ミン・ウヒョク

[MUSICAL]韓国ミュージカルをオンライン視聴!③『光州』

[MUSICAL]韓国ミュージカルをオンライン視聴!③『光州』

 

今年下半期の注目新作のひとつ、ミュージカル『光州(クァンジュ)』が、10月9日の開幕を控えて9月29日に行われたショーケースの模様をオンライン無料配信する。


『光州』トレイラー①(制作会社LIVE 公式YouTubeチャンネルより)

ミュージカル『光州』は、韓国で5.18(オーイルパル)民主化運動と呼ばれる光州事件から今年40年を迎えて国や光州市の主催で上演される新作で「『あなたのための行進曲』大衆化、世界化事業」の一環として制作された。この「あなたのための行進曲」とは、光州事件の翌年1981年に光州で作られた民衆歌謡で、現在は5.18記念式典で歌われていることから、民主化運動を象徴する運動歌として韓国のみならずアジア各地でも歌われているという。

ホ・イング役イ・ジョンヨルが、光州の5.18民主化広場で「あなたのための行進曲」を歌うミュージックビデオ

『マリー・キュリー』『ファンレター』など多数の創作ミュージカルを生み出したLIVEが制作を担当し、制作陣には舞台シーンのトップクリエイターを揃えた。脚本、演出は東亜演劇賞を受賞した演劇『趙氏孤児、復讐の種』のほか、ミュージカル『ウェルテル』『光化門恋歌』の脚本家としても知られる劇作家、演出家のコ・ソンウン(劇団「劇工作所・魔方陣(マバンジン)」主宰)。作曲はソウル大学作曲科教授で、オペラ、現代音楽の作曲も多数手掛けるチェ・ウジョン。そして音楽監督はミュージカル『フランケンシュタイン』『ベン・ハー』の作曲家としても知られるイ・ソンジュンなど、豪華面々が名を連ねている。


『光州』トレイラー②

物語の舞台は1980年5月。独裁者の死に乗じてクーデターを起こした軍部が、民主化運動を展開する光州市民をスパイに扇動させられた暴徒とみなすため、市民になりすましてデマを流布させる特殊部隊“便衣隊”を送り込む。
軍部の謀略に立ち向かう光州市民たちの姿を描く『光州』は、コ・ソンウン演出家曰く、史実や実在の人物を基にしつつもあえてフィクションとし、ミュージカル作品として成立するよう構成したという。

(上段左から)パク・ハンス役:ミン・ウヒョク、Tei、ソ・ウングァン(下段左から)ユン・イゴン役:ミン・ヨンギ、キム・チャンホ

現代韓国の礎を築いた歴史的事件の物語ゆえに出演者の多くが、起用されたことを“光栄だ”と語る。ミン・ウヒョク、Tei、ソ・ウングァン、チャン・ウナ、チョン・インジ…と出演者は、韓国舞台シーンを支える実力派俳優が見事に揃っている。今回の無料配信では彼らがシッツプローブ(オーケストラ、出演者が揃った歌稽古)形式で行ったショーケースをNAVER TVとV LIVEで見ることができる。

(上段左から)チョン・ファイン役:チャン・ウナ、チョン・インジ/ムン・スギョン役:チョン・ユジ(下段左から)ムン・スギョン役:イ・ボムソリ、チェ・ジヘ

本公演は、10月9日からソウルで約1カ月上演された後、12月には光州でも上演される。日本から公演を見に行くのはまだまだ難しい状態だが、『タクシー運転手』などの韓国映画を通して、光州事件や韓国の民主化運動に興味を持った人ならば本作を十分に堪能できるだろう。


【配信情報】
ミュージカル『光州』ショーケース 録画中継(無料配信)
2020年10月2日(金)夜7時から

●視聴サイト
NAVER TV「公演」チャンネル⇒ https://tv.naver.com/l/56430
V LIVE⇒ https://www.vlive.tv/video/214602


【公演情報】
ミュージカル『光州』(광주)
●ソウル公演 2020年10月9日~11月8日 弘益大 大学路アートセンター大劇場
●光州公演 2020年12月11日(金)~13日(日)光州光の町市民文化館

