チェ・ジュリ

[MUSICAL]カン・ピルソク、ユン・ヒョンリョル主演『阿娘歌(アランガ)』2月初演

[MUSICAL]カン・ピルソク、ユン・ヒョンリョル主演『阿娘歌(アランガ)』2月初演

 

aranga1

ケロ王役のカン・ピルソク(左)とユン・ヒョンリョル

2015年の「ソウルミュージカル・フェスティバル」で、新作ミュージカルの創作支援作“イェグリンアンコール”に選ばれた『阿娘歌(アランガ)』が2月、本公演に上がる。

『阿娘歌』は、2013年に日中韓米など全23カ国の37大学演劇教育機関が参加した「第2回アジア・シアター・スクール・フェスティバル」で最優秀作品賞を受賞。その後、CJ文化財団が実施している「CJクリエイティブマインズ」のリーディング公演作品に選ばれ、前述の「イェグリン・アンコール」作にも選ばれるなど、創作段階からミュージカル界で注目を浴びていた作品だ。

aranga2

ドミ役のイ・ユル(左)とコ・サンホ

物語は、高麗時代に編纂された、三国史記に収録されている「都彌説話(도미설화)」をベースに、百済を滅亡させることになる「蓋鹵(ケロ)王」が、夢の中で遭う、アラン(阿娘)の幻想にとらわれ、破滅へと向かう哀しく美しい物語だ。パンソリとミュージカルナンバーを融合させ、西洋と東洋音楽の調和を追及している点も興味深い作品だ。

aranga3

アラン役のチェ・ジュリ(左)とキム・ダへ

主要キャストはすべてWキャストとなっている。アランへの愛ゆえに破滅に至る悲劇の王、ケロ役を演じるのは現在『ストーリー・オブ・マイライフ』に出演中のカン・ピルソクと、『風と共に去りぬ』に出演中のユン・ヒョンリョル。アランの夫で、ケロ王と対立することになる百済の将軍ドミ役には『風月主』のイ・ユルと『明洞ロマンス』出演中のコ・サンホ。そして二人に愛されるアラン役は『女神様が見ている』のチェ・ジュリと、『無限動力』に出演中のキム・ダへが演じる。
また、高句麗の間者で、アランの幻影によってケロ王を惑わせ、戦争を起こそうとするドリム役を『ネクスト・トゥ・ノーマル』出演中のイ・ジョンヨルと、『ジーザス・クライスト・スーパースター』のキム・テハンが演じる。そのほか、ドミ、アランと共に生き、命がけで真実を明らかにしようとする少年サハン役にはミュージカル『君に光の速度で行く』に出演していたチェ・ソクジンとキム・ヒョンジン。劇中で導唱(ドチャン=パンソリで物語を解説する、ナレーター)となるパク・インへ、チョン・ジヘが引き受ける。

aranga4

ドリム役のイ・ジョンヨル(左)とキム・テハン

本作を創り上げたのは演劇の名門、中央大学で同期だったというキム・ガラム脚本家とイ・ハンミル作曲家。加えて、劇中に導唱として登場する国楽家の新鋭パク・インへがパンソリの作唱を担当して注目を浴びている。

演出は『ネクスト・トゥ・ノーマル』『ラブレター』『偉大なるキャッツビーRE:BOOT』などのミュージカルから、演劇『ピローマン』『私に会いに来て』などを手がけたビョン・チョンジュが務める。舞台美術パク・ドンウ、衣装アン・ヒョンジュなど、新人クリエイターの作品を支えるべく、百戦錬磨のベテラン制作陣が、大挙して参加して期待を集めている。

aranga5

サハン役のチェ・ソクジン(左)とキム・ヒョンジン

aranga6

導唱役のパク・インへ(左)とチョン・ジヘ

ミュージカル『あの日々』を大ヒットさせたマストエンターテインメントのプロダクションにより本公演をあげる『阿娘歌』は、2月14日~4月10日まで、忠武アートホール 中劇場ブラックで上演される。


arangaposter【公演情報】
ミュージカル『阿娘歌(アランガ)』(아랑가)
2016年2月14日(日)~4月10日(日)忠武アートホール 中劇場ブラック

<出演>
●ケロ王役:カン・ピルソク、ユン・ヒョンリョル
●ドミ役:イ・ユル、コ・サンホ
●アラン役:チェ・ジュリ、キム・ダへ
●ドリム役:イ・ジョンヨル、キム・テハン
●サハン役:キム・ヒョンジン、チェ・ソクジン
●ドチャン(導唱)役:パク・インへ、チョン・ジヘ

プロデューサー:チャン・サンヨン/脚本:キム・ガラム/作曲・音楽監督:イ・ハンミル/作唱:パク・インへ/演出:ビョン・チョンジュ/芸術監督・舞台:パク・ドンウ/振付:シン・ソンホ/音響:キム・ソンイク/照明:イ・ジュウォン/衣装:アン・ヒョンジュ/ヘアメイク:チョ・ヨンソン/小道具:オ・ハニ/舞台監督:キム・ギュソク

写真提供:マストエンターテインメント ©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。


<キャスト別ティーザー映像>

 

 

[MUSICAL]『女神様が見ている』熱気あふれる稽古場を公開!

