パク・チョンジャ

[MUSICAL]7年ぶりの再演『ビリー・エリオット』韓国版 キャストを公開

[MUSICAL]7年ぶりの再演『ビリー・エリオット』韓国版 キャストを公開

 

主人公ビリー役に抜擢された4人。写真左から、チョン・ウジン、シム・ヒョンソ、ソン・ジファン、キム・ヒョンジュン

2010年に韓国版を初演し、観客を感動の渦に巻き込んだ名作『ビリー・エリオット』が7年ぶりに再演。12月の公演を控えて、多彩なキャストが公開された。

2000年に公開され、世界中で大ヒットした映画『リトル・ダンサー(原題:BILLY ELLIOT)』を原作にした『ビリー・エリオット』の舞台は、80年代英国北部の炭鉱町。母を亡くし、鉱夫の父と認知症の祖母、そして兄トニーと暮らすビリーが主人公だ。偶然バレエの魅力に目覚め、踊りたい衝動に葛藤するビリーと、彼の才能を伸ばすために尽力する大人たちの姿が、温かな目線で描かれている。映画版の原作者スティーブン・ダルトリーがミュージカル版の脚本も手掛け、2005年に英・ロンドンで初演。オリヴィエ賞5部門受賞し、2009年のブロードウェイ公演ではトニー賞10部門の快挙を成し遂げ、英・米・韓公演以降も、オーストラリア、カナダなど世界で一千万人以上の観客を動員した大ヒット作だ。
2010年の韓国初演ももちろん、子役たちの熱演が評判を呼び爆発的ヒットを記録。いまだにミュージカルファンの間で伝説となっており、昨夏開催された「ジャラソム・ミュージカル・フェスティバル」では子役たちが成長した姿で舞台に立ち、イベントの大きな目玉になっていたほど不動の人気を誇っている。

7年ぶりの再演にあたり、約1年前に実施された1次オーディションから入念に準備された。その後、イメージはもちろん、ダンスの実力や根気と情熱を持つ少年たちが選抜され、「ビリー・スクール」と呼ばれるトレーニングを重ねて3次オーディションを経てようやく今年1月、ビリーとマイケル役を確定したという。

厳しい条件をクリアした、奇跡のようなビリー役には4人の少年が選ばれた。
ストリートダンスが得意なキム・ヒョンジュン、テコンドーの有力選手だったソン・ジファン、幼いころからバレエレッスンを受けていたシム・ヒョンソ、タップダンスが大好きというチョン・ウジンの4人だ。それぞれが幼くしてイベントや大会で多数の受賞歴を持つ実力者だけに、素晴らしい“ビリー”を見せてくれるに違いない。
また、ビリーの親友マイケル役には、カン・ヒジュン、クァク・イアン、ユ・ホヨル、ハン・ウジョン。ダンスやテコンドーなどそれぞれに特技をもつ個性豊かな彼らは、ビリーと並び観客に愛されることになるだろう。

そして、ビリーを見守る大人たちは大御所からベテランまで、豪華な面々が揃った。
無骨だが、誰よりもビリーを愛する父親役には、映画、ドラマ、舞台と長年一戦で活躍してきたキム・ガプスと、ミュージカル『JSA』で見せた味のある演技が評判となったチェ・ミョンギルが演じる。
かつては大学路で劇団を主宰し、精力的に出演していたキム・ガプスは、5年ぶりの舞台復帰作がミュージカルとあって、一段と大きな話題を呼ぶことになりそうだ。

ビリーの天賦の才能を見つけ出し、その才能を伸ばそうとするバレエスクールの講師ミセス・ウィルキンソン役には、韓国ミュージカル界の第一世代スター女優であるチェ・ジョンウォンと、『ウィキッド』『ジーザス・クライスト・スーパースター』など数々の大作で個性豊かなキャラクターを演じて来たキム・ヨンジュが演じる。
なかでも、長年この作品への出演を熱望していたというチェ・ジョンウォンは「私の人生の作品のひとつ。年を取ってもビリーのおばあちゃん役で舞台人生を終えたい」と語るほどの愛着を見せ、並々ならぬ意気込みを見せている。

認知症を患いながらもビリーを温かくユーモラスに見守るおばあちゃん役には、韓国演劇界で“大母(대모)”と呼ばれ、15年に主演した演劇『ハロルドとモード』では、カン・ハヌルと歳の差60歳の恋人を演じて話題を呼んだパク・チョンジャと、キム・ジュンス主演の『ディセンバー』では母親役を演じていたベテラン舞台女優ホン・ユニが演じる。