<出演>
●505部隊便衣隊員パク・ハンス役:ミン・ウヒョク、Tei、ソ・ウングァン(BTOB)
●夜学教師ユン・イゴン役:ミン・ヨンギ、キム・チャンホ
●ファンサ音楽社主人チョン・ファイン役:チャン・ウナ、チョン・インジ
●夜学教師ムン・スギョン役:チョン・ユジ、イ・ボムソリ、チェ・ジヘ
●505部隊特務隊長ホ・イング役:イ・ジョンヨル、パク・シウォン
●司祭オ・ファル役:ソ・ヒョンチョル、イ・ドンジュン
●熱血市民軍イ・ギベク役:キム・デゴン、チュ・ミンジン
●街の天使役:キム・アヨン、キム・グッキ
●市民軍平和派キム・チャンソク役:キム・テムン
●夜学生チャン・サムニョン役:ムン・ソンイル
●夜学生オ・ヨンス役:イ・ボムジュン
●光州市民役:キム・ボヒョン、キム・ウンジュ、カン・ハナ、ホ・スンミ、ムン・ギョンチョ、キム・ミンジョン、ソ・ウンジ、キム・チャンジョン、パク・ソヨン、イム・サンヒ
●便衣隊員役:ペク・シホ、キム・ユンハ、チョン・ウテ、チュ・グァンホ、パク・ビョンフン、キム・ミンジュ、キム・ハンギョル

総括プロデューサー:カン・ビョンウォン/責任プロデューサー:コ・ガンミン/芸術監督:ユ・ヒソン/作曲:チェ・ウジョン/劇作:アン・ピルダン/劇作・演出:コ・ソンウン/振付:シン・ソンホ/音楽監督:イ・ソンジュン/編曲:ハン・ジウォン、イ・ソンジュン、カン・テック/美術:キム・ジョンソク/照明:リュ・ベッキ/映像:イ・ウォノ/音響:クォン・ジフィ/小道具:クォン・ミニ/衣装:チェ・インスク/ヘアメイク:キム・ユソン/技術:イ・ユウォン/舞台監督:キム・ボムシク/制作監督:イ・ヨンジュン/企画PD:パク・ソヨン/「あなたのための行進曲」作曲:キム・ジョンリュル

写真提供:(株)LIVE

©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。

[MUSICAL]世界初ミュージカル化『英雄本色』キャストイメージ写真を公開

[MUSICAL]世界初ミュージカル化『英雄本色』キャストイメージ写真を公開

 

(上から)兄ジャホ役のユ・ジュンサン、イム・テギョン、ミン・ウヒョク

香港ノワール映画を代表する名作が、韓国で初めてミュージカル化される『英雄本色(男たちの挽歌)』のキャストが公開された。

原作映画は3部作となっていたが、舞台化するにあたり、ジョン・ウーが監督した前2作を混合してストーリーが構成されるという。兄ジャホ(子豪/ホー)、弟ジャゴル(子杰/キット)、そしてマーク(馬克)の3人を中心に、真の友情、そして家族愛が描かれる。

『フランケンシュタイン』『ベン・ハー』を共に作り上げた演出家ワン・ヨンボムと、作曲・音楽監督イ・ソンジュンが中心となり舞台化するだけあって、“ワン・ヨンボムファミリー”とでも呼べる俳優を中心にキャスティングされている。

偽札偽造組織に人生のすべてを捧げたが裏切られ、服役後新たな人生を標榜する映画ではティ・ロンが演じたホーに当たる兄ソン・ジャホ役は、ユ・ジュンサン、イム・テギョン、ミン・ウヒョクが演じる。
ワン演出家とは『三銃士』から縁を結ぶユ・ジュンサンは、ホン・サンス監督映画の常連俳優でもあり、『どうしたのプンサンさん』などのドラマでも主演を張るなど八面六臂の活躍を続けている。彼ら40代以上の世代には圧倒的な支持を得る『英雄本色』の舞台化を制作陣とともに牽引する存在となるだろう。

