チョン・ジェイル

[MUSICAL]神か救世主か……究極のロックオペラが堂々の帰還『ジーザス・クライスト・スーパースター』開幕

[MUSICAL]神か救世主か……究極のロックオペラが堂々の帰還『ジーザス・クライスト・スーパースター』開幕

 

jcs1

jcsleejeena

イ・ジナ演出家

イエス・キリスト(=ジーザス)の最後の7日間を壮大なロックオペラスタイルで作り上げたミュージカル『ジーザス・クライスト・スーパースター』が2年ぶりに再演され、6月9日メディアコールが行われた。
2013年公演の制作陣、そして主人公ジーザス役にはマイケル・リーとパク・ウンテの2トップを維持しながらさらにアップグレードを図った待望の再演とあって、多数のメディアが会見に参加し、期待の大きさを伺わせた。

メディアコールでは冒頭から演出家のイ・ジナが試演する楽曲&シーンごとにすべて解説をつけるというスペシャルなものに。「私は無神論者ですが、誰も到達することができないほどのスーパースターになったイエスという人物に興味を持ちました」と語る演出家は、自ら「ファン心(팬심)」と表現していたが、もともとこの作品が好きだったというだけあって、熱のこもった解説からは作品に対する愛着が伝わってくるようだった。

jcsjesus

ジーザス役のパク・ウンテ(左)とマイケル・リー

1971年に初演し、半世紀近くの歴史をもつ作品だけに、これまで世界各国でさまざまなキャスト、ヴァージョンにより上演され、原作者たちもその変化を楽しんでいるという。イ・ジナ演出家は「初演からアンチキリストだ、神への冒涜だとも言われているが、最近は映画『ザ・パッション・オブ・クライスト』などイエスについての多様なファクションが生まれている。いくら原作が素晴らしくても、現代でそのまま上演するには隔たりがあると考えた。イエスとユダの関係を同性愛的に解釈する面白味も加え、原作よりも大幅に脚色し、強いイメージの作品に作り上げた」という。また砂漠のような独特のセットを取り入れているが、これは映画『スターウォーズ』シリーズに出てくるイメージがベースになっているという。「地球ではない他の惑星、もしくは人類が滅亡した後の世界に新しい人類が誕生し、人間の葛藤や救世主(メシア)についての物語のため、このような背景を用いた」と解説していた。

jcsjuda

(写真左から)ユダ役のユン・ヒョンリョル、ハン・チサン、チェ・ジェリム

ジーザス役、マイケル・リーとパク・ウンテをWキャストでトップに据え、ユダ役で俳優として大きく飛躍したハン・チサンなど2013年公演で人気を博した男優3人は再び舞台に上がった。「この作品の最大の魅力は音楽。難しい曲も多いので、何よりも歌唱力を重視してキャスティングした」というイ・ジナ演出家は、ジーザスと対をなすユダ役の新キャストにユン・ヒョンリョルとチェ・ジェリムという歌唱力は申し分ない2人を選んだ。特にチェ・ジェリムについては「今回の再演のために準備した切り札だ」と太鼓判を押していた。

jcsmaria

(写真左から)マリア役のチャン・ウナ、イ・ヨンミ、ハム・ヨンジ

jcshelode

ヘロデ役のキム・ヨンジュ

苦悩するジーザスにとって唯一の癒しとなるマリア役には、2013年公演でも同役を演じたチャン・ウナに加え、ベテランのイ・ヨンミとデビュー2作目となる新人のハム・ヨンジが演じる。なかでもマリア役の切り札と言えば、イ・ヨンミだろう。イ・ジナ演出家は「長い間いろんな作品を一緒に作ってきたが、昨年出産して母親となり新しいエネルギーを出せると感じた。彼女が舞台に重厚感を与えてくれるだろうという期待感もあって推薦した」と出演の裏話も披露した。

