世宗文化会館

[MUSICAL]『モーツァルト!』韓国10周年記念公演 2つのスペシャル映像を公開

[MUSICAL]『モーツァルト!』韓国10周年記念公演 2つのスペシャル映像を公開

 

©EMKミュージカルカンパニー

今年で韓国初演から10周年を迎えるミュージカル『モーツァルト!』。4月21日(火)からの本公演1次チケット発売を控え、スペシャル映像が続々公開されている。

まず4月13日には、多くのファンが待ち焦がれたティザー映像が公開された。
『モーツァルト!』を代表するナンバー「僕の運命から逃れたい(邦題「影を逃れて」)」をBGMに、キム・ジュンス、パク・ガンヒョン、パク・ウンテの3人がブラックスーツに身を包み登場。その後赤いロングジャケット姿のヴォルフガングに鮮やかに変身する様が圧巻だ。
またコンスタンツェをはじめ、サブキャラクターたちの“ムービング(動く)ポスター”のようなヴィジュアルも公開され、2分弱の短い映像ながら、舞台への期待を一層膨らませる豪華な映像となっている。

そして4月20日には『モーツァルト!』の出演者22名が、個別に「黄金の星(邦題「星から降る金」)」を歌ったスペシャル合唱映像「#마음만은더가까이(#心だけはもっと近くに)」を公開した。

©EMKミュージカルカンパニー

 

「黄金の星」は、ヴォルフガングのパトロンであるヴァルトシュテッテン男爵夫人が歌う、『モーツァルト!』ファンの多くが愛聴曲と指折る名曲。「拘束から脱し、夢を広げよ」という男爵夫人のメッセージをきっかけにヴォルフガングが父レオポルトのもとを離れてウィーンへ向かい、才能を開花させていく重要なナンバーだ。

韓国のみならず、世界中でさまざまな公演が中止、延期となり、俳優たちも自宅待機を余儀なくされているなか、ブロードウェイ、ウエストエンドをはじめ、世界中でさまざまな作品の出演者たちが映像を通じて集まり、舞台の再開を待ち望むファンの声に応えている。

同様に『モーツァルト!』韓国10周年公演の全キャストが、自宅など思い思いの空間で「黄金の星」を歌うナチュラルな姿は、観客に癒しと希望のメッセージを伝えるとともに、感染症の早期克服へ向けた切実な願いも込められている。

今年10周年を迎え、豪華キャストと制作陣が集結した『モーツァルト!』は、開幕から10公演限定で10年前と同じ割引価格で販売された先行販売チケットが4月19日に受付終了。6月19日(金)~7月5日(日)公演分の1次チケットを4月21日(火)午後2時からインターパーク、メロンチケット、世宗文化会館で発売される。


©EMKミュージカルカンパニー

【公演情報】
ミュージカル『モーツァルト!』韓国10周年記念公演
(<모차르트!> 10주년 기념 공연)
2020年6月11日~8月9日 世宗文化会館大劇場

<出演>
●ヴォルフガング・モーツァルト役:キム・ジュンス、パク・ウンテ、パク・ガンヒョン
●コンスタンツェ役:キム・ソヒャン、キム・ヨンジ、ヘナ
●コロレド大司教役:ミン・ヨンギ、ソン・ジュノ
●レオポルト役:ユン・ヨンソク、ホン・ギョンス
●ヴァルトシュテッテン男爵夫人役:シン・ヨンスク、キム・ソヒョン
●ナンネール役:チョン・スミ、ぺ・ダへ
●セシリア・ウェーバー役:キム・ヨンジュ、ジュア
●シカネーダー役:ムン・ソンヒョク
●アルコ伯爵:イ・サンジュン

総括プロデューサー:オム・ホンヒョン/プロデューサー:キム・ジウォン/脚本・作詞:ミヒャエル・クンツェ/作曲・オーケストレーション:シルベスター・リーヴァイ/芸術監督:ユ・ヒソン/演出:エイドリアン・オズモンド/韓国語歌詞:パク・ヨンミン、イ・ソンジュン、パク・インソン、キム・ムンジョン、クォン・ウナ、パク・チョンフィ/協力演出:クォン・ウナ/音楽監督・指揮:キム・ムンジョン/振付:ジェイミー・マクダニエル/舞台:ソ・スクジン/衣装:ハン・ジョンイム/照明:グ・ユニョン/映像:ソン・スンギュ/小道具:チョ・ユンヒョン/音響:キム・ジヒョン/舞台監督:チョン・ウニョン

※海外からのチケット直接購入ページ(グローバルサイト)は現時点で非公開となっています。
●インターパーク(⇒韓国語販売ページ)
●メロンチケット(⇒韓国語販売ページ)

©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。

[MUSICAL]超大作『エクスカリバー』高音質試聴会を開催!

[MUSICAL]超大作『エクスカリバー』高音質試聴会を開催!

