コ・フンジョン

[PHOTO]ミュージカル『キング・アーサー』プレスコール

アーサー役 チャン・スンジョ

アーサー役チャン・スンジョ(左)とランスロット役:ニエル

ランスロット役:ニエル

アーサー役 コ・フンジョン(左)とマーリン役 チ・へグン

聖剣エクスカリバーを引き抜こうとするメレアガン役 カン・ホンソク

聖剣エクスカリバーを引き抜くアーサー役 コ・フンジョン

メレアガン役:カン・ホンソク

グィネヴィア役 カン・ミヨン(左)とアーサー役 ハン・チサン

メレアガン役 キム・チャンホ

モルガナ役 リサ

 

モルガナ(写真中)に操られるアーサー役チャン・スンジョ(左)とイム・ジョンヒ(右)

メレアガン役イ・チュンジュ(左)にけしかけるモルガナ役(右)パク・ヘナ

ランスロット役 イム・ビョングン

モルガナ役 チェ・スジン

グィネヴィア役(右)カン・ミヨンに贈り物をするモルガナ役 チェ・スジン

アーサー役 コ・フンジョン

アーサー役 ハン・チサン

ランスロット役 チャン・ジフ

(写真左から)アーサー役のコ・フンジョン、ハン・チサン、チャン・スンジョ

(写真左から)メレアガン役のキム・チャンホ、イ・チュンジュ、カン・ホンソク

(写真左から)グィネヴィア役のカン・ミヨン、イム・ジョンヒ、イ・ジス

(写真左から)マーリン役チ・へグンと、モルガナ役チェ・スジン、パク・ヘナ、リサ

 


【公演情報】

ミュージカル『キング・アーサー』(킹아더)

2019年3月14日~6月2日 忠武アートセンター大劇場

<出演>

●アーサー役:チャン・スンジョ、ハン・チサン、コ・フンジョン

●グィネヴィア役:イム・ジョンヒ、カン・ミヨン、イ・ジス

●ランスロット役:イム・ビョングン、チャン・ジフ、ニエル

●モルガナ役:リサ、パク・ヘナ、チェ・スジン

●メレアガン役:キム・チャンホ、イ・チュンジュ、カン・ホンソク

●マーリン役:チ・へグン

作曲:Dove Attia、Rod Janois、Zaho、Skead、Siovio Lisbonne、Rodrigue Janois

作詞:Dove Attia、Francois Chouquet、Vincent Baguian、Zaho、Nicholas Boisnard

プロデューサー:オ・フンシク/演出・脚色:オ・ルピナ/音楽監督・編曲:シン・ウンギョン/振付:チェ・ヒョンウォン/舞台:オ・ピリョン/照明:ウォン・ユソプ/音響:キム・ピルス/衣装:アン・ヒョンジュ

©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。

[MUSICAL]第5回「イェグリンミュージカルアワード」盛大に開催

[MUSICAL]第5回「イェグリンミュージカルアワード」盛大に開催

 

2016yegreen7

一般投票により選ばれた「人気賞」受賞者たち。左からグ・ウォニョン、チョ・スンウ、キム・ジュンス、オク・ジュヒョン

主演賞を受賞したカン・ピルソク(写真左)とキム・ソヒョン

主演賞を受賞したカン・ピルソク(写真左)とキム・ソヒョン

韓国ミュージカルを称える大型授賞式、第5回「イェグリンミュージカルアワード」が11月7日、忠武アートセンター大劇場で開催された。

昨年までは、同会場を中心に毎年夏に行われている「ソウルミュージカルフェスティバル」内で、韓国創作(オリジナル)ミュージカル限定の授賞式として行われていた。今年から、ライセンスミュージカル部門など、2部門が新設され、規模を大幅に拡大して韓国ミュージカルの祭典として開催されることとなった。

記念すべき今年の授賞式は、ユ・ジュンサン、ハン・チサン、ソヒョン(少女時代)の3人が司会を務め、授賞式の模様はNAVERのV LIVEとTV CASTという動画サイトを通じて2元生中継された。

ミュージカルの祭典らしく、さまざまな作品の“祝賀公演”と呼ばれるガラショーも盛り込まれた。元祖創作ミュージカル『サルチャギ・オプソイェ(こっそりいらして)』をはじめ、『マタ・ハリ』『ラフマニノフ』『トゥーランドット』『ゴーントゥモロー』『阿娘歌(アランガ)』などの今年の新作や、『あの日々』『フランケンシュタイン』『洗濯(パルレ)』と、人気の定番作品の楽曲が次々と披露された。加えて、『キンキーブーツ』『モンテクリスト』『レベッカ』、11月17日から上演の『おお!キャロル』と、海外ライセンス作品の名曲も歌われ、晴れの場に彩りを添えた。

