ソウル・ミュージカル・フェスティバル

[MUSICAL]「ソウル・ミュージカル・フェスティバル」イェグリン・アワード発表

[MUSICAL]「ソウル・ミュージカル・フェスティバル」イェグリン・アワード発表

 

smf18月17日から24日まで開催している、韓国創作(オリジナル)ミュージカルの祭典、第4回「ソウル・ミュージカル・フェスティバル」(以下「SMF」)で、この1年に上演された創作ミュージカルの出演者や制作者に贈られる「イェグリン・アワード」の受賞結果が発表された。

創作ミュージカルの成長と発展を応援しようと始まった「イェグリン・アワード」。“イェグリン(예그린)”という名前の由来は、韓国で1961年に制作され、創作ミュージカル的作品の第1号作品とされている『サルチャギオプソイェ(살짜기옵서예)』(※済州島の古い方言で「こっそりいらして」という意味)を上演した「イェグリン楽団」からきているという。

今年の「イェグリン・アワード」は韓国ミュージカル協会に所属している団体により、昨年8月から今年7月までにソウルで上演された候補作品のなかから選定された。今年は、5部門を新設し、計11部門の賞が設けられている。

yegurin1

今年の新人賞ルイス・チョイ(左)と今年の俳優賞ユ・ジュンサン

yegurin2

『小人たち』(写真上)/『あの日々』(写真中)/『ママ、ドント・クライ』(写真下)

受賞者/受賞作は以下の通り。

<総合部門>
■イェグリン賞: ソン・スンファン PMCプロダクション芸術総監督

<作品部門>
■革新賞: 『小人たち』(난쟁이들)
■興行賞: 『あの日々』(그날들)
■リメイク賞: 『ママ、ドント・クライ』(마마 돈 크라이)
■アシテジ(ASSITEJ)賞(青少年劇部門): 『さっとやってガオー!』(뚝딱하니 어흥!)

<俳優部門>
■今年の俳優賞: ユ・ジュンサン『あの日々』(그날들)
■今年の新人賞: ルイス・チョイ『ファリネッリ』(파리넬리)

<スタッフ部門>
■クリエイティブ賞: ファン・ミナ作曲家/イ・ジヒョン脚本家『小人たち』(난쟁이들)
■デザイナー賞: チョン・ジェジン映像デザイナー『神とともに』(신과 함께)

総合部門では世界的にも知られる『ナンタ』を生んだPMCプロダクションのソン・スンファン代表が選ばれた。『兄弟は勇敢だった』『恋の駆け引きの誕生』『小人たち』などの創作ミュージカルに加え、子供向けミュージカルなども長年制作してきた功労が称えられた。
興行賞、そしてユ・ジュンサンが今年の俳優賞を受賞した『あの日々』は、伝説のフォーク歌手、キム・グァンソクの楽曲をベースに、人気スターたちの競演が老若男女に愛され、多くの観客を引き付けた。『キム・ジョンウク探し』『兄弟は勇敢だった』などを生んだヒットメーカー、作・演出のチャン・ユジョンがまたしても興行記録を更新した作品となった。また、過日発表された「ザ・ミュージカルアワーズ」で男優新人賞を受賞したルイス・チョイが、またしても新人賞を受賞する快挙を成し遂げている。

そして革新賞、クリエイティブ賞を受賞した『小人たち』は、昨年「SMF」の創作ミュージカルショーケースで上演され、今年の本公演に至った「SMF」が創り上げた作品だけに、制作者たちの頑張りが評価されたことになる。
「SMF」の最終日、24日に行われる表彰式では、「俳優が選んだスタッフ賞」「スタッフが選んだ俳優賞」の2部門が、当日サプライズとして発表されるとのこと。

昨年まで「SMF」は忠武アートホールをメイン会場にしたフェスティバルだったが、今年からはソウル市のイベントとして規模を拡大。東大門一番の新名所、東大門デザインプラザ(DDP)で開幕ガラショーを行うなど、市民参加型の催しも多数実施して創作ミュージカルへの門戸を開こうとしている。今年の受賞者/作品が広く注目を集めることで、さらなる飛躍が期待される。

[MUSICAL]ミュージカルを映画で楽しむ!「忠武路ミュージカル映画祭」8月開催

[MUSICAL]ミュージカルを映画で楽しむ!「忠武路ミュージカル映画祭」8月開催

 

CHIMFFposter今年から、より市民参加型への拡張を目指している韓国創作ミュージカルの祭典「第4回ソウル・ミュージカル・フェスティバル」(⇒紹介記事)と同時開催で、ミュージカル映画を特集上映する「忠武路ミュージカル映画祭 フリーフェスティバル(CHIMFF 2015)」が8月21日から3日間開催される。

