チョン・ドンソク

[MUSICAL]『ジキル&ハイド』9月ソウルでアンコール上演決定

[MUSICAL]『ジキル&ハイド』9月ソウルでアンコール上演決定

 

ジキル/ハイド役のミン・ウヒョク(左)とチョン・ドンソク韓国で最も愛される国民的ミュージカルとして知られる『ジキル&ハイド』。現在は全国ツアーの最中だが、ソウルで9月3日から2週間限定のアンコール公演が行われる。

昨年11月から始まった今シーズンの『ジキル&ハイド』は、チョ・スンウ、ホン・グァンホ、パク・ウンテら前シーズンにも主演した韓国ミュージカル界を代表する人気俳優に加え、ミン・ウヒョクとチョン・ドンソクが新キャストとして加わり、その豪華さに“歴代級キャスティング”と評判を呼んだ。5月19日まで行われた約7カ月の公演期間中は完売日が続出。平均客席占有率98%、2004年初演から数え、累積観客数140万人を突破する大記録も打ち立てた。

ソウル公演終了後は、昌原(チャンウォン)から始まる全国ツアーをスタート。大田(テジョン)、光州(クワンジュ)、大邱(テグ)、釜山(プサン)公演が終了しており、今後は仁川(インチョン)、麗水(ヨス)、城南(ソンナム)、全州(チョンジュ)、天安(チョンアン)、蔚山(ウルサン)公演が控えている。 地方10都市のツアー終了後、再びソウルに戻って今シーズンを締めくくることになる。

ソウルアンコールのキャストは、今回ジキル/ハイド役に初挑戦して好評を得たミン・ウヒョクとチョン・ドンソクが努める。そのほかルーシー役のユン・ゴンジュ、IVY、ヘナ。エマ役のイ・ジョンファ、ミン・ギョンア。ダンヴァース卿役のキム・ボンファンら今シーズンの助演キャストがそのまま出演する。

ODカンパニーのシン・チュンスプロデューサーは「ミュージカル『ジキル&ハイド』 2018-19シーズンに大きな愛を送っていただき、本当に感謝しています。観客の皆さんの熱い声援に力づけられ、全国10都市ツアーも巡航中です。烈火のような愛に報いたい思いと、少しでも多くの観客の皆さんにお会いしたいと願う気持ちで、ソウルアンコール公演を決めました。最後まで最高のパフォーマンスをお見せできるように努力します」と語っている。

『ジキル&ハイド』アンコール公演は、9月3日(火)~15日(日)まで蚕室のシャーロッテシアターで上演。チケットは7月10日(水)からHANAチケット、YES24、インターパークで発売される。


【公演情報】
ミュージカル『ジキル&ハイド』ソウルアンコール公演
2019年9月3日(火)~15日(日) シャーロッテシアター

<出演>
●ジキル/ハイド役:ミン・ウヒョク、チョン・ドンソク
●ルーシー役:ユン・ゴンジュ、IVY、ヘナ
●エマ役:イ・ジョンファ、ミン・ギョンア
●ダンヴァース卿役:キム・ボンファン
●アタ―ソン役:イ・フィジョン
●シバジ/プール役:カン・サンボム
●ビコンスフィールド/グィネヴィア役:ホン・グムダン
●クロソップ役:イ・チャンワン
●ストライド/スパイダー役:イ・ヨンジン
●プロップス役:キム・イサク
●アンサンブル:イ・ジェヒョン、ナムグン・へユン、キム・ジュ二、キム・ジフン、ユン・ナヨン(スウィング)

写真提供:ODカンパニー

©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。

【独占】『モーツァルト!』2016年韓国版を演出 小池修一郎インタビュー[後編]

【独占】『モーツァルト!』2016年韓国版を演出 小池修一郎インタビュー[後編]

 

koike3

プレスコールでは演出家自ら、各場面を丁寧に解説した

ミュージカル『モーツァルト!』の2016年韓国版を演出した小池修一郎独占インタビュー。後編では、稽古の裏話や、舞台美術、そして、日韓ミュージカル界の未来までを伺いました。舞台ファンには興味深いエピソードが盛りだくさん!

*     *     *

●稽古はどんな感じで進められたのでしょうか? プレスコールではコロレド大司教役のミン・ヨンギさんが「ディテールが細かく描かれている」とおっしゃっていましたが。
「今回は、日本でやってる稽古に比べたら10分の1くらいの細かさじゃないかな(笑)。というか、韓国のみなさんはある意味“歌手”ですから、音楽的な部分はカッチリ掴んでいるじゃないですか。そこで感情的な部分の道筋を確認する、という形で進めました。ミン・ヨンギさんは初演からずっとやってこられた方だし、何度も出演してきた方も、初めて出演した方も、自分なりのイメージを持っている方が多かった。何度も再演している作品ですから、白紙の状態ではなかったですね」

koike2

稽古中の様子 写真提供:EMKミュージカルカンパニー

●そして前回から大きく変わったセットも興味深かったんですが、センターに独特の動きをする大きな要塞のような階段があって、宝塚の大階段を彷彿とさせました。
「それはね、(舞台美術の)チョン・スンホ先生が、おそらく宝塚の舞台をご覧になって、銀橋を作りたいとまずおっしゃったんです。あの階段も、たぶん彼の頭の中では宝塚の大階段がもっと変化したら面白いだろうと思われたんだと思いますね。私的には、普段自分でも扱っている慣れ親しんだものだから、韓国の方々がこれに新鮮味を感じてくださるならいいなと思いました」

●では小池先生からこう作ってほしいとリクエストされたのではなかったと? 次のシーンに転換するときに、テレビ画面がワイプするような幕の使い方も面白かったです。
「はい、すべてスンホさんから出てきたアイデアです。当初からライトと映像的なパフォーマンスにしたいとおっしゃっていて、普通舞台美術家は逆なんですよ。予算的に映像や照明にお金がかかると、小道具が減ったりするから嫌がる人が多いのね。だけど逆に美術家のほうからそう言われるのは初めてだったから、すごくびっくりした。でも道具は道具で、EMKさんは大変大きな予算を持っているので、あんな大きいものを全部作ってくださいました(笑)」

2016mozartpc13

センターにある回転、変形する大きな階段が目を引く

●韓国の『モーツァルト!』で初めて銀橋が導入されたのがやはり新鮮でした。
「毎回思うんですけど、世宗文化会館がとても大きい会場なので、ちょっと奥に入ったところで芝居をやっても、なかなか観客に届きにくいんですよね。ハイライトでみんなで歌うシーンなんかは、一番後ろで歌ってもいいと思うのね。『モーツァルト!』の場合は、アマデって子供だし、『エリザベート』のトート(死)のほうが抽象的なはずなんだけど、“才能”っていうのは別の意味で表現が非常に難しい。トート(死)の場合は現象でもあるのけど、才能の場合は現象じゃないから。過去に制作した話を聞くとその部分はスルーしてきたような印象を受けたんです。だけど、ドンソクさんやヒョシンさんなど、日本版の台本を読んだり見たりして面白いと言ってくださったのは、その部分が分かりやすかったからだと思うんです。世宗でもその部分を分かりやすくしないと、と思ったので銀橋もあることだし、アマデやモーツァルトを前に出したりしたんです」

2016mozartpc19

ヴォルフガングやアマデ役たちの渾身の演技を間近で堪能できる

●重要なポイントとなる芝居を目の前に来て演じてくれるので、観客の立場からするととても嬉しいと思います。
「いまからでも1列目と2列目はチケットの値段を上げてもいいと思うよ(笑)。宝塚も前の席だからって値段は上げてないけど、上げても絶対チケットが売れちゃうと思いますよ(笑)」

2016mozartpc15

日本版にはないヴォルフガングとコロレド大司教が対峙するシーンは圧巻!

