ドゥサンアートセンター ヨンガンホール

[PLAY]チャン・ジン戯曲をキム・スロが上演『タクシー・ドライバー』10月開幕

[PLAY]チャン・ジン戯曲をキム・スロが上演『タクシー・ドライバー』10月開幕

 

2016taxi1

(写真上段左から)キム・スロ、キム・ミンギョ、カン・ソンジン (下段左から)チョ・ヘイン、キム・ドンヒョン、チョ・ガビ

昨年、キム・スロプロジェクトにより伝説の舞台を11年ぶりに上演した『タクシー・ドライバー』が1年ぶりの帰還を果たす。

演劇『タクシー・ドライバー』は、映画監督、劇作家として知られるチャン・ジンの作・演出で1997年に初演。当時“チャン・ジン師団”と呼ばれる常連俳優のひとりであったチョン・ジェヨンを主演に上演された。
タクシー運転手だったというチャン・ジンの父親の逸話を基に創作された本作は、チャン・ジン式ユーモアがたっぷりの言葉遊びも盛り込まれ、韓国での原題『タクシー・ドリボル(택시 드리벌)』は、劇中で運転手の“言い間違い”が発端となっている。

2016taxi2

2015年公演の様子

約1年ぶりの再演となる今回は、昨年のメインキャストを中心に、新旧メンバーを織り交ぜたキャストとなっている。
主人公のタクシー運転手、チャン・トッペ役には、コメディショー番組「SNL Korea」などで活躍中のコメディアン、キム・ミンギョ。チャン・ジンのオリジナル版時代にも本作に主演したカン・ソンジン。そして、昨年は本作で乗客となるチンピラ役で出演していたキム・ドンヒョンが、トッペ役に挑む。
そしてトッペの初恋の相手として登場するユ・ファイ役には新人女優のチョ・ヘインとチョ・ガビ。そして、タクシーの乗客となりひと騒動起こす3人のチンピラの“オッケ(=肩の意味)”1.2.3役を、キム・スロに加え、トッペ役のカン・ソンジン、キム・ドンヒョンが一人二役で出演する。
そのほか、劇中にはさまざまなタクシーの乗客が多数登場するが、パク・ジュンソ、アン・ドゥホら昨年に引き続き出演して芝居を盛り上げる。

笑いと涙の人情ドタバタ喜劇『タクシー・ドライバー』は、10月1日からドゥサンアートセンター ヨンガンホールで開幕する。


【公演情報】
演劇『タクシードライバー』(택시 드리벌)
2016年10月1日(土)~12月4日(日) ドゥサンアートセンター ヨンガンホール

<出演>
●チャン・トッペ役:カン・ソンジン、キム・ミンギョ、、キム・ドンヒョン
●ユ・ファイ役:チョ・ヘイン、チョ・ガビ
●オッケ(チンピラ)1・2・3役:キム・スロ、カン・ソンジン、キム・ドンヒョン

ハン・ウヨル、パク・ジュンソ、チェ・ソウル、パク・ジン、チョン・サンフン、チェ・ヨンドン、キム・ロサ、ソ・ジエ、リュ・ギョンファン、チョ・フン、パク・ソウン、ソ・へウォン、イム・ジュンワン、パク・ヒョヌ、キム・ソンジュン、キム・アヨン、キム・ウンジュ、アン・ドゥホ、チョン・ジェヒョク、ノ・スアほか

プロデューサー:キム・スロ、チェ・ジン/原作:チャン・ジン/演出:ソン・ヒョウォン

写真提供:ASIA BRIDGE CONTENTS ©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します

[MUSICAL]実力派キャストが勢ぞろい『ネクスト・トゥ・ノーマル』2年ぶりの再演!

[MUSICAL]実力派キャストが勢ぞろい『ネクスト・トゥ・ノーマル』2年ぶりの再演!

