ホ・ギュ

[MUSICAL]イ・ユリほか豪華キャスト競演『おお!キャロル』11月韓国初演

[MUSICAL]イ・ユリほか豪華キャスト競演『おお!キャロル』11月韓国初演

 

ohcarolposter1950~60年代にアメリカンポップスの黄金時代を築いたシンガー、ニール・セダカの名曲でつづるミュージカル『おお!キャロル』韓国初演のキャストが公開された。

ミュージカル『おお!キャロル』は、ニール・セダカの代表曲のひとつである「Breaking Up is Hard To do(邦題:悲しき慕情)」からタイトルを取り、2008年にアメリカで制作。韓国版のタイトルにもなった「Oh! Carol(おお!キャロル)」をはじめ、「You mean Everything to Me(きみこそすべて)」「Stupid Cupid(間抜けなキューピッド)」「One Way Ticket(恋の片道切符)」など、時代を超えて愛されている名曲21曲が劇中で堪能できる、ジュークボックスミュージカルだ。

物語の舞台は1960年代。初恋の人との結婚式を控えていたマージ。式当日に結婚相手に逃げられ、彼女の親友ロイスはマージが新婚旅行に行くはずだったリゾート地へともに失恋旅行に行くことになる。そこに現れた魅力的な男たちとの恋模様や人間模様を描く、ロマンチックコメディだ。

ohcarolcast1韓国初演には、ベテランから若手まで、キャラクターにピッタリな実力派のミュージカル俳優が揃った。マージとロイスが訪れるリゾートの女社長のエスターに長年片思いしているリゾートショーの看板MC、ハービー役は『ウィキッド』『ラ・カージュ』など、現在も一線で活躍する元祖ミュージカルスター、ナム・ギョンジュ。『スウィーニー・トッド』『ラ・マンチャの男』など、大劇場作品には欠かせない個性派ソ・ヨンジュ。そして『オケピ!』『二都物語』『西便制』など、多彩な作品で常に豊かな歌声を聴かせるソ・ボムソクと大御所が名を連ねた。

ohcarolcast2かつては脚光を浴びるスターだったが、現在はパラダイスリゾートの女社長であり、ハービーとの愛に悩むエスター役は『マンマ・ミーア』『シカゴ』などの大型ミュージカルから、映画ドラマでも活躍するチョン・スギョン。『ブロードウェイ42番街』『クーガー』などでセクシーな大人の女を好演していたキム・ソンギョン。そして『ヘドウィグ』のイツァーク役でパワフルな歌声を聴かせたイム・ジナが務める。エスターとの大人の純愛を繰り広げる、ベテラン女優たちの活躍にも期待だ。

ohcarolcast3スターになることを夢見ながら、リゾートショーの専属歌手として働くデル役は『スリル・ミー』『サリエリ』など出演作が常に話題を呼ぶチョン・サンユンと『ニュージーズ』『イン・ザ・ハイツ』など、大劇場作品の主演を次々とこなしている若き実力派ソ・ギョンス。女心をくすぐる魅力的な浮気者キャラというデルを二人がどのように表現するのか注目される。
ohcarolcast4一方、小心者で口下手だが、才能豊かな作曲家ゲイブ役は『ママ、ドント・クライ』『ゴレゴレ』などのミュージカルに出演しながら、ロックバンド「BRICK」でミュージシャンとしても活動するホ・ギュと『ベア・ザ・ミュージカル』『太陽が抱く月』などに主演し、柔らかな歌声と佇まいで観客を魅了してきたソン・ドゥソプ。ともに甘いルックスで人気の二人が、魅力的なキャラクターを演じてさらに女性ファンの心をつかみそうだ。
ohcarolcast5親友マージを慰めるため、旅したリゾートで自身の愛も探すことになるロイス役は『フランケンシュタイン』『死の賛美』などで圧倒的な存在感を披露していたアン・ユジン。『ノートルダム・ド・パリ』『風と共に去りぬ』など、安定した歌声には定評のあるオ・ジニョン。そして、数々の復讐系ドラマに主演し、2014年の「私はチャン・ボリ!」ではMBC演技大賞を受賞。“国民的悪女”の異名をもつイ・ユリが出演する。なかでもイ・ユリは現在『親不孝者は泣く』という演劇にも出演中で、今年は舞台への連続挑戦が大きな話題を呼んでいる。