『おお!キャロル』ガラショーの模様。写真左からソ・ギョンス、ナム・ギョンジュ

『おお!キャロル』ガラショーの模様。ソ・ギョンス(写真左)とナム・ギョンジュ

4部門で全20からなる賞は、評論、学会、演出、技術、音楽、メディア各界から7人の審査委員により公正な審査が行われた。
作品部門は、「今年のミュージカル賞」を、伝説の女スパイの物語を破格の制作規模で創作ミュージカル化した今年最高の注目作『マタ・ハリ』が受賞した。また、「イェグリンミュージカルアワード」独自の賞で、その名のとおり既存の作品にないような斬新さを見せた作品に贈られる「革新賞」には『阿娘歌(アランガ)』が選ばれた。三国時代の説話を基に、ミュージカルと伝統芸能「唱劇(チャングク 창극)」を融合させたことが評価されたという。同作は主演男優賞、演出賞と最多3部門で受賞している。今年新設された「ベスト外国ミュージカル賞」は、今年の再演も大ヒットした『キンキーブーツ』が閉幕を来週に控えて花道を飾った。

「今年のミュージカル賞」を受賞した『マタ・ハリ』を制作した、EMKミュージカルカンパニー オム・ホンヒョン代表

「今年のミュージカル賞」『マタ・ハリ』を制作した、EMKミュージカルカンパニー オム・ホンヒョン代表

俳優部門では、『阿娘歌(アランガ)』のカン・ピルソクと、『明成皇后』のキム・ソヒョンが主演賞に輝いた。また、事前に実施されたファン投票により選出された「人気賞」は、『ドリアン・グレイ』のキム・ジュンスとグ・ウォニョン、そして『ウェルテル』に13年ぶりに出演したチョ・スンウに、『マタ・ハリ』で堂々とタイトルロールを演じきったオク・ジュヒョンが選ばれ、トップスターたちの登場はハイライトのひとつとなった。

2016yegreen5

「人気賞」授与の様子。写真左から:パク・キョンリム(MC)、グ・ウォニョン、チョ・スンウ、キム・ジュンス、オク・ジュヒョン

クリエイティブ部門では、ほとんどが今年初演ながら話題を集めた作品のスタッフがもれなく選出されており、創作ミュージカルを支える裏方たちにもしっかりとスポットを当てた受賞結果となった。

最後に、最高賞となる「イェグリン大賞」には劇団「実験劇場/現代劇場」創立者、ソウル市劇団団長などを歴任し、韓国ミュージカルの黎明期から精力的に活動していた故・キム・イギョンが選ばれた。後日、キム氏の肖像画レリーフが、忠武アートセンター1回ロビーにある「名誉の殿堂」に掲示される。


<受賞作/受賞者>

2016yegreen3

受賞所感を述べる「男優主演賞」カン・ピルソク(写真左)と「女優主演賞」のキム・ソヒョン

【作品部門】
●今年のミュージカル賞:『マタ・ハリ』(마타하리)(EMKミュージカルカンパニー)
●革新賞:『阿娘歌(アランガ)』(아랑가)(インサイトエンタテインメント)
●ベストリバイバル賞:『ロ・ギス』(로기수)(IMカルチャー)
●ベスト外国ミュージカル賞:『キンキーブーツ』(킹키부츠)(CJ E&M)

2016yegreen4

「男性新人賞」コ・フンジョンと「女性新人賞」イ・ジス

【俳優部門】
●男優主演賞:カン・ピルソク『阿娘歌(アランガ)』
●女優主演賞:キム・ソヒョン『明成皇后』
●男優助演賞:チ・チャンウク『あの日々』
●女優助演賞:チェ・ユハ『兄弟は勇敢だった』
●男性新人賞:コ・フンジョン『ザ・マン・イン・ザ・ホール』
●女性新人賞イ・ジス『フランケンシュタイン』
●人気賞:キム・ジュンス『ドリアン・グレイ』/グ・ウォニョン『ドリアン・グレイ』/チョ・スンウ『ウェルテル』/オク・ジュヒョン『マタ・ハリ』

「演出賞」ビョン・チョンジュ(写真左)と「作曲家賞」のミン・チャンホン

「演出賞」ビョン・チョンジュ(写真左)と「音楽賞」のミン・チャンホン

【クリエイティブ部門】
●演出賞:ビョン・チョンジュ『阿娘歌(アランガ)』
●振付賞:シン・ソンホ『ロ・ギス』
●脚本賞:キム・ユヒョン『ラフマニノフ』
●音楽賞:ミン・チャンホン『ザ・マン・イン・ザ・ホール』(作曲)
●舞台芸術賞:オ・ピリョン『マタ・ハリ』(美術)
●脚色・翻案賞:キム・スビン『スウィーニー・トッド』

●功労賞:SBS文化事業
●イェグリン大賞:キム・イギョン(故人)劇団「実験劇場/現代劇場」創立者、ソウル市劇団団長


【公演情報】
第5回イェグリンミュージカルアワード(제5회 예그린뮤지컬어워드)
2016年11月7日(月) 午後7時 忠武アートセンター大劇場

MC:ユ・ジュンサン、ハン・チサン、ソヒョン(少女時代)