 

151217ntn1

(写真左から)ソ・ギョンス、チョン・イェジ、オ・ソヨン、パク・カリン、チョン・ヨンジュ、チョン・ソンミン、チェ・ジェリム

歌唱力はお墨付きの実力派ミュージカル俳優をそろえて、2年半ぶり3度目の再演となった『ネクスト・トゥ・ノーマル』のプレスコールが、12月17日に開催された。

過去の傷を心の奥深くに抱えたまま生きてきた、母ダイアナを支えようと努力する家族たちの姿と、それぞれの葛藤を描く本作は、ミュージカルではなかなか見ることができない演劇のような繊細かつ深みのあるストーリー。一見すると幸せに見える、ある家族の軋みの物語をロックをベースにしたアッパーなサウンドとともに堪能できる、他とは一線を画した作品性をもっている。

151217ntn2

ダイアナ役のチョン・ヨンジュ(左)とマッデン医師役のイム・ヒョンス

プレスコールでは、全キャラクターが顔を合わせるメイン曲「ただ、また別の日(Just Another Day)」をはじめ、「君は知らない(You Don’t Know)」「スーパーボーイと透明少女(Super Boy and Invisible Girl)」「僕は生きている(I’m Alive)」など、8曲をハイライト試演した。ダイアナ役のパク・カリンをはじめ、初演、再演と出演してきたキャストも多く、すでにしっかりと楽曲が身体に馴染んでいる印象だった。

151217ntn3

ダイアナ役のパク・カリン(左)と息子ゲイブ役のソ・ギョンス

151217ntn4

ゲイブ役のチェ・ジェリム

演出家のビョン・チョンジュが「前2回と違いを出すというよりも、どれほど深く、この作品を理解できるかという目標を立てて稽古してきました」というだけあって、初演から3度目の出演となるパク・カリンは「出演するたびに脚本がより理解できて、ダイアナに近づきつつある」と手ごたえを感じている様子だった。また、近年は女優として出演しているのはこの作品のみのパク・カリンは「この作品を韓国で上演する前から、ブロードウェイの関係者に“この作品は逃してはいけない”と聞いていました。実際に見て、この年齢の女優ならば演じたいという欲を出さざるを得ない作品だと、関係者が薦める理由が分かりました。もともとロックが好きだということもあり、音楽、台本、ストーリーラインすべてが良かったんです。韓国でもし上演することがあれば、絶対オーディションを受ける! 決めていたんです。そのあと、韓国で上演することが決まってからはすべてをさし置いてオーディションを受けに行ったんです」と、出演秘話を語り、格別の愛情を見せていた。

252217ntn5

ダイアナ役のパク・カリン(左)とチョン・ヨンジュ(右)、そして夫ダン役のイ・ジョンヨル

一方、今回ダイアナ役に初挑戦しているチョン・ヨンジュは「役に近づけるよう努力していると言いたいけど、自分で理解しているダイアナをお見せしようと頑張っています。他の事は何も考えず、これほどどっぷりと浸るキャラクターは俳優生活21年で初めてです」と役柄にハマっている様子だった。

151217ntn6ダイアナの息子ゲイブ役は初演で同役を演じたチェ・ジェリムと、再演に出演したソ・ギョンス。チェ・ジェリムは「初演では単に役柄を好きで演じていましたが、3年を経て再び舞台に立つことができたので、ただ役を追いかけるのではなくゲイブが劇中で抱える意味やキャラクターを理解して、成熟したゲイブをお見せしたいです。プレスコールの試演では、いきなり下着姿で登場しましたが(笑) 公演を重ねるにつれ少しずつ良い身体をお見せできるよう努力します」と、ソ・ギョンスとともにナイスバディのゲイブを見せてくれることを予告した。

151217ntn7

演出家ビョン・チョンジュ(左)とプロデューサーのパク・ヨンホ

本作のプロデューサー、パク・ヨンホ氏は、韓国へこの作品を紹介した立役者であり、『スリル・ミー』『バンジージャンプする』など観客に愛される多くの作品を上演してきた。「個人的にも『ネクスト・トゥ・ノーマル』はとても意味がある作品です。今世紀に創られた新作のなかでも最も愛着がある作品ですし、ブロードウェイで上演作のトレンドを変えた作品のうちのひとつです。そんな作品をいち早く韓国に紹介し、3度の再演までできたこと自体が幸運だと思います。この作品でプロデューサーとして戻り、“舞台とは何か?”を考えながら準備してきました。おそらく永遠に忘れられない作品になるでしょう。今後も、ずっと大切にしてきた作品のリバイバルもあるし、来年からは大劇場から小劇場の新作などいろいろと準備しています。常に最善を尽くしていきたいと思っています」と語り、これからのプロデュース作にも期待が高まった。

