ブ・セロム

イ・ホンイの「ソウルde演劇めぐり」Vol.16

イ・ホンイの「ソウルde演劇めぐり」Vol.16

 

ハムレットとして生まれ、ジュリエットを夢見る女『ハムイク』

sunshine1

キム・ウンソン脚本家 ©ドゥサンアートセンター

今回は、今月、韓国演劇界で最も注目されている人を紹介したいと思います。劇作家キム・ウンソンです。彼の新作『ハムイク(함익)』(演出:キム・グァンボ 김광보)が9月30日から世宗(セジョン)文化会館Mシアターで、そしてもう一つの新作『サンシャインの戦士たち(썬샤인의전사들)』(演出:ブ・セロム 부새롬)が9月27日から、ドゥサン・アートセンター スペース111で上演されるからです。2作とも評論家と観客の両方から今月最高の期待作と言われています。

話題の主人公キム・ウンソン(김은성)は、1977年生まれ。2006年『シドン仕立て店(시동라사)』でデビュー以来、『スヌ伯父さん(순우삼촌)』(2010)、『延辺母さん(연변엄마)』(2011)、『月の国連続ドラマ(달나라연속극)』(2012)、『ロプンチャン流浪劇場(로풍찬유랑극장)』(2012)、『木蘭姉さん(목란언니)』(2012)、『ぐるぐるぐる(뺑뺑뺑)』(2014)等々、数多くの話題作を発表してきた劇作家です。特に、脱北して韓国に来た女性を主人公にした『木蘭姉さん』は日韓演劇交流センターが主催する「韓国現代戯曲ドラマリーディング」(2015年1月 世田谷パブリックシアター シアタートラム)で、日本語朗読上演され、両日満席を記録するほど日本の観客からも多くの支持を得ました。この『木蘭姉さん』のように彼のオリジナル戯曲も高く評価されていますが、彼が最も得意とするのは、西欧の古典戯曲を現代韓国社会に置き換え、緻密でユーモア溢れる脚色バージョンを書き上げることです。チェーホフの『ワーニャ伯父さん』を『スヌ伯父さん』に、リュボミル・シモヴィチ(Ljubomir Simovic)の『ショパロヴィチ流浪劇団(The Traveling Troupe Sopalovic)』を『ロプンチャン流浪劇場』に、テネシー・ウィリアムズの『ガラスの動物園』を『月の国連続ドラマ』にと、有名な原作を全く新しい作品に変身させる奇抜さは、ほかの作家は真似できない彼の武器です。今月の新作のなかでも、その系譜を継ぐ作品があります。シェイクスピアの『ハムレット』を脚色した『ハムイク』がそれです。

hamik1

『ハムイク』の主人公ハム・イク役のチェ・ナラ(左)と、幻覚のなかに登場するもう一人のハム・イクを演じるイ・ジヨン ©ソウル市劇団

『ハムイク』の最も大きな特徴は、ハムレットを女性にしたところです。韓国の財閥「マハ・グループ」オーナーの娘であるハム・イクは、イギリス留学で演劇(悲劇)を専攻した秀才です。彼女は、マハ・グループ傘下にある大学の教授に就任し、才色兼備な女性として上流社会の注目を浴びます。しかし彼女は長い間、復讐心を胸に秘めています。子どもの頃、自殺した母が、父と継母によって殺されたと思っているからです。しかし父の権威の前では一言も言えない彼女には、婚約者のオ・ピリョンも何の役に立ちません。その代わりに、ボンドを吸って幻覚の中だけで存在するもう一人の自分と会話しながら復讐を夢見ます。そんなある日、大学で『ハムレット』の上演に向け指導している中、ハムレットに夢中になっている学生「ヨヌ」が彼女の目に留まります。ヨヌの登場で、彼女の心は揺れ始めるのです。

先に稽古を見られる幸運を得て稽古場を覗いてみたら、まさに息詰まる100分でした。分厚い台本を消化した26名の俳優たちが、約100分間という短い時間の中に『ハムレット』と今の韓国を生きる人々を表現していたからです。そしてこの世界を作っていくのは、韓国屈指の演出家キム・グァンボです。彼が団長を務めているソウル市劇団は、今年の上半期の定期公演でもシェイクスピアの『ヘンリー4世』を上演して好評を得ましたが、素敵なチームワークは今回も舞台上で輝くだろうと感じられました。