 

KAI、キム・ジュンス、SEVENTEENドギョムをはじめ、豪華キャストが揃い2019年最高の期待作と呼ばれているミュージカル『エクスカリバー』が、出演者によるミュージックナンバーを初公開する清音会(청음회/チョンウムフェ)と呼ばれる試聴会を開催する。

5月19日(日)午後2時から江南ODE PORT(오트 포트/オートポート)で開催される試聴会は、出演俳優たちによるライブとミニトークで構成される。会場のODE PORTはサウンドプラットフォームODEが運営する複合文化空間。クラシックコンサートをはじめ、さまざまなイベントをハイクオリティなサウンドで行っているこの空間で『エクスカリバー』のナンバーを堪能できる贅沢な試聴会となりそうだ。

この試聴会は、Melonチケット⇒Melon『エクスカリバー』清音会招待申込みページ)の招待イベントを通じ、一般観客の招待が行われる。(注:韓国Melonチケットの IDが必要)また、EMKミュージカルカンパニーの公式インスタグラム⇒@emk_musical)とODE PORT公式インスタグラム(⇒@ ode.port / @ ode.orfeo)でも今後招待イベントが実施予定だ。

また、試聴会当日にはKAKAO(カカオ)#公演タブ(下画像参照)とMelon TV⇒Melon TVトップページ)を通じて生中継される。

韓国カカオトーク スマートフォンアプリからの#公演タブ アクセス方法。(日本のカカオトークアプリとは機能が異なる場合あり)

俳優陣は4月中旬に相見礼(상견례/サンギョンレ)と呼ばれる初顔合わせを行い、本格的に稽古をスタート。主演の3人は稽古初日から演出家スティーブン・レーンのディレクションを僅かでも逃すまいと集中力を見せていたという。ほとんどが過去に他の作品ですでに共演歴があるキャストが多いため、稽古場は最初の挨拶から温かい雰囲気に包まれていたそうだ。

アーサー役のKAI、キム・ジュンス、ドギョム

写真上段左から、オム・ギジュン、イ・ジフン、パク・ガンヒョン、シン・ヨンスク/下段左からチャン・ウナ、キム・ジュンヒョン、キム・ソヒャン、ミン・ギョンア

高音質でミュージカルナンバーを初お披露目するという前代未聞のイベントを実施。全世界に向けて映像生配信も行い、ますます注目されることは必至のミュージカル『エクスカリバー』は、6月15日から世宗文化会館大劇場で開幕する。


【公演情報】

ミュージカル『エクスカリバー』(엑스칼리버)

2019年6月15日~8月4日 世宗文化会館 大劇場

<出演>
●青年アーサー役:KAI、キム・ジュンス、ドギョム(SEVENTEEN)
●ランスロット役:オム・ギジュン、イ・ジフン、パク・ガンヒョン
●モルガナ役:シン・ヨンスク、チャン・ウナ
●マーリン役:キム・ジュンヒョン、ソン・ジュノ
●グィネヴィア役:キム・ソヒャン、ミン・ギョンア
●エクター役:パク・チョルホ、チョ・ウォニ
●ウルフスタン役:イ・サンジュン

<スタッフ>
総括プロデューサー:オム・ホンヒョン/プロデューサー:キム・ジウォン/脚本:アイヴァン・メンチェル/作曲:フランク・ワイルドホーン/作詞:ロビン・ラーナー/韓国語歌詞:パク・チョンフィ/演出:スティーブン・レーン/編曲:クーン・シューツ/振付:ジェイミー・マクダニエル/音楽監督:ウォン・ミソル/舞台:チョン・スンホ/衣装:チョ・ムンス/扮装:キム・ユソン/照明:グ・ユニョン/映像:ソン・スンギュ/小道具:チョ・ユニョン/武術監督:マルセロ・マラスカルチ

●公式サイト:http://www.musicalxcalibur.com/

写真提供:EMKミュージカルカンパニー

©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。

[MUSICAL]踊り子から紅の女スパイの物語へ-進化した『マタ・ハリ』再演

[MUSICAL]踊り子から紅の女スパイの物語へ-進化した『マタ・ハリ』再演

 

宿命に逆らい惹かれ合うマタ・ハリ(チャ・ジヨン)とアルマン(オム・ギジュン)

韓国からブロードウェイ上演作の誕生を目指し、2016年に初演された韓国オリジナルミュージカル『マタ・ハリ』の再演が、今年は世宗文化会館 大劇場に劇場を移して開幕した。
19世紀末にオランダの裕福な家庭で生まれたものの、家業の没落により紆余曲折を経てパリに移住し“マタ・ハリ”の名でダンサーに。その後、エキゾチックな美貌を武器に第一次世界大戦下に仏・独で諜報活動をしたことから、女スパイの代名詞となった実在の女性をモチーフに、彼女の劇的な半生を描いた作品だ。

総製作費250億ウォン、約4年の準備期間を経て昨年お披露目された『マタ・ハリ』は、『ジキル&ハイド』などの作曲家として知られるフランク・ワイルドホーンを中心に、ブロードウェイで大作を手掛けた強力なクリエイティブチームを揃えて制作された。この豪華なスタッフに加え、主演のオク・ジュヒョンを筆頭にトップクラスのミュージカル俳優の出演もあり、昨年の新作ミュージカルのなかでは最も大きな期待と注目を集めた作品となった。今年は、初演時の課題とされていたドラマ性を強化するため、ロイヤル・シェイクスピアカンパニー出身のスティーブン・レインを演出に招き、リニューアルすることを予告していた。