151217ntn8

(左から)娘ナタリー役のオ・ソヨン、チョン・ソンミン、チョン・イェジ

151217ntn9

ナタリーの恋人ヘンリー役のアン・ジェヨン(左)、ペク・ヒョンフン(中)、医師マッデン役のイム・ヒョンス(右)

劇中では葛藤を抱える家族を演じているが、会見中はみな、本当の家族のように和気あいあいとチームワークの良さを見せていた『ネクスト・トゥ・ノーマル』は、3月13日までドゥサンアートセンター ヨンガンホールで上演される。151217ntn10


2016ntnposter【公演情報】
ミュージカル『ネクスト・トゥ・ノーマル』(넥스트 투 노멀/Nest to Normal)
2015年12月16日(水)~2016年3月13日(日)ドゥサンアートセンター ヨンガンホール

<出演>
●ダイアナ役:パク・カリン、チョン・ヨンジュ
●ダン役:ナム・ギョンジュ、イ・ジョンヨル
●ゲイブ役:チェ・ジェリム、ソ・ギョンス
●ナタリー役:オ・ソヨン、チョン・ソンミン、チョン・イェジ
●ヘンリー役:アン・ジェヨン、ペク・ヒョンフン
●マッデン医師役:イム・ヒョンス

脚本・歌詞:ブライアン・ヨーキー(Brian Yorkey)/作曲:トム・キット(Tom Kitt)
プロデューサー:パク・ヨンホ、ユ・ジュヨン/演出:ビョン・チョンジュ/音楽監督:イ・ナヨン

●公式サイト:http://nexttonormal.co.kr/

©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。

[PHOTO]ミュージカル『ベア・ザ・ミュージカル』プレスコール

[PHOTO]ミュージカル『ベア・ザ・ミュージカル』プレスコール

 

ミュージカル『ベア・ザ・ミュージカル(베어 더 뮤지컬)』プレスコール
2015年6月23日 ドゥサンアートセンター ヨンガンホール

出演:チョン・ウォニョン、ユン・ソホ、イ・サンイ、ソン・ドゥソプ、
チョン・ソンウ、ソ・ギョンス、ムン・ジナ、ミン・ギョンア、
ペ・ドゥフン、イ・イェウン、チョン・ヨクサンほか
プロデューサー:イム・ドンギュン/演出:イ・ジェジュン/
音楽監督:ウォン・ミソル/振付:チョン・ドヨン

bare1 bare2 bare3 bare4 bare5 bare6 bare7 bare8 bare9 bare10 bare11 bare12 bare13 bare14 bare15 bare16 bare17 bare18 bare19 bare20 bare21 bare22 bare23 bare24 bare25 bare26 bare27 bare28 bare29 bare30 bare31 bare32 bare33 bare34 bare35

©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。

[MUSICAL]ジェンダーとの葛藤と性の誘惑―『ベア・ザ・ミュージカル』プレスコール開催

[MUSICAL]ジェンダーとの葛藤と性の誘惑―『ベア・ザ・ミュージカル』プレスコール開催

 

bare35韓国ミュージカルシーンの人気若手俳優が多数出演し、ティーンエイジャーの赤裸々な愛と欲望を描いてこの夏、ミュージカルファンが最も注目している作品のひとつである『ベア・ザ・ミュージカル(bare the musical)』(以下『ベア』)のプレスコールが6月23日、ドゥサンアートセンター ヨンガンホールで行われた。

bare(=むき出しの、ありのままの)という意味のタイトルをもつ『ベア』は2000年に米・ロサンゼルスの劇場で初演され、2004年にはオフ・ブロードウェイでも上演。以降もイギリス、カナダ、オーストラリアなど世界各国で上演されている。2014年末には俳優の原田優一が初演出に挑んだ日本版が上演され、舞台ファンに大きな注目を浴びたのも記憶に新しい作品だ。