ohcarolcast6恋に不器用で、傷心のままリゾートに旅立つマージ役は透明感あふれる歌声で『モーツァルト!』『マリー・アントワネット』などの大作から『ロ・ギス』などの小劇場作品までこなすイム・ガンヒと、『風と共に去りぬ』『シンデレラ』などで愛らしいキャラクターを好演してきたチョン・ダニョンが演じる。マージの心を癒す相手は誰なのか? 新しい恋の行方に注目だ。

この冬、観客にキュートで心温まる大人のラブストーリーを届けてくれそうな『おお!キャロル』は、11月19日から狎鴎亭(アックジョン)のクァンリムアートセンター BBCHホールで開幕。1次チケットは、9月21日(水)午後2時から発売開始される。


ohcarolposter【公演情報】
ミュージカル『おお!キャロル』(오! 캐롤)
2016年11月19日~2017年2月5日 クァンリムアートセンター BBCHホール

<出演>
●ハービー役:ナム・ギョンジュ、ソ・ヨンジュ、ソ・ボムソク
●エスター役:チョン・スギョン、キム・ソンギョン、イム・ジナ
●デル役:チョン・サンユン、ソ・ギョンス
●ゲイブ役:ホ・ギュ、ソン・ドゥソプ
●ロイス役:アン・ユジン、オ・ジニョン、イ・ユリ
●マージ役:イム・ガンヒ、チョン・ダニョン

音楽:ニール・セダカ/歌詞:ニール・セダカ&ハワード・グリーンフィールド/脚本:エリック・ジャクソン、ベン・H・ウインタース/プロデューサー:パク・ヨンソク/演出:ハン・ジンソプ/音楽監督:キム・ソンス/振付:ソ・ビョング/舞台:ソン・スクジン/照明:ミンギョンス/音響:キム・ピルス/小道具:チョ・ユンヒョン/衣装:チョ・ムンス/ヘアメイク:キム・ユソン

写真提供:SHOW MEDIA ©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。

[MUSICAL]人気作をバージョンアップして再演『ママ、ドント・クライ』メディアコール

[MUSICAL]人気作をバージョンアップして再演『ママ、ドント・クライ』メディアコール

 

madonk18

ドラキュラ伯爵(イ・ドンハ)とプロフェッサーV(ソン・ヨンジン)

若き天才物理学者とミステリアスなドラキュラ伯爵の出会いを描き、韓国の観劇マニアに大人気のミュージカル『ママ、ドント・クライ』が2年ぶりに再演。メディアコールが、3月12日、大学路のプティツェルシアターで行われた。

『ママ、ドント・クライ』は、ミュージカル『思春期』や『ミオ・フラテロ』などを生んだ、演出家キム・ウンギ&脚本家イ・ヒジュンコンビによって2010年に初演。ミュージシャンのホ・ギュらを主演に起用し、ロックをベースにしたポップなサウンドのライヴ型ミュージカルという新機軸を打ち出して人気を集めた。破格の天才的な頭脳を持っていたが、幼い頃から勉強ばかりで憧れの女性にも満足に想いを伝えられず、母親泣かせだったプロフェッサーVが、開発したタイムマシンで中世にタイムスリップしてドラキュラ伯爵に出会い、劇的なな変化を遂げる………少女マンガのようにファンタジックかつ2人の危うい関係性に魅了されたファンが続出、2013年の再演でも多数のリピーターが劇場に足繁く通っていた作品だ。