hamik2

『ハムイク』制作発表より (写真左から)キム・ウンソン脚本家、ユン・ナム、チェ・ナラ、イ・ジヨン、キム・グァンボ演出家 ©ソウル市劇団

稽古の前には「たくさんの方々が期待してくださっているんですが、実は心配です」と自信なさげに語っていたキム・ウンソンさんも稽古を見ながら感嘆詞を連発!ソウル市劇団の団員でハム・イクを演じるチェ・ナラ、彼女の幻覚の中に現れるもう一人の自分を演じるイ・ジヨンは驚くほどの呼吸で悲劇の主人公を表現していました。また、劇団外から今回特別参加している人気俳優のユン・ナムは、明るく熱心で演技そのものにはまっている、普段の彼とほぼ変わらないようなヨヌを演じていました。三人だけではなく、26名の俳優の一人ひとりの集中力と熱気は本当にすごくて、見ているこちらも緊張するしかなかったほどです。でも決して嫌な緊張感ではなく、この物語の悲劇性にとても似ていて、一層この作品世界に入り込ませてくれました。

hamik3

『ハムイク』制作発表より ヨヌ役を演じるユン・ナム ©ソウル市劇団

学生たちに「あんたたちに悲劇がわかる?」と叫んだハム・イクは、結局最後には凄絶に壊れてしまいます。ヨヌを見て揺れ始めた恋心、彼女の陰によって執着やヒステリーのような醜い形になってしまいます。優柔不断なハムレットのキャラクターから彼の女性性に注目し、この作品を執筆をしたというキム・ウンソン。この作品はオリジナルの創作劇だと言ってもいいくらい原作を大胆に脚色していますが、『ハムレット』のストーリーを知った上で観劇すると、より面白くなる作品です。400年前にイギリスで誕生した物語が、ソウルのどこかで実際に今起こっていることと言っても違和感がないほど生々しい物語になっているからです。ハム・イクが客席に向かって、「生きるべきか死ぬべきかは問題ではない。“生きているか死んでいるか、それが問題だ”」と問う、『ハムレット』の有名なセリフを活用したシーンも胸を打ちます。

sunshine3

『サンシャインの戦士たち』イメージ写真 ©ドゥサンアートセンター

sunshine4

『サンシャインの戦士たち』チョン・バクチャン(左)と、シム・ジェヒョン ©ドゥサンアートセンター

キム・ウンソンのもう一つの新作『サンシャインの戦士たち』も、韓国の現代史の素顔をそのまま見せてくれる作品です。3年以上の時間をかけて執筆したというこの戯曲は、娘を失った小説家を主人公にし、彼の目に映る、繰り返される歴史の悲劇を描いています。彼が主宰する劇団「月の国椿の花」によって上演されるこの作品は、彼がドゥサン・アートセンターのヨンガン財団から受賞した「第3回ドゥサン・ヨンガン芸術賞」の副賞として企画・制作されました。ドゥサン・アートセンターは若手アーティストを継続的にサポートする活動をしているのですが、彼はそのサポートを受けている一人でもあります。今後ドゥサン・アートセンターが制作した彼の代表作『木蘭姉さん』もオーディションを行い新メンバーによる再演を計画しているそうですので、これからのキム・ウンソン脚本家とドゥサン・アートセンターのパートナシップにもご注目ください。


hamikposter【公演情報】
演劇『ハムイク』(함익)
2016年9月30日~10月16日 世宗文化会館Mシアター

<出演>
カン・シング、チェ・ナラ、イ・ジヨン、ユン・ナム、ファン・ソンデ、パク・ギドク、グ・ドギュン、イ・ウォニ、キム・ドゥボン、キム・スア、ナ・ソクミン、ソン・チョルホ、チョン・ウンジョン、イ・ジョンジュ、チョン・ボヨン、イ・セヨン、パク・ジンホ、ホ・ヒョホン、チョン・ソクファン、チョン・ユジン、ユ・ウォンジュン、ハン・ジョンフン、パク・ヒョン

脚本:キム・ウンソン/演出:キム・グァンボ/音楽監督:チャン・ハンソル/振付:クム・ベソプ/美術:パク・ドンウ/衣装:ホン・ムンギ/ヘアメイク:イ・ドンミン


sunshineposter演劇『サンシャインの戦士たち』(썬샤인의 전사들)
2016年9月27日~10月22日 ドゥサン・アートセンター Space111

<出演>
ウ・ミファ、キム・ジョンテ、イ・ファリョン、クァク・ジスク/クォン・テゴン・チョン・バクチャン/チョン・セビョル/イ・ジへ/シム・ジェヒョン/チョ・ジェヨン/ノ・ギヨン/チャン・ユル/パク・ジュヨン