そして最大のサプライズキャストがヘロデ役のキム・ヨンジュの出演だ。2年前には2AMのチョ・グォンら男優が演じ、原作はもちろん海外の公演でも過去に女優がこの役を演じたことはなかった。イ・ジナ演出家は「以前にも『TAAL(탈=面)』という作品で女優に男性の役を演じさせたことがあって、このようなチャレンジは以前からよくやっている。ヘロデを男か女か分からないような存在にしてみたくて、独特の雰囲気をもつキム・ヨンジュさんにお願いした。前回が幼い王子のようなイメージだったとすれば、今回はどっしりとしたグロテスクなキャラクターになっている」と世界初の女性版ヘロデに自信を見せていた。

他のミュージカルとは一線を画する世界観と怒涛のロックサウンドは今回も健在。さまざまな“切り札”を揃えて、新たな醍醐味も十分に用意された『ジーザス・クライスト・スーパースター』は、9月9日まで上演される。
jcs2


jcsp【公演情報】
ミュージカル『ジーザス・クライスト・スーパースター』
2015年6月12日~9月13日 シャーロッテシアター
出演:マイケル・リー、パク・ウンテ、ハン・チサン、ユン・ヒョンリョル、チェ・ジェリム、イ・ヨンミ、チャン・ウナ、ハム・ヨンジ、キム・テハン、チ・ヒョンジュン、キム・ヨンジュ

演出:イ・ジナ/音楽スーパーバイザー:チョン・ジェイル/音楽監督:キム・ソンス/舞台デザイン:オ・ピリョン/衣装デザイン:ハン・ジョンイム

©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。

[MUSICAL]マイケル×ウンテ ジーザス再び!『ジーザス・クライスト・スーパースター』キャスト発表!

[MUSICAL]マイケル×ウンテ ジーザス再び!『ジーザス・クライスト・スーパースター』キャスト発表!

 

jcs1

ジーザス役のパク・ウンテ(左)とマイケル・リー

『オペラ座の怪人』『キャッツ』のアンドリュー・ロイド・ウェバーと『アイーダ』『ライオン・キング』のティム・ライスという説明不要の巨匠たちが70年代に生み出したロック・ミュージカル『ジーザス・クライスト・スーパースター』。2013年、韓国ミュージカル界に旋風を巻き起こし、次世代スターを生んだ作品が2年ぶりに再演。豪華キャストが公開された。

民に崇められながらも、一人の人間として葛藤するジーザス役は2013年に同役を演じたマイケル・リーとパク・ウンテが務める。
マイケル・リーは、母国アメリカでは本作に400回以上出演してきただけあって、2013年公演で見せたパワフルな歌唱力と神々しいまでのカリスマ性は観客に衝撃を与えた。以降、現在に至るまで彼が韓国に拠点を移し、精力的に活動するきっかけとなった作品だけに、一段とグレードアップした姿を見せてくれそうだ。
対するパク・ウンテも俳優としてエポックメイキングとなった作品に再降臨する。彼曰く「作品に向かう意識が変わった」という本作では、繊細で悩めるジーザスの姿を体現して喝采を浴びていた。2013年公演以降『モーツァルト!』『フランケンシュタイン』そして『ジキル&ハイド』まで、1作ごとに逞しさを身に着けている彼が、改めてどんなジーザスを見せてくれるのか楽しみだ。