bare19プレスコールでは全キャストが参加し、各トリプルキャストのジェイソン役、ピーター役はシーンごとにキャストを入れ替え劇中の14曲がハイライト上演された。物語の舞台はカトリック系の全寮制高校。校内No.1のイケメン、ジェイソンと密かにつきあっているピーターを主人公に自らのジェンダーや、性の欲望、恋に悩むと高校生たちの葛藤と、ヒリヒリするような軋轢がロックベースにした楽曲に乗せてスリリングに描かれる。かなり過激な描写もあるという触れ込みだったが、男性同士のキスシーン、濃厚なベッドシーンなど、実際に舞台を見れば、特に観客層である20代女子たちには刺激的すぎるほどの内容になっている。

bareleewon

イ・ジェジュン演出家(左)とウォン・ミソル音楽監督

演出のイ・ジェジュンは『ベア』と同様、ロックをベースにしたスコアと、セクシャルな描写を多く盛り込み話題を集めたオフブロードウェイ作品『マーダー・バラッド』を手掛けて注目された演出家だ。近年、同性愛ものが人気を集めているなか他の作品とどう違いを出そうとしたかという問いには「これまでの作品は登場人物が同性愛関係にあるが、そのなかで起きる事件を中心に取り上げてあるようです。この作品は同性愛者や性的マイノリティ自体を主題にしています。性的マイノリティの人たちがもつ心情の違いを描くのではなく、彼らを取り巻く人物、母親、神父、先生、同級生たちがどう見ているのかを描いた歌詞や曲があるので、そういう部分が他の作品とは違って繊細に描いてあります」と解説した。
「十数年前に制作され、すでに事前情報も多いライセンスミュージカルなだけに観客に誤解されている部分も多いです。韓国版を作るにあたり、上演時間の関係もあり母親の心情を描くシーンは省くことや、性的マイノリティに迫害的な南部の街を舞台にしている説明を追加したいと考えたが、結局は原作者に差し戻されてしまった」と今回演出するうえでの苦労も吐露していた。

barejason

(写真左から)ジェイソン役のソ・ギョンス、チョン・ソンウ、ソン・ドゥソプ

主人公のジェイソンとピーターはそれぞれトリプルキャスト。劇中では激しいキスシーンもあるなど、決して容易に演じることはできないキャラクターだ。なかでも韓国ミュージカルシーンに革命を起こした同性愛カップルが主人公の『スリル・ミー』で2011年に共演して名を挙げ、若手人気俳優の筆頭株となったチョン・ソンウとユン・ソホが各キャラクターを代表して主人公を演じる心境を語った。
ピーターを真摯に愛していながら、カミングアウトに躊躇し、彼に片思いするアイヴィーの誘惑に負けてしまうジェイソンを演じているチョン・ソンウは「表面的には男と男の関係を見せているが、自分としては人間対人間の姿、彼らの抑圧と辛さ、自身をさらけ出せない悲しみや痛みを表現しようと努力しています。(トリプルキャストのため)相手役が変わることに対しては、(ジェイソン)役に入り込めば呼吸を合わせるのはそれほど難しくないです。どんどん(ピーターを)愛するようになっています(笑)」。

barepeter

(写真左から)ピーター役のチョン・ウォニョン、ユン・ソホ、イ・サンイ

一方、ジェイソンを愛するがあまり、結果的に彼を追い込んでしまうピーター役のユン・ソホは「観客の皆さんがおっ!と思うように強烈な同性愛描写もあるにはありますが、ピーターとジェイソンの関係だけでなく、彼らをとりまく人々も痛みや苦しみ、哀しみ、絶望などあらゆる感情を抱えているキャラクターが多いです。稽古をしながら演出家さんからは、ピーターがなぜジェイソンを愛さずにはいられなかったのか、そして絶望せざるをえず、そしてこのような結末を迎えるのか、について何度も念を押されていました。なので稽古をしながら同性愛表現があるから特別に難しいということはなく、他の作品と同じように物語や役柄を分析しながら色々と考えて創ってきたので、いまこうして舞台の上で演じていられると思います」と、2人とも性別など関係なく、純粋に愛し合う者同士として演じていることを強調していた。

