シン・ウィジョン

[MUSICAL]大ヒット作が華麗なる帰還!『キンキーブーツ』2016キャスト発表!

[MUSICAL]大ヒット作が華麗なる帰還!『キンキーブーツ』2016キャスト発表!

 

2016kinky1

(写真左から)チャーリー役のイ・ジフン、キム・ホヨン  ローラ役のチョン・ソンファ、カン・ホンソク

2013年のブロードウェイ初演が成功をおさめ、トニー賞やオリビエ賞など多数のアワードをを受賞。ブロードウェイ初演からCJ E&Mが共同プロデュースとして参加し、新たなミュージカル制作のスタイルを開拓した『キンキーブーツ』。2014年に制作陣をそのままに、人気俳優を揃えて上演した韓国版も驚異的な動員を記録して、ミュージカル界に新風を巻き起こした作品だ。
約1年半ぶりの再演にあたり、ニューフェイスを多数揃えた2016年キャストが発表された。

親から譲り受けた倒産寸前の靴工場を経営するチャーリー役には、イ・ジフンとキム・ホヨン。ともに、ミュージカル『ラ・カージュ(オ・フォール)』や『プリシラ』で、美しい女装を披露していた二人だが、今作ではドラァグクイーンのローラとともに、きらびやかなブーツ制作に挑む青年経営者として、凛々しい姿を舞台で見せてくれそうだ。

ブーツ制作のアイデアを提供し、靴工場を経営難から救うことになるドラァグクイーンのローラ役には、チョン・ソンファとカン・ホンソク。韓国版『レ・ミゼラブル』ではジャン・バルジャンを初演から演じ、勇壮な歌声を聴かせていたチョン・ソンファだが、『ラ・カージュ』で演じたゲイカップルの主人公エルヴィン役は絶品で、フェミニンな演技も得意とするだけに、ハマり役となるのは間違いない。そして、韓国初演でソウルフルな歌声とともにローラ役を完璧にこなして話題を呼び、同年度の「ザ・ミュージカル・アワード」主演男優賞も受賞。一気に役者としての株を上げたカン・ホンソクのカムバックは初演からのファンには朗報だ。

2016kinky2

靴工場の現場を仕切り、ローラと敵対するドン役には初演で同役を演じたコ・チャンソクとシム・ジェヒョンのWキャスト。唯一無二のキャラクターと味のある演技が光るコ・チャンソクに対し、若手ながらどっしりとした重厚感を見せるシム・ジェヒョンと、対照的な個性を今年も堪能できそうだ。

靴工場の再生のため、チャーリーを支えるスマートな女子社員ローレン役には、結婚・出産後、昨年から活動を再開し『風と共に去りぬ』『エドガー・アラン・ポー』などの大作で存在感あるヒロイン像を披露していたキム・ジウ。チャーリーの長年の恋人であるローレン役にはシン・ウィジョンと、今年は女性キャストがそれぞれシングルキャストで登場する。

2016kinky3

(写真上段左から)エンジェル役のキム・ジュンレ、ウ・ジウォン、クォン・ヨングク (写真下段左から)ソン・ユテク、ハン・ソンチョン、パク・ジンサン

また、韓国初演時に大きな人気を博したのがローラのドラァグクイーン仲間として登場する「エンジェル」たち。今回は初演メンバーである、キム・ジュンレ、ウ・ジウォン、クォン・ヨングク、ソン・ユテク、ハン・ソンチョンに加えて、ミュージカル『ニュージーズ』への出演を通じて実力を認められたB-BOYグループ、フュージョンMC出身のダンサー、パク・ジンサンが起用された。美麗な容姿とキレのあるダンスで、物語を盛り上げてくれる彼らの活躍に期待したい。

7月に行われる日本版では三浦春馬と小池徹平が主演し、さらに作品への注目度が上がるのは必至だ。実話を基にした感動的なストーリーと、シンディー・ローパーが手掛けたポップな楽曲。ブロードウェイの一流制作陣による舞台や衣装が堪能できる『キンキーブーツ』は9月2日から11月13日まで、ブルースクエア サムソン電子ホールで上演。1次チケットは6月27日より発売開始される。


2016kinkyposter【公演情報】
ミュージカル『キンキーブーツ』(킹키부츠)
2016年9月2日~11月13日 ブルースクエア サムソン電子ホール

<出演>
●チャーリー役:イ・ジフン、キム・ホヨン
●ローラ役:チョン・ソンファ、カン・ホンソク
●ローレン役:キム・ジウ
●ドン役:コ・チャンソク、シム・ジェヒョン
●二コラ役:シン・ウィジョン
●エンジェル役:キム・ジュンレ、ウ・ジウォン、クォン・ヨングク、ソン・ユテク、ハン・ソンチョン、パク・ジンサン