そのほか、ビリーの兄トニー役には『マンマ・ミーア!』『ウェルテル』などでアンサンブルを務めていたグ・ジュンモが抜擢されたほか、総勢58名のキャストが新たな韓国版『ビリー・エリオット』を創り上げる。

2017年の年末、最高の話題作となるのは必至の『ビリー・エリオット』は、新道林(シンドリム)のD-CUBEアートセンターで、12月から約5カ月間にわたり上演される。


【公演情報】
ミュージカル『ビリー・エリオット』韓国版(빌리 엘리어트)
2017年11月28日~2018年4月29日(予定)D-CUBEアートセンター

<出演>
●ビリー役:キム・ヒョンジュン、ソン・ジファン、シム・ヒョンソ、チョン・ウジン
●マイケル役:カン・ヒジュン、クァク・イアン、ユ・ホヨル、ハン・ウジョン
●トニー役:グ・ジュンモ
●お父さん役:キム・ガプス、チェ・ミョンギョン
●ミセスウィルキンソン役:チェ・ジョンウォン、キム・ヨンジュ
●おばあちゃん役:パク・チョンジャ、ホン・ユニ
●ビリーの母役:キム・ミョンフェ
●ジョージ役:イ・サンジュン
●ミスター ブレイス・ウェイト役:チャン・ウォンリョン
●デビー役:キム・ヨナ、パク・シヨン、ソク・ジュヒョン
●バレーガールズ役:キム・ナリン、キム・ミンジョ、キム・ジュウォン、シム・ヘビン、アン・ヒョンファ、イ・ソヨン、イ・ファジン、チョン・イェジン、チョン・スンミン、チェ・ユジン、キム・スミン、キム・ウニ、ビョン・ヘリム
●トールボーイ役:イ・ジュニョン、チェ・ジュヌ
●スモールボーイ役:ソン・ジュファン、アン・ユジュン、オ・ハンギョル
●大人ビリー役:キム・テギュ、ぺク・ドゥサン
●アンサンブル:カン・ジュソン、コ・チョルスン、クォン・サンソク、キム・ギジョン、キム・ムンジュ、キム・ソングァン、キム・ソンス、キム・ヨンフン、キム・イェジ、ソ・ヨハン、ソ・ジェミン、オム・ジュンソク、イ・ギヨン、イ・ジョンヒョク、チョン・ジュンソン、チャ・ジョンヒョン、チェ・ウンジュ

脚本・作詞:リー・ホール/作曲:エルトン・ジョン/演出:スティーブン・ダルトリー/振付:ピーター・ダーリング/協力演出:サイモン・ポラード/協力振付:二コラ・ベルシャー、ダミアン・ジャクソン/協力音楽スーパーバイザー:ティム・スミス/韓国協力演出:キム・テフン/韓国協力振付兼バレエトレーナー:ノ・ジヒョン/韓国協力振付助手兼タップダンストレーナー:イ・ジョングォン/韓国協力音楽監督:オ・ミニョン/韓国協力助演出:イ・ジェウン

写真提供:シンシカンパニー ©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。


 

[PLAY]故イ・へラン生誕100年記念公演『ハムレット』を7月上演

[PLAY]故イ・へラン生誕100年記念公演『ハムレット』を7月上演

 

iheranhamlet

(写真前列左より)ソン・ジンチェク(演出家)、クォン・ソンドク、パク・チョンジャ、チョン・ムソン (写真後列左より)パク・ドンウ(舞台美術作家)、キム・ソンニョ、チョン・ドンファン、ユ・インチョン、ソン・スク、ユン・ソクファ、ソン・ボンスク、パク・ミョンソン(シンシカンパニー代表)

シンシカンパニーと韓国国立劇場が、韓国演劇史に大きな足跡を遺した、故イ・へラン氏の生誕100周年を記念して演劇『ハムレット』を共同制作する。

イ・へラン(李海浪 1916-1989)は、戦前戦後の韓国演劇界を牽引した人物。祖父は朝鮮王朝末期の王室に勤務、父は大病院の医師という由緒ある家庭に生まれ、若くして日本に渡り日本の神奈川県中学を卒業。中国留学を経て日本大学芸術学部に入学し、在学中の留学生とともに「東京学生芸術座」というアマチュア劇団を旗揚げして演劇活動を始めたという。日大を卒業後、韓国に帰国してすぐに韓国でも劇団で俳優活動をしていたが、当時は大学で演劇を学んだ者はまだ少なかったこともあり日本植民地からの解放後は劇芸術協会を組織するなど、演劇界を率いる指導者としての活動を強めていった。1950年には国立劇場の立ち上げにも尽力。朝鮮戦争中にも演劇活動を止めることはなく、30代で芸術院会員となり、1959年には東国大学演劇映画科教授に就任している。現在、東国大学には彼の名を冠した「イ・へラン芸術劇場」があり、劇場には数々の資料も展示するスペースを設け、その偉業を称えている。

