プティツェルシアター

[MUSICAL]初演から10周年!『キム・ジョンウク探し』6月開幕

[MUSICAL]初演から10周年!『キム・ジョンウク探し』6月開幕

2016kjw

(写真左から)ホ・ウク、キム・ミングク、チョン・ソヒ、イ・ソンファン、サンデー、チョン・ウォンヒョン、パク・ヒョンジ、ファン・ジェフン

今年で初演から10周年を迎えるミュージカル『キム・ジョンウク探し』が、6月からの公演を控え、キャストを発表した。

『キム・ジョンウク探し』は、『あの日々』『兄弟は勇敢だった』などの作・演出で知られるチャン・ユジョンが創作し、2006年に初演。自分探しのため単身インド旅行に出かけたヒロインが、旅先で素敵なキム・ジョンウクという青年に出会い恋に。帰国しても忘れられないジョンウクを「初恋探し株式会社」という探偵事務所に依頼したことから、巻き起こる出来事をハートフルに描いたロマンチック・ラブコメディだ。
初演では、当時若手俳優として圧倒的な人気を誇っていた、オ・マンソクとオム・ギジュンがWキャストで主演して大ヒット。以降も、シン・ソンロク、キム・ムヨル、ユン・ヒョンミン、キム・ジェボム、チョン・サンユン、パク・トンハ、超新星ユナクなど、現在も活躍する多数の人気俳優を輩出している。(歴代の男性主人公一覧 CJ MUSICAL公式サイトより
また、2010年には、コン・ユ&イム・スジョン主演で映画化(邦題は『あなたの初恋探します』)もされるなど、大学路の小劇場から始まった作品ながら、韓国で多くの人々に知られ、愛されている定番作品だ。6月には東京・大阪で『キム・ジョンウク探し~あなたの初恋探します~』と題した日本版公演も上演予定だ。

今回の10周年記念公演には、オーディションで100分の1という競争率のなかで選抜された実力派の若手俳優が起用された。
ヒロインが忘れられないキム・ジョンウク役と、「初恋探し株式会社」を営む“あの男”(劇中では男優の実名が使われる)の二役を演じるのは、キム・ミングクとイ・ソンファン。ジョンウクを探す“あの女”(劇中では女優の実名を使用)は、天上智喜のサンデー、チョン・ソヒ、パク・ヒョンジ。そして、タクシー運転手、インド人ガイドなど10数人のキャラクターをひとりで演じるマルチマン”役には、ホ・ウク、チョン・ウォンヒョン、ファン・ジェフンが起用された。いずれも、大学路で定番作品となっている小劇場作品で経験を積んだ実力派だけに、作品の楽しさを十二分に伝えてくれそうだ。

フレッシュな顔ぶれとともに10周年記念のロングラン公演に突入する『キム・ジョンウク探し』の1次チケットは、5月18日(水)午後2時から発売される。

 


2016kjwposter【公演情報】
ミュージカル『キム・ジョンウク探し』(김종욱 찾기)
2016年6月17日~2017年1月15日 大学路プティツェルシアター

<出演>
●キム・ジョンウク/あの男役:キム・ミングク、イ・ソンファン
●あの女役:サンデー(天上智喜)、チョン・ソヒ、パク・ヒョンジ
●一人多役(マルチマン)役:ホ・ウク、チョン・ウォニョン、ファン・ジェフン

演出:ファン・ドス/音楽監督:チョン・ミョンジン

写真提供:CJ E&M、㈱NEO ©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。

[MUSICAL]観客が男たちを自由に…!?『風月主』雲楼主人コール開催

[MUSICAL]観客が男たちを自由に…!?『風月主』雲楼主人コール開催

 

15pwj9

真聖女王(イ・ジスク)の寵愛を一手に受けているヨル(ソン・ドゥソプ)

2年ぶりの再演が開幕したミュージカル『風月主』(プンウォルジュ)を、観客が舞台の感動と余韻を写真や映像にそのまま記録できるスペシャルイベント「雲楼(ウンル)主人コール」が9月11日に開催された。

物語の舞台となっている古代新羅時代には花郎(ファラン/화랑)という眉目秀麗な青年を集めた集団があり、なかでも精鋭は風月主と呼ばれていた。文芸にも秀で、美しい容姿をもつ男性の象徴となっていた風月主は、のちの時代には妓生のような存在の呼称にもなっていたという。そのような史実をベースにしている本作は、男性の妓生、風月(プンウォル)たちが主人公だ。雲楼とは、彼らが身分の高い女性客をとるために身を置く場所のこと。つまり、今回のイベントは観客が雲楼の客人となれる特別な1日となった。