『モーツァルト!』『ザ・ラスト・キス』など、これまでプリンス的イメージの役柄を多く演じていたイム・テギョンは、現在出演中の『ドラキュラ』や、昨年ドラマに初出演した『ミスティ~愛の真実~』では悪役を演じるなど、最近はダークな役柄にも果敢に挑んでいる。本作の写真も、ひげをたくわえ陰のある雰囲気を醸し出しており、さらにイメージチェンジした姿が見られそうだ。
そして3人のなかでは最年少のミン・ウヒョクは、昨年から『ジキル&ハイド』『ベン・ハー』とタイトルロールに次々と抜擢。ますます主演俳優として貫禄をつけているなかで悲哀の主人公ジャホをどう演じるのか注目だ。

(左上から)弟ジャゴル役のイ・ジャンウ、パク・ヨンスと出演が追加発表されたハン・チサン

警察学校を優秀な成績で卒業し、刑事となるも、組織の一員である兄と葛藤することになる、映画ではレスリー・チャンが演じたキットに当たる弟ソン・ジャゴル役はイ・ジャンウとパク・ヨンス、そして遅れてハン・チサンの追加出演がサプライズ発表された。
『笑ってトンへ』『オ・ジャリョンが行く!』などの大ヒットホームドラマで人気を博したイ・ジャンウは、兵役を経て昨年から活動再開しているなか、ミュージカルに初挑戦する。かつてノ・ミヌ、ヒョヌとプロジェクトグループ「24/7」として歌手活動したこともある彼だけに、どんな歌声を披露するのか楽しみだ。

確かな歌唱力と演技力に定評のあるパク・ヨンスは『神と共に』『尹東柱~月を射る~』などに主演し、2年前までソウル芸術団の看板俳優であった。芸術団在籍時代から外部作品にも精力的に出演していたが、退団後はさらに作品性や劇場の大小を問わず多彩な作品に出演している。ジャゴル役は彼のキャリアにまた新たな1ページが加わることになるだろう。

『フランケンシュタイン』『ベン・ハー』『キング・アーサー』といまや大劇場ミュージカルの看板を担う俳優の一人となったハン・チサン。力強く艶のある歌声を生かし、カリスマ性溢れる役柄を得意としてきたが、今作では久々にトーンの違ったキャラクターを見せることになりそうだ。

マーク役のチェ・デチョル(左)とパク・ミンソン

組織に裏切られ、父を失った親友ジャホに代わり復讐を遂げるものの、足を負傷したことで不本意なリタイアに追い込まれる、映画ではチョウ・ユンファが演じたマーク役を、チェ・デチョルとパク・ミンソンが演じる。
『私はチャン・ボリ!』『ワン家の家族たち』など多数のドラマで活躍するチェ・デチョルだが、彼はもともと舞台から活動を始めた俳優で『偉大なるキャッツビー』『君となら』など出演は20作を超える。演劇『趣味の部屋』以来、約5年ぶりに出演する舞台で、ヒーロー的存在のマークをどう演じるのか期待が膨らむ。
一方、助演だった『ジャック・ザ・リッパ―』から主役級の『ベン・ハー』まで、まさにワン演出家の秘蔵っ子として着実に出演を重ね、日本で『ミス・サイゴン』のジョン役も経験したパク・ミンソンもマークという重責を担う。イメージ写真からしてチョウ・ユンファの典型的なイメージを踏襲して彼が演じるキャラクターへの興味を掻き立てている。

アソン役のキム・デジョン(左)とパク・インベ

ジャホとマークが組織の中心から外れたのを機にのし上がろうとする、映画ではレイ・チーホンが演じたシンに当たるアソン役はキム・デジョンとパク・インベが演じる。
『フランケンシュタイン』のルンゲ役として知られるキム・デジョンは、今年2人芝居の演劇『ヴィーナス・イン・ファー』で新境地を見せるなど、劇場のサイズを問わず、どんな役もこなせるマルチプレイヤーだ。一方、近年は『SEE WHAT I WANNA SEE』『MURDER FOR TWO』『スカーレット・レター』など、通好みの作品に出演していたパク・インベは2年ぶりの舞台復帰となる。どちらも演技巧者なだけに、強烈なヒールとなって活躍してくれそうだ。