脚本:キム・ウンソン/ドラマターグ:ソン・ウォンジョン/演出:ブ・セロム/美術:パク・サンボン/照明:チェ・ボユン/映像:チョン・ビョンモク/音楽:チェ・ゴウン、ファン・ヒョヌ/音響:イム・ソジン/衣装:ぺ・ウンチャン、リュ・ヘソン/小道具・ヘアメイク:チャン・ギョンスク

©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。


←コラム第15回 | コラム第17回→

イ・ホンイの「ソウルde演劇めぐり」Vol.9

イ・ホンイの「ソウルde演劇めぐり」Vol.9

 

注目の韓国若手女性演出家3人

joseitempest

キム・ハンネ演出、ソウル市立劇団『テンペスト』@世宗文化会館Mシアター

韓国の演劇界における女性演出家の活躍が目立ち始めたのは1980年代からです。日本との共同制作も多いキム・アラ(김아라)を筆頭に、ハン・テスク(한태숙)、イ・ジナ(이지나)、ムン・サムファ(문삼화)、チュ・ミンジュ(추민주)などが、近年までその系譜をたどりますが、最近はその次の世代を担う女性演出家が注目を浴び始めています。そこで今回は、キム・ハンネ、ブ・セロム、イ・キプムという、3人の女性演出家の作品が12月に話題になっていたので紹介したいと思います。

joseikimhanne

キム・ハンネ演出家

最初に紹介したい演出家はキム・ハンネ(김한내)さんです。彼女は12月9日から来年1月31日まで世宗文化会館Mシアターで上演されている児童劇『テンペスト(템페스트)』の演出を努めています。ソウル市立劇団に所属してから初めての作品ですが、子供だけではなく大人も楽しめる作品を作り上げたと評価されています。
彼女の演出スタイルをもっと味わうことができたのが今年10月に国立劇団小劇場パンで上演した『迎えに来て!(데리러 와 줘!)』でした。この作品は日本の小説家・劇作家・演出家である本谷有希子さんの『来来来来来』の韓国翻訳版でしたが、原作の独特の世界観を繊細に読み取りながらも、幻想的な舞台をベースに全く新しいキム・ハンネバージョンを作り上げ、同世代の演劇人に刺激を与えました。特に、この作品は彼女が属しているもう一つの劇団パーダバプ(빠-다밥)主催で制作されました。この劇団は演出家とスタッフだけで構成されているため、その特徴を活用した良いチームワークが見られた作品とも言えます。

joseiterirowajo

本谷有紀子原作『来来来来来』を韓国で舞台化した『迎えに来て!』@国立劇場小劇場パン

彼女はソウル大学法学部出身という変わった経歴も持っていますが、知的好奇心が旺盛な方のためか、高い挑戦意識を要する戯曲を選んで上演しているのも魅力的です。難しいけど、それくらい価値がある作品が彼女によって作られているのです。


joseiIamfinetoo

劇団月の国椿の花の最新作『I an fine, too』@大学路ゲリラ劇場

joseibuserom

ブ・セロム演出家

次に紹介するのはブ・セロム(부새롬)さんです。12月3日から20日まで大学路ゲリラ劇場で上演した『I am fine, too(아이엠파인투)』を演出しました。彼女はコラムVol.5で紹介した『スヌ伯父さん(순우삼촌)』も演出していましたが、今回は彼女自身の劇団「月の国椿の花(달나라동백꽃)」の作品です。俳優との共同創作の性格が強いこの作品は2013年に上演した『Fine thank you, and you(파인 땡큐 앤드 유)』の続編とも言える作品で、今の韓国社会を象徴している言葉「怒りと憎悪」をキーワードにし、全く「Fine」ではない登場人物の物語を聞ける作品でした。

さらに9~10月にドゥサンアートセンターSpace111で上演された青少年劇『廊下で/美青年になる』(복도에서, 미성년으로 간다)も話題になりました。この原作戯曲は、去年7月に演劇実験室恵化洞(ヘファドン)1番地で上演されたオムニバス演劇『B青年(B성년)』で、イ・ヤング、ユン・へジンが演出した短編でした。当時、高校生が読んだり、演劇を作ったりするような戯曲がないという問題意識から若手劇作家が集まって企画・上演した小品でしたが、ブ・セロムさんの演出により今年再演する機会を得たのです。演出家兼舞台デザイナーでもある彼女は、虚構の物語を、まるで身近な世界のように感じさせる舞台を創り上げるのが最大の魅力だと思います。