今回の生誕100周年記念公演に参加するのは、イ・へランの没後、1991年から設立された「イ・へラン演劇賞」を受賞経験のある俳優、制作陣たち。演出家のソン・ジンチェク、舞台デザイナーのパク・ドンウ、プロデューサーのパク・ミョンソンはもちろん、俳優たちも全員が受賞歴がある大御所ばかりだ。韓国演劇の半世紀を導いたと言っても過言ではない俳優たちが、一堂に会するのは今回が初めてとあって、俳優たちも感激しているという。

記念公演の演目を『ハムレット』にした理由は、1951年にイ・へランが韓国で初めて上演し、また生前最後に精魂傾けた作品が『ハムレット』だったため。加えて、今年はシェイクスピアの没後400年という節目の年でもあり、タイミング的にも作品的にもこれ以上の演目はないといえるだろう。

いまだに一線で活躍する大御所俳優たちの豪華な顔合わせが見られる『ハムレット』は7月12日から国立劇場へオルム劇場で上演される。


【公演情報】
故イ・へラン先生誕生100周年記念公演 演劇『ハムレット』(햄릿)
2016年7月12日~8月7日 国立劇場へオルム劇場

<出演>
クォン・ソンドク、チョン・ムソン、パク・チョンジャ、ソン・スク、チョン・ドンファン、キム・ソンニョ、ユ・インチョン、ユン・ソクファ、ソン・ボンスク

原作:ウィリアム・シェイクスピア/演出:ソン・ジンチェク/脚本:ぺ・サムシク/舞台:パク・ドンウ

写真提供:シンシカンパニー ©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。

[PHOTO]演劇『ハロルド&モード』プレスコール

[PHOTO]演劇『ハロルド&モード』プレスコール

 

演劇『ハロルド&モード』(해롤드&모드)プレスコール
2015年1月15日 国立劇場 タルオルム劇場
出演:パク・チョンジャ、カン・ハヌル、
ウ・ヒョンジュ、ホン・ウォンギ、キム・デジン、イ・ファジョン

DSC_0008 DSC_0011 DSC_0021 DSC_0031 DSC_0038 DSC_0068 DSC_0082 DSC_0124 DSC_0135 DSC_0144 DSCN0057DSC_0173 DSC_0213 DSC_0224 DSC_0247 DSC_0256 DSCN0063DSC_0301 DSC_0314 DSC_0369 DSC_0380 DSC_0397 DSC_0405 DSC_0414 DSC_0426

[PLAY]60歳年の差カップルの心温まるラブストーリー『ハロルド&モード』プレスコール

[PLAY]60歳年の差カップルの心温まるラブストーリー『ハロルド&モード』プレスコール

 

DSC_0247

社会現象的大ヒットとなったドラマ『未生(ミセン)』で好演し、大勢男(대세남 テセナム=注目の男性)と呼ばれているカン・ハヌルが初のストレートプレイに挑む『ハロルド&モード』のプレスコールが1月15日、国立劇場 タルオルム劇場で行われた。『未生(ミセン)』人気が冷めやらぬなか1月9日に開幕した本作は、チケット発売開始直後から圧倒的な売れ行きを誇り、カン・ハヌルの人気を証明している。

DSC_0380

多忙ななかでも、ひとつひとつの仕事を丁寧にこなしているとパク・チョンジャに褒められていたカン・ハヌル

本作は1971年の米映画『ハロルドとモード~少年は虹を渡る』が原作。裕福な家庭で育ちながら、母親の前で狂言自殺ショーをすることが唯一の趣味、という死に囚われた孤独な少年ハロルドが、ある日参列した赤の他人の葬儀で、天真爛漫な老女モードに出会い、始めて恋心を抱く……という物語。演出家ヤン・ジョンウンによれば「2人のロマンスの部分だけではなく友情、人間愛など存在するすべてを含んだ、大きな意味での愛を描いた」作品とのこと。

今回で6回目のモードを演じるパク・チョンジャは現在74歳。制作発表会では「モードと同じ80歳になるまで演じたい」とこの作品への愛着を見せていた。「80歳まで舞台に立てていたら、この作品を演りたいです。これまでモードを演じながら、モードが私のロールモデルになりました。老若男女問わず、この作品を見て“あ、こういう風に生きたい”と思えるような物語になっています。私にはこの人物や人生を伝える義務があると思っています」と、今後もライフワークにしていきたい意気込みを感じさせた。

