チョン・ムンソン

[MUSICAL]ユン・ドヒョン、チョ・スンウら豪華キャストで新演出版『ヘドウィグ』韓国版3月開幕

[MUSICAL]ユン・ドヒョン、チョ・スンウら豪華キャストで新演出版『ヘドウィグ』韓国版3月開幕

 

2016hedwigtop2数ある小劇場ライセンス作品のなかでも、韓国で圧倒的な人気を誇るミュージカル『ヘドウィグ』が、昨年ブロードウェイで上演された新演出版で豪華キャストとともに“ニューメイク”という副題をつけて帰ってくる。

『ヘドウィグ』は、韓国で2005年に初演され、昨年の10周年記念公演まで全9シーズン、全国公演通算1650回以上という記録を打ち立て、毎シーズン、多彩な顔ぶれの“ヘドウィグ”が出演してきた。
過去ヘドウィグ役を演じた男優たちは、その後もほとんどがトップクラスの俳優として活躍しており、スター俳優の登竜門とも呼ばれている。毎回そのキャスティングに注目が集まる『ヘドウィグ』だが、2016年版には、ユン・ドヒョン、チョ・スンウ、チョ・ジョンソク、チョン・ムンソン、ピョン・ヨハンという新旧キャストを織り交ぜた歴代最高級の5人が確定した。

2016hedwig1

カムバックした〝レジェンド”ヘドウィグ(写真左から)ユン・ドヒョン(©SHOWNOTE)、チョ・スンウ(©CJ E&M)、チョ・ジョンソク(©文化倉庫)

ヘドウィグ経験者3人は過去の出演者のなかでも、特に高い人気を博したまさに“レジェンド”級の面々だ。まずは2009年以来、7年ぶりに出演するユン・ドヒョンは韓国を代表するロックバンド、YBのボーカリストだけに、彼ほどこの作品のサウンドを完璧に表現できるキャストはいないだろう。パワフルなステージングでロックの“ノリ”がわかる男の帰還は大きな朗報だ。加えて、彼が率いるバンドYBのメンバー全員が、アングリー・インチバンドとして出演し、ロックファンも劇場に集結するのは間違いない。
初演から過去10年間で5シーズン出演、昨年の10周年公演も牽引したチョ・スンウが新演出版にも登場する。作品世界を最も良く知る彼は、出演のたびに他のキャストとは大きく違う彼だけのヘドウィグを見せてきただけに、今回もまた新たなバージョンを披露するのは必至。出演回は毎回即完売するという圧倒的なチケットパワーが今回も発揮されるに違いない。
そして、今や映画界のトップスターとなったチョ・ジョンソクが5年ぶりに待望のカムバックを果たす。舞台出演は『ブラッド・ブラザーズ』以来2年ぶり。映画『建築学概論』で一躍注目の的となった独特の話術と、エネルギッシュなステージングが魅力の彼が、久々にミュージカル俳優としての本領を発揮する舞台になるだろう。

2016hedwig2

”ニューカマー”ヘドウィグの二人(写真左から)ピョン・ヨハン(©CINE 21)、チョン・ムンソン(©アゴカンパニー)

そして、新たにヘドウィグに挑むのは現在SBSで放送中の大ヒット時代劇『六龍が飛ぶ』に出演中のピョン・ヨハンとチョン・ムンソンだ。
ミュージカル初挑戦となるピョン・ヨハンはドラマ『ミセン』で大ブレイク以降、多くの映画、ドラマの出演オファーを振り切って『ヘドウィグ』への出演を選んだという。すでにミュージカルナンバーをすべて覚えているほど作品に格別の愛情を持っているという彼が、今シーズンの目玉キャストとなるのは間違いない。
そして最近はテレビドラマや映画でも活躍している生粋の舞台俳優、チョン・ムンソンが初めてヘドウィグ役に挑む。現在『蜘蛛女のキス』で男性美溢れるバレンティン役を演じているが、どんな役柄も消化し、繊細な表現力で自分のものにしてきた彼が、フェミニンなキャラクターをどう表現するのか期待される。

2016hedwig3

ヘドウィグの夫、イツァーク役の3人 ソムン・タク(©SHOWNOTE)、イム・ジナ、J-Min(©SMエンターテインメント)