●劇場ロビーには日本からいらした方をたくさんお見掛けします。日本の『モーツァルト!』ファン的見どころというか、日本版にはない、特別に盛り込んだシーンなどはありますか?
「(2幕後半の)『楽な道はいつも間違った道(쉬은 길은 늘 잘못된 길)』というコロレド大司教とヴォルフガングが歌うシーンがあるんですけど、あれはハンガリーで付け加えられたシーンだと思います。日本でもやってないし、昔のウィーンやドイツでもやってなくて、韓国では前回の2014年版から入ってるのかな? ちょっと筋のなかに入れるにはやや難しい曲ではあるんですけど、確かにコロレドとヴォルフガングのデュエットはとても魅力的なので日本版でも入れてほしいという意見もすごくあったんですね。でもストーリー的に難しい。日本のミュージカルファンは演劇ファンだから、辻褄が合わないって言われるかもしれないね。でも韓国の場合はやっぱり音楽ファンだから、プロットにこだわらず入れてみたというか。プレスコールのときのミン・ヨンギさんは凄かったよね! 息づかいがマイクを通して聞こえるほどだったもの(笑)。それほど迫力のあるシーンになっているってことですね」

●今回、初めて韓国で演出をされて、改めて感じたことなどありましたか?
「まず韓国語がすごく羨ましいと思うところは、スピードがあるんですよ。だからセリフが音楽にちゃんとはまっていくんです。短く言い切れるってことは日本より音楽も短く終われるんですよ。2幕でレオポルトがコロレド大司教に『早く息子を連れて来い!』と言われて、『それなら孫を連れてきます』というシーンがあるんだけど、みんな凄い早口で喋ってるんじゃないの? と聞いたらそうじゃない、と(笑)。あの内容を日本で同じスピードでやろうとしても出来ない。日本の俳優だとタメを作っちゃったりとかして時間が3倍くらいかかりますよ。だから、西洋原作のミュージカルは、(日本よりも)原典に近い状態でやれてるでしょうね。逆に韓国の人たちからすると、日本のミュージカルはなんでこんなにまったりとやってるんだろうと感じると思いますよ」

●韓国ミュージカルの良い面で、日本に取り入れたいと思ったことはありますか?
「ミュージカルという文化の違いだと思うんだけど、韓国はやはり音楽中心のものなんです。日本もそうではあるんだけど、やっぱりミュージカルは演劇のジャンルに入っていて。ドイツや、ことフランスでは雑誌などで紹介されるときに演劇と同じページでは紹介されていないんです。サーカスやショー的な扱いで下に見られててガッカリしちゃうんだけど。日本では演劇として扱われているけど、それゆえに(物語、演技など)そっちばかりが論じられて、作品がもともと持っている音楽的な良さとかは二番目になってるところがあるんですよね」

2016mozartpc20

写真右が、劇団四季出身で日本語が堪能なアルコ伯爵役のイ・ギドン

●韓国版『モーツァルト!』キャストのなかで、この人は日本でもやらせてみたいな、と思った人などはいませんでしたか?
「脇役の俳優で、演技も歌も出来て、キャラクターもある人はなかなかいないんですよね。面白くて軽妙なんだけど、歌うとこのくらいか…みたいな。そんななかで、アルコ伯爵役のイ・ギドンさんが、舞台稽古に入るまで劇団四季にいたことを知らなかったんです。プロフィールにも書いてなかったし、本人も言わないんだもの(笑)。舞台稽古に入ってビックリした。日本語ペラペラなんですよ。だけど、いつも質問するときに彼は通訳を介して話してたのね。で、一度アンサンブルの人たちが疲れちゃって、集中してないことがあってイライラしたから、僕が通訳さんにちょっとボヤいたんですよ。その時に、ギドンさんがアンサンブルを集めて説教してらしたのね。私が苛立ってることを察して注意してくれたのかと思って感謝してたんですね。だけど今思うと、彼は僕がブーブー言ってた日本語を全部分かってたんだ!(笑) な~んだそうだったのか!と思って(一同爆笑)。俳優さんだから、下手すると通訳さんより流暢だし、ボキャブラリーが多いの。劇団四季出身だから、外国人が大変な母音もちゃんと出来てるんですよ。ちょっと調べたら2年くらい前に彼は日韓合同のコンサートの司会とかやってたんです。だけど四季で何年もやってたなんて誰も教えてくれなかったらビックリした(笑)」

●では最後に、日韓のミュージカル界がこれからどうなっていけばいいなと思っていらっしゃいますか?
「今までもいろんな交流があったと思うし、これからもどんどんやっていければいいなと思います。最近も大学路(テハンノ)の小劇場ミュージカルが日本で上演されてきているし、(韓国の俳優が日本公演に出演し、日本の演出家・栗山民也が韓国版を演出した)『スリル・ミー』のような交流もありましたよね。言語の問題はとても大きいと思うんだけども、ヨーロッパに比べると、韓国や日本は東アジアでルーツ的は同じじゃないですか。オーストリアでは国が小さいせいもあって、アメリカ、オランダ、ノルウェーとか、ウィーンミュージカルにはいろんな国の人が出演してるんです。だから日韓には言語の壁はあるんだけども、中国や東南アジアを入れても、言語的にはウィーンの状況よりも近いかもしれない。本当に悔しいんだけど、僕がいま20代だったら韓国に留学して、大学路でミュージカルを作ろう!とかやったと思うんですよ」

2016mozartpc17

日韓ミュージカルシーンの可能性はまだまだ開かれている!

●そういう意味では韓国の舞台制作の環境がとても羨ましい部分があると?
「いっぱいありますね。まず政府からお金が出てバックアップがあること。それに周りの人がそれをすごく温かく見守ってる気がするのね。演劇そのものは日本の70年代とか80年代の熱さに近い気がするんだけど、同時に社会のなかでのステータスがポジティブなんじゃないかな? 日本でもそういうものは認められてるんだけども、やっぱり儲からない芸術としての認知度があって(笑)。韓国だともうちょっと、みんながそこに夢を持ってる気がするんですよ」

●韓国でも舞台が“儲からない芸術”という認識は同じだと思いますけどね(笑)
「同じなんだけど、そこに対する夢のあり方がね、すごく熱いと思います。韓国の人らしいというか、そこが羨ましくて。日本だとやっぱり昔も今もミュージカルって、どうやっても『アメリカ人の真似だ』という意見があると思うんです。でも韓国ではそういう風には言わないんじゃない? いくらアメリカで始まったものでも、自分たちなりに、彼らよりもっと上手くできるという自負があると思うんです」

●テレビでオーディション的な番組もあったりして、小さいころから「ミュージカル俳優になりたい」と言ってる子供がたくさんいるんですよ。
「日本でもそういう子が昔はいたけどね、80年代くらいでみんな挫折したんじゃない?(笑)。いまの子はそんなこと言わなくなっちゃったんで、とても残念です。だから、ほんっとにね、いま若かったら、もっとやるのに!と思いますね。韓国やアジアの俳優が融合して世界と伍して行く、というのを考えたと思う。例えば『ミス・サイゴン』とか、(ウエストエンドで)韓国の俳優も出てたじゃないですか。そういう作品もあるんだけど、あれは西洋人が見たアジアのなかに組していくだけだから。本当はアジア人が考えることをアメリカやヨーロッパの人たちに見せていくような時代が来てもいいと思う。これまでは彼らが見た東洋っていうのを私たちは一生懸命学んできたわけですよ。ちょっと悔しいよね。だから一つの国の話じゃなくて、もうちょっと広がりがあると“アジア人も出来るんだ”と思わせることができるんじゃないかな?」

●将来そういう作品を手掛けられたらいいな、と?
「出来ればいいんですけど、たぶんそれを僕は老人ホームかなんかに入って見てるんじゃない?(笑)。ネットで中継を見たりとか(笑)」

●また韓国で演出のオファーが来たらやってみたいですか?
「スケジュールの調整ができれば、喜んでやってみたいですよ。元々小劇場が好きだったのに、日本で一番大きいくらいの劇団(宝塚歌劇団)に就職しちゃったんで、劇場も日本で一番大きな劇場でやる作品ばかりなんで、大学路の小劇場作品みたいなのはやれないで来てるんでね」

●逆に大学路みたいなところに憧れがあるんですね。
「そうなんです。日本でも小さな劇場で若者たちがやってはいるけども、そういう小劇場ブームっていうのはもう去っているんですよ。私が若い頃にはあった、そういう熱気みたいなのがまだ大学路には残っているから、もう羨ましくて羨ましくてしょうがない。ほんっっっとに! 生まれ変わったら……と思うんですけどね(笑)。これから日韓の若い人たちは、お互いにインターネットとか世界共通のツールをいっぱい持ってるから、作品をどんどん作れると思うんです。そういう時に、それぞれの国民性は感情表現のなかにあると思うんだけど、それが互いに理解できないものではないと思うのね。むしろとても理解できる。だから『西便制(ソピョンジェ)』みたいな作品は、日本人も絶対好きだと思いますよ。そういう部分でもお互いに共有できるものがいっぱいあるから、上手くやれたらいいと思いますよ。僕も楽しみにしてます」

