ペ・ヘソン

[MUSICAL]イ・ソクジュン、イ・ゴンミョン、ぺ・ヘソン20周年記念『チック・チック…ブーン!』上演

[MUSICAL]イ・ソクジュン、イ・ゴンミョン、ぺ・ヘソン20周年記念『チック・チック…ブーン!』上演

 

ジョン役のイ・ソクジュン

ジョン役のイ・ゴンミョン

韓国の舞台シーンを長年トップ俳優として牽引してきたイ・ソクジュン、イ・ゴンミョン、ぺ・ヘソンが俳優生活20周年を迎え、かつてともに主演した『チック・チック…ブーン!』への出演を決定。初演メンバーの一人であるソン・ギユンや、チョ・スンチャン、オ・ジョンヒョク、チョン・ヨンら親しい後輩たちとともに意味深い記念公演を行う。

『チック・チック…ブーン!』は、『RENT』の原作者として知られるジョナサン・ラーソンが遺したもう一つの戯曲。成功を前に夭折した彼の自伝的エピソードが盛り込まれており、アルバイトを続けながら作曲を続ける青年ジョンとルームメイトのマイケル。そして常にジョンを支えてきた恋人スーザンと、3人の姿を通して、夢を追う者が突き当たる壁や現実を躍動感あふれるサウンドとともにストレートに描き出すロックミュージカルだ。2001年の韓国初演時には、3つの劇場で3チームに分けて上演されるほどの人気を博したという。

スーザン役のぺ・ヘソン(左)とチョン・ヨン

今回7年ぶりとなる上演では、主人公ジョン役にはミュージカル『ストーリー・オブ・マイライフ』や演劇『キル・ミー・ナウ』『フローズン』など、多彩な作品で誠実にキャラクターを演じこなすイ・ソクジュン。そして『フランケンシュタイン』『あの日々』『インタビュー』など常にカリスマ性溢れる歌と演技を披露してきたイ・ゴンミョンが務める。同い年の親友として知られる二人が記念公演で顔を揃えることは多くの観客が期待する最大のポイントとなっている。

ジョンの夢や情熱を支持してきたが、現実に疲れていく恋人スーザン役には、初演メンバーだったぺ・ヘソンが16年ぶりに挑む。『モーツァルト!』の姉ナンネールが当たり役として知られる彼女は、どんな作品でも穏やかながらも存在感を見せられる演技力を買われ、近年は『ヨンパリ』などドラマにも多数起用されている。一方チョン・ヨンは演劇『柔道少年』『カポネトリロジー』や『スモーク』『マーダー・バラッド』などのミュージカルまで、小劇場作品に多数出演して頭角を現してきた女優。全く違う個性をもつ二人のスーザンを堪能できそうだ。

(写真左から)マイケル役のソン・ギユン、チョ・スンチャン、オ・ジョンヒョク

そして、ジョンとともに夢を追っていたものの、転身後はビジネスマンとして成功したマイケルをソン・ギユン、チョ・スンチャン、オ・ジョンヒョクの3人が演じる。01年初演時の元祖マイケル役だったソン・ギユンは韓国版『アイーダ』『CHICAGO』『マンマ・ミーア!』などの大劇場ミュージカルには欠かせないベテランだが、今年は『彼と彼女の木曜日』『大虐殺の神』などの小劇場演劇やドラマ『推理の女王』への出演など多彩な活動を展開している。加えて、今回初出演となる『モンテクリスト』『三銃士』などで知られるチョ・スンチャンと、『あの日々』『プライド』などに出演したオ・ジョンヒョクは、イ・ソクジュンやイ・ゴンミョンとの共演作も多く、親しい先輩俳優への“義理”や“リスペクト”を感じさせる出演となっている。

楽しい作品性のなかにある深いメッセージに共感が溢れる青春群像劇を、すでにキャリアをもつ俳優たちが、どのように演じるのか注目される『チック・チック…ブーン!』は8月29日から上演。プレビュー公演のチケットは7月26日(水)午後3時から、1次チケットは8月2日(火)午後3時から発売開始される。


【公演情報】
ミュージカル『チック・チック…ブーン!』
2017年8月29日~10月15日 大学路TOM1館

<出演>
●ジョン役:イ・ソクジュン、イ・ゴンミョン
●スーザン役:ぺ・ヘソン、チョン・ヨン
●マイケル役:ソン・ギユン、チョ・スンチャン、オ・ジョンヒョク

写真提供:IM CULTURE
©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。

[PLAY]パク・ジョンミン&ムン・グニョン主演『ロミオとジュリエット』全キャスト発表

[PLAY]パク・ジョンミン&ムン・グニョン主演『ロミオとジュリエット』全キャスト発表

 