3度目の再演となる今回はコ・ヨンビン、ソン・ヨンジン、ホ・ギュら2013年キャストに加え、いまミュージカル界で注目を浴びる5人の新メンバーが加わり、各クワトロキャストでの上演となった。また、舞台デザインをミュージカル『太陽を抱く月』『ドラキュラ』などで注目されたオ・ピリョンが手掛け、視覚的にも新たな世界観を楽しめる作品にグレードアップしている。

madonk37

プロフェッサーV役(写真左から)ソ・ギョンス、キム・ホヨン、ホ・ギュ、ソン・ヨンジン

2013年公演にも出演したソン・ヨンジンは「ストーリーがかなり補完されたので、今回初めて見る方にも理解しやすくなりました。編曲も音楽監督さんがドラマに上手く合うようにしてくださったので、音楽的にもドラマ的にも成熟したものになっています」と自信を覗かせた。

madonk2

小劇場出演は8年ぶりのキム・ホヨン

『ラ・カージュ』などこれまで大劇場作品に多数出演してきたキム・ホヨンは久々の小劇場、しかも2人芝居は初めての挑戦となる。「この作品に魅力を感じるのは演劇的要素が多くて、プロフェッサーVの一人芝居と言っても過言ではないほど。大学路の作品に出るのは、2007年の『RENT』以来ですが、最近は大学路も市場が大きく変わったので、一度やってみたいと思いました」と小劇場作品の醍醐味を久しぶりに味わっているようだった。

キム・ホヨンと同じくプロフェッサーV役に初挑戦するソ・ギョンスはチームの末っ子でマスコット的存在。「出演者はみんな男ばかりじゃないですか? 僕は歯もよく磨かず、髪もよくとかさないようなタイプなんですけど、お互いに飾らない姿を見せるようになって、一日一日親しくなっています」と、彼らしいユニークな回答で笑わせた。

madonk38

ドラキュラ伯爵役(写真左から)コ・ヨンビン、パク・ヨンス、イ・ドンハ、イ・チュンジュ

一方、ドラキュラ伯爵役を再び演じるコ・ヨンビンは「ドラキュラが出てくる作品が、僕が知る限りはこの作品が初めてで、キャラクターの魅力にハマってくださった方が多いと思う。ドラキュラみたいなキャラクターは役作りを一人でやるのは大変ですが、今回は舞台装置や、プロフェッサーVがドラキュラの魅力を引き立ててくれるので、格好良く見えていると思います」と謙遜していたが、共演者たちに“非現実的”と言われているヴィジュアルで、今回もミステリアスなキャラクターを体現している。

madonk3

究極のヴィジュアルで圧倒的な存在感を醸し出すコ・ヨンビン

「ドラキュラ役に決まってから、映画やドラマなどヴァンパイアが出てくる作品をたくさん見た」というパク・ヨンスは4月から本作に合流する。「演じて楽しい役というよりも、歳をとることや生きるということを重荷に感じているキャラクターだと思いました。まだあと1カ月以上時間があるので、どういう心理なのか、もっと悩んで、舞台に反映できればと思います」と期待を持たせた。

同じくドラキュラ役のイ・ドンハは、昨年『大丈夫、愛だ』などドラマに多数出演し、1年ぶりに舞台復帰する。「ヨンジン兄さん、ホヨンなどこれまで共演した方が多くて、ギョンスは学校の後輩なんです。ホ・ギュ兄さんは僕の親しい友達の兄貴みたいな存在なので(笑)、みんなと演技の呼吸も合って、楽しくやっています」とプロフェッサーV役の4人との相性の良さを語っていた。

madonk6

ドラキュラ伯爵(コ・ヨンビン)とプロフェッサーV(ホ・ギュ)

madonk14

ドラキュラ伯爵(イ・チュンジュ)とプロフェッサーV(ソ・ギョンス)