*     *     *

大学路のような劇場街や、新しい劇場が多いことがとても羨ましいとおっしゃっていた小池先生。先生が大学路で小劇場ミュージカルを演出! なんてことがあれば、それこそ大きな話題になると思いますが、日韓舞台シーンの交流がさらに進めば夢ではないかもしれません。
今年の韓国版について細かく解説してくださったこのインタビューを読めば、観劇の際にかなり参考になるはずです。ぜひ一人でも多くの方に、小池演出版『モーツァルト!』を観てほしい! と思っています。


2016mozartposter【公演情報】
ミュージカル『モーツァルト!』(모차르트!)
2016年6月10日~8月7日 世宗文化会館大劇場

<出演>
●ヴォルフガング・モーツァルト役:イ・ジフン、チョン・ドンソク、キュヒョン(SUPER JUNIOR)
●コンスタンツェ役:キム・ソヒャン、ナンア
●コロレド大司教役:ミン・ヨンギ、キム・ジュンヒョン
●レオポルト役:イ・ジョンヨル、ユン・ヨンソク
●ナンネール役:ぺ・へソン、キム・ジユ
●ヴァルトシュテッテン男爵夫人役:シン・ヨンスク、キム・ソヒョン
●セシリア・ウェーバー役:チョン・ヨンジュ
●シカネーダー役:ホン・ロッキ、イ・チャニ

脚本:ミヒャエル・クンツェ/作曲:シルヴェスター・リーヴァイ/演出:小池修一郎/協力演出:クォン・ウナ/韓国語詞:パク・ヨンミン、イ・ソンジュン、パク・インソン、キム・ムンジョン、クォン・ウナ/音楽監督:キム・ムンジョン/振付:イ・ラニョン/舞台:チョン・スンホ/衣装:ハン・ジョンイム/ヘアメイク:キム・ユソン/音響:山本浩一/音響スーパーバイザー:キム・ジヒョン/照明:グ・ユニョン/映像デザイン:ソン・スンギュ/舞台監督:イ・ジノ/制作監督:チョン・ウニョン

●公式サイト:www.musicalmozart.co.kr

取材、写真協力:EMKミュージカルカンパニー

©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。

⇒インタビュー【前編】を読む

【独占】『モーツァルト!』2016年韓国版を演出 小池修一郎インタビュー[前編]

【独占】『モーツァルト!』2016年韓国版を演出 小池修一郎インタビュー[前編]

 

koike1

小池修一郎  写真提供:EMKミュージカルカンパニー

2010年に初演し、韓国では今年で5回目の再演を上演中のミュージカル『モーツァルト!』。今回の目玉は、何といってもこの作品を世界的に知らしめるきっかけとなった日本版を創り上げた小池修一郎が演出を担当していることだ。原作者のミハイル・クンツェ&シルヴェスター・リーヴァイが「こんな作品を見たかった!」と絶賛し、いまや韓国でも定番の人気作となっている『エリザベート』も小池が演出した日本版の土台があってこそ。直接演出を手掛けなくとも、すでにさまざまな面で韓国ミュージカルに影響を与えてきた演出家だ。
今回、演出家生活30年にして初めて海外作品の演出に挑んだ小池に独占ロングインタビューを敢行。全ミュージカルファン必読です!

*     *     *

●毎年日本で次々と大作の演出を手掛けられ、大変お忙しいはずの小池先生が韓国版『モーツァルト!』の演出を手掛けられると知ったときには大変驚きました。どのような経緯で演出することになられたのでしょうか?
「韓国の初演(2010年)のときに、キム・ジュンスさんの舞台を見せてもらって、僕はハングルだったから読めなかったんだけど、パンフレットにソフィさん(注:制作会社EMKミュージカルカンパニーのプロデューサー、ソフィ・キム(김지원)さん)が、帝劇の前で撮った写真と一緒に、日本版を見て面白いと思って、韓国でもやりたいと思ったという文章を寄せていらしたらしいんです。ウィーンではなく日本の舞台に関心を持ってくださったのがすごく嬉しくて。それからまたいろいろとバージョンが変わったというので2014年にもパク・ヒョシンさんでまた見せてもらいました。それから『エリザベート』や他の韓国ミュージカルも見に来たりしていたし、EMKの方も日本に来てくださったりして親しくさせていただいているなかで、2016年にまた上演するので(演出を)どうですか? というお話しをいただいてとても嬉しかったんです。だけど、いま実は日本では宝塚と東宝の両方で『エリザベート』の稽古をしているんですよ。なのでスケジュールの調整がつくかが問題だったんですけど、当初の日程よりも調整してくださったんです。それならばギリギリ出来るかな? と。日本側も協力してくれたし、何よりもEMKのほうで開幕日などを動かして下さったんですよ。皆さんがそこまでしてくださるなら、何としてでも期待にお応えしたいと思いました」

2016mozartpc16

2016年版のヴォルフガング、イ・ジフン、キュヒョン、チョン・ドンソク

●海外の作品を演出されるのは初めてですよね? これまでもそういうお話があったのではないかと思ったのですが。
「あったんですけど、スケジュールの関係などでうまく行かなかったんです」

●そんなタイトなスケジュールのなかで韓国版の演出をされることになり、先生の健康面を心配されたファンの方もいらしたようです。
「(笑)これからじゃない? 疲れが出るのは(『モーツァルト!』が終わった)これからですね。去年の秋からまったく休んでないですから」

●いろんな作品をご覧になったという、韓国ミュージカルに対してどういうイメージをお持ちでしたか?
「いまから約10年前くらいに韓流ブームが来たときに、日本でもいろんな韓国ミュージカルがツアーで公演をやったんです。でもツアーですから、歌は上手いんだけど作品としてのレベルはそれほど高いとは思えなかった。でも、それから『モーツァルト!』とかいろんな作品を韓国に見に来るようになって、これは韓国ミュージカルを好きな人がみんな言うんだけど、美術なり照明なりのプレゼンテーションがも~のすごい進歩を遂げたから。演劇はいまも昔も大変レベルが高いと思うのね、どんな国にも前衛の演劇というのはそれなりの個性を持ったものがありますから。それは絶対あったと思うんだけど、こういうショービジネスの面で。それに設備も良くて新しい、モダンな劇場がたくさん増えたでしょう? はっきり言って“あっ、一瞬にして日本は抜かれた”と思いました。だって日本は劇場が古いから。あとね、電圧が低いから。日本よりも韓国の照明の機能が電圧の面でぜんぜん良いんです。それはもう、今回圧倒されました。それでこんなに違うんなだと。でも日本の電圧を変えることはできないからね(笑)」

●これまでご覧になった韓国ミュージカルで印象深かったものは?
「『西便制(서편제 ソピョンジェ)』という作品を見たときに衝撃を受けました。ああいう内容をミュージカルという手段で、ここまで洗練された形で描くというのは、ちょっと日本だと無理なんですね。芝居には出来ると思うし、泥臭いミュージカルには出来ると思うんだけど、あれは泥臭さがないところが見事だった。(ストーリーは)泥臭い話なんだけどね。同じタイミングで『光化門恋歌』も見たんですけど、演出のイ・ジナさんという方を大変尊敬しています。まだ韓国ではお会いしたことはないけど。そういう素晴らしい演出家もいるし、音楽、美術、照明とかテクノロジーの面とミュージシャン、指揮者のレベルが高い。多くの人が歌い手のことばかり考えてるけど、韓国のミュージカルがここまで来たっていうのはスタッフが充実してきたんだと思いますね」

注:『西便制(서편제 ソピョンジェ)』は、韓国映画界を代表する監督の一人、イム・グォンテク監督の1993年作品『風の丘を越えて/西便制』の原作となった、イ・チュンジュの小説をベースに2010年に初演。(以降、2012年、14年にも再演)韓国の民俗芸能パンソリ(판소리)の歌い手であるソリクン(소리꾼)の父娘が人生を賭けて芸を追及する壮絶な生き様を描いた作品。

●今回は日本版の台本をベースにされているそうですが、どのように制作されたのでしょうか?
「台本は以前ソフィさんとパク・ヒョシンさんが日本に見にいらして、気に入ってくださったバージョンというか。いみじくもプレスコールでチョン・ドンソクさんが『初演のときに日本の台本を読んだだけでも面白かった』と言ってくださったのはテキストレイジって言うんですけども、日本で上演するときは(ミハイル・)クンツェさんたちと相談し、お願いをして日本人が共感できるように解釈を加えてあるんです。あとは、日本語でやると言葉がたくさん入らない。ドイツ語の半分くらいしか歌詞が入らないんですね。だから、日本版はすごくダイジェストにしてコンパクトにまとめないと同じようには言えず、ドイツ語だとその倍くらいの内容を喋ってるんです。韓国版は原作の70%はカバーしてると思う。言語学的にも一つの言葉が短くて詰まっているでしょう? ひとつのメロディーのなかにたくさんの言葉を入れられるので、これが非常に羨ましかったですね」