[MUSICAL]『女神様が見ている』熱気あふれる稽古場を公開!

 

yo20150

北朝鮮兵士チャンソプ役のチェ・デフンとドンヒョン役のユン・ソッキョン

今年で4回目の再演を迎える名作ミュージカル『女神様が見ている』。6月20日の開幕を控えて、熱気のこもった稽古場の雰囲気が伝わってくる写真が公開された。
韓国ではタイトルを略して「ヨボショ」と呼ばれ愛されている本作、2015年版は新キャストを多数起用してリフレッシュを図っている。その一方で、物語をけん引する韓国軍兵士ハン・ヨンボム役には、すでに出演経験のあるキム・ジョング、チェ・ホジュン、イ・ジュニョク、チョ・ヒョンギュンが起用されるなど、要所要所では実力派をきっちりと配している印象だ。

yo20152

スンホ役のシン・ジェボム(左)とコ・ウンソン

観客にもっとも愛される純粋なキャラクター、スンホ役には昨年同役に初挑戦し、好評を得たSUPER JUNIORのリョウクと2013年公演に出演していたパク・ジョンウォン。そして新キャストにシン・ジェボムとコ・ウンソンが出演する。
シン・ジェボムは2012年に『ビリー・エリオット』などに出演した子役を集めて上演したミュージカル『13(Thirteen)』に主演経験のあるニューカマー。そしてコ・ウンソンは長年『グリース』で主人公デニー役を演じてきた二枚目俳優だ。

そのほか、今回初参加となったのは『キンキーブーツ』の靴工場工員ドン役や、『ブラッド・ブラザーズ』『壁抜け男』などの大型ミュージカルで存在感を見せていたシム・ジェヒョンが北朝鮮の兵長チャンソプ役に。ヨンボムの部下ソック役には『死の賛美(グルーミーデイ)』『ビースティ・ボーイズ』のイ・ギュヒョンと、『飛べ!パクさん』などに出演した新鋭ソン・ユテク。そして、女神様とのダンスシーンが印象的なジュハ役には『TRACE U』『マイ・バケット・リスト』のイ・ジホと『スペシャル・レター』『洗濯(パルレ)』などに出演してきたユ・ジェユン。寡黙で上官チャンソプの命令に忠実なドンヒョン役に『マン・オブ・ラ・マンチャ』でラバ追いの男や国軍ミュージカル『プロミス』に出演したユン・ドンヒョンが初起用された。これまで多数の人気俳優を輩出してきた本作だけに、無限の可能性を秘めた新キャストの活躍に注目したい。
さらに、『キム・ジョンウク探し』『若きウェルテルの悩み』など多数の人気ミュージカルでヒロインを務めてきたチェ・ジュリが女神様として加わったことで、韓国の観劇ファンも実力を認める新たな女神様の誕生に期待が寄せられている。

今年は劇場を大学路のユニプレクスに移し、セットのリニューアルや、演出にも変化を加えるとのことで、より一層新鮮な印象になることが予想される。これまで韓国で観劇済みの人や、昨年の日本公演を見た人も新たに楽しむことができる『ヨボショ』になりそうだ。
韓劇.comでは、日本の観客限定の割引価格で購入できる、スペシャルコラボチケットも発売中(⇒詳細)。屈指の名作創作ミュージカルを、今年も韓国の劇場で堪能してほしい。

yo20153

スンホ役のパク・ジョンウォン

yo20154B

ジュハ役のユ・ジェユン

yo20155

チェ・デフン、シン・ジェボムがパク・ソヨン演出家(右)と相談中

yo20156

ソック役のイ・ギュヒョン

yo20159

スンホ役のコ・ウンソン

yo201511

ソック役のソン・ユテク

yo201512

女神様役のチェ・ジュリ(中)とスンホ役のパク・ジョンウォン

yo201513

ドンヒョン役のユン・ソッキョン

yo20150A yo20151 yo20154 yo20154A yo20157 yo20158 yo201510


yobosho2【公演情報】
ミュージカル『女神様が見ている』(여신님이 보고 계셔)
2015年6月20日~10月11日 大学路ユニプレクス1館

出演:ハン・ヨンボム役:キム・ジョング、チェ・ホジュン、イ・ジュニョク、チョ・ヒョンギュン
リュ・スンホ役:リョウク、パク・ジョンウォン、コ・ウンソン、シン・ジェボム
イ・チャンソプ役:チェ・デフン、シム・ジェヒョン
シン・ソック役:イ・ギュヒョン、ソン・ユテク
チョ・ドンヒョン役:ユン・ソッキョン、ユン・ドンヒョン
ピョン・ジュハ役:イ・ジホ、ユ・ジェユン
女神様役:ソン・ミヨン、チェ・ジュリ

プロデューサー:ユ・インス/演出:パク・ソヨン/脚本・作詞:ハン・ジョンソク/作曲:イ・ソンヨン/音楽監督:ヤン・ジュイン/アクション監督:クァク・ゴウン

写真提供:ヨヌ舞台 ©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。