2016romijuri1シェイクスピア没後500年の2016年は多数のシェイクスピア作品が上演された1年だったが、その真打とも呼べる演劇『ロミオとジュリエット』が破格のキャストを揃えて上演される。

14世紀イタリアを舞台に、敵対する派閥の家庭に生まれたロミオとジュリエットの障害多き恋を描く本作で、主人公ロミオ役を演じるのはパク・ジョンミン。2016年2月に公開されたイ・ジュニク監督作『東柱(ドンジュ)』で主人公の親友ソン・モンギュを演じて「百想芸術大賞 映画部門男性新人賞」を受賞。デビュー当時から演技力を高く評価されていた彼が、どんなロミオ像を見せてくれるのか、期待が膨らむ。

一方、ジュリエット役には、国民の妹から演技派女優に見事成長したムン・グニョン。演劇初挑戦した2010年の『クローサー』以来、6年ぶりの舞台となる。周囲の反対やさまざまな障壁をものともせず、ロミオへの愛を貫く魅力的なジュリエットを見せてくれるに違いない。

2016romijuri2

ロミオ役のパク・ジョンミン(写真左)と、ジュリエット役のムン・グニョン

さらに、助演陣も、期待値を上げざるを得ない顔ぶれが並んでいる。

ロミオの親友マキューシオ役にはキム・ホヨンとイ・ヒョンギュン。今年は『キンキーブーツ』で新たな一面を見せたと評判のキム・ホヨンが、約1年ぶりに演劇に出演する。一方のイ・ヒョンギュンは過去、演劇『フランケンシュタイン』や『望ましい青少年』などに出演して存在感を見せていた実力派だ。

ジュリエットがロミオを愛していることを知りながら彼女を愛し続ける婚約者パリス役はミュージカル『サリエリ』のジェラス役が評判だったキム・チャンホ。ジュリエットのいとこ、ティボルト役は『ファンレター』『スルー・ザ・ドア』などで活躍し、長身と低音の声が印象的なヤン・スンリ。そして、ロミオのいとこで気弱な青年ベンヴォーリオ役は『スウィーニー・トッド』『ウェルテル』などの大作から小劇場作品まで、どんな役も柔軟に演じこなすキム・ソンチョルが演じる。

加えて、ロミオとジュリエットに救いの手を差し伸べるキャラクターを、舞台俳優出身でブラウン管からスクリーン、舞台と幅広く活躍するベテラン俳優が引き受けている点にも注目だ。秘密の結婚式に立ち会うローレンス神父役は、劇団木花(モッカ)出身のソン・ビョンホ。ジュリエットが実母のように慕う乳母役をソ・イスクとぺ・へソンがWキャストで務める。

演出・脚色は、本作を制作するSEMカンパニーが昨年1月~3月に上演したカン・ハヌル主演『ハロルドとモード』の演出家、ヤン・ジョンウンが再登板する。昨年はミュージカル『オケピ!』を上演した同カンパニー代表でプロデューサーのキム・ミヘは、映画俳優ファン・ジョンミン夫人としても有名だ。彼女がプロデューサーとしての力を存分に発揮し、豪華キャストで上演するこの冬最高の話題作『ロミオとジュリエット』は、12月9日から国立劇場ヘオルム劇場で開幕する。

2016romijuri3

(写真上段左から)パク・ジョンミン、ソ・イスク、ソン・ビョンホ、キム・ホヨン、ヤン・スンリ(下段左から)ムン・グニョン、ぺ・へソン、キム・ソンチョル、イ・ヒョンギュン、キム・チャンホ


2016romijuriposter【公演情報】
演劇『ロミオとジュリエット』(로미오와 줄리엣)
2016年12月9日~2017年1月15日 国立劇場タルオルム劇場

<出演>
●ロミオ役:パク・ジョンミン
●ジュリエット役:ムン・グニョン
●マキューシオ役:キム・ホヨン、イ・ヒョンギュン
●パリス役:キム・チャンホ
●ベンヴォーリオ役:キム・ソンチョル
●ティボルト役:ヤン・スンリ
●ロレンス神父役:ソン・ビョンホ
●ジュリエットの乳母役:ソ・イスク、ぺ・へソン

プロデューサー:キム・ミヘ/演出・脚色:ヤン・ジョンウン/美術:チョン・スンホ

写真提供:SEMカンパニー ©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。

 

[PHOTO]演劇『メロドラマ』プレスコール

[PHOTO]演劇『メロドラマ』プレスコール

 