●セリフ的には日本版より中身が濃い感じなんですね。
「で、その(日本版のような)アダプテーション(脚色)を(韓国版で)やっても良い、やってほしいということだったんです。見た目的な演出よりも、どういう風に出てくるかというのはやはり台本にあるわけで、その台本に(自分なりの)解釈をちょっとしたところに加えてるわけですよ。例えば、原作ではナンネールと手紙を配達に来た郵便配達の会話から、ヴォルフガングの近況が語られるシーンがあるんです。郵便配達から受け取った手紙をただ読むだけではつまらないし、ナンネールの状況が分からないから、それを、原作の年号的にナンネールは結婚していたはずなので、郵便配達から夫に変えて、夫に言わせてるんです。(二人の会話に出てくる)家の修理の話題は僕が付け加えましたけどね」

2016mozartpc14

2016年版は、2幕のコンスタンツェのシーンに変化が

●これまで日本版にはあったけど、韓国版に今回新しく盛り込んだようなシーンはありますか?
「2幕のコンスタンツェ関連のシーンは日本以外ではやっていなかったですね。日本初演のコンスタンツェは松たか子さんという大女優だったので、ウィーン版だと出番が足りなかったというか、描かれ方が中途半端だったので歌をリプライズさせることで膨らませたんです。それがないと、1幕の冒頭にある、コンスタンツェがメスマー博士をヴォルフガングの墓に案内して頭蓋骨を掘り返してお金をもらう、というシーンで、彼女がそれをどういう心情でやったのか、ということを符合させないとただの嫌な女になってしまって勿体ないと思ったし、ちょっとはロマンチックな色も加わるかと思ったんです」

●前回の2014年版と比較すると、ヴォルフガングと家族(レオポルト、ナンネール)との関係よりも、今回はコンスタンツェおよびその一家との関係に重きが置いてあったように思えましたが?
「コンスタンツェとその家族が出てくる出番は変わってないし、前の韓国版でもやってるはずです。2014年版では母親セシリアと娘コンスタンツェの歌が2幕の頭にあったんですけど、それをカットしているので。でもインパクトという面では、セシリア役のチョン・ヨンジュさんの迫力ある演技もあるし、コンスタンツェが密接に絡んできてるから。コンスタンツェはアマデとヴォルフガングを取り合ってるわけで、そこに家族が登場するから印象が強いのかもしれませんね」

2016mozartpc9

ヴォルフガングの心情を繊細に表現するイ・ジフン

●3人のヴォルフガングの魅力を教えてもらえますか? プレスコールではイ・ジフンさんはとても繊細な演技を見せるとおっしゃっていましたね。
「イ・ジフンさんは俳優としてのキャリアが長いから、役の作り方とか周りの方たちとの関係性をすごく考える人ですね。演技の作り方がフレームインする感じというか、非常に映像的なんですよ。それと、大人の目でヴォルフガングの演技をすごく考えてるなと思いました」

●チョン・ドンソクさんは?
「ドンソクさんは本当に天真爛漫だと思いますね。とても素直だし、ちょっと子供っぽいところもあって。そういう彼の純粋さというか喜怒哀楽というか、自分の感受性にすごく忠実なところがあるから、ヴォルフガングとオーヴァーラップするところがあると思いますよ。彼はすごく身体が大きいじゃないですか、だからヴォルフガングのイメージとはちょっと離れてしまうところもあるんだけど、彼が内面的にうまくオーヴァーラップすることで、(ヴォルフガングは)あ、こういう人だったのかな? と思わせますね」

2016mozartpc10

純粋さとスケール感のある歌唱力が魅力、チョン・ドンソク

●キュヒョンさんはどうでしょう? プレスコールで「何故愛せないの(왜 나를 사랑하지 않나요)」を歌ったシーンはとても良かったです。
「(取材の時点で)まだ彼の本番を見れていないのですが、ドレスリハーサルのときは頑張ってやっていました。彼はとても忙しいので、舞台稽古の1幕に彼は参加できなかったんです。だけどちゃんとやれていたから、それは大したものだと思いましたね。あるスタッフが『韓国のアイドルはテックリハーサルに来れなくても、ビデオを見て覚えれば本番が出来るんです』とおっしゃって、韓国のアイドルをこれからは神童と呼ぼうかな、と(笑)」

2016mozartpc11

キュヒョンの悩めるヴォルフガングは必見

●韓国のアイドルはコンサートやイベントで場数を踏んでいるぶん、フレキシブルに動けるというか、そういう部分では逆に舞台俳優よりも強みがある思います。
「それは日本のジャニーズのアイドルも同じじゃないですか。出たとこ勝負強いです。あのー、彼はテレビだと結構毒舌キャラなんでしょ?(笑) 僕は知らなかったんだけど、テレビで見ると、とても頭が良くて、間のいいことをパッと言って、その場をさらうというか。そういう頭の良さを稽古でも非常に感じましたね。ただ、これがヴォルフガングとしてどういう風になるか? というか、ドンソクさんの場合は役柄と自分を重ねる部分があるし、ジフンさんは自身が持っている繊細さと重ねてると思うし。キュヒョンさんの場合は“悩める芸術家像”の部分が先に出ちゃうかもしれない。それを本番でどうコントロールしていけるかですよね。だから2幕のときはすごくいいんだけど、(溌剌とした青年期を演じる)1幕のときは割と落ち着いた人に見えるので、それをこれからどう見せるかですね」

*     *     *

インタビュー後編では、稽古中の裏話や日韓ミュージカル界の今後について伺いました!

⇒インタビュー【後編】を読む


2016mozartposter【公演情報】
ミュージカル『モーツァルト!』(모차르트!)
2016年6月10日~8月7日 世宗文化会館大劇場

<出演>
●ヴォルフガング・モーツァルト役:イ・ジフン、チョン・ドンソク、キュヒョン(SUPER JUNIOR)
●コンスタンツェ役:キム・ソヒャン、ナンア
●コロレド大司教役:ミン・ヨンギ、キム・ジュンヒョン
●レオポルト役:イ・ジョンヨル、ユン・ヨンソク
●ナンネール役:ぺ・へソン、キム・ジユ
●ヴァルトシュテッテン男爵夫人役:シン・ヨンスク、キム・ソヒョン
●セシリア・ウェーバー役:チョン・ヨンジュ
●シカネーダー役:ホン・ロッキ、イ・チャニ

脚本:ミヒャエル・クンツェ/作曲:シルヴェスター・リーヴァイ/演出:小池修一郎/協力演出:クォン・ウナ/韓国語詞:パク・ヨンミン、イ・ソンジュン、パク・インソン、キム・ムンジョン、クォン・ウナ/音楽監督:キム・ムンジョン/振付:イ・ラニョン/舞台:チョン・スンホ/衣装:ハン・ジョンイム/ヘアメイク:キム・ユソン/音響:山本浩一/音響スーパーバイザー:キム・ジヒョン/照明:グ・ユニョン/映像デザイン:ソン・スンギュ/舞台監督:イ・ジノ/制作監督:チョン・ウニョン

●公式サイト:www.musicalmozart.co.kr

取材、写真協力:EMKミュージカルカンパニー

©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。

[MUSICAL]キュヒョン念願の出演、日韓の粋を集めた『モーツァルト!』待望の開幕!

[MUSICAL]キュヒョン念願の出演、日韓の粋を集めた『モーツァルト!』待望の開幕!