bareother

(写真左から)アイヴィー役のミン・ギョンア、ムン・ジナ ナディア役のイ・イェウン、マット役のペ・ドゥフン

イ・ジェジュン演出家は「できるだけ原作に忠実に描こうとしました。演出するうえで嘘をつくのは嫌だし、嘘をついてはだめだと考えました。いくつか刺激的なシーンがありますが、それらをよりオーバーに用いて興行のためにどうこうしようとは少しも思わなかったです。ジェイソンとピーターのキスシーン、ジェイソンとアイヴィーのベッドシーン、麻薬が出てくるシーンなど、この作品に必要な部分は原作者に従った。振付やセット、俳優の動線など演技的なディテールは韓国オリジナルの部分が多いが、ストーリーを正確に伝えるために必要な部分はしっかりと盛り込んでいます」と原作に限りなく近い構成で、韓国版も仕上げたと語っていた。

bare31

ピーター役のチョン・ウォニョン(左)とジェイソン役のチョン・ソンウ

韓国ではまだタブーとされている部分も多い、性的マイノリティについて、若手俳優たちが果敢に挑み、注目を集めている『ベア・ザ・ミュージカル』は、8月23日までドゥサンアートセンター ヨンガンホールで上演中だ。


bareposter【公演情報】
ミュージカル『ベア・ザ・ミュージカル(베어 더 뮤지컬)』
2015年6月17日~8月23日 ドゥサンアートセンター ヨンガンホール

出演:チョン・ウォニョン、ユン・ソホ、イ・サンイ、ソン・ドゥソプ、チョン・ソンウ、ソ・ギョンス、ムン・ジナ、ミン・ギョンア、ペ・ドゥフン、イ・イェウン、チョン・ヨクサン、キム・レウォン、ぺ・ミョンスク、パン・ボヨン、シン・ユンジョン、ムン・ナムグォン、イ・ヒュ、ペク・ジュヒ、ソン・イジュ

プロデューサー:イム・ドンギュン/演出:イ・ジェジュン/音楽監督:ウォン・ミソル/振付:チョン・ドヨン

©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。

[MUSICAL]チョン・ソンウ、ユン・ソホら人気俳優が集結『ベア・ザ・ミュージカル』イメージフォト公開

[MUSICAL]チョン・ソンウ、ユン・ソホら人気俳優が集結『ベア・ザ・ミュージカル』イメージフォト公開

 

bare2韓国ミュージカルシーンの人気若手俳優が大挙出演して話題のロックミュージカル『ベア・ザ・ミュージカル(bare the musical)』。待望のイメージビジュアルが公開された。

bare3bare=むき出しの、ありのままの、という意味のタイトルをもつ『ベア・ザ・ミュージカル』は2000年に米・ロサンゼルスの劇場で初演され、2004年にはオフ・ブロードウェイでも上演。以降もイギリス、カナダ、オーストラリアなど世界各国で上演されている。2014年末には辛源、鯨井康介、岡田亮輔、田村良太の主演で、俳優の原田優一が初演出に挑んだ日本版が上演され、すでにこの作品世界に触れた人も多いだろう。
⇒日本版『bare』公式サイト

物語の舞台はカトリック系の全寮制高校。校内No.1のイケメン、ジェイソンと密かにつきあっているピーターを主人公に、カミングアウトできず葛藤している2人に割って入るようにジェイソンを誘惑するアイヴィとの関係など、絡み合う男女の愛がロックをベースにした楽曲に乗せてスリリングに描かれる。衝撃的な場面も多い本作は、『スリル・ミー』を筆頭に、同性愛描写がある作品が人気の韓国では、公演情報が発表されるやいなや、マニアファンを中心に話題沸騰となっていた。