主人公は、容姿端麗な男たちが集う雲楼で、幼いころから兄弟のようにすべてを共にしてきたヨルとサダム。雲楼で一番人気のヨルを寵愛していた孤独な真聖(チンソン)女王が彼の子を懐妊。待ち望んでいた妊娠に喜び、愛するヨルを王の座に迎えようとする女王だが、かたくなに拒むヨルの背後にはサダムの存在があることを知り、サダムに圧力をかけはじめるのだ。

15pwj3

ヨル(キム・デヒョン)とサダム(キム・ジフィ)は幼いころから雲楼でともに成長した兄弟以上の仲

美しい男たちの切ない愛が交錯する物語に2012年の初演から大ヒット。翌年の再演を経て日本公演も行われた。3度目の再演を記念して開催されたこのイベントのチケットは発売と同時に即完売するほどの圧倒的な人気を見せていただけに、客席にはカメラ、ビデオレコーダーなどをもつファンで超満員。試演が始まったとたん、すさまじいシャッター音のなか、ヨル、サダムと各トリプルキャストを中心に、全キャストが登場して9曲のハイライトシーンが上演された。

15pwj27

真聖女王(チョン・ヨン)はサダム(ユン・ナム)にヨルのもとから去るよう命じる

3度目の再演では、前2回の無機的なイメージとは異なり、雲楼の建物のなかにいるようなセットが組まれている。キム・ドンヨン演出家は「初演、再演でも多くの観客から愛された作品なので、プレッシャーも大きかったですが、前2回とまったく違うようにしようという考えはなく、台本を読んで、曲を聴いて浮かんだ風景を舞台に移そうと思いました。最も重要だと考えたのは作品のなかにいる主人公たちの心情をどう表現するかで、それに集中したように思います。雲楼という空間で、互いに得られないものを求める人たち、それぞれに誰かの生きがいとなっている相手を得ることができないという哀しい想いを、美しい背景のなかに込められれば、というのが私の演出の方向だったと思います。制作中に冗談で話していたのですが、実際に美しい木々に囲まれ、風の音が聴こえるような野外で公演ができたらいいなと言っていたほど、美しい場所で、美しいけど哀しく、哀しいからこそ美しい感性豊かな公演になればと思います。なぜ彼らはそうなってしまうのか、と説明するよりも切ない感情が美しい一枚の絵のように心に残る作品になればいいなと思っています」と語り、登場人物たちの心情にフォーカスした演出になっていると解説していた。

15pwj35

サダム役のキム・ソンチョルとヨル役のキム・デヒョン

15pwj36

サダム役のユン・ナムとヨル役のイ・ユル

15pwj37

サダム役のキム・ジフィとヨル役のソン・ドゥソプ

15pwj33

雲長(ウンジャン)役のユン・ソグォンとシム・ジェヒョン

15pwj34

真聖女王役のイ・ジスクとチョン・ヨン

15pwj31

(写真左から)ヨ夫人役のチェ・ユジン、チン夫人役のチャン・イジュ、雲楼の末っ子クングム役のソン・グァンイル

初演でヨル役を演じて人気沸騰したソン・ドゥソプとイ・ユルのカムバックや、サダム役のキム・ソンチョル、クングム役のソン・グァンイルなど注目の新人も出演し、再び大学路に旋風を巻き起こしている『風月主』は11月22日まで上演される。


15pwjposter1【公演情報】
ミュージカル『風月主』(풍월주)
2015年9月8日~11月22日 プティツェルシアター(大学路)

出演:ソン・ドゥソプ、イ・ユル、キム・デヒョン、キム・ジフィ、ユン・ナム、キム・ソンチョル、チョン・ヨン、イ・ジスク、ユン・ソグォン、シム・ジェヒョン、チャン・イジュ、チェ・ユジン、ソン・グァンイル

脚本:チョン・ミナ/作曲:パク・ギホン/演出:キム・ドンヨン/音楽監督:グ・ソヨン/舞台:パク・サンボン/照明:イ・ドンジン/音響:ヤン・ソクホ/衣装:キム・ウニョン/ヘアメイク:キム・ユソン/小道具:チェ・へジン

ポスター写真提供:CJ E&M ©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。


 

 