●公式Facebook

写真提供:忠武アートセンター ©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。

[PLAY]ヒョンビン&タン・ウェイ主演の名作映画を舞台化『晩秋』10月上演

[PLAY]ヒョンビン&タン・ウェイ主演の名作映画を舞台化『晩秋』10月上演

 

lateautumnposterミュージカル『ヴィンセント・ヴァン・ゴッホ』『サリエリ』『ファリネッリ』など、新作創作ミュージカルを次々と発表して韓国公演界を席巻しているHJカルチャーが初めて演劇の制作に挑む『晩秋』が10月に上演決定し、キャストが公開された。

1960~70年代に活躍したイ・マニ監督の同名原作映画は、当時の人気俳優シン・ソンイルとムン・ジョンスク主演で1966年に公開された。その後、韓国や日本で過去6回もリメイクされている名作だ。なかでも2011年にヒョンビンと、中国人女優タン・ウェイが共演したキム・テヨン監督作品が映画では最も新しい作品となるが、演劇として上演されるのは今回が初めてとなる。

物語は、夫殺しの罪で服役中の模範囚エナが、母の葬儀のため3日間のみの仮釈放を許されるところから始まる。エナは故郷へ向かうバスのなかで、乗車賃を貸してほしいと頼む男、フンと出会う。フンは何者かに追われているようだったが、長年の刑務所生活で他者との交流がうまくできなくなっていたエナは、満足に会話もせずフンと別れるが、のちに運命的な再会を果たし、二人は互いに惹かれはじめる。
この古典の名作『晩秋』の世界を舞台に再現するにあたり、いま韓国公演界で旬の魅力的なキャストが揃った。

lateautumn1

(写真左から)フン役のイ・ミョンヘン、パク・ソングォンとエナ役のキム・ソジン、キム・ジヒョン

過去を背負った孤独なヒロイン、エナ役にはキム・ソジンとキム・ジヒョンのWキャスト。ともに若くして柔軟な演技力をもち、ミュージカル、演劇と幅広く活躍中。二人は、昨年ミュージカル『あの日々』や演劇『プライド』に出演して注目を浴びていた実力派女優だ。
そしてエナと運命的な出会いをする謎多き男フン役は、イ・ミョンヘンとパク・ソングォン。イ・ミョンヘンは、『ヒストリーボーイズ』の教師アーウィン役や、『青い日に』『プライド』『ステディ・レイン』『熱い夜(熱海殺人事件)』など、近年演劇界ではひっぱりだこの名優だ。一方のパク・ソングォンは『風と共に去りぬ』の奴隷長、『明成皇后』のホン・ゲフン役や『英雄』『ヴォイツェック』などの大型ミュージカルに多数出演してきた彼が、演劇に本格初挑戦となる。
また、エナが服役するきっかけを作る夫ワンジン役は、ミュージカル『思春期』やソウル芸術団の『失った顔1895』などに出演し、近年頭角を現しはじめているコ・フンジョンがシングルキャストで演じる。
そのほか、HJカルチャー作品『サリエリ』に出演していたイ・ミナとキム・ジョンギョムが、一人多役のマルチキャストとして出演する。

韓国舞台シーンで観客に固く支持されている俳優を見事に揃えたHJカルチャーの代表ハン・スンウォン氏は「今年はイ・マニ監督の没後40年で、原作者キム・ジホンさんが他界された節目の年。通常よりも特別な初演舞台を準備して、“信じて観る”俳優たちと、若い創作陣が情熱を尽くして準備している」と意気込んでいるそうだ。

名優たちとともに秋にふさわしい正統派メロドラマを見せてくれそうな『晩秋』は10月10日より大学路のアートワンシアター1館で開幕。チケットは9月1日(火)午後2時よりインターパーク、YES24で発売開始される。


lateautumnposter【公演情報】
演劇『晩秋』
2015年10月10日~11月8日 大学路アートワンシアター1館

<出演>
●フン役:イ・ミョンヘン、パク・ソングォン
●エナ役:キム・ソジン、キム・ジヒョン
●ワンジン役:コ・フンジョン
ほか、イ・ミナ、キム・ジョンギョム

写真提供:HJカルチャー ©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。

【PHOTO】ミュージカル『思春期』プレスコール

【PHOTO】ミュージカル『思春期』プレスコール

 

ミュージカル『思春期』プレスコール
11月26日 忠武アートホール 中劇場ブラック

ヨンミン役:シン・ソンミン/ユン・ナム
ソンギュ役:チェ・ソンウォン/チョ・ヒョンギュン
班長役:キム・ダヒン/(カン・ジョンウ)
キョンチャン役:イム・ビョンテク/(パク・ジョンウォン)
ヨンマン役:キム・ソンチョル
ヨンチョル役:コ・フンジョン
スヒ役:パク・ランジュ
ファギョン役:カン・ユンジョン

DSC_0016 DSC_0195 DSC_0198 DSC_0233 DSC_0344 DSC_0353 DSC_0369 DSC_0376 DSC_0412 DSC_0448 DSC_0487 DSC_0505 DSC_0507 DSC_0539 DSC_0560 DSC_0613 DSC_0743DSC_0002 DSC_0009 DSC_0044 DSC_0143 DSC_0273 DSC_0338 DSC_0491 DSC_0524 DSC_0550 DSC_0601