ボーイズ』『プライド』と2019年は人気作の再演に初出演して好演していたキム・ギョンス。助演賞は『僕を溶かしてくれ』など近年はドラマでも名脇役として活躍しつつ『R&J』『ヒストリー・ボーイズ』『報道指針』と舞台へも精力的に出演していたカン・ギドゥン。新人賞は1位のムン・ユガンをはじめ、上位4人すべてが『アナザー・カントリー』で鮮烈デビューを飾った新人俳優で占められているのは、観客がいかに“新しい顔”を求めているかが良く分かる結果となっている。


ミュージカル女優主演1位キム・ソヒャン(左)と男優1位キム・ジュンス(右)(『エクスカリバー』ポスターより©EMKミュージカルカンパニー)

●ミュージカル女優主演 ●ミュージカル男優主演
1位 キム・ソヒャン    1位 キム・ジュンス
2位 キム・ソヒョン   2位 チョ・スンウ
3位 オク・ジュヒョン  3位 パク・ウンテ
4位 シン・ヨンスク   4位 ホン・グァンホ
5位 キム・ソニョン   5位 チョ・ヒョンギュン

ミュージカル女優助演1位チャン・ウナ(左)と男優助演1位パク・ガンヒョン(『マリー・アントワネット』ポスターより ©EMKミュージカルカンパニー)

●ミュージカル女優助演 ●ミュージカル男優助演
1位 チャン・ウナ    1位 パク・ガンヒョン
2位 ミン・ギョンア   2位 ソン・ジュノ
3位 シン・ヨンスク   3位 イ・ジフン
4位 イ・イェウン    4位 パク・ミンソン

ミュージカル女優新人1位キム・ヨンジ(左)と男優新人1位ファン・ミンヒョン(『マリー・アントワネット』ポスターより ©EMKミュージカルカンパニー)

●ミュージカル女優新人  ●ミュージカル男優新人
1位 キム・ヨンジ    1位 ファン・ミンヒョン
2位 ナ・ハナ      2位 シウミン
3位 キム・へイン    3位 ドギョム
4位 キム・スヨン    4位 ヤン・ヒジュン
5位 キム・スハ     5位 ユン・ジソン

●ミュージカルアンサンブル:『マリー・アントワネット』

ミュージカル俳優部門は大劇場作品の出演者に集中した結果となった。
女優主演のキム・ソヒャン、女優助演のチャン・ウナ、男優助演のパク・ガンヒョン、女優新人のキム・ヨンジ、男優新人のファン・ミンヒョン、そしてアンサンブルまで『マリー・アントワネット』の出演者が上位を占めたのは、投票期間中に上演していたことも大きいが、2018年度の新作『笑う男』から『エクスカリバー』まで続くEMKミュージカルカンパニー制作作品の常連俳優たちが、観客に広く支持されていることがよく分かる結果だ。
また、男優新人はアイドル歌手が名を連ねるなか『スワッグエイジ:叫べ、朝鮮!』のヤン・ヒジュンが4位に入り健闘している。演技力、歌唱力ともに新人とは思えぬスキルを持ち、その評判が口コミで広がり、後半は出演日が連日完売するなど驚異的なデビューを飾った。彼を発掘したのは、名優チョ・スンウを育てたPLエンターテインメントの代表だ。今後ミュージカル界を担う次世代俳優となれるのか? スーパールーキーの動向に注目しよう。

2019年の韓国舞台シーンで特徴的だったのが、各カンパニーごとに出演者が固定化する“劇団化”がより進んだことだった。そんななか、以前から自社作品に所属俳優中心のキャスティングをしていたR&D Worksが19年末にコンテンツ制作劇団「R&D Works STUDIO」の設立を発表するなど、2020年以降もこの動きはますます加速していくと予想される。これは、カンパニー側としては実力とチケットパワーを併せ持つ俳優をキープでき、俳優側も仕事が途切れないメリットがある反面、出演俳優の固定ファン以外の観客を呼び込みづらいデメリットも併せ持っている。いち観客としては、ベテランから新人まで所属を問わず柔軟にチャンスを与え、キャスティングの妙を楽しむ機会をもっと増やしてほしいところだ。

文:さいきいずみ(韓劇.com)


⇒「2019 SACA」結果発表① 作品編へ

©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。

観客が選ぶ韓国舞台アワード「2019 SACA」結果発表① 作品編

観客が選ぶ韓国舞台アワード「2019 SACA」結果発表① 作品編

 

韓国の舞台情報サイト、ステージトーク(STAGE TALK)http://www.stagetalk.co.kr/ で、観客投票のみで優秀作品/俳優を選定するアワード「2019 STAGE TALK AUDIENCE CHOICE AWARDS」(以下「2019 SACA」)の投票結果が去る12月末に公開された。

「2019 SACA」は2019年11月15日~21日まで事前候補調査を通して作品/俳優を選定後、12月4日~11日までステージトーク会員を対象に本投票を受け付けた。
各賞は演劇とミュージカルに部門を分けて選定されているが、投票は演劇部門で3452人、ミュージカル部門で33110人の投票をもとに集計されている。

以下の投票結果は、ステージトークで発表されたデータを参照。寸評は、投票結果をもとに韓劇.comで独自の解説を執筆した。当ページでは作品部門を紹介する。

各部門投票結果1位まとめページ(STAGE TALK サイト ※韓国語)

●投票結果の詳細データページ(STAGE TALKサイト ※韓国語)

【2019最高の作品】

演劇初演1位『高慢と偏見』(©DAL COMPANY)