[easingslider id=”6837″]
[MUSICAL]人気作をバージョンアップして再演『ママ、ドント・クライ』メディアコール

[MUSICAL]人気作をバージョンアップして再演『ママ、ドント・クライ』メディアコール

 

madonk18

ドラキュラ伯爵(イ・ドンハ)とプロフェッサーV(ソン・ヨンジン)

若き天才物理学者とミステリアスなドラキュラ伯爵の出会いを描き、韓国の観劇マニアに大人気のミュージカル『ママ、ドント・クライ』が2年ぶりに再演。メディアコールが、3月12日、大学路のプティツェルシアターで行われた。

『ママ、ドント・クライ』は、ミュージカル『思春期』や『ミオ・フラテロ』などを生んだ、演出家キム・ウンギ&脚本家イ・ヒジュンコンビによって2010年に初演。ミュージシャンのホ・ギュらを主演に起用し、ロックをベースにしたポップなサウンドのライヴ型ミュージカルという新機軸を打ち出して人気を集めた。破格の天才的な頭脳を持っていたが、幼い頃から勉強ばかりで憧れの女性にも満足に想いを伝えられず、母親泣かせだったプロフェッサーVが、開発したタイムマシンで中世にタイムスリップしてドラキュラ伯爵に出会い、劇的なな変化を遂げる………少女マンガのようにファンタジックかつ2人の危うい関係性に魅了されたファンが続出、2013年の再演でも多数のリピーターが劇場に足繁く通っていた作品だ。

3度目の再演となる今回はコ・ヨンビン、ソン・ヨンジン、ホ・ギュら2013年キャストに加え、いまミュージカル界で注目を浴びる5人の新メンバーが加わり、各クワトロキャストでの上演となった。また、舞台デザインをミュージカル『太陽を抱く月』『ドラキュラ』などで注目されたオ・ピリョンが手掛け、視覚的にも新たな世界観を楽しめる作品にグレードアップしている。

madonk37

プロフェッサーV役(写真左から)ソ・ギョンス、キム・ホヨン、ホ・ギュ、ソン・ヨンジン

2013年公演にも出演したソン・ヨンジンは「ストーリーがかなり補完されたので、今回初めて見る方にも理解しやすくなりました。編曲も音楽監督さんがドラマに上手く合うようにしてくださったので、音楽的にもドラマ的にも成熟したものになっています」と自信を覗かせた。

madonk2

小劇場出演は8年ぶりのキム・ホヨン

『ラ・カージュ』などこれまで大劇場作品に多数出演してきたキム・ホヨンは久々の小劇場、しかも2人芝居は初めての挑戦となる。「この作品に魅力を感じるのは演劇的要素が多くて、プロフェッサーVの一人芝居と言っても過言ではないほど。大学路の作品に出るのは、2007年の『RENT』以来ですが、最近は大学路も市場が大きく変わったので、一度やってみたいと思いました」と小劇場作品の醍醐味を久しぶりに味わっているようだった。

キム・ホヨンと同じくプロフェッサーV役に初挑戦するソ・ギョンスはチームの末っ子でマスコット的存在。「出演者はみんな男ばかりじゃないですか? 僕は歯もよく磨かず、髪もよくとかさないようなタイプなんですけど、お互いに飾らない姿を見せるようになって、一日一日親しくなっています」と、彼らしいユニークな回答で笑わせた。

madonk38

ドラキュラ伯爵役(写真左から)コ・ヨンビン、パク・ヨンス、イ・ドンハ、イ・チュンジュ

一方、ドラキュラ伯爵役を再び演じるコ・ヨンビンは「ドラキュラが出てくる作品が、僕が知る限りはこの作品が初めてで、キャラクターの魅力にハマってくださった方が多いと思う。ドラキュラみたいなキャラクターは役作りを一人でやるのは大変ですが、今回は舞台装置や、プロフェッサーVがドラキュラの魅力を引き立ててくれるので、格好良く見えていると思います」と謙遜していたが、共演者たちに“非現実的”と言われているヴィジュアルで、今回もミステリアスなキャラクターを体現している。

madonk3

究極のヴィジュアルで圧倒的な存在感を醸し出すコ・ヨンビン

「ドラキュラ役に決まってから、映画やドラマなどヴァンパイアが出てくる作品をたくさん見た」というパク・ヨンスは4月から本作に合流する。「演じて楽しい役というよりも、歳をとることや生きるということを重荷に感じているキャラクターだと思いました。まだあと1カ月以上時間があるので、どういう心理なのか、もっと悩んで、舞台に反映できればと思います」と期待を持たせた。