マタ・ハリと知り合った直後、アルマン(オム・ギジュン)は戦地に向かうことになる

そしてその予告以上に、今年の『マタ・ハリ』再演は全く新しい作品と言っても過言ではないほど、大胆な変身を遂げていた。初演のマタ・ハリが「ムーランルージュ」の“踊り子”のイメージを前面に打ち出していたとすれば、今年は“女スパイ”の側面に重きを置いた人間ドラマとして描く方向に舵を切ったのだ。
アンサンブルによる重厚なナンバーのモブシーンからスタートし、オープニングから舞台は第一次世界大戦下にあることを示唆。マタ・ハリに目を付けたラドゥ大佐、町中でのトラブルをきっかけに出会ったマタ・ハリとアルマン……などストーリーのキーポイントとなるシーンは残しつつ、無駄なセリフやシーンはそぎ落として物語をぐいぐいと進めていく印象を受けた。また、観客の緊張感と集中力を切らさないように展開するスピーディーなセットチェンジと演出は白眉だった。多くの演出家が頭を悩ませる世宗文化会館の大舞台をここまでスムースに活用できた人はなかなかいないだろう。

ゴージャスなドレスやワンピースなど、次々と変わる深紅の衣装は見どころのひとつ

マタ・ハリの劇的すぎるエピソードの何を活かすか、取捨選択は難しかったと思うが、スパイとしての活動に葛藤し、心を通わせた運命の男性に命がけの恋をする、一人の女性の生き様を描いた作品として十分に完成度を上げていた。結局、セットも衣装もほとんど新規で制作することになったようだが、一度出来上がっている作品を解体し再構築する作業は、容易ではなかっただろうと思われる。

観劇した日のキャストは、マタ・ハリ役にチャ・ジヨン、アルマン役オム・ギジュン、ラドゥ役ミン・ヨンギ、アンナ役キム・ナユンであった。

表面的にはマタ・ハリ(チャ・ジヨン)への思いを見せないラドゥ(ミン・ヨンギ)

プライベートでの結婚・出産を経て、満を持して本作で舞台復帰を果たしたチャ・ジヨンは、人間性を浮き彫りにした今年のマタ・ハリを演じるにはまさに適役。近寄る男たちをしたたかにあしらうクールネスと強さをもちながらも、アルマンの前では穏やかで優しい素顔を見せるヒロイン像を見事に消化していた。1幕、2幕の各クライマックスで辛い心情を切々と歌い上げる様は、彼女だからこそ見せられたマタ・ハリの姿であろう。

精悍な青年兵士のイメージとなり、魅力倍増のアルマン(オム・ギジュン)

そして初演では純粋さの残るマタ・ハリの“年下彼氏”のイメージが強かったアルマンは、毅然とした男らしいキャラクターに変貌していた。彼は上官ラドゥの命令のもと、監視していたマタ・ハリに魅了されてしまった自己矛盾と葛藤することになるのだが、コミカルなシーンを一切排除したことで、オム・ギジュンの持ち味である演技力が際立ち、一段と魅力的なアルマンに仕上げていた。同役はチョン・テグン(VIXXレオ)とイム・スロン(2AM)とのトリプルキャストだが、若い彼らがこのキャラクターをどう演じているのか、気になるところだ。

アルマンをイム・スロン(左)とチョン・テグン(右)がどう演じているか見比べるのも一興

また、今年はラドゥ大佐が徹底的に“悪役”と化している点も見逃せない。手駒としてマタ・ハリ、アルマンを利用する非情なキャラクターだが、冷酷さの裏で二人の仲への嫉妬も匂わせる。ラドゥがアルマンと正面対決するシーンでは、オム・ギジュン―ミン・ヨンギの競演は、気心の知れた二人だからこその息の合ったデュエットが堪能できる名場面のひとつだった。ほかにもラドゥ役はキム・ジュンヒョン、ムン・ジョンウォンと個性の違う3人が演じるため、ラドゥVSアルマンのシーンは、キャストの組み合わせによって全く違った印象になることだろう。

初演よりも悪役に徹した役柄となったラドゥ(ミン・ヨンギ)

今回の再演で驚いたのが、マタ・ハリの身の回りの世話をするアンナの活かし方だった。初演に続き出演しているキム・ナユンは、過去の出演作でも見せて来たコミカルなイメージが強い人だが、それを極力抑え、マタ・ハリの苦悩を受け止める母親のようなキャラクターとなっていた。劇中2曲あるアンナのソロナンバーを温かくも丁寧に歌い上げ、彼女の新たな魅力を発見したシーンとなった。

マタ・ハリとアルマン(チョン・テグン)のロマンスがどう変化しているかも見もの

実在した人物がモデルとなっているだけに、波乱万丈なマタ・ハリの人生を舞台に落とし込むには今年のようなリニューアルは必然だった。だが一方で、きらびやかなダンサーとしての描写は大幅にそぎ落とされ、観劇中一息つけるような遊びのシーンもなかったように思われた。言葉を換えれば、それだけ緊張感があり、ストーリーに集中できるようになっているのだが、初演にあったような華やかさを求める観客は多少の息苦しさを覚えるかもしれない。

演出も俳優たちの演技も、さまざまなミッションをクリアしてかなり見ごたえある再演になっているのは間違いなく、多くの観客がカーテンコールにスタンディングオベーションで出演者を迎える姿が、今年の出来を象徴していた『マタ・ハリ』は8月7日まで、ソウル・光化門(クァンファムン)の世宗文化会館 大劇場で上演される。


【公演情報】
ミュージカル『マタ・ハリ』(마타하리)
2017年6月16日~8月6日 世宗文化会館 大劇場

<出演>
●マタ・ハリ役:オク・ジュヒョン、チャ・ジヨン
●アルマン役:オム・ギジュン、イム・スロン(2AM)、チョン・テグン(VIXX レオ)
●ラドゥ大佐役:ミン・ヨンギ、キム・ジュンヒョン、ムン・ジョンウォン
●アンナ役:キム・ナユン、チェ・ナレ