「ソウル・ミュージカル・フェスティバル」でもメイン会場となっている忠武アートホールの主幹で開催されるこの映画祭は、来年から第1回の本格始動を前に、今年は“フリーフェスティバル”のスタイルで試験的に行われる。
なかでも、日本の新国立競技場のデザイナーとしても知られるザハ・ハディドがデザインし、東大門市場の新たな観光スポットとなっている東大門デザインプラザ(DDP)の屋外広場で上映される作品は、独特の建築空間を生かした上映となる模様だ。

映画祭への参加方法、詳細は現時点では未定のため、今後発表される情報は公式SNSで確認を。

<上演作品とスケジュール>
8月21日(金)
●19:30~「異国庭園」(이국정원 Love with an Alien, 1958)@忠武アートホール大劇場
●20:00~「グリース」(Grease, 1978)@DDPオウリム広場
●24:00~翌7:00(オールナイト上映)@東大門メガボックスM館
「ヘアスプレー」(Hairspray, 2007 115分)
「オペラ座の怪人25周年記念ライブ公演」(The Phantom of the Opera at the Royal Albart Hall, 2012 160分)
「シンギン・イン・ザ・レイン」(Singin’ in the rain, 1952 103分)

8月22日(土)
●13:00~『シンギン・イン・ザ・レイン』@忠武アートホール大劇場
●13:00~『RENT』(RENT, 134分)@忠武アートホール中劇場ブラック
●15:30~『ヘアスプレー』@忠武アートホール大劇場
●16:00~ フォーラム『美女はつらいの』@忠武アートホール中劇場ブラック
●20:00~『ヘアスプレー』@忠武アートホール大劇場
●20:00~『オペラ座の怪人25周年記念ライブ公演』@忠武アートホール中劇場ブラック
●20:00~『イントゥ・ザ・ウッズ』(Into the Woods, 2014 125分)@DDPオウリム広場
●24:00~翌7:00(オールナイト上映)@東大門メガボックスM館
『ジャージー・ボーイズ』(Jersey Boys, 2014 134分)
『ファントム・オブ・パラダイス』(The Phantom of the Paladise, 1974 92分)
『ヘアスプレー』

8月23日(日)
●11:00~ Sing-along CHIMFF 『アナと雪の女王』(Frozen, 2013 102分)@忠武アートホール中劇場ブラック
●13:00~『ファントム・オブ・パラダイス』@忠武アートホール大劇場
●16:00~『ジャージー・ボーイズ』@忠武アートホール大劇場
●19:00~『オペラ座の怪人25周年記念ライブ公演』@忠武アートホール大劇場
●20:00~『オペラ座の怪人25周年記念ライブ公演』@DDPオウリム広場
●16:00~『晩秋』を読む(シナリオリーディング公演)@忠武アートホール中劇場ブラック

※上映作品、時間は予定です。主催者の都合により変更になる場合があります。


【公演情報】
「忠武路ミュージカル映画祭 フリーフェスティバル(CHIMFF 2015)」
2015年8月21日~24日 忠武アートホール/東大門デザインプラザ(DDP)オウリム広場/東大門メガボックスM館

●公式Facebook⇒ https://www.facebook.com/chimff
●公式TWITTER⇒ https://twitter.com/chimff
●公式INSTAGRAM⇒ https://instagram.com/chimff

写真提供:CHIMFF2015 ©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。

[MUSICAL]K-Musicalの祭典「ソウル・ミュージカル・フェスティバル」8月開催

[MUSICAL]K-Musicalの祭典「ソウル・ミュージカル・フェスティバル」8月開催

 

smf1ソウルを代表する文化フェスティバルであり、創作ミュージカルの祭典である「ソウル・ミュージカル・フェスティバル(Seoul Musical Festival)」(以下SMF)の開幕記念式が、7月27日に忠武アートホールで開催された。

式典ではチェ・チャンシク名誉組織委員長をはじめ、韓国ミュージカル協会会長でもあるパク・ミョンソン組織委員長(シンシカンパニー代表)、創作ミュージカルの第1号作品とされる『こっそりいらして(サルチャギオプソイェ/살짜기 옵서예)』を演出した、劇団サヌリムのイム・ヨンウン代表、ソン・スンファンPMCプロダクション代表など、韓国ミュージカル界の重鎮が挨拶に立った。

smf3

チェ・チャンシクSMF名誉組織委員長(左)、韓国ミュージカル協会会長パク・ミョンソン(中)、劇団サヌリム代表イム・ヨンウン(右)