jcs3

(写真左から)ユダ役のハン・チサン、ユン・ヒョンリョル、チェ・ジェリム

一方、ジーザスを尊敬しながらも、その存在に失望し、破滅の道に突き進むユダ役にはハン・チサン、ユン・ヒョンリョル、チェ・ジェリムの3人が起用された。
前回の公演で、ジーザス役と両翼を担う人気を博したユダ役のなかでも、圧倒的な歌唱力で観客を沸かせたハン・チサンは約1年ぶりの舞台出演となる。ドラマ『バラ色の恋人たち』へのレギュラー出演など、近年は活動の幅を広げているなかで、満を持して再びユダ役を演じるとあって、さらなる注目を集めそうだ。
次に新ユダ役の一人となったユン・ヒョンリョルは『マリー・アントワネット』『アガサ』など、近年話題作にこの人アリ、と言えるほど、多彩な活躍を続けている。ヒールが上手い彼がどんなユダを見せてくれるのか期待が膨らむ。そして注目はもう一人の新ユダ役、チェ・ジェリム。日本版『レ・ミゼラブル』に出演するヤン・ジュンモが昨年初演出したオペラ『リタ』で、オペラ歌手顔負けの歌唱力が話題となっていた。過去には『ネクスト・トゥ・ノーマル』『スプリング・アウェイクニング』などに出演してきた彼が、新たな挑戦となるユダ役でどう化けるか注目したい。

jcs2

(写真左から)マリア役のイ・ヨンミ、チャン・ウナ、ハム・ヨンジ

ジーザスを慕い、苦悩する彼にひとときの安らぎを与えるマリア役には前回の公演でも同役を演じたチャン・ウナと、初挑戦となるイ・ヨンミ、ハム・ヨンジが挑む。なかでも『ラ・マンチャの男』『ヘドウィグ』など多数のミュージカルに出演してきたハスキーな声が魅力のイ・ヨンミは、元々はロックボーカリスト。昨年結婚、出産したことでマリアの豊かな母性を体現してくれそうだ。また、ハム・ヨンジはかつてYouTubeに投稿した映像がきっかけで天才ミュージカル少女と呼ばれていた逸材。『風と共に去りぬ』でスカーレット・オハラ役のオルタネートとしてデビューを果たした彼女が本格的にマリア役のキャストの一人として名を連ねることになる。

jcs4

(写真左から)ピラート将軍役のキム・テハンとチ・ヒョンジュンと、 ヘロデ役のキム・ヨンジュ

そのほか、ジーザスに引導を渡すピラート総督役にはキム・テハンとチ・ヒョンジュンが引き続き出演。また、2013年公演では男優が演じていたヘロデ王役を『ウィキッド』のマダム・モリブル、『マリー・アントワネット』のローズ・ベルタン役などで知られるベテラン女優、キム・ヨンジュが挑むというサプライズキャスティングも。煌びやかで突き抜けたキャラクターが上手い彼女だけに新しいヘロデを見せてくれそうだ。

演出はイ・ジナ、音楽スーパーバイザーにはミュージシャンのチョン・ジェイルと、前回の制作陣がそのまま再登板してさらなるグレードアップが期待される。6月公演分の第1次チケットは4月9日(木)午後2時より発売。4月30日までの購入で、韓国BCカードの決済限定だが30%OFFの初期購入割引が適用される。

jcsp【公演情報】
ミュージカル『ジーザス・クライスト・スーパースター』
2015年6月12日~9月13日 シャーロッテシアター
出演:マイケル・リー、パク・ウンテ、ハン・チサン、ユン・ヒョンリョル、チェ・ジェリム、イ・ヨンミ、チャン・ウナ、ハム・ヨンジ、キム・テハン、チ・ヒョンジュン、キム・ヨンジュ

演出:イ・ジナ、音楽スーパーバイザー:チョン・ジェイル、舞台デザイン:オ・ピリョン、衣装デザイン:ハン・ジョンイム

[REVIEW]思春期の混沌をアーティスティックに表現 演劇『飛行少年KW4839』

[REVIEW]思春期の混沌をアーティスティックに表現 演劇『飛行少年KW4839』

 

