スウィーニー・トッド

[MUSICAL]韓国版『スウィーニー・トッド』共同制作プロジェクトで2016年待望の再演!

[MUSICAL]韓国版『スウィーニー・トッド』共同制作プロジェクトで2016年待望の再演!

 

2016sweeneyposterスティーヴン・ソンドハイムの最高傑作との呼び声高いミュージカル『スウィーニー・トッド』が“共同制作プロジェクト”という斬新な制作方式で2016年、新しい姿で韓国に戻ってくる。

『ジキル&ハイド』をはじめとする多くの作品をヒットさせてきたOD MUSICAL COMPANY(以下OD)のシン・チュンス代表。そして、2007年に『スウィーニー・トッド』を韓国初演したほか、『スリル・ミー』『スプリング・アウェイクニング(春のめざめ)』『ネクスト・トゥ・ノーマル』など、革新的な作品を韓国に紹介してきた前MUSICAL HEAVEN代表で、現在A-LIST CORPORATION(以下A-LIST)の公演事業部門代表を務めるパク・ヨンホという、長年韓国ミュージカル界をけん引してきた大物プロデューサー二人が手を結ぶ。

2016年の再演では、まず1stシーズンをODのシン代表がリードプロデューサーとなって上演し、以降の2ndシーズンをA-LISTのパク代表がプロデューサーを務めるという。ともに業界のパイオニア的存在でありながら、制作スタイルや作品の嗜好はまったく正反対と言っても過言ではない二人が、ひとつの作品を2バージョンで上演するという画期的な企画は、米ブロードウェイや、英国ウエストエンドでも前例を見ない特異なプロジェクトだ。停滞している韓国ミュージカル界のカンフル剤となるのは間違いなく、ミュージカルファンならずとも興味を掻き立てられる試みだ。

『スウィーニー・トッド』は、ミュージカル界の生ける伝説、スティーヴン・ソンドハイムの作詞・作曲により1979年に初演。ベストミュージカル賞を含むトニー賞8部門とドラマデスク賞9部門を総なめした作品だ。韓国初演となった2007年公演は、リュ・ジョンハンとヤン・ジュンモのW主演で上演され、観客、論壇ともにその年最高のミュージカルの称号を欲しいままにして伝説の公演となっている。
物語の舞台は19世紀英国。妻と娘を愛する平凡な理髪師だったベンジャミン・パーカーが、ある悪徳判事の策略により無実の罪で投獄。15年もの間刑務所暮らしを強いられた彼は、出所後にスウィーニー・トッドと名を変えて復讐の鬼と化すサイコサスペンスだ。2007年にティム・バートン監督、ジョニー・デップ主演で映画化された『スウィーニー・トッド~フリート街の悪魔の理髪師』でこの作品世界を知る人も多いだろう。

まず、1stシーズンを演出するODシン代表は、ブロードウェイとウエストエンドで精力的に活躍しているエリック・シェーファーを演出に起用した。エリック氏はスティーブン・ソンドハイムと『スウィーニー・トッド』を制作してきたほか、『レ・ミゼラブル』『キャバレー』『マイ・フェア・レディ』『イン・トゥ・ザ・ウッズ』など数々の名作を手掛けた人物。現在芸術監督を務める米・ヴァージニア州のシグネチャーシアター(Signature Theater)を通してさまざまな作品を発表している。大型ライセンス作品のプロデュースには定評のあるシン代表と、ソンドハイム作品の魅力を知り尽くした演出家の出会いにより、どのような作品が誕生するのか期待が膨らむ。

再演を待ち望んでいたファンはもちろん、多くの舞台ファンや関係者も注目の2016年『スウィーニー・トッド』韓国版共同制作プロジェクトは来年6月、シャーロッテシアターの上演からスタートだ。


【公演情報】
ミュージカル『スウィーニー・トッド』(스위니 토드)
2016年6月~10月 シャーロッテシアター

作曲:スティーヴン・ソンドハイム/演出:エリック・D・シェーファー/音楽監督:ウォン・ミソル
プロデューサー:シン・チュンス(OD MUSICAL COMPANY)、パク・ヨンホ(A-LIST CORPORATION)

写真提供:OD MUSICAL COMPANY ©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。

さいきいずみの「韓劇日誌」Vol.1

さいきいずみの「韓劇日誌」Vol.1

 

「何見る!? 2014韓国ミュージカル」

DSC_0155

豪華キャストが勢ぞろい!ミュージカル「フランケンシュタイン」

2014公演ラインナップmusical1

 

Facebookでは先行公開しておりました、今年の韓国ミュージカルラインナップです。画像をダウンロードして今年の観劇計画に役立てていただければと思います。

※無断転載、商用利用はご遠慮ください。また、表中の日程は確定したものではありませんのでご注意ください。

2013年に比べると作品数減。大型作品の新作は数えるほどしかありません。海外ライセンスの新作はEMKの「太陽王」「マリー・アントワネット」と、フランス王宮ものが目立っている一方、「プリシラ」「キンキーブーツ」というドラァグクイーンが主人公の作品が面白そうです。今年は「ヘドウィグ」「ラ・カージュ」の再演もありますので、何気に“綺麗なお兄さん(オネエさん?)”がたくさん観れる1年ですね。

韓国オリジナル作品は何と言っても「フランケンシュタイン」がキャスティング、制作規模ともに群を抜いた豪華さです。あとは作品自体のクオリティが高ければ、韓国から海外に向けて本格発信できる大型ミュージカルの先駆となれるでしょう。中、小劇場作品では「シャーロック・ホームズ2~ブラッディ・ゲーム」「共同警備区域JSA」は必見作。「~ホームズ」はパート1の日本版が2月に上演されたのでご覧になった方も多いはず。パート2は“切り裂きジャック”の話がベースになっています。「~JSA」は昨年のトライアル公演を好評に終え、劇場サイズを格上げして早くも本公演化。予習したい方は舞台版とは若干違いますが、イ・ビョンホン、ソン・ガンホらが主演した、パク・チャヌク監督の映画「JSA」(2000年)を観てお出かけください。

2014公演ラインナップmusical2再演作品では「スウィーニー・トッド」がもっともホットな話題を提供しています。初めて韓国ミュージカルの演出を手掛ける宮本亜門さんが、オーディションを実施し、「やはり声が生半可じゃない!」と韓国俳優を絶賛するツイートをされるほど。豪華キャスト発表を楽しみにしておきましょう。

そして、10年ぶりの「ブラッド・ブラザーズ」、6年ぶりの「ギャンブラー」(偶然2作とも過去にイ・ゴンミョンさんが出演)や、5年ぶりの「思春期」、かつてはこの作品がMミュージカルの代表作だった「愛は雨に乗って~サ・ビ・タ」が3年ぶりにカムバック、など久々の再演作品も気になります。また、昨年から制作予定に入っていた「嫌われ松子の一生」や今年新たにラインナップに入ってきた「ナミヤ雑貨店の奇蹟」、そして2年ぶりに再演する「深夜食堂」など、日本原作の作品は、ストーリーをご存知の方も多いと思いますので、韓国語のセリフがまだ聞き取れなくても楽しめるのではないかと思います。

すでにリピーターの方も多いですが、韓国ミュージカルは情熱的な俳優とノリの良い観客たちと一緒に楽しめる本場韓国で観るのが断然楽しいです。まだ韓劇デビューしていない方は、思い切って飛んでいらっしゃることをおすすめします!

 

コラム第2回→