総括プロデューサー:オム・ホンヒョン/プロデューサー:キム・ジヒョン/芸術監督:パク・ヨンジェ/脚本:アイヴァン・メンチェル/作曲:フランク・ワイルドホーン/作詞:ジャック・マーフィー/演出:スティーブン・レイン/編曲・オーケストレイション:ジェイソン・ハウランド/韓国語歌詞・協力演出:クォン・ウナ/音楽監督・指揮:キム・ムンジョン/ドラマターグ:イ・ダンビ/振付:ホン・セジョン/美術:オ・ピリョン/衣装:ハン・ジョンイム/ヘアメイク:キム・ユソン/照明:グ・ユニョン/音響:キム・ジヒョン/映像:ソン・スンギュ/小道具:チョ・ユニョン/技術:イ・サンチュン、キム・ジョンムン/舞台監督:イ・ジノ/制作技術:イ・ヨンギュ/制作監督:チョン・ウニョン/制作:チョン・ドンソン

写真提供:EMKミュージカルカンパニー

[MUSICAL]キュヒョン念願の出演、日韓の粋を集めた『モーツァルト!』待望の開幕!

[MUSICAL]キュヒョン念願の出演、日韓の粋を集めた『モーツァルト!』待望の開幕!

 

2016mozartpc1

仲良く助け合って役作りした3人、チョン・ドンソク、イ・ジフン、キュヒョン

イ・ジフン、キュヒョン、チョン・ドンソクと、人気と実力を兼ね備えた3トップを揃えたミュージカル『モーツァルト!』が開幕、プレスコールが行われた。

2016mozartpc2

プレスコールでは詳しく作品解説も披露した、演出家の小池修一郎

韓国では今回で5回目の再演となる2016年版は、2002年の日本版初演から演出を担当している小池修一郎が初めて日本国外で演出を担当。ウイーンの原作者ミヒャエル・クンツェ&シルヴェスター・リーヴァイに絶大な信頼を置かれている小池によって、新たな韓国版『モーツァルト!』が生まれることを期待されての起用となった。

プレスコールで挨拶に立った小池は、「ヴォルフガング(モーツァルト)という音楽家の才能を、子供時代の“アマデ”というキャラクターに置き換え、共に曲を書き、苦悩する姿を複雑な形で描いてあるため、それを分かりやすくしようとした。日本には“心中”という言葉があるが、この形を取り入れた」と、難解なストーリーだった『モーツァルト!』を潤色した経緯を紹介した。「ヴォルフガング自身が求めていた大衆的で華やかなナンバーとともに、彼の人生の“光と影”を表現している」と語っていたように、今回の韓国版も、この日本版をベースにして演出されたという。
これに従い、日本でもおなじみのヴォルフガングを象徴する赤いコートにジーンズ、ドレッド風ロングヘアのロック的なオリジナルファッションが復活。加えて、これまでの韓国版でもお目見えしていた衣装も織り交ぜ、舞台の中心には回転式の大きな階段型セット、宝塚さながらの銀橋(エプロンステージ)も韓国版で初めて取り入れられ、まさしく日本と韓国の“イイとこ取り”な舞台を堪能できる2016年版になっている。

主人公の天才音楽家ヴォルフガング役は、演技や歌唱法などまったく違う個性やスタイルをもつ3人だけに、小池は「少々心配していたが、3人がとても仲良く、互いに助け合って稽古に臨んでいた」と感心していた。3人の特徴については「イ・ジフンさんは繊細な演技でこの作品の軸を作ってくれた」「チョン・ドンソクさんは天真爛漫な個性が魅力。それに相反した圧倒的な歌唱力があり、そのアンバランスさが面白いところ」「キュヒョンさんはメランコリックで神秘的。これはいままでいろんな国のモーツァルトを見てきたが、一番新しいタイプかと思う」と評していた。

2016mozartpc7

繊細な演技のイ・ジフン、神秘的なキュヒョン、天真爛漫なチョン・ドンソクと三人三様のヴォルフガングが堪能できる

「初演から観客として見てきて、こんな役をやってみたいと思っていた作品に出演できるチャンスを逃したくなかった」というイ・ジフンは、「実際演じてみると客席で見ていたのとは違い、あらゆる複雑な感情をハードに表現しなくてはならなくて、再び自分を成長させてくれる機会になると思う」と語った。

チョン・ドンソクはデビュー2年目の2011年に大抜擢されて以来、5年ぶりの主演となった。「前回はまだ若くて、とにかく無我夢中で一生懸命やった感じでした。当時はその純粋な姿が良かったと言われたので、その純粋さを忘れないようにしています」という彼は、5年前に日本の小池版台本を読んで作品の面白さに衝撃を受け、今回その演出家と一緒に仕事が出来たことが光栄だったと感銘を受けていた。2016mozartpc8

そして小池に“一番新しい”と言わしめたキュヒョンは、以前から念願叶っての出演。「2014年公演を見てから、いい曲ばかりなのでずっと個人的に聞いてきたのですが、ついにその曲を歌うことができる。僕は自分の声で歌を聴くのが好きなので、それが一番いい点です(笑)」と照れながらも自信をのぞかせていた。