DSC_0314

「空(ハヌル)に舞い上がるように人気者なってしまった」と身振りも交えて語るパク・チョンジャ

 

ミュージカル『アサシンズ』以来、約2年ぶりの舞台に立ったカン・ハヌルはドラマ『未生(ミセン)』の撮影前から、この作品に出演することが決まっていたそうだ。
「『未生(ミセン)』に出てから、空(=ハヌル)に舞い上がるように人気者になってしまった。公演が終わってから劇場の外で待っているのはハヌルのファンばかり。私のファンは一人もいないのよ」と褒めるパク・チョンジャに、「僕がこういう風に言うと偉そうに聞こえるかもしれないけど、先生はとっても可愛くて愛らしいんです(笑)。稽古のとき、僕はあれこれ演技を試行錯誤するほうなんですが、それを水が流れるように受けてくださる。“あぁ、だから先生なんだな~”と思いました」と、お互いをリスペクトしている様子がうかがえた。

연극 해롤드 & 모드 강하늘 공략_

夜食提供の公約を掲げるカン・ハヌル

観客が1万人を超えたときの公約を求められたカン・ハヌルは、「1万人を超えたらその日に“夜食車”(おでんやトッポッキなどの間食が食べられる屋台カ―)を自腹で提供します」と約束。一方パク・チョンジャは「普段、公演を見に来ることができない人たちを無料招待して特別公演を開きたい」とさすがのコメント。それを聞いてカン・ハヌルは「僕はコーヒーとか夜食車とかしか思いつかなかったのに(笑)」と照れていた。DSC_0397

微笑ましい2人の心の交流が、そのまま舞台にも表れている『ハロルド&モード』は2月28日まで国立劇場タルオルム劇場で上演される。

【公演情報】
演劇『ハロルド&モード』(해롤드&모드)
2015年1月9日~2月28日 国立劇場タルオルム劇場
出演:パク・チョンジャ、カン・ハヌル、ウ・ヒョンジュ、ホン・ウォンギ、キム・デジン、イ・ファジョン
チケットはインターパークほかで発売中

⇒『ハロルド&モード』フォトギャラリー

[PHOTO]演劇『ハロルド&モード』制作発表会

[PHOTO]演劇『ハロルド&モード』制作発表会

 

演劇『ハロルド&モード』制作発表会
12月10日 忠武アートホール コンベンションホール
出演:パク・チョンジャ、カン・ハヌル、ウ・ヒョンジュ、ホン・ウォンギ、キム・デジン、イ・ファジョン

DSC_0453 DSC_0494 DSC_0502 DSC_0554 DSC_0597 DSC_0609 DSC_0617 DSC_0627 DSC_0629 DSC_0652 DSC_0656 DSC_0689 DSC_0696 DSC_0710 DSC_0740 DSC_0763

[PLAY]『未生(ミセン)』カン・ハヌルに年上の恋人発覚!? 『ハロルド&モード』制作発表会

[PLAY]『未生(ミセン)』カン・ハヌルに年上の恋人発覚!? 『ハロルド&モード』制作発表会

 

DSC_0453韓国に“会社員シンドローム”を巻き起こしているtvNドラマ『未生(ミセン)』にチャン・ベッキ役で出演中のカン・ハヌルが、自身初の演劇に挑む『ハロルド&モード』の制作発表会が12月10日、忠武アートホール コンベンションセンターで開催された。司会には来月に臨月を控えた『ブッとび!ヨンエさん』シリーズでおなじみの女優キム・ヒョンスクが大きなお腹を抱えて登場し、「制作会社社長にノーギャラで司会するよう言われた」と、冒頭からさすがの話術を披露し、会見を盛り上げた。

『ハロルド&モード』は、1971年のアメリカ映画『ハロルドとモード~少年は虹を渡る』が原作。裕福な家に生まれたが、狂言自殺を演じることや他人の葬式に参加することが好きな、風変りな趣味をもつ孤独な青年ハロルドが、同じ趣味をもつピュアな老女モードに出会い、60歳の年の差を超えて恋に落ちるというラブファンタジーだ。

近年はドラマ『モンスター』や『相続者たち』などの大ヒットドラマに立て続けに出演していたカン・ハヌル。舞台出演はミュージカル『アサシンズ』以来、約2年ぶりとなる。
「舞台にはずっと出演したいと思い続けてきましたが、パク・チョンジャ先生が出演される作品と知って“当然やるしかない”と思いました」と語る。「先生と台本を読むだけでも学ぶ点が多いです。自分に足りない部分が多く、プレッシャーも大きいですが、それを克服できるように頑張りたいです」と意欲を見せていた。