(左から)ペギー役のJ-Min、チョン・ユジ、ソン・ジュヒ

麻薬王であるコー会長の娘であることを隠し、接近したジャゴルに心揺れる、映画では『英雄本色Ⅱ』に登場するペギー役はJ-Min、チョン・ユジ(元BESTie)、ソン・ジュヒ(元HELLO VENUS)が演じる。現在『ヘドウィグ』でイツァークを熱演しているJ-Min、『アンナ・カレーニナ』のキティ、『ノートルダム・ド・パリ』のエスメラルダなどを演じたユジ、『オール・シュック・アップ』『ナンセンス』などに出演したジュヒと、歌手出身で現在はミュージカルを中心に活躍する3人が、運命に翻弄されるヒロインを熱演してくれるだろう。

(左から)コー会長役イ・ヒジョン、ホ班長役イ・ジョンス、ギョンスク役ムン・ソンヒョク

そのほか、『英雄本色Ⅱ』ではシャン・クァンが演じた造船会社社長でかつては麻薬王だったコー会長を『ジキル&ハイド』アタ―ソン、『フランケンシュタイン』シュテファン役などでおなじみのベテラン、イ・ヒジョンが演じる。弟ジャゴルが勤務する警察署の上司ホ班長を『ベン・ハー』ではピラート役だったイ・ジョンス。修理工場の社長で、前科者の更生を助けるギョンスク役を『マリー・アントワネット』『マチルダ』に出演したムン・ソンヒョクが演じる。

ヨ先生役キム・ウヌ(左)とドソン役ソン・ハングク

アソンの圧力に押され、実権を失う黒社会のボス、ヨ先生を、ワン演出家による小劇場ミュージカル『どん底』や、パク・グニョン演出家が主宰する劇団コルモッキルの演劇などにも出演しているキム・ウノが。弟ジャゴルの警察同期で友人でもあるドソン役を『ベン・ハー』『オール・シュック・アップ』などに出演したソン・ハングクが演じる。

ミュージカルファンのみならず、香港映画ファンも注目している『英雄本色』は、12月17日~2020年3月22日まで、瑞草(ソチョ)区にある韓電(ハンジョン)アートセンターで上演。1次チケットは10月14日(月)午後2時から、インターパーク、YES24、チケットリンクで発売開始される。


【公演情報】
ミュージカル『英雄本色』(영웅본색)
2019年12月17日~2020年3月22日 韓電(ハンジョン)アートセンター

<出演>
●ソン・ジャホ役:ユ・ジュンサン、イム・テギョン、ミン・ウヒョク
●ソン・ジャゴル役:イ・ジャンウ、パク・ヨンス
●マーク役:チェ・デチョル、パク・ミンソン
●アソン役:キム・デジョン、パク・インベ
●ペギー役:J-Min、ソン・ジュヒ、チョン・ユジ
●ホ班長役:イ・ジョンス
●ギョンスク/父親役:ムン・ソンヒョク
●コー会長役:イ・ヒジョン
●ヨ先生役:キム・ウヌ

●ドソン役:ソン・ハングク

 

脚本・作詞・演出:ワン・ヨンボム/音楽監督:イ・ソンジュン/振付:ムン・ソンウ/武術監督:ムン・ジョンヨル/美術:イ・オムジ/照明:ハン・ジョンギ/音響:カン・グッキョン/衣装:ハン・ジョンイム/小道具:キム・ジヒョン/ヘアメイク:チェ・リラ/技術:パン・ハンソク/舞台監督:ぺ・ソシク/制作プロデューサー:キム・ハンソル

©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。


[MUSICAL]『ジキル&ハイド』9月ソウルでアンコール上演決定

[MUSICAL]『ジキル&ハイド』9月ソウルでアンコール上演決定

 

ジキル/ハイド役のミン・ウヒョク(左)とチョン・ドンソク韓国で最も愛される国民的ミュージカルとして知られる『ジキル&ハイド』。現在は全国ツアーの最中だが、ソウルで9月3日から2週間限定のアンコール公演が行われる。