2016mozartpc3

コロレド大司教役のキム・ジュンヒョンとミン・ヨンギ

韓国初演からずっとコロレド大司教を演じてきたミン・ヨンギは「前回の2014年もこの世宗文化会館でしたが、今回セットはとてもシンプルだが、作品としてはディテールが細かく、ストーリーに深みもあって、これまで5年間理解が難しかったところも解決されるのではないかと思う」と、長年この作品を支えてきた俳優の観点で解説してくれた。同じく、ヴォルフガングの姉ナンネール役としては最多出演となるぺ・へソンは「これまでがモーツァルト家の家族の物語だったとしたら、今回はレオポルト、ナンネール、ヴォルフガングがまったく違う道を歩む3人の芸術家の姿が具体的によく描かれている」と、役者としても演じ甲斐があると語っていた。

2016mozartpc4

ヴォルフガングの父レオポルト役のイ・ジョンヨルとユン・ヨンソク

小池演出によって俳優たちが口々に自身のキャラクターについて深く理解したと語り、よりディテールを追及した舞台が堪能できる今年の『モーツァルト!』は、8月7日まで光化門(カンファムン)の世宗文化会館 大劇場で上演される。

2016mozartpc5

ヴァルトシュテッテン男爵夫人役のキム・ソヒョンとシン・ヨンスク

2016mozartpc6

(左から)アルコ伯爵役のイ・ギドン、シカネーダー役のイ・チャニ、ナンネール役のぺ・へソン、ナンネール役のキム・ジユ、シカネーダー役のホン・ロッキ


2016mozartposter【公演情報】
ミュージカル『モーツァルト!』(모차르트!)
2016年6月10日~8月7日 世宗文化会館大劇場

<出演>
●ヴォルフガング・モーツァルト役:イ・ジフン、チョン・ドンソク、キュヒョン(SUPER JUNIOR)
●コンスタンツェ役:キム・ソヒャン、ナンア
●コロレド大司教役:ミン・ヨンギ、キム・ジュンヒョン
●レオポルト役:イ・ジョンヨル、ユン・ヨンソク
●ナンネール役:ぺ・へソン、キム・ジユ
●ヴァルトシュテッテン男爵夫人役:シン・ヨンスク、キム・ソヒョン
●セシリア・ウェーバー役:チョン・ヨンジュ
●シカネーダー役:ホン・ロッキ、イ・チャニ

脚本:ミヒャエル・クンツェ/作曲:シルヴェスター・リーヴァイ/演出:小池修一郎/協力演出:クォン・ウナ/韓国語詞:パク・ヨンミン、イ・ソンジュン、パク・インソン、キム・ムンジョン、クォン・ウナ/音楽監督:キム・ムンジョン/振付:イ・ラニョン/舞台:チョン・スンホ/衣装:ハン・ジョンイム/ヘアメイク:キム・ユソン/音響:山本浩一/音響スーパーバイザー:キム・ジヒョン/照明:グ・ユニョン/映像デザイン:ソン・スンギュ/舞台監督:イ・ジノ/制作監督:チョン・ウニョン/

●公式サイト:www.musicalmozart.co.kr

●プレスコールフォトギャラリー:韓劇.com 公式Facebookへ

©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。

[MUSICAL]『モーツァルト!』韓国版 ヴォルフガング役MV&音源公開

[MUSICAL]『モーツァルト!』韓国版 ヴォルフガング役MV&音源公開

 

2016mozartnew3

キュヒョン(SUPER JUNIOR)

韓国では5回目の再演となる2016年版『モーツァルト!』。ヴォルフガング・モーツァルトを演じる3人のミュージックビデオの公開と、韓国音楽サイトを通じてミニOSTのダウンロード販売が開始された。

2010年の韓国初演以降、キム・ジュンス、イム・テギョン、パク・ヒョシンなどの人気スターが出演し、パク・ウンテ、チョン・ドンソクら新人ミュージカル俳優も輩出。天才音楽家が、家族との軋轢に苦悩し、自身の才能を象徴する“アマデ”の存在に葛藤する姿をドラマチックに描き、再演のたびに話題を呼ぶ大型ライセンス・ミュージカルの代表的作品だ。今年は、日本版『モーツァルト!』を長年演出し、興行不敗神話を築いてきた小池修一郎が韓国版の演出を引き受け、韓国のみならず、日本のミュージカルファンからも大きな期待を集めている。

2016mozartnew1

イ・ジフン

2016mozartnew2

チョン・ドンソク

公開されたミュージックビデオでは、3人の“ヴォルフガング”のプロフィール撮影やレコーディングの様子、そしてミニインタビューも収録され、三者三様の個性が光る内容になっている。
また同時に韓国の音楽サイトでダウンロード限定のミニOSTもリリースされた。(日本国内ではiTunesでダウンロード購入可能)
イ・ジフンによる「僕こそ音楽(나는 나는 음악)」、イ・ジフン、キュヒョン各バージョンの「影を逃れて(내 운명 피하고 싶어)」、チョン・ドンソク、キュヒョン各バージョンの「なぜ愛せないの?(왜 나를 사랑하지 않아요)」と、全5曲を収録。劇中の重要なシーンで歌われる代表的な楽曲をいち早く堪能することができる。