脚本:ハーヴェイ・フィアスタイン/作詞・作曲:シンディー・ローパー/演出・振付:ジェリー・ミッチェル/原作:ジェフ・ディーン&ティム・ファース/音楽スーパーバイザー:ステファン・オレムス/協力演出:ディヴィ・ボンズ/協力振付:ラスティ・モワリー/協力音楽スーパーバイザー:ウィル・ヴァン・ダイク/

写真提供:CJ E&M ©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。


<スポット映像>

<メインキャストインタビュー>

<エンジェル役インタビュー>

[PLAY]三谷幸喜原作『酒と涙とジキルとハイド』韓国版上演!

[PLAY]三谷幸喜原作『酒と涙とジキルとハイド』韓国版上演!

 

saketonamidato1
『笑の大学』『君となら』など、韓国でも人気の高い三谷幸喜作品。新たに『酒と涙とジキルとハイド』作品の上演が決まり、注目のキャストが発表された。

saketonamidato4

作・演出の三谷幸喜と、2014年日本公演の様子 Photo by Takajiro Watanabe ©2015 HORIPRO INC

『酒と涙とジキルとハイド』は、韓国ではミュージカルが大人気の『ジキル&ハイド』の基になった、ロバート・ルイス・スティーヴンソンの小説を原作に、三谷幸喜が戯曲を書き下ろし、演出も務めて2014年に上演した作品。
原作小説ではジキル博士が善と悪に人格を分ける新薬の開発に成功し、ストーリーが展開していくが、本作では新薬の学会発表を控えていたものの、薬がまったく効かないことに気づいたジキル博士が、急遽悪の人格「ハイド」を演じる無名の俳優ビクターを雇い……という、古典や歴史ものをベースにオリジナルのコメディに仕上げるのが上手い三谷らしい作品になっている。
⇒2013年公演公式ページ(東京芸術劇場)
日本オリジナル版では、三谷作品の常連になりつつある歌舞伎俳優の片岡愛之助や藤井隆、そして本作で舞台初挑戦となった優香が出演して話題を呼んだが、韓国版も魅力的なキャストが揃った。

saketonamidato2

ジキル博士役のチョン・ウンイン(左)とチェ・ウォニョン

主人公のジキル博士役にはテレビ、映画でも活躍するチョン・ウンインとチェ・ウォニョンがWキャストで出演する。
なかでもチョン・ウンインは韓国版『笑の大学』で台本の検閲官を長年演じており、三谷作品の魅力を熟知しているはず。近年ではドラマ『君の声が聞こえる』の強烈な悪役キャラが話題となったが、『家門の栄光』シリーズなど映画ではコメディに多数出演している人だけに、今回も間違いない演技を見せてくれそうだ。
一方、最近はドラマ、映画でアクの強いキャラクターを多数演じてシーンスティーラーと呼ばれているチェ・ウォニョンは、6年ぶりに演劇舞台に立つ。スマートなルックスながらトボけたコミカルなキャラクターも上手い彼が、ジキル博士をどう演じるか期待したい。

saketonamidato3

(写真左から)助手プール役のソ・ヒョンチョルとパク・ドンウク、恋人イヴ(ハイジ)役のシン・ウィジョン、俳優ビクター役のイ・シフン

ジキル博士の助手プール役には、ソ・ヒョンチョルとパク・ドンウクがWキャストで演じる。ミュージカル『あの日々』をはじめ、数々の舞台に出演し、精力的な活動を続けているソ・ヒョンチョルは『笑の大学』『君となら』に続き、韓国で上演する三谷作品にフル出演となるコメディの達人。一方のパク・ドンウクは『海霧』『インディアブログ』『インサイド・ヒマラヤ』など、劇団ヨヌ舞台制作の演劇作品に出演を続け、演技を磨いてきた若手注目株だ。
そして、ジキル博士の恩人、ダンヴァ―ス博士の娘イヴを演じるのはシン・ウィジョン。2012年のミュージカル『ジキル&ハイド』ではヒロインのルーシー役を演じた彼女だが、昨年は劇団配達サービスカンダの『暑い夏』で演劇に本格初挑戦して安定した演技を披露し、注目を浴びていた。また、ジキル博士に悪の化身となるよう仕込まれる俳優ビクター役は、『秋の蛍』『ぼくに炎の戦車を』など韓国では鄭義信作品の常連としても知られる若手演技派のイ・シフンが演じる。