hikouA

開演前は空港にいるようなアナウンスが流れ、観客は飛行機に搭乗するような感覚に

『バンジージャンプする』『ヒストリー・ボーイズ』『メフィスト』『愉快な下女マリサ』『ステディ・レイン』『ピローマン』『背水の孤島』『RED』『洗濯(パルレ)』『木蘭姉さん』……近年手掛けた作品だけでも、ゆうに10作を超える舞台デザイナーのヨ・シンドン。斬新かつ独自の美学をもつ舞台デザインが高く評価され、受賞歴も多数。韓国公演界でひっぱりだこの存在だ。昨年ドゥサンアートセンターSpace111で上演した初演出作品『サボイ・サウナ』に続き、演出2作目となる『飛行少年KW4839』が6月13日~20日までペク・ソンヒ チャン・ミンホ劇場で上演された。

hikouB

劇場入口には鳥の巣箱のオブジェ。画面右側奥に偶然写っているのが作・演出のヨ・シンドン

国立劇団が5月から上演している青少年演劇シリーズの1作として上演された本作。劇場に入ると、プロジェクターやライティングを駆使して空間全体を空港~飛行機に搭乗するような演出がなされていた。搭乗客である観客を案内していた乗務員たちが制服を着替えて学生となって登場。11人の生徒たちは真面目なガリ勉キャラから、オタク系、不良少女に無気力キャラなど。それぞれのキャラクターを象徴するような小物が用意され、さすがは細部までディテールにこだわるヨ・シンドンらしさが随所に感じられた。
もっともユニークだったのは、青少年と大人の世代間ギャップを表現していた部分。ドイツ語で語る若者の告白に合わせ韓国語字幕つきのイメージ映像を出したり、さまざまな世代に最近の青少年について訊いたインタビューコメントを、老人⇒女学生が、主婦⇒男子学生が、という風に逆のジェンダーの俳優に完璧なリップシンクをさせて語らせていたシーンは大ウケしていた。だが、冒頭では女子高生がアニメキャラに扮して歌うなど明るい雰囲気で始まった芝居が、次第に一人一人の内面の告白へと移っていき、混沌としていくさまは、現代の若者像を見ているようだった。

hikouE

劇場に入ると、飛行機搭乗前の入国管理(?)ブースで俳優に年齢や職業、幼い頃の夢などをインタビューされる

そしてクライマックスは机に臥せってばかりいたある男子生徒がぽつりと語り始めた独白から始まる。
「私には限界が悩みです。私にとって限界という単語は、とても恐ろしい感じがします。私は自分に限界を感じようが、背後に限界を感じようが、どんな部分でも限界を感じたら、私は終わってしまうだろうと考えてきました。しかし、限界を認めてしまえばその程度のことだという話を聞いたときに、本当にバカなことを悩んでいたということを悟りました。まだ味わってもいない限界と悩みを急いで味わい、投げ捨てた自分自身が恥ずかしかったです」
このセリフを、一人、また一人と生徒たちが繰り返し輪唱しはじめ、最後は11人全員で力いっぱいに絶叫していくのだ。このシーンは圧倒的で、多くの観客が涙をぬぐう様子が見られた。パンフレットにあった演出家のインタビューを読むと、この作品は青少年向けに作ったという意識はそれほどなかったそうだが、若い世代のみならず、いまは大人になってしまった世代でも、かつては抱えていたはずの言葉にできない思春期の葛藤や混乱を呼び起こされるような感覚に陥ったようだった。

hikouC演出1作目『サボイ・サウナ』ではセリフはほとんどなく外国人俳優や全裸の男優をまるでオブジェのように登場させるなど、演劇というよりはインスタレーションやアートパフォーマンスに近いアプローチだったが、この2作目ではそこから一歩踏み込み、ドラマ性を持たせた作品になっていた。スタッフクレジットを見ると、『サボイ・サウナ』でも起用していた構成作家チョン・スジン、音楽監督チョン・ジェイルなど、過去にヨ・シンドンが手掛けた数々の話題作でともに作業した気鋭のスタッフがズラリ。わずか1週間程度の公演を、こうして贅沢に上演できる環境を羨ましく感じるとともに、演出3作目への期待がますます高まった公演だった。