ミュージカル『モーツァルト!』は6月10日~8月7日まで、世宗文化会館大劇場で上演。5月18日から発売される2次販売チケットは、7月1日~22日分を購入できる。


2016mozartposter【公演情報】
ミュージカル『モーツァルト!』(모차르트!)
2016年6月10日~8月7日 世宗文化会館大劇場

<出演>
●ヴォルフガング・モーツァルト役:イ・ジフン、チョン・ドンソク、キュヒョン(SUPER JUNIOR)
●コンスタンツェ役:キム・ソヒャン、ナンア
●コロレド大司教役:ミン・ヨンギ、キム・ジュンヒョン
●レオポルト役:イ・ジョンヨル、ユン・ヨンソク
●ナンネール役:ぺ・へソン、キム・ジユ
●ヴァルトシュテッテン男爵夫人役:シン・ヨンスク、キム・ソヒョン
●セシリア・ウェーバー役:チョン・ヨンジュ
●シカネーダー役:ホン・ロッキ、イ・チャニ

脚本:ミヒャエル・クンツェ/作曲:シルヴェスター・リーヴァイ/演出:小池修一郎/協力演出:クォン・ウナ/韓国語詞:パク・ヨンミン、イ・ソンジュン、パク・インソン、キム・ムンジョン、クォン・ウナ/音楽監督:キム・ムンジョン/振付:イ・ラニョン/舞台:チョン・スンホ/衣装:ハン・ジョンイム/ヘアメイク:キム・ユソン/音響:山本浩一/音響スーパーバイザー:キム・ジヒョン/照明:グ・ユニョン/映像デザイン:ソン・スンギュ/舞台監督:イ・ジノ/制作監督:チョン・ウニョン/

●公式サイト:www.musicalmozart.co.kr


写真提供:EMKミュージカルカンパニー ©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。

[MUSICAL]イ・ジフン、キュヒョンら主演、小池修一郎演出『モーツァルト!』キャスト発表

[MUSICAL]イ・ジフン、キュヒョンら主演、小池修一郎演出『モーツァルト!』キャスト発表

 

2016mozart

2016mozartkoike

演出の小池修一郎

2002年から日本版『モーツァルト!』の演出を手掛け、日本のミュージカル界で数々の興行神話を築いてきた演出家、小池修一郎が韓国で初めて演出を手がけることとなり、注目されていたミュージカル『モーツァルト!』が6月、韓国で2年ぶり5回目の再演をひかえ、待望のキャストが発表された。
3月末から「Who’s next MOZART!」と題したキャンペーンを実施し、新ヴォルフガング役の歌唱音源が先行公開されていたが、今年はイ・ジフン、M.C. the Maxのイ・ス、チョン・ドンソク、SUPER JUNIORのキュヒョンと、優れた歌唱力を持つ面々を揃え、キャストが一新された。
また今年のヴォルフガングは2010年韓国初演で見せた、ドレッドヘアに赤いロングジャケット&クラッシュデニム姿のイメージに近い、純粋で自由を渇望していた若き音楽家の姿で帰ってくるという。

2016mozart01

ヴォルフガング役 イ・ジフン

歌手・俳優としての活動のみならず、いち早くミュージカル界でも活動を始めたイ・ジフンは『エリザベート』のルキーニ役をはじめ、『ラ・カージュ』『ウィキッド』など数々の大型ミュージカルに出演し、最も舞台経験が豊富な俳優だ。確かな演技力と安定した歌唱力に定評がある彼だが、ヴォルフガング役はこれまでのイメージを覆す、大きなチャンスとなるはずだ。

2016mozart02

ヴォルフガング役 イ・ス(M.C. the Max)

ミュージカル初挑戦となるM.C. the MaxのVo/Gであるイ・スは超高音ボイスとロック式のシャウト型ボーカルで“歌唱力終局王”と呼ばれている。上へ上へと音程が伸びていくヴォルフガングの楽曲を、持ち前の歌唱力でどう歌いこなすのか楽しみだ。

2016mozart03

ヴォルフガング役 チョン・ドンソク

声楽出身の歌唱力と抜群のルックスで2011年の再演当時、舞台デビュー2年目にして主演俳優となったチョン・ドンソクの久々のカムバックにも期待だ。『エリザベート』『フランケンシュタイン』など数々の大作への出演を経て演技にも深みを増し、グレードアップしたヴォルフガングを見せてくれるはずだ。

2016mozart04

ヴォルフガング役 キュヒョン(SUPER JUNIOR)

そして、最も出演したかった作品に『モーツァルト!』を挙げていたキュヒョンの出演は、ファンにとって大きな朗報だろう。すでにすべての楽曲を覚えて準備万端というキュヒョンは、キャラクターのイメージにピッタリで多くの観客を魅了するのは間違いない。

2016mozart05

コンスタンチェ役 キム・ソヒャン(左)とナンア

一方、ヴォルフガングを取り巻くキャラクターたちも演技力と歌唱力を備えたキャストを見事にそろえている。ヴォルフガングの妻、コンスタンチェ役には『マタ・ハリ』でタイトルロールを熱演中のキム・ソヒャンと、『ドリーム・ガールズ』のナンアが演じる。

2016mozart06

コロレド大司教役 ミン・ヨンギ(左)とキム・ジュンヒョン

ザルツブルクの領主であり、政治と宗教を支配する権力者コロレド大司教役は2014年も同役を演じたミン・ヨンギと、劇団四季出身で『レ・ミゼラブル』のジャン・バルジャン役などで日本のミュージカルファンにも広く知られているキム・ジュンヒョンが初挑戦する。

2016mozart07

レオポルト役 イ・ジョンヨル(左)とユン・ヨンソク

厳格だが、内面には息子への深い愛情を秘めている父レオポルト役は、この役にはこの人アリのイ・ジョンヨルと、『エリザベート』のフランツ・ヨーゼフ役などで知られるユン・ヨンソクが務める。