同じくドラキュラ役のイ・ドンハは、昨年『大丈夫、愛だ』などドラマに多数出演し、1年ぶりに舞台復帰する。「ヨンジン兄さん、ホヨンなどこれまで共演した方が多くて、ギョンスは学校の後輩なんです。ホ・ギュ兄さんは僕の親しい友達の兄貴みたいな存在なので(笑)、みんなと演技の呼吸も合って、楽しくやっています」とプロフェッサーV役の4人との相性の良さを語っていた。

madonk6

ドラキュラ伯爵(コ・ヨンビン)とプロフェッサーV(ホ・ギュ)

madonk14

ドラキュラ伯爵(イ・チュンジュ)とプロフェッサーV(ソ・ギョンス)

プロフェッサーV役に再挑戦するにあたり「これまでもカルト的な役をやってきたので、今回もよく演じられそうだと思ったけど、簡単ではなかった」というソン・ヨンジンに対し、同役のオリジネイターでもあるホ・ギュは「以前の姿をキープするところはして、変えるところは変えようと思っています。幸いにもこの前に『グーテンベルグ』という作品でオーバーな演技をたくさんやったので、ちゃんと出来そうだと思っていたのにヨンジン兄さんが、簡単じゃないと言うので驚いたし、もっと練習しないといけないんだなと思いました。かなり内容も変わったので、オーバーな演技やマンガ的な部分のポイントをよく掴んで、頑張って準備したいです」とさすがの初代らしいコメント。するとソン・ヨンジンは「初演から演じているから、プロフェッサーVがホ・ギュ化しているんです。練習する様子を見ても、何も考えずに演じても出来ているんです」と、オリジナルキャストの力を実感したようだ。

プロフェッサーV、ドラキュラ伯爵それぞれに、同じ役でも衣装にも変化を加え、俳優たちが持つ個性を生かしてある本作。キャストによってキャラクターや作品の印象も大きく変わるだけに、リピート観劇して“顔合わせの妙”を楽しめる作品となりそうだ。

昨年上演した『ザ・デビル』や、ロックミュージカル『TRACE U』が好きな人にはおすすめしたい『ママ、ドント・クライ』は、5月31日まで上演、ホ・ギュ、パク・ヨンスは4月下旬から合流する。


15MDC-poster【公演情報】
ミュージカル『ママ、ドント・クライ』(마마, 돈크라이)
2015年3月10日~5月31日 プティツェルシアター

プロフェッサーV役:ソン・ヨンジン、ホ・ギュ、キム・ホヨン、ソ・ギョンス
ヴァンパイア役:コ・ヨンビン、パク・ヨンス、イ・ドンハ、イ・チュンジュ
演出:オ・ルピナ、脚本:イ・ヒジュン、作曲:パク・ジョンア、音楽監督:キム・ソンス、舞台デザイン:オ・ピリョン

⇒『ママ、ドント・クライ』フォトギャラリー

[PHOTO]ミュージカル『ママ、ドント・クライ』メディアコール

[PHOTO]ミュージカル『ママ、ドント・クライ』メディアコール

 

ミュージカル『ママ、ドント・クライ』プレスコール
2015年3月12日 プティツェルシアター

プロフェッサーV役:ソン・ヨンジン、ホ・ギュ、キム・ホヨン、ソ・ギョンス
ヴァンパイア役:コ・ヨンビン、パク・ヨンス、イ・ドンハ、イ・チュンジュ

madonk1 madonk2 madonk3 madonk4 madonk5 madonk6 madonk7 madonk8 madonk9 madonk10 madonk11 madonk12 madonk13 madonk14 madonk15 madonk16 madonk17 madonk18 madonk19 madonk20 madonk21 madonk22 madonk23 madonk24 madonk25 madonk26 madonk27 madonk28 madonk29 madonk30 madonk31 madonk32madonk35 madonk36madonk33 madonk34

©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。

プティツェルシアター(쁘띠첼씨어터)

プティツェルシアター(쁘띠첼씨어터)

 

petit1

住所:ソウル市鍾路区大学路12道73

(서울시 종로구 대학로12길 73 낙산재)

電話:1588-0688(代表)

⇒公式サイト

座席数:314席

交通アクセス:地下鉄4号線 恵化(ヘファ)駅 2番出口から徒歩4分

地図(NAVER):http://map.naver.com/local/siteview.nhn?code=13588107

地図(Google Map)↓↓