ママ、ドント・クライ

[MUSICAL]「ソウル・ミュージカル・フェスティバル」イェグリン・アワード発表

[MUSICAL]「ソウル・ミュージカル・フェスティバル」イェグリン・アワード発表

 

smf18月17日から24日まで開催している、韓国創作(オリジナル)ミュージカルの祭典、第4回「ソウル・ミュージカル・フェスティバル」(以下「SMF」)で、この1年に上演された創作ミュージカルの出演者や制作者に贈られる「イェグリン・アワード」の受賞結果が発表された。

創作ミュージカルの成長と発展を応援しようと始まった「イェグリン・アワード」。“イェグリン(예그린)”という名前の由来は、韓国で1961年に制作され、創作ミュージカル的作品の第1号作品とされている『サルチャギオプソイェ(살짜기옵서예)』(※済州島の古い方言で「こっそりいらして」という意味)を上演した「イェグリン楽団」からきているという。

今年の「イェグリン・アワード」は韓国ミュージカル協会に所属している団体により、昨年8月から今年7月までにソウルで上演された候補作品のなかから選定された。今年は、5部門を新設し、計11部門の賞が設けられている。

yegurin1

今年の新人賞ルイス・チョイ(左)と今年の俳優賞ユ・ジュンサン

yegurin2

『小人たち』(写真上)/『あの日々』(写真中)/『ママ、ドント・クライ』(写真下)

受賞者/受賞作は以下の通り。

<総合部門>
■イェグリン賞: ソン・スンファン PMCプロダクション芸術総監督

<作品部門>
■革新賞: 『小人たち』(난쟁이들)
■興行賞: 『あの日々』(그날들)
■リメイク賞: 『ママ、ドント・クライ』(마마 돈 크라이)
■アシテジ(ASSITEJ)賞(青少年劇部門): 『さっとやってガオー!』(뚝딱하니 어흥!)

<俳優部門>
■今年の俳優賞: ユ・ジュンサン『あの日々』(그날들)
■今年の新人賞: ルイス・チョイ『ファリネッリ』(파리넬리)

<スタッフ部門>
■クリエイティブ賞: ファン・ミナ作曲家/イ・ジヒョン脚本家『小人たち』(난쟁이들)
■デザイナー賞: チョン・ジェジン映像デザイナー『神とともに』(신과 함께)

総合部門では世界的にも知られる『ナンタ』を生んだPMCプロダクションのソン・スンファン代表が選ばれた。『兄弟は勇敢だった』『恋の駆け引きの誕生』『小人たち』などの創作ミュージカルに加え、子供向けミュージカルなども長年制作してきた功労が称えられた。
興行賞、そしてユ・ジュンサンが今年の俳優賞を受賞した『あの日々』は、伝説のフォーク歌手、キム・グァンソクの楽曲をベースに、人気スターたちの競演が老若男女に愛され、多くの観客を引き付けた。『キム・ジョンウク探し』『兄弟は勇敢だった』などを生んだヒットメーカー、作・演出のチャン・ユジョンがまたしても興行記録を更新した作品となった。また、過日発表された「ザ・ミュージカルアワーズ」で男優新人賞を受賞したルイス・チョイが、またしても新人賞を受賞する快挙を成し遂げている。

そして革新賞、クリエイティブ賞を受賞した『小人たち』は、昨年「SMF」の創作ミュージカルショーケースで上演され、今年の本公演に至った「SMF」が創り上げた作品だけに、制作者たちの頑張りが評価されたことになる。
「SMF」の最終日、24日に行われる表彰式では、「俳優が選んだスタッフ賞」「スタッフが選んだ俳優賞」の2部門が、当日サプライズとして発表されるとのこと。

昨年まで「SMF」は忠武アートホールをメイン会場にしたフェスティバルだったが、今年からはソウル市のイベントとして規模を拡大。東大門一番の新名所、東大門デザインプラザ(DDP)で開幕ガラショーを行うなど、市民参加型の催しも多数実施して創作ミュージカルへの門戸を開こうとしている。今年の受賞者/作品が広く注目を集めることで、さらなる飛躍が期待される。