 

2016mozartpc1

仲良く助け合って役作りした3人、チョン・ドンソク、イ・ジフン、キュヒョン

イ・ジフン、キュヒョン、チョン・ドンソクと、人気と実力を兼ね備えた3トップを揃えたミュージカル『モーツァルト!』が開幕、プレスコールが行われた。

2016mozartpc2

プレスコールでは詳しく作品解説も披露した、演出家の小池修一郎

韓国では今回で5回目の再演となる2016年版は、2002年の日本版初演から演出を担当している小池修一郎が初めて日本国外で演出を担当。ウイーンの原作者ミヒャエル・クンツェ&シルヴェスター・リーヴァイに絶大な信頼を置かれている小池によって、新たな韓国版『モーツァルト!』が生まれることを期待されての起用となった。

プレスコールで挨拶に立った小池は、「ヴォルフガング(モーツァルト)という音楽家の才能を、子供時代の“アマデ”というキャラクターに置き換え、共に曲を書き、苦悩する姿を複雑な形で描いてあるため、それを分かりやすくしようとした。日本には“心中”という言葉があるが、この形を取り入れた」と、難解なストーリーだった『モーツァルト!』を潤色した経緯を紹介した。「ヴォルフガング自身が求めていた大衆的で華やかなナンバーとともに、彼の人生の“光と影”を表現している」と語っていたように、今回の韓国版も、この日本版をベースにして演出されたという。
これに従い、日本でもおなじみのヴォルフガングを象徴する赤いコートにジーンズ、ドレッド風ロングヘアのロック的なオリジナルファッションが復活。加えて、これまでの韓国版でもお目見えしていた衣装も織り交ぜ、舞台の中心には回転式の大きな階段型セット、宝塚さながらの銀橋(エプロンステージ)も韓国版で初めて取り入れられ、まさしく日本と韓国の“イイとこ取り”な舞台を堪能できる2016年版になっている。

主人公の天才音楽家ヴォルフガング役は、演技や歌唱法などまったく違う個性やスタイルをもつ3人だけに、小池は「少々心配していたが、3人がとても仲良く、互いに助け合って稽古に臨んでいた」と感心していた。3人の特徴については「イ・ジフンさんは繊細な演技でこの作品の軸を作ってくれた」「チョン・ドンソクさんは天真爛漫な個性が魅力。それに相反した圧倒的な歌唱力があり、そのアンバランスさが面白いところ」「キュヒョンさんはメランコリックで神秘的。これはいままでいろんな国のモーツァルトを見てきたが、一番新しいタイプかと思う」と評していた。

2016mozartpc7

繊細な演技のイ・ジフン、神秘的なキュヒョン、天真爛漫なチョン・ドンソクと三人三様のヴォルフガングが堪能できる

「初演から観客として見てきて、こんな役をやってみたいと思っていた作品に出演できるチャンスを逃したくなかった」というイ・ジフンは、「実際演じてみると客席で見ていたのとは違い、あらゆる複雑な感情をハードに表現しなくてはならなくて、再び自分を成長させてくれる機会になると思う」と語った。

チョン・ドンソクはデビュー2年目の2011年に大抜擢されて以来、5年ぶりの主演となった。「前回はまだ若くて、とにかく無我夢中で一生懸命やった感じでした。当時はその純粋な姿が良かったと言われたので、その純粋さを忘れないようにしています」という彼は、5年前に日本の小池版台本を読んで作品の面白さに衝撃を受け、今回その演出家と一緒に仕事が出来たことが光栄だったと感銘を受けていた。2016mozartpc8

そして小池に“一番新しい”と言わしめたキュヒョンは、以前から念願叶っての出演。「2014年公演を見てから、いい曲ばかりなのでずっと個人的に聞いてきたのですが、ついにその曲を歌うことができる。僕は自分の声で歌を聴くのが好きなので、それが一番いい点です(笑)」と照れながらも自信をのぞかせていた。

2016mozartpc3

コロレド大司教役のキム・ジュンヒョンとミン・ヨンギ

韓国初演からずっとコロレド大司教を演じてきたミン・ヨンギは「前回の2014年もこの世宗文化会館でしたが、今回セットはとてもシンプルだが、作品としてはディテールが細かく、ストーリーに深みもあって、これまで5年間理解が難しかったところも解決されるのではないかと思う」と、長年この作品を支えてきた俳優の観点で解説してくれた。同じく、ヴォルフガングの姉ナンネール役としては最多出演となるぺ・へソンは「これまでがモーツァルト家の家族の物語だったとしたら、今回はレオポルト、ナンネール、ヴォルフガングがまったく違う道を歩む3人の芸術家の姿が具体的によく描かれている」と、役者としても演じ甲斐があると語っていた。

2016mozartpc4

ヴォルフガングの父レオポルト役のイ・ジョンヨルとユン・ヨンソク

小池演出によって俳優たちが口々に自身のキャラクターについて深く理解したと語り、よりディテールを追及した舞台が堪能できる今年の『モーツァルト!』は、8月7日まで光化門(カンファムン)の世宗文化会館 大劇場で上演される。

2016mozartpc5

ヴァルトシュテッテン男爵夫人役のキム・ソヒョンとシン・ヨンスク

2016mozartpc6

(左から)アルコ伯爵役のイ・ギドン、シカネーダー役のイ・チャニ、ナンネール役のぺ・へソン、ナンネール役のキム・ジユ、シカネーダー役のホン・ロッキ


2016mozartposter【公演情報】
ミュージカル『モーツァルト!』(모차르트!)
2016年6月10日~8月7日 世宗文化会館大劇場

<出演>
●ヴォルフガング・モーツァルト役:イ・ジフン、チョン・ドンソク、キュヒョン(SUPER JUNIOR)
●コンスタンツェ役:キム・ソヒャン、ナンア
●コロレド大司教役:ミン・ヨンギ、キム・ジュンヒョン
●レオポルト役:イ・ジョンヨル、ユン・ヨンソク
●ナンネール役:ぺ・へソン、キム・ジユ
●ヴァルトシュテッテン男爵夫人役:シン・ヨンスク、キム・ソヒョン
●セシリア・ウェーバー役:チョン・ヨンジュ
●シカネーダー役:ホン・ロッキ、イ・チャニ

脚本:ミヒャエル・クンツェ/作曲:シルヴェスター・リーヴァイ/演出:小池修一郎/協力演出:クォン・ウナ/韓国語詞:パク・ヨンミン、イ・ソンジュン、パク・インソン、キム・ムンジョン、クォン・ウナ/音楽監督:キム・ムンジョン/振付:イ・ラニョン/舞台:チョン・スンホ/衣装:ハン・ジョンイム/ヘアメイク:キム・ユソン/音響:山本浩一/音響スーパーバイザー:キム・ジヒョン/照明:グ・ユニョン/映像デザイン:ソン・スンギュ/舞台監督:イ・ジノ/制作監督:チョン・ウニョン/

●公式サイト:www.musicalmozart.co.kr

●プレスコールフォトギャラリー:韓劇.com 公式Facebookへ

©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。

[MUSICAL]『モーツァルト!』韓国版 ヴォルフガング役MV&音源公開

[MUSICAL]『モーツァルト!』韓国版 ヴォルフガング役MV&音源公開

 

2016mozartnew3

キュヒョン(SUPER JUNIOR)

韓国では5回目の再演となる2016年版『モーツァルト!』。ヴォルフガング・モーツァルトを演じる3人のミュージックビデオの公開と、韓国音楽サイトを通じてミニOSTのダウンロード販売が開始された。

2010年の韓国初演以降、キム・ジュンス、イム・テギョン、パク・ヒョシンなどの人気スターが出演し、パク・ウンテ、チョン・ドンソクら新人ミュージカル俳優も輩出。天才音楽家が、家族との軋轢に苦悩し、自身の才能を象徴する“アマデ”の存在に葛藤する姿をドラマチックに描き、再演のたびに話題を呼ぶ大型ライセンス・ミュージカルの代表的作品だ。今年は、日本版『モーツァルト!』を長年演出し、興行不敗神話を築いてきた小池修一郎が韓国版の演出を引き受け、韓国のみならず、日本のミュージカルファンからも大きな期待を集めている。

2016mozartnew1

イ・ジフン

2016mozartnew2

チョン・ドンソク

公開されたミュージックビデオでは、3人の“ヴォルフガング”のプロフィール撮影やレコーディングの様子、そしてミニインタビューも収録され、三者三様の個性が光る内容になっている。
また同時に韓国の音楽サイトでダウンロード限定のミニOSTもリリースされた。(日本国内ではiTunesでダウンロード購入可能)
イ・ジフンによる「僕こそ音楽(나는 나는 음악)」、イ・ジフン、キュヒョン各バージョンの「影を逃れて(내 운명 피하고 싶어)」、チョン・ドンソク、キュヒョン各バージョンの「なぜ愛せないの?(왜 나를 사랑하지 않아요)」と、全5曲を収録。劇中の重要なシーンで歌われる代表的な楽曲をいち早く堪能することができる。

ミュージカル『モーツァルト!』は6月10日~8月7日まで、世宗文化会館大劇場で上演。5月18日から発売される2次販売チケットは、7月1日~22日分を購入できる。


2016mozartposter【公演情報】
ミュージカル『モーツァルト!』(모차르트!)
2016年6月10日~8月7日 世宗文化会館大劇場

<出演>
●ヴォルフガング・モーツァルト役:イ・ジフン、チョン・ドンソク、キュヒョン(SUPER JUNIOR)
●コンスタンツェ役:キム・ソヒャン、ナンア
●コロレド大司教役:ミン・ヨンギ、キム・ジュンヒョン
●レオポルト役:イ・ジョンヨル、ユン・ヨンソク
●ナンネール役:ぺ・へソン、キム・ジユ
●ヴァルトシュテッテン男爵夫人役:シン・ヨンスク、キム・ソヒョン
●セシリア・ウェーバー役:チョン・ヨンジュ
●シカネーダー役:ホン・ロッキ、イ・チャニ