プロフェッサーV役に再挑戦するにあたり「これまでもカルト的な役をやってきたので、今回もよく演じられそうだと思ったけど、簡単ではなかった」というソン・ヨンジンに対し、同役のオリジネイターでもあるホ・ギュは「以前の姿をキープするところはして、変えるところは変えようと思っています。幸いにもこの前に『グーテンベルグ』という作品でオーバーな演技をたくさんやったので、ちゃんと出来そうだと思っていたのにヨンジン兄さんが、簡単じゃないと言うので驚いたし、もっと練習しないといけないんだなと思いました。かなり内容も変わったので、オーバーな演技やマンガ的な部分のポイントをよく掴んで、頑張って準備したいです」とさすがの初代らしいコメント。するとソン・ヨンジンは「初演から演じているから、プロフェッサーVがホ・ギュ化しているんです。練習する様子を見ても、何も考えずに演じても出来ているんです」と、オリジナルキャストの力を実感したようだ。

プロフェッサーV、ドラキュラ伯爵それぞれに、同じ役でも衣装にも変化を加え、俳優たちが持つ個性を生かしてある本作。キャストによってキャラクターや作品の印象も大きく変わるだけに、リピート観劇して“顔合わせの妙”を楽しめる作品となりそうだ。

昨年上演した『ザ・デビル』や、ロックミュージカル『TRACE U』が好きな人にはおすすめしたい『ママ、ドント・クライ』は、5月31日まで上演、ホ・ギュ、パク・ヨンスは4月下旬から合流する。


15MDC-poster【公演情報】
ミュージカル『ママ、ドント・クライ』(마마, 돈크라이)
2015年3月10日~5月31日 プティツェルシアター

プロフェッサーV役:ソン・ヨンジン、ホ・ギュ、キム・ホヨン、ソ・ギョンス
ヴァンパイア役:コ・ヨンビン、パク・ヨンス、イ・ドンハ、イ・チュンジュ
演出:オ・ルピナ、脚本:イ・ヒジュン、作曲:パク・ジョンア、音楽監督:キム・ソンス、舞台デザイン:オ・ピリョン

⇒『ママ、ドント・クライ』フォトギャラリー

[PHOTO]ミュージカル『ママ、ドント・クライ』メディアコール

[PHOTO]ミュージカル『ママ、ドント・クライ』メディアコール

 

ミュージカル『ママ、ドント・クライ』プレスコール
2015年3月12日 プティツェルシアター

プロフェッサーV役:ソン・ヨンジン、ホ・ギュ、キム・ホヨン、ソ・ギョンス
ヴァンパイア役:コ・ヨンビン、パク・ヨンス、イ・ドンハ、イ・チュンジュ

madonk1 madonk2 madonk3 madonk4 madonk5 madonk6 madonk7 madonk8 madonk9 madonk10 madonk11 madonk12 madonk13 madonk14 madonk15 madonk16 madonk17 madonk18 madonk19 madonk20 madonk21 madonk22 madonk23 madonk24 madonk25 madonk26 madonk27 madonk28 madonk29 madonk30 madonk31 madonk32madonk35 madonk36madonk33 madonk34

©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。

[MUSICAL]路上からスター誕生!? 『ゴン、ザ・バスカー』プレスコール

[MUSICAL]路上からスター誕生!? 『ゴン、ザ・バスカー』プレスコール

 

DSC_0049

主人公チェ・ゴン役のホ・ギュ

韓国文化芸術委員会が主催し、創作(オリジナル)ミュージカルの育成を目的とした「創作ミュージカル新作リレー公演」が1月3日から開幕した。10作品からなるリレー公演の第1弾作品となる『ゴン、ザ・バスカー』プレビュー公演のプレスコールが1月7日、大学路のアルコ芸術劇場で開催された。

『ゴン、ザ・バスカー』は、ストリートミュージシャンのゴンが、聴覚障害をもつダンサーのニーナと彼女の弟でドラマーのウォンソクと出会ってグループを結成。全国を回って路上ライブを展開していたところを、テレビのオーディション番組にスカウトされるも、それを機に彼らの愛や友情にヒビが入ってしまう……というストーリー。オーディション番組から人気歌手やミュージシャンが多数誕生している韓国ならではの青春ロードミュージカルだ。