昨年までは、ソウル市中区にある忠武アートホールをメイン会場に行われていたが、4回目を迎える今年はソウル市のイベントとして規模を拡大。忠武アートホールに隣接する東大門市場の新たな観光名所となっている東大門デザインプラザ(DDP)も会場となり、“ミュージカルよりもっと面白いフェスティバル”をテーマに、観客や市民参加型イベントを増やして、創作ミュージカル=K-Musicalの魅力をアピールしていくという。
コンサートやショーケース公演、業界・関係者向けのミュージカルマーケットやワークショップに、忠武アートホール1階ギャラリーでは、ラジオ番組のように曲とトークでミュージカルの魅力を感じられる活動を続けている「Studio Musical」ブースの設置など、会期中は多角的なイベントが準備されている。

smf4

ミュージカル『アリラン』に出演中のソリクン、イ・ソヨン

開幕記念式では、今年もっとも注目を集めている2つの創作ミュージカルの祝賀公演も行われた。オープニングに登場したのは、今年の新作のなかでは最大の制作規模をほこる『アリラン』(9月5日までLGアートセンターで上演)に出演中のソリクン(パンソリの歌い手)のイ・ソヨン。パンソリには欠かせない鼓手(コス)を国立唱劇団のイ・グァンボクが務め、『アリラン』の劇中にも登場するパンソリ『四節歌(サチョルガ/사철가)』を歌い上げた。そして式典の会場となった中劇場ブラックで上演中の『ヴィンセント・ヴァン・ゴッホ』に出演しているキム・ギョンスとソ・スンウォンが、ゴッホとテオ兄弟を演じて劇中のダイジェストを披露してクロージングを華やかに締めくくった。

smf5

『ヴィンセント・ヴァン・ゴッホ』に出演中のキム・ギョンス(左)とソ・スンウォン(右)

また、「SMF」と同時開催で、「第33回アジア文化芸術振興連盟(FACP)総会」と「忠武路ミュージカル映画祭 フリーフェスティバル(CHIMFF 2015)」も行われる。「FACP」はアジア13カ国の参加国から公演関係者が集まり、カンファレンスや交流を通して発展を模索するために設立された連盟。今年ホスト国となった韓国では、ミュージカルをテーマにPMCプロダクションのソン・スンファン代表や、劇団四季の小澤泉・前社長らが講演する予定だ。一方、今年から新たに始まる「忠武路ミュージカル映画祭」(8月21日~24日)では、名作ミュージカル映画から、ブロードウェイ作品の映像、韓国創作ミュージカルの映像を観覧できる、今年新設された映画祭だ。(CHIMFF 2015については別記事で詳しく解説)

smf6

昨年のフリーマーケットと公演グッズ販売ブースの様子 写真提供:SMF

「SMF」で一般観客が参加・観覧できるおもなイベント/公演は以下の通り。

●「開幕ガラショー」 8月19日(水)午後8時 会場:東大門デザインプラザ
●「イェグリンアンコール」(新作ミュージカルショーケース公演)会場:忠武アートホール 小劇場ブルー
『私は朝鮮のアイドルだ』8月19日(水)午後7時 出演:ソ・ドンジン、チョン・ダニョンほか
『レッド・シューズ』 8月21日(金)午後7時 出演:キム・チャンホ、ユ・ビョンジンほか
『阿娘歌(アランガ)』8月23日(日)午後7時 出演:パク・インベ、イム・ヒョンスほか
●ビョン・ヒソクの「Come Together」(トーク/コンサート)8月21日(金)午後8時 会場:忠武アートホール 中劇場ブラック MC:ビョン・ヒソク音楽監督、チョ・ヒョンギュン
●チョン・ヨンジュの「オークションコンサート」(俳優の私物オークション)8月23日(日)午後5時 会場:忠武アートホール 中劇場ブラック MC:チョン・ヨンジュ
●ミュージカル・フリーマーケット(公演グッズ、MDのフリーマーケット) 8月21日(金)午後4時~9時/22日(土)午後3時~9時 会場:忠武アートホール野外広場
●食べ物市場 8月20日(木)~23日(日)午後4時~10時 忠武アートホール野外広場 (※シェフとしても人気のタレント、ホン・ソクチョン監修のスペシャルメニューが食べられる屋台が限定オープン)

smf7

制作関係者、俳優、学生たちなど開幕記念式参加者全員で記念撮影


smf2【公演情報】
「第4回ソウル・ミュージカル・フェスティバル」(제4회 서울뮤지컬페스티벌)
2015年8月17日~24日 忠武アートホール/東大門デザインプラザ(DDP)ほか

●公式サイト⇒http://www.seoulmusicalfestival.kr/
●公式Facebook⇒https://www.facebook.com/seoulmf2012
●公式NAVERブログ⇒http://blog.naver.com/smf2012

©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。