ヘドウィグのパートナーであるイツァーク役には、歴代イツァーク役のなかで最もパワフルなボーカルを聴かせてくれるロックシンガーのソムン・タクが再降臨。『若さの行進』『兄弟は勇敢だった』などで抜群の歌唱力を見せていたイム・ジナはオーディションを経て見事、役を手にした。そして『イン・ザ・ハイツ』『三銃士』などでヒロインを演じてきた歌手のJ-Minが、初めてロックミュージカルに挑む。特に今シーズンのイツァークは観客が驚くほどの完璧な変身を遂げてフィナーレを飾る予定とのこと。

破格のキャスティングで新たな神話を生み出す『ヘドウィグ』は、3月1日から弘益大 大学路アートセンター大劇場で開幕。1月8日(金)午後2時から第1次スケジュールのチケットが発売される。


2016hedwiglogo【公演情報】
ミュージカル『ヘドウィグ』
2016年3月1日(火)~5月29日(日)弘益大 大学路アートセンター大劇場

<出演>
●ヘドウィグ役:ユン・ドヒョン、チョ・スンウ、チョ・ジョンソク、チョン・ムンソン、ピョン・ヨハン
●イツァーク役:ソムン・タク、イム・ジナ、J-Min

写真提供:SHOWNOTE ©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。

[PLAY]アジア初演『スピーキング・イン・タンズ』ポスター&キャストイメージ公開!

[PLAY]アジア初演『スピーキング・イン・タンズ』ポスター&キャストイメージ公開!

 

sitposter2実力派俳優の競演が注目を浴びている、アジア初演となる演劇『スピーキング・イン・タンズ(Speaking in Tongues)』のポスターとキャストイメージ写真がついに公開された。

本作はオーストラリア出身の劇作家アンドリュー・ボーヴェルが1996年に発表し、映画化されたほか、2001年のオフブロードウェイ初演を皮切りに、イギリスやカナダでも上演されてきた作品。

タイトルの『Speaking in Tongues』とは、直訳すると方言という意味だが、「心の中の言葉」という意訳もある。このタイトルが示すとおり、男女それぞれが何か胸に秘めた思いを抱えているような表情をしているのが印象的だ。
物語はピートとジェイン、レオンとソーニャという2組の夫婦が、偶発的に互いのパートナーと不倫に陥るところから始まる。2幕では別れた恋人に未練があるニールと、その元恋人サラ、さらにサラがセラピーを受けているバレリーが登場……といくつかのカップルと彼らに関わる人物が複雑に絡み合う。
日常的な生活のなかに潜む、人間の欲望や感情によって次第に崩壊していく男女たちの関係を描く本作は、全9人のキャラクターが登場するが、これを4人ずつ各Wキャストで演じることになる。

sit9映画、ドラマで活躍中のイ・スンジュンやチョン・イクリョン、韓国舞台シーンでは“信じて見る俳優”と呼ばれているカン・ピルソク、チョン・ムンソン、キム・ジョングなど、確かな演技力をもつ8人が揃っただけに、開幕前から多くの観客の熱い視線を浴びている。
また、演劇『プライド』、ミュージカル『小人たち』『深夜食堂』など、近年その確かな仕事ぶりが注目を集めるキム・ドンヨンが演出を担当。このミステリアスな心理劇をどう料理するのか、演劇ファン必見の作品となっている。

『Speaking in Tongues』は俳優チョ・ジェヒョンが主催する大学路DCFデミョン文化工場3Fの「スヒョンジェシアター」で5月1日より開幕する。


sitposter1【公演情報】
『Speaking in Tongues(スピーキング・イン・タンズ)』
2015年5月1日~7月19日 スヒョンジェシアター(DCFデミョン文化工場3F)

出演:イ・スンジュン、カン・ピルソク、キム・ジョング、チョン・ムンソン、チョン・イクリョン、カン・ジウォン、キム・ジヒョン、チョン・ウンソン

チケットはインターパークで発売中。グローバルで取扱いがないため、韓劇.comチケット購入サポートで申込受付中。

写真提供:スヒョンジェシアター ©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。

<キャストイメージギャラリー>

sit1sit2 sit3 sit4 sit5 sit6 sit7 sit8

[PLAY]カン・ピルソク、チョン・ムンソンらが出演! 演劇『スピーキング・イン・タンズ』アジア初演

[PLAY]カン・ピルソク、チョン・ムンソンらが出演! 演劇『スピーキング・イン・タンズ』アジア初演

 

speakingintongues俳優チョ・ジェヒョンが主催する、「スヒョンジェシアター」が『Speaking in Tongues(スピーキング・イン・タンズ)』をアジア初上演決定。豪華キャストが発表された。