DSC_0017

ダンサー、ニーナ役のキム・ヒョジョンとドラマー、ボソク役のキム・ボガン

DSC_0269

(写真左から)プロデューサー:キム・ドヘ/作・演出・音楽:パク・ヨンジョン/振付:チェ・インスク

作・演出・音楽のパク・ヨンジョンはロックバンドに情熱を傾ける若者たちの姿を描いた、大学路定番の小劇場ミュージカル『オーディション』を生んだ人物。路上で演奏することを欧米では“Busking(バスキング)”、ストリートミュージシャンは“Busker(バスカー)”と呼ぶが、パク演出家は実際に彼自身が「若い頃に国内のみならず海外でもバスキングをやっていた」そうで、自らの経験を生かして新たなバンドもののミュージカルを誕生させたというわけだ。『オーディション』では登場人物たちが実際にギターや楽器を演奏するのが見どころのひとつだが、本作でも同様にライブシーンのほとんどは俳優が演奏している。音楽にはひときわこだわりをもつパク演出家だけに、「音楽もテレビでよく流れるようなポップスではなく、ストリートミュージシャンがよく演奏するようなオールドスタイルのロック、フォークや80年代のファンクを中心に構成した」とのこと。
また、振付のチェ・インスクはストリートミュージシャンは自由奔放な動きに、テレビ局のオーディション番組関係者は劇中に「全部ウソだ」という歌詞があるように、フェイクな感じを出すためコミカルな動きに、と両者のギャップを際立たせたそうだ。

DSC_0208

チェ・ゴン役のキム・シニ(写真左)

主人公チェ・ゴンを演じるのは、舞台俳優としても活動しているが、本業はミュージシャンのキム・シニとホ・ギュ。やはり彼らがギターを持って歌う姿にはまったく違和感なく、ゴン役にピッタリだ。特にキム・シニはなんとバスキングの経験アリだそうで、「7年前くらいに自分の音楽が一般の人たちにどういう反応があるか興味があって、狎鷗亭や汝矣島の公園などで歌っていたので、当時のことを思い出しながら楽しく演じている」と語っていた。
一方のホ・ギュは「バスキングはやったことないけれど、自分のバンドでの経験が武器になると思う。シニはハイトーンでパワフルなボーカル、僕はもう少し感性的に歌うという違うがある」と2人のゴン役のキャラクターの違いを分析していた。

本作はアルコ芸術劇場で1月11日までプレビュー公演を行ったあと、2月20日からはドゥサンアートセンター ヨンガンホールにて約1カ月の本公演が行われる。


 

뮤지컬곤더버스커_20141210【公演情報】

ミュージカル『ゴン、ザ・バスカー』
●ショーケース公演:2015年1月3日~11日 アルコ芸術劇場 大劇場
●本公演:2015年2月20日~3月22日 ドゥサンアートセンター ヨンガンホール

出演:キム・シニ、ホ・ギュ、キム・ボガン、キム・ヒョジョン、ジョン・ウン、ユン・ソンウォン、チェ・ウクロ、クォン・セジョン、ソン・ジエ、デビン、キム・ソング、イ・ジョンヒョン、イ・ミンジェ、イ・テファ、キム・ソノ、チェ・ヒョク、グ・ジュンモ
プロデューサー・共同脚本:キム・ドヘ/作・演出・音楽:パク・ヨンジョン/振付:チェ・インスク/舞台デザイン:イ・ソヨン/照明デザイン:カン・デグン/舞台映像:キム・チャンヨン/衣装デザイン:キム・ユソン/扮装デザイン:ムン・ソニョン

2月の本公演のチケットはインターパークほかで発売中。


 

<フォトギャラリー>

DSC_0059DSC_0051DSC_0003 DSC_0067 DSC_0098 DSC_0128 DSC_0137 DSC_0188 DSC_0194 DSC_0217 DSC_0292