2016mozart08

ヴァルトシュテッテン男爵夫人役 シン・ヨンスク(左)とキム・ソヒョン

劇中のハイライトのひとつである「黄金の星(邦題は「星から降る金」)を聴かせるヴァルトシュテッテン男爵夫人役は、“ショーストッパー”の異名をもつシン・ヨンスクと、『マリー・アントワネット』『明成皇后』などに主演したキム・ソヒョンが演じる。

2016mozart09

ナンネール役 ぺ・へソン(左)とキム・ジユ

優れた才能を持ちながら、女性ゆえに弟ヴォルフガングに活躍の場を譲り、最大の理解者となる姉ナンネール役には、同役を何度も演じて圧倒的な包容力を見せるぺ・へソンと『ファントム』でクリスティン・ダーエを演じていたキム・ジユが務める。

2016mozart10

シカネーダー役 ホン・ロッキ(左)、イ・チャニ(中) セシリア・ウェーバー役 チョン・ヨンジュ(右)

娘コンスタンチェを利用してヴォルフガングから利益を得ようとするセシリア・ウェーバー役は、2011年公演でも同役を演じたチョン・ヨンジュ。そして、現代風に言えば売れっ子プロデューサーで、ヴォルフガングにオペラ『魔笛』の上演を提案するシカネーダー役は、舞台経験豊富なホン・ロッキとイ・チャニが演じる。

個性豊かなキャストと、繊細かつドラマチックな小池修一郎の演出があいまって、韓国のみならず日本でも大きな注目を集めるのは必至の『モーツァルト!』は、6月10日から世宗文化会館大劇場で開幕。1次チケットは、4月7日(木)午前11時から一般発売が開始される。

【追記】4月21日にヴォルフガング役に出演予定だったイ・スの降板が発表されました。当記事はキャスト発表時のものです。


2016mozartposter【公演情報】
ミュージカル『モーツァルト!』(모차르트!)
2016年6月10日~8月7日 世宗文化会館大劇場

<出演>
●ヴォルフガング・モーツァルト役:イ・ジフン、イ・ス(M.C the Max)、チョン・ドンソク、キュヒョン(SUPER JUNIOR)
●コンスタンツェ役:キム・ソヒャン、ナンア
●コロレド大司教役:ミン・ヨンギ、キム・ジュンヒョン
●レオポルト役:イ・ジョンヨル、ユン・ヨンソク
●ナンネール役:ぺ・へソン、キム・ジユ
●ヴァルトシュテッテン男爵夫人役:シン・ヨンスク、キム・ソヒョン
●セシリア・ウェーバー役:チョン・ヨンジュ
●シカネーダー役:ホン・ロッキ、イ・チャニ

脚本:ミヒャエル・クンツェ/作曲:シルヴェスター・リーヴァイ/演出:小池修一郎/協力演出:クォン・ウナ/韓国語詞:パク・ヨンミン、イ・ソンジュン、パク・インソン、キム・ムンジョン、クォン・ウナ/音楽監督:キム・ムンジョン/振付:イ・ラニョン/舞台:チョン・スンホ/衣装:ハン・ジョンイム/ヘアメイク:キム・ユソン/音響:山本浩一/音響スーパーバイザー:キム・ジヒョン/照明:グ・ユニョン/映像デザイン:ソン・スンギュ/舞台監督:イ・ジノ/制作監督:チョン・ウニョン/

●公式サイト:www.musicalmozart.co.kr

写真提供:EMKミュージカルカンパニー ©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。

イ・ホンイの「ソウルde演劇めぐり」Vol.11

イ・ホンイの「ソウルde演劇めぐり」Vol.11

 

韓国創作オペラの意味深長なる一歩
『月が水面に忍び来るがごとく』

operatsuki1

トラック運転手のスナムは、スナックのホステス、キョンジャと恋に落ちて結婚する ©ソウル市オペラ団

韓国ミュージカル界では、創作=オリジナル作品の制作・上演がさかんに行われていますが、最近はオペラ界でもその動きがみられるようになってきました。今回は、演劇がオペラに生まれ変わり、注目を浴びた『月が水面に忍び来るがごとく(달이 물로 걸어오듯)』という作品を紹介したいと思います。

この作品は、2008年にコ・ヨノク作、イム・ヨンウン演出で初演された小劇場演劇でした。コ・ヨノクは演出家キム・グァンポと組んで作品を多数発表している女性脚本家で、昨年は『私の名前は川(내 이름은 강)』『私は兄弟だ(나는 형제다)』などを上演しています。このオペラの台本もコ・ヨノクが担当、ここに作曲家チェ・ウジョンが音楽を完成させて上演したのが2014年11月で、当時、興行の面でも作品性の面でも韓国創作オペラとしては珍しく大きな評価を得ました。その結果、E daily文化大賞クラシック部門最優秀作として選ばれ、より完成度を高めて2月19日から21日まで再演されました。