圧倒的なコメディセンスと確かな演技力をもつ面々が揃い、期待を倍増させられる『酒と涙とジキルとハイド』は、5月1日から大学路のトンスンアートセンターで開幕する。


saketonamidatoposter【公演情報】
演劇『酒と涙とジキルとハイド』(술과 눈물과 지킬앤하이드)
2015年5月1日~7月5日 トンスンアートセンター トンスンホール

出演:チョン・ウンイン、チェ・ウォニョン、ソ・ヒョンチョル、シン・ウィジョン、イ・シフン、パク・ドンウク

プロデューサー:ホン・ギユ/演出:チョン・テヨン/脚本:三谷幸喜/翻訳:キム・テヒ/助演出:キム・イスル/舞台:シン・ジョンハン/衣装:チョ・ムンス/照明:イ・ジュウォン/音楽:イ・ヨンべ/小道具:イム・ジョンスク/扮装:イム・ヨンヒ

チケットはインターパークで発売中

写真提供:赤道 ©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。

[MUSICAL]末っ子ヒョンジュン&キボム兄弟出演「カフェイン」2年ぶりの再演!

[MUSICAL]末っ子ヒョンジュン&キボム兄弟出演「カフェイン」2年ぶりの再演!

 

 同じひとつのカフェに時間差で働いていたバリスタのセジンとソムリエのジミンの恋を、コーヒーとワインのように薫り高くビターな台詞でつづるロマンチック・コメディ『カフェイン』が2年ぶりに再演される。2008年から上演され、デートにピッタリな大学路定番の小劇場ミュージカルとして愛されてきた作品は、昨年アミューズミュージカルシアターでも上演されてご存知の方も多いはず。俳優の個性と魅力がダイレクトに伝わる男女2人劇である『カフェイン』の2014年版には人気歌手、俳優の名前が並ぶ歴代最強!? との呼び声高いキャストが揃った。

[トォニ菎ホ] 조성모-현우-김형준

ジミン役:チョ・ソンモ、ヒョヌ、キム・ヒョンジュン(末っ子)

恋も仕事も常に自信満々で恋愛上手。ワインを学ぶために昼間は留学の準備をし、夜はソムリエとして働くジミン役にはなんと6人がキャスティングされた。

cafein2

ジミン役:ソ・ハジュン、アレン・キボム、チャンミン(2AM)

『光化門恋歌』『ヨセフ・アメージング』などでミュージカルの舞台にも立ってきた歌手チョ・ソンモに、ドラマ「パスタ」「ザ・ウイルス」などに出演したイケメン俳優ヒョヌ、2010年版にも出演して今回が2回目となるSS501 の末っ子キム・ヒョンジュン、ドラマ「オーロラ姫」でブレイクし、『フルハウス』に続いてミュージカルの舞台に立つソ・ハジュン、そして、日本で上演した『Summer Snow』などを経て、韓国でミュージカルの舞台に立つ末っ子ヒョンジュンの弟アレン(キム)・キボム、『三銃士』『ジャック・ザ・リッパー』などミュージカルでも精力的に活動中の2AMチャンミンが出演。ルックスも個性も異なる6人の“ジミン”を堪能できるのが今年最大の見どころとなりそうだ。

[トォニ菎ホ] 김지현-우금지-신의정

セジン役:キム・ジヒョン、ウ・クムジ、シン・ウィジョン

 一方、恋に不器用なヒロインのセジン役には、キム・ジヒョン(『風月主』『バンジージャンプする』)、ウ・クムジ(『フルハウス』『シングルス』)、シン・ウィジョン(『ジキル&ハイド』『スパマロット』『宮』)と、過去の公演で同役を経験済みの実力派女優3人が揃った。

制作陣は『フルハウス』『RUN TO YOU~俺たちのストリートライフ』『シングルス』などライトタッチの小劇場作品には定評のあるソン・ジェジュンが演出。作曲はソン・ジェジュンと『MUSIC BOX』でも共同作業したキム・へヨン、そして『モンテクリスト』『ジキル&ハイド』を筆頭に多数のミュージカルで成果を残してきたウォン・ミスルが音楽監督を務める。華やかなキャストと制作陣が揃い、期待を集める2014年版『カフェイン』は6月27日より開幕する。

 ■公演情報■

ミュージカル『カフェイン』
6月27日(金)~9月7日(日) KT&G 創造アートホール(三成駅)
出演:チョ・ソンモ、ヒョヌ、キム・ヒョンジュン、ソ・ハジュン、キム・キボム、チャンミン、キム・ジヒョン、ウ・クムジ、シン・ウィジョン
※1次販売チケットは5月27日(火)午後2時からインターパークで発売開始。