本作はオーストラリア出身の劇作家アンドリュー・ボーヴェルが1996年に発表。シドニーで初演され、翌年には豪州作家協会賞も受賞している。
その後、作家自らが脚色、制作して『Lantana』(2001年・日本未公開)という作品に映画化もされている。オーストラリア国外では、2001年にオフブロードウェイで初演されたのを機にイギリス、カナダでも継続的に再演されてきた作品だ。

物語はピートとジェイン、レオンとソーニャという2組の夫婦が、偶発的に互いのパートナーと不倫に陥るところから始まる。2幕では別れた恋人に未練があるニールと、その元恋人サラ、さらにサラがセラピーを受けているバレリーが登場……といくつかのカップルと彼らに関わる人物が複雑に絡み合う。
日常的な生活のなかに潜む、人間の欲望や感情によって次第に崩壊していく男女たちの関係を描く本作は、全9人のキャラクターが登場するが、これを4人ずつ各Wキャストで演じることになる。

刑事であるレオン役と、ピート夫妻の隣人ニック役は、ドラマ『ミセン(未生)』『ぶっ飛び!ヨンエさん』の出演でも知られるイ・スンジュンと、ミュージカル『ドクトル・ジバゴ』『バンジージャンプする』『アガサ』や演劇『RED』のカン・ピルソクが演じる。
レオンの妻と不倫するピート、別れた恋人に未練があるニール、そしてセラピスト、バレリーの夫ジョンと3役を演じるのは、現在ミュージカル『ロ・ギス』に出演中のキム・ジョングと、演劇『ドキドキ私の人生』に出演中のチョン・ムンソン。
レオンの妻ソーニャとセラピストのバレリー役には、ドラマ『恍惚な隣人』『サイン』『魔王』のチョン・イクリョンと、ミュージカル『兄弟は勇敢だった』や演劇『アンコール』『海辺のカフカ』などに出演したカン・ジウォンが演じる。
ピートの妻ジェイン、ニールの元恋人サラ役は、ミュージカル『あの日々』『ラブレター』のキム・ジヒョンと、演劇『ガラスの動物園』『家族という名の部族 TRIBES』のチョン・ウンソンが演じる。
一人多役、それぞれに一癖あるキャラクターを各キャストがどう演じ分けるのかも本作の見どころとなりそうだ。

演出は、『幻想童話』『Pride』『深夜食堂』『小人たち』などの話題作を手掛けてきた、劇団「詩人と武士」代表のキム・ドンヨンが担当する。
大学路の劇場街で観客に厚い支持を得ている経験豊富な俳優たちと演出家が集結した『Speaking in Tongues』は5月1日よりスヒョンジェシアターで開幕する。


【公演情報】
『Speaking in Tongues(スピーキング・イン・タンズ)』
2015年5月1日~7月19日 スヒョンジェシアター(DCFデミョン文化工場3F)

出演:イ・スンジュン、カン・ピルソク、キム・ジョング、チョン・ムンソン、チョン・イクリョン、カン・ジウォン、キム・ジヒョン、チョン・ウンソン

チケットはインターパークで発売中。グローバルで取扱いがないため、韓劇.comチケット購入サポートで申込受付中です。

[PHOTO]演劇『ドキドキ私の人生』プレスコール

[PHOTO]演劇『ドキドキ私の人生』プレスコール

 

演劇『ドキドキ私の人生』プレスコール
2015年3月19日 大学路ユニプレクス2館

出演:オ・ヨン、チョン・ムンソン、イ・ギュヒョン、イ・ユル、
チェ・ジョンイン、クァク・ソニョン、キム・ジフン、キム・デゴン、
イ・ビョングォン、キム・ギチャン、キム・アヨン、キム・ウンジュ、
チュ・チャンウ、カン・ヨンジョン

doki1 doki2 doki3 doki4 doki5 doki6 doki7 doki8doki13 doki10 doki11 doki12 doki14 doki15 doki16 doki17 doki18 doki19 doki20 doki21 doki22 doki23 doki24 doki25 doki26 doki27 doki28 doki29 doki30 doki31 doki32 doki33 doki34 doki35 doki36 doki37

©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。