joseimiseinen

ブ・セロム演出『廊下で/美青年になる』@ドゥサンアートセンターSpaca111


 

joseileekipum

イ・キプム演出家

最後はイ・キプム(이기쁨)さんです。彼女が主宰している創作集団「LAS」という劇団は劇団員がみな30歳前後の親しい友人たちで構成されていて、若さが格別に感じられる劇団です。彼らのはつらつとした姿と親近感のためでしょうか、既に多くのファンを保有しています。イ・キプムさんは『大韓民国乱闘劇(대한민국 난투극)』、『虎を頼む(호랑이를 부탁해)』など、作・演出を両方担当したこともありますが、これまで主に創作劇を発表し続けながら活動してきました。去年、彼女が劇団外の作品である東野圭吾の小説を原作にした『容疑者Xの献身』の翻訳劇で演出を担当したのをきっかけに、今年には岩井秀人の代表作『て』で二度目の翻訳劇に挑み、好評を得ました。12月3日~13日大学路ナオン・シアターで上演された『て』は設定を韓国に変えた一種の翻案劇でしたが、人名と地名など固有名詞を変更しただけで、違和感なく韓国の話として受け入れられた不思議な作品でした。『て』はある一家の祖母の葬儀から始まるのですが、LASの初期作品『葬式の技術(장례의 기술)』は父親の葬儀を背景に、ある家族の話が描かれていたため、LASのファンにとってはこの2作品を見比べる楽しさもありました。若い力でさまざまな戯曲に挑む団のこれからの歩みとともに、イ・キプム演出家の成長も期待されています。

joseite

岩井秀人原作『て』を韓国で舞台化@大学路ナオンシアター

この三人の女性演出家は、2015年の1年間で3~4作品を手がけてエネルギッシュな仕事ぶりを見せました。しかしそれだけではなく、彼女たちの上演作が演劇人や観客に刺激を与え続けていることがもっと大事なポイントでしょう。早く彼女たちの来年の上演作を見たいと思ってしまう理由もそこにあります。近い将来、新たなスター演出家が誕生することを楽しみにしています。

©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。


←コラム第8回 | コラム第10回→

イ・ホンイの「ソウルde演劇めぐり」Vol.5

イ・ホンイの「ソウルde演劇めぐり」Vol.5

 

『ワーニャ伯父さん』のソウル版、『スヌ伯父さん』

sunu1

蚕室島があった漢江の橋の下に立つ『スヌ伯父さん』のキャストたち ©Wooje Jang

大学路のソンドル劇場(선돌극장 ⇒劇場紹介・地図)では、いま7月26日まで演劇『スヌ伯父さん(순우삼촌)』が上演されています。大学路の小劇場で創作劇を観ることは、日本の方には多少勇気が要ると思いますが、この作品はチェーホフの『ワーニャ伯父さん』の舞台をソウルに置き換えた作品です。日本の劇作家・演出家の岩松了が1998年に発表し、昨年16年ぶりに再演された『水の戯れ』は『ワーニャ伯父さん』に登場する二人の人物「エレーナ」と「ワーニャ」からモチーフを得て創作された戯曲でしたが、この作品と比較できるでしょうか。しかし韓国版の方は、原作の痕跡がより強く残っています。

sunu10a

劇場に掲示されている蚕室島と漢江の地図。開発前(1963年・左)と開発後(1978年・右)の変化が一目瞭然 ©Lee HongYie

この『スヌ伯父さん』を少しでも早く見るために初日直前の最終リハーサルにお邪魔してきました。地下1階にある劇場へ降りていくと、壁には1960~70年代の蚕室(チャムシル)の地図や資料などが展示されていました。なぜならば本作の舞台が「1973年の蚕室島」だからです。今の蚕室は、ロッテワールドやデパート、野球場などの大型ランドマークがあり、高層マンションが立ち並ぶ現代的な街並みですが、当時は漢江にある島だったそうです。細かい設定はストーリに合わせて変えたところもあるそうですが、まだ川に渡し場があったころ、蚕室島で始まった都市開発工事を背景にしています。