脚本:ミヒャエル・クンツェ/作曲:シルヴェスター・リーヴァイ/演出:小池修一郎/協力演出:クォン・ウナ/韓国語詞:パク・ヨンミン、イ・ソンジュン、パク・インソン、キム・ムンジョン、クォン・ウナ/音楽監督:キム・ムンジョン/振付:イ・ラニョン/舞台:チョン・スンホ/衣装:ハン・ジョンイム/ヘアメイク:キム・ユソン/音響:山本浩一/音響スーパーバイザー:キム・ジヒョン/照明:グ・ユニョン/映像デザイン:ソン・スンギュ/舞台監督:イ・ジノ/制作監督:チョン・ウニョン/

●公式サイト:www.musicalmozart.co.kr


写真提供:EMKミュージカルカンパニー ©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。

[MUSICAL]イ・ジフン、キュヒョンら主演、小池修一郎演出『モーツァルト!』キャスト発表

[MUSICAL]イ・ジフン、キュヒョンら主演、小池修一郎演出『モーツァルト!』キャスト発表

 

2016mozart

2016mozartkoike

演出の小池修一郎

2002年から日本版『モーツァルト!』の演出を手掛け、日本のミュージカル界で数々の興行神話を築いてきた演出家、小池修一郎が韓国で初めて演出を手がけることとなり、注目されていたミュージカル『モーツァルト!』が6月、韓国で2年ぶり5回目の再演をひかえ、待望のキャストが発表された。
3月末から「Who’s next MOZART!」と題したキャンペーンを実施し、新ヴォルフガング役の歌唱音源が先行公開されていたが、今年はイ・ジフン、M.C. the Maxのイ・ス、チョン・ドンソク、SUPER JUNIORのキュヒョンと、優れた歌唱力を持つ面々を揃え、キャストが一新された。
また今年のヴォルフガングは2010年韓国初演で見せた、ドレッドヘアに赤いロングジャケット&クラッシュデニム姿のイメージに近い、純粋で自由を渇望していた若き音楽家の姿で帰ってくるという。

2016mozart01

ヴォルフガング役 イ・ジフン

歌手・俳優としての活動のみならず、いち早くミュージカル界でも活動を始めたイ・ジフンは『エリザベート』のルキーニ役をはじめ、『ラ・カージュ』『ウィキッド』など数々の大型ミュージカルに出演し、最も舞台経験が豊富な俳優だ。確かな演技力と安定した歌唱力に定評がある彼だが、ヴォルフガング役はこれまでのイメージを覆す、大きなチャンスとなるはずだ。

2016mozart02

ヴォルフガング役 イ・ス(M.C. the Max)

ミュージカル初挑戦となるM.C. the MaxのVo/Gであるイ・スは超高音ボイスとロック式のシャウト型ボーカルで“歌唱力終局王”と呼ばれている。上へ上へと音程が伸びていくヴォルフガングの楽曲を、持ち前の歌唱力でどう歌いこなすのか楽しみだ。

2016mozart03

ヴォルフガング役 チョン・ドンソク

声楽出身の歌唱力と抜群のルックスで2011年の再演当時、舞台デビュー2年目にして主演俳優となったチョン・ドンソクの久々のカムバックにも期待だ。『エリザベート』『フランケンシュタイン』など数々の大作への出演を経て演技にも深みを増し、グレードアップしたヴォルフガングを見せてくれるはずだ。

2016mozart04

ヴォルフガング役 キュヒョン(SUPER JUNIOR)

そして、最も出演したかった作品に『モーツァルト!』を挙げていたキュヒョンの出演は、ファンにとって大きな朗報だろう。すでにすべての楽曲を覚えて準備万端というキュヒョンは、キャラクターのイメージにピッタリで多くの観客を魅了するのは間違いない。

2016mozart05

コンスタンチェ役 キム・ソヒャン(左)とナンア

一方、ヴォルフガングを取り巻くキャラクターたちも演技力と歌唱力を備えたキャストを見事にそろえている。ヴォルフガングの妻、コンスタンチェ役には『マタ・ハリ』でタイトルロールを熱演中のキム・ソヒャンと、『ドリーム・ガールズ』のナンアが演じる。

2016mozart06

コロレド大司教役 ミン・ヨンギ(左)とキム・ジュンヒョン

ザルツブルクの領主であり、政治と宗教を支配する権力者コロレド大司教役は2014年も同役を演じたミン・ヨンギと、劇団四季出身で『レ・ミゼラブル』のジャン・バルジャン役などで日本のミュージカルファンにも広く知られているキム・ジュンヒョンが初挑戦する。

2016mozart07

レオポルト役 イ・ジョンヨル(左)とユン・ヨンソク

厳格だが、内面には息子への深い愛情を秘めている父レオポルト役は、この役にはこの人アリのイ・ジョンヨルと、『エリザベート』のフランツ・ヨーゼフ役などで知られるユン・ヨンソクが務める。

2016mozart08

ヴァルトシュテッテン男爵夫人役 シン・ヨンスク(左)とキム・ソヒョン

劇中のハイライトのひとつである「黄金の星(邦題は「星から降る金」)を聴かせるヴァルトシュテッテン男爵夫人役は、“ショーストッパー”の異名をもつシン・ヨンスクと、『マリー・アントワネット』『明成皇后』などに主演したキム・ソヒョンが演じる。

2016mozart09

ナンネール役 ぺ・へソン(左)とキム・ジユ

優れた才能を持ちながら、女性ゆえに弟ヴォルフガングに活躍の場を譲り、最大の理解者となる姉ナンネール役には、同役を何度も演じて圧倒的な包容力を見せるぺ・へソンと『ファントム』でクリスティン・ダーエを演じていたキム・ジユが務める。

2016mozart10

シカネーダー役 ホン・ロッキ(左)、イ・チャニ(中) セシリア・ウェーバー役 チョン・ヨンジュ(右)

娘コンスタンチェを利用してヴォルフガングから利益を得ようとするセシリア・ウェーバー役は、2011年公演でも同役を演じたチョン・ヨンジュ。そして、現代風に言えば売れっ子プロデューサーで、ヴォルフガングにオペラ『魔笛』の上演を提案するシカネーダー役は、舞台経験豊富なホン・ロッキとイ・チャニが演じる。

個性豊かなキャストと、繊細かつドラマチックな小池修一郎の演出があいまって、韓国のみならず日本でも大きな注目を集めるのは必至の『モーツァルト!』は、6月10日から世宗文化会館大劇場で開幕。1次チケットは、4月7日(木)午前11時から一般発売が開始される。

【追記】4月21日にヴォルフガング役に出演予定だったイ・スの降板が発表されました。当記事はキャスト発表時のものです。


2016mozartposter【公演情報】
ミュージカル『モーツァルト!』(모차르트!)
2016年6月10日~8月7日 世宗文化会館大劇場

<出演>
●ヴォルフガング・モーツァルト役:イ・ジフン、イ・ス(M.C the Max)、チョン・ドンソク、キュヒョン(SUPER JUNIOR)
●コンスタンツェ役:キム・ソヒャン、ナンア
●コロレド大司教役:ミン・ヨンギ、キム・ジュンヒョン
●レオポルト役:イ・ジョンヨル、ユン・ヨンソク
●ナンネール役:ぺ・へソン、キム・ジユ
●ヴァルトシュテッテン男爵夫人役:シン・ヨンスク、キム・ソヒョン
●セシリア・ウェーバー役:チョン・ヨンジュ
●シカネーダー役:ホン・ロッキ、イ・チャニ

脚本:ミヒャエル・クンツェ/作曲:シルヴェスター・リーヴァイ/演出:小池修一郎/協力演出:クォン・ウナ/韓国語詞:パク・ヨンミン、イ・ソンジュン、パク・インソン、キム・ムンジョン、クォン・ウナ/音楽監督:キム・ムンジョン/振付:イ・ラニョン/舞台:チョン・スンホ/衣装:ハン・ジョンイム/ヘアメイク:キム・ユソン/音響:山本浩一/音響スーパーバイザー:キム・ジヒョン/照明:グ・ユニョン/映像デザイン:ソン・スンギュ/舞台監督:イ・ジノ/制作監督:チョン・ウニョン/

●公式サイト:www.musicalmozart.co.kr

写真提供:EMKミュージカルカンパニー ©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。

[MUSICAL]観客動員12万人突破『フランケンシュタイン』3週間の延長公演確定!