DSC_0629DSC_0763実は本作はモード役のパク・チョンジャが『19そして80』というタイトルで長年演じてきた作品。「モードのように80歳になるまで演じたい」と愛着を見せるライフワーク的作品だ。タイトルを『ハロルド&モード』に変更したのは、演出のヤン・ジョンウン曰く「著作権の関係」だそうだが、過去にはキム・ヨンミンやイ・シンソンなどが演じてきたハロルド役を、6回目の再演となる今回はカン・ハヌルが演じることになる。再演のたびにハロルド役は新キャストがつとめているため、次はまた別の俳優が演じるのでは? というキム・ヒョンスクのツッコミに、カン・ハヌルは「僕は使い捨てです(笑)」と機転の利いたコメントで笑わせた。
稽古中の2人の呼吸はピッタリだという。「最近ハヌルのファンがたくさん増えて、ハヌルとのキスシーンもあるので、ネットで悪口を言われるのではないか?」と笑うパク・チョンジャは「忙しいスケジュールのなかで、こうして舞台に立ってくれるだけでもありがたい。これからも演劇を忘れないでほしいと願う」と演劇界のゴッドマザーらしく若き後輩を温かく受け入れ、見守る姿勢が感じられた。

歳の差があっても純粋な2人の心の交流を描き、見るだけで癒されるハートウォーミングな作品づくりを目指すという『ハロルド&モード』は1月9日から上演される。

 

HnM ニシタ憘コナヘ_テヨチセ【公演情報】

演劇『ハロルド&モード』
2015年1月9日~2月28日 国立劇場タルオルム劇場

出演:パク・チョンジャ、カン・ハヌル、ウ・ヒョンジュ、ホン・ウォンギ、キム・デジン、イ・ファジョン

チケットはインターパークほかで発売中

⇒制作発表会フォトギャラリー

[PLAY]カン・ハヌル『ハロルド&モード』で待望の舞台復帰!

[PLAY]カン・ハヌル『ハロルド&モード』で待望の舞台復帰!

 

H&M-이미지現在韓国で、ケーブルテレビ発ながら高視聴率を更新中の大ヒットドラマ『未生(ミセン)』でチャン・ベッキ役を好演して注目を浴びているカン・ハヌルが、演劇『ハロルド&モード』で約2年ぶりに舞台復帰、しかもストレートプレイには今回が初挑戦となる。

1971年のアメリカ映画『ハロルドとモード~少年は虹を渡る』を原作にしたこの舞台作品は、裕福だが狂言自殺を演じることや、他人の葬式に参加するのが趣味という孤独な青年ハロルドが、同じ趣味をもつ老女モードに出会い、60歳の年の差を超えて恋に落ちるというラブファンタジーだ。
haroldaハロルドの相手役、モードを演じるのは今年で女優生活52年、演劇界のゴッドマザー、リビングレジェンドと呼ばれているパク・チョンジャ。今年だけでも『ママをお願い』『ダンテの神曲』『私はお前だ』に出演するなど、現在も精力的に舞台に立ち続けている彼女が、舞台上でカン・ハヌルと一風変わった歳の差ロマンスを展開するのも注目ポイント。
プロデューサーは、俳優ファン・ジョンミン夫人でもあるキム・ミへ。演出は劇団旅行者創立メンバーで、『ハムレット』『真夏の夜の夢』『ドン・キホーテ』など古典劇を大胆に演出し、韓国内外で評価されているヤン・ジョンウンが挑む。
haroldbカン・ハヌルは2007年にKBSの青少年ドラマで俳優デビュー後、2009年に『スリル・ミー』で舞台初出演。以降『スプリング・アウェイクニング(春の目覚め)』『ブラックメリー・ポピンズ』『皇太子失踪事件』『アサシンズ』などの話題作に出演。近年はドラマ『モンスター』『相続者たち』への出演で一気に注目度を上げ、『少女階段』で映画初主演するなど映像界でも活躍を期待されているなかでの舞台復帰だけに、より多くの観客を集めそうだ。チケットは11月27日(木)午後2時から発売される。

HnM ニシタ憘コナヘ_テヨチセ

【公演情報】
演劇『ハロルドとモード』
2015年1月9日~2月28日 国立劇場タルオルム劇場

出演:パク・チョンジャ、カン・ハヌル、ウ・ヒョンジュ、ホン・ウォンギ、キム・デジン、イ・ファジョン

チケットはインターパークほかで11月27日(木)より発売