sunu3

兄ゴヌの娘ジスク(イ・ジへ)と共に蚕室島の農場を守ってきた伯父のスヌ(イ・サンフン) ©Wooje Jang

『ワーニャ伯父さん』は老教授セレブリャーコフと彼の若き後妻エレーナが、老教授の前妻との子ソーニャとその伯父ワーニャが長年管理してきた田舎の屋敷に住み始めたことで巻き起こる人間模様を描いた作品ですが、『スヌ伯父さん』のあらすじは次の通りです。まだ独身のスヌ(=ワーニャ)はアメリカで留学中の腹違いの兄ゴヌ(=セレブリャコーフ)のために一生懸命に節約しながら働いてきた農夫です。彼のそばにはいつもゴヌの娘ジスク(=ソーニャ)がいます。二人は家族が代々暮らしてきた蚕室島で地道に働いているのです。しかし10年間の留学を終え文学博士になったゴヌが若い女性タジョン(=エレーナ)を連れて家に戻った後、彼らの生活はガラリと変わります。そこに漢江開発事業も発表され、彼らは蚕室島を離れなければならなくなるのです。

sunu4

ゴヌの妻タジョン(キム・ジョン)に迫る、医者ソクジュン(オ・デソク) ©Wooje Jang

sunu7『ワーニャ伯父さん』のなかの人物関係をうまくシンクロさせた、この面白い世界を作り上げたのは劇団「月の国椿の花(달나라동백꽃)」を主催する劇作家キム・ウンソンで、2009年ソウル市劇団の「ソウル+記憶」創作開発事業の一環で本作品を執筆し、同年初演されました。今回は「月の国椿の花」の共同代表ブ・セロムが演出を務め、劇団「ドゥビチュム(두비춤)」の制作で再演を迎えたのです。ちなみに、劇団「月の国椿の花」は、2011年に劇団を旗揚げした翌年、『ガラスの動物園』(テネシー・ウィリアムズ作)を現代の韓国に置き換えた『月の国連続ドラマ(달나라연속극)』、『ショパロヴィッチ巡業劇団』(リュボミル・シモヴィッチ作)を近代の韓国に置き換えた『ロ・プンチャン流浪劇場(로풍찬유랑극장)』、『かもめ』(アントン・チェーホフ作)を1980年代の韓国に置き換えた『干潟(뻘)』など、名作戯曲をベースにした作品を次々と発表し、観客と評論家の両方から高く評価されました。そして今、キム・ウンソンとブ・セロムのコンビが手がけたもう一つのチェーホフの脚色版『スヌ伯父さん』も予想通り、高い評価を受けています。
韓劇.com読者のなかには、今年1月に東京・世田谷パブリックシアターのシアタートラムで上演され大好評を得たリーディング公演『木蘭姉さん』をご覧になった方がいらっしゃるかもしれませんね。『木蘭姉さん』はキム・ウンソン脚本家の作品なんですよ。

sunu6

兄ゴヌ(ムン・イルス)につかみかかるスヌ(イ・サンフン) ©Wooje Jang

『スヌ伯父さん』に出演している素敵な俳優のなかには、劇団「ドゥビチュム」の俳優だけではなく、劇団「月の国椿の花」所属のイ・ジヘとノ・ギヨンがゴヌの娘ジスクと渡しの番を演じます。それから演劇『ヒストリーボーイズ』の校長役や、昨年ドゥサンアートセンターで上演された韓国版『背水の孤島』(中津留章仁作)に出演していたオ・デソクが医者ソクジュン役(=アーストロフ)に。そして東京デスロックの多田淳之介が演出した日韓合作『カルメギ(かもめ)』に出演していたソン・ヨジンがスヌの母ムンジャ(=マリヤ)に扮しているなど、日本の作品に縁のある俳優も出演しています。

sunu5

ゴヌの娘ジスク(イ・ジへ)に歌を聴かせるタジョン(キム・ジョン)©Wooje Jang

舞台転換の際には俳優たちがギターやハーモニカなどを演奏するため、小劇場ならではの魅力を十分味わっていただけるのではないかと思います。ソンドル劇場は座席数132席の小さな劇場ですが、さまざまなヒット作が生まれているところです。大学路にいらした際には、このような小劇場にもぜひ一度足を運んでみてください!


sunu8【公演情報】
演劇『スヌ伯父さん』(순우삼촌)
2015年7月9日~7月26日 大学路ソンドル劇場

出演:ムン・イルス、ソン・ヨジン、オ・デソク、イ・サンフン、カン・マルグム、キム・ジョン、イ・ジへ
脚本:キム・ウンソン/演出:ブ・セロム/音楽監督:ぺ・ミリョン/舞台:キム・ダジョン/照明:ソン・ミリム/企画:ナ・ヒギョン

写真提供:Play for Life ©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。


←コラム第4回 | コラム第6回→