[MUSICAL]観客動員12万人突破『フランケンシュタイン』3週間の延長公演確定!

 

2015frankenstage311月26日に開幕し、忠武アートホール大劇場で圧倒的な興行旋風を巻き起こしながら、好評上演中のミュージカル『フランケンシュタイン』が、3月20日まで、約3週間の延長公演を確定した。

会場である忠武アートホールが、昨年開館10周年を迎えたことを機に、大型創作ミュージカルの制作に本格的に乗り出した第1号作品として2014年に初演。豪華キャスト、制作陣によって“韓国ミュージカル史に一線を画す”クオリティの作品を創り上げた。「第8回ザ・ミュージカルアワーズ」では今年のミュージカル賞、今年の創作ミュージカル賞をはじめ、9部門で受賞。第3回イェグリンアワード2部門を受賞など、権威ある各種ミュージカル賞を受賞し、興行性と作品性を同時に認められた作品となった。

今年の再演も開幕4週間で3万8千人を超える観客を動員し、累積観客12万人を突破して他を寄せ付けない作品力を見せつけている。この人気に応えて3週間の延長を決定。より多くの観客たちに一層深い感動を味わえる機会を提供する。

『フランケンシュタイン』の原作は、イギリスの女流作家メアリー・シェリーが1818年に発表した小説。19世紀ヨーロッパで、ナポレオン戦争当時、スイス・ジュネーブ出身の科学者ビクター・フランケンシュタインが“死なない軍人”の研究を進めていたところ、身体接合術の鬼才アンリ・デュプレと出会い、新たな生命体創造への道へ突き進むビクターの姿を描く物語だ。
今回の再演では、初演から圧倒的な存在感を放っていたユ・ジュンサンをはじめ、パク・ウンテ、ハン・チサン、ソ・ジヨン、アン・シハ、イ・ヒジョンらが再登板。彼らに加え、パク・コニョン、チョン・ドンソク、チェ・ウヒョク、イ・ヘギョン、イ・ジス、ホン・ギョンスなどの新キャストとともに、さらに完成度の高い舞台を披露している。
毎回観客の熱狂的な呼応とスタンディングオベーションを受け、前売りランキングでも1位を記録している『フランケンシュタイン』の第4次スケジュール(2016年2月2日~28日)のチケット発売は、12月29日(火)午後2時から開始予定だ。


2015frankenposter【公演情報】
ミュージカル『フランケンシュタイン』(프랑켄슈타인)
2015年11月27日~2016年3月20日 忠武アートホール大劇場

<出演>
●ヴィクター・フランケンシュタイン役:ユ・ジュンサン、パク・コニョン、チョン・ドンソク
●アンリ・ディプレ/怪物役:パク・ウンテ、ハン・チサン、チェ・ウヒョク
●ジュリア/カトリーヌ役:アン・シハ、イ・ジス
●エリン/エヴァ役:ソ・ジヨン、イ・ヘギョン
●シュテファン/フェルナンド役:イ・ヒジョン
●ルンゲ役:ホン・ギョンス

芸術総監督:イ・ジョンドク/責任プロデューサー:キム・ヒチョル/共同プロデューサー:キム・シンドン、キム・ソッグク/脚本・演出:ワン・ヨンボム/作曲・音楽監督:イ・ソンジュン/振付:ソ・ビョング/美術:ソ・スクジン/照明:ミン・ギョンス/映像:ソン・スンギュ/特殊効果:パク・グァンナム/衣装:ハン・ジョンイム/小道具:故イム・ヒジョン/ヘアメイク:ヤン・ヒソン

写真提供:忠武アートホール ©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。

[MUSICAL]究極のキャストを揃え『フランケンシュタイン』待望の再演!

[MUSICAL]究極のキャストを揃え『フランケンシュタイン』待望の再演!

 

2015franken6

ヴィクター&怪物のペアイメージカット(左から)ハン・チサン&ユ・ジュンサン/パク・ウンテ&パク・コニョン

2015franken72015年下半期最大の期待作『フランケンシュタイン』のキャストが公開された。
昨年初演された本作は、イギリスの女流作家メアリー・シェリーが1818年に発表した同名小説が原作。上演会場である忠武アートホールが中心となり、大型創作ミュージカルの制作に乗り出した最初の作品だ。『三銃士』などMミュージカル作品の演出家ワン・ヨンボムと音楽監督イ・ソンジュンの強力タッグが、有名なゴシックストーリーを見事に舞台化してグローバルなスケール感のある作品が誕生したと絶賛された。2014年度の上演作のなかでも圧倒的な観客動員数を誇り「ザ・ミュージカルアワーズ」9部門制覇をはじめ主要なミュージカル賞を総なめしている。

2015franken1

ヴィクター役のユ・ジュンサン、パク・コニョン、チョン・ドンソク

観客の大きな期待を背負って発表された2015年版キャストは、作品に新たな風を吹き込むキャストも織り交ぜた、豪華な顔ぶれが揃った。
新たな生命体を創造することに野心を燃やし、やがて自分が生み出した怪物に追われる身となる主人公ヴィクター・フランケンシュタイン役には、昨年の興行を俳優としてのみならず、スポークスマンとしてもリードしたユ・ジュンサンに、パク・コニョンとチョン・ドンソクが新加入した。いずれも大劇場作品の経験豊富。長身で舞台映えする抜群のスタイルと歌唱力をもつ彼らだけに、大きな期待が寄せられている。

2015franken2

アンリ/怪物役のパク・ウンテ、ハン・チサン、チェ・ウヒョク

ヴィクターの親友であり、最大の理解者となるアンリ役と怪物役の二役を演じるのは、昨年の熱演により俳優として大きな飛躍を果たしたパク・ウンテとハン・チサン、そして新鋭チェ・ウヒョクが演じる。なかでもチェ・ウヒョクは、候補約1000人のなかから選ばれたというシンデレラボーイ。学生時代はボクサーを目指していたとという彼は、舞台俳優を多数輩出している明知(ミョンジ)大学で開催されたミュージカルコンテストで劇中、怪物の見せ場で歌うナンバー「私は怪物だ」を見事に歌い上げて優勝したという逸話の持ち主だ。本作で俳優デビューとなる彼が今年の公演の切り札となりそうだ。

2015franken3

ジュリア/カトリーヌ役のアン・シハとイ・ジス

ビクターの幼なじみから婚約者となったジュリア役には昨年同役を演じたアン・シハとライジングスターのイ・ジスが演じる。イ・ジスは女優デビューとなった2013年の『レ・ミゼラブル』でコゼット役を単独キャストで演じきり、その可憐な歌声が絶賛されていた逸材だ。まだ年若い彼女が、ジュリア役をどう演じこなすのか期待される。

2015franken4

エリン/エヴァ役のソ・ジヨンとイ・ヘギョン

ヴィクターの親代わりとなって常に温かく見守ってきた姉エリン役は、ベテランのソ・ジヨンとイ・ヘギョンが演じる。2幕ではエリンとは見た目も性格も対照的な、決闘場の女主人エヴァに変貌する姿に要注目だ。また、ジュリアの父である市長シュテファン役には『ジキル&ハイド』などでいぶし銀の演技を見せてきたイ・ヒジョン。長年フランケンシュタイン家に仕え、ヴィクターの幼いころから面倒を見てきた執事ルンゲ役をホン・ギョンスが演じる。

2015franken5

シュテファン/フェルナンド役のイ・ヒジョンとルンゲ役のホン・ギョンス

本作の魅力は、怪物創造前夜までの1幕と怪物誕生後の2幕のドラマチックな対比的構成だ。ヴィクター以外のキャストは、すべて一人二役、1幕と2幕ではまったく違うキャラクターを演じるのが見どころ。精緻に作りこまれた各俳優のコンセプチュアルな写真をみても、昨年以上にスケールを増した舞台となるのは必至の『フランケンシュタイン』は11月27日から、忠武アートホール大劇場で開幕する。2015franken8 2015franken10 2015franken9


2015frankenposter【公演情報】
ミュージカル『フランケンシュタイン』(프랑켄슈타인)
2015年11月27日~2016年2月28日 忠武アートホール大劇場

<出演>
●ヴィクター・フランケンシュタイン役:ユ・ジュンサン、パク・コニョン、チョン・ドンソク
●アンリ・ディプレ/怪物役:パク・ウンテ、ハン・チサン、チェ・ウヒョク
●ジュリア/カトリーヌ役:アン・シハ、イ・ジス
●エリン/エヴァ役:ソ・ジヨン、イ・ヘギョン
●シュテファン/フェルナンド役:イ・ヒジョン
●ルンゲ役:ホン・ギョンス