[MUSICAL]人気作をバージョンアップして再演『ママ、ドント・クライ』メディアコール

[MUSICAL]人気作をバージョンアップして再演『ママ、ドント・クライ』メディアコール

 

madonk18

ドラキュラ伯爵(イ・ドンハ)とプロフェッサーV(ソン・ヨンジン)

若き天才物理学者とミステリアスなドラキュラ伯爵の出会いを描き、韓国の観劇マニアに大人気のミュージカル『ママ、ドント・クライ』が2年ぶりに再演。メディアコールが、3月12日、大学路のプティツェルシアターで行われた。

『ママ、ドント・クライ』は、ミュージカル『思春期』や『ミオ・フラテロ』などを生んだ、演出家キム・ウンギ&脚本家イ・ヒジュンコンビによって2010年に初演。ミュージシャンのホ・ギュらを主演に起用し、ロックをベースにしたポップなサウンドのライヴ型ミュージカルという新機軸を打ち出して人気を集めた。破格の天才的な頭脳を持っていたが、幼い頃から勉強ばかりで憧れの女性にも満足に想いを伝えられず、母親泣かせだったプロフェッサーVが、開発したタイムマシンで中世にタイムスリップしてドラキュラ伯爵に出会い、劇的なな変化を遂げる………少女マンガのようにファンタジックかつ2人の危うい関係性に魅了されたファンが続出、2013年の再演でも多数のリピーターが劇場に足繁く通っていた作品だ。

3度目の再演となる今回はコ・ヨンビン、ソン・ヨンジン、ホ・ギュら2013年キャストに加え、いまミュージカル界で注目を浴びる5人の新メンバーが加わり、各クワトロキャストでの上演となった。また、舞台デザインをミュージカル『太陽を抱く月』『ドラキュラ』などで注目されたオ・ピリョンが手掛け、視覚的にも新たな世界観を楽しめる作品にグレードアップしている。

madonk37

プロフェッサーV役(写真左から)ソ・ギョンス、キム・ホヨン、ホ・ギュ、ソン・ヨンジン

2013年公演にも出演したソン・ヨンジンは「ストーリーがかなり補完されたので、今回初めて見る方にも理解しやすくなりました。編曲も音楽監督さんがドラマに上手く合うようにしてくださったので、音楽的にもドラマ的にも成熟したものになっています」と自信を覗かせた。

madonk2

小劇場出演は8年ぶりのキム・ホヨン

『ラ・カージュ』などこれまで大劇場作品に多数出演してきたキム・ホヨンは久々の小劇場、しかも2人芝居は初めての挑戦となる。「この作品に魅力を感じるのは演劇的要素が多くて、プロフェッサーVの一人芝居と言っても過言ではないほど。大学路の作品に出るのは、2007年の『RENT』以来ですが、最近は大学路も市場が大きく変わったので、一度やってみたいと思いました」と小劇場作品の醍醐味を久しぶりに味わっているようだった。

キム・ホヨンと同じくプロフェッサーV役に初挑戦するソ・ギョンスはチームの末っ子でマスコット的存在。「出演者はみんな男ばかりじゃないですか? 僕は歯もよく磨かず、髪もよくとかさないようなタイプなんですけど、お互いに飾らない姿を見せるようになって、一日一日親しくなっています」と、彼らしいユニークな回答で笑わせた。

madonk38

ドラキュラ伯爵役(写真左から)コ・ヨンビン、パク・ヨンス、イ・ドンハ、イ・チュンジュ

一方、ドラキュラ伯爵役を再び演じるコ・ヨンビンは「ドラキュラが出てくる作品が、僕が知る限りはこの作品が初めてで、キャラクターの魅力にハマってくださった方が多いと思う。ドラキュラみたいなキャラクターは役作りを一人でやるのは大変ですが、今回は舞台装置や、プロフェッサーVがドラキュラの魅力を引き立ててくれるので、格好良く見えていると思います」と謙遜していたが、共演者たちに“非現実的”と言われているヴィジュアルで、今回もミステリアスなキャラクターを体現している。

madonk3

究極のヴィジュアルで圧倒的な存在感を醸し出すコ・ヨンビン

「ドラキュラ役に決まってから、映画やドラマなどヴァンパイアが出てくる作品をたくさん見た」というパク・ヨンスは4月から本作に合流する。「演じて楽しい役というよりも、歳をとることや生きるということを重荷に感じているキャラクターだと思いました。まだあと1カ月以上時間があるので、どういう心理なのか、もっと悩んで、舞台に反映できればと思います」と期待を持たせた。

