ゴン、ザ・バスカー

[MUSICAL]路上からスター誕生!? 『ゴン、ザ・バスカー』プレスコール

[MUSICAL]路上からスター誕生!? 『ゴン、ザ・バスカー』プレスコール

 

DSC_0049

主人公チェ・ゴン役のホ・ギュ

韓国文化芸術委員会が主催し、創作(オリジナル)ミュージカルの育成を目的とした「創作ミュージカル新作リレー公演」が1月3日から開幕した。10作品からなるリレー公演の第1弾作品となる『ゴン、ザ・バスカー』プレビュー公演のプレスコールが1月7日、大学路のアルコ芸術劇場で開催された。

『ゴン、ザ・バスカー』は、ストリートミュージシャンのゴンが、聴覚障害をもつダンサーのニーナと彼女の弟でドラマーのウォンソクと出会ってグループを結成。全国を回って路上ライブを展開していたところを、テレビのオーディション番組にスカウトされるも、それを機に彼らの愛や友情にヒビが入ってしまう……というストーリー。オーディション番組から人気歌手やミュージシャンが多数誕生している韓国ならではの青春ロードミュージカルだ。

DSC_0017

ダンサー、ニーナ役のキム・ヒョジョンとドラマー、ボソク役のキム・ボガン

DSC_0269

(写真左から)プロデューサー:キム・ドヘ/作・演出・音楽:パク・ヨンジョン/振付:チェ・インスク

作・演出・音楽のパク・ヨンジョンはロックバンドに情熱を傾ける若者たちの姿を描いた、大学路定番の小劇場ミュージカル『オーディション』を生んだ人物。路上で演奏することを欧米では“Busking(バスキング)”、ストリートミュージシャンは“Busker(バスカー)”と呼ぶが、パク演出家は実際に彼自身が「若い頃に国内のみならず海外でもバスキングをやっていた」そうで、自らの経験を生かして新たなバンドもののミュージカルを誕生させたというわけだ。『オーディション』では登場人物たちが実際にギターや楽器を演奏するのが見どころのひとつだが、本作でも同様にライブシーンのほとんどは俳優が演奏している。音楽にはひときわこだわりをもつパク演出家だけに、「音楽もテレビでよく流れるようなポップスではなく、ストリートミュージシャンがよく演奏するようなオールドスタイルのロック、フォークや80年代のファンクを中心に構成した」とのこと。
また、振付のチェ・インスクはストリートミュージシャンは自由奔放な動きに、テレビ局のオーディション番組関係者は劇中に「全部ウソだ」という歌詞があるように、フェイクな感じを出すためコミカルな動きに、と両者のギャップを際立たせたそうだ。

DSC_0208

チェ・ゴン役のキム・シニ(写真左)

主人公チェ・ゴンを演じるのは、舞台俳優としても活動しているが、本業はミュージシャンのキム・シニとホ・ギュ。やはり彼らがギターを持って歌う姿にはまったく違和感なく、ゴン役にピッタリだ。特にキム・シニはなんとバスキングの経験アリだそうで、「7年前くらいに自分の音楽が一般の人たちにどういう反応があるか興味があって、狎鷗亭や汝矣島の公園などで歌っていたので、当時のことを思い出しながら楽しく演じている」と語っていた。
一方のホ・ギュは「バスキングはやったことないけれど、自分のバンドでの経験が武器になると思う。シニはハイトーンでパワフルなボーカル、僕はもう少し感性的に歌うという違うがある」と2人のゴン役のキャラクターの違いを分析していた。

本作はアルコ芸術劇場で1月11日までプレビュー公演を行ったあと、2月20日からはドゥサンアートセンター ヨンガンホールにて約1カ月の本公演が行われる。


 

뮤지컬곤더버스커_20141210【公演情報】

ミュージカル『ゴン、ザ・バスカー』
●ショーケース公演:2015年1月3日~11日 アルコ芸術劇場 大劇場
●本公演:2015年2月20日~3月22日 ドゥサンアートセンター ヨンガンホール

出演:キム・シニ、ホ・ギュ、キム・ボガン、キム・ヒョジョン、ジョン・ウン、ユン・ソンウォン、チェ・ウクロ、クォン・セジョン、ソン・ジエ、デビン、キム・ソング、イ・ジョンヒョン、イ・ミンジェ、イ・テファ、キム・ソノ、チェ・ヒョク、グ・ジュンモ
プロデューサー・共同脚本:キム・ドヘ/作・演出・音楽:パク・ヨンジョン/振付:チェ・インスク/舞台デザイン:イ・ソヨン/照明デザイン:カン・デグン/舞台映像:キム・チャンヨン/衣装デザイン:キム・ユソン/扮装デザイン:ムン・ソニョン

2月の本公演のチケットはインターパークほかで発売中。


 