bare5

(写真左から)ピーター役のチョン・ウォニョン、ユン・ソホ、イ・サンイ

おとなしい性格だが、カミングアウトしてすべてをさらけ出したい主人公、ピーター役はチョン・ウォニョン、ユン・ソホ、イ・サンイが演じる。
『ラ・カージュ』のジャン=ミッシェル、『アガサ』のレイモンドなど少年性を残した明るいキャラクターを多く演じてきたチョン・ウォニョンは大きくイメージチェンジを図ることになりそうだ。また『キンキーブーツ』のチャーリー役で人気を集めたユン・ソホは2011年に『スリル・ミー』で鮮烈デビューした逸材だけに、ピーター役をどう解釈して演じるのか、注目されている。また、『ランウェイ・ビート』『グリース』などに出演してきた新鋭イ・サンイは、本作が大きなステップアップとなるだろう。

bare6

(写真左から)ジェイソン役のソン・ドゥソプ、チョン・ソンウ、ソ・ギョンス

一方、周囲には優等生として認識されているジェイソン役はソン・ドゥソプ、チョン・ソンウ、ソ・ギョンスが演じる。
ソン・ドゥソプは、2013、14年に人気を博したオフブロードウェイ発のロックミュージカル『マーダー・バラッド』でセクシーな男性主人公トムを演じていただけに、今回も魅惑的にジェイソンを演じてくれそうだ。また、現在出演中の演劇『M.Butterfly』では女装の麗人ソン・リリンを妖艶に演じているチョン・ソンウは、未体験の役柄に惹かれると公言しているだけあって、また新たな姿で観客を驚かせてくれるだろう。そして『ママ、ドント・クライ』のプロフェッサーX役が好評のソ・ギョンスは、親しみやすい素顔とは逆に、舞台ではシリアスな演技もこなせる人だけに、イケメンキャラをどう演じるのか注目したい。

bare7ピーターとジェイソンの関係に危機をもたらすアイヴィ役には『シャーロック・ホームズ』『マーダー・バラッド』など人気作への出演が続くムン・ジナと、『アガサ』に出演歴があるミン・ギョンアが抜擢された。最近頭角を現している2人が、ジェイソンを惑わすセクシーなキャラクターを大胆に演じてくれそうだ。

また、アイヴィに片思いしているマット役には『マイ・バケット・リスト』が好評のペ・ドゥフン。ジェイソンの双子の妹ナディア役には『キンキーブーツ』『ウィキッド』などの大劇場作品で存在感を見せ、注目されているイ・イェウン。校内のゴシップ通、ルーカス役には『小人たち』の王子&シンデレラ役で抜群のコメディセンスを炸裂させているチョン・ヨクサンなど、今が旬の若手俳優が揃っている。
ほかにも、保守的な神父役のソン・イジュ、ピーターのよき理解者となるシスター、シャンテル役にペク・ジュヒとベテランがしっかりと脇を固めている点にも注目だ。
bare8

演出は、『風月主』初演、『バンジージャンプする』再演や、演劇『柔道少年』などの話題作を手掛けてきたイ・ジェジュン。初演から演出しているロックミュージカル『マーダー・バラッド』の経験が今回に生かされそうだ。音楽監督には『ジキル&ハイド』『ヘドウィグ』のウォン・ミソル、振付を『ファリネッリ』『太陽を抱く月』のチョン・ドヨンが担当する。

bare44月15日に1次チケット発売直後、ほとんどの日程が完売状態となるほどの爆発的な人気を見せている『ベア・ザ・ミュージカル』は、8月23日までドゥサンアートセンターヨンガンホールで上演される。


bareposter【公演情報】
ミュージカル『ベア・ザ・ミュージカル(베어 더 뮤지컬)』
2015年6月20日~8月23日 ドゥサンアートセンター ヨンガンホール

出演:チョン・ウォニョン、ユン・ソホ、イ・サンイ、ソン・ドゥソプ、チョン・ソンウ、ソ・ギョンス、ムン・ジナ、ミン・ギョンア、ペ・ドゥフン、イ・イェウン、チョン・ヨクサン、キム・レウォン、ぺ・ミョンスク、パン・ボヨン、シン・ユンジョン、ムン・ナムグォン、イ・ヒュ、ペク・ジュヒ、ソン・イジュ

プロデューサー:イム・ドンギュン/演出:イ・ジェジュン/音楽監督:ウォン・ミソル/振付:チョン・ドヨン

チケットはインターパークで発売中。

<ティーザー映像>

写真提供:SHOWPLAY ©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。