同じくドラキュラ役のイ・ドンハは、昨年『大丈夫、愛だ』などドラマに多数出演し、1年ぶりに舞台復帰する。「ヨンジン兄さん、ホヨンなどこれまで共演した方が多くて、ギョンスは学校の後輩なんです。ホ・ギュ兄さんは僕の親しい友達の兄貴みたいな存在なので(笑)、みんなと演技の呼吸も合って、楽しくやっています」とプロフェッサーV役の4人との相性の良さを語っていた。

madonk6

ドラキュラ伯爵(コ・ヨンビン)とプロフェッサーV(ホ・ギュ)

madonk14

ドラキュラ伯爵(イ・チュンジュ)とプロフェッサーV(ソ・ギョンス)

プロフェッサーV役に再挑戦するにあたり「これまでもカルト的な役をやってきたので、今回もよく演じられそうだと思ったけど、簡単ではなかった」というソン・ヨンジンに対し、同役のオリジネイターでもあるホ・ギュは「以前の姿をキープするところはして、変えるところは変えようと思っています。幸いにもこの前に『グーテンベルグ』という作品でオーバーな演技をたくさんやったので、ちゃんと出来そうだと思っていたのにヨンジン兄さんが、簡単じゃないと言うので驚いたし、もっと練習しないといけないんだなと思いました。かなり内容も変わったので、オーバーな演技やマンガ的な部分のポイントをよく掴んで、頑張って準備したいです」とさすがの初代らしいコメント。するとソン・ヨンジンは「初演から演じているから、プロフェッサーVがホ・ギュ化しているんです。練習する様子を見ても、何も考えずに演じても出来ているんです」と、オリジナルキャストの力を実感したようだ。

プロフェッサーV、ドラキュラ伯爵それぞれに、同じ役でも衣装にも変化を加え、俳優たちが持つ個性を生かしてある本作。キャストによってキャラクターや作品の印象も大きく変わるだけに、リピート観劇して“顔合わせの妙”を楽しめる作品となりそうだ。

昨年上演した『ザ・デビル』や、ロックミュージカル『TRACE U』が好きな人にはおすすめしたい『ママ、ドント・クライ』は、5月31日まで上演、ホ・ギュ、パク・ヨンスは4月下旬から合流する。


15MDC-poster【公演情報】
ミュージカル『ママ、ドント・クライ』(마마, 돈크라이)
2015年3月10日~5月31日 プティツェルシアター

プロフェッサーV役:ソン・ヨンジン、ホ・ギュ、キム・ホヨン、ソ・ギョンス
ヴァンパイア役:コ・ヨンビン、パク・ヨンス、イ・ドンハ、イ・チュンジュ
演出:オ・ルピナ、脚本:イ・ヒジュン、作曲:パク・ジョンア、音楽監督:キム・ソンス、舞台デザイン:オ・ピリョン

⇒『ママ、ドント・クライ』フォトギャラリー

[PHOTO]ミュージカル『ママ、ドント・クライ』メディアコール

[PHOTO]ミュージカル『ママ、ドント・クライ』メディアコール

 

ミュージカル『ママ、ドント・クライ』プレスコール
2015年3月12日 プティツェルシアター

プロフェッサーV役:ソン・ヨンジン、ホ・ギュ、キム・ホヨン、ソ・ギョンス
ヴァンパイア役:コ・ヨンビン、パク・ヨンス、イ・ドンハ、イ・チュンジュ

madonk1 madonk2 madonk3 madonk4 madonk5 madonk6 madonk7 madonk8 madonk9 madonk10 madonk11 madonk12 madonk13 madonk14 madonk15 madonk16 madonk17 madonk18 madonk19 madonk20 madonk21 madonk22 madonk23 madonk24 madonk25 madonk26 madonk27 madonk28 madonk29 madonk30 madonk31 madonk32madonk35 madonk36madonk33 madonk34

©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。