昨年11月から始まった今シーズンの『ジキル&ハイド』は、チョ・スンウ、ホン・グァンホ、パク・ウンテら前シーズンにも主演した韓国ミュージカル界を代表する人気俳優に加え、ミン・ウヒョクとチョン・ドンソクが新キャストとして加わり、その豪華さに“歴代級キャスティング”と評判を呼んだ。5月19日まで行われた約7カ月の公演期間中は完売日が続出。平均客席占有率98%、2004年初演から数え、累積観客数140万人を突破する大記録も打ち立てた。

ソウル公演終了後は、昌原(チャンウォン)から始まる全国ツアーをスタート。大田(テジョン)、光州(クワンジュ)、大邱(テグ)、釜山(プサン)公演が終了しており、今後は仁川(インチョン)、麗水(ヨス)、城南(ソンナム)、全州(チョンジュ)、天安(チョンアン)、蔚山(ウルサン)公演が控えている。 地方10都市のツアー終了後、再びソウルに戻って今シーズンを締めくくることになる。

ソウルアンコールのキャストは、今回ジキル/ハイド役に初挑戦して好評を得たミン・ウヒョクとチョン・ドンソクが努める。そのほかルーシー役のユン・ゴンジュ、IVY、ヘナ。エマ役のイ・ジョンファ、ミン・ギョンア。ダンヴァース卿役のキム・ボンファンら今シーズンの助演キャストがそのまま出演する。

ODカンパニーのシン・チュンスプロデューサーは「ミュージカル『ジキル&ハイド』 2018-19シーズンに大きな愛を送っていただき、本当に感謝しています。観客の皆さんの熱い声援に力づけられ、全国10都市ツアーも巡航中です。烈火のような愛に報いたい思いと、少しでも多くの観客の皆さんにお会いしたいと願う気持ちで、ソウルアンコール公演を決めました。最後まで最高のパフォーマンスをお見せできるように努力します」と語っている。

『ジキル&ハイド』アンコール公演は、9月3日(火)~15日(日)まで蚕室のシャーロッテシアターで上演。チケットは7月10日(水)からHANAチケット、YES24、インターパークで発売される。


【公演情報】
ミュージカル『ジキル&ハイド』ソウルアンコール公演
2019年9月3日(火)~15日(日) シャーロッテシアター

<出演>
●ジキル/ハイド役:ミン・ウヒョク、チョン・ドンソク
●ルーシー役:ユン・ゴンジュ、IVY、ヘナ
●エマ役:イ・ジョンファ、ミン・ギョンア
●ダンヴァース卿役:キム・ボンファン
●アタ―ソン役:イ・フィジョン
●シバジ/プール役:カン・サンボム
●ビコンスフィールド/グィネヴィア役:ホン・グムダン
●クロソップ役:イ・チャンワン
●ストライド/スパイダー役:イ・ヨンジン
●プロップス役:キム・イサク
●アンサンブル:イ・ジェヒョン、ナムグン・へユン、キム・ジュ二、キム・ジフン、ユン・ナヨン(スウィング)

写真提供:ODカンパニー

©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。

[PHOTO]ミュージカル『スルー・ザ・ドア』プレスコール

[PHOTO]ミュージカル『スルー・ザ・ドア』プレスコール

 

ミュージカル『スルー・ザ・ドア』プレスコール
2015年3月24日(火) 大学路ユニプレクス1館
出演:オ・ソヨン、チェ・スジン、ユ・リア、
チェ・スヒョン、チョン・サンウン、キム・ギョンス、
チョン・ジェホン、ミン・ウヒョク、ペク・ヒョンフン、
キム・ヒョソプ、キム・ジェマン、オ・ギプン、チェ・ヨンミン、キム・リ

threw1 threw2 threw3 threw4 threw5 threw6 threw7 threw8 threw9 threw10 threw11 threw12 threw13 threw14 threw15 threw16 threw17 threw18 threw19 threw20 threw21 threw22 threw23 threw24 threw25 threw26 threw27 threw28 threw29 threw30

©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。