 演劇『メロドラマ』プレスコール

2015年1月8日 芸術の殿堂 自由小劇場
出演:パク・ウォンサン、ペ・ヘソン、ホン・ウニ、チェ・デフン、チョ・ガンヒョン、
パク・ソンフン、チョン・ギョンス、キム・ナミ、パク・ミンジョン

DSC_0042 DSC_0061 DSC_0124DSC_0196DSC_0219 DSC_0270 DSC_0337DSC_0311

DSC_0393 DSC_0441DSC_0429 DSC_0518 DSC_0533 DSC_0589 DSC_0605 DSC_0656 DSC_0689 DSC_0694 DSC_0704 DSC_0713 DSC_0725 DSC_0728 DSC_0742 DSC_0761 DSC_0774 DSC_0784DSCN0024

[PLAY]抑えきれない偶然の愛が交錯―『メロドラマ』プレスコール

[PLAY]抑えきれない偶然の愛が交錯―『メロドラマ』プレスコール

 

DSC_0196

ジェヒョン役のパク・ソンフンとソギョン役のホン・ウニ

ホン・ウニ、パク・ウォンサンなどテレビ、映画でも活躍する豪華キャストを起用した話題作『メロドラマ』のプレスコールが1月8日、芸術の殿堂 自由小劇場で行われた。

『メロドラマ』は『キム・ジョンウク探し』『兄弟は勇敢だった』『あの日々』などを生み出したヒットメーカー、チャン・ユジョンが2007年に初めてストレートプレイに挑んだ作品。2008年に再演後、約6年ぶりの再演となった今回は、久々に女優として舞台に立つホン・ウニを筆頭に、若手からベテランまで韓国舞台シーンで注目を集めている実力派俳優が揃った。

DSC_0131 物語は、結婚10年目の夫チャンイルと2人、一見、何不自由なく生活しているように見えるキュレーターのソギョンが若き放送作家、ジェヒョンの取材対象となったところから始まる。出会った瞬間から胸騒ぎが止まらないジェヒョンだが、彼には婚約者のソイが。そして交通事故の後遺症で知的障害となった姉ミヒョンがいた。一方、ひょんなことでミヒョンと知り合ったチャンイルは、少女のように純粋な彼女に惹かれ、溺れていく。ソギョンはジェヒョンに、チャンイルはミヒョンに……と、夫妻は、それぞれが年若き相手の情熱的な求愛に翻弄されつつも、満たされていなかった心の隙間を埋めていく様が、タイトル通り『メロドラマ』のようにドラマチックに展開していくのだ。

DSC_0062

舞台でも輝く美貌が際立つホン・ウニ

2008年の『クローサー』以来6年ぶりの演劇に挑む ホン・ウニは「初日から1週間ほど経ったが、まだ緊張感が抜けない」と笑っていたが、舞台経験の豊富な夫ユ・ジュンサンが「あまりにも頑張れ! というと逆にプレッシャーになるからと淡々と静かに勇気を与えてくれた。舞台を見に行くというと緊張するだろうから、知らせずに2階でこっそりと観ると言っていた」と、変わらぬ仲睦まじい素敵なエピソードを披露してくれた。

DSC_0725

ミヒョン役のチョン・ギョンスとチャンイル役のパク・ウォンサン

 

 

 

 

 

 

 

近年は映画、ドラマと多忙なパク・ウォンサンも久々の舞台となる。「チャン演出家に声をかけてもらって有難かったです。メロドラマやこの劇場への憧れもあり、舞台で演技する充足感や心地よさを久々に味わっています。(所属している)劇団チャイムではほとんどコミカルな人物ばかり演じてきたので、いままで感じたことがなかった料理(=作品、役柄)の味を味わうことができるでしょう」と語った。彼とチェ・デフンが演じるチャンイルの相手役となるミヒョンをシングルキャストで演じているチョン・ギョンスは2人の印象について「デフンさんは歳が近いので友達のような感じ。ウォンサンさんは、とても優しい近所のおじさんみたいです」と語り、パク・ウォンサンが苦笑いする場面もあった。

DSC_0429

ジェヒョン役のチョ・ガンヒョンとソギョン役のペ・ヘソン

久々の再演にあたり、作・演出のチャン・ユジョンは「ジェヨンとソイの過去(心臓疾患をもつジェヨンは、亡くなったソイの兄の心臓を移植している)の部分は新しく追加したシーンです。いま上演している『あの日々』も今回は大幅に修正を加えましたが、初演から8年が経ち、その間自分も独身だったが結婚もしたし、どの程度手を加えるかとても悩みました」と語った。また、劇中にはロートレックやロップスといった、19世紀ヨーロッパの退廃的な作風の画家の絵を登場人物とシンクロさせたり、音楽はルーマニアやスロバキア、ブラジルなどの民族音楽を織り交ぜ、独特の世界を創り出している。