●演劇初演部門
1位『高慢と偏見』(오만과 편견)
2位『アナザー・カントリー』(아너더 컨트리)
3位『ドリアン・グレイの肖像』(도리안 그레이의 초상)
4位『島:1933-2019』(섬:1944-2019)

●演劇再演部門
1位『オーファンズ』
2位『R&J』(알앤제이)
3位『プライド』(프라아드)
4位『ヒストリー・ボーイズ』(히스토리 보이즈)
5位『ヴィーナス・イン・ファー』(비너스 인퍼)

演劇初演作品は、ジェーン・オースティンの小説を原作にした英国発作品『高慢と偏見』が1位となった。男優1と女優1の2人で21人ものキャラクターを性別問わず演じ分けるという斬新な手法と、ミッポペウ(믿배우=“信じて観る俳優”の略語)と呼ばれる舞台マニアに人気の高いキャストが揃っていたことも評価を得た要因だろう。

演劇再演1位『オーファンズ』(©RED & BLUE)

また2位『アナザー・カントリー』、3位『ドリアン・グレイの肖像』と、演出家イ・ジナが仕掛けた英国耽美ものの連続上演は、イケメンの新鋭が出演したこともあり、マニア観客の琴線を刺激したようだ。
海外ライセンス作品が大勢を占めるなか、初演で4位となった音楽劇『島:1933-2019』は作品を通じて社会問題に声を上げる創作集団「声(モクソリ)プロジェクト」が『テイル』に続き発表した唯一の韓国創作作品だ。日本占領下の時代にハンセン病患者を隔離収容した小鹿島の哀しい史実と、現代における発達障害児を取り巻く現状という“差別”を時代を超えて描き出した秀作だった。

再演作品は、初演から人気の高い『オーファンズ』が1位となった。今回の再演では初演からのメンバー等に加え、新たに女性キャストも起用。2019年の韓国小劇場作品でブームとなった“ジェンダー・フリー・キャスティング”の先駆者的演出家、キム・テヒョンが男優の役を女優に演じさせるという大胆な手法が関心を呼び、見事成功をおさめた。


創作ミュージカル初演1位『帰還』(©インサイトエンターテインメント)

●創作ミュージカル初演部門
1位『帰還』(귀환)
2位『エクスカリバー』(엑스칼라버)
3位『スワッグエイジ:叫べ、朝鮮!』(스웨그에이지: 외쳐, 조선!)
4位『HOPE:読まれていない本と、読まれていない人生』(호프:읽히지 않은 책과 읽히지 않은 인셍
5位『海賊』(해적)

●創作ミュージカル再演部門
1位『あの日々』(그날들)
2位『ベン・ハー』(벤허)
3位『死の賛美』(사의 찬미)
4位『もしかしてハッピーエンディング』(어쩌면 해피엔딩)

 

創作ミュージカル再演1位『あの日々』(©インサイトエンターテインメント)

創作ミュージカルは、2019年の新作としては最も制作規模が大きかった『エクスカリバー』が1位となるかと思われたが、兵役中の人気アイドルや俳優が大挙出演した陸軍ミュージカル『帰還』が1位となった。『帰還』は朝鮮戦争で犠牲となった兵士たちの遺骨発掘事業をテーマにした作品だったが、『あの日々』の制作会社が上演スタイルを踏襲し、戦争当時と現代の若者像を交差させ、歴史の重みを訴えるだけではない青春物語に仕上げてあったことが功を奏したようだ。また、投票期間に上演中で、出演者のファンたちが熱心に投票に参加したであろうことも得票を伸ばした要因ではないかと思われる。

再演で1位となったのは『あの日々』。老若男女問わず愛されているキム・グァンソクの楽曲の国民的な認知度に加え、こちらも『帰還』と同様に、キャスティングが得票のカギとなったようだ。


海外ライセンス初演1位『キングアーサー』(©R&D Works)

●海外ライセンスミュージカル初演部門
1位『キングアーサー』(킹아더)
2位『メフィスト』(메피스토)
3位『ジェントルマンズ・ガイド』(젠틀맨스 가이드 : 사랑과 살인편)
4位『シティ・オブ・エンジェル』(시티 오브 엔젤)

●海外ライセンスミュージカル再演
1位『マリー・アントワネット』(말리 앙튜아네트)
2位『エリザベート』(엘리자뱃)
3位『ジキル&ハイド』(지킬 앤 하이드)
4位『スウィーニー・トッド』(스위니 토드)
5位『ヘドウィグ』(해드윅)

 

 

ライセンスミュージカル再演1位『マリー・アントワネット』(©EMKミュージカルカンパニー)

2019年は、アーサー王伝説の物語を取り上げた大劇場ミュージカルの新作がほぼ同時期に2本上演されるという偶然が話題となっていたが、『エクスカリバー』に先んじて上演したフランス発の作品『キングアーサー』が海外ライセンスミュージカル初演1位となった。2019年は精力的に新作を舞台に上げた制作会社R&D Worksの野心作とも言える作品で、ストーリー、楽曲ともに韓国向けに大幅な脚色を加えたことが高評価に繋がったようだ。

一方、再演は韓国ミュージカル界におけるオールタイムベストな大劇場作品が並んだ。2019年はビギナーからマニアまで楽しめる強力な定番作品の再演が集中し、舞台シーンを盛り上げる牽引役となっていた。

 

文:さいきいずみ


⇒「2019 SACA」結果発表② 俳優編へ

©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。