operatsuki2

キョンジャの罪をかぶり収監されたスナムに面会に来たキョンジャ ©ソウル市オペラ団

主人公は、50代のトラック運転手スナムです。彼は、20歳も年の離れたスナックのホステス、キョンジャと恋に落ちて結婚します。やがてキョンジャは妊娠し、幸せな生活が続くと夢見ていた矢先、仕事を終え家に戻ったスナムを待っていたのはキョンジャと二つの死体。その死体はキョンジャが幼い時から憎んでいた継母と妹でした。スナムは妻と子を守るために、身代わりとなって自首します。ですが、周囲の人々はスナムがキョンジャに利用されたと疑い、スナム自身もキョンジャが本当に自分を愛しているのか、わからなくなってしまいます。結局、彼は法廷で真実を暴露し、キョンジャは死刑囚に。約3カ月後、彼女の本心を知りたいスナムは生まれた赤ちゃんを抱いて、面会に行くのですが、結局何も答えてくれないキョンジャ。しかし急に泣き出した赤ちゃんの声で、彼女はお乳が溢れて止まらなくなってしまうのです。

operatsuki3

スナムの嘘がバレて、キョンジャは死刑囚となる ©ソウル市オペラ団

王子様が救い出したシンデレラとは違って、誰からも救われない現実のなかのキョンジャ、そして彼女の気持ちが知りたくて苦しむスナムの物語は、オペラに脚色したことで演劇版よりも素晴らしくなったと評価されると同時に、斬新なオペラとして韓国オペラ界に衝撃と刺激を与えました。主に歴史的な英雄を扱った従来の創作オペラと違い、本作は現代を舞台に、主人公はトラック運転手とホステスという普通の人の姿を描いているからです。バリトンが演じるスナムが「私はトラックの運転手です。荷台に何を積んでいるのかもわからないまま目的地に向かって走るんです」と歌うアリア、そして最後にキョンジャが何もかも諦めて「全てが去り、一人残った」と歌うアリアも、胸に深く残る、悲しくて美しい歌になっていました。この作品のタイトルも、劇中でスナックのマダムの声を通して、「男と女は“月が水面に忍び来るがごとく出会うもの”だ」と静かに響きます。こうして、韓国語の会話をそのままメロディーに乗せたような音楽によってセリフと歌の境界がスムースに流れていく点は、今回の再演時に、より発展させたと評価されていました。

このように、異例的に創作オペラの秀作が誕生した背景には、この作品を制作したソウル市オペラ団の尽力がありました。ハングルを作った朝鮮時代の王様「世宗(セジョン)」とオペラというジャンルを誕生した中世イタリアのサークル「カメラ─タ」を合わせて名付けられた「セジョン・カメラ─タ」というワークショップ・グループを作り、最高の劇作家と作曲家たちを招き、作品を開発するようにサポートした最初の成果が、この作品なのです。

2014年公演より「スナムのアリア」(世宗文化会館公式YouTubeより)

operatsuki4

初演、再演と演出を務めた青年団の齊藤理恵子 ©ソウル市オペラ団

実はこの作品の演劇版は2010年、日本語に翻訳され劇団青年座によって日本で上演されたことがあります。その時に演出を努めた齊藤理恵子がオペラ版の初演と再演に演出家として参加しています。彼女は青年座の演出部に所属する演劇演出家ですが、ミュージカルとオペラの演出助手をした経験を持ち、テキスト分析だけではなく、細かく楽譜を読みながら音楽に対する独自の解釈を入れ、作曲家と指揮者と一緒に討論しながら稽古を進めてきました。それぞれ異なる分野の劇作家、演劇演出家、作曲家、指揮者が素敵なアンサンブルを成して、まるで元々一つのチームだったかのように良いチームワークを見せたこと、これこそが大成功の要因ではないかと思います。ちなみに、演出家の齊藤理恵子はコ・ヨノク作家の代表作『人類最初のキス』の日本版を準備しています。今年の10月に青年座の演劇として上演される予定で、この作品はこれからどのように発展されるか楽しみです。

今回の再演では、初演メンバーのなかでマダム役のみ変更になり、主役のスナム、キョンジャともにトリプルキャストでしたが、今回はパートナーを変えて舞台に立ちました。なかでもスナム役とのハン・ギュウォンは日本でも活躍しているバリトン歌手。キョンジャ役の一人、チャン・ユリは忠武アートホールで上演した、ヤン・ジュンモ演出による小劇場オペラ『リタ』に主演していたソプラノ歌手です。検事、刑事、弁護士、スナックのホステスたちと酔客、いちご売りなど、出演者ひとりひとりが素敵な演技を見せましたが、その中でもスナムとキョンジャの歌手は普段演じたことがない難役に挑戦し、多くの苦労をしたはずです。しかし、この作品を通じて普段オペラを見たことない観客からも愛される魅力の俳優になれたことでしょう。


operatsukiposter【公演情報】
世宗カメラータ オペラシリーズⅡ『月が水面に忍び来るがごとく』(달이 물로 걸어오듯)
2016年2月19日~21日 世宗文化会館Mシアター

<出演>
●キョンジャ役(ソプラノ):チョン・ヘウク、チャン・ユリ、ハン・ギョンソン
●スナム役(バリトン):ヨム・ギョンムク、キム・ジェソプ、ハン・ギュウォン
●検事役(テナー):オム・ソンファ
●マダム役(メゾソプラノ):チェ・ヘヨン
●ミナ役(ソプラノ):ユン・ソンフィ
●国選弁護士(テナー):チェ・ボハン
●刑事ほか(バリトン):イ・ヒョク
●いちご売りほか(ベースバリトン):イ・ドゥヨン

芸術総監督:イ・ゴンヨン/作曲:チェ・ウジョン/脚本:コ・ヨノク/演出:齊藤理恵子/指揮:ユン・ホグン

●世宗文化会館公式サイト 作品紹介ページ

写真提供:ソウル市オペラ団 ©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。


←コラム第10回 | コラム第12回→