突然やってきた予想できない愛によって、翻弄される4人の男女の愛のあり方を描き出す『メロドラマ』は2月15日まで、芸術の殿堂 自由小劇場で上演中。

DSCN0024

 

meloposter【公演情報】

演劇『メロドラマ』
2014年12月31日~2015年2月15日 芸術の殿堂 自由小劇場

出演:パク・ウォンサン、ペ・ヘソン、ホン・ウニ、チェ・デフン、チョ・ガンヒョン、パク・ソンフン、チョン・ギョンス、キム・ナミ、パク・ミンジョン
プロデューサー:ソン・サンウォン/作・演出:チャン・ユジョン/舞台デザイン:イ・ユンス/照明:グ・ユニョン/小道具:チョ・ユニョン/衣装:チョ・へジョン/助演出:ファン・ヒウォン

チケットは芸術の殿堂ホームページインターパークで発売中。

⇒『メロドラマ』フォトギャラリー

[PHOTO]ミュージカル『モーツァルト!』公式舞台写真

 

ミュージカル『モーツァルト!』
2014年6月11日~8月3日 世宗文化会館 大劇場
●モーツァルト役:イム・テギョン、パク・ウンテ、パク・ヒョシン
●コンスタンツェ役:キム・ソヒャン、イム・ジョンヒ、チョン・ジェウン
●コロレド役:ミン・ヨンギ、キム・スヒョン
●父・レオポルド役:パク・チョロ、イ・ジョンヨル
●ヴァルトシュテッテン男爵夫人:シン・ヨンスク、チャ・ジヨン
●ナンネール役:ペ・ヘソン、イム・ガンヒ

[ク」ニョ!] ウェエツ ウェエツ タスセヌ_ケレタコナツ, ー釥フセネ [ク」ニョ!] ウェエツ ウェエツ タスセヌ_ケレネソスナ [ク」ニョ!] ウェエツ ウェエツ 음악_임태경, タアニ邵ッスコ (1) [ク」ニョ!] ウェエツ ウェエツ 음악_임태경, タアニ邵ッスコ (2)

[ク」ニョ!] スナオソ ク」ニョ

[ク」ニョ!] スナオソ ク」ニョ_ツャ ソワ [ク」ニョ!] スナオソ ク」ニョ_タフチ、ソュ, 신영숙 [ク」ニョ!] スナオソ ク」ニョ_タフチ、ソュ, ツャ, ー釥フセネ [ク」ニョ!] スナオソ ク」ニョ_タフチ、ソュ, ー釥フセネ[ク」ニョ!] ク」ニョ 아가씨!_임강희 [ク」ニョ!] コ。 남겠어_임태경, 김수용 ソワ [ク」ニョ!] ク」ニョエツ 왔나_민영기 [ク」ニョ!] ク」ニョエツ 왔나_김수용 ソワ [ク」ニョ!] ク」ニョエツ ソヤウェ [ク」ニョ!] ネイアンコー_ツャ [ク」ニョ!] ヌチカヘ ーケレタコナツ, 김현숙 [ク」ニョ!] 사랑하면 シュキホクヲ セヒ シ。 있어_임태경, 김소향

[ク」ニョ!] ソゥア箒ツ 빈

[ク」ニョ!] ソゥア箒ツ 빈_임태경[ク」ニョ!] ソユタレエツ カーウェ_ケ霽リシア [ク」ニョ!] クカタス アサーヤ クヤセ鋐タフチ、ソュ [ク」ニョ!] クカタス アサーヤ クヤセ鋐ケレテカネ」 [ク」ニョ!] ウュ ソケシ嵓。タヌ 아내라_임정희 [ク」ニョ!] 위대한 음악_민영기[ク」ニョ!] 쉬운 ア貘コ エテ タ゚クネ ア訐ケレネソスナ, 김수용

[ク」ニョ!] エゥアシア硺ケレネソスナ ソワ [ク」ニョ!] シイウ「_ケレタコナツ [ク」ニョ!] ウサ クタ 그대로_박효신 [ク」ニョ!] 사랑하면 シュキホクヲ セヒ シ。 タヨセ硺ケレタコナツ, ー釥フセネ [ク」ニョ!] ウサ 운명 피하고 スヘセ硺ケレタコナツ[ク」ニョ!] ソタヌチエラ クキ