芸術総監督:イ・ジョンドク/責任プロデューサー:キム・ヒチョル/共同プロデューサー:キム・シンドン、キム・ソッグク/脚本・演出:ワン・ヨンボム/作曲・音楽監督:イ・ソンジュン/振付:ソ・ビョング/美術:ソ・スクジン/照明:ミン・ギョンス/映像:ソン・スンギュ/特殊効果:パク・グァンナム/衣装:ハン・ジョンイム/小道具:故イム・ヒジョン/ヘアメイク:ヤン・ヒソン

写真提供:忠武アートホール ©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。

[MUSICAL]SE7ENがミュージカル初挑戦!『エリザベート』豪華キャストを公開

[MUSICAL]SE7ENがミュージカル初挑戦!『エリザベート』豪華キャストを公開

 

eliza7

破格のスケールと俳優たちの熱演で、2012年の初演から韓国内外のミュージカルファンに愛されている『エリザベート』が約2年ぶりに再演され、豪華キャストが発表された。

eliza1

エリザベート役のオク・ジュヒョン(左)とチョ・ジョンウン

悲運のオーストリア皇后エリザベート役には、初演から出演しているオク・ジュヒョンと、『ジキル&ハイド』『ドラキュラ』『レ・ミゼラブル』などの大作でヒロインを演じているチョ・ジョンウンが初挑戦する。
韓国のエリザベート=オク・ジュヒョンと言っても過言ではないほど、本作で圧倒的な歌唱力と存在感を見せつけ、韓国を代表するミュージカル女優としての地位を確立した彼女は3度目となる今回もさらなる貫録の舞台を披露してくれるはずだ。一方のチョ・ジョンウンは、歌唱力のみならず繊細な演技と凛とした気品溢れる姿が魅力。彼女が創り出す、新たなエリザベート像に期待がふくらむ。

eliza2

(写真左から)トート役のシン・ソンロク、チェ・ドンウク(SE7EN)、チョン・ドンソク

エリザベートを闇の世界に誘う、死(トート)役は同役に初挑戦するシン・ソンロクとチェ・ドンウク(SE7EN)、そして2013年の再演でトートを好演したチョン・ドンソクと、長身の二枚目俳優が揃った。
ドラマ『星から来たあなた』の悪役ぶりが話題を呼んだシン・ソンロクは、昨年日本原作のドラマ『ライアーゲーム』でミステリアスなショーホスト役も好演し、ミュージカルは1年ぶりの出演となる。また今回最大の目玉キャスティングは、歌手SE7ENことチェ・ドンウクのミュージカル初挑戦だ。彼のステージングや存在感は、韓流ブーム隆盛期の活躍ぶりを知る人ならば期待せざるを得ないだろう。これまで、キム・ジュンス、パク・ヒョシンと同時代に活躍したシンガーがミュージカルスターとして羽ばたいた役柄だけに、SE7EN復活の狼煙を上げるには十分すぎる舞台になるだろう。そして、歴代のトート役のなかでも最強のヴィジュアルを誇るチョン・ドンソクは、声楽専攻で培った正統派の歌声とともに美麗なトートを今回も見せてくれそうだ。

eliza3

(写真左から)ルキーニ役のキム・スヨン、チェ・ミンチョル、イ・ジフン

物語の狂言回しの役割をこなす、ルイジ・ルキー二役には2012年の初演組キム・スヨンとチェ・ミンチョルが復活、また2013年の再演で初挑戦して好評を得たイ・ジフンが再びルキー二を演じる。
柔軟な演技力が魅力のキム・スヨン、エッジの効いた唯一無二の声をもつチェ・ミンチョル、溌剌とした演技が光るイ・ジフンと、ルキーニはどの配役で見ても観客を楽しませてくれるに違いない。

eliza5

(写真左から)皇太子ルドルフ役のキム・スンテク、ウ・ジウォン、ペク・ヒョンフン

皇太子ルドルフ役のキム・スンテク、ウ・ジウォン、ペク・ヒョンフンは、3人全員が今回初挑戦となるフレッシュな面々だ。
3人の中では最年長のキム・スンテクは『明成皇后』『双花別曲』『ミオ・フラテロ』など、大劇場から大学路の小劇場作品まで創作ミュージカルに多数出演し、固いファン層を築いている俳優だ。2012年には『モーツァルト!』でシカネーダーを演じていたこともあり、久々の大劇場ミュージカル出演が期待されている。また2013年公演ではアンサンブルだったウ・ジウォンがルドルフに大抜擢された。昨年SBSのバラエティ番組「ミュージカルキング」で優勝して一躍ライジングスターとなり、『キンキーブーツ』ではドラァグクイーンダンサーの一人として人気を博した彼が、満を持して皇太子役に挑む。そしてペク・ヒョンフンは、昨年『女神様が見ている』『スリル・ミー』への出演で人気急上昇した大学路のイケメンニューカマーだ。現在『スルー・ザ・ドア』で幻想の王子カイルを好演している彼だけに、ルドルフもハマり役となりそうだ。

eliza4

フランツ・ヨーゼフ役のユン・ヨンソクとイ・サンヒョン、ゾフィ皇太后役のイ・ジョンファ

また、本作に欠かせない重要なベテラン助演陣も豪華だ。オーストリア皇帝フランツ・ヨーゼフ役は『オペラ座の怪人』『ジキル&ハイド』のユン・ヨンソクが初演に続いて同役に復活。そして『若きウェルテルの悩み』のアルベルト役で知られるイ・サンヒョンが初めて皇帝役に挑む。ともに声楽出身という2人だけに、舞台に響き渡る厚みのある豊かな歌声を聴かせてくれるだろう。また『レベッカ』『壁抜け男』の名演も印象的だったイ・ジョンファが、初演から演じているゾフィ皇太后役を今回はシングルキャストで務める。

今年は帝国劇場で大リニューアルして上演される日本版と同日に開幕することもあり、日韓『エリザベート』を同時期に堪能できる絶好の機会となる。韓国最高レベルのキャストとスタッフが集結した『エリザベート』は6月13日~9月6日まで、ブルースクエア サムソン電子ホールで上演。1次チケットは、4月23日(木)午後2時からインターパークで発売開始される。


elizaposter【公演情報】
ミュージカル『エリザベート』
2015年6月13日~9月6日 ブルースクエア サムソン電子ホール

出演:オク・ジュヒョン、チョン・ジェウン、シン・ソンロク、チェ・ドンウク(SE7EN)、チョン・ドンソク、キム・スヨン、チェ・ミンチョル、イ・ジフン、ユン・ヨンソク、イ・サンヒョン、イ・ジョンファ、キム・スンテク、ウ・ジウォン、ペク・ヒョンフン

プロデューサー:オム・ホンヒョン/演出:ロバート・ヨハンソン/音楽監督:キム・ムンジョン/振付:ソ・ビョング/舞台:ソ・スクジン/衣装:ハン・ジョンイム/扮装:キム・ユソン/照明:ジャック・メラー/映像:ソン・スンギュ/音響:キム・ジヒョン/
●『エリザベート』公式サイト http://www.musicalelisabeth.com/

<キャスト公開ティーザー映像>

写真提供:EMK ミュージカルカンパニー ©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。

[PHOTO]ミュージカル『マリー・アントワネット』プレスコール

[PHOTO]ミュージカル『マリー・アントワネット』プレスコール

 

10月31日 シャーロッテシアター

出演:オク・ジュヒョン、キム・ソニョン、ユン・ゴンジュ、チャ・ジヨン、ユン・ヒョンリョル、KAI、チョン・ドンソク、ミン・ヨンギ、キム・ジュンヒョン、イ・フンジン、イム・ガンヒ、パク・ソヌ、ムン・ソンヒョク、キム・ヨンジュほか

演出:ロバート・ヨハンソン 作曲:ミハイル・クンツェ 脚本・作詞:シルヴェスター・リーヴァイ

DSC_0039 DSC_0049 DSC_0070 DSC_0079 DSC_0083 DSC_0110 DSC_0132 DSC_0155 DSC_0173 DSC_0176 DSC_0193 DSC_0265 DSC_0329 DSC_0309 DSC_0345 DSC_0335 DSC_0381 DSC_0392 DSC_0425

DSC_0565DSC_0570DSC_0528DSC_0541

DSC_0522 DSC_0515 DSC_0502 DSC_0494 DSC_0484