<フォトギャラリー>

DSC_0059DSC_0051DSC_0003 DSC_0067 DSC_0098 DSC_0128 DSC_0137 DSC_0188 DSC_0194 DSC_0217 DSC_0292

[MUSICAL/PLAY]ドゥサンアートセンター 2015年間スケジュールを発表

[MUSICAL/PLAY]ドゥサンアートセンター 2015年間スケジュールを発表

 

image001

2015年 ドゥサン人文劇場 ラビア・ムルエ 演劇「雲に乗って」公演写真

充実した観劇環境と企画公演のクオリティの高さで、韓国の観劇ファンに厚く支持されているドゥサンアートセンターが2015年の年間スケジュールを発表し、パッケージチケットの販売と観客レビュー団の募集を開始している。

ドゥサンアートセンターは、人気のミュージカルや演劇を上演する中劇場「ヨンガンホール」と、劇場独自の企画公演を中心に上演する小劇場「Space111」の2つの劇場がある。ヨンガンホールは、貸館公演が多いため、すべてのスケジュールはまだ発表されていないが、来年も魅力的なラインナップとなっている。

●中劇場「ヨンガンホール」

上演中~2月8日 ミュージカル「シャーロック・ホームズ~アンダーソン家の秘密」
(셜록홈즈: 앤더슨가의 비밀)作・脚本・演出ノ・ウソン/作曲チェ・ジョンユン

2月18日~3月22日 ミュージカル「ゴン、ザ・バスカー」
(곤, 더 버스커)作・演出・音楽パク・ヨンジョン

6月18日~8月23日 ミュージカル「ベア」
(베어) 演出イ・ジェジュン/音楽監督ウォン・ミスル/振付チョン・ドヨン

9月16日~12月6日 音楽劇「密会」
(밀회) 演出サイモン・ハービー/原作ノエル・カワード

●小劇場 Space111

企画シリーズ<Doosan Art LAB>
1月8日~10日 演劇「チキン・ゲーム」
(치킨게임) 作・演出パク・ウン(劇団青いクマ)

1月15日~17日 ダウォン芸術「有目的漂流」
(유목적 표류)構成、演出、出演:キム・ミノン、クァク・ゴウン、チョン・ジンス

1月22日~24日 演劇「Dappertutto Studio」
(다페르튜토 스튜디오)作・演出チョッグク

1月29日~31日 ミュージカル「ミサリコーディア Misericordia」
(미제리꼬르디아)作キム・ドンファ/作曲チョ・ソニョン、キム・ジソン/演出キム・ミンジョン

2月5日~7日 演劇「女は泣かない」
(여자는 울지 않는다)作キム・ボラム/演出ブ・セロム

2月26日~28日 演劇「ブレイン・コントロール」
(브레인 컨트롤)作チョン・ジンセ/演出ジン・ヨン

<企画公演 ドゥサン人文劇場2015(두산인문극장 2015)>
3月28日~4月4日 演劇「雲に乗って」
(구름을 타고 Riding On a Cloud)作・演出ラビア・ムルエ(Rabih Mroue)

4月14日~5月16日 演劇「チャイメリカ」
(차이메리카 Chimerica)作ルーシー・カークウッド(Lucy Kirkwood)/演出チェ・ヨンフン

5月26日~6月20日 演劇「ヒッキー・ソトニデテミターノ」
(히키코모리 밖으로 나왔어)作・岩井秀人/演出パク・グニョン

<その他>
3月6日~22日 演劇「烈女春香」
(열녀춘향)作・演出キム・ヒョンタク

7月1日~5日 ダウォン芸術「ビビンプロジェクト」
(비빙프로젝트) 作曲・音楽監督チャン・ヨンギュ

7月10日~14日 演劇「冒険王」
(모험왕)作・演出平田オリザ

7月16日~26日 演劇「新・冒険王」
(신모험왕)作・演出平田オリザ、ソン・ギウン

8月1日~8月30日 演劇「ピローマン」
(필로우맨) 作マーティン・マクドナー/演出ビョン・チョンジュ

9月22日~10月17日 演劇「ドゥサン年間芸術賞 新作」
(두산연강예술상 신작)作キム・ウンソン

10月27日~11月21日 演劇「創作者育成プロジェクト 新作」
(창작자육성 프로그램 신작)作イ・ギョンソン

ヨンガンホールでは、1月に大学路で開催する「創作ミュージカル新作リレー公演」で先行上演される「ゴン、ザ・バスカー」や、「風月主」初演「マーダーバラッド」「ヨーロッパブログ」などを演出したイ・ジェジュンによるオフブロードウェイミュージカル「ベア(bare)」が予定されている。

Space111では2本の日本作品が上演される。劇団コルモッキル主宰パク・グニョンの演出により韓国キャストで上演する、岩井秀人作「ヒッキー・ソトニデテミターノ」は2012年にパルコ劇場にて吹越満主演で上演された作品。そして、青年団主宰の平田オリザが自伝的戯曲として上演した「冒険王」は、新作となる「新・冒険王」と続けて2作上演。「新・冒険王」は、第12言語演劇スタジオを率い、2013年に同劇場で「カモメ 가모메(カルメギ 갈매기)」を共同演出して来日公演も成功させた、ソン・ギウンが再度共同演出に挑み、新たな名作の誕生なるか、期待されている。

現在ドゥサンアートセンターホームページ(http://doosanartcenter.com/)からSpace111での上演作をすべて見